オトメの帝国
岸虎次郎
百合度★★★★★(5.0)

「マルスのキス」や「MAKA-MAKA」で百合好きにもお馴染み、岸虎次郎先生の最新作!
雑誌掲載時読んでいてもめちゃくちゃ良い作品だと思っていたんですが、改めて読んでみるとこれが、死ぬほど良かったですね〜。
既に百合好きの間ではかなり話題になっている作品なのでご存知の方も多いのではないでしょうか。試し読みページがこちらに。全然知らないという人はまずは読んでみてくださいよ。

発売以来かなり品薄状態で、注文も入れられない状態が続いていたんですが、なんとかまた在庫が復活したようですね。
まだちょっと品薄状態は続いているようで、かなり人気があることがうかがえますが中身を見ればそれも納得すると思いますよ。百合クオリティ高い!
この作品は森永みるく先生も欲しがってらっしゃったんですが、さすが岸虎次郎先生ですね。森永みるく先生もお目が高い!
公式サイトの紹介を引用しますと…
かわいくって好奇心旺盛。やかましいけれど憎めない。欲望に忠実なイマドキ女子高生の不思議な生態を、ちょっと覗き見してみます?新たな時代の先端をいく'10年代ティーンたちの、波乱に満ちた日々を描くセキララ百合コメディ!!
女子高を舞台に、女の子たちの赤裸々な日々を描いた群像コメディですね。完全に百合がテーマと決まっているわけでもないので、腐女子ネタが一本入ってますが、1巻では百合ネタじゃないのはそれくらいですね。男絡みの話もなかったです。

市ノ瀬とか浅水、ちえや亜衣などは普通にガチ百合少女っぽいですね。しかしそうでない子もナチュラルに女子同士好きあう展開になりそうで、こういう境界線の境目が分からないようなところが逆に良いんですよね。

別に実話の体験談を漫画化したものというわけではないんですが、女子高生達がすごくリアルに描かれていて、思わず「実話?」と思ってしまう作風ですね。「ゴクジョッ」というか先日紹介した「女の子のナイショの話」に近いものがあるかもしれない。

暑くて女子高の教室でブラまで取って涼んでいた美好に、扇いであげていた綾乃は見えてる乳首を触りたくなってしまい実際触ってしまい、「冷たくて気持ちいい」と満足してしまいます。
美好と綾乃はその後もいちゃついていて、理科室でセックスごっこも

ふざけているつもりだったんですが、しっかり濡れてしまって、やっぱり感じてしまっていたのが可愛い♪
「放課後の誰もいない廊下」だとお互いにシチュを確認しあって、服をまくって身体を見せたり見られて興奮してるのもドキドキしますね。
保健室で寝ている綾乃に「美好だったら許しちゃうよ…」と許可をもらったとはいえ、ブラをずらして乳首まで摘んでしまう美好きも良いです(笑)。

プールの回ではシャワー通路でお互い脱がせあって、おっぱいをくっつけあってじゃれあうことに♪

お正月にもはしゃいでお互いの身体にペイントしまくった後、一緒にお風呂に入って美好のおっぱいを触りまくる綾乃は、ほんとに美好のおっぱいを直に触るのが好きなんですね。おかげで1巻では巻頭も巻末も、綾乃が美好のおっぱいを何気に触るシーンになってしまいました(笑)。

亜衣のことを嫌いだと思っていたちえですが、チラッと見えた亜衣の胸に欲情してしまい、その胸を見たい、触りたいと思うようになり、触りっこをするためにまずはと相手に話しかけ以後おっぱいを触ろうと迫る事に。

しかしカラオケボックスで2人きりになったら「胸触らせてくんないかな」と申し出られ、立場が逆になった上激しい展開に(笑)。

プールの回では、相手が脚が細いことや胸が大きい事など、対照的なお互いの身体を確かめながらも、お互いのアソコも何気に触ってしまいます。
他の女子とも仲良くしているのを見て嫉妬した亜衣のため、こっそり乳首も見せてあげたり教室のカーテンの中で胸を触らせてあげるのも良いです♪

文芸部の清楚な少女浅水先輩がかがんだ際に見せた胸にドキンとしてしまい、先輩のことをそれまでとは違うイメージで意識するようになる市ノ瀬さん。
部屋に入った目の合った浅水先輩が股間に手を突っ込んでいて、ひとりHをしていたのではと恥かしがるものの、浅水先輩は蚊に刺されて薬を塗っていただけと言われ、しかし薬を塗ってあげることに。股間を間近で見てドキドキして、その夜は浅水先輩と同じように夜も裸で寝ながら、浅水先輩のことを悶々と考えている市ノ瀬さんも可愛いです♪

真面目な生徒会長小野田さんはエスカレーターの下から見上げた際、少女のパンツが見えてしまって欲情してしまい、顔を確かめて美人だと知って「すっごいかわいい子のおしり見ちゃった!わたしってラッキーだわ♪」と満足したりして、性に対する興味津々♪
可愛い女の子の着替えが見れなくて、プールのためだけにコンタクトレンズを買おうとまでしたり、ゴーグルだと近眼のほうが水中でよりよく見えると潜ったまま、女子の体を観察してプールの底でずっと沈んでたら、溺れたかと思われてしまうのも面白い(笑)。

カメラっ子のミチルは相棒の愛里にモデルをやってもらって、セミヌードも撮ったりするんですが、脱いで撮ってもらう愛里も、自分の姿を芸術品だとまで言ってもらって、エッチな写真を撮ってもらうのが本当に嬉しそうなのが良いですね。2人で撮影してるのを見つかってフィルムを没収されそうになった時は、愛里の方が逆に泣き出してしまうほどです。

撮影の後は労をねぎらってキスもしてあげてラブラブです♪

茉莉と優はなんとSM友達!

パンツ半脱がせプレイを指示されても逆らえない…どころか忠誠を見せたくて自分から脱いでしまうこともあったりしてドキドキな関係ですね。


女子高生同士、じゃれてるうちにエッチなスキンシップもいろいろしてしまって、急に意識したりする描写がたまらない作品ですね。エロいこともするし恋心に近い感情も抱くんだけど、それが自然に描写されているのが素晴らしかったです♪

毎回のことではありますが、岸虎次郎先生の作品はクオリティ高いですね。この作品を執筆する直前に病を患って大変な状況の中での執筆活動だったと思うんですが、クオリティは全く落ちていないのはすごいとしか言いようがないです。
皆さんもきっと気に入ると思いますよ~♪

岸虎次郎先生は2年前から腎不全を患われており、この作品を執筆する時も透析を受けながら執筆されていたんですよね。
大変な状況の中で描いた作品なはずなんですが、これが全然クオリティが下がってなくて、それどころかむしろいつも以上にクオリティが高いようにも感じられるのがすごいですね。
今回の地震で岸虎次郎先生の安否も気になったんですが、幸いにもご無事だったようです。
今回の地震では、百合好きの力強さを改めて実感しましたね。繊細な人が多いはずなんですが皆タフさも持ち合わせている!
この強さがあれば、今回のような未曾有の日本の危機にも百合ジャンルは途絶えることなく、力強く生き残っていくことが出来るんじゃないかと思います。

…とかなんとか先行レビューの時に真面目に書いていたんですが↑、単行本読んでる間は正直地震のことも透析のこともすっかり忘れてしまっていました。すいません。(^^;
何か不安なことを全部吹っ飛ばしてくれる力をこの作品を持っていますね。いや〜この作品は百合的にもエロ的にも破壊力すごいわ(笑)。

「マルスのキス」&「MAKA-MAKA」の紹介はこちら。
「i.d.」の紹介はこちら