舞-乙HiME Zwei スペシャルパッケージ 3(初回限定生産)

(通常版)公式
第3話「縞の舞/乙女の迷宮」
百合度★★★☆☆
作画度★★★★★

テレビ放送で好評を博した「舞-乙HiME」のその後を描いた、OVA新シリーズ第3巻です。
第1巻の紹介はこちら
第2巻の紹介はこちら
今回はナオがメインで活躍する話です。変身シーンもエロ格好良くてナオファンなら必見。まあさすがにお約束でラストはニナを庇った直後に石化されちゃいますけどね。

アリカの事を心配しているのではないかと自分も心配している事を口に出してしまいそうになって恥ずかしがるマシロ。アリカもマシロと仲直りしたがっているようで、離れていてもお互いの事を想い合っているアリカとマシロの描写が良かったです。
この作品、コアなファンが多いせいか脇役のはずのシズルやナツキ、ナオ、チエあたりのほうが人気高そうで主役のアリカやマシロは百合好きにはイマイチ人気ないような気がするんですが、私はこの2人の関係は結構好きです。

で、本編より今回話題になっていそうなのが冒頭の温泉(?)で水着祭り……からポロリ祭りになってしまうシーン。
着替えの時もお風呂のときもトイレの時もアリカにべったりくっついてくるマーヤから逃げようとしたアリカが水着のブラを取られた事から、酒に酔ったアインが「あ〜ら可哀想。じゃあ私が隠してあげるわ」と上半身裸のアリカを「おっぱいと一緒で可愛いんだから」と自分の胸に抱き寄せ、さらにロザリーやシホ、マーヤ、アカネのブラも次々と剥ぎ取って裸になった娘たちを追い掛け回す展開になってしまいます。
参考までに記しておくと(笑)ブラ取られた中で乳首見えてるのはアリカ、ロザリー、マーヤの3人。アリカはよく見るとほっぺにアインお姉さまにされたらしいキスマークがついていますね。お酒持ってきたアオイが裸で走り回ってる娘たちの姿を見て喜んでるのも何気に百合的にポイント。

今回もシズルは石化したしたままでしたが、ナツキが「なかなかお前みたいにはいかないな、シズル」とシズルに想いを馳せているシーンがあります。
ニナがエルスとアリカと3人で仲良くしてる写真を大切に持っているシーンも悪くないがやっぱり♂に走ったニナでいまさら百合妄想は厳しいか。でも同居している男のほうは今回も全く出てこず、その辺は安心して観ていられました。

今回エンディングを歌っているのはマシロ役のゆかなさん。別にゆかなファンというわけではないんで全然知らなかったんですが、ウィスパー系のボイスのようでしかし張りはあるという、独特な味があって良い歌声ですね。最初プロの歌手かと思っちゃった。作曲はお馴染み梶浦由記。歌詞もお馴染み畑亜貴。「遠くの少女が手を振った。誰だか分かる。すぐ分かるから。一緒ならば出来ると信じて進むよ」アリカとマシロの絆について歌った内容です。この曲結構気に入ってしまった。

恒例の冗談予告で「あたしはもしかするとオトメでないかもしれない」と深刻そうに言ってるアリカが女性(名前なんつったっけ…?)に下着脱がされてるのはなんなんだか。

レンタルも出てるようですがきっついコピーガードが入ってるんで(こういうのあるとDVD買っても百合なシーンだけ編集したい時不便なんですが)映像を保存したい人はDVD買っておいたほうが良いでしょう。

冒頭のサービスシーンは露骨なんでさすがに賛否が別れそうですが、百合要素も含んでいるんで個人的にはありかなあ。露出シーンも百合要素が少しでもあるかないかで印象もだいぶ違ってきますね。というかこの作品は元々こういうあざといサービスも含みつつ本編も、という作品だったでしょう。なにをいまさら(笑)。

8月4日発売の次巻は最終回。amazonの内容紹介で「舞-乙HiME Zweiメンバーが終結して堂々完結」と書いてありますね(6月4日現在)。この「終結」は「集結」の誤変換かな?だとするとシズルやハルカ、今回石になったナオもさっそく復活することになりそうです。たしか阿倍野ちゃこの漫画版でもそんな感じで終っていたと思います。ホントに「メンバーが終結」して全員死亡エンドだったら恐ろしいことになりますが(笑)。



アイドルマスター XENOGLOSSIA

百合度★★☆☆☆
作画度★★★★★

関係ないといえば関係ないけど、今放送してるこちらの作品も同じサンライズということでか、雰囲気が「舞-乙HiME」と非常に似てますね。「舞-乙HiME」のような雰囲気が好きな人には良い作品なんじゃないでしょうか。私も最近ようやく視聴を開始したんですが、こちらもクオリティ高いです。放送日時が不安定なせいで3話と4話見逃してしまったのが惜しい。おかげで設定がさっぱり分からなく……って私の場合多すぎる設定は全部頭に入りきらないのでどっちみち分からなかったかもしれませんが。
百合度はいま視聴してるところまでは★1〜2くらいですが、男性も絡んでくる気配がないし最終的には★3つくらいはいきそうな感じ。こちらも視聴するのが毎週楽しみな作品です。