こんどる♪(1)
風上旬
百合度★★★★☆(4.0)

コンビニで店員をしながらもアイドル活動もすることになったアイドル志望の女の子ななが店長の女性にセクハラされまくりなお話で……まあひどい話っちゃあひどい話なんですが(笑)、これが意外に良いのですよ。
今日日こんなことがあっていいものだろうか。
このカワイすぎる女の子は、
なんと現役コンビニ店員兼アイドル=”コンドル”なのだ。
まさに「いつでもいるアイドル」の誕生だ!!
描き下ろしの巻末グラビアの馬鹿馬鹿しいあおりで、だいたいの内容は掴んでいただけるんじゃないでしょうか?(笑)。

店長がななにあれこれするセクハラは性犯罪レベルなんですが(笑)、しかし最後その店長も実は元アイドルだったことが分かり、しかもそれが元々ななが憧れていたアイドルで、そのことを知ったななが店長=りんにハートマークを飛ばしながら抱きついたり手を握ったりほっぺをすり寄せたり、さらには店長の胸まで揉んでしまうという逆セクハラをする展開になって、女子同士相思相愛な感じで1巻は終わっているのが特に良いですね。

また店長はななの際どい写真を撮ったりいろいろやらせているようにも見えるんですが、他の客には決してパンチラは見せず、独占欲も結構あることが分かったり、実は撮った写真もどこかに売るために撮っていたわけではなく、自分だけが鑑賞するために撮っていたということも後から分かって、この辺もポイント高いですね。

カワイイアイドルに憧れ、コンビニでアイドル雑誌を買おうとしていたななはそこの女性店長にいきなり胸を揉まれ、「アイドルになりたいならまずこのコンビニで働くことね」とスカウトされてしまいます。いきなりバストのサイズを測って胸を揉んで乳首もポチっと押し、揉み心地も確かめスカートも捲ってパンツも確かめ、その間全然拒否反応を示さないななの天然ぶりも採用の決め手だったようですが、ななも「あたしやりますっ」と楽しそうに応えて、最初からやる気満々でしたね。
その後着替えるなな。制服の下がなかったのですが、こんなものだと思い込みそのまま下をはかないままバイトを始めてしまい、店長も「いい!いいスジをしてるわ!!このタテスジくっきり娘!!」と大興奮。くっきりタテスジをバッチリカメラに収めてしまいます。描き下ろしカットではその撮った写真が。よく規制が入らなかったなと思ってしまうほど、確かにタテスジくっきりです(笑)。

朝からさっそくバイトに来たななのお尻をすかさずさわさわ、胸を揉み揉み、ななもこんな生活にも慣れてくています(笑)。

タイムカードを高い所に置いてローアングルから楽しんだり、扇風機で裾を煽ったり、さらには触手カメラでななの下着の中身まで撮影しようとする店長は、ななのえっちな写真を撮ることに余念がないですね。

「スジ子」などと呼んで給料日にもななの、もはやズボンもスカートもはいてない(笑)上着の裾をめくってタテスジをしっかり確認。
ななの行く先のエステの店員にまでなってななの裸のおっぱいを直に揉むのは確かに一応合法ですね。逆に言えばそれ以外はほとんど違法ってことですが(笑)。

幽霊が怖くてちょっぴりもらしてしまった(爆)なな、店長に助けを求めて走っているうち勢いで(?)飲食店で食い逃げ、銭湯の女風呂にも入って替えのパンツもしっかりゲット……って人のだけど。ななまで立派な犯罪者に。この辺2人とも犯罪犯しすぎで吹いた(笑)。

「カメラ処女はワタシがいただいちゃう!!」とプロのカメラマンに撮らせる前にななを自ら撮影して、裸の写真も盗撮してしまいますが、これは個人的に楽しむためだったようです。

ななの名器を持っていることに気付いた店長は、スジを後ろからクチュクチュ弄って、ななも「あふ中はっ…だめぇ…です。ひゃあああ!」と感じてしまって、このシーンはエロいですね〜。いえ、おへそなんですけど(笑)。

同僚の女子とじゃれていたななの股間にはホコリ取りを股間に突っ込み、毎日1日に3回も、股間や胸の谷間に体温計を差し入れて体調管理も店長はしっかりしていますね。

店長のセクハラはさらにエスカレート。ななをはりつけにして乳を揉んだり、ついでに(ってひどい話ですが…笑)同僚のふわ美さんもはりつけにして乳を揉んだり2人の乳の間に顔をはさんでしまいますが、幸せそうに眠ってしまうそんな安心した表情をした店長を見て、ななとふわ美が「心がギュギュってなりますね」「わかる」とほんわかしてしまう様子もちょっと良いですね。
その後の描き下ろしカットでななが店長を膝枕してあげて、2人が幸せそうにしている様子も良かったです♪

客の前で胸を揺らされたりアイドルDVD撮影のためおへそを見せたり店長にいろいろやらされているように見えるななですが、他の客には決してパンチラは見せず、自分だけにはしっかり見えるようにして、店長は意外と独占欲もあるようですね。

変な客が来てななにエロい要求をするのはちょっとウザいですが、こういう場には店長はいないことが多く、店長が全部許してやらせているわけではないんですね。
制服の下をはいてないのも別に店長が強要しているわけではなく、よく見ると天然のななが勝手にやっているだけですし(笑)。

店長がななにあれこれするセクハラは性犯罪レベルなんですが(笑)、しかし最後その店長も実はアイドルだったことが分かり、しかもそれが元々ななが憧れていたアイドルで、そのことを知ったななが店長=りんにハートマークを飛ばしながら抱きついた手を握ったりほっぺをすり寄せたり、さらには店長の胸まで揉んでしまうという逆セクハラをする展開になって、良い感じで1巻は終わっています。
この話があるとないとでは全然違いますね〜。この最後の話を読むためだけでも百合好きはこの単行本を買う価値があると言っても過言ではないかも。
やはりセクハラは女子同士、お互いにやるとOKになってしまうところはありますよね(笑)。
女子同士相思相愛な感じで終わっているのもポイント高いです♪