楽園 Le Paradis(3)


白泉社の少女漫画書籍ですが、林家志弦先生の作品を始め、今回も百合作品を多数収録していました。

・「思春期生命体ベガ」(林家志弦)百合度★★★★★
期待通り、というか期待以上にめちゃくちゃ百合百合でした!
宇宙怪獣から、日々地球を守っているベガ子、それまでは巨大化&光線&空を飛んで楽々倒していたのだが、ヒロインの鷲峰先輩と出会ってからそれが出来なくなってしまい、元に戻るには鷲峰先輩とのキスが必要だと言い出し……。
本当はベガ子のことを好きだった鷲峰先輩ですがキスを拒否していたのは、力を取り戻すためにするのが嫌だったんでしょうね。そして過程をちゃんと考えろと言われたベガ子も、返り血で血まみれになって誰も近寄らなかったところを真っ先に駆けつけて手当てしてくれた際に先輩を愛するようになったことに気付き、晴れてキスもしてラブラブエンドです。
光線&飛行力はもどってきたものの、まだ巨大化だけまだだからと、「もっと先の行為」も必要だと言って「さあ抱いて先輩」とさらにせまるベガ子も良いですね。

この作品はベガ子がウルトラマンなのはデフォルトなんですね。毎度のことながら、林家志弦先生すごい古いネタを混ぜつつ新しい百合作品の形を見せてくれます(笑)。

続きは是非読みたいものの、今回はゲストという扱いなために次号予告には名前がないです。「はやて×ブレード」でお忙しいから仕方ないのでしょうね。林家志弦先生が白泉社でお仕事をされること自体珍しいですし、単行本になるのも難しいでしょう。この雑誌掲載分は大切に保管しておいた方が良さそう。

・「想いの欠片」(竹宮ジン)レズビアン漫画度★★★★★
いつものようにビアンバーに通っていたヒロインミカはそこで男のクラスメートと遭遇します。ゲイタウンで出会うということは彼はやはりゲイ。なのでもちろんお互い恋心が芽生えることはないものの、初めて友だちと秘密を共有出来ることが嬉しくなった彼は以後ミカに懐いてくるのですが……。
理解してくれる人もいる一方、面白がる人もいて、彼にとっては後ろめたい部分が強かったようですが、ミカは自分たちは異常なんかじゃない、「どうして同性を」と考える彼にも「『同性だから』に決まってんじゃん」と諭してあげます。
「あたしは別に「男」が嫌いなんじゃなくてさ、恋をするなら「女」じゃなきゃ駄目なだけだよ」ときっぱり言い切るミカがキッパリしてますね。

先日発売された「ラブフリッカー」は短編集ということもあってか、出会ってから相手が女子でも惹かれる、という展開や、最初はミーハーなノリや軽い気持ちだったのがちゃんとした恋心に発展する、という展開が多かったですが、こちらはヒロインが、自分がガチで女性が好きな女だということを自覚しているシリーズですね。多分百合姫の方のシリーズと差異化して描いているんだと思いますが、百合姫掲載のとはまた違う竹宮ジン先生の百合話を読むことが出来るのは嬉しいです♪

・「コレクターズ」(西UKO)百合度★★★★★
今回もレズビアンな忍と貴子の二人を中心にお話が進行。
ウエディングドレスを着たいという貴子は本当に買ってしまいそうですね。もちろん服を買うのが好きなこともあったのですが、忍と一緒に着たかった気持ちがあるのは言うまでもありません。しかし結婚など役所の手続きよりこちらの方が大事だと、その夜、一緒に裸で抱き合って愛し合う2人が清清しいです。

・「ろみちゃんのめばえ」(武田春人)百合度★★★★☆
図書室の先輩エミに懐いたひろみ。エミが昔寄稿した部誌まで入手して、一生懸命感想を言おうとする姿が微笑ましいですが、それまで感想を言われたことのないエミにはちゃんとHITしたようですね(笑)。
「こうして女の子は女の子を好きになっていくのだな」という紹介ですし、2人の関係はだんだん進展していきそうですね。

・「すきなひと」(日坂水柯)
お姉ちゃんのおっぱいに夜毎吸い付くようになってしまった亜純は、姉が友だちだった男と付き合うようになったらしいことを真帆という少女に相談することに。
「友達の『すき』、やっぱり大事だ」と思う一方、友達の「すき」を辿って恋愛の「すき」になった2人が最強だとも思う亜純と真帆、これは果たして、自分たちも今は友達関係である亜純と真帆の関係が、「恋愛のすき」になる伏線なのかどうか……。

「すきなひと」の単行本が8月30日に予定されているようです。未収録短編4編&描き下ろしも含めるということで、雑誌掲載分の表題作3話より、未収録分の方が多くなりそうですね。

・「夜を重ねる」(中村明日美子)百合度★☆☆☆☆
駅で出会った女性2人が、彼氏に振られたと思って意気投合して……というお話。
ヘテロエンドではありますがお話は面白かったです。

・「乙女ループ」(鬼龍駿河)百合度★★☆☆☆
今回も女子同士まったり交流してます。

・「同窓会代行」(売野機子)百合度★☆☆☆☆
全身整形して可愛くなったモデルの女の子に同窓会出席の代行依頼を受け、最後にその女の子に諦めかけていた夢を新しい卵としてもらうお話。ヘテロエンドだと思うんですが、お話は面白かった。

公式サイトにも紹介が出てますね。
カーソルをあてると出るそれぞれの紹介が、百合的にも非常〜に気になるんで書き写そうかと思ったんですが体力がなくて挫折……すいません。しかしほんとに百合的に気になる内容になっているんで、是非カーソルをあてて読んで読んでみてくださいね。


楽園 Le Paradis(3)


表紙が女性が全裸でバスタブに浸かっている絵がインパクトがあります。サイズの大きい本なだけに実物を見ると結構圧倒されます(笑)。
これはティーンズラブのきらびやかな雰囲気ともエロ漫画の雰囲気ともまた違うんですが、さすがにこういう表紙の少女漫画雑誌は見かけないと思うので、ちょっと本屋では買いづらくなったような(笑)。

創刊号の紹介はこちら
VOL.2の紹介はこちら