百合姫Collection Vol.1

百合度★★★★★(5.5)

公式サイトの紹介によると……
森島明子や四ツ原フリコ、百乃モトほか、今をトキメク百合作家陣が描いてきた百合同人誌をまとめて一冊に!
関谷あさみが描くとびきりキュートな表紙が目印です★
百合姫では読むことのできなかった珠玉の名作ばかりを集めた傑作同人集が、今ここに!
というわけで百合作家さんたちが描いた百合同人誌集です!
普段即売会に行けない私のような人はもちろん、即売会には行ってるけど百合姫作家さんの同人誌全部は買っていないという人も、これは嬉しいでしょう!私も嬉しいです♪

茉崎ミユキ先生や百乃モト先生の百合作品も多く収録されていることもあって、今回は全体的に叙情的な雰囲気な百合作品が多くなりましたね。とは言え同人で発表したものということで、全体の統一感があるのが特色というわけではなく、中には森島明子先生のように陽気で明るい作品も収録されていて、それぞれ個性がある百合作品群です。
同人で発表したものということで商業的なアピールポイントみたいなのはなくて、ブログで紹介する際も「この単行本は○○だ!」とか断定してアピールするのは難しいんですが、まあそんなことをする必要もないと思うし、読んでみれば良さは分かるでしょう。
以下各話詳細。
・「太陽と水の娘」(森島明子
幼い頃、南の島(ハワイ?)出会って恋に落ちた少年……だと思っていた子は、実は女の子で、再会した際には成長して自分よりスタイルが良いことに嫉妬してしまう感情も芽生えてしまうものの、それでも相手のことが好きなのは前と変わらなかった、というお話。
これは続きがあって、もう一度再会した際には水着姿でキスをするシーンなども描かれています。もしVOL.2が出たらそのエピソードも収録されるかもしれませんね。

・「紫の太陽」「Lの放課後」(茉崎ミユキ
「ひらり、」に参加されていた作家さんですね。こちらこちらで紹介されている同人作品です。
前にも言ったと思いますが、この人の百合同人誌は気になっていたんですよね。今回読めて良かったです♪
叙情的な作風で相手の女の子もロンゲでかわいいのに「雲の下に太陽は出るさ!!君に見せてあげようじゃないか!!」などと口調が勇ましいギャップが面白いですね。
ヒロインが吸ってるのと同じ銘柄のたばこを咥えてみたもののもう相手は別の銘柄に変えてしまっていることなどが象徴するように、移り気な相手のことを好きなヒロインと、移り気だけどヒロインのことを思う気持ちだけは変わらない相手の子が良いですね。扉絵や目次ページで寄り添ったり指を絡めている2人も良いです。

・「Tear:99」「凍結注意報」(百乃モト)
同じ部活の先輩に告白して、一時は「真崎さんのことそういう風にみたことなくて」と戸惑われてしまうものの卒業間近に絵の具を貰って、絵を描いている時の自分の姿も「素敵だなって思っていた」などとと言われ、一瞬嬉しくなって「あたしもです。ずっと見惚れてました」と答えるものの、先輩がすぐにちょっと寂しそうな顔をしてお別れの挨拶をして去っていってしまって「油断してしまえば、それは容赦なく小さな隙間から流れ込んできて」と涙を流す真崎が切ない。

・「名前はない」(吉猫)
昔はバレエをやっていたけど肌が白くて気持ち悪いと言われることを気に病むような内気な少女だったけど、その後バレエはやめたけど明るくなった白ちゃん。
昔は明るかったけど今は無口で友達もいなくなってしまった黒ちゃん。
引っ越してしばらく離れていた後再会した時には関係がひっくり返ってしまったものの、やっぱり対照的な2人。
明るくなった白ちゃんは黒ちゃんに積極的に近づいてきて、ついには「私と付き合わない?ていうか私は黒さんが好きだから。他の誰かと話してたらイライラするし、誰にも渡したくないから」と告白するものの、「幼馴染みが他の友達と仲がいいのに嫉妬してるんだ。それでいてあの頃の幼馴染みがどこにもいなくて困惑してるんだ。それで多分私も同じなんだ」と考え気持ちに応えることが出来ない黒ちゃん。対照的だけど、気持ちは同じなんですね。切ない。

・「Chop Sticks」(四ツ原フリコ
この作品は上の吉猫と同じように「黒ちゃん」「白ちゃん」と呼ばれ、容姿もほとんど同じキャラクターが登場していますね。コラボレーションをしているのでしょう。
ただ、作中の2人同様、吉猫先生と四ツ原フリコ先生の作品も対照的で、こちらの白ちゃんは可愛い顔をして見つめていたという黒ちゃんを白ちゃんが押し倒してしまったり、後ろから乳をわしづかみにしたり「放課後に制服デートして〜。キスはそんときやっちゃって。えっちは3ヵ月後くらい?」などと言ってかなり激しく迫ってきています(笑)。それを暴力で(笑)同じく激しく拒む黒ちゃんですが、白ちゃんに「『好きって言って』ってせがまれたみたいだなって…」指摘されて赤くなってしまって、実は図星だったんですね(笑)。

上でこの単行本は同人誌の作品集だから商業的なアピール要素はあまりないと描きましたが、四ツ原フリコ先生の作品は商業誌でもそんな感じですよね。
読めば良さは分かるという。この単行本もまさにそんな感じなんです。

・表紙(関谷あさみ)
雨に濡れてる2人。これは梅雨時のシーンではなく、初夏の大雨に振られたシーンなんですね。だから2人とも夏服だし、傘を持ってなくて雨宿りをすることになったんですね。「つぼみ」でお馴染みの関谷あさみ先生が百合姫コミックスにも初めて参加されました。

VOL.1とあるからには今後も刊行が続く予定があるんでしょうか。読みたかった百合作家さんの百合同人誌なんてたくさんありますよ!このシリーズは今後も楽しみですね〜♪