Aチャンネル
黒田bb
百合度★★★★☆(4.5)

ちょっと抜けてる女の子るんちゃんを、ちょっとボーイッシュな女の子、トオルちゃん(表紙でバット持ってる子)が守ってあげる様子が微笑ましい漫画です。
雑誌を読んでる人以外は意外に知らない人が多いかもしれませんが、百合的にも個人的にもかなりおすすめです。絵柄も可愛くて、私も単行本化を楽しみにしていました♪
試し読みページはこちら
巻頭の描き下ろしでは、一個年下のトオルちゃんが高校にあがる際、初めてユー子とナギに会った時のエピソードが。部屋に入って、いきなり自分の好きなるんちゃんがユー子に押し倒されている(実際にはくすぐりあっていたらしいですが)のを見て嫉妬し、ユー子のおっぱいをバシバシ叩いて怒るトオルちゃんですが、これはしょうがないですね(笑)。るんちゃんとユー子は一緒にお風呂に入って「スタイルいいよね~」などと言い合っていてやっぱりこの2人は仲良さそう。

トオルちゃんは「細くてキレイな脚してるんだから」とるんちゃんに言われて嬉しそう。るんちゃんに切ってもらった髪は切り過ぎになってしまったんですが、髪形をおそろいにしてもらっただけで嬉しくなってしまってかわいいですね。るんちゃんがパンツをはき忘れてきた(!)際は見えないように気遣ってあげます。
ユー子がるんちゃんの笛を舐めたいがために借りたのではないかと疑うトオルちゃんはまたユー子を締め上げ「トオルはるんのこととなると周りが見えなくなる」と言われ殴ってしまいますが、これは照れてるんですね。
馴れ馴れしい男がいる時はすかさず割って入ってるんちゃんをガード。
体操服をブルマに入れないようるんちゃんに言われ、その通りにして褒められても嬉しそう♪
るんちゃんに貰った不気味な人形もトオルちゃんはお気に入りで、同じものをもらったナギのまで譲ってもらおうとしてしまいます。

るんちゃんもトオルがハイハイしたり飴を持たないと泣き出したりしていた姿をかわいかったなーと夢に見たり、トオルちゃんのために水着を買ってきてあげたり、それのサイズが合わないことを知ると自分のお下がりを貸してあげたりして、トオルちゃんには特別優しくしてあげています。
校内でトオルちゃんを縛った上その場に置き去りにしてSM&放置プレイを天然でやっていたり、動けないトオルちゃんをくすぐったり写メで撮ったり、小悪魔的なところもありますね。
何気にトオルちゃんと交換日記までしているところも良いです♪

「るんちゃんのこと、大事に思ってるよ」と言葉にするトオルちゃんですが、「知ってる」と笑顔で返しこちょこちょくすぐるるんちゃんには、気持ちは伝わっているようですね。

誕生日にEカップをもらおうとユー子の胸を定規で持ち上げたり、直接両手でボインボイン持ち上げるトオルちゃんはユー子の大きな胸にコンプレックスを抱いているんですね。

途中から登場するユタカという少女は、前から仲良くなりたかったようで、教科書を忘れたからと言ってトオルちゃんに密着、さらに「お近づきの印にジュースおごりますね」と連れて行ったり、勉強を教えてもらう口実で迫ってきたり、休み時間にはるんちゃんたちの元に行こうとするトオルちゃんを掴んで離しません。
ユタカと一緒にいたミホという少女も実はトオルちゃんファンで、話しかけてきた後は髪の毛をいじったりして、ユタカも負けじとトオルちゃんに触りまくります。

男がるんちゃんに言い寄ってくる描写はちらほらありますがるんちゃんが靡く気配はなく、トオルちゃんが激しく嫉妬する様子はしっかり描かれているので、トオルちゃんのるんちゃんに対する気持ちが友情以上だということは逆に明確になっているかもしれません。
トオルちゃんのライバルとしては男より白猫の方が強敵かもしれない(笑)。

作者さんはこれが初単行本ということですが、最初から絵柄も可愛くて安定していますね。ネタも味があります。
やっぱりるんちゃんに一途なトオルちゃんが可愛いですが、登場回数は多くないけどユタカもトオルちゃん一途で妙に楽しい性格で、個人的にはとても好きな作品ですね。思わず何度も読み返してしまいます。
個人的には準レギュラーながら良い味を出しているユタカと、風見鶏のくだりで自分との共通点を感じてしまったるんちゃんがイチオシです♪