レズビアン(2) 蜜の部屋
(千之ナイフ
百合度★★★★★(5.5)

巨匠千之ナイフ先生が描く、女子同士愛し合い、セックスをするお話を集めた読み切り集第2弾です。

・「天使達の庭」百合度★★★★★
ヌードモデルに来てくれた少女のことが気になってセックスをする夢まで見てしまってヒロインは忘れられなくなり、再び会った時に、「個人的なモデルになってほしい」とお願いしますが、お互いに裸になって描いているうちにセックスまでしてしまいます。

実際に読んでみてもらうと分かると思いますが、オチが粋で良いですね(笑)。

・「蜜月の部屋」百合度★★★★★

メイド学校で憧れていた上級生のお世話をすることになったヒロインが、Hな折檻をしていた先生と彼女がセックスをしている官能的な姿を影から見て思わずひとりHをしてしまうものの、やがて3人でセックスをすることになり、最後は念願だった先輩と2人でセックスをすることになるお話。

・「プールサイド」百合度★★★★★
憧れのクラスメート麻衣子と2人でプールに来て着替えを横目で見たりしてドキドキしていた美穂。誰もいないからと一緒に裸で泳ぐよう誘われ、2人だけの秘密ができたみたいで嬉しく思っていたところ、いきなり意中の相手がキスをしてくれます。
「好き……美穂ちゃん。こんなこと言ったら嫌われると思って言い出せないでいたけど……この雨の中にいたら、不思議となんでも言えるような気がして……」と告白までしてくれ、美穂も「私も…」とそれに応え、Hをします。

雨の降るシーンが非常に雰囲気の良い描写になっていて、大胆な告白を出来たというのも思わず納得してしまいますね。

・「雨に濡れた休日」百合度★★★★★
この作品は上の「プールサイド」と繋がっていますね。引き続き美穂と麻衣子が登場しています。

学校の音楽室でもHをしている2人。処女の美穂に麻衣子が「指を入れちゃおうかなぁ」と言い出し、怖くも思うものの優しく挿入してもらい、「麻衣子ちゃんの美しい指が私の中に入ってくる。うれしい…!!」と思ってしまう美穂が良いですね。
夏休みは別荘に2人で行き、海辺で、お風呂場で、台風で閉じ込められた部屋で、水のある光景の中で2人は絡み合い愛し合います。
・「イヌノセイカツ」百合度★★★★★
好きな先輩に告白したところ「ごめんなさい。今はその気になれなくて」と一度は断られるものの、「死んだペットの代わりになってくれるのなら……」という条件付で付き合い始めることになります。
愛犬が死んだショックから先輩は心が病んでいたんでしょうが、首輪つけて裸で散歩までしてくれて付き合ってくれるヒロインのおかげで立ち直れたのでした。

でも立ち直った後もヒロインは今までのようにペット生活を続けることを自分から求めて、ペット兼恋人として一緒に暮らすラブラブエンドですね。

・「秘密の花園」百合度★★★★★

ひとけのない植物園でオ○ニーしている女子高生を見て、自分もオ○ニーをしていたデパガが誘われ、夜の景色と植物に囲まれた中でセックスをして結ばれるお話。

・「森の中の魔女」百合度★★★★★
転校生に一目惚れして結ばれる話。キスを交わして「魔女の約束」、体を重ねて「魔女の結婚」なんて言ってるのが良いですね。

キスしてるところを目撃され親に隔離され会えなくなってしまう展開は切ない。
ワンシーン箒に乗って空を飛ぶシーンがありますが、ワインで酔って幻覚を見ただけという風にも読め、2通りの解釈が出来ますね。。
レズビアンであることを親から認められず、一緒の家を出て森の中で暮らすことを決めるふたり。
その後の結末は描かれていませんが幸せに暮らしていることを願わずにはいられません。
現実的には森で誰にも見つからずに女性ふたりで永遠に暮らすなんて無理な話ですが、ワンシーン箒で空を飛ぶシーンがあるためにもしかしたら……と思わせてくれるところがうまいです。


「迷宮秘宝館」に収録されていた百合作品が2本再録されていて、他の作品も初出はあるのでコアな千之ナイフファンは一度読んだ作品が他にもあるかもしれませんが描き下ろしの表紙や裏表紙、「雨に濡れた休日」の加筆部分なんかは初めて見るんじゃないでしょうかね。
「迷宮秘宝館」も持ってないような方なら、まず全部初見でしょう。

ちなみにまだ在庫がある、前作「レズビアン-少女愛-」に収録された作品は被っていません。
「迷宮秘宝館」もすでに絶版になっていることですし、まだ読んだ事がないという人にはちょうど良いかもしれません。個人的には「迷宮秘宝館」収録の「森の魔女」はかなり好きだったので、今回再録されて嬉しいですね。

前回の「レズビアン-少女愛-」はよく見れば女子同士の関係もよく描けていて面白い作品だったんですが、単純に男絡みがあるのが残念な人もいたかもしれません。しかし今回は精神的な部分も肉体的な部分も女子同士の絡みばかり。読みきり作品ばかりなのでもちろんこれだけ買っても全然問題なく読めます。

ページめくってもめくっても女子同士のHシーンばかり……(笑)。千之ナイフ先生は毒々しいお話も魅力的なんですが、こういう甘〜い百合作品ばかり集めたものもとっても良いですね。雰囲気も良いですし。

タイトルに2とある通り一応「レズビアン-少女愛-」のシリーズの続きですが、前回と違って今回は男絡みの話はなく、全部女子同士の精神的&肉体的な絡みのお話ばかりでしたね。

前作からサブタイトルが「少女愛」→「蜜の部屋」と変わっていますが、タイトル通り甘い内容になっていますね。女子同士の関係に男が絡んでくることがないせいもあって、非常に甘い百合作品を揃えた印象です。
千之ナイフ先生といえばもっと毒々しいホラーも描かれる方なんですが、今回は完全に百合H漫画な内容に徹した作品ばかり。ただし絡みはかなり大胆。

実はこれ病院の待合室でレビュー書こうかと思ってたんだけどさすがに無理でした。成人指定はないですが、内容はページのどこめくっても女子同士のHな絡みばかりですしね(笑)。

「少女セクト」等と同じく、成人指定はないようなので18才未満の人でも買えるようですね。ただそのせいで本屋の成人コーナーにあるのか一般のコーナーにあるのかは分かりにくくなったかもしれません(私はamazonに届けてもらいましたので…)。青林堂という出版社はあまり聞いたことがないので、どっちみちあまり入荷してないかもしれませんね。

レビューを書いた後冷酷紳士さんからメールを頂きました。
千乃ナイフさんが紹介されていたのでうれしくてメールを出してしまいました。実は私はこの千乃ナイフさんのイヌノセイカツを読んで百合にはまったのです。この方の絵は万人向けとはいいがたいと思いますが、人形のような顔立ちにすらりと伸びた手足ととても美しく、私の一番好きな作家さんなのですが、昔の作品が多く入手が困難でした。しかし最近になってまた少女同士の物が販売されだしてうれしい限りです。
こちらこそメールありがとうございました!
千之ナイフ先生の「イヌノセイカツ」で百合にはまられたんですか。それは意外な気もしましたね。お話を聞いて「へえー」と思ってしまいました。
昔からの百合好きの人の中にも千之ナイフ先生の作品が好きな方は多いことは知っていたんですが、私も含めて百合と千之ナイフ先生は、並行して楽しんでいる人が多いと思っていたんですよね。千之ナイフ先生の作品を読んで百合にはまった、という人は初めて聞いたような気がします。
しかし千之ナイフ先生は80年代に比べても、ここ数年で百合作品を描く機会は増えてきているように感じるし、冷酷紳士さんのような方が今後増えてくるのかもしれませんね。
千之ナイフ先生の魅力が百合だけではないのは承知しているんですが、女子同士の絡みのエロティックさは他の作家さんにはない独特で貴重なものがありますし。

この単行本には成人指定もついていないことですし(爆)、Hシーンが見たいという若い百合&千之ナイフファンも今後増えてくるかもしれません。