百合姫S VOL.7
公式
百合度★★★★★

「百合姫S VOL.7」は12月18日発売です。いよいよ発売されました!
せっかく発売だってのに百合物件ラッシュのおかげでほっとくとどんどん記事が下に下がっていくという……でもこれは百合専門誌だからあまり下げたくないので今日もせっせと記事をあげるのです。しかし月の後半に集中しやすい百合物件発売スケジュールで、18日発売ってのは一番記事が埋もれやすい時期ですね。この辺はなんとかならんものかと思ってしまいますが。

吉富昭仁先生の作品など、相変わらず季節感ガン無視の作品もありましたが、クリスマスネタのお話も1本あって良い感じですね。
倉田嘘先生、吉富昭仁先生、玄鉄絢先生、石見翔子先生……面白かった作家さんを挙げれば枚挙に暇がないくらい。今回もどの作品も面白かったです。

さて、今回は百合姫S発のコミックスがいよいよ刊行開始。VOL.7と同時発売で12月18日に発売されます。
「flower*flower」の感想はこちら
「HONEY CRUSH」の感想はこちら
「カシオペア・ドルチェ」の感想はこちら
「オトメキカン グレーテル」の感想はこちら

本誌に比べても豪華な作家陣の「百合姫S」ですから、第一弾ということで気合も入ったラインナップは超強力です。「百合姫コミック」創刊時の「くちびるためいきさくらいろ」&「ストロベリーシェイクSweet」同時発売の時に匹敵するくらいの豪華ラインナップですね。

全部「百合姫S」創刊号から連載されていたものですが、創刊号が1ヶ月も経たないうちに在庫切れになってしまったため、第1話を読んだことがないという人は意外に多いんじゃないですかね。あと「百合姫S」の雑誌本体は異様に湿気に弱くて縦にベコベコになって読みづらいので綺麗な紙でじっくり読めるのも楽しみです。

雑誌がまだ6号までしか出てなくて雑誌掲載分のストックがないので、先月号の1話分だけ未収録だった「flower*flower」を除いて単行本を読んだらそのまま同時発売の7号で続きが読めるので、今までついていけなかった人も付いてこれるようになれそうなので良いですね。

皆さんはどの作品が一番好きかとか決まってるんでしょうが私は……う〜ん、甲乙付け難い!今回はどれもレベル高いです。

さらに20日には駒尾真子先生の百合小説、「ワイルドブーケ 想いを綴る花の名は」も発売されています。

以下個別作品の感想。
・表紙(椿あす
上に表紙も来ましたが、着物姿のみつときょうちゃんが良い感じですね。

・「HONEY CRUSH」かけかえカバー
サンタ仕様の2人ですね。Sや単行本の表紙に比べるときょうちゃんの胸元がはだけていたり足の露出が少し際どくなっています。にしても椿あす先生は単行本カバー2枚+百合姫Sの表紙イラストも描かなければいけないということで大変ですね。

・「ゆるゆり」(なもり
巻頭カラーでカラーネタをかましてくれています。2話で良い感じになってきた感じの作品ですが今回も面白いです。むしろ1話で外していたことのほうが不思議だった(笑)。
「きょうこ、きて。大丈夫……こわくないよ。天井のシミを数えている間に終わるわ……」と初体験の時の2人の過去が良いですね。捏造ですが(笑)。ノンノンノートルダム(?)も良い(笑)。作者さんが百合好きなのは確かだと思うんですけど、しかしほっておくととどんどん百合から遠ざかっていきそうな作風はなんなのか(笑)。

・「flower*flower」(石見翔子
結局女であることが知られてしまい、自分が男だと思って結婚を申し込まれたことを知って引け目もあったのか、気まずくなって顔を会わせるのが怖くなってしまい、ついニナから逃げてしまう朱ですが、そんな中会ったニナは朱に対して優しく笑顔で接してくれます。
これは……少なくとも第1話の笑顔とは違うと、私は思いますけどねえ。しかし殴られないことで不安になってしまう朱はヘタレ男属性でも持っているのかも(笑)。

・「キコエルスズノネ」(倉田嘘
ありそうで意外に今まで描く人がいなかったクリスマスネタをバッチリ決めてきましたね。物語りもヒロインの心情が二転三転して最後に気持ちが本当に通い合うという、見事な構成でした。相変わらず展開も熱い!こういう熱い作品は大好きだぞ〜。単行本も楽しみです♪

・「月子はバカカワ」(珠月まや
VOL.4で相手の笛をこっそり吹いていた月子とそれを黙認して楽しんでいた姫ちゃんが再び登場していますね。相変わらず月子は姫ちゃんの○○をしゃぶりたがっているようです。

・「夏といえば・・・」(吉富昭仁
とりあえずタイトルにツッコミ入れていいっすか?(笑)「冬といえば……」とか「クリスマスといえば……」とかそういうテーマは眼中にないんですね。こうなるともはや開き直りと言うか意地というか……感服しました(笑)。
「好きになっちゃったかもしれない」と告白する相手と押入れの中で密着したり、ビニールプールに浸かって「キスしてみる?」と聞いてみたり浴衣で実際にキスしてお互いに電流が走ったり、夏を満喫する2人が良い雰囲気です。
予想通り単行本のお知らせもきましたね。もっと早く発売することも出来るんじゃないかとも思ったんですが季節を合わせたのかもしれません。クオリティの高い、夏の百合話だけが収録されると思うので楽しみです♪

・「コノハナリンク」(玄鉄絢
前から久世という苗字しか出てこなかったので、何か意味があるのかなと思っていたんですが、姉妹で2人いたんですね。たくさんの女の子とセックスをする姉のみやこに手を焼いている緑子よりこですが、中学2年の時まではお姉ちゃんっ子の妹だったらしく、姉に誘われるがまま、さまざまなセックスを姉妹で試していた関係だったようです。姉が本当に好きな相手とは妹のことだったんでしょうかね。一方転校してきた千恵利は女の子に告白されたことが転校の理由だったということを語り出し、物語がだいぶ見えてきて面白くなってきましたね。
「黒鉄ぷかぷか隊」1巻発売を記念して玄鉄絢先生公式サイトの表記も黒鉄に……ってそういうわけじゃないんでしょうけども(笑)。

・「HONEY CRUSH」(椿あす
みつときょうちゃんと座敷童子がいつも通りぎゅうぎゅう詰めで一緒に寝て、幸せを感じるお話でした。今回は4P。単行本描き下ろし分も多かったし百合姫Sの表紙、着せ替えカバーと手のかかるカラーのお仕事が多かったからこれはしょうがないでしょうね。しかしこの作品はかなり好きなので今後の展開も待ち遠しいです。

・「カシオペア・ドルチェ」(高木信孝
アンナのエルザへの恋を積極的に実らせようと計らってあげるソニアちゃん、これは当然アンナを引き離して自分がオルガちゃんと結ばれたいという下心があったのですが、それを知ったオルガちゃんが後ろから襲い掛かりお仕置き……ということで濃厚にキスしてもらって嬉しそうですね。
せめてエルザの作ったエルザに似ているドールだけでも貰おうとお風呂で言い出す練習をするアンナですが「先生おねえさまを私にください!」とベタなカミカミをやってるところへ当のエルザが。ドールが欲しい事もちゃんと伝えるアンナですがさっきのセリフは撤回せず、さらに「欲しいです!私、エルザ先生おねえさまが欲しいっ!」と情熱的に訴えますがその後乱入してきたオルガもエルザに告白してお風呂でキスして押し倒し、ドタバタやってるうちにうやむやになってしまうんですが果たしてエルザに気持ちは伝わったんでしょうか?

・「マイナスりてらしー」(宮下未紀
「よくわかる現代魔法」のほうで忙しくなりそうなので日程がやや心配だった宮下未紀先生ですが、今回も無事参加されてますね。
美晴を取り戻しにローン会社の元へ行った松平さんですが本当は松平さんのことを想いつつも冷たく対応するしかない美晴、冷たい会長に土下座をして美晴を取り戻そうとして熱い展開。クライマックスです。
今春発売の単行本には巻数表記が振ってないので、1巻分でこの作品は終わりそうですね。好きな作品だったしキャラクターにも愛情があったので終わってしまうのは名残惜しいですが、ずるずる続けるより1巻でビシっと終わる作品も好きなんで、今後の展開を見守りたいと思います。
しかし宮下未紀先生、あとがきでもスケジュール的に佳境だったと仰ってますが、予想通り忙しかったようですね。この作品が終わったら果たして再び百合姫Sに戻ってくるのか、それは少し気になります。まあ宮下未紀先生の作風は好きなんで他の雑誌で執筆されてもついていきますけどね。「よくわかる現代魔法」も私は百合視点で読んで楽しんでますし。
ところで金星メール少女の名前は?(笑)

・「LOVE CUBIC らぶきゅ〜びっく」(谷村まりか
清菜が家に来ると知って「2人だけのスウィートナイト☆だあぁぁ」と喜ぶ遊佐美ですが、ここは当然胡桃ちゃんがついてきてしまいます。2人を一緒にしまいとお風呂も胡桃と一緒に入ることになった遊佐美ですが、さすがに裸同士はためらったのかお互いにスクール水着を着せる胡桃は気が利いてますね。乳首規制があるSではスクール水着のほうが程よいH具合が楽しめるでしょう。そして胡桃の水着の股間から滴り落ちる水を見てあの時のことを思い出して想像を働かせてしまう遊佐美もいやらしくて良いです(笑)。ラストは自分のベッドで寝ていた胡桃がおもらしをしてしまいまた泣きつかれてしまいますが、さすがにこれは我慢出来なかったようです(笑)。
こちらに今回のお話の下絵がありますね。

・「会長と副会長」(袴田めら
書記の桃井ちゃんは前にゲームで藤と一緒に遊んだりしていた子ですが、藤のことが好きだったんですね。副会長の梨塚さんが会長の藤の首筋にキスする現場を見て我慢が出来ず、藤が男と映っているプリクラ(兄だとかなんとか、どう見ても何か事情がありそうですが…笑)を見せつけわざと男がいるように見せ、可愛い顔をして怖いですね。しかし「負けないんだから……」とこちらも藤に一途なことには変わりないようです。

・「Beautiful Pain」(夏猫)
親の言いつけで男と結婚させられそうになったお嬢様北斗は、妾の子(つまり異母姉妹ということでしょうか?)のリリーと深く愛しあっており、半身不随になっても一緒にいる道を選んで、一途ですね。

・「南波と海鈴」(南方純
オチは相変わらずな感じですが、今回は誰彼構わず自分が好かれているんじゃないかと勘違いして星座まで作ってしまう海鈴の壊れ具合が面白かったですね。予告のクレジットには名前が載ってますがあとがきコメントによると次回はお休みだそうです……って「南波と海鈴」が休載!?そんな馬鹿な!天変地異が起こる前触れでは……。

・「Sな百合姫さま」
のっけから呑んでグダグダな百合姫さまはともかく、可愛いイラストを描いたはがきはたくさん集まるようになってきたようですね(笑)。

・「Yurihime Scoop Lamd」
「える・えるシスターズ」の紹介が載っていますが、「是非一度、聖地にてご登場願いたい」とコメントがあって受け入れ体勢は万全のようですね。私も是非一度、聖地で見てみたいものです(笑)。

・「全員プレゼント」
同時発売の4冊の各カバーイラストの複製原画が買えるそうです。締め切りは1月17日と意外と短いのでほしい人はお早めに。

次号予告も公式サイトに出ています。それによると次回の執筆陣は……
吉富昭仁 いづみやおとは なもり 宮下未紀 石見翔子 玄鉄絢 睫攷孝 黒柾志西 谷村まりか 藤枝雅 袴田めら 倉田嘘 すどおかおる 珠月まや 南方純
とのことです。吉富昭仁先生は巻頭カラー(やっぱり単行本発売関連で大きくとりあげられてるのかな?)、いづみやおとは先生も復帰されるようです。


待望のニュース、「百合姫Wildrose」3巻の発売が決定した事をお知らせする告知が載っています!発売予定日は2月18日ということで、これは楽しみですね。
さらに「極上ドロップス」2巻と「半熟女子」2巻も今春発売予定というアナウンスがあります。
「極上ドロップス」「半熟女子」も担当編集がぱいんさんだったことなどを考えると、「百合姫Wildrose」関係はぱいんさんの頑張りがポイントなのかもしれませんね。超〜頑張って欲しいものです。

他「Sweet Peach!-スイートピー-」1巻(水野透子+千手ちゆ)、「飴色紅茶館歓談」1巻の通常版とドラマCD付き限定版(藤枝雅)が今春、「マイナスりてらしー」1巻(宮下未紀)、「紅蓮紀」(武若丸)2巻、吉富昭仁先生の単行本(タイトル未定)、倉田嘘先生の単行本(タイトル未定)が初夏発売と、続々と百合姫関連の作品のリリース予定が発表されています。
また、絶版だった「PUREまりおねーしょん」が今春に復刊される告知も同じページでされていますが、これは百合姫コミックスから出るということでしょうか?あの作品は私も好きだった……というかなんで早々に絶版になったのかむしろ不思議だったくらいなので、復刊されるのは嬉しいですね。ただ元々全2巻(893円+998円)だったものが、告知ページを見る限り全3巻で各900円で発売されるということになるのかな?これは微妙に高いと思うので出来れば考えて欲しいですね。3巻目が丸々描き下ろしとかそういう話だったら納得出来るのですが……。
藤枝雅先生の「飴色紅茶館歓談」、ドラマCDはまだ未定(って発売されること自体ですよね?)のようですが、発売されるとしたら、いつものように藤枝雅先生がご自身で脚本を担当されたりするんでしょうか。
「百合姫Wildrose」はともかくとして「極上ドロップス」と「半熟女子」はスケジュールが過酷すぎて作家さんがキツイんじゃないかとちょっと心配してしまうんですが、もちろん作品は超楽しみです♪

追記:一迅社カレンダーが更新されましたね。「百合姫Wildrose」3巻も載ってます!「PUREまりおねーしょん」は2月18日、やはり百合姫コミックスとして全3巻が各900円ということのようですが……。

先の話なので必ずしもこの通りに発売されるとは限らないと思うんですが、どっちにしても百合姫編集部は来年もやる気満々なことが窺えて頼もしいですね。
しかしたくさん発売スケジュールが決まっていく中で逆に「.(period)2」の発売予定が消えてしまったのは気にならないと言えば嘘になりますが……こればっかりはほんとどうっしようもない。瑠璃歩月先生の完全回復を心からお祈りしております。

以下現在在庫のあるバックナンバー。


百合姫S VOL.5の紹介はこちら


百合姫S VOL.6の紹介はこちら

それ以前のは絶版です。

以下今月号の在庫チェッカー。