ペンギン娘
高橋てつや
百合度★★★☆☆

人気があるのか入荷数が少なかったのか、発売以来本屋でもネット通販でも在庫が全くない状態が続いていた作品でしたが(非常にオタク度が高く中学生のパンチラなどサービスシーンも多いので、そっちの趣味の人に受けたのかも)、1ヶ月たってようやくamazonに入荷したようなので私も取り寄せてみた作品です。

転校してきたオタク少女(通称ペンギン娘)はコスプレしてきたりブルマやスク水着てきたりとA(アキバ)系全開の暴走娘で、クラスメートの択捉さん(♀)が彼女に振り回される話。
途中から登場する中国からやってきたシャー・チーは択捉さんに勝負を挑んで、勝ったら恋人になるよう約束させ、そして択捉さんと仲の良いペンギン娘に激しく嫉妬心を燃やしたりします。
択捉さんが作ったゲロまずい料理をペンギン娘が無理矢理食べてあげたり、姉に厳しいペンギン娘の妹がやっぱり姉の事を想っていたりまた姉のペンギン娘も妹の花火が綺麗に見れるところに連れて行ってあげたりと、ところどころ友情描写も見られます。

択捉さんはプリキュアSSの咲を凶暴にした感じにみえるし、ねねはどうみても舞に見える。登場人物はほとんど女子キャラばかり。
最初作者さんは男キャラも出そうとしたそうですが、逆に編集者のほうから「男キャラが下手」ということでダメだしをくらって男キャラを却下されたりと、百合好きが身に染み付いてしまっているような人ですね。公式サイトをみてもそれは伺えます。生粋の百合好きです。

絵は上手いけど勢い重視で描いているので少々画面が荒いのは好みが分かれるところかも。勢いのある萌え漫画が好きな人には良い作品だと思います。


もう品切れになってませんよね……。


同じ作者さんの作品としては以前紹介した「しようよ」という作品がまんま「プリキュア」の百合同人誌を作る少女ふたりを題材にして描いた作品なんですが、こちらのほうはもっとしっとりとしてかつストレートに友情以上の女の子同士の関係を描いていて、こちらのほうが百合好きにはおすすめかもしれません。(ちょっと雑誌の値段が高いですが……)