暁色の潜伏魔女 1
(袴田めら
百合度★★★☆☆

「最後の制服」で百合好きにもお馴染みな袴田めら先生の新作です。
魔法学園に入学してきた主人公の少女暁が生き別れのお姉さんを探す話。
転校してきた暁に時子という少女が優しく面倒をみてあげて、暁も懐いて「時子がお姉さんだったら嬉しい」と言い時子もきゅーんとします。また時子は同性に人気があるらしく、取り巻きが暁に対して嫉妬するシーンもあります。
さらに望月先輩という少女が時子に惚れているらしく、時子の寝ている部屋に勝手に入ってきて添い寝して魔法で時子に自分の妖しげな妄想を見させたり、相部屋をかけて暁と決闘したりします。この人は「最後の制服」の如月先輩タイプですね。

後半は暁の姉ではないかと思われる少女夜との姉妹愛っぽい展開。父親が危篤になった夜に付き添ったり慰めたり学園に戻らないと言う夜に一緒に帰るよう説得したりします。

速攻で振られて終りますが時子が男に惚れて告白するシーンもあるし、女子キャラに思いを寄せる男キャラも何人かいるようなので百合的にマイナス要素もありますが、暁と夜の姉妹(?)が良い雰囲気で、百合的には良い感じで1巻は終っていました。ただ、いろいろな要素が絡み合っているし、これがどういう風に話が纏まっていくのか見えないので作品の評価も百合度も2巻以降に持ち越しということにしておきましょうかね。
個人的には「学園アリス」以外にも「スケバン刑事2」、さらになぜか「バビル2世」なども連想してしまいましたが皆さんはいかがだったでしょうか?(笑)