おしおきっ!
(かぐらゆうき)
百合度★★★★★(5.5)

勉強も運動も平均点のヒロイン湊が、なんでもトップで生徒会長もやっている憧れの紫苑に付きまとうようになるものの、憧れの生徒会長さん紫苑(♀)はメガネを外すと実はドSで…でも主人公湊(♀)はMに目覚め始めてしまい、戸惑いつつもどっぷりとハマっていくお話です。
こちらに試し読みページが。

かぐらゆうき先生は、以前「ねこみみ学園よろずや」という4コマを紹介したことがありますね。あれもわりと百合度高かったですが、今回はさらに高いですね。

描き下ろしでは2人がさらにラブラブしている姿が見れて良かったです♪
「これから犬として私に仕えなさい」と高飛車に命じる紫苑に、首輪をかけられる夢まで見て、禁断の喜びにドキドキしてしまう湊が良いですね。





しかし電柱はまずいでしょう(笑)。

おしおき部屋から出てきてうっとりしている湊と、一方ガクガクしているちとせ、一体何をされたんでしょうね(笑)。

ダンスパーティの時男たちから誘われても、紫苑が選ぶのは湊なのが良いですね。



ポッキーを両端から食べあって湊がラブラブですが、相手が紫苑じゃかったのは惜しかった…というわけでまたお仕置きプレイに♪


その後口直しに(?)と紫苑ともポッキーを食べて、さらにキスまで…でもこれは湊の妄想だったのでした(笑)。



風邪のお見舞いに来た時は、女子同士ちゅーして治そうとして楽しい展開ですね。

その後(結果的に)添い寝をしてあげる事になった紫苑は、湊にぎゅっと抱きしめられ「好き…」と告白され…?


付かず離れずの関係がいつまでも続くかと思いきや、紫苑は名前で呼ばれるようになって以来、湊とちょっと触れ合うだけで赤くなったりして意識するようになってしまいます。
「それまでも好きな事は好きだったけど、今とは違う好きでもっと好きになったというかっ。…でもこれまでは事あるごとにおしおきばかりしていたから、これからどう湊に接すればいいのかわからないし…湊を傷つけていたかもしれないって思うと…っ」と告白しようか迷う紫苑。しかししっかりそれを聞いていた湊は「…私は傷ついたりしてませんし、紫苑におしおきされるの大好きですっ!!」とマゾ宣言…じゃなかった告白に応えます。

それを聞いていた紫苑は、「わっ私は湊のことが…だ…大好きです…っ」とちゃんと告白。「湊…」「紫苑…」と2人は見つめあい、ラブラブエンドでした。

巻末の描き下ろしでは2人がデートしてる後日談が♪
ガチちゅーまでしてほんとにラブラブですね。

カバー下でもガチチューを…してますがこれは湊の妄想。でも紫苑が膝枕をさせてあげようとしたり、湊が胸に顔を埋めておっぱいまくらで眠ってしまうのは現実ですね。


おしおき部屋で湊やちとせが何をされているのかは最後まではっきり描かれてなくて、これは一般誌の制約ということもあるんでしょうけども、逆に面白い効果になっていますね。純愛が好きな人はたいしたことはしてないと解釈すればいいし、1対1の恋愛が好きな人は湊にだけはエッチな事をしていてちとせにはたいしたことはしていないと解釈すればいいし、過激なスキンシップが好きな人は湊にもちとせにもすごいえっちなことをしたと解釈することも出来るわけです。

百合的にはこれ以上ないくらい鉄板でしたので、安心して買える作品ですね。
「ねこみみ学園よろずや」は掲載誌が掲載誌だったため裸シーンがバンバン出てきましたが、今回はきらら掲載ということで直接表現は控え目。でも前回に引けをとらない妖しさがあります(笑)。
ヒロインがマゾに目覚めていく過程…じゃなかった、紫苑に惹かれていく様子がたまらない作品でしたね(笑)。

「ねこみみ学園よろずや」の紹介はこちら。