あねいもぉと
(おがわ甘藍)
百合度★★★☆☆

女子同士の絡みもよく描くおがわ甘藍の新刊です。公式はこちら(←リンク先18禁)やっぱり百合作品が何本か収録されていました。というか紹介しなかった「発熱ドレープ」1編を除いてほとんどの作品に百合要素があります。ただしこの作者さんとしては毎度の話なんですが、やっぱりほとんどの作品に男が絡んでくる(笑)。
しかし最後の前後編の「フレンドシップ」は男も全く絡まず、女子同士の絡みだけなのでこれはおすすめ。男性むけロリ作風な百合なのでそういうのもOKな人はどうぞ。

・「あねいもうと」(前後編)
百合度★☆☆☆☆
憎まれ口を言いながらも馬鹿な妹のことを助けにくる姉や、登校拒否児童のくせに姉の集金袋を届けに学校に来たりする妹には姉妹愛を感じますが絡みは男女のみ。あと妹が姉の裸を好奇心満々で見てるシーンとか。
最後助けてくれた姉のふとんに潜り込んで胸に抱きついて寝ようとする妹のシーンは良いですね。

・「誰にも言えないこと」(前編)
百合度★★★★☆
生まれつきク○ト○スが大きい少女が、からかっていたクラスメートの女子たちに押さえ込まれ裸にされ、いじられイカされ写メをとられる展開がありました。冒頭の夢と後編はヘテロ。これどっかで読んだ覚えがあるなあ。このサイトでは紹介しなかったっけ?

・「湯のむら奇譚」
百合度★★★★☆
温泉宿に来たレズビアンカップルがお風呂や布団で絡むのを宿の娘が覗く話。前半はビアンカップルの絡みで覗いてる少女も良いんだけど、隣なじみの男が一匹混じってるのが惜しい。ビアンカップルの片方は嫌がりますが(当然だ〜)、結局後半は女3+男1で乱交する展開に。

・「竜神迎奇譚」
百合度★☆☆☆☆
村の行事で蛇の神様に犯されてる少女を見ながら、友達の少女2人がHな気分になって絡む展開がありました。

・「フレンドシップ」
百合度★★★★★
幼なじみのひなたに片想いしている少女亜美。「ひなたはあたしの太陽なんだ」と思う亜美が良いですね。お風呂で洗いっこしながら胸を触ったりする仲でしたが、ひなたがテニス部の格好良い先輩芹香(♀)に恋をしてしまい歯がゆい想いをすることになります。
実は女の子が大好きで可愛い女の子を連れ込んでは次々にHしていた芹香、ひなたもブラジャーを買いに行く事を口実に部屋に連れ込んでそのままHしてしまいますが、元々先輩のことが好きだったひなたは気持ちよくなって幸せな気分になります。応援してると言いながらやっぱり切ない亜美。
その後先輩が別の女性と付き合ってる事を知り、ホテルに一緒に連れ込まれ2人がHしているところを見せ付けられ、3人でしようと誘われますが逃げ出してしまうひなた。泣きながら親友の亜美の元へ行きますが亜美は優しく慰めて、自分もひなたが好きで前からエッチがしたかったことを告白し、ひなたも恥かしがりながらも了承し、晴れて2人で結ばれてラブラブにHすることになります。

以前junさんに紹介してもらった作品は多分「フレンドシップ」のことでしょうね。これが一番百合度も高くておすすめでした。

あとがきの描き下ろしらしきイラストも百合なカップルが3組絡んでるところが描かれていて、これは良い感じ。

こちらで紹介した「ドキ♥ドキ留守番大作戦」は収録されませんでしたが次回の単行本に収録されるんでしょうね。
おがわ甘藍の作品としては最近「姫盗人」で連載してる「鏡の中のわたし」がメインストーリーが百合っぽくて、これはちょっと注目しています。おがわ甘藍の作品は最初の頃は全然読めなかったんですが、最近は慣れてきたのかだんだん楽しめる作品が多くなってきた印象があります。次回作はさらによくなりそうな予感はしますね。