狐とアトリ―武田日向短編集
(武田日向)
百合度★★★★☆

収録作品全3編すべてに百合要素がありました。「狐とアトリ」「ドールズ・ガール」は以前メールフォームで紹介してもらった作品ですね。明確な恋愛描写ではないですが、どれも友情以上の深い絆を描いてて良作です。特に表題作の「狐とアトリ」は印象に残る作品ですね。

・「狐とアトリ」
百合度★★★★☆
人里離れた御社に住む美しい姉妹の愛を描いた作品です。どうしてもネタバレになってしまうのでストーリーを詳しく説明できませんが、悲しい過去があってもふたりで暮らしていこうとしている姉妹の描写が非常に良いですね。
ちょっと切ない展開もありますが、非常に良いお話です。
多分描き下ろしだと思いますが、番外編も収録されていて、姉妹がその後も幸せに暮らしているお話でした。雑誌掲載時に本編を読んでとても印象に残った作品だったので、その後の2人の話が読めるのは嬉しいですね。

・「ドールズ・ガール」
百合度★★★★☆
入院して同室になった2人の少女の話。
頑なに心を閉ざしていた主人公の少女でしたが、人形の服を一緒に作って遊んでいるうちに次第に打ち解けていきます。「永遠の友情」を期待しすぎたために、すれ違ったりもしますが、最後はまた仲直りできてハッピーエンド。こちらも番外編が収録されていて、2人とも退院できて仲良くしている様子が描かれています。
萌え系のわりにおしゃれな方の少女のファッションの描き方が堂に入っているように見えたのが意外だったんですが、ネットで調べて作者さんが女性と知って納得。逆に女性でこの萌え絵な作風は意外かも。

・「やえかのカルテ番外編」
百合度★★★★☆
獣医の卵のやえかという少女がパートナーの芹奈先輩といろいろあって、最後は独り立ちできた……という話の番外編らしいです。
独り立ちできたとはいいつつ、あまり出来てなさそうで芹奈先輩に未練たっぷりなやえかや、そんなやえかのことを大切に思う幼なじみの水葉が良いですね。

この作者さんの単行本を買うのは私の場合これが初めてなんですが、萌え系の絵柄なのにストーリーや女の子以外の絵もとてもクオリティが高いのに驚きました。少女漫画ではないですが、これはかなりおすすめ。

今回番外編が収録されていた「やえかのカルテ」も百合要素が高そうなので、こちらも機会があったら読んでみたいですね。


やえかのカルテ
(武田日向)