とある科学の超電磁砲 OFFICIAL VISUAL BOOK 13'話『炎天下の撮影モデルも楽じゃありませんわね。』収録DVD付属

百合度★★★★☆

OVA付属の「とある科学の超電磁砲」のヴィジュアルブックです。おーらんどーさんの情報より。
イラストもOVAも、Hで百合っぽいシーンが多く気軽に楽しめますし、各話紹介もついていて価格もかなりリーズナブルということで、本編を視聴してない人も楽しみやすい内容になっていますね。本編を観てない人にも是非一度見てもらいたいブックです。

OVAはやはり本編13話の幕間劇なお話になっていましたね。
全編水着シーンということもあって、Hなシーンと百合なシーンオンリーな内容でした(笑)。
オイルを塗ろうとする黒子から逃げてきた美琴は苺味のオイルに惹かれて初春にオイルを塗ってもらおうとします。感じやすい美琴は背中に触れられただけでビクンと感じてしまいます。
後ろだけじゃなく前も塗ってあげると申し出る初春に美琴は恥かしがって自分でやると言って拒むのですが、その後やってきて「初春ぅ〜、オイル、私にも塗ってくんない?」とせがむ佐天はいきなり膝を突き合わせるように前向きで初春の前に座るのが何気にすごい。当然のように前を塗ってもらおうとしてるんですね(笑)。

一方初春と美琴の姿を影で見て歯噛みしていた黒子は媚薬入りのオイルを美琴に塗って、エロい姿で自分に迫らせようとよからぬことを企むのですが、瞬間移動でオイルをすり替えた瞬間、初春が美琴ではなく佐天に塗りだしてしまい……その結果、佐天はとろーんとした顔つきになり口元からはよだれまでたらし腰を振りながら初春に迫り、水着の中身(って…笑)を確かめようとするのでした。
黒子が自分で美琴に塗ろうとするわけではなく他の子に塗らせていたことから察すると、この媚薬は特に相手を指定出来るわけではなく、好きな相手への求愛行動が強く出てしまう仕様のようですが、佐天が欲情した相手は初春。ということはやはり佐天は……(笑)。
目が覚めてから謝って気遣う佐天も優しさが表れていますね。

悪事がバレ美琴にビリビリされ、さらに縛られて引きずり回される黒子ですが、愛するお姉様の責めを受けて嬉しそうですね(笑)。
最後の「ご……ごめんなさーい」を聞いて、やはり黒子役の声優さんの演技は味があるなぁとも再確認しました(笑)。

ビジュアルブックの方は黒子と美琴が一緒に映ってるイラストはほとんどが黒子が美琴に何か手を出そうとしていますし、何気に佐天と初春が絡んでいることもかなり多く、百合的にも見所満載なファンブックになりましたね。
初春が佐天に自分の食べてた棒アイスを食べさせてあげるシーンとかポイント高い。
上半身裸の美琴に黒子が包帯を巻こうとしている姿や、佐天がこれまた上半身裸の初春に消毒液をつけて、治療しつつお互い楽しんでいる様子を描いたイラストなど、描き下ろしのイラストも収録されていますね。
黒子が美琴の胸を鷲掴みにしてるイラストも多いですね。チーズが糸引いてる美琴のピザを黒子が横から食いついてるイラストもなんかエロい(笑)。
相部屋ということで一緒に着替えているイラストもあるんですが、これは黒子が邪なことを考えているわけではなく普通にしているんですが、こういうのは日常生活だから特に意識することもないんでしょうね。そういう2人の関係が分かってこれも何気に良いイラストです。
そういえばこの作品、「うみものがたり」などでお馴染みの飯塚晴子さんも時々描いていたんですよね。黒子がセクシーなポーズをとって美琴を誘っているイラストの水着はOVA等で着ている紐に近いものではないんですが、良く見るとウリンやマリンが着ていたコスチュームにデザインが近いかも。
他、佐天が初春のスカートをめくっているイラスト、黒子が美琴にスク水で抱きついているイラスト、水着姿で食べてる美琴のソフトクリームを何気に黒子が横から舐めようとしているイラスト、帯をほどいてお代官様遊びをしているイラスト、シャワー室で裸で抱きついてるイラスト、さらに夜寝ている美琴の上に乗って襲おうとしている決定的瞬間(笑)のイラストなど、黒子→美琴は直接的だったり邪だったりする行動が全開、佐天×初春は控え目にですが、百合っぽいイラストがかなり多くて良かったです。

OVAもついて定価1890円は安いですね。
本編は残念ながら時間がなくて紹介しきれませんでしたが、このヴィジュアルブックは価格分百合な内容が詰まっているので紹介せずにはいられませんでした(笑)。

10月29日に発売されるOVAも楽しみですね♪