百合姫Wildrose 2
公式
百合度★★★★★

少女漫画的な作風でH描写も含む百合漫画が満載だった素晴らしい内容の前作百合姫Wildroseの続刊が発売されました!
今回はページ数の多い作品が多くて、Hシーンもそこに至る過程も、しっかり描いている作品が多いですね。まああんましHシーンの詳細書き出してもしょうがないんで主にストーリー部分を紹介しましたが、Hパートも文句なしです。

内容は実に良かったです♪言うことないですね。良い作品を読むと言葉もなくなって……って一読者としては良くてもブロガーとしてはそうもいかないか(笑)。やっぱり感想書かなきゃいけないですね。まあ一応書きますが(笑)、やっぱりごちゃごちゃ語ってるのを見るより百聞は一見にしかず、実際読んでみるのが一番ですよ。

・「温室の秘密」(三国ハヂメ
前回の「温室の魔女」の続きのお話です。巻頭扱いなのが嬉しいですね。前回では名前も知らない相手のことを特別に意識してしまって、それが愛だと気づくという話だったんで演出のため相手の名前は作中に出てこなかったと思うんですが今回は「咲ちゃん」とばっちり名前も出てきます。
温室で二股三股のドロドロの愛憎劇が繰り広げられていると聞き、咲のことを真っ先に心配する志摩ですが、逆に咲はよく知らないうちに好きになってしまった志摩の気持ちを心配していたのでした。「志摩さんのこと好きだなー」と言葉を言い交わしても埋められない距離を、また互いに身体を重ねることで埋めていくことになります。一方的にされるのではなく、志摩のほうからも咲にしてあげようとする心遣いが良いですね。

・「Girls Study」(ハルミチヒロ)
女子同士付き合いだしてから体調も運気も絶好調になった少女と、逆に成績がヤバくなって先生に呼び出されてしまった少女のお話。まわりに2人で遊んでいるせいだと言われるのが嫌で、意地で彼女と一時離れても勉強を頑張る少女が健気ですね。テストが終わったら我慢していたお楽しみHを……というのはお約束ですが楽しそうですね。さっそく屋上でHを満喫する2人。相手のほうは一緒にいてくれなくてつれない相手のことが気になって勉強が手につかず、逆にひどいテストの成績を取ってしまったというオチも微笑ましいです。
ハルミチヒロ先生は「百合姫S VOL.3」でうさぎ少女2人が抱き合うイラストを描いていた人ですね。こんな感じの絵を描く人です(←)。公式サイトが見当たらないので参考に。最初「ハルミチ」「ヒロ」で区切るのかと思ったら「ハルミ」「チヒロ」で区切るらしい。苗字がなくて名前が二つあるような作家名だ(笑)。

・「閉じててね、心」(ロクロイチ)
両親を亡くして以来、従姉妹のアズサの家に引き取られ一緒に暮らすようになった希和子。「家に来てからあんまり眠れてないでしょ?一緒にねよっか」と言われ、「えっちしたい。……ね?しようよ」とその後肉体関係を持つようになった希和子ですが、アズサの優しさにつけこんでしまったことに対して引け目を感じていたのでした。
ある日アズサに男の子と一緒に水族館に行くことを提案されるのですが、アズサが自分の手を離れて男の子と遠いところへ行ってしまうことを想像してしまい、「行っちゃやだ。イルカ見たいなら私と2人で行こうよ」と泣き出してしまう希和子。
しかし本当は男の子は希和子目当てで、アズサもそれは今まで何度も断っていた話だったのでした。「希和子を守るのは私じゃなくてもいいことくらいわかってるの」と泣き出すアズサを見ながら、お互いに同じ気持ちを抱いていたことを知り、「大好きっアズちゃん!!妹じゃなくて彼女にして!!」と抱きつき、自分たちの関係が閉鎖的であることを自覚しながらも、お互い今までどおり何をするのも一緒でいることを約束するというお話でした。

この人は携帯コミックのほうで「ミダラに濡れる初・体・験」という百合漫画を描いている作家さんらしいです。名前は存じ上げない作家さんだったんですが……なんか絵柄とか作風に見覚えがある。この人こちらで紹介してる青目黒さんじゃないですよね?違ったらすごい失礼なんですが……。どちらも登場人物の心理描写が繊細な点が共通していると思います。この作品もかなりクオリティ高くて、普段携帯漫画だけじゃなくてもっと描いてるキャリアのある人なのではないかと思ってしまうのですが……。あ〜、乙ひより先生の時もそうだったんですが、こういうの気になりだすとキリがなくなって作品に集中できなくなってしまうな。

・「ゆれてはずんで」(牛乳リンダ
大きな胸をからかわれても普段明るく振舞っていたものの実は気にしていて影で泣いていた少女を、逆に胸が全然ない少女が慰めてなでなで頭……ではなくなぜか胸を撫でているうちにお互い気持ち良くなってしまい、「あのね……恵梨香ちゃんがやじゃなかったらもっと撫でて」と恥ずかしがりながら申し出るあいに恵梨香も「なんかあたしらおかしなことになってない」と心で思いつつも胸を撫で続けるうちにあいの感じてえっちな表情になってしまっている顔をみて「あたしもあいのキモチよさそうなカオ……もっと見たい……」とちゅうをし、あいもちゅうで返します。ブラをずらして乳首を直に触るなどそれ以外にもいろいろしたもののそこは場所が学校だったので最後まではいかず、「じゃあ明日休みだしデートしよっかー」と約束をし、翌日やってきたあいが胸元を強調した服で着た事にナンパ男に捕まると注意する恵梨子ですが「だって恵梨子ちゃんに見てほしくて」と言うあいに「いざというときのためにとっとくの!」という恵梨子ですが「いざって?」と考え込んでしまい、お互いに赤くなってしまうという結末でした。
絵柄も可愛く初々しい百合カップルのお話でしたね。
牛乳りんださんが参加されるのはDTさんの情報どおり。(ありがとうございました♪)サイトのほうにイラストキャラ表なども載っていますが、可愛い絵ですよね。CherryPINK5月号でTL誌デビューされていたそうですが気がつかなんだ。3月号は買ったんだけど(買ったんか)。

・「Heart And Soul」(南崎いく
前回のお話「Sweet Little Devil」の続きです。卒業を間近に控えたりっちゃんがイベントで一緒にいられないことをを今までに比べれば寛容に認めていた小夜ですが、制服のボタンをあげちゃだめかと聞かれさすがに「ダメっていうかヤダよ!!」と激しく抗議します。直球はハッキリ打ち返すものの鈍くて変化球に弱いりっちゃんに注意を促す小夜ですが、その後2人でじっくり話し合い、いつも通りとはいえHもしっかりしてしまったりっちゃんに「ボタンなんて小夜はいらないでしょ?目の前の誰かさんに胸をドキドキさせてるあたし自身が……全部アンタノモノになってるんだから」と殺し文句を言われ、小夜も「泣きそう、てか死にそうなんですけど」と泣き出して愛情を再確認するお話でした。
南崎いく先生は「クイーンズブレイド」のほうでお忙しそうだったんで今回参加されるか心配だったんですが、今回も参加された&ページ数も充分ということで嬉しいです♪

・「好to Sex」(CHI-RAN
いつもHなことを考えてる主人公ですが、相手はもちろん男ではなく女の子のことばかり。そんな時向かいの家で女子同士セックスをしている姿を見つけてしまい、目が離せなくなって覗いているうちに、部屋の女の子から誘われて、実際に自分も女性同士でHをしてしまうことになり、その後も相手のことが気になってしまい、相手との「たどりつく愛」を求める日々が始まる、というお話でした。
「秘蜜少女」の時にちょっと紹介しましたがこの作家さんは唯一の百合専門レディコミ雑誌「美粋」時代から百合を描いていた作家さんということで、百合キャリアも長いですね。

・「先生のお気に入り」(城之内寧々
大きな胸や綺麗な足を強調した衣装をしているのは、誰かを挑発するためではなく自分のためのものだったという女教師ですが共学時代は男子生徒に誤解され、女子高に赴任してそういうこともなくなった……かと思いきや巨乳大好きな女生徒に押し倒されて相変わらずの日々が続いてしまいます。
しかし主人公のほんとのお相手は可愛い女の校長先生で、巨乳をいじられお仕置きを受けてしまいますが、どうしようもないM体質だったのでそのお仕置きも楽しんでしまっているのでした。
個人的にこの人の描くティーンズラブ百合すっごい好きなんですよ。今回も参加されていて嬉しいです。

・「ねこになりたい」(あきよし菜魚
内気そうで普段クラスメートと話している様子も見ない女生徒が猫を撫でている姿をみて、自分は逃げられてしまうのに近づける相手の少女のことが気になってしまいますが、あとから考えればそれが好きになったきっかけだったのでした。その後教室で机に登って興奮気味に話しかけ、その後お弁当を食べようと初めて苗字ではなく名前で呼びかけるのですが、照れて赤くなる香穂ちゃんをみて「びっくりした。すごくすごく」とかわいすぎてびっくりしてしまう主人公、その夜ひとりでお風呂に入りながら「自分でも知らなかった。あたしって……女の子が好きなんだ」と自分の感情に気がつきます。
後日家にお呼ばれする主人公ですが、友だちを自分の家に招き入れるのは初めてと恥らう香穂や、かわいい部屋にますます興奮してしまいます。家では飼い猫のことを嬉しそうに話す香穂ですが、主人公がついに飼い猫にまで嫉妬してしまい、「にゃあん」と抱きつき最初は冗談混じりだったのですが「カホちゃんが好きなの」と真剣に告白し、キスされたり胸を吸われて泣き出す香穂も実は主人公のことが好きで涙も嬉し涙だということが分かり、晴れて結ばれます。飼い猫は恋敵らしいですが、2人はラブラブそうですね。

day alone〜マノーラと姫ちゃん〜
あきよし菜魚先生は以前こちらで紹介しましたね。
この人はティーンズラブ誌でもよく見かけますが、こんなに主人公が生き生きして明るい作品見るのは初めてかもしれない。事前に予想したお話とはだいぶイメージが違いました(笑)。あとがきにも「本気で今すぐに可愛い嫁orメイドさんが欲しい」とか仰ってますし、作品もかなりノって描いたんじゃないかと思うんですがいかがでしょう?(笑)
追記:作者さんの日記で触れられてましたが、百合姉妹の頃から描きたかったとはやっぱり相当百合お好きだったんですね(笑)。元々女の子キャラを可愛く描く人だったのでそれも納得です。今後は百合姫本誌のほうにも参加されるはず……ということでこちらも楽しみです♪

・表紙(水野透子
女子高生2人が制服脱ぎかけで今にも始めよう(←?)としている水野透子先生の描くイラストが素敵です☆窓の外に校舎が見えているようですが、別校舎の保健室とか?枕が豪華すぎるんで寮なのかも。今回も甘い感じで良いですね。

・イラスト(CHI-RAN
前回はご本人によると彩色が本意な出来にならなかったとのことですが、今回は気をつかってか、その辺もばっちり綺麗に印刷されてますね☆

今回は「コミック百合姫」VOL.13「ときめき☆もののけ女学園」「紅蓮紀」が同時発売、翌日には「百合姫文庫」の「ワイルドブーケ 花の咲かないこの世界で」(駒尾真子 甘塩コメコ)、「. (period)」 (瑠璃歩月玄鉄絢)が発売されます。

2巻が発売されるということで1巻を読み返してみたんですが、やっぱこれいいわー。女子同士が愛し合うようになって、そこから心が繋がった後は身体も……という流れが自然に描かれている良作が多いです。
三国ハヂメ先生の作品なんて神やん。相手の名前も知らなくて、他の子には区別もつかない女の子なのに主人公には特別に目立つ存在に思えて、それが「好きだから」だと気づかせる展開は秀逸です。
城之内寧々先生の作品は、直接話したりしなくても目と目が合うだけでお互い愛し合っていることを確信してしまった少女が、やっぱり実際に会話して身体も触れ合わせることでより深く愛を再確認することが出来る過程をコメディタッチで見事に描いています。
各作家さん、ページ数そんなにないのにこれだけ描けるのはすごいと思いますよ?このシリーズが続いて、ページ数が増えたらもっと良くなることは間違いなしです。是非今後も続いて欲しいですね。

公式の紹介も一応載せておきますと……
女の子同士のジューシーLoveコミックの第ニ弾がついに登場!! 愛があるから心とカラダで感じたい!! 
という乙女×乙女のラブを覗いちゃお!! キュートな女の子カップル満載のカゲキにムテキなオリジナルガールズ・ラブアンソロジーです★本誌で大人気の水野透子先生の表紙が目印ですのでお見逃しなく!!

アキバBlogさんのとこにも広報記事が来ていますが、一迅社でHありの少女漫画を出すことは「純情系 出版社・一迅社の社内倫理をぶっ壊すほどのインパクトを与えた」ということで、裏ではいろいろと取り付けなければいけない面倒な交渉があったことを窺わせます。これは読者の方で支えていきたいものですね。

前回は発売直後から約2週間に渡って品切れ状態が続くなど大混乱でしたが、今回は早めに予約してくれた人が多かったせいか、たいした混乱もなく在庫も安定していたようですね。良かった良かった。

本屋も回ってみたんですが、こちらでは中規模書店、大型書店では1冊も見つからず、地元では一番大きい超大型書店で1冊だけあったものの後日見にいった時には全部売り切れてました。売れてると考えて良いのかな?あるいは本屋で買いにくいタイプの本なんで最初からあまり入荷しなかった本屋さんが多かったのかもしれませんが。

とりあえずシリーズが続くことが一番重要!このジャンルが続くか続かないかで、このサイトを続けるモチベーションも全然違ってくるでしょう(笑)。