舞-乙HiME嵐
(佐藤 健悦)
百合度★★★☆☆

コミック版「舞-乙HiME」の番外編です。本編同様マシロは相変わらず女装男なのが惜しいですが玉葛さんにも紹介していただいたとおり収録されている「SUPER H」「SUPER H2」には百合度の高いシーンが収録されいてるし、「嵐」にも脇でいちゃつく百合カップルがいます。番外編ということでシリアスシーンはほとんどなく、エロエロなシーン&ギャグ展開ばかりです。

・「舞-乙HiME嵐」
百合度★★☆☆☆
借金によりガルデローベが差し押さえられてしまう話。タイトルにもなってるメインキャラの「アラシ」はナギの双子の妹という設定で最初男装してますが実は女の子。女の子だと気が付かないエルスがボンテージ衣装でアラシに迫ってきて、自分の生乳にアラシの顔を埋めさせたりします。
シズル×ナツキのシーンもいくつかあり、差し押さえられて服を脱がされたナツキの姿をみたシズルが赤くなって「宇宙いち♥」と扇子で意思表示していたり、メイド姿になったナツキを見てまた扇子で「まい♥めいど」と意思表示をしていたり、投獄された先でも一緒の檻の中に入れられていて、落ち込むナツキをシズルが慰めてあげたりするシーンがあります。

アラシの秘書でコスモビューティーズ(というと「大運動会」を連想してしまいますが)の楊貴妃とマリーはガチ百合カップルのようで、ほとんど裸の姿でソファーでエロティックに絡み合っています。その後主人公たちと敵対して戦う事になりますが、女装男ハーレム集団の主役たちよりこっちのほうを応援してしまいますね。

・「舞-乙HiME SUPER H 完全版」
百合度★★★★☆
研修旅行に行った先のトモエの実家の温泉宿で、トモエとミーヤがお風呂で唾液を引く濃厚なキスをしてそのまま裸で絡み合う話でした。「ふふ……口ではイヤがっていても肉体からだは正直よ……」と乳首を舐め、そのまま舌は下のほうへ……。「トモエちゃんのいじわる……あ……ダメ!!そこは……」とアソコを舐めてしまうシーンまであります。この辺は成人誌並みの描写ですね。
その後登場する浴衣の前面がはだけて丸見えなナツキに、こちらは素っ裸のシズルが後ろからナツキの浴衣をさらに脱がせようとしているシーンも百合度高い。
メインストーリーは温泉を掘り当ててめでたしめでたし、というオチでした(どうでも良いが)。

・「舞-乙HiME SUPER H2」
百合度★★★★★
「チャンピオンREDいちご」創刊号に載っていた作品ですね。
お風呂に入っているニナの後ろからエルスが泡立った自分の胸をこすりつけて背中を洗ってあげる話(こちらにサンプルあり)。まっと洗いですね。アリカもナオから教わったと言う(ドラマCD参照)技を使って混ざろうとしますが滑って3人でもつれあう展開に。

■正直女装男はウザいですが脇で絡んでる百合娘達のシーンは濃厚で良い感じでした。