こちらで年間定期購読申し込んだら、百合姫VOL.19がなんともう今日届きました。
個々の作品の内容についてはもうしばらく控えておく(18日の午後辺りにアップする予定で今感想を書き書き中)として、載っていた今後の百合姫関連のニュースを。

■まずは次号百合姫VOL.20の情報から。

見出しでもつけましたがなんと言っても次号、森永みるく先生再登場の告知が巻末に!驚きですね〜。ダメもとでアンケートはがき何枚も出しておいて良かったです!次号はピンナップでの参加ということですが、このピンナップが瞳×奈々になる可能性もあるかも。みるく先生の待遇的にはいっそのことそのピンナップを表紙に持ってきてもいいと思うんですが(さぞ破壊力があることでしょう…笑)、それだと中身で漫画もあるかと勘違いして買ったファンが怒るか(笑)。
個人的には「百合姉妹」最大の功績は森永みるく先生を創刊号から起用した事だと思うし、「百合天国」や[es]、「EG」などと違ってその後も「百合姉妹」が名前を変えて存続出来た事も森永みるく先生がいたかいなかったかということは重要だったと思っているんですが、そのみるく先生が古巣に再登場されるということで、感慨深いですね。瞳×奈々漫画が百合姫で連載再開……なんて夢のような話も実現可能かもしれませんね。
版権の問題で絶版状態が続いている超名作百合短編集、「くちびるためいきさくらいろ」の重版もあるかもしれません。しばらく在庫状況に注目しておきましょう。
しかしみるく先生は「百合界の第一人者」なんて言われ方もされるようになっているんですか。10年くらい前はなぜか全然注目されてない時期もあったかと思いきや今は絶賛されている……のかな?みるく先生自身は昔も今もあまり変わっていないと思うんですが、世間的な評価というのは謎です。私的にはみるく先生は昔も今も、個人的に特別に好きな作家さんというイメージは変わりないですね。

4月17日発売(18日が日曜日なので1日繰り上がります)の次号百合姫VOL.20はさかもと麻乃先生、タアモ先生が初参加!

さかもと麻乃先生の「リスランタンプティフルール」の紹介はこちら

「おとこのこは魔法」の紹介はこちら
「リスランタンプティフルール」は読んだ事があるという人が多いと思いますが、「おとこのこは魔法」は読んだ事がない人が多いかもしれません。しかし収録されている3編の女子同士の関係の漫画がめちゃくちゃ良いんですよね〜。
「リスランタンプティフルール」が芳文社だったので「つぼみ」の方に参加されるかなぁと思っていた人なんですが、先に押さえた百合姫編集部はお手柄かも(笑)。


タアモ先生の「少女のメランコリー」の紹介はこちら。


「少女のメランコリー」もかなり良い作品でしたが、タアモ先生も良い百合作品を描きそうな方なんですよね〜。「少女のメランコリー」はこちらで、「リスランタンプティフルール」はこちらで、ノラさんが紹介もされてます。
お2人とも、絵柄を見ただけで百合好きに何かピピっとくるものを持っている作家さんですね。百合専門誌で描かれるということで、真の力を発揮されるかもしれません。

初参加のお2人の作風もめっちゃ少女漫画的ですし、今月号も全体的に少女漫画的で私好みの雑誌になってきました。
百合ブームとは言われつつも実は少女漫画誌では逆に百合作品が壊滅的になってきてしまった昨今なんですが、百合姫自体が最近ちゃんとした少女漫画になってきているように感じるんで、これは私にとっても希望の星ですね。去年単行本が出て、今月号でヒロイン2人のピンナップが出てる「空色ガールフレンド」なんて、完全に少女漫画ですもんね。創刊当初は雑誌のクオリティはともかく少女漫画誌であるという認識は私はなかったんですが、最近はほんとに少女漫画誌になりつつあると思います。
そして超超超待望のみるく先生復帰……これはジグソーパズルの最後のワンピースがはまることになるのかもしれません。
定期購読の通販の方も問題ないどころかこんなに早きましたし、今年の百合姫も期待が持てそうで、私としてもホッとすると同時にワクワクしてきました。

■以下新刊百合姫コミックス情報。

2月18日
ラブフラッグ★Girls!!(高橋依摘)

百合姫Wildrose VOL.5

初春
ハニーインフェルノ(井波はじめ)

Raubritter(再田ニカ)

キミ恋リミット(仮)(百乃モト)

以上の描き下ろし単行本は「いちゃエロ満載」ということで、ティーンズラブ系の百合になりそうですね。
井波はじめ先生、再田ニカ先生は百合姫ブログでもちらちら名前やイラストが出ていたので皆さんも予想通りでしょう。
百乃モト先生は私は存じ上げなかった方なんですが、今度閉鎖されるらしい携帯漫画サイトMiChao!でティーンズラブ漫画を描いていた人らしいですね。予告絵やサイト絵を見ても良い感じです。

■以下「百合姫Wildrose VOL.5」情報

さっき百合姫ブログにも告知が来ましたね。
初参加は先日も参加されることをお伝えした田中琳先生、百合姫ブログでもよく名前が出ていたピエール山本先生、そして山田酉子先生の名前が……!

山田酉子先生はうちのサイトでも以前、TL誌に載っていた百合っぽい作品、「夏の魔物」「アレキサンドライツ」という作品を紹介しましたね。
商業ではBLで活動されてることが多いようですが、pixivなんか拝見すると女の子絵ばっかだし、こっちのほうが描きたそうな感じです。日記でも百合がお好きそうなことを語ってますし。山田酉子先生は上で紹介しているさかもと麻乃先生ともお友達のようですね。あー、さかもと麻乃先生の絵柄って誰かの絵に似てような気がして気になりつつ誰だったか思い出せなかったんだけど、山田酉子先生の絵柄と似てるんだ!今気付いた。先日紹介した「百合姫Wildrose」アンケートに書くのにおすすめな作家さんでも紹介したかったものの、百合好きが目に留めてくれそうな直接的な女子同士の絡み絵がないということで残念ながら見送ったんですが、繊細で時に残酷な、印象的な作品を描ける作家さんです。TLの単行本は待てども待てども出ず……残念に思っていたところでした。「百合姫Wildrose」参加はほんとうに楽しみです!

あくた琳子先生は商業誌ではBL系を中心に活動されているようですが、昔は「マリア様がみてる」の同人活動もされていた方ですね。
百合姫VOL.19の告知のメンバーに加えて百合姫ブログには百乃モト先生の名前も載っています。

再登場ではなんとロクロイチ先生の名前が!アンケート出していた人も多かったのではないでしょうか。多分今までは他のメディアの百合漫画の仕事でスケジュールがつかなかったんじゃないかと思いますが、今回復帰されて、私も嬉しいですね。

他再登場の作家さんは牛乳リンダ先生、大槻ミゥ先生、天野しゅにんた先生。
レギュラー執筆陣では三国ハヂメ先生、森島明子先生が参加。
今回南崎いく先生の名前が見当たりませんが、今回のように隔月ペースだと、毎月「クイーンズブレイド」の連載で緻密な画面の漫画を描いている南崎いく先生では両立は無理でしょうからしょうがないですね。
表紙は蔵王大志先生とのこと。毎回変えてきますね。

単純に作家さんの数だけ数えてもVol.4の8人から11人に増えていますし、ボリュームもかなり増えそうですね。
ロクロイチ先生や田中琳先生、牛乳リンダ先生、山田酉子先生などが参加することから、次号はかなりクオリティの高い内容になりそうな予感。

■TL系以外の作家さんの百合姫単行本発売予定は以下の通り。

3月18日
ユリポップ(仮)(珠月まや)

4月17日
四ツ原フリコ作品集(仮)

南波と海鈴3(南方純)

紅蓮紀3(武若丸)

珠月まや先生の単行本タイトルは「ユリポップ」が候補にあがっているようですね。
四ツ原フリコ先生の単行本も予想通り、発売の告知が来ました♪

しかし今月号と同時発売のはずの「カシオペア・ドルチェ」などの単行本3冊がまだ届かないんで、本誌の広告に「発売中!」とか書いてあると不思議な気分になってしまいますね。いつもなら違和感ないのですが(笑)。