砂沙美―魔法少女クラブ (M田あきまさ)

百合度★★★★☆

ちゃんとレビューしようと思いつつも、「魔法少女プリティサミー」も含めてちゃんとやろうと思っていたらいつの間にか随分遅くなってしまいましたが今頃レビュー。

砂沙美というと黒田洋介&倉田英之(「大運動会」のコンビですね)が作ったテレビ放送版「魔法少女プリティサミー」くらいしか知らないのですが、あれは面白かったですよね。


魔法少女プリティサミー TV-BOX 1 純情ラブラブ篇



魔法少女プリティサミー TV-BOX 2 驚愕マジカル篇


特に美紗緒ちゃんが変身する魔法少女ピクシィミサのはじけっぷりが最高でした。あれのせいで一時声優の笠原留美さんのファンになったりしたものでした。
で、こちらは最近やってる「砂沙美魔法少女クラブ」のほうのコミカライズなのかな?よく知らないけど。
最近放送されたものは見てないんで「魔法少女プリティサミー」と比べるしかないんですが、テレビ版のほうは最終話あたりでりょーちゃんという猫みたいな生き物が人間の男の姿になったのを見て、砂沙美がいきなり惚れるシーンがあって、そのせいで百合好きの間ではこのシーンだけで失望したという人が結構いたらしいんですが、厳しいなあと思いました。別にあれは単なるネタであまり意味がなかったように見えたし、それに比べれば美紗緒ちゃんと砂沙美の友情はしっかり描かれていて、りょーちゃんは全然気になりませんでした(私は)。「大運動会」同様、コメディアニメの傑作ですね。
というわけで何が言いたかったかというと「魔法少女プリティサミー」は私的には百合好きにもおすすめな作品だと思うという事でした。百合度は……どれくらいだったっけ?全部視聴しなおさないと正確にはつけられないけど美紗緒ちゃんと砂沙美の関係は確か恋愛関係とまではいかなかった気がするので★3つくらいかなあ。
こちらでOPが見れるようですがOP見てたら当時の興奮が蘇ってきた。これも時間があったら全話見直したい作品のひとつですね。

前置きが長くなりましたが漫画版のほうはりょーちゃんも男に変身しないしその他の男キャラもほとんど出てこないこと、物語が終始美紗緒ちゃんの視点から、砂沙美と友達になりたいという友情話がメインで進められていること、また出演キャラの中に「お姉さま!」と相手の少女を慕うガチっぽい百合キャラがいることを考慮して★は4としました。

砂沙美が自分の元を離れていかないように「友達を作る100の方法」なんて本を熱心に読んでいたり、バドミントンを一緒にやりつつ、点を取って砂沙美と一緒に抱き合いたいと妄想する美紗緒ちゃんが微笑ましいですね。
ラスト、疎外感から魔法の力に縛られてしまう美紗緒ちゃんを砂沙美が暖かい言葉をかけて救うシーンも良かったです。

テレビ放送されていたらしい「砂沙美魔法少女クラブ」のほうも見てみたいんですがちょっと諸事情ありまして(要はお金がないのですが…笑)最近DVDのチェックは全体的に遅れていますが、また機会があったらまとめて視聴してみたいものですね。DVDのほうも単価は安いようですし(笑)。