タロットメイデンきさら(1)限定版
ろばー
(通常版)
百合度★☆☆☆☆

これも「コミックヴァルキリー」からの初単行本4冊のうちの1冊。こちらにも限定版にはドラマCDが付いてきます。
ドラマCDにも収録されている第1話では、主人公のきさら(釘宮理恵)がディアナ(沢城みゆき)にビリビリ責められたりするシーンや、きさらが親友とやりとりするシーンがやや詳しく描写されています。
その後も第1話で聖石を回収出来なかったディアナが、ディオニッソスという敵キャラの女性に触手責めされたり、途中から登場する双子の照崎姉妹の妹の方は姉以外に話し相手がいなかったり、姉の方も人前でパンツを下ろされてしまった妹のことを心配して抱き寄せてすりすりしたり、照崎妹が「ホラホラどうしたの?もっといやらしいトコ責めちゃうわよ!?」と操る少女にきさらが胸やお尻を触られ感じてしまい、触っているほうの少女も「ごめんなさい……でもこの子の肌すべすべしてて触り心地いいかも」と思ってしまったりするシーンがありました。

百合……というかロリ物件ですね。釘宮ボイスなのでそっち系が好きな人には良い作品でしょう。個人的には双子の照崎姉妹が気に入ったので今後はこの2人の愛情シーンあると良いなあ。