少女セクト 2時限目  Innocent Lovers

百合度★★★★★
作画度★★★★☆

名作百合漫画「少女セクト」のOVA版第2巻は9月25日です。いよいよ発売されました!


1時限目の紹介はこちら。

原作1巻の紹介はこちら
原作2巻の紹介はこちら

やっぱり原作1巻の終わりあたりから、2巻の前半辺りまでのエピソードを中心に収録されていました。
1巻もそうでしたが、2巻も原作のエピソードを挿入しつつも話はオリジナルな展開の見せ方をしていて、話のもっていき方では原作よりも上手くなっているところがたくさんありましたね。これは脚本・構成を担当している石田真弓さんが良い仕事をしたと言って良いでしょう。あるいは玄鉄絢先生自身もだいぶタッチしているのかもしれませんね。

公式サイトGetchu.com(←リンク先18禁)にギャラリーが追加されているので絵柄の方はそちらを参考にしてください。

寮の生徒たちを見て行くよう言われ、思信の家へ行く内藤ちゃん。「親愛なるママへ。私は相変わらずです」とメールを打って送信しようとしますが、「だけど最近ちょっと……自分に疲れてしまっています」と打とうとして結局メールは出せませんでした。

駄々をこねて学校に行かない柴は学校に行くよう麒麟に言われますが「今夜だけ!」と言ったところ結局一日甘やかしてもらえることになって「先輩大好き!」と唇を突き出しますが「私は柴が思っているような女じゃないの」と応じません。しかし「それでも私の大好きな先輩だもん!」と麒麟の手を自分の胸に持っていき「触ってください!思信さまとはこんなこともしてるんでしょ?」とおねだりする柴ですが、「思信さまには内緒よ」と言ってもらってとうとう麒麟にHをしてもらって、柴は幸せそうですね。

思信たちの寮でいちゃついている女の子たちの中には前回結ばれた狛井姉妹がラブラブで見つめあっている姿も見えますね。他の女の子に思信がキスしてあげるシーンがあるのも原作と同じ。目の前で女の子同士のキスを見せられ赤くなる内藤ちゃんは可愛いですね。
他の女の子とキスやらなんやらやってる思信にお冠の内藤ちゃんは「私はファーストキスもまだ」と言いますが、幼い頃キスをしてもらったことを覚えていた思信はそれを聞いて寂しそうですね。

行進曲の和訳を手伝ってもらうよう教子先生に言われ、お礼にラーメンを奢ってもらうことになったものの、高級なホテルでラーメンを奢ってくれる教子先生が粋ですね。最近元気がなさそうだった自分を気遣ってくれた先生に桃子も「先生って大人……甘えてるようで甘えさせてくれる」と心を開くようになります。その後、
「先生、前にここであれ食べたことあるでしょう。それってデート?泊まったりしたんですか?」
「あのねえ。男の人にそんなこと言っちゃダメよ。誘ってるのと同じなんだから。私が男だったら、この流れ絶対誘うもん」
「夜景が見えるところで、誘う気満々かと思ってましたが」
「誘うわけないでしょ」
「なーんだ、つまんないの」
「最初はね。だって軽く思われたくないもの。2回目から誘う」
と2人がやり取りしてる内に、内藤ちゃんが赤くなってしまい、2人でホテルの部屋に行くことになる展開は上手いですね。エレベーターの中で教子先生が内藤ちゃんを引き寄せ唇を奪うシーンも良い感じです。

「あたし、本当は誰かに甘えたかった。いい子でいるのも疲れちゃって……時々レールから外れて脱線して、どこまでも行ってしまいたくなる」という桃子に先生は「いいよ、脱線して。その時はいつでも私を呼んで」と優しい言葉をかけて、夜景の見えるホテルで身体を重ねる2人の絡みシーンは美しいですね。キスシーンや桃子の首筋を教子先生が舐めるシーンもエロティックです。

その夜2人がホテルで一夜の関係を持ってしまった事は学校でも噂になってしまいますが、先生が病気で学校を去ってしまったことから2人の関係もそれ以上詮索されることはなくなります。
しかし先生がいなくなって寂しい内藤ちゃんが、先生がいつも使っていた机につっぷして「先生……」とつぶやくシーンは内藤ちゃんの悲しみをうまく表現していますね。

その後誰もいないと思ってその部屋に入ってきた鳩子と秋&紀の双子姉妹がHを始めてしまいますが、先生の面影を追っていた事を隠してかロッカーに隠れる内藤ちゃんはロッカーの中でばったり思信と出会って、寂しさを紛らわせるためか内藤ちゃんのほうから思信をぎゅっと抱きしめてしまう展開になります。思信は大神先輩に追いかけられて逃げ込んだらしい。この辺のアレンジも上手いですね。

やはり噂のことが気になってお見舞いに行けない内藤ちゃんを、思信が手を引いて入院している先生の元へ連れて行きます。先生と再会するシーンは原作では全く描かれなかったシーンですね。「さよなら言わないで逃げるなんてずるいよ。ちゃんと別れようよ。私たちちゃんと付き合ったんだから!」と気持ちをぶつけ、充分に泣いた後は内藤ちゃんも気持ちに整理がつき、親切にしてくれた思信のことを大切に想う気持ちが芽生え始めたところで2巻は終わっていました。
3巻で思信との関係がより深まっていきそうことを予感させるエンディングも良い感じでしたね。


■尺は30分と決まっているんで時間にすると短いですが、内容は時間以上にたくさんあったように感じましたね。
前回も言った通り、原作が原作なだけに視聴者が求めるモノも限りなく高い水準になってしまうのは致し方ないですが、成年向けアニメとしては最高水準の作品と言って良いでしょう。深夜アニメと比べて云々という話は1巻の時にさんざんしたんで割愛。

原作で語られなかったエピソードもフォローしてあって、その辺は原作ファンにもポイントが高いんじゃないでしょうか。
原作と合わせて見ると、より作品の良さが分かるんじゃないでしょう。出来ればアニメ版のほうから先に観てその後原作を読む……という順番だとかなり良いと思うんですが……うちのサイトのお越しの方で原作をまだ読んでないと言う人はいそうにないからこれは無理か(笑)。

うちでつけてる作画度も今時の深夜アニメ等を入れた基準でつけてるので今回も作画度は満点になりませんでしたが、成年向けの百合アニメで満点をつけたことはまだ一度もないんでこれはしょうがないですね。他のアダルトアニメはともかくとして、この作品のスタッフはよく頑張っていると思います。あとはこのジャンルが伸びてくることに期待するしかないでしょう。

定価は7140円。amazonの価格は以下の通り。


今amazonのページ見たら
このカテゴリ内の人気商品: 1位 ─ DVD > アダルト > アダルト一般
ということでやはり前回1巻に続いて2巻も人気があるようですね。ちなみに2位は3巻でした(笑)。



少女セクト3

こちらはその3巻のジャケット。思信さまと内藤ちゃんの2人が意味深な雰囲気で良い感じですね。
発売はやはり11月25日、定価は7140円、amazonの価格は以下の通り。


……ん?上のamazonの商品ページ、年齢認証ページ挟んでないことない?3巻は未成年でも買えるのか(笑)。

Getchu.com(←リンク先18禁)に3時限目のギャラリーが来ていました。
内藤ちゃんが渡されているのは思信さまからのバレンタインチョコでしょうね。原作では内藤ちゃんも思信さまに返す(というか投げつける)シーンがあるんですがこういうシーンも入るんでしょうか。
内藤ちゃんと思信さまのクライマックスの絡みなど、お風呂に一緒に入るシーンなども見えて原作とはまた違った絡みシーンも入りそうですね。
思信さまが大神先輩に舌でご奉仕しているようなシーンもオリジナルでしょう。思信と大神先輩の絡みは原作よりしっかりやりそう。
大神先輩を叩く内藤ちゃんが両手で何かを振り回しているような格好でないのと大神先輩がドアの向こう側まで吹っ飛んでないところを見ると、例のアイテムは自粛されたようです(笑)。
思信さまが誰か女生徒と話してるシーンや他の女生徒が数人出てるシーンとかはなんでしょうね。さすがにこれだけだと何のシーンか分かりませんが。
他にもまーやが化粧してるシーン(?)や柴が麒麟の髪を切ってるように見える(?)シーンなども収録されるようです。その後裸で柴と抱き合って眠っている麒麟の髪はだいぶ短くなっているので、やっぱり切っているんでしょう。そういえば原作でも内藤ちゃんが転校していった後に一瞬登場する麒麟は髪短くなってるんですよね。あるいは原作でも挿入したかったエピソードなのかもしれません。

内容紹介によると……
同じ女子校に通う内藤桃子と藩田思信、さらには先生・先輩・級友、さまざまな女性たちが絡み合う、 禁断の愛の物語。 教室・寮・ホテル さまざまな場所で、愛・嫉妬 さまざまな気持ちが交錯する禁断の花園。 女を巡る女同士の恋のバトルは実るのか・・・果たして恋の行方は!?
3巻には海外で流出したらしい本編映像とは全く別のPVも収録されるはずです。本編には収録されないとのことですが、あれも悪くなかったと思うんですよね。こちらには朋衣×雛の養畜部の2人が愛し合う姿なども収録されるはずです。

3巻も楽しみです♪