笑って♥ぶたぱん
白井 薫範
百合度★★★★★

このサイトではなぜか時々やってしまうキワモノ系百合物件です。特攻してたらまた変なものを発見してしまいました。
少女漫画百合物件を期待してこのサイトに来てくれてる数少ない人も逃げてしまいそうだし、こんなわけのわからんものを紹介してどーすんだと思いつつも、面白そうなネタはついつい手を出してしまいますね。
百合度は非常に高いですが、デブ専(公式にある絵ほどではないですが)&スカトロも少々、という相当なキワモノネタなので以下18歳未満の人やハードなネタが苦手な人は読まないように(笑)。
お嬢様学校に通うちょっと太めなヒロイン双乃(通称ぶたぱん)が下校途中に野糞しながらオナニーしていたところをデブ専レズの少女きつねに見つかって、以後豚として調教される日々が続きます。
ゲーセンで再会して、いきなり唾をはきかけ殴りかかり、その場(ってゲーセンなんですけど…)でオナニーを強要され、オナニーしてるアソコにも唾を吐きかけていきなりディープですね。さらに靴でアソコを蹂躙され嘲笑されますが、ひどい扱いをうけてみじめなのに、心地よさを感じてしまい、イってしまいます。
その後きつねのアソコを舐めさせられてさらに感じているところを鑑札(ってなんじゃそれ)され、頭に「豚」の文字を彫られて陵辱の限りをつくされますが、そうしてきつねに愛撫されているうちにまたイってしまいます。

きつねはぶたぱんのことを「豚」として可愛がっているので「P(ってペットの略ですか?)としての誓いの儀式」ということで、股を広げた格好でビデオ撮影したり、切ったお下げをアソコに突っ込んだり、きつねの足の指を舐めさせられたり、大勢の少女におしっこをかけられたり、毎日きつねのおしっこを飲まされたりします。

実はぶたぱんより4つも年下の中学生だったきつね。
「私たち趣味が似てるわ。私年上のくせにブヒブヒ泣く奴を笑うのが大〜〜好きっ」
「わ……私は自分より年下の人に泣かされるのが好き……なのかも」

恐ろしい事にこんな関係でもラブラブな2人なのです
進路も豚としてより一層肉体改造をする計画を提案され、「一生責任とって飼ってあげる」と言われて「ありがとうございます。私の一生をおまかせします」と了承してしまってハッピーエンド(←!?)。

男絡みとしては主人公が寝ている間に玉なし男に中出しさせたときつねが説明して心理的にいじめるシーンがありますが本編には実際に犯ってるシーンはなく、百合度も非常に高いです。
以前紹介した「テレホンピーピング」をさらに上回るようなひどい虐待シーンの連続ですが、「ぶたぱん」の場合調教されている少女がかなり幸せそうなので、これも百合的にポイントが高いです。
しかしいくら百合度が高くても、このサイトみてる人でこんなマニアックな作風が合う人が果たして何人いることやら……(笑)。
まあ私的にはネタ百合物件ですけどね〜。