GIRL FRIENDS 4
森永みるく
百合度★★★★★(5.5)

史上最強百合漫画になる……かもしれない「ガルフレ」4巻がいよいよ発売です!

各話合間には描き下ろしで、女子キャラたちそれぞれが修学旅行用に用意したパジャマのお話が。あっこはまりに見せるためにおニューのを買ったようで、ラブラブ度が加速していますね。杉さんのすけすけネグリジェには笑ってしまった(笑)。
巻末には「水着のコミックハイ」に収録された番外編が。結局作中で着ることにはならないものの、一応まりのスク水姿を描いておくみるく先生が相変わらずサービス精神たっぷりですね(笑)。
そしてまりのピンチに体を張って守るあっこの雄姿が格好良いですね。まりも思わず惚れ直してしまうラブラブなオチでした(笑)。

さて本編。
1巻では2人が友だちとして近づいていく様子が、2巻ではまりのあっこに対して友だち以上の感情、つまり恋心の芽生えやそれに付随する葛藤が、3巻ではそれに対するあっこの心が揺れ動く様子、そしてついにまりに対して自分も恋心を持っていることを自覚する様子が素晴らしい筆致で描かれていました。
そんな流れを引き継ぐこの4巻では、晴れて両想いになった2人の姿が描かれていくわけですが、まりもあっこがキスをしてくれたことを泣きたくなる程嬉しい記憶として心に刻むものの、思わず抱きつきたくなったりそれ以上の関係に早くなりたいと逸るあっこの気持ちにはなぜかすんなりと受け入れなくて……という気になる展開から始まります。

作者さんサイトによると4巻までで終わる予定だったのを5巻まで描かせてもらうことになったそうですが、担当さんに4巻で終わる提案でもされていたんでしょうか?しかしそれはそれでわかる気がしますね。4巻分でまとめれば、友だちに恋心を抱いて恋が成就する百合ストーリーとしては完璧な作品になりそうなことは分かりますし。
しかし!森永みるく先生は完璧をさらに超えた、未知のクオリティの百合作品を描けるポテンシャルを持っているんです!

4巻では一旦結ばれたと思われた2人の心が再びすれ違う展開もありますが、すぐに結ばれる単純な展開から一歩踏み込んでいるところがまた良いんですよね。
また4巻に限らず、この作品は女子同士の何気ない日常生活の描写がふんだんに盛り込まれていますが、こんなに描かれているのは少女漫画でもまず見かけないです。
少女漫画だと男女の恋愛に突っ走ってしまうか、女子同士のやりとりで話が進むにしてもファンタジー設定だったり、ちょっと日常とは違う世界の場合がほとんどです。そうでないと読者も作者も当たり前の世界に退屈してしまいますからね。
ではなぜみるく先生が描くとなんの超常現象もない中での女の子同士のやりとりが面白くなってしまうか?
それはみるく先生が、普通の女子同士の日常生活を描いても、世界を薔薇色に変えてしまえる、特別な才能を持っているからなんですね〜。
ほんとに稀有な存在だと思います。そういう要素が百合作品としても厚みを加えているんでしょう。

百合物語というのはつまるところ、女子同士出会って結ばれる(結ばれない)ところまで描くのが骨子になるんですが、1巻、いやその気になれば1話で出来ることを、5巻かけてじっくりやる意味があったのかなかったのか、この作品の面白さにハマってしまった人ならきっと充分にわかったことでしょう。

以下各話紹介。私の拙い文章ではこの作品の素晴らしさは1億分の1も伝わりませんが、まあそれはいつものことということで……。(^^;

4巻は修学旅行編ということで、表紙で2人が持っているアイテムも旅行先の九州に関連したものばかりです。九州の人は結構嬉しいのでは?(笑)
あっこが横から咥えているビードロはよく見ると持っているのはまりの手で、元々まりが口をつけていたもののようですね。それを無邪気に口をつけるあっこ……。これは意識的な行為なのか無意識なのか気になるところですが、周りに(多分)いるクラスメートにカモフラージュするために恋人同士とまでは見えないように無邪気で仲の良い女友達を装って明るくしつつ、実は内心恋人同士としてのつながりを持ちたいという深い感情をあっこが持っている……と私は推測しました(笑)。
今回収録される分の角煮まんのエピソードも何気ない描写ではあるんですが、深い意味があるのかないのか、単行本で是非確認してみてください♪

第23話。
まりと両想いになったと知って、相変わらず天にも昇る気分のあっこ。他のカップルはどうなのだろうと久野ちんに「いつもどこでどんなことしてるの?」とラブラブな2人がどんなことをするのか興味津々です。
「どっか遊びに行こ?2人で!」とか「帰りにうち寄ってかない?」とストレートに誘いますが、なぜか自分がまりがノってくれなくてヤキモキしてしまいます。
「まりと2人になりたい。2人になって話し合いたい。今までの事、これからの事、私がこんなにドキドキしてること。ねえ、まりは2人きりになりたくないの?」
と思い詰めるあっこは地下鉄の車内でも「今までと一緒じゃん!もっとさぁ……」と物足りなさを感じて窓を叩いてしまいます。傍から見てる人がギョッとしているのが面白いです。不機嫌そうな女子高生なら地下鉄でいくらでも見かけることが出来ますが、彼女らがホントは心の中ではこんなことを考えてる……などと想像すると、何気ない日常生活も薔薇色に見えてきてしまいますね(笑)。この辺がみるく先生のすごいところ。

その後、一度気持ちを伝えられた時ちゃんと返事をしなかったから自分が冷められてしまったのでは……と心配しつつテストも手に付かないあっこ。
「そっか……まりもこんな気持ちだったんだ……ううん、私よりずっと……怖かっただろうな。泣いてたもん」
と考え込んでしまい、ちゃんとまりの気持ちを確かめようと決意しながらも修学旅行の日を迎えてしまいますが……。

第24話
修学旅行にやってきた2人。しかしなかなか2人きりになれなくて、まりと会話をする機会すらないことにあっこはもどかしさを感じてしまいます。
そうこうしているうちにお風呂の時間に。大浴場でまりと一緒にお風呂に入るということで、とりあえず自分の裸を見られることを恥かしがるあっこですが、先に湯船に入る事が出来て自分の身体は見られなくて一安心、逆にこの状況ならまりの裸は見れる……と一瞬喜んでしまいますが、結局恥かしくてまりのほうに目を向けることも出来ません。まりはくのちんやうららと裸で普通に向き合って会話していて、面白いですね。
意識するあまり湯船から出られない状態になってしまったあっこはのぼせてついに倒れてしまうことに。
目が覚めるあっこですが、介抱してくれたのがまりで、身体も拭いてくれてパンツも穿かせてくれたことを知り、布団から顔を出せないくらい恥かしく思ってしまいます。

第25話。
まりに裸を見られ、あまつさえ身体を拭いてもらったことに動揺するあっこですが、実際まりと顔を合わせ、ちょうど2人きりになっているのに気付き、「恥かしがってる場合じゃなかった!」と気付き、まりの気持ちを確認しようとします。そうですね、それが今一番なことだったのでした。
少し話したところ、まりは「私、あっこの事は今度こそすっぱりあきらめたから、安心して」などと言い出し、そんなことは信じられないあっこは即座に「うそ」だと断言し、キスのことを話ても「だって……あっこは友達とも…キス…するよね?」と聞き返すまりは、やはりあっこに芽生えた恋心に全然気付いてなくて遠慮していたんですね。

あっこは問いただそうとした際勢いでまりを押し倒していたあっこですが、そこへ友達が帰ってきて、また答えるタイミングを外してしまいます。折り重なっている体勢をごまかすため寝ている振りをする2人ですが、ひざが内ももに擦れたり、腕が胸にあたってブラをつけていないまりの汗ばんでやわらかい胸の感触にドキドキしてしまうあっこですが、それはまりも同じことだったようです。思わず耳元で「…まり」と囁くあっこにまりは我慢が出来なくなってビクンとした後、外へ駆け出してしまいます。

腕の下で小さく跳ねた後、途切れた息、そしてそれに対する自分の中に走った衝動を感じたあっこは、改めて自分が「ほんとに、たまらなく、まりが好きだ」という自分の気持ちに気付きます。そしてそれに浸って、翌朝まりの赤くなった顔を見て、両想いであることを確認したあっこは、計画を練って恋愛成就の言い伝えのある木を一緒に回ろうと話し出すのですが、ちゃんと伝える前にまりは気分が悪くなったと言い別行動を取るようになってしまいます。
日程の勘違いから自分の計画が失敗に終わった事に落ち込むあっこですが……。

ハプニングで折り重なった2人が、お互いに相手の身体に接触することにも興奮する感情を感じるシーンが生々しく描かれており、リアルに伝わってきますね。
精神面だけでなく、性的な意味でもお互いに好きだという気持ちは、だんだん重要なテーマになってきます。

第26話。
自分がまりとつきあっていないことに気がついたあっこ。「友達に告られて……OKしたつもりだったんだけど、なんか伝わってなかったみたいで」と、すぎさんに相談に乗ってもらいますが、あっこが告白された相手というのがまりだと分かっているすぎさんは「ええっあっこ、OKしたの?!」と内心びっくりしてしまいます。
キスや告白のシーンも良いけど、この辺の描写はたまらないですね〜。
まりとあっこと、3巻分付き合ってきたすぎさんだからこそ、2人が付き合うことを知ってその重みを感じる心情がひしひしと感じられます。
そしてことの重大さに気付いたすぎさんの言った台詞とは……
「友情と恋愛感情の違いって…最終的にはこれだと私は思ってるわ…。あっこ、その相手とやりたい?」
衝撃の質問です。
「ええっ?!なにをっ!」と真っ赤になってしまうあっこ。
しかし少し落ち着いた後、出した答えは
「やりたいっていうか…もっと…キスしたり…さわったりしたい…かな…」
今度はすぎさんのほうが真っ赤になってしまいます。しかし「あっこも大人になって…」と内心思い、「いいんじゃない?私も応援するわよ」と、2人の仲を認めて応援までしてくれようとするすぎさん、ほんとにいい子です。5股だけど(笑)。

性的な意味でも好きかどうか問われたあっこがすぐに返答をすることが出来たのは、前回ハプニングの中、まりと密着した時の興奮が頭にあったからでしょうね。伏線がさっそく表れました。

そして別行動を取っていたまりも、あっこに密着された時の感触が忘れられず、お風呂からあがっていくら夜風にあたっても、身体の熱さが取れません。やはり2人とも、性的な意味でも相手のことが好きだということが表れていますね。

そして応援してくれたすぎさんに「そうやって拗ねてる間に、また別の人にとられちゃったりして…」と背中を押されたあっこは、友達の前ではさすがにまりに恋人同士のような求愛は控えているけど、まりに注がれている熱い視線は特別な想いが込められています。自分が一口食べた角煮まんをまりにも食べさせる行為も、女友達なら普通にする行為ではあるものの、あっこのそれは特別な気持ちがあったようにも見えます。
そして自由行動の最中、ハートの石を見つけたことで偶然2人きりになったあっことまりですが、「恋が叶うって聞いて、やっぱちょっとでも確率あげとこっかなーと。エヘ」と笑いながら言うのですが、本人を前にしてこれはなにげにすごい言葉です。
その言葉だけではピンとこなかったまりですが、次の言葉でさすがにあっこの気持ちに気付いたことでしょう。
「私はやっぱりまりと友達でいいとか、思えない。まりが好きだから…まりちゃんと恋をしたい。だからつきあってください!」
俯いて赤くなりながらついに告白したあっこ。「ええええ!」とまりは赤くなって……。

第27話。
ついに告白をしたあっこ。それはまりにとって夢のように嬉しい言葉だったものの、お互いドキドキして無言になってしまった後、耐え切れずにまりは逃げ出してしまいます。
こういうことは以前にもあったこと。しかし今度のあっこはあの時のように、まりを逃したりはしません。
追いかけて「だってしょうがないじゃん……まりが言ってくれた『好き』と一緒なんだもん」と自分の気持ちをもう一度しっかりと伝えます。
「あっこが友達思いなのはわかるけど……そこまで言ってくれなくても……」と言いつつ嬉しいはずなのに「うまくいく訳ない。だって、あっこわかってないよ……つき合うとか……無理だよ……そんな……」と足が震えてあっこの言葉をすぐには受け入れられないまりですが、「無理かどうかなんてつき合ってみなきゃわかんないじゃん!だって好きって言ってくれたし……キスしたじゃん!!」とあっこは食い下がります。
キスの事を思い出して赤くなってしまうまりは「だっだってあっこは友達同士でするでしょ?」と聞き返して、やはりあっこが自分に気をつかっていただけなのではないかと不安に思っていたことを打ち明けますが、あっこはそれに対しても「あのね!あんな空気で友達のキスとかしないでしょ普通!」とはっきり否定します。
友達じゃないキスする。そしたら信じられる?まりと……友達以上になりたい」とまで言ってくれるあっこに、まりもついに「……私も……」とその気持ちに応えることができます。嬉しさのあまり、人目も憚らずその場で抱き合って、キスまでしてしまいそうになる2人が微笑ましいですね。
その場は着信が来てキスは未遂(笑)に終わるのですが、「行こうか!」と差し伸べられたあっこの手をまりがしっかり受け止め、一緒に手を繋いでみんなの元へ帰ることになり、その後も2人で恋愛成就のお守りを買おうとしたり、原田くんにもらってつけたままだったストラップを、あっこが嫉妬して「ごめん……私……心狭くて……」と言ってるのを見て、まりはあっこが本当に自分のことが好きなんだということに、改めて気づきます。
あっこと話しかけられて、友達として仲良くなるようになってから、それ以上の感情を持つようになった今までの今までの過去が走馬灯のように浮かび、「あっこを好きになってよかった」と涙を流してしまうまり。ここは読者も泣けてしまいますね……。
そして、帰りのバスの中でクラスの子の目を盗み、こっそり顔を寄せてくるあっこに、まりも赤くなりながらも目を閉じ受け入れ……。
忘れない。今日の事はきっと、一生」と思うまりなのでした。


第28話は杉さんメインの番外編的なお話です。前回でお互いの恋愛感情も完全に確認。晴れて結ばれたあっことまりは一緒に登校。満員電車ですが、手を繋いで身体も密着させて、痴漢からまりを守ってあげると安全ピン(!)を用意してあっこは心強いですね。痴漢は撃退する気満々なんですが、「まりが私に痴漢するのはOKだからね」と囁いてラブラブです。しかし結局痴漢しそうになってしまったのはあっこの方らしい?(笑)

そんなラブラブな2人は一旦置いて、今回の主役亜は杉さん。
痴漢に会うのはいつものことだった杉さんですが、今回は相手が小学生だった時の初恋の塾の男教師だったということでさすがに参ってしまいます。
助けた男までが言い寄ってくるのも相変わらずの展開だったんですが、彼氏がいるからと断って呼び出したのはなんとたまみん。男にはちょっとウンザリしてしまったんですね。
彼氏代わりにいきなり呼び出されたことをぶーぶー言いながらも、自分は一生恋をすることが出来ないんじゃないかと愚痴る杉さんの相談に乗ってくれるたまみんが優しいですね。もし一生結婚出来なかったら「いざとなったら私がいるじゃん!一緒に老人ホームに入ってあげる」と言ってくれる杉さんは、自分が結婚できないとまでは言ってないと抗議しつつも、やはりたまみんの言葉は嬉しかったことでしょう。
その後はPUREすぎる2人をちょっとからかってやろうと、あっこに「どこまでヤったの?」と相手を知っていながら(一応)知らない振りをして聞いたのですが、初心なあっこは真っ赤になりながらも「ねえ、まり」と隣のまりに話を振ってしまい、バレバレですね。

やっぱり杉さんはたまみんが隣にいるのが一番落ち着くようですね。この2人が恋愛感情で結ばれる……という展開もあると思いますが、登場する女子キャラをあまり安易にくっつけすぎてしまうと現実感が薄れて萌え漫画になってしまうということもあるでしょうし、微妙なところでしょう。とりあえず私は恋愛感情があってもなくても、杉さんとたまみんが仲良くしていればそれだけで嬉しいです♪

Hな話題に真っ赤になって答えられなかったあっことまりが初々しいですが、ひょっとしたら次回5巻目分からはこういうテーマも扱われていくかもしれませんね……とか雑誌掲載時感想を書いていたらほんとうにそうなってびっくりしました(笑)。


ちなみに「GIRL FRIENDS」は全5巻で終了ということですが、まりとあっこのお話の続きは作れる可能性は高いと私は思っています。
今後35話で連載が終了したら、その後ファン待望の瞳×奈々シリーズの続きなどを描いた後、「LOVERS」など2人の関係に相応しいタイトルにして、ラブラブになった後のまりとあっこの姿が描かれる可能性も充分にあると思いますよ。
そんなわけで私はあまり悲観視していません。みるく先生さえお元気なら、この作品の世界観は必ずどこかに引き継いでいかれることでしょうし。

amazonでは「百合コミックの第一人者が描く百合コミックの最高峰作品、待望の第4巻」なんて書いてありますね。百合姫VOL.19の再登場予告の時もそんなことを書かれていましたっけか。10年来ファンをやってると少し不思議な気持ちにもなってしまいますね。
というのも、レイ×亜美同人時代は森永みるく先生ファンと百合好きとのイメージがあまり重なってなかったんですよ。セラムン同人作家が多く参加していた百合アンソロジー「EG」にでも参加されていれば多分全然違ったんでしょうけど、なぜか声がかからなかったようで、この辺がその後10年くらいの百合好きの間での認知度の分かれ目だったような気がします。
そんなわけで内容はどう見ても百合だったんだけど、不思議と百合好きとは接点が薄いというか、「言われて見れば百合なんだけど……」みたいな感じが当時はあって、百合好きは百合好き、みるく先生ファンはみるく先生ファンという具合に分かれていたような気がします。それだけみるく先生の作品がジャンルの枠を超える独特の魅力を持っていたからとも言えますが。

しかし百合姉妹の頃あたりから、周りの百合好きにもみるく先生の作品が好きだというファンが増えて(当時通っていたサイトの掲示板で他の方からみるく先生の名前が出た時はちょっとした感動でした…笑)、その方たちと交流することが出来たことも、私にとっては本当に嬉しいことでしたね。
みるく先生の作品が作品が好きだと言ってくれる百合好きの方を見ると私も嬉しい気持ちになってしまいますし、ファンになってくれた人たちにもありがとうと言いたいです。(^^
この作品を読むと、みるく先生の作品に出会えて、ファンになって良かったなーとしみじみ思ってしまいます。

1巻の紹介はこちら
2巻の紹介はこちら
3巻の紹介はこちら