キミ恋リミット
  百乃モト
百合度★★★★★(5.5)

描き下ろしのティーンズラブな百合姫コミックスです。
そんなにエロくはならないかなぁと予想していたんですが、予想以上にエロかったです(笑)。そしてコミカルな部分も面白い!
そしてこれは予想通りだったんですが、切なくしっとりした恋愛パートもしっかり描かれていて、最初から最後まで素晴らしい仕上がりでした!
「百合姫Wildrose5」収録の「キミノアイ」も悪くなかったんですが、これはそれを遥かに超えて良いですね。
うちのサイトにお越しの方ならこれだけはおさえておきましょう、という作品です(笑)。
すべて描き下ろしということもありますが、全部で8本発売された5月18日の百合姫コミックスの中でもイチオシです。

男キャラは園が一時ホームレス生活をしていた時に助けてくれたおっちゃんくらい。このおっちゃんがなかなか優しくて良い奴なのですが(笑)当然恋愛には絡んできません。この辺は百合好きな作者さんなだけに分かっていますね。
キャラクターは少女漫画的で非常に可愛いですが、何気にヒロインや紘子がビアンバーに通っていたり女性以外を愛することは考えてもいなさそうなところがあったり、意外に百合的にはガチな内容です。

ファンタジー世界ではないので、女子同士ひたすら甘いだけでなく、お金に困って一時ホームレスにまでなってしまう厳しい現実も描かれているのですが、最初は紘子に頼りっぱなしだったヒロインもバイトをしたり就職試験を受けに行ったり、女性同士で一緒に暮らせるために努力して、成長していく姿も描かれていて良かったです。

以下あらすじ紹介&感想まとめ。
百合姫の予告によると……
ちょっとアホだけど、恋にまっすぐな園。大好きな里深を追いかけて東京に来たものの…お金がなくてホームレス生活!?
破天荒な園を放っておけない里深と、その園に想いを寄せる紘子のラブ・トライアングル
絡み合う想いのその先は…?
女の子×女の子×女の子の本領発揮!!甘酸っぱい想いを思い出させてくれる、等身大のラブロマンス。
というわけで女子3人の三角関係の百合ストーリーです。

実らなかった学生時代の女友達里ちゃんへの想いを断ち切ろうと、受け入れてくれた紘子の家で自分を愛してくれる彼女と身体を重ね続けるものの、毎回イく時に紘子ではなく里ちゃんの名前を叫んでしまって部屋を追い出されてしまうヒロインが面白いですね。

追い出された後一旦はなんとホームレスになってしまうのですが、ストーキングしてたせいで見つけた里ちゃんに拾ってもらい、ホームレスらしい体臭も嗅がれてしまうものの(笑)部屋に招かれお風呂に入れてもらい同じベッドで眠ることになり、翌日里ちゃんの感触を思い出してドキドキしてしまいひとりHをしてしまうヒロインですが、一方でちゃんとバイトも見つけ里ちゃんと一緒に暮らすため頑張りはじめます。

一方紘子はやはり園のことが好きで別れた事を後悔もしていて、熱で倒れていた園を見つけた際には自分の部屋に連れ込み、弱ってる園が可愛くてつい手を出してしまい、ディープキスをして舌が熱いことも確認する紘子に、園も身体が火照ってしまいます。
やはり里ちゃんのことが好きだからそれ以上はしない園ですが、里ちゃんと恋人関係にはなれてないのを知り、「あたしなら絶対園を傷つけたりしない」と抱きしめてあげ、園が帰った後も「やっぱり帰すんじゃなかったかな」と思う一途なところを見せる紘子は本当に健気ですね。
園もそんな紘子のことを一時は本気で好きだったからこそ、キスもセックスもする仲になっていたのでした。

その後思い詰めた紘子は自分でも手段を選ばない方法だと分かっていながら強引に園を里ちゃんから引き離し自分の元へ引き込むものの、どう努力しても、もう心の底から笑ってくれなくなった園と一緒にコメディ映画を観ながら涙を流し続け、お互い切ないですね。

本当は園のことは前から好きだったけど、女同士という自分の知らない世界に、先の見えない怖さを感じて勇気を出せなかった里ちゃんも、最後にはついに意を決し園に告白。
「園としてみたい」とキスやそれ以上のこともすることになって、緊張している里ちゃんを前に「どうしよう、すごいことしてる……」とドキドキしたり、長い間抱き合い、見たこともない受け身の里ちゃんが愛しすぎて夢なんじゃないかと思ってしまったり、何度も「これは夢なんじゃないか」と思ったり、幸せすぎて園が涙を流してしまうクライマックスは感動的でしたね。

その後里ちゃんは女同士で愛し合って暮らして生きていく勇気を持つことが出来、園は就職活動を始め、2人ともそれぞれ成長することが出来ましたね。

この作品の完成度で作者さんも百合属性ありありなら、今後も百合姫など商業誌で百合漫画をお見かけすることはまず間違いないですね。それくらい良かったです。しかし出来ればまたHありの百合だと良いですね。いえ、Hなしでも良い百合作品が描けそうなことは重々承知しているのですが、今回収録された百合漫画の中のHシーンも非常に良かったし、やはりHありの百合を描けるというのはすごいことだと思いますので……。裸描いてもHに描けない作家さんの方が世の中には圧倒的に多いのですから。これはホントにすごいことですよ。

男女モノのティーンズラブでお見かけした時は、昔森島明子先生のティーンズラブ漫画を読んだ時と同じような感じでいまいちピンと来なかったんですが、やっぱり百合モノだと違いますね。百乃モト先生もまた、百合作品でこそ本領を発揮される方なのでしょう。

ある意味園や里ちゃん以上に印象的だった紘子ですが、カバー下を見ると、やけ酒を飲みに行ったいつものビアンバーで優しい女友達と話をしているうちに笑いがこみ上げてくるエピソードが描かれていて、ちゃんとフォローされていますね。
この作品を読んで紘子のことが頭から離れなくなった百合好きもたくさん出来たと思うし、また次回作で紘子さんを登場させてハッピーエンドのお話を作ってみるのも良いですね。是非読んでみたいです♪