クイーンズブレイド Hide&Seek (1)
南崎 いく
百合度★★★★★

「百合姫Wildrose」にも素晴らしい百合作品を寄稿されていた南崎いく先生の「クイーンズブレイド」コミカライズです。
こちらに南崎いく先生の描き下ろし出張コミックが掲載されています。これは必見!

妹のエリナが、突然いなくなったお姉ちゃんにベタ惚れで、消えたお姉ちゃんを追っていくお話です。表紙を見ても分かるとおり元々セクシーな衣装を着た女性キャラがたくさん登場する作品なんですが、お風呂に入っていたり寝るときは半裸だったりとその衣装も脱いでることが多く、セクシーなシーンが多いですね。バトルシーンは他の「クイーンズブレイド」のメディアに比べるとそんなに多くはなく、やっぱり作者が作者なだけに百合なシーンが何かと多めに挿入されています。
作者さんは確かこれが初単行本という事になると思うんですが、「百合姫Wildrose」の作品を見ても分かるように絵柄も構成もすでに完成されていて、クオリティの高い内容となっています。

カラーページの冒頭から夢に出てきたお姉ちゃんが下着姿で妹に馬乗りになってるのがすごい。このシーンは単行本でもちゃんとカラーで収録されましたね。扉絵も含めて、綺麗に印刷されています。
「今までずっと寂しい思いをさせてしまってゴメンね」とぎゅっと抱きしめるレイナですがエリナの方も当然お姉ちゃんラブなので、「もうどこへも行かせないんだからぁ。きゃー♥」とお姉ちゃんと抱き合いますがこれは妄想。目が覚めて抱き枕を抱きしめていた自分の姿に気が付くエリナでした。
「お姉様は幼い頃から綺麗でお優しくて正直で……汚れのない、まるで聖女のような……」と回想しながらハァハァするエリナですが、逆に長女のクローデットは末っ子のエリナのことが好きで、愛情過多な目で見つめていたり山賊の女性リスティと戦っていたエリナを助けに入ったりします。リスティがお姉ちゃんのことを知っていて、手篭めにされたんじゃないかと想像して嘆くエリナが面白いですね。
「だってお姉ちゃんに触れてイイのは……私だけでしょう?」とお姉ちゃんを探すためにクイーンズブレイドという大会に参加する事に。

その後お姉ちゃんを追いかけるエリナに従者としてフロレルという男を付き添わせることにするクローデットですが、「必要ありません!邪魔になるだけですわ!」と激しく抗議し、男を置いてさっさと自分はお姉ちゃん探しに出かけてしまいます。この辺はさすが南崎いく先生の漫画ですね(笑)。
さらに行き倒れのドワーフの娘ユーミルに「後生じゃから、ワシに手をかしてくださらんか」と助けを求められるのですが、レイナ一筋なエリナは「幼女にはまったく興味ありませんので」と見放そうとしますが、しがみついてくるユーミルもしぶといですね(笑)。ユーミルがほれ薬も持っているという事を知って、あとでお姉ちゃんに使おうと結局旅に同行させることにします。

「はぁーお姉ちゃん」と再びお姉ちゃんと抱き合う夢をみたエリナですが、抱きしめて髪の匂いまで嗅いだお相手は今度は布団ではなくユーミルだったのでした。下着の中にまで手をかけていて、どこまでやるつもりだったんでしょうか(笑)。ユーミルの方は無理矢理抱き込まれたと言っていますが、ドキドキ期待の篭った目でエリナを見つめていて結構その気があったようにも見える?エリナには「幼女はお呼びじゃないっつてんだろうがぁぁー!」と逆ギレされてしましますが(笑)。

ようやく辿り着いた闘技場で女の子にぶつかられるエリナ、しかし脚を開いて倒れたその少女がパンツを履いてないことを知り、目が釘付けになってしまいます。
と、そこで突然ユーミルとフロレルの姿が消えているのに気づきます。人攫いに会ったんですが、これでなんの足かせもなくお姉ちゃんを探しにいけるとほっといてしまうエリナ、フロレルはともかくとしてユーミルは可愛そうですね(笑)。
武器だけ取りに来た薄情なエリナですが、焚きつけられたユーミルは自分の力を見せ付けてやろうと人攫いを自力で倒し、自分の武器の力を見せ付けてやると今後も付いていく事を宣言して健気です。

2人がリサーチのため出て行って、その間1人で宿にいたエリナですが、そこへトモエという和服姿の女性が「お手合わせ願えませんか?」と勝負を申し込みにきます。
エリナが軽くあしらって拒否するものの、「人というものは、拒まれるほど燃え上がるものなのですね。お願いします。是非……私と……」とハァハァしながらなぜかベッドの上まで圧し掛かってくるトモエはもはや対戦を望んでいるのか女性の寝こみを襲おうとしているようにしか見えません(笑)。
この辺も南崎いく先生の漫画ならではでしょうかね。
「攻めるのは好きでも攻められるのは好きじゃないの♥」と逃げ出すエリナはやっぱり攻め受けの立場の違いはきっちりしたいタイプのようです。
それでもさらに走って折ってくるトモエはほとんど女ストーカー。
一旦はまいたエリナですが、お姉ちゃんを追っているうちに再びトモエと出逢ってしまいます。行水をしていたのか和服姿が濡れて透けてセクシーなトモエに、「嬉しいです!!ようやくソノ気になってくれたんですね!?」と抱きつかれ押したおされる展開に。
対戦は望まなかったエリナですが、しかしお姉ちゃんのことを知っていて、しかも大切な友達だと思っているトモエにエリナの嫉妬心に火がつき、お姉ちゃんのことを吐かせるためにもバトルを開始する事に。
やはり一枚上手だったエリナはトモエを仕込みのワイヤーでしばりあげて吊るし上げ、さらに羽をつかって(羽を見た瞬間ビクっとするトモエが面白い…笑)動けないトモエを「よいではないかよいではないか、ほぅ〜れほれほれ」とさわさわくすぐってお姉ちゃんのことを吐かせようとするのは鬼畜プレイですね。

再会したエキドナもトモエに妖しげなしつけをしていたらしいですが、さらに責めたいと羽を持って交代することに……と思ったら後ろからエリナが襲われて……。
1巻はここまでです。この後も百合でセクシーな展開が待っていますよ〜。

エリナの本命、お姉ちゃんのレイナがまだほとんど出てこないのがネックですが、エリナのガチ度は申し分ないし他のキャラたちの絡みもいろいろあるんで百合度は★5つとしました。表現の仕方によっても、百合度が高いか低いか印象が違ってきますよね。あとがきにも「必要以上に百合百合しいのは紛れもなく私のせいです……」と南崎いく先生も仰っている通り、百合度の高い雰囲気でした。

公式サイトにも告知が来てますが、アニメ化もされるようで楽しみですね。出来れば南崎いく先生の漫画に沿った展開を希望(笑)。


クイーンズブレイドアンソロジー

百合度★★★★☆

こちらはアンソロジー。これも結構百合度高かったので買いました。表紙は「舞-乙HiME」シリーズでお馴染みの久行宏和。アンソロジーなのでサイドストーリー集ということになりますが、南崎いく先生の「クイーンズブレイド」を読めばだいたい話は分かるんじゃないかと思います。
以下ひとつひとつ作品の紹介を。
・沢樹隆弘 百合度★★★★☆
お姉ちゃんのレイナを執拗に追い回すエリナ、抵抗するお姉ちゃんに撃退されてしまいますがそれでも「ああ〜ん、ス・テ・キ……♥ステキすぎるわお姉ちゃ〜ん♥♥♥見たい!見てたい!見つめていたいいい!!エリナはお姉ちゃんに毎日でも見とれていたいのに〜〜!!」とますます入れ込んでしまいます。
その後エリナから逃れて酒場で飲んでいたレイナですが、そこにもエリナの魔の手が迫っていて一服盛られたレイナは動けなくなってしまいます。「レイナお姉ちゃん、やっと捕まえた。エリナもう離さないんだから」とハァハァ迫ってくる妹はちょっと怖い(笑)。その後もレイナを縛りつけ逃げられないようにしたエリナはもがくレイナの姿をみて「困窮したお姉ちゃんもセクシィ〜」ときゅーんときてしまいます。「お楽しみは明日に……ね♥」と言って一旦おやすみの挨拶をするエリナですが、一体何をしようとしていたんでしょうね。

・黒龍眼 百合度★★★★★
エキドナと出くわしたトモエですが、エキドナの露出度の高いコスチュームに目のやり場に困ったりしているうちに動けなくされてしまい、「禁欲的な装束の割りにはなかなかいい体してるみたいねェ♥」と身体をまさぐられ胸を揉まれ服を徐々に脱がされて……この後は食べられてしまったらしい。

・広瀬まどか 百合度★★★☆☆
ハプニングでHな格好になってしまったユーミルにノワがずっきゅーんとしてしまったり、女子同士一緒に温泉に入る事になって恥かしがるトモエに「こんないい体つきしてるのに恥かしがることないじゃないかい」と顎を掴んで自分の元へ引き寄せて胸をくっつけあったり、その2人の姿を見たノワが鼻血を吹いてしまったりする展開が。

RustySoul 或斗せねか 百合度★★★★★
相変わらずレイナお姉ちゃんを追い回してるエリナ。リスティにかくまってもらったレイナですが、その後汗をかいたからと風呂に入ろうとしますが、ふとレイナにも「一緒に入るぅ?」と声をかけ、抱き寄せて腰の辺りをすりすりさわったり脇に顔を近づけて匂いを嗅いだりするシーンはエロい。一緒にお風呂に入る事は断わったものの、目の前で脱ぎだすリスティの身体に見惚れてドキドキしてしまうレイナも良いですね。
その後リスティの仕事に付き合うことになったレイナですがまたしてもエリナと出くわしてしまいます。
「私と一緒に家に戻って、共に典雅な暮らしを送りましょう?」と抱きついて息を吹きかけるエリナが良いですね。昔燭代を壊してしまった時にお姉ちゃんがかばってあげたり、レイナもまた幼い頃は自分を慕って追いかけてくる妹が可愛かったことを思い出したりしてちょっと良い雰囲気になりますが、おねしょしたことをエリナがかばい損ねたことなどを思い出して結局決闘することに。
「腕ずくでもお姉ちゃんを私のモノにするんだからっ」と意気込むエリナですが、なんだかんだ言って仲良し姉妹だったのでした。

みずきひとし 百合度★★☆☆☆
アイリという少女がカトレアという女性に「おっぱい……もとい!精気をたっぷりと吸い取ってさしあげますわ!!そりゃもうじっくりねっとりとしゃぶりつくして……おっとヨダレが……」と襲い掛かる展開が。

浅賀葵 百合度★★★★☆
戦うお姉ちゃんの姿を「素敵っすてきーっ最高よーっ!」と応援しながら観戦するエリナですが視線はお姉ちゃんの豊満な胸の方に。「いいゆれ具合」とうっとりしています。しかし隣で観戦していたエキドナが「だけどわたしにはまだまだ役不足だけどな!」と言われ、かちんときたエリナはエキドナの胸をぐりぐり触って「もう抜かれてるわよ」と牽制し、結局対戦することになりますが、ハプニングで服の間から零れ落ちたエキドナのナマチチを見て、実際に見た限りでは確かに大きいことを知って悔しがりながらもそれは認めることになります。

こしじまかずとも 百合度★★★★☆
師匠のエキドナにいきなり後ろから胸を揉まれるイルマ、師匠には勝てませんがその後レイナに修行相手として指名され「よろしくお願いしますお姉様!」と抱きつかれる展開に。

雅舞羅−L 百合度★★★☆☆
対戦相手を先に倒し、レイナと再会することを夢見るエリナ。捕まえたら「あ〜やって、こぉ〜やって、いっぱいラブラブしてあげちゃうんだからぁ」と邪な妄想で一杯です。

島本晴海 百合度★★★★☆
温泉に浸かってたら夢見ていたレイナお姉ちゃんが本当にやってきて嬉しがるエリナ。さっそくお風呂に入ろうとせかしますが、レイナと一緒についてきたリスティがお姉ちゃんの服を脱がせているのを目の当たりにして嫉妬します。「お姉ちゃんはあたしとおフロに入るんだからー!」とお姉ちゃんの胸をぎゅっと掴んで抱きつくエリナですが、お姉ちゃんの裸を目の当たりにしてじっくり見てしまい鼻血を吹いて倒れてしまいます。
その後は洗いっこしようとしてもノワに先を越され、リスティには「レイナ肌キレーだな〜。チチもしっかりはってるしよ」とお姉ちゃんが胸を直に揉まれているのを見て堪忍袋の緒が切れたエリナ。
「お姉ちゃんのおっぱいを偶然さわっちゃったりもんじゃったりするのは私だアターック!!」とリスティとやりあっているうちにお姉ちゃんはまた逃げてしまいます。

白河まいな 百合度★☆☆☆☆
困ってる人をほっておけないレイナを見て「お姉様ステキ♥」とエリナが見つめる展開が2度ほどありました。

このアンソロジー、見事なまでに男キャラがほとんど出てきませんね。男キャラが出てくる作品が苦手という人も安心して読めるんじゃないかと思います。

■ふ〜とりあえず1冊紹介することが出来た。また余裕があったら他のもやりたいところですが、一冊やるだけで結構しんどいし時間がかかるのでどこまで出来るか……。
「クイーンズブレイド」は様々なメディアで展開されてるので私も全部は把握してませんが、ただ基本設定はエリナがお姉ちゃんのレイナにベタ惚れということのようで、百合的も期待できそうです。

■ちなみにレイナという名前の曲はいろいろありますが、Billy Joelの「All for Leyna」がレイナという女性に異常なまでに執着する主人公のことを歌った歌で、この作品のイメージにもぴったりなのでおすすめ。私もBGMとして聞いてました。