ガッチャガチャ7
(橘裕)
百合度★★★★☆

人物関係は複雑ですがメインは表紙の女子高生2人の少女漫画物件第7巻です。6巻以前の紹介はこちら
5巻のラストで格好良い素子にラブラブだった頃の記憶を取り戻した可菜子が相変わらず暴走しています。素子に言い寄る女の子達皆に出前を頼んだりして悪質な嫌がらせをしたり、素子がいないことに腹を立てて八つ当たりしたりわめき散らしたり、素子の兄を名乗る新キャラに素子が連れ去られないようにと新キャラを貨物船に叩き込んで海外に輸出してしまおうと画策したりします。
素子は素子で相変わらず女好きで、街で見つけた短パン少女の半ケツに見入ったり、グラビアアイドルが2人で泥レス映画に出てくれないかと妄想したりします。

今回出てくる新キャラサエは偽善者が嫌いで他の人に心を閉ざしていましたが、悪事を頼んだ素子がそれをそのまま引き受けてしまいそうになる事で、素子が自分に正直に生きている事を知って次第に心を開くようになり、手を繋いで屋上へ連れて行ったり、最後転校してしまいますが「嫌がらせ」と称してなんと素子の唇にキスをしてしまいます。
この話は以前メールフォームで紹介してもらいましたね。こちらの紹介文のほうが分かりやすいので参考にしてください。

後半の話は外国から来た素子の兄らしき人物が素子を本国へ連れて行ってしまいそうになるのを、素子のことが好きな可菜子が妨害するために大暴れする話ですが、最後には我慢しきれなくなった主人公の友里まで「神楽坂(素子)さんはあたしがもらいますっっ!この人の喰いブチくらいあたしがバイトで稼いでやるわよっっ」とプロポーズのような宣言までしてしまいます。
「神楽坂さん、行っちゃやだよ」と素子のことを心配する友里に素子は意味深に優しく微笑みかけますが、そのシーンをみて「やっぱりヤな女……」とやっぱり嫉妬する可菜子。
今までも気になっていましたがさらに今後の素子×友里×可菜子の三角関係が気になる展開でした。

あと一歩で神展開……いや少女漫画の中ではこれでも充分神展開ですね。
少女漫画百合が全滅しかけてる中で、白泉社の少女漫画だけはわりと百合に寛大なので希望の光です(ちょっとオタク度が高いのがネックですけど……)。10年位前までBL系の作品が多かったんであまり印象が良くなかったんですが最近はそうでもないみたいで、私好みの作品が多くなってきたような気がする。