学園ナイトメア (2)
方條ゆとり
百合度★★★★☆(4.5)

ヒロインがもうひとりのヒロインを自分だけのコレクションにする百合っぽい関係があったり、色っぽい展開があったりお馬鹿な展開があったりオカルトな展開があったりと、てんこ盛りで楽しい単行本の第2巻です。
第1話の立ち読みページはこちら
amazonの紹介を引用しますと……
少女の園はキケン地帯――。
新たなネットロアコレクター立花那子参戦! キョウを巡って、クロエと那子の争奪戦が繰り広げられる! 更にネットロア研究部設立を目論むクロエと、厳しーい寮長のお姉さまとの対立も勃発! 女子高を舞台に 少女達のアツい戦いが描かれる第2巻!!
2巻は鏡をめぐって起こる、クロエと那子の対決によって、2人の鏡への求愛ぶりがより明確に描かれる事になりましたね。
2人が鏡に執着しているのは鏡がネットロアに耳と尻尾が反応する体質になってしまって、ネットロアを収集するのに便利な存在になったこともあるんですが、那子も鏡に執着してる理由はそれだけじゃないことも示されていますし、以前は堅くて友達もいなかった鏡も、クロエと那子が自分に接近してくれる理由が便利な存在としてだけだったら寂しいと思う描写もあり、クロエも何かにつけ「鏡くんはクロエさんだけのコレクションですから」とはっきり言っていて、ネットロア蒐集の目的がなくても、鏡は2人から愛されていそうです。

表紙ではクロエさんが鏡にリボンをつけて、すっかり自分の所有物にしていますね。
2巻ではレズビアンカップルも登場!他のキャラと同様、馬鹿馬鹿しいノリで参加していますが、ともあれますます面白くなってきますよ〜♪
妹の望月菓子先生もですが、方條ゆとり先生はなんでこんな面白い展開を描けるのか、私なんかは不思議にすら思えてしまいますね〜。やっぱり才能でしょうか。羨ましいです(笑)。

おまけ漫画では、今回も爆釣り少女藤見さとりのお話の続きが。一緒にいることで新しい世界を見ることが出来るようになった克実さんですが、藤見さんの言動には驚かされっぱなしなんですね。
相変わらず馬鹿馬鹿しい展開が炸裂していました♪
第5話。
お風呂に入ってきたり盗撮したり尾行したり、クロエさんは相変わらず鏡に執着していますね。
ついには寝ている鏡のベッドの中にも夜中に潜り込んできて、朝目が覚めて自分の胸に顔を埋めて圧迫死寸前(本人談)のクロエさんをみた時はびっくりしたことでしょう。
校内でもしっかり腕を組んで「鏡くんはクロエさんのコレクションですから」と誇らしげに歩いていて、周りからはただならぬ関係だと誤解されてしまいます。しかし周りの少女たちが思っているのは、2人の関係が女子同士深い関係なのが奇異なものだから引いているとかそういうことでは全然なく、可愛いクロエが自分たちでなく鏡と一緒にいるのが不満だったからなのでした。

ネットロア部を設立するため、ちゃっかり部室を手に入れてしまったクロエさん。鏡は一緒に窓から外の景色を眺めながら、
「ただの風景が意味を持つ。九十九坂さんの前では」
と思って見惚れてしまい、クロエと一緒にいることで自分の世界が広がったことを嬉しく思ってしまいます。この辺は作品のメインテーマにもなっていそうですね。

第6話
なんと鏡を追って転校してきたという那子は、鏡に後ろから抱き付いて学校案内をおねだりしてきたり、一緒にプリクラを取ったり、アイスを半分こしたり「あたしと一緒のほうがクロちゃんとより、ずーっと楽しいと思わない?それにあたしならちゃんと守ってあげる。那子って呼んで……」となにやら唇を大接近させていますが、ひょっとしてキスをしようとしたのでしょうか?友達以上の深い関係になりたがっているようにも見えますね。
可愛い服に憧れているのを察して着せてあげたりして、鏡もライバル関係にある九十九坂さんには悪いと思いつつも那子と「友達になりたい」と思ってしまいます。
そして意中の鏡を助けるのを那子と九十九坂さんが競う展開に。
助けたのは九十九坂さんの方が先だったということで、勝負には負けたのですが「良かった、無事でっ……」と抱きつく那子は鏡のことを真剣に心配していたんですね。

一方クールな表情をしていたものの「是が非でも勝ってかっこいいとこ見せたかったんですよ。他のコレクターよりも、クロエさんの方が頼りになるってね」と自分のほうが頼りになることを示したかった九十九坂さんは鏡に対して結構独占欲がありますね。
渡した携帯の待ち受け画像も自分の顔写真にしてしまって、本当に独占欲が強い(笑)。

第7話ではレズビアンカップルが登場!他のキャラと同様、アホアホなカップルです(笑)。人目も憚らず抱き合い「ねえアナタ」といちゃいちゃして、カリカリしてる生徒会の女の子に向かって「そんなだからいつまでたっても彼女が出来ないのよ」と諭してあげます♪
ボーイッシュな彼女、しほりの方は「おとせない女はいない」と噂されるほどのプレイガールらしく、女の子たちに囲まれて大人気です。「女の中の男」って女子プロレスでも言われる人が時々いますが、ギャラクシーエンジェル第2期第15話「新鮮とれたて驚異の舟盛り」の釣りの回でフォルテさんが蘭花さんに言われた褒め言葉なんですね(笑)。
鏡も九十九坂さんと那子に挟まれてモテモテです。九十九坂さんに言われるがまま、セクシーなケモノっ娘衣装を着てしまう鏡が良いですね。ドMなしゃれこうべとか「メガネメガネ」とかもおもろい(笑)。

第8話。
お風呂上りに鏡の前を素っ裸で歩くクロエさんに、鍵を針金で開けて部屋に侵入してきて合鍵をねだる那子。どちらも強烈ですね(笑)。
あたしと共同浴場行きましょっ。あたし鏡ちゃんの事いろいろ知りたいんだものっ」とお風呂に誘う那子もすごいが「いいですネ。二度風呂も悪くありません」と今お風呂に入ったばかりなのに鏡と一緒に入るためにあっさりついてくるクロエさんもすごい(笑)。
そして脱衣所では服を脱ぐのを恥かしがっている鏡を、那子は上から、クロエさんは下から責めて、2人で服を脱がせてしまいます♪
お風呂場では他の女生徒たちが、クロエと那子と鏡、誰が一番可愛いか、スタイルなどを品定めして話題にしていて、ここではこういうノリが当たり前なんですね(笑)。

浴場でネットロアが出たことからコレクトしようとするクロエさんと那子ですが、先を競ったためなんと2人で戦い合う展開に。お互い本当に鏡を独占したいんですね。

ネットロアだと思っていた影は実はレズビアンカップルの片割れ、しほりだったのでした。同じ女なんだから一緒に入れば良いものを、女子同士の戯れを影からこっそり見ていたいって一体……?(笑)
「垣間見こそオナベのロマン…」などとアホなことを言っていますが当然、恋人の緑子には突っ込まれてしまいます。テニスのサーブを顔面にぶつけて結構激しい(笑)。
「もう不埒な人……今夜は愛というなのもとに厳しいお仕置きをしますよ」としほりのあごに手をかけ、今夜の2人は熱い夜を過ごしそうですね(笑)。

第9話。
他の女子に誘われて遊びに行ってしまう那子を見て、なんとなく寂しそうな鏡のことをクロエさんはすっかり見抜いていますね。
「仕方ないですねぇ」とクロエに一緒に遊覧船に乗りに行くよう提案されて、ぱあぁと明るくなる鏡が可愛い♪
分かっていない他の女の子たちにも「鏡くんはかわいいとこしかないんですよ」と諭すクロエさんは鏡の身体の隅々(特に耳…笑)まで知っているんですね。


1巻でもそうでしたが、最後の方で通(かよい)という僕っ娘が出てきます。しかしなんとなく分かるとおりこれはレポーターをやっていたグラマラスな女の子「かよっち」と同一人物で、もちろん女の子。ただ本人は自分は男の子だと主張しているらしく一応FtMということになるのかな……って言ってもこの作品の場合セクシュアリティについてあんまし真面目に語る展開にはなりそうもないですが(笑)。しかしこの通と一緒にいる八重との仲は気になりますね。ひょっとしたらこちらも特別な仲になるのかも。
それ以外は1巻と同じで出てくるのは女の子ばかり。男キャラは死んだお兄ちゃんがちらほら記憶の中で出てくるのと、あとは稲川淳二(←!?)とか、恋愛に絡んでこなさそうな脇役ばかりです。


ところでなにやら作品のPVが出来ているようですが……実写!(笑)でもなんとなく作品の雰囲気は出てる!(百合要素は出てないけど…笑)

そして最後に出てくる化け物!(笑)
これは「学園ナイトメア」の敵キャラじゃなくて妹さんの望月菓子先生の「おとして↓アプリガール」に出てきた植物の化け物ですね。こんなところでコラボレーションが(笑)。

こちらの動画にもよく見るとクロエさんと鏡が登場してる……けどなんかよく分からん世界だ(笑)。

それにしても脇役キャラ人気投票、2位の爆釣り少女と3位のトイレでパンツ下ろしてたサービス少女はまあ妥当なところかなあと思ったんですが、よもやお兄ちゃんが1位とは……作者さんも意外に思われているようですが私も意外でした。他のエントリーが全部女子の中唯一の男子キャラということで男子キャラが好きな人の票が集まってしまったんでしょうか。組織票?
作者さんの気が変わってメインキャラに昇格したら大変だ。今度人気投票があった時は私たちも女子キャラ(特に百合キャラ!)を支援しましょう。
まあでも血の繋がった兄ですしそもそも死んでますしね(笑)。そんなに心配することもないかもしれません。
それに、4位と5位にガチ百合キャラの寮長コンビもいますしね。上位3人までが単行本1巻に登場したキャラ……つまり単行本が手元にあればいつでも姿を見れるキャラだったわけで、期間限定で掲載されていたのにも関わらずこの順位なのは結構健闘していますよね。

1巻の紹介はこちら