Raubritter* ローブリッター 
 再田ニカ
百合度★★★★★(5.5)

―ここはRaubritter(ローブリッター)悩める女の子のために存在する秘密クラブ
そこの女主人・ヨカナと忍の元に、ある日1人の女の子が…。
名前はねねこ。
天然・貧乳・癒し系のかわいこちゃん
一目で彼女を気に入った2人は、いきなりエロ〜い歓迎でおもてなし!
あれよあれよと骨抜きにされて、かよわいねねこに明るい未来はあるのか?
ドタバタハートフルストーリー★
というわけでヒロインが秘密クラブの2人にエロ〜い歓迎でおもてなしされ……というお話です。この人はティーンズラブで活躍されている作家さんですね。とっても可愛い女の子を描く人です。

再田ニカ先生は「百合姫」本誌や「百合姫Wildrose」などでは作品をお見かけしたことがなかったので新鮮な百合作品が読めそうな予感はしたんですが、やはりその通りでした♪

とにかく女の子が可愛い!可愛くてエロい!
男性向けのギトギトしたエロさはないんですが、ティーンズラブ的な可愛さが、ばっちりあります。
普段ティーンズラブ誌に寄稿されている作者さんなので、女の子の可愛さが出ているのも納得ですね。
私の中では女の子が可愛いことと色っぽいことは深く結びついているんですが、この作品はまさにそんな私の嗜好を具現化したようなキャラクターたちですね。

最初の方で女子同士お風呂で3Pするシーンがあったり、エステでエロいことをしてしまったり、女性だけのSMクラブでプレイをしていたりと、いろいろ過激なシーンはありますが、男性的なギトギトした淫靡さはないので、どのシーンもエロいけど可愛いのが特徴ですね。

ヒロインのねねは幼く見えるけど休講がどうとか言っているので一応大学生なんでしょうかね。これは条例対策かもしれません。中学生と言っても全然通用しそうな雰囲気ですし(笑)。
しかし小っちゃく見える女の子もエロく描けてますね。デフォルメ絵も可愛くてエロい気がします(笑)。
もちろん大人っぽい女性は大人っぽい女性で、ちゃんと色っぽく描けています。大人っぽい女性が色っぽいのは当然ですが、同時にこちらも可愛く描けているのは上手いですね。

作風は可愛い系のティーンズラブ系です。ただ男性が出てこないのはもちろん百合姫コミックスの特徴ですね。男性が出てこないおかげで、可愛い世界がより可愛くなったのではないでしょうか。
リアリティ的にはまあ男性がいないこともありますし、パーティの様子もそれ程書き込んでるわけではないし、それほどないかな……?というか設定自体少ないですね。しかしおかげで気楽に読んで、可愛い世界に浸ることが出来ます♪
こちらこちらこちらにイラストが掲載されていますね。

百合好きの好みの問題としては、ヒロインのねねこが最初3Pもしていたり、お姉さんはお姉さんでSMショーで女の子たちにエッチな事をしていたりと、意中の相手以外ともしばしばエッチをしているのが、一途で純真な百合作品を求める人には合わないかもしれませんが、そんな固い考えをお持ちの人でなければ、気楽に楽しめるでしょう。
最終的にはどの女の子も、ひとりの相手と結ばれていくことになります。

一目惚れで恋に落ちるパターンもありますし、理屈でどうこうという過程はそんなに細かく描いてないですが、恋に細かい理由をつけなきゃいけないという事もないと思いますし、一目惚れで綺麗な肌や顔、可愛かったり格好よかったりする佇まいだけで恋に落ちるのが悪いというわけでもありませんし、むしろ自然な現象なんじゃないでしょうか。
恋が全部理屈で成り立っているとすると、じゃあなんで生物学的に女性でないと愛せないのかとか、百合作品そのものの意味もあやふやになってきますしね(笑)。

エロくて可愛くて女子同士ラブラブ、これ以上他に何を望むことがありましょうか……というのは冗談ですが(笑)、私はこういうのも全然アリですね。
ひょっとしたら百合好きには万人向けの作品ではないかもしれませんが、個人的には大満足の1冊でした(笑)。