Candy boy 1
峠比呂
百合度★★★★★(5.0)

血の繋がった実の双子姉妹が互いに愛し合っていて……ってあらすじは皆知ってるから端折りますね(笑)。
とにかく峠比呂先生によるコミック版「Candy boy」がいよいよ発売されました!

巻末にはほしかわ監督の4コマ&イラスト&コメントが寄稿されていますが、これは嬉しいですね〜。

コミックス本編の前半ではお馴染み、奏と雪乃のラブラブいちゃいちゃな姉妹百合が楽しめます。妄想シーンなのですが、やっぱり奏と雪乃がキスしそうになるシーンはたまらないなぁ(笑)。
後半はなんと咲夜がヒロインのオリジナルエピソード。モバイル版はこんな風になっていたのか……。結構意外な内容でした。

モバイル収録分には一緒に銭湯に入るシーンや、雪乃と咲夜が部活で競泳水着を着ているシーンなどもありましたし、成人向けでも描いていたこともあって、この漫画版は独特の色っぽさがありますね。単行本になったものを読んでいて改めて思いました。
以下各話紹介。
モバイル掲載版には、同じく奏に憧れているということで咲夜に対抗意識を燃やして何かとつっかかってくる一茶子いさこというキャラが登場。
お嬢様のように振舞っているこの子が実は○○だったりするんですが、裏で苦労していることはおくびにも出さず、毅然と振舞っている、実は良い子です。
この子は最初登場した時とその後で雰囲気が違う部分があったり、ツンデレなところがありますね。

アニメやフラッパーではハイテンション変態系百合娘な咲夜ですが、モバイル版の方では奏と一緒にいる普段と違って同級生と一緒にいるせいか、彼女もややツンデレ気味なキャラになってるのが面白いですね。「聖痕のクェイサー」の華なんかもそうなんですが、一緒にいる相手が憧れ(&性欲の対象…笑)であるか、親しい友だちかでは、自ずと違う自分が現れてくることはあるでしょうね。

いさこはつっかかってきつつも結局咲夜とは良い雰囲気になって、このまま変則形ダブルツンデレ同士(笑)結ばれる展開になるかもしれませんね。
咲ちゃんには悪いですけど、奏が雪乃以外と結ばれる可能性はゼロに等しいと思うし(笑)彼女と結ばれるハッピーエンドな道があるというのは良いことですよ。
咲夜といさこのエピソードは面白いので、アニメの2期でやっても面白いかもしれませんね。


前半は雑誌に掲載されていた通り、奏×雪乃の双子姉妹がラブラブなパート。
カナちゃんたちが2年生1学期頃のお話からスタートします。第1話では夢の中で眠り姫のユキちゃんを王子になったカナちゃんがキスで目覚めさせようとしたり、髪の毛の匂いが良いことを思い出してうっとりしたり、カナちゃんのユキちゃんへの変態……じゃなくて姉妹愛が描かれていました。相変わらず甘甘です♪
漫画版ではゆりっぺという女の子が、奏を心配したりツッコミを入れたりしていますね。

海辺に遊びに来ても、ユキちゃんが人魚になったりする妄想ばかりしてるカナちゃんが良いですね。結局二人きりになった時、怪我をした指をちゅぱちゅぱしてもらって、妄想以外でもラブラブな2人なのでした。

奏が急にフィギュアなんか欲しがってるから珍しいと思いきや、対象が雪乃そっくりだったんですね。結局それは入手出来たものの、「人形ばかり見てないで。本物がいるんだから」と、なんと人形そっくりの猫耳のコスプレをした雪乃にほっぺをぺろりと舐められて、奏は鼻血まで吹いて幸せそうですね。

2人が二段ベッドの同じ段で一緒に寝るようになった経緯や、芸術学部メインの女子校に普通科の雪乃がわざわざ奏のために一緒に来ることになった過去エピソードが。雪ちゃんと一緒でなきゃ嫌だと遠足をボイコットしてしまう奏ちゃんが可愛いですね。

雪乃へのクリスマスプレゼントに対になっている高価なピアスを贈ろうとバイトに明け暮れる奏。お金はたまったものの他に欲しい子がいたため買うことは出来なかったものの、同じものを買った雪乃が代わりに自分にプレゼントしてくれます。ピアスの前の消毒と言って、奏の耳をはむはむ口に含む雪乃がエロティックですね。

しーちゃん登場!やっぱり咲夜とは相性が悪いですね。きついこと言われて落ち込んでる咲夜が可愛い(笑)。
しーちゃんは普段雪乃と奏が一緒に寝てるベッドのまん中に入って、身体を密着させて2人の匂いを嗅げてご満悦ですね。

フラッパーに掲載された作者さんコメントによると、しーちゃんはアニメよりもちょっとしっかり者にしたとのこと。アニメと少し違う性格になっていますが、原作をよく読んでなくてうっかり……ということではなく、作者さんが自分の作品として面白くキャラクターを活かせるように、意図的に変えてあるんです。
しーちゃんはそんなに暗くない性格にしたんですね。しっかりしているので、雪乃と奏のピンチの際にはすぐに飛んでくる性格だそうです(笑)。

巻末にはほしかわ監督の4コマ&イラスト&コメントが寄稿されていますが、これは嬉しいですね。
4コマでは、奏と雪乃を交えてほのぼの会話していたかと思うと、唐突に咲夜がアップになって奏への熱い想いを語り、さらに次の瞬間、急に引いたカメラ視点になって奏を激写したり(奏の所有物を奪って逃げたり)して、最後いつの間にか簀巻きにされている展開。これを読んで改めてほしかわ監督の描く百合ワールドというのは独特のテンポがあるなぁと懐かしくなってしまいました(笑)。


表紙、赤い糸でつながれている奏と雪乃が良いですね。

漫画版は大筋ではアニメ版の世界観を踏襲していて、奏と雪乃のラブラブな関係などは同じですが、アニメで描かれなかった時期のエピソードが描かれていたり、アニメ版とは違う女子キャラクターも出てきたり、しーちゃんの性格などもアニメ版とは若干違ったりして、少しパラレルワールド的にもなっています。

前半の奏×雪乃パートの百合度は★5.5。
後半の咲夜×いさこのパートは2人が良い雰囲気ですがまだ結ばれているというわけではないので★4.5くらい。単行本全体は前半後半を足して割って、5.0の★5つとしました。
ただ咲夜×いさこは良い感じで関係が深まっているので、2巻以降★5.5になるかもしれませんね。
あるいは咲夜の最初が最初の想い人奏と結ばれて★5.5とか……いやそれはないか(笑)。

アニメ版は一時はすごく盛り上がったものの、その後あまり話題にのぼらなくなったような印象があって個人的にはちょっと寂しかったんですよね。
コミック版発売を機会に、もう一度「Candy boy」の話で盛り上がったり、2期制作が決定したりすると良いなぁ。

アニメ版が超絶に素晴らしい作画だったのでそれに比べると……という声も連載開始当初はちらほら聞こえたんですが私は全然良いと思いました。
後で知ったことなんですが、この作者さんは成人向けでも作品を発表されていたことがあって、その辺もあったようですね。でも連載が始まってからは特にそういう作者さんの過去の経歴云々でどうこう言われることも聞かれなくなりましたし、作品自体が良かったからでしょうね。
やっぱり経歴云々より作品自体が良いのが一番大事ですよ(笑)。

無料で見れる「Candy boy episode:01 フタリノキョリ」はこちら。



主題歌「恋のカタチ」のPVはこちら。


主題歌「Bring up…LOVE」のPVはこちら。


最初に出た「Candy☆Boy」の紹介はこちら



番外編DVD+CDの紹介はこちら



DVD Vol.1の紹介はこちら



「Candy boy DVD vol.2」の紹介はこちら。