sola

最終話「ソラ」(公式
百合度★★★★☆
作画度★★★☆☆

最終回のテレビ放送を録画し損ねて、あやうく見逃してしまうところでしたが、親切な人の計らいによって観る事が出来ました。Hanaさんいつもありがとうございます(笑)。
で、最終話を観てみたんですが、対立していたヒロイン2人のうち能登麻美子のほうは「私の命、あげる」と命を投げ出して中原麻衣に吸収され、さらに男は2人の対決の間に割って入ったところで中原麻衣に刺されて消滅(元々死んでて中原麻衣の折り紙で作った紙人形だったようですが)、というある意味百合的には理想的な展開でした。
その後人間になって生き残った中原麻衣は、清水愛と再会し、良い雰囲気になって折り紙を教えあったり、その後清水愛のお姉さんも手に入れてしまったのか3人でデートしたり(このへんはさすが中原麻衣…笑)、清水愛のために自販機に体当たり(能登麻美子の必殺技ですね)してジュースをあげたりと、ラブラブ百合百合ハッピーエンドでした。
ヘテロカップルが消えて百合カップルが生き残る……これはこれまでの創作作品の歴史の逆を行くパターンですね。ヘテロカップルも消えてしまうと美しく感じるもんだ。これからのヘテロ作品は全部このパターンでお願いします(笑)。

この作品、第1話を観た限りでは正直全然期待が持てなくて、すぐ切り捨ててしまいそうな作品だったと思ったんですが、意外や意外、最終話まで視聴を続けることになろうとは全く予想してませんでした。こんなに百合度高く話が締められて、最終話まで観て良かったですね(というか見せてもらったんですが)。
特に中原麻衣×清水愛の百合カップルファンなら必見の作品といえるでしょう。