あいたま 4
師走冬子
百合度★★★★☆(4.5)

4巻は前巻に引き続き、元カレが出てくるような話もなく、ヒロインのあいが女の子たちに萌えて騒々しくしていたり、自分に一途でいてくれる樹里とデートする良い雰囲気のお話があったり、憧れている女生徒が多い久米さまのことを特に真剣に想う女の子が登場したり、他の女子同士も仲良くしているお話が収録されています。

表紙は蓮なんですね。ちょっと意外。雪乃あたりが来るのかと思っていました。1巻のカバー下みたいな絵にしたら部数も上がったんじゃないかとも思うんですが、そういうあざとさがないところがこの作者さんの良いところなんですね。
このまま刊行が続けば、とまちゃんの番が来ることもあるかも……?(笑)

巻末には雑誌未掲載の4コマが。これはあいや樹里が代わる代わるツンデレキャラになる、というものなんですが、楽しい内容ですね。樹里は他の子には辛辣なことを言ってるけど、実はあいのことだけは悪く言ってないと見た(笑)。

この作品、久米さまやあいなど全方向に愛を振りまいている少女がいる一方で、樹里や晶子など、一途にひとりの女子に想いを馳せる女子がいたりして、対比が面白いんですよねえ。
今は憧れのアイドルの女子たち全方向に執着しているあいですが、いずれは樹里と結ばれそうで、最終的には一途に1人の女の子と寄り添って生きる人生になりそうな気配があるんですが、久米さまは女の子皆にも愛を与えつつも、誰とも結ばれそうな気配がなくて、これは結構孤独な人生だと思うんですが、今回3巻ではその辺も描かれていましたね。深い。

以下各話感想。
巻頭には雑誌掲載時カラーだったお話が収録されています。これはいつもと違って非4コマ形式で、キャラクターを紹介する形で進んでいきます。
学校案内と言いつつあいが女生徒たち(とまを除く)を撮影しまくるものの樹里が黒い素の部分を出してしまいますが「やってくんなきゃ『じゅりちゃんの友達やめる』ってあいちゃんが」と友達にそそのかされて何か言おうとするものの、結局泣き出してしまう樹里っぺが可愛いですね。

大物イケメン俳優と噂になってのはデマだったんですが、嫉妬から嫌がらせを受けてしまうとまちゃんをさりげなく救ってあげるあいが良いですね。これはやはり最後の最後でとま×あいのカップルで結ばれるという驚天動地の結末への伏線なのか(笑)。

風邪を引いてまで仕事をやりとおした蓮にはみちゃんは「私がひゃくおくてんまんてんをあげますっ!!」と、蓮の一番の理解者ですね。やっぱりこの2人の関係は良いなぁ。
一方抱きとめようとしているあいは蓮の身体のラインが見えないことを残念がったりしていて果ては尿瓶(!)まで用意して、邪な気持ちが強そう(笑)。

ひよこママ登場。樹里と雪乃が一緒にいてくれるハーレムを妄想したり、他の女の子を誰にも渡さないと、もう1人の自分と1人で戦っているあいが怪しい(笑)。蓮や雪乃に兄弟がいるということだけで嫉妬してしまうあいはホントに独占欲が強いですね。

樹里ちゃんの写真集を見たり、先生の露出した肩を見たり、何も着てないという蓮のパーカーの下を想像したりして朝から流血騒動を起こしているあいが相変わらず騒々しくてて良いですね(笑)。雪乃の机の中をガサゴソしてるあいをみてついに窃盗を……と思ってしまう先生ですがあいは欠席した分のノートを作ってあげていたんですね。

美少女コンテストにあいが出てみないかという話になるのですが、「私以外の親友が出来るから嫌!」と却下する樹里がすごい。その後心を入れ替えて、あいも出てみないかと自分から言い出すものの、完璧でなくそれぞれに個性のある皆のようには業界デビューは出来ないと言うあいに、樹里は「世界一かわいい!」と言ってしまいますがあいは樹里のことを「宇宙一かわいい!」と言い合いになってラブラブですね。
それにしても1ページ目で袋(アイドルのカード入り)に顔突っ込んで吸ってたり、蓮のグラビア写真集を見て鼻血で血まみれになるあいが相変わらず怖い(笑)。

手を怪我した雪乃にお弁当を食べさせてあげようとするあいですが、嫉妬した樹里が横から入ってきて自分が雪乃に「あーん」してあげるのが面白い。樹里が使っているのは利き手だったのにご飯は箸からこぼれ落ちてしまって不器用なんですね。
体育の授業のため雪乃を着替えさせるのは手伝わないあいは、雪乃が片手でまごまごしながら服を脱ごうとするのを鑑賞するのが目当てだったということでやっぱり邪なんですが、代わりに蓮ちゃんが脱がせてあげるものの、どっちみち骨折した雪乃が体育着になる必要はなかったのでした。
最後、遠慮して出てってしまう雪乃に樹里が追いかけ、もっと自分をさらけ出して打ち解けたら、とアドバイスするシーンも良い感じでしたね。

今回は樹里が、あいにデートに誘われるドキドキの展開……なんですが、誘われた先が他校の美少女コンテストというのはあいにとっては気の毒な気が(笑)。
その上樹里はアイドルとしての知名度もあるため、途中でおかしなお面をつけなければならなくなって(樹里は気に入って自分からつけたんですが…笑)、あいにとっても少し微妙だったところはあるようです(笑)。
美少女コンテストを見ることになって「ヤダなぁ。やっぱりあいはシロートの女の子にも、鼻血出したりするのかなぁ……」としょんぼりする樹里が可愛すぎ!
しかしあいは鼻血は出さず、冷静に出場する少女を分析して評価していたのですが、これはこれで何かヤダと感じてしまいます。

あいが、自分が誘おうとしていた映画があまり好きではないことを知り、結局あいのことをよく知らなかった自分にまたしょんぼりしてしまう樹里ですが、樹里も自分が好きでない美少女コンテストに付き合ってくれたことを指摘し、「きっと樹里ちゃんとなら面白く観れると思うし」と結局2人で映画を観にいくことになり、ラブラブですね。
作品がもう締めに入っているのではないかと、ちょっと心配になってしまうくらいラブラブな展開でした!(笑)

制服が変わるという噂を聞き、それぞれのキャラクターのカワイイコスチュームを考えるあい。久米さまの学ラン姿にはあいのみならず女生徒たちは皆興奮して、鼻血の海になってしまいそうになります(笑)。
噂がデマだったことを知ったあいは、情報源の蓮を脱がせて写真を撮ってしまいそうに(笑)。
その後セーラー服時代の中学生のあいの写真を皆で見ることになるんですが、あいの隣に友達の女の子が写っているというだけで嫉妬して写真を放ってしまう樹里が可愛いですね(笑)。

リサといつも一緒にいる晶子。その日のラブ運は最高だったものの、「とびきりの王子なんてこの学園にいない……」と思っていた晶子ですが、そこへ現れたのは王子様以上の存在、久米様。真っ赤になってしまい、プリントを回収する仕事も率先して手伝ってしまった晶子に、久米様はお気に入りの場所まで連れて行ってくれます。
「私はとても好きなんだよ」と言ったのはこの場所の話だったのですが、「私も好きです」と答えた晶子はつい久米様のことを言ってしまったようです(笑)。
占いが得意な晶子に未来を占ってもらった久米様ですが、出たカードは「孤独」……。久米様は自分の運命を分かっていたようですね。「きっと未来は変わらないけど、それでもきっと久米様を……」と思う晶子は、これからも久米様を見守っていくことを心に決めたようですね。

久米さまの従姉妹の糸子は実は樹里と同じくらい黒かったのですが、それでも皆に可愛がられてしまいます。
とまちゃんに突っ込みを入れるあいの釘バットがグンニャリ曲がって血がついてるのが怖い(笑)。


この作品はいまいち知名度が低いのがほんともったいないと思うんですが、良質のお馬鹿百合漫画です。分かる人には分かりますよね(笑)。

1巻の紹介はこちら
2巻の紹介はこちら
3巻の紹介はこちら