がくえんゆーとぴあまなびストレート!2
(たあたんちぇっく,ufotable)
百合度★★★☆☆

アニメ放送も開始された作品の単行本第2巻です。1巻の紹介はこちら
今回も登場人物はほとんど女子生徒ばかりでわいわい楽しそうにやってます。ローラースケートみたいな乗り物にまなびがみかんと一緒に乗るシーンも相変わらず。
1巻もそうだったんですが、ツンデレなめいの周辺が百合的には大変美味しいですね。女の子にモテモテなむつきをみてみかんが「うらやましいなあ」と言ってしまい「みかんちゃんってそっち系の人だったの!?」と問われ、「ちょっと違うよ!」と赤くなって否定しつつも「(女生徒が)夏服になって背中とか見えちゃうとキュンとくることもあるけど……」と打ち明けるシーンがあります。

さらにそういうみかんを「そーゆーのってなんかフケツ!女の子同士が好きとかデートとかロザリオとかロサなんとかだの姉妹だのエスだの……不自然!」と(セリフでも分かりますがこのシーンのバックには祥子さまが祐巳ちゃんのタイをなおす姿が映ってます)必死に否定しためいですが、「なのに……」と自分がももの顔をみるたびにドッキュ〜ンとときめいてしまっている事実に気が付いて葛藤する様子が面白いですね。
保健室の先生に相談したところ答えはやっぱり「恋ね」とのこと。
「別に珍しくないのよ。あなたたちくらいの年代の子が女子校みたいに限定された空間にいる場合は特にね」と理解をみせる保健の先生は偉い。
「でも女の子同士なんてー!!」とまだ抵抗感を見せるめいに「あら、女同士もいいものよ」と唇を近づける先生。
先生はタイプでなかったらしくそれは拒絶しますが、結局それ以後ふっきれためいはももにお菓子を作ってきてあげたりデートに一緒に行ったり百合な生活を満喫します。ふたりの妖しい行動を不審に思って後をつけてきたまなびたちですが、公園でデートしてる姿があまりにラブラブなのでこのままではふたりが「ちゅー」してしまうのではないか(ここで妄想カット入ります)とハラハラしてしまいます。
そして思い切って「私……あなたのことがっ!……」と告白しようとするめいなのですが……ここでなんとオチが入ってしまいます!。各自自分の目で確認してもらいたいと思いますが、このオチはちょっと惜しいな。オチがなけりゃ百合度は★4以上確定だったのに(笑)。