執事少女とお嬢様
(真田一輝)
百合度★★★★★(5.5)

真田一輝先生の新刊です。試し読みページがこちらにありますので、全然知らない人はまずこちらを読んでみると良いでしょう。

「執事とお嬢様」なら男女モノでありがちなタイトルですがこれは「執事」の後に「少女」とついてる通り、執事少女ひなたはもちろん女の子、お嬢様沙綺ももちろん女の子ということで、女の子×女の子のお話です。表紙のちょっと妖しげな感じを見ても分かりますね。
1巻からいきなりこんなに百合度が高いのは、真田一輝先生の単行本の中では、この作品が一番かもしれませんね。個人的にも実はこの作品が一番好きだったりします。

真田一輝先生というと、百合属性が強いということはわりと皆さんご存知のことと思いますが、掲載されていたのが百合専門誌ではなかったということで、一般商業誌の制約が多かったんですよね。しかしこの作品に関しては、最初からリミッター解除でかなり百合度の高い展開が描かれていますね。一般誌でもこういう風に自由に百合を描けるようになったのは、多分作者さんの芳文社でのこれまでの実績のおかげだと思うんですが、ここまで漕ぎ付けることが出来た作者さんはホントにご立派だと思います。

「落花流水」も最近では百合度の高い展開になっていますが、商業誌の制約のせいで最初の方は描写も控え目だったので、考えてみれば、「落花流水」の方は読んでいなかったという人、あるいは1巻だけ読んで挫折してしまった人も意外にいるかもしれませんね。
もちろん作品の面白さのために三角関係やすれ違いの要素を残して捻っている部分はありますが、しかし今回の作品は最初からフルスイング百合な展開ですので、真田先生の百合作品に手を出していなかった百合好きにも、非常に良い機会ではないでしょうか。是非この機会に、真田先生の百合ワールドに触れてみてください。きっと悶え転がってしまうと思いますよ〜♪

amazonの紹介を引用しますと……
主人公ひなたは学校で憧れの想いをつのらせていたクラスメートの沙綺の執事としてお仕えすることになり…!? 執事少女とお嬢様のドキドキ生活、スタート!!

真田一輝先生といえば「落花流水」でお馴染みの方ですが、個人的には非4コマのストーリーもすごく好きなんですよね。百合的にはそれほど高くないので百合好きにはそれほど知られていないですが「さつきばれっ」も個人的にはすごく面白かったですし、非4コマのストーリーを描く才能もかなりあるんじゃないかと思っております。今回の「執事少女〜」は百合度も申し分なくて、言う事ないですね。かなりおすすめな作品です。

描き下ろしも多いですね。第1話の前についてる、ルームメイトの麻衣がひなたのはいてないスカートの中をばっちり見てしまったり、血迷ったひなたが麻衣の下着(その場ではいているものでしょうか…笑)を借りようとしたりするプロローグや、麻衣がひなたに抱きついて思いっきり胸も触ってるカラー扉も確か描き下ろしではなかったでしょうか。

巻末には石見翔子、秋☆枝、里好、牛木義隆各先生のイラストが!豪華ですね〜。
秋☆枝、牛木義隆各先生のイラストは妖しい百合っぽさが漂っています(笑)。ひなたが沙綺に「好きです好きです」と連呼し続ける石見翔子先生のショートも味がありますね。

以下あらすじ紹介。
親が借金を抱えて高飛びしてしまったため、途方に暮れていたヒロインのひなたは、憧れのお嬢様だった沙綺の邸宅に住み込みの執事として働くことになるものの、沙綺は学校では猫を被っていたことが分かり……というお話です。

女の子の執事小向井ひなたを雇うようになったお嬢様沙綺がひなたを家に入れることに反対しているのは、部屋中実のお姉様のセクシーショットも含む、ちょっと妖しい写真でびっしりだったりしてラブラブなのを知られるのが恥かしかったから……というのがすごいですね。このシーンはよく見なくてもかなり妖しい(笑)。

ひなたは沙綺と一緒にお風呂に入って背中を流そうとしたり、執事として仕えるからにはと好きになろうと決意します。
人気のある沙綺に学校ではあまり距離を近づけないように言われるひなたですが、やはり2人の関係はそう見えてしまうようです。

憧れの沙綺の専属"執事”となったひなた。その日は沙綺は大好きなお姉さまと一緒にお出かけ。
沙綺に「好きになります」と宣言したものの、そう言ってしまったことでわがままになってしまった沙綺のことが逆に好きになれなくなってしまって、友達に紹介したところ、相手に自分を好きにさせるようにセクシーな服で悩殺すれば、などとアドバイスされつつ何も思い浮かばなかったのですがハプニングでお酒を被って酔ってしまい、帰ってきた沙綺に酔ったままの状態で会ってしまいます。
酔ったひなたが逆に沙綺を責めてるのが面白いですね(笑)。

その後お嬢様沙綺に許婚登場!……しかしその許婚が、女の子だというのはさすが真田先生です(笑)。
ひなたに対抗心を燃やすその少女に、沙綺もひなたに活躍させて相手を諦めさせようとするもののひなたがドジなためうまくいきませんが、結局ひなたは「恋人でもあるのよ!」と言い切ってしまって……というナイスな展開。
ライバル対決になりますが、許婚の女の子空子はなぜかひなたが男だと勘違いしてしまっていて……。

突然やってきた女の子の許婚を納得させるため、沙綺とデートすることになったひなた。カムフラージュのつもりだったのですが仲の良さそうな2人を見て空子も納得してしまいます。

ダンスをすることになった沙綺ですが、男に囲まれ困っていたところを男装した格好良いひなたが「コイツ俺専用なんで」と言って手を取り、後でひなたが「あんたが私の専用なんでしょうが!」と沙綺を窘たりするものの、踊ってる最中もつれて思わず唇が重なってファーストキスをしてしまったり、めちゃくちゃ良い雰囲気ですね。


今回は真田一輝先生の単行本2冊が同月発売の記念ということで、オリジナルブックレットプレゼントフェアをやっているようです。詳しいことはこちら
百合好きなら2冊とも買うでしょうしそれは問題ないと思うんですが、郵便局に行って手続きしなきゃいけないのがちょっと面倒かな〜。

というわけで同じく真田一輝先生の「落花流水5巻」も5月(こちらは27日)に発売されます。
試し読みページはこちら
amazonの紹介を引用しますと……
きららMAXにて大人気連載中のちょい百合弓道コメディ、待望の第5巻が登場!おなじみ弓道部の面々が、今回も笑ってはしゃいでおバカなコトして、そしてちょっぴり涙して…?気になる秋穂と水夏先輩の仲も、なんだかますますイイ感じ♪たっぷりご堪能あれ!
ということで今回も夕と暁がひと目も憚らずいちゃいちゃしていたり、一緒にカラオケに行って、先輩の歌声を録音した秋穂が家で「聴く」のではなく「使う」ことにしたりと百合百合なエピソードが収録されそうです。こちらも楽しみですね♪