失楽園 3
尚村透
百合度★★★★★(5.0)

2巻までで小芦さん編も一段落。今回はいろいろ謎が多かったツキの正体も明らかになって、さらにこれまでの女子キャラとは少し立ち位置の違う新キャラ(一応1巻第1話の扉ページでちらっと出てきてはいるんですけどね…笑)の伊達レイコも登場。3巻も目が離せない展開が続いていますよ。

シリアスパートも面白いですが、ところどころ挿入されてるコミカルなエピソードも個人的には大好きです。3巻まで買っている人なら、もうウテナ云々の話はどうでもよくなっていることでしょうね。この作品、どんどん面白くなってきているように感じるのは私だけではないでしょう。

表紙もなんとなくエロい雰囲気が漂っているんですが、描き下ろしパートも女子同士エロエロすぎて笑ってしまいました(笑)。
ペナルティの痛みを耐えるため痛みを快感で相殺するのが良いとユキが提案したことから妖しい展開に。どんな風にすれば快感を与えられるかという議論になって、コハルとトモコの妄想を催眠術で聞き出すことになるのですが、トモコは手を繋いだり頭をなでなでしてもらったり「トモコかわいいね。大好きだよ」と言ってもらったりする可愛い妄想をベッドの上でしているようですね。
コハルも同じくソラに可愛がられる妄想はしていたようですが、「ソラ様が私の部屋に来て、私をベッドに押し倒して服をはだけて獣のように荒々しく私を……」と語り出す妄想はどうやら18禁な内容だったようです(笑)。
そしてユキはコハルの方の妄想を実行させて伊達さんに快感を与えるようソラに命じるのがすごいですが、ソラは本当にそれをしに行ったようですね。
「いた……っでも……っ。気持ち……イイ!……ッ///」とよがってしまう伊達さんが色っぽすぎます(笑)。
やっぱり怒られるものの、「獣っぽさが足りなかったんだ!」と荒々しく押し倒す……はずが可愛い感じになってしまうのですが「な、何よ。また…なの!?も、もう仕方ないわね……っ。これだから若い子は……っ」と言いつつ、ソラが自分にすることを許してしまう伊達さんが可愛すぎます(笑)。

カバー下ではカバーで鎖で縛って抱き合ってる2人のシーンの続きが。レイコの髪もトモコ同様「ステキだよね」と言ってレイコの顔を赤らめさせるソラが天然ですが、また髪を口に含もうとするソラを見て嫉妬し、このブログでは書けないような下品なことを言って妨害するトモコがすごい(笑)。
裏表紙のカバー下では鎖をほどいていたコハルが、むちむちな身体をソラに鎖で縛られて「逃さないよ…僕のコハル」と妖しく迫られてしまうそのものズバリな絵が(笑)。

以下各話紹介。
冒頭ではバトルはちょっとお休みの番外編ということで女子達がキャッキャしてるお話に。
指を切ったソラを、「私が舐めます!」と率先してソラの指をちゅぱちゅぱするコハルが大胆ですね。そしてそれを見て激しく嫉妬するユキが可愛い♪
敵につかまって、どちらかを助けなければいけない状況になったら、自分とコハル、どちらを選ぶのか執拗に聞いて迫ります。
それに対し、どちらも捨てられないと選べないソラ。ソラがひとりのパートナーを選べないというのは、百合的にもなかなか重要な問題かもしれません(笑)。
自分が身代わりになることまで考えるソラは、自分が女の子たちを救うんじゃなかったのかとユキたちに逆に諭されてしまいますが、幼い頃傷を負いながらも女の子を守ることが出来た際、身が震えるほどの幸せを感じたことから、今のように女の子を守ることが目標になった過去を語ります。
この女の子はツキに見えるんですがどうでしょうね。
一方そのツキは、女の子を全員守ることが大変だと言っているソラに対し、みんな「手に入れれば」良いのに、と考えてなにやら考えがあるようですが果たして……?

エルと何か関係があることをうかがわせていたツキですが、なんとエルには所有されていたんですね。そのことを打ち明けると、ソラは今すぐにでもエルと対戦してツキを開放するため、カリンに……と言い出しますが、ソラに所有して欲しいと言うツキはやはりソラのことを特別に想っているようです。エルには、情報を聞き出すために所有されているんですね。昔と同じようにツキにリボンを結んでもらって騎士に近づいたと感じるソラとの絆は深いようです。
そして女の子皆を助けるためには、ある模様がある武器を持っている少女6人を所有しなければならないと告げられソラはさっそくその模様のある少女伊達さんを所有する男に戦いを挑まれ、伊達さんはソラに所有されることを望んでいなかったようですが、ツキの言いつけを守るためにソラは対戦することになります。
一方その時ツキはなにやら捕らわれて縛られていて……。

伊達さんは、ソラと対抗する存在かと思いきや重役の男と誓約することで女子の解放を目指していたんですね。彼女が自分と同じ目的を持っていることは、キレイな目をしているから気がついていたというソラ。
自分は年上だから「お姉さんに任せなさい」と気丈な伊達さんですが、そんな伊達さんをソラは抱きしめてあげます。他の人間と誓約しているのに接触したことで彼女はペナルティで頭痛を受けることになりますが、ドキドキしてしまう伊達さんが良いですね。
しかし重役の男と誓約するステップにしようと思った男に一生仕えるよう言われ、それどころか自分が壊されてしまうかもしれない危機的な状況になってしまった伊達さんが心配です。

自分だけで戦おうとする伊達さんを助けに来たソラ。もう自分を助ける手段はないという伊達さんですが、まだ方法はあると答えるソラ。その方法とは、ペナルティを利用して伊達さんを解放しようというものだったのでした。ペナルティを受ける為に接触することになるソラと伊達さんですが、ベッドで寝ている伊達さんを、ソラがその上から覆いかぶさるようにして身体を重ねて、ちょっとエロい(笑)。
一緒に痛みに耐えるソラのおかげもあって、伊達さんはソラと誓約することが出来たのでした。
残るはツキの安否が気になりますが……?今後の展開も非常に気になりますね。


表紙は予想通り、伊達さんでしたね。漫画の内容とは裏腹に、表紙では毎回ソラが相手の女の子にセクハラしているような絵になってるのが楽しいんですが、今回は鎖まで使ってかなり妖しい(笑)。

1巻の紹介はこちら
2巻の紹介はこちら