ひなぎく純真女学園 (3) (完)
ふくやまけいこ
百合度★★★★★(5.0)

「ひなぎく純真女学園」もいよいよ最終巻。
当然のことながら共学化なんぞせず終わります。しかし急展開に次ぐ急展開で木成さんと樫宮さんの運命やいかに……。

3巻では、樫宮さんの木成さんへの求愛の仕方の盲目ぶりに拍車がかかったような……元々樫宮さんは木成さんのことになると、周りが見えなくなってしまう子ではありましたけどね。しかしこんなに暴走する子でしたっけ?求愛ぶりはいつも以上に激しくなりましたが、迷走ぶりも激しくなりました(笑)。
木成さんのことを思ってあっちへ迷走したりこっちへ迷走したり、あさっての方向につっ走ってドタバタしてる樫宮さんが微笑ましくもあり……ちょっと頭が痛くもあった(笑)最終巻でした。いえ、結局大笑いさせてもらったんですけどね。
しかし樫宮さんはまだ女子高生ですからねえ。こんな漫画のようなぶっとんだ行動は取らないにしても、若いうちは何かしらあちこちに迷走してしまのが青春時代というものなのかもしれません。

3巻では最初の方では木成さんがサラサとデキてしまうのではと樫宮さんが心配する話が2巻に引き続き展開され、その後2人がなぜか生徒会選挙に出る話になり、さらに世界中の権力者のSPが出てきたり実はポリーが○○で木成さんが○○だったりと、ぶっ飛び展開です。

単行本未収録分がいつもより多かったこともあり、3巻は1巻2巻より分厚くなりましたね。

以下各話紹介を。雑誌掲載時に比べて単行本だとサブタイトルが加わるんですが、タイトルに毎回「木成さん」がついているのが、樫宮さんの木成さんに対する愛情が表れていて面白いんですよね。今回はそれも書き出してみましたのでご覧下さい(笑)。
第1話「木成さんの水着姿は魅力的過ぎる(ハズ)」
木成さんの水着姿を妄想して「ピチピチ水着の木成さん!!」と楽しみにしている樫宮さんが可愛いですね。でも水着が破れて裸が見れるのではと期待するのはちょっと邪です(笑)。

第2話「木成さんとサラサちゃんがなんかアヤしい」
最近仲が良い木成さんとサラサ。
木成さんの言いかけた「こう……」は実は「香席」のことだったんですが「交際」と勘違いして「もう…あんなことやこんなこと……もうそこまで行っちゃったの!?」と妄想が膨らんで、樫宮さんは激しく嫉妬してしまいます。

木を植えているところ、自分も鉢植えを持って混ざりに来ます。サラサにはウザがられても、木成さんが庇ってくれて樫宮さんも良かったですね。その後いじめを受け花を虫だらけにされてしまう樫宮さんですが、そこへも木成さんがやってきて、箸で次々虫を取って、樫宮さんを救ってあげます。

第3話「木成さんと公園でハトが見たい」
樫宮さんの夢は、「リボンの騎士」のようですね。遭難して密着してから自分たちの仲が進展したから、この勢いで木成さんをデートに誘おうとする樫宮さんですが出会った木成さんがサラサと同じ香りをしていたことから、木成さんがサラサと密着してあれこれ妖しいことをしていたのではないかとまた自信をなくして誘うことも出来なくなってしまいます。しかし今回は逆に木成さんのほうからお茶会に誘ってくれて良かったですね。

第4話「木成さんと生徒会長選挙」
なんでもしてくれると聞いて、生着替えを所望してしまう樫宮さんは、夢の中で欲望が出ていますね。生徒会長選挙が行われるということでなぜかシードに選ばれ出場しなければいけなくなった木成さんがバイトがあるから生徒会長にはなりたくないと言ってるのを聞いて、自分が生徒会長になれば木成さんが解放される、と思って自分も出場することを決意する樫宮さんが優しいですね。

第5話「木成さんのマニフェストって」
「樫宮さんとデートの時間だってほしい」と木成さんにアテレコする樫宮さんが健気ですね。生徒会長に立候補するはめになった木成さんは女子寮でなんでもただにするなどとデタラメな演説をして落選しようとするものの、女生徒たちは真に受けてしまい票も集まっているようで……。

第6話「木成さんの好きな人がわかってしまった」
生徒会選挙で樫宮さんの刺客として、偽木成さんが送り込まれてきますが、信じてしまう樫宮さん。
偽木成さんがスナ先生のことが好きだと言って、スナ先生も生徒は皆好きだと言って「両想い?」とショックを受けてしま樫宮さんですが……好きな人なんだから本物か偽者かくらい気付こうよ(笑)。

第7話「木成さんは私のことを軽んじすぎている」
木成さんの気を引こうとスナ先生と付き合ってる振りをしようとする樫宮さんですが、木成さんは見ておらず、なぜかスナ先生もその気になってしまったように見えて、
告白されて思わずドキンとしてしまう樫宮さんですが、やっぱり好きなのは木成さんなんですね。

第8話「木成さんは妖精フェアリーみたいな生物なのかもしれない」
樫宮さんと一緒に閉じ込められてしまった木成さんですが、「怖くない?」と気遣う樫宮さんに対して「ううん、大好きな樫宮さんと一緒だもん」と答えラブラブに……と思ったらやっぱりこれは例の如く樫宮さんの夢で、実際にはスナ先生と一緒に閉じ込められていたのでした(笑)。

第9話「木成さんは絶妙のタイミングであらわれる」
一緒にお風呂に入りつつ、樫宮さんはついに告白。木成さんも応えてくれて裸で抱き合いラブラブに……これは例のごとく夢だったのですが、今回の夢はお風呂シーンでしかも長くて、サービスたっぷりですね(笑)。
実際はお風呂でのぼせて倒れてしまったらしい樫宮さんは、そんな失態を見せたことを恥かしがって家に帰ってしまうのですが、荷物とお財布を木成さんが届けに来てくれて、良かったですね。

第10話「木成さんと2人っきりの一夜!?」
お風呂場で倒れた樫宮さんの荷物を持ってきてくれた木成さんが自分の家に来てくれて樫宮さんは幸せ一杯ですね。おにぎりを褒められた時の伝言を額縁に入れて飾っている樫宮さんがいじらしいですが、これは実は木成さんではなくて……ってコラー!
お泊りまでなんとか漕ぎ付け、大急ぎで新品の高価な布団を注文しようとした樫宮さんが余った布団を持っていないと思い込んだ木成さんは樫宮さんと一緒の布団で寝ると言い出してこれは嬉し恥かしな展開ですね。
しかし一方スナ先生は校長に頼まれて合併の噂があった男子校に挨拶に行ってちょっと波乱含み?女らしい格好をしているスナ先生が別人みたいで笑ってしまいましたが(笑)。

第11話「木成さんと同伴登校!!!」
お泊りしてくれることになった木成さんが朝カレーまで作ってくれ一緒に登校してくれ、さらにこれくらいいつでも作れると言ってくれて、樫宮さんは「女たらし!」とまで言ってしまいますが完全に悩殺されていますね。

第12話「木成さんは男子に渡さないやいやいやい」
合併話の原因は少子化問題だったのでした。それは確かにリアルに深刻な問題ですね(笑)。
樫宮さんは木成さんが男の手にかからないよう大奮闘……しかし男どもはダサジャージの木成さんの良さを全く分かっておらず敵視すらしているということで一安心。

第13話「木成さんの清き一票が」
しかし対決を迫られた樫宮さんに火がついてしまい、自分の一番大切なものをかけろと言われ、思わず木成さんを指定してしまい……?
大切なもの、と木成さんを抱きしめる樫宮さんが良いですが、負けたらどーすんの!(笑)。

樫宮さんは木成さんが自分に一票入れてくれたことやラブラブな生活を妄想して夢心地。しかし木成さんは大徳間という男に目をつけられてしまったようで……危うし木成さん!

第14話「木成さんといきなりサスペンスな展開」
生徒会長選の話だったのですが突然世界中の権力者のSPが現れ大ピンチの展開に!?
よく当たるというおみくじで運命を知りに行った樫宮さんと木成さんですが、引いたおみくじには「夢みたとおり何もかもうまくいきます」と出て……。

最終話「木成さんと樫宮さん」
実は財閥の遺産を引き継ぐお姫様だった(小公女?)木成さんは、お嬢様学校のデージー学園に転校することに。
ショックで「木成さんのことなんて忘れる!」と駄々を捏ねる樫宮さんですが、「それすっごいつらい。樫宮さんにだけはそんなこと言われたくない。すっごい困る」と木成さんは答え、最後手紙には「大好き!」と書いてあったのでした。
「おっかけは一休み」といる通り、樫宮さんはまた会うことはちゃんと心に決めて、その日まで自分もちゃんとしていようと思ったから、安心してまた会える日を楽しみにすることが出来たんでしょうね。

……しかし単行本描き下ろし4コマでは、木成さんから届いたメールを見てさっそく樫宮さんが心変わり。「いますぐ留学するー!」と木成さんの後を追う気満々になってしましますが、理由が邪……というか樫宮さんが木成さんを好きな理由って眼鏡と三つ編みじゃないですよね?そういえば偽者が木成さんに化けていた時も気付かなかったし……。いや2巻で泥の中抱き合って、眼鏡がなくなった木成さんを間近で見た時もめちゃくちゃドキドキしてましたし、そんなことはないと思うんですが……(苦笑)。

最後の展開はさすがにぶっとんでいたのでびっくりしてしまいましたが、樫宮さんと木成さんはお互いに相手のことをしっかり想っていることがはっきり描かれたのは良かったですね。

2巻冒頭のショートのカップの絵の話のように、羊飼いの樫宮さんは延々何周も羊(木成さん)を捕まえに行き、その度に花(良い思い出)を見つけて自分の記憶に刻み込んでいて、画鋲が古びて無くなって(樫宮さんの姿がひなぎく女学園からいなくなって)しまっても、樫宮さんの姿は壁の針孔とともにいつまでも残っていて、その気持ちは木成さんも同じで、きっと樫宮さんの元に来てくれるんでしょうね。

1巻の紹介はこちら
2巻の紹介はこちら