集英社文庫コミック版 マリア様がみてる (1)
長沢智
百合度★★★★★(5.0)


集英社文庫コミック版 マリア様がみてる(2)
長沢智
百合度★★★★★(5.5)

「マーガレット」「ザ・マーガレット」で連載していた長沢智版「マリア様がみてる」が文庫版になって帰ってきました!これめちゃくちゃ好きなんですよね〜。散々読み返してました。1巻2巻あたりは特に。
今見たら昔買った単行本は最初に買った「GIRL FRIENDS」並みにボロボロになってますね。かなり読み返してましたからね〜(笑)。せっかくの作品が黄ばんだ紙面になってるのは惜しいので文庫版に買い換えました!
やっぱり綺麗な紙面で読む少女漫画版は良いですね〜。結構ボリュームがあって、文庫版1巻では単行本1巻と2巻分が丸々収録されています。2巻の柱にあった、「マリア様がみてる」キャラがコスプレしてる可愛い絵などもばっちり再録されていますね。

新装版では扉絵に描き下ろしのピンナップが。由乃と令ちゃんが仲良さそうに映っていますね。
巻末にはこれも長沢智先生の描き下ろし漫画「『マリア様がみてる』と私」が。
連載開始前から執筆時、さらにその後映画化されることになり、長沢智先生もワクワクされているエピソードなども語られています。
漫画版は「チェリー・ブラッサム」から再開されるとのこと!「あのコやあのコがついに出ますよ!」とコメントもありますが、あのコとあのコですね?(笑)本当に楽しみです♪

追記:そしてやっぱり再び読み返す日々に(笑)。祐巳ちゃん可愛いなあ。こんなに表情がくるくる変わる「マリア様がみてる」は長沢版少女漫画が一番ですね。見ていて飽きないです。祥子さまとの絡みとか聖さまとの絡みとか……見所はいっぱいありすぎて書ききれません!
また擦り切れるほど読み返してしまいそうですが、とりあえず今回は本を傷めないように大事に読もう(笑)。
単行本版8巻の紹介はこちら
7巻の紹介はこちら
5巻の紹介はこちら
「マリア様がみてる」を少女漫画に……簡単なようで意外に難しい変換だったと思うのですが、長沢智先生は見事に描いていました。
連載が始まったのがサイトを始めるちょっと前だったこともあって、うちでは最初の方のレビューはちゃんと書けてないんですよね。書きたい気持ちはめちゃくちゃあるんですが、時間がちょっとキツいかも……。
それにこの少女漫画版はあらすじだけ書いても面白くないと思うんですよね。祐巳ちゃんや由乃さんの表情豊かで生き生きとしてる様や、美しい佇まいの祥子さま、志摩子さん、祐巳ちゃんをからかったりして明るくしつつも内に意中の女の子に対して秘めた想いのある聖さまなど、それぞれの絡みを理屈ぬきで楽しめる内容ですから。

まだ読んでない人は是非!以前単行本版を買った人ももう一度読み返してほしいですね。それにしても長沢智先生の「マリア様がみてる」、連載再開とは……正直無理だと思っていたんですが、決まって嬉しいですね。まさか長沢智先生の描く瞳子や乃梨子に会えるとは!