ないしょのつぼみ3
やぶうち優
百合度★☆☆☆☆

女子児童向けの性教育少女漫画です。作者は「水色時代」などでお馴染みやぶうち優先生。
3人組仲良し女の子グループのうち、主人公以外の一人(紫音)がもう一人(育)を実は「恋愛の対象として好き」であることが物語の途中で判明します。
「うそーっうそーっ!!!し、紫音が育を…!!」
自分の仲良しグループだった少女がもうひとりの相手を好きだったという事実を知って驚く様子がリアリティあります。
最初読んだ時は気が付きませんでしたが、この2人は一緒に着替えたりお風呂入ったり枕投げしたり好きな相手を聞きあったりしてるんですよね。後から読みかえして見ると別の見方が出来ると思います。そんなに近くにいながら自分の恋心をひたすら隠していた紫音が切ない。

「みんなふつうは異性を好きになるのに、これってヘンですか――」と相談する紫音に対し占い役の少年が「なにもおかしいことはない。いちばん魅力を感じてる人間がたまたま同性だった、ただそれだけのことですから――。悩んだり恥じたりすることではないですよ」と返答してあげるのが良いですね。単純な事ではありますが、幼年誌でこういうことを子供に理解させるという事は大きな意味を持つことでしょう。千里の道もまずは一歩から。
その後紫音と育が結ばれるという展開までは描かれませんが、似非占い師に思いを打ち明けたことで、それまで悩んでいた紫音も以後心が軽くなります。

巻数表示は3と出てますが、1巻と2巻は主人公の名前が「つぼみ」ということだけ共通してるだけで、それぞれ登場人物も全く違う別の話なので3巻から読んでも全く問題ありません。


ちなみに1巻はつぼみと未来からやってきた妹との触れ合いの話。1巻は主人公のつぼみと妹の間を深読みすれば百合要素を見出す事も出来なくはない(難しいが)。
2巻は自分の兄に偽装して同居する宇宙人の少年が地球人の少女つぼみの身体の成長期の変化や恋愛感情を観察する話。
毎回初潮ネタ、ブラジャーネタ、毛が生えるネタなど成長期の少女へ向けた性教育ネタが入っています。さすがに変な目でみられることが多いようですが、普通に読んでも素晴らしい作品です。


アニコン

百合度★☆☆☆☆
こちらのオタクネタ作品にも主人公の友人が女の子が好きだというネタがあります。


ぴゅあぴゅあ

百合度★★★☆☆
これは人間界に修行にやってきた天使(るう先生)と人間の少女(みるく)の交流のお話です。詳しいレビューはこちら


おちゃらかほい

こちらの作品にも百合要素があったような気がしたけど詳細は失念してしまった。結構濃かったような?


水色時代


言わずと知れた代表作ですね。特に百合というわけではないんですが……百合の少ない90年代にはこれも多可子×優子で例によってせっせと百合妄想していたものです(笑)。ドジな優子を世話焼きなタカちゃんが心配してあれこれする良いシーンがちょいちょいあったんですよね。途中までほんとにタカちゃんは優子のことが好きなんじゃないかと疑って見てました。