ComicリリィPLUS Vol.2
公式
百合度★★★★★(5.5)

届くまでにすったもんだあって(下記参照)レビューが遅れましたが、それはさておき無事届いた今回のCOMICリリィはとっても良かったです!
最初は新鮮さもあって良かったこのシリーズですが、正直VOL.3あたりを谷間に中弛みした印象も否めませんでした。しかし前号ちょっと良くなったのをステップに、最新号はめちゃくちゃ良くなっていました!
創刊号のキャッチコピーは「キスから始まるスウィートLOVELYコミック」ということで、コピーどおり創刊号はキスシーンを含む作品が多かったんですが、最新号である今回はそろそろキス以上も……という展開を含む作品も増えてきて、女子同士深い関係を楽しむことが出来る内容になってきましたね。

以下各話紹介。
・「えすとえむとえとせとらっ!」第2話(楽時たらひ)
ラブレターを出したのは誰なのか気になって探りを入れていくマシュー。それは自分が好きな狭武さんのことを他に好きな子がいることが気になってやっていたところが大きかったのですが、熱心に探してくれるマシューを見て狭武さんは自分のためにやってくれると思い、「ありがとう摩周さん!」と抱きついてきたりして、マシューは嬉しくなって「このままずっといられたらいいな……いっそ手紙の主が見つからなければ」とさえ思ってしまいます。しかしそんな状態が気になった友達の1人、羽香は、マシューを脱がせて身体に聞いて(!)事情を把握。「友達が誰かのモノになるのが嫌だと思ったら、それはもう友達じゃないんだよ」と、諭し、それを聞いたマシューも、狭武さんのことを既に好きだという自分の気持ちに気がつきます。
この事件を解く鍵は、登場人物のイニシャルとタイトルと見た(笑)。

・「秘密」(内村かなめ)
待望の内村かなめ先生が復活!これは本当に嬉しいニュースですね。やはり個人的にも大好きな作風の作家さんですし、内村かなめ先生が復帰されるかどうかは一番気になっていました。これで心置きなく(←?)応援出来るというものです(笑)。

今回はフーちゃんとりっちゃんの話はひとまず置いて(一応脇で登場はしています)になってゆいかとまなという新しい組み合わせのお話になっていましたね。お馬鹿&お色気ギャグのいつものテイストとちょっと違って、ブラックな内面も含む女子同士の愛を描いた作風ですが、これがなかなか良いですね。

女の子のことを好きで意中の相手りっちゃんのことばかり話しつつ、自分にもベタベタしてくる友人ゆいかのことを「女が女を好きなんて気持ち悪い」と思っていらいらしていたまな。しかしある日ゆいかが、いつも2人きりだったお弁当の時間にりっちゃんも呼び入れようと誘い、さらにその際りっちゃんがフーちゃんとラブラブだと知って自分が失恋したことに気付き、目の前で泣いているのをみて、気持ちが大きく揺れ動きます。
その時のりっちゃんの顔は……笑顔がこぼれていたのでした。いらいらしていたのは「女が女が好き」だからではなく、ゆいかが他の女の子のことを好きなのを目の前で見せ付けられていたからだったんでしょうね。その表情を見てりっちゃんの気持ちに気付いていたまな。自分が失恋したことを喜んでいる友人のことを、もちろん良くは思わなかったものの、しかし自分のことで嫉妬してくれるまなを見て、またドキドキする毎日が送れそうです。

・「もっと、もっと。」第1話(沙垣長子
新連載第1話。
「私…真理の事が好き…!!付き合って欲しいの!」と意を決して告白したヒロインチサトに対し「みんなには内緒」という条件を出しつつも真理はすぐにOKを出してくれ、周りの友達も気付かないのに実は付き合っている自分たちが「秘め事みたい」と思ってむしろ楽しい気分になって、「なんか緊張するねっ」とドキドキしながらこっそり手を繋いだり、指輪を送ったり、ついには「恋人らしいこと……もっとしていきたいなって思って……」とキスをしたり、2人が初々しすぎですね!
あらすじだけ書くと見も蓋もない感じですが、この作品はひとつひとつの行動をするコマ割りやセリフなどが絶妙で、展開を追っているうちに悶えてしまいますね。
最後、「本当に幸せだってこの時は思ってた」とモノローグが入って今後2人の関係に暗雲が垂れ込める予感もありますが、これは2人がこっそり付き合っていることで何かしら弊害が出てくるのか、あるいはあまりに順調に行き過ぎた故に2人の関係に何か問題が生じてくるのか、今後の展開も気にさせつつ、ともあれ今回は女子同士告白して指輪を贈ったりキスまでするようになるまでの過程がばっちり描かれていました。

今回もめちゃくちゃ良かったですね〜。沙垣長子先生が元から女の子絵が上手いのは知っていましたが、オリジナルで作っている百合漫画のストーリーやコマ割り、心理描写までここまで上手く作れる人だとは私も予想していませんでした。
個人的には、それまでストレートな百合作品を描いたことがなかった楽時たらひ先生と沙垣長子先生を百合専門誌に誘ったことが「COMICリリィ」編集部の今までで最大の功績なんじゃないかとも思ってしまいました。

・「先生とわたしのナイショのボイチャ」(おこさまランチ)
今回のお話はこんな感じでした。
「気持ちいいですか?」
「ひゃん!」
「ここ、気持ちいいですよね」
「ああ〜〜んすごい…」
「こんな事、1人じゃ出来ないですよね…」
「うん、出来ないよぉ…。あっそこそこ!!」
「痛いですか?」
「もっと、してほし……あッあぁんあぁーーッしゅ……しゅごい――」
「大丈夫ですか?」
「うん大丈夫……ちょっと位痛い方が…気持ちいいし…」
↑嘘偽りなく抜き出してみました。タイトルでなんとなくオチが分かるかもしれませんが、セリフを書き出すのは結構楽しかった(笑)。

・「Summer Vacation!」(柊圭)
今回は今までに登場した百合カップル総出演でホテルに泊まるお話ですが……すごいことに(笑)。こっちはオチが入ることはなく、それぞれのカップルが本当にしそうになってしまうドキドキ展開でした(笑)。
今回は水着シーンあり入浴シーンあり、そして最後は相部屋のベッドで熱い夜を過ごす事に!サービス満点な回ですね(笑)。

卒業してしまって、柚希先輩と遠距離恋愛をしている麻衣は「彼女としての証が欲しい。きっと柚希先輩と結ばれたらこんな不安も全部自信に変えられるはず――」と思っており、切ないですがぐっと来てしまうセリフですね。そして「同じ部屋に一泊するって事はつまり……そーゆー展開もアリってことで…」と麻衣の頭の中には柚希と裸で抱き合う姿が。
その後男友達に馴れ馴れしくされていた柚希先輩を見て我慢できなくなった麻衣は我慢できなくなり、「不安なんです……私に、柚希先輩の彼女だっていう証を下さい、お願いです」と抱きしめキスをし……。

そして前回お付き合いのお試し期間を延長していた楓と綾乃、仲は良いものの2人はまだちゃんとお互いの気持ちを確認していなかったんですね。楓に突き放されたような言動を取られ不安に思う綾乃は、楓が無理に付き合ってくれてるだけならお試し期間を終了しても良いと提案して、こちらはなにやら微妙な雰囲気ですが……。

一方VOL.1と2で瑠奈と結ばれた美緒は、付き合ってもう半年以上になるのに、まだキスしかしていない関係を物足りなく思っていたんですね。
私は好きな人とはキスもしたいし、もっと触れてみたいと思う。瑠奈とキスより先に進みたい――……だから今夜…」と思っており、キス。いきなりのキスに戸惑う瑠奈にも「瑠奈は私のこと知りたくないの?だって私達恋人同士でしょ!?私は瑠奈のこともっと知りたいよ!?」と問いかけます。それに対して瑠奈も「急に言われても……女の子同士でどうやったら……」と恥らい戸惑っていることを明かしますが「じゃあ私がやり方教えてあげる」と指を絡めてしっかり手を繋ぎ……。

これは次号も買わないわけにはいかないでしょう(笑)。


・「RAIN」(楠見らんま)
カバンの中の大切なものが濡れるのが嫌だから雨は嫌いという芥川さん。しかし後ろから肩を叩いてきた来栖さんが、持っていた折り畳み傘に自分を入れてくれて、狭い傘に入るため芥川さんにぴったり身体を寄せてくれ、さらに雨で透けた来栖さんのセーラー服の中まで見れて、「雨は大好き」と思ってしまう来栖さんなのでした。
「COMICリリィ」掲載分だけだとさらりと触れられているだけですが、「コミックアニカラめいつ」掲載分では、熱心に来栖さんを見て、彼女の姿をスケッチしていましたからね。カバンの中の、自分の描いた来栖さんの姿より、実物の来栖さんの姿や、くっついて感じることの出来た体温はさらに貴重だったのでしょう。

個人的には楠見らんま先生が復帰されたのは嬉しいですね。このブログでも度々言ってたので覚えている人もいるかと思うんですが、この人の作品好きなんですよ。「COMICリリィ」に一度載ったやつというよりは「アニカラめいつ」に載ってたやつが良かったんで。あとタイトルを忘れましたが「かがみんは俺の嫁!」とか言ってた実話の腐女子アンソロジーの話も面白かった。こういう要望が少しずつ反映されているのは嬉しいですね。この人は良いものを描く時は描く人だと思っております。

・「茜色の方程式」第2話(杜講一郎×さくらあかみ)
前回、寝ている友人千花にキスをした茜の現場を撮って脅迫(?)した伊勢さん、実は意中の茜のことをいつも見つめていて、意外に切ない想いを抱えていたんですね。
逆に千花は意外と黒かった。「茜に手をださないでもらえる?」って本当に担当直入だ(笑)。
前回男に告白されたとか言っていたのは茜を焚きつけるために言った言葉だったんでしょうか?だとすると千花×茜は両想いということになりますが、伊勢さんがそこへ入り込む余地はないのかどうか。
1話は茜視点で、今回は伊勢さん視点でストーリーが語られているような気がするので、次回は千花視点?

・カバー(藤真拓哉)
また随分ロリっぽくなったような……(笑)。
藤真拓哉先生は「魔法少女リリカルなのはViVid」「ネギま!?neo」なども百合要素がありましたが、まだ単行本化されてない(と思うのですが)「すい〜とHoppe!」が百合的に特に良かった人ですね。


ところで通販で注文する際にはちょっとご注意を。



左の商品には「PLUS」の部分が英語表記に、右のは「プラス」とカタカナ表記になっていて、amazonには同一商品のリンクが2つあります。最初私が注文を入れたのは右のカタカナ表記の方だったんですが、待てども待てども一向に発送される気配なし……ちょっと気になってカタカナ表記の方の注文をキャンセルして英語表記の方に注文を入れなおしたんですが……その結果あっさり届きました。
というわけでamazonで「COMICリリィPLUS VOL.2」を注文したのに今日まで発送メールが来てないという方、アカウントにログインして注文履歴を調べてみてください。注文した商品名が「COMICリリィプラス」になっていたらご注意を。ひょっとしたらこれでは届かないかもしれないのでこちらの商品名が「COMICリリィPLUS」と英語表記になっているものを注文した方が良いかもしれません……。

追記:Web拍手によるとどなたかamazonに報告してくれたようなので、カタカナの方もそのうち発送される可能性がないとは言えないかもしれません。

2つの商品は書籍コードが違うんで、多分最初に出たコードが何らかの事情で後に変わったんだと思うんですよね。で、amazonが何らかの事情でそれに対応出来なかったんじゃないかと……。どっちが悪いとか私には分かりませんが、本屋では買いにくい本ですし、この辺はちゃんとした方が良いでしょうね……というかそうでないとまずいでしょう。買う側からしてみると、注文入れるのが遅くても早くても届くのが不安定なんじゃ、どうすりゃいいのか困ってしまいますし。

小さい出版社なので流通自体がしっかり確保出来てないのはしょうがないのかもしれませんが、今回は内容が良かっただけに残念でした。
その辺も含めて、これからも頑張ってほしいですね。

COMICリリィPLUS VOL.1の紹介はこちら
COMICリリィ VOL.1の紹介はこちら
VOL.2の紹介はこちら
VOL.3の紹介はこちら