マリア様がみてる OVA5 チャオソレッラ コレクターズ・エディション


(通常版)

百合度★★★★★
作画度★★★★☆

マリア様がみてるOVA第5巻は修学旅行の話。今回は背景美術が綺麗です。イタリアが舞台ということで「ARIA」っぽい雰囲気もありますね。
祥子さまはお留守番ということで最初と最後以外は離れ離れになってしまいますが、祐巳が祥子さまを想う気持はよく出ていたと思います。最後のほう、「会いたい……お姉さまに」と思う祐巳は良いですね。逆に由乃さんとは相部屋ということで、絆がしっかり描かれていてこれも良かったです。由乃×祐巳のカップリングファンとしては嬉しいです。

「旅行記」などと批判されることが多い今作品ですが、私は原作が発表された当時、ちょっと前にこれより数段ひどい旅行記ライク小説(タイトルは伏せます……というか忘れた)を読んでいたので、それに比べるとそれほどひどくはなかった……というかむしろ上手い方だと感じました。高校生の修学旅行という感じではなく、大人の旅行って感じはしますけどね。まあそこは「リリアン女学園」という一種別世界の作品世界ということで。

冒頭、フィレンツェ煎餅を買ってくることを約束させて祐巳のタイを結びなおす祥子さま。人通りも結構ある駅の改札でやってるのがすごい。
令ちゃんに夜道一緒に帰る由乃さんが令ちゃんと手を繋いでるのが良いですね。
志摩子さんは乃梨子と電話するのは当たり前のようになっているようですね。フリフリな部屋着の志摩子さんが可愛い。
飛び立つ飛行機でぶるぶる震えてる女生徒たちをパシャパシャ写真を撮る蔦子さんはお約束。しかし修学旅行だと蔦子さんでなくても皆写真って撮りまくりまくるものかも。
熱を出した由乃さんに祐巳がパジャマを着せるシーン、よく見ると由乃さんは上半身裸、これは祐巳には見えていることでしょう。なにげに良いシーンです。
祐巳さんのお風呂シーンや、由乃さんがバスルームから顔を出すシーンはサービスでしょうか。結構色気あります。……しかし単品でなく一緒に入って欲しかった……というか女子同士一緒に大浴場に入ってキャッキャ騒ぎながら身体の成長具合をチェックしたり、夜にはジャージでヒミツのエロトークをするのは修学旅行のお約束だと思うんですけどね〜。修学旅行で女子高生がイタリアに行ったり、好きあってる女子同士がキスやセックスもしないあたり、この作品の世界はずいぶん変わってます(笑)。

「弱みみせられるの、同級生では祐巳さんだけよ」と殺し文句を言われて言いくるめられる祐巳が良いですね。残念ながらこの作品は私の好みと違って年の差カップルが基本ですが、やはり学校行事となれば同級生との触れ合いが多くなるのは当然でしょう。

特典映像の「マリア様にはナイショ」は中の人ネタできましたか。植田さんは確かに麻雀で女性同士の親交を深めているらしいけど、「マリア様がみてる」の世界では麻雀は出てきそうもないですね。リアルな話のほうが面白そうですが(笑)。

初回特典のポストカード、蟹さまのイラストが気合入ってるのはさすがひびき先生らしい。

アニメ4期も制作決定ということでめでたいですね。メディアはやっぱりOVAになるのかな?


ちなみに10月2日には最新刊も発売されます。こちらで表紙が公開されていますが、瞳子が紅薔薇姉妹の一員になることを暗示しているようですね。
時間があったらうちのサイトでも取り上げたいと思いますが、今回もやっぱり時間的に難しいかな〜。というか「マリア様がみてる」の場合百合的な見所を紹介しようとすると、全文書き出さなくちゃいけないようなことになって、キリがないんですよね。(実は「仮面のアクトレス」あたりでレビューを途中まで書いて、膨大な量になりかけて途中で挫折したままなんです)
どうやって取り上げるのが一番良いかちょっと考え中。まあまたアニメ化された際にでも取り上げられたらいいかな〜、と思ってますけどね。