ひだまりスケッチ アンソロジーコミック(1)

公式
百合度★★★☆☆

アニメ化もされた「ひだまりスケッチ」の公式アンソロジーです。アンソロジー作家というと商業誌より少し知名度、画力、ストーリーが弱いマイナー作家が起用されることが多いですがこのアンソロジーは例外で、雑誌きららのレギュラー連載陣が全面的に参加しているため執筆陣は極めて豪華。袴田めら先生や真田一樹先生、荒井チェリー先生、kashimir先生など錚々たる面々です。先ほど「教艦ASTRO 1」を紹介した蕃納葱先生も美麗でセクシーな吉野家先生のイラストを描かれています。
アニメもそうなんですが、この作品はまんがタイムきらら執筆陣が総力をあげて盛り上げていますね。この作品の成功すれば他の作品のアニメ化の道も開けて、例えば「最後の制服」のアニメ化……なんて話も夢じゃないかも。

・愁☆一樹
百合度★☆☆☆☆
屋上でゆのと一緒に寝ていた宮ちゃんがゆのの寝顔をスケッチでプレゼントする話。

・真田一輝
百合度★☆☆☆☆
水浸しになっても紗英からもらった自分のスケッチを大切に保管するヒロの話。

・渡辺純子
百合度★★★☆☆
ゆのが宮ちゃんの膝枕でねてしまう良さげなシーンあり。前後のストーリーから推察するに、秘密のお願い事の内容はやはり「宮ちゃんとずっと一緒にいられますように……」なんでしょうね。

・鬼八頭かかし
百合度★★★★☆
宮ちゃんがヒロやゆののパンツをめくった挙句、紗英にいたっては胸まで揉んでしまう話。
メガマガでいつも壊れ系の百合を描いてる人だけあって、題材が「ひだまり」でも容赦ないですね(笑)。

・むっく
百合度★☆☆☆☆
先生の指導により描く人も描かれる人も皆全員裸でスケッチというすごい展開に。ヒロも紗英も脱いでしまっています。この人も容赦ないですね(笑)。

・むねきち
百合度★★★★☆
宮ちゃんが寝顔がカワイイゆのをデッサンしまくり鑑賞しまくりの話。途中からヒロも加わりゆのを抱きまくり。

・袴田めら
百合度★★★☆☆
カエルの呪い(?)に苦しむ紗英さんを皆が「紗英さん元気だしてね☆パーティ」で元気づける暖かいお話。

・口八丁ぐりぐら
百合度★☆☆☆☆
紗英やヒロが卒御してしまう事を想像して寂しくなりそうな気持ちを抱えながらも、「虹のふもと」を作る話。

・なかま亜咲(カバー裏)
百合度★★★☆☆
家族のようにお互い信頼しあっていて、鍵もかけない仲の紗英やヒロやゆののドアや服のボタン(!)を宮ちゃんが遠慮なくどんどん開けていってしまう話。


この作品、一見仲良し4人組の話に見えますが、よく観察すると宮ちゃん×ゆの、ヒロ×紗英のカップリングに分かれていることに気が付くと思います。つまり熟年カップルのヒロ×紗英が、新婚夫婦の宮ちゃん×ゆのに新婚生活の送り方を教えている話というわけですね。その辺の関係にも注目しながら作品を鑑賞していくと百合的にもますます面白く楽しむ事が出来るんじゃないでしょうか。