危険恋愛H 12 特集「緊縛」

百合度★★★☆☆

・「夏の魔物」(山田酉子)
百合度★★★★☆
補修を一緒に受ける事になったクラスメートの長い袖から覗く白い肌が気になってしまった主人公の少女。その日からクラスメートがどんな風にセックスするのか気になってしまったり、実際にセックスをしているところを目撃して、その娘がされていたプレイと同じことを自分の彼氏にしてもらったりします。
ラスト、自分がHしていたことを見られていたことに気が付いていたクラスメートに黙っていてくれるよう頼まれますが、それに対して主人公はキスをして返します。
セックスは男とだけだし恋も一瞬で終ってしまいますが、相手のことが気になってしょうがない主人公の様子や、ラストのキスシーンなど印象的な作品でした。
絵柄は栗山なつきと似ていて可愛いですね。

・「Maid in Daydream」(ゆかりがわ弓夜)
百合度★★★☆☆
親友の様子が怪しくて後をつけてきた主人公の少女がみたのはメイド姿で働く親友の姿だった。安心したのもつかの間、親友はその姿のまま女性同士でセックスをしていて、さらに主人公もその乱交に無理矢理参加させられてしまいます。途中から男が絡んでくるのはちょっと残念。しかし親友とキスをしたりセックスをしたりするシチュエーションは良いですね。

・「魔叢」(おがわ甘藍)
百合度★★☆☆☆
キャンプで一緒に寝る事になった女の子同士夜中にあれこれHなことをしてしまう話。後半はおがわ甘藍のいつもの作品どおり男がどこからともなく出てくる展開に(苦笑)。

■特集が「緊縛」ということでどの作品にも緊縛プレイが入っています。山田酉子さんの作品はTLの範疇。ゆかりがわ弓夜さんはぎりぎり。おがわ甘藍さんは完全に男性向け。山田酉子さんの作品が良いなあと思うんですが絡みが男としかないのが百合物件としてはネックか。