ファミリー・コンプレックス
つだみきよ
百合度★☆☆☆☆

影木栄貴先生の作品を紹介したら蔵王大志(つだみきよ)先生の作品もやらなければいけないだろうと言うことで、これも一緒に本屋で見つけて(最近本屋でBL系のコーナーも少し探索してるんです)買ってきた作品ですが続けて紹介します。
家族の中の、毎回ひとりずつに焦点をあてて描いた連作ということで、そのうち長女のエピソードがやや百合でした。

・「長女・夏流」
百合度★★★☆☆
格好が良くて、同級生や下級生の女生徒たちからいつも追っかけられている夏流なつるだったが、女の子の中にも男の子の中にも溶け込めず実は悩んでいた。
ある日腕に怪我をしたところ、九城という女の子に機敏に対応してもらい、さらに抱えている悩みについても「友達を作りなよ」とびしっと指摘され、「じゃあ九城さんがなって」と頼まれたものの、女子生徒の嫉妬からの攻撃を恐れた九城は一旦断ります。しかし「何かあったら私が絶対守ると約束する!」と間近で迫られ、ルックスの良さと生来のタラシ体質に九城さんもときめいてしまい、思わず了承してしまい、以後やっぱり他の女子たちからの嫉妬の嵐に会いつつも一緒にいるようになります。
嫉妬されることにうんざりして「やっぱり友達やめようかな……」とボヤいても「嫌だーっ捨てないでっ!」と抱きつかれ、赤くなったところをクラスメートに目撃され「やっぱりデキてるって話ホントなんだー。でもお似合いよね。美人同士で……」と誤解されるオチが良いですね。
後日談によると夏流は大学に進んでも相変わらず九城と一緒で、そこでも女の子はべらせてハーレムをやってるらしい。
妹の冬姫も自己改革をした後は夏流と同じような天然タラシ体質になってしまったのか、女の子を惚れさせてしまっているオチでした。

昨日紹介した影木栄貴先生の単行本と同様、こちらのあとがきでも影木先生とつだ先生がツーカーで分かりあっている仲であるというオチの4コマが載ってました(笑)。

この人は代表作の「プリンセス・プリンセス」でも、カバーめくったとこで毎回女体化ネタやってるんですよね。これもそのうちまとめて取り上げたら面白いかも。(まあ時間的に無理っぽいですが…笑)。