魔法少女リリカルなのはコミックアラカルト 〜エース・オブ・エース編〜

百合度★★★★☆(4.5)

「魔法少女リリカルなのは」初の…というわけでは実はないのですが(笑)、角川書店からは初の、魔法少女リリカルなのはアンソロジーです。
学研の「魔法少女リリカルなのは 公式コミックアンソロジー」の紹介はこちら
メディアやシリーズによって百合度にバラつきがあるこの作品ですが、今回も前回に引き続き、アンソロジーの百合度はかなり高いですね。
原作どおり、登場するのは女子キャラばかりですし、それに加えて今回は戦闘シーンや新しい設定やキャラの追加描写などがない分、女子同士のやりとりがメインになり、自然に百合ネタも多くなっています。
同人誌でも「なのは」の本を出されている方も多数執筆されているので、「なのは」に対して愛があるなぁと感じる作品も多いですね。

イラストではお馴染み河南あすか先生、藤拓哉先生、緋賀ゆかり先生、狗神煌先生のカラーイラストも掲載されていて豪華です。

以下全話詳細を。
・ねことうふ 百合度★★★★☆
ちっちゃくなったなのはを可愛く思うフェイトが、「このままでいいと思うよ!」とハートマークを飛ばしていたり、ビデオカメラで愛らしい姿を撮影してしまったり、ヴィヴィオと3人で一緒に眠ったり、ちいさいなのはを愛でることを満喫するフェイトが良いですね。

ねことうふ先生は前回のアンソロジーにも参加されていましたね。「なのは」の同人誌もたくさん出されていますし、これは出版社のしがらみではなく、純粋に「なのは」好きだから参加出来たのでしょう。

・茶のみ童子 百合度★★★★☆
ヴィータ×スバルの師弟愛がそれ以上に見えます(笑)。

・わき 百合度★★★★☆
温泉で、おっぱいを小さくする妖怪に遭遇し、おっぱいが小さくなってしまったシャマルやシグナムを見て、「数少ない自分の楽しみが…これからどうして生きていけばいいんだ」などと嘆くはやてを、元から胸がない(涙)ヴィータが体を張って守ってあげるお話。

・月島マコト 百合度★★★☆☆
ノーヴェがチンク姉に可愛いメイド服を着せたりネコミミにまでさせようとしたり、独り占めはずるいとセインとウェンディまでやってきたり、チンク姉の可愛い接客態度を皆で観察したりするお話。

・滝乃大祐 百合度☆☆☆☆☆
ノーヴェたちが家族になるお話。

・榊蒼十郎 百合度★★★★★
待ち合わせに来たティアにスバルが寂しがって抱きついたり、寝る時も一緒のベッドでティアに密着して離れなかったり、チョコポットをお互いにアーンしあったりラブラブな様子に、周りの女子達も2人がそういう関係だとすっかり思って赤くなってしまうものの、その想像はあながち間違いでもなかったというお話(笑)。

・若林まこと 百合度★☆☆☆☆
シャマルがヴィヴィオに自分のことを思い出してもらおうとする話。

・つかもとたかし 百合度★★★☆☆
女の子もいける子になったヴィヴィオが、実際に更衣室でリオを妖しく攻めてしまったり、アインハルトがヴィヴィオとエッチすることを想像して赤くなってしまったり、アインハルトが婚姻届を持ってヴィヴィオと結婚しようと、菓子折りを持ってなのはの元に駆けつけたりするお話。

・おだまさる 百合度★★★★★
早朝アインハルトを呼び出して、2人きりのシチュエーションを望んだヴィヴィオが、なのはとフェイトの関係のようにもっと深い仲になりたいと告白するお話。
やりとりの一部始終を見られて、恥らうアインハルトが可愛いですね。

・幸ましろ 百合度★★★☆☆
フェイトママがヴィヴィオにぞっこんなお話。

・つんぷん 百合度★★★★☆
アインハルトのためにヴィヴィオが一生懸命作ったクッキーはしょっぱくなってしまったものの、それは汗まみれのヴィヴィオのような味だとアインハルトも美味しく食べるお話(笑)。

・稀周悠希・黒井みめい 百合度★★★★☆
後輩の指導の仕方に悩むフェイトを、なのはが助言してあげるお話。このお話は良いなぁ。

・河南あすか 百合度★★☆☆☆
スバルが、ティアがお風呂に入ってるところを撮った写真を持ち歩いてるのが何気にすごい(笑)。

タマゴルビー 百合度★★★★★
なのはとフェイトが、自分達の膝で眠るヴィヴィオを眺めながら、昔の事に思いを馳せ、目の前にいるお互いが大切な人であることを確認して2人で赤くなったり、ヴィヴィオがなのはがママになってくれた日のことを忘れないと抱き合ったりするお話。カバー下漫画なんですが、良い雰囲気ですね。

タマゴルビー先生も、前回のアンソロジーに参加されていました。やはり「なのは」の同人誌をたくさん出されている方です。


雑誌に掲載された作品はほんのごく一部で、大半の作品の内容は事前には分からなかったので私も買ってから確認することになったんですが、今回は百合な作品が多くて良かったです♪

映画のBDも11月に発売されるらしいんですが、こちらも楽しみですね〜。