COMICリリィ Vol.2

百合度★★★★★(5.5)

ライスリバー出版社の百合アンソロジー第2弾。創刊号がこないだ出たばかりですが、隔月刊ということで2巻がもう出てます!
今回も私好みの作品がたくさん収録されていました。新しく参加された楠見らんま先生、片岡みちる先生の作品は特に良かったですね〜。他前回から参加している沙垣長子先生、内村かなめ先生の作品なども最高でした♪
外は寒いんで布団の中で何度も読み返してるんですが、やっぱり良いですね。飽きが来ません。新人作家さんが多いという事でまぁもちろん客観的に見ると大手出版社に比べると作品クオリティは落ちる作品も多いんでしょうけども、つい読み返してしまいます。この辺は好みもあるんでしょうか。

・表紙(椿あす)
今にも姫始めをしそうな2人の図でしょうか?(笑)何度も言ってると思いますが、この人の表紙は好きなんですよね。

・「その瞳に映る人」(楽時たらひ)
こちらこちらに今回のお話の2人が。
自分を慕ってくれる幼馴染みの美月が男に告白をしている場面を見て以来、その目が女の自分に向けられる事はないと認めるのが怖くて突き放していた環。しかし最後美月が好きな人にする目を自分に向けてくれているのを感じ、環もおでこのキスをしてあげて、「環ちゃんがいなきゃ生きていけないもん」と言う美月。2人がお互いに好きだと言う気持ちも伝えて恋人同士として結ばれる日も近い……そんな風に思わせる幸せの予感に満ちた終わり方が良かったですね。

・「Love very」(片岡みちる)

なんと今回はこの方が参加されるとは……!以前「なかよし」などで活躍されていた少女漫画作家さんで、「夢のクレヨン王国」をはじめ、私よく買って読んでましたよ!ほわほわした優しい世界観が魅力的で、とても好きな作家さんだったんですよね〜。またお目にかかれる……その上それが百合雑誌!「なかよし」で連載してた頃も片岡みちる先生が百合を描いたら合うんじゃないかなぁと思っていたんですが、やっぱり合ってますね。こういう作品を読む日が来て嬉しいです♪

男の子にラブレターをもらったと泣いている聖花が、初めてのことに戸惑っているのではとズキンとする気持ちを抑えてアドバイスしようとする莉子ちゃんですが、聖花は突然「莉子ちゃんが好きだもん!」と言い出し……聞いてみるとラブレターは自分宛だったというお話。
冒頭莉子がカニカマ入りののり巻きをあげようとするところとか、聖花が男から渡されたラブレターをポイと捨てちゃうシーンとか、何気ないシーンが味があって良いんですよね〜。

・「3つの嘘」(沙垣長子)
日記によると3話構成だそうです。
後輩の女の子みかに告白されたヒロイン悠華。後輩としては好きだけどそういうんじゃなくて……と断ったものの、先輩は親友のあき子が好きだからなのかと食い下がってきて、否定する悠華。
悠華があき子が好きだということは、最後まで本人の口からは語られていないんですが、自分を好きだということがあき子に伝えられてしまったら……と心配する悠華の動揺ぶりを見ていれば、言葉で言い切ってなくてもやっぱり特別な感情があることは充分伝わってきますね。今回はストレートな展開、描写ではないんですが、絵柄も含めて、細かいところからじっくりヒロインの親友に対する特別な想いを描いていて、非常に上手いと思いました。元々絵柄も美しいし、心理描写の上手さもあることが今回分かりましたし、この作家さんはやっぱり百合作家としての可能性を感じますね。

・「ブルマーブルマニアックス」(剛田ナギ)
ブルマー少女に魅せられてしまった少女のお話の続き。「ひとりブルマ同好会」じゃ千早は入会することが出来ないんじゃ……と思っていたら「『ふたりブルマ同好会』じゃダメですかっ!?」との提案。やっぱり来ましたね(笑)。しかしそれをブルマの君は拒否。「そんなにやりたければ、アナタ1人で新たな『ひとりブルマ同好会』を作ればいいわ」との回答。これはキッツい(笑)。
その場を去った千早は自分のブルマに手をかけ制服を脱ぎ……千早の決意やいかに!
この人が一番まともな百合を描きそうな気もしたんですが、よもやキワモノ担当になるとは……(笑)。今回も思いっきり変化球で無茶苦茶な展開でしたね。しかし面白かったです(笑)。

・「号砲代わりのラブレター」(いずみやみその)
女子校の書記の女の子が生徒会長にラブレターを渡すお話。
ぎゅっと抱き合って女の子の体のあたたかさややわらかさにくらくらしてしまったり、「抱きしめたいです」と言われたことを思い出して赤くなる会長と、猪突猛進タイプかと思いきや意外にも後で「これからどうしよう……」と赤くなって、後先考えずに告白してしまったっぽい書記の女の子が可愛いですね♪

・「アプリで愛して」(おこさまランチ)
家庭教師と教え子が結ばれた、前回のお話の続きですね。相変わらずラブラブしているようです。

・「円香と芽衣の秘密の工房」(TSUNE)
やはり前回の続き。前回の話は展開がモノに執着しすぎているキライがあったような気がしたんですが、今回はその腕時計にも人との繋がりがあることが語られていてフォローされてたので良かったですね。怪我をした後指をちゅぱちゅぱして、お嬢とメイドの仲も少し進展したようです。

・「くちびる宣言」(カズー)
憧れの生徒会長にお姉様になってもらったものの、生徒会長は誰にでも優しくてヒロインがもどかしい気持ちになってしまうお話。ヒロインがやたら熱くて面白いですね。全校生徒の前でキスしてしまって、展開も熱い(笑)。

・「恥ずかしい」内村かなめ
前回の「続きが描けたら修学旅行編を描きたいな〜」とのあとがき通り、りっちゃんとフーちゃんの修学旅行お風呂編。ドキドキしつつ、しかし逸る気持ちを抑えきれずに駆け出してお風呂場ですっぽんぽんで転んでしまって、見せっこや洗いっこをする前に早くもお風呂イベント終了。この馬鹿馬鹿しさは内村かなめ先生らしいですね(笑)。
しかし裸のフーちゃんを運んであげて、「フーちゃんと一緒の方がおいしーもん」とゴハンも付き合ってくれます。顔が見たいというりっちゃんにようやく向き合ったフーちゃんは「あ……――したい」と思いつき、実行してしまったキスが今度は恥かしくなってしまって、やっぱり顔を合わせられなくなってしまうのが可愛いですね。百合作品はいっぱい描いている内村かなめ先生ですが、女子同士のキスシーンがこれくらいはっきり描かれたのって結構珍しくないですか?貴重です。

・「二人の放課後」(楠見らんま)
以前、「まんがタイムきららMAX」に「ちびっと!」という百合っぽい作品を連載していた方ですね。うちのブログでもちょくちょく紹介してました。単行本を楽しみにしていたんですが待てども待てども出ず、結局出なかったという……(涙)。ともあれ可愛い絵柄を描く人で、また作品が読めるのは嬉しいです♪

この作品は「コミックアニカラめいつ」に載っていた作品の続きですね。

「コミックアニカラめいつ」の紹介はこちら。

この本に載っている楠見らんま先生の作品「ふたりの距離」も芥川さんと栗栖さんが登場しています。前回は栗栖さんに恋をしている芥川さんが、走っている姿をいつも眺めながら想いを寄せている姿が描かれていました。もちろん百合作品です。アンソロジー自体も登場するのは女の子ばかりで、百合要素がある作品も多かったので是非こちらもチェックしてみてください。

今回は冒頭、愛し合う2人の姿を芥川さんが漫画に描いています。そんな彼女に抱き合うポーズも一緒にとってあげて手伝ってあげ、栗栖さんはあの後芥川さんとさらに親密になったようですね。
バランスを崩して唇が触れ合ってしまい、栗栖さんとのキスの思い出がつくれたことにひとり密かに喜びを感じる芥川さんですが、今後はハプニングでなくても2人がキスをするような展開があるのか、気になる余韻を残した終わり方でした。
芥川さんが自分に気があるのを知らないで、「女同士だしっ、事故よねっ」とフォローしつつも赤くなっている栗栖さんと、偶然撮れてしまった2人がキスしている瞬間の写真を潤んだ目で見つめている芥川さんの表情が印象的です。

・「クリスマス・ラプソディー」(柊圭)
今回も美緒と瑠奈のお話で、今度は瑠奈視点のお話です。前回結ばれた2人。元々ルームメイトだったということで、ふざけて胸を触りあったりしていて、すっかりラブラブですね。
美緒が寮長の女の子と仲良くしていて、パーティーでポッキーゲームをやってるのを見て一時は嫉妬してしまう瑠奈ですが、「あたしの美緒にさわらないで!!」と気持ちを打ち明けその前でキスをすると結ばれるというジンクスのある木の前でキスも交わし、周りには関係がバレてしまったようですが「もう周りに何言われたって平気」と、気持ちもふっきれたようです。クリスマスプレゼントにと用意した質素な指輪が、偶然同じものだったというオチも、女の子同士ならではの話でしょうかね。クリスマスもお正月も一緒に迎える2人が微笑ましいです。

garbagememoさんのサイトのレビューなども参考にしてください♪

amazonの在庫チェッカーは以下の通り。

BK1はこちら。
LivedoorBooksはこちら。
柊圭先生のサイト情報にも店頭・通販共に在庫少なめの入手困難な状況になりそうとの情報は出ていましたが、やはりその通りでしたね〜。
入荷が安定しないのは、まだ軌道に乗ってないアンソロジーの宿命でしょうか。手に入りにくいのはもどかしいですが、しかし在庫が余りまくっているという状態ではないということは予想以上は売れていると見ていいのかもしれません。
今回も皆さんがCOMICリリィを無事手に入れられるよう祈っております……。(−人−)


1巻の紹介はこちら


巻末予告によると次回Vol.3も2月下旬に発売が予定されています。Vol.3には椿あす先生、沙垣長子(良子は誤植でしょう…)先生、剛田ナギ先生、柊圭先生、TSUNE先生、いずみやその先生に加えて、なんとGUNP先生も参加予定とのこと!これは楽しみですね。

予約は開始したら上にタイトルが出ると思います。
好みの作風の作家さんがたくさんいることですし、このアンソロジーには2010年も是非頑張って欲しいですね。