百合アンソロジー dolce

百合度★★★★★(5.5)

エンターブレインから出た新しい百合アンソロジー、めちゃくちゃクオリティ高かったですよ!公式サイトはこちら。
商品ページによると…
迷い込む新たな百合の園
「百合」をテーマとした新しいアンソロジーコミックが誕生。
執筆作家:なもり、小梅けいと、ひびき玲音、茉崎ミユキ、加茂、真西まり、ナヲコ、ベンジャミン……etc.
甘くて儚い物語をお届けします。
というわけですさまじく豪華な作家ラインナップなんです!!!

女子同士のキスシーン多し!
あちこちでちゅっちゅやってて目の保養にもなりますが、クライマックスシーンに持ってきていることも多いのでどのキスシーンも印象的で素晴らしいです。

ちなみにどの作品も、男性は全く絡んでないですね。男性が登場する百合が苦手だという人も超安心してください(笑)。
登場するのは女子だけで、短い読み切りの中にこれだけ深い関係性を描いていることに驚きです。

百合好きなら誰でも知っているような豪華な作家さんは普段以上に魅力的な作品を描いてくれています。
しかしそれより驚いたのが私が知らなかった作家さんの作品のクオリティの高さ!作家さんサイトを見ても漫画を描く技術が高いことや百合属性が強いことはわかると思うんですが、百合サイト運営してる私から見たら、なんでこんなすごい作家さんたちを見逃していたんだと恥ずかしくなるくらい素晴らしい作品が掲載されていました(笑)。

・表紙&イラスト(なもり
なもり先生の表紙絵、がクオリティが高いのは相変わらずのこととして、女子同士無邪気にいちゃいちゃしてる様子がたまらないですね〜♪
なもり先生は表紙絵だけだろうと思ったあなたは甘い!(って私もそう思ってたんですがw)なもり先生のイラストはカバー下にもあるのです!さらにあとがきにもカット絵が。どちらも、天使が寄り添ってるような無垢で愛らしい百合イラストですね。

・カラーイラスト(ひびき玲音
あとがきコメントによると「眼鏡が曲がっていてよ?」というテーマで描いたイラストだそうです(笑)。
「マリア様がみてる」や「百合姫」の表紙でもこんなに百合度が高いのは見たことがないんじゃないかと思うほど百合百合しいです(笑)。
何度か言ってると思いますがひびき玲音先生、本当に百合を描くのがお好きなんですよね。その気持ちは昔より今の方が強くなっているようにも感じます。

・「デュエット」(茉崎ミユキ
バレエしてる少女が、相手の少女としかデュエットしたくないから主役を断っちゃって、その後2人とも世界で通用するバレリーナになることができて女性2人でデュエットしちゃうお話。

バレエ百合!そうなんですよね〜バレエ習ってる女の子たちって体のラインがよく見える格好で密着して柔軟体操してたりして、端から見てるとすごく百合百合しいんですよね。
しかしバレエ百合漫画がそんなにたくさんないのは、やっぱり主役の子は男相手にしなきゃいけないからかもしれません。群舞の女の子たちの方が百合っぽく見えることはよくありますね。この漫画ではそういうリアルな葛藤も含めてとても上手く描かれていました…というか私はまさにこういう漫画を読みたかったんだよ!(バンバン!)

・「百合星人」(真西まり

2ページ目からいきなり「ねーよ!」とつっこみたくなる作風ですね。真西まり先生はなもり先生のアシスタントだっただけあって、ものすごくなもり先生テイスト満載です。パっと見、あれ?なもり先生漫画も寄稿してるじゃん、と思ってしまったくらい。ゆりゆりの一編という感じですね。しかし楽しくて百合度も高いのでこのままで全然OKです(笑)。

・「風邪、その後に」(水瀬るるう

ルームシェアもしようとしていたくらい相手のことを思っているヒロインが、風邪のお見舞いをしつつ、相手の子の着替えや体を拭くのにドキドキしてしまうお話。切ないながらもエロい!エロいっすよ!

・「離れられない世界」(飴沢狛
双子百合は確かに良いですね〜。がばちょと胸に顔を埋めて「菫がいないと生きていけないよぉ」と泣きじゃくる可愛い黄子と一緒にいるために他の人との恋愛を一生諦めた菫ですが、続きがあれば是非「さようなら私の恋心」の続きの「こんにちは私の恋心」を描いてほしいですね〜。もちろん相手は黄子ということで(笑)。トーン使わずかけあみだけで可愛い絵柄描いてる作風もすごい。

・「乙女さんと少女ちゃん」(ナヲコ
ナヲコ先生の百合漫画はいつも独特な雰囲気があるのが好きですね〜♪
自分を繕って偽りの自分を周りに見せる乙女ちゃんですが、その相手がみんな自分と同じ女の子というのが良いですね。で、その中でも一番気になる女の子に自分の綺麗で恰好良いところを見せようとするもののその子の前だけではどじばっかしちゃって、でもそんな乙女ちゃんが相手の子は可愛いと思って相思相愛なエンドも清々しいですね。

・「境界線」(たまつー
親友といつものように遊びに行く際「デートしたいな」と言われたことから、急に意識してしまうようになって、でもそれを受け入れるヒロインが良いですね。絵柄も可愛いし意識する様子も可愛いです♪

・「ヒミツのトビラ」(ぴかち
元々女の子のことを友達としてではなく恋愛対象として好きで、それが原因で女子からさけられて友達もいなかった湧に、そのことを承知で近づきたかったちひろは試して最初に確かめてしまおうといきなりキスをしあって自分の感情を確かめるものの、やっぱり湧のことが好きでそれどころかそういう行為自体にもハマってしまうというお話。キスをした後で嬉しそうな湧の表情をみて彼女の扉を開くことに成功したと感じるちひろは、自分自身のヒミツの扉も開いてしまったと感じるのでした♪
細かい理屈抜きにしても女子同士ちゅっちゅしまくりな展開が嬉しすぎる♪


・「綴る秘め恋い」(百合原明
「つぼみ」の百合原明先生の作品とは全然違う、しっとりとしたお話ですね。
おばあちゃんが死んだことを知らずに年賀状を出し続けていた女性が気になって彼女の元へ訪れたヒロインはそこで若く美しい女性と出会い、おばあちゃんのことをどうやら好きならしいことをヒロインは気づくのですが、面影のあるヒロインに彼女はキスをしたかと思ったら…。
2人とももうこの世にはいなかったっぽいラストが印象的ですね。

・「いずみの選択」(水本正
寝てる間にお腹に落書きしたり、常に究極の二択を迫ってくる親友の鳴美子が楽しい♪しかしある日「友達か恋人かどっちを選ぶか聞かれて「どっちにしても鳴美子しか選べないよ」と答えたことからなんだかこっぱずかしい雰囲気になっちゃって、でも鳴美子とキスをしたら…と想像しても嫌じゃないいずみが良いですね。

この表情めっちゃいい!そう言いつつ本当にキスをしてしまって、お互い照れてる様子も良いです♪
・「サリニティガール」(ミズタマ
ミズタマ先生も作中の中に百合要素をよく入れてくる方なんですよねー。そんなミズタマ先生の作品が今回は丸々一本百合!
ボーイッシュで恰好良い麻琴とお姫様のように可愛い美月は女子たちにも憧れられる演劇部員だったけど、実は麻琴がボーイッシュだったのは美月とつりあうためで…というお話。
最後は演技でなくお互い素顔をさらけだしてキスを交わす展開が良いですね。

・「ワガママなセカイ」(渡まかな

女子高生時代にコンビニで女子高生同士がキスしてるのを目撃した実話体験を元に作品にしたって…それは確かに羨ましすぎる体験だ(笑)。作品にもそんな甘酸っぱさが漂っていますね。仲の良い女友達同士が、胸揉んだら相手が貧乳だから肋骨にきたと怒ってくるやりとりとかも楽しいv

・「嘘吐きシガレット」(やまもとまも

たばこを隠れて吸ってる悪いルパン少女に、キスをして舌まで入れてたばこの味=自分とのキスの味という印象を刷り込ませ、その後意識してたばこが吸えなくなって代わりにちゅっぱちゃっぷす舐めてたらそれも抜いてまたキスをしてちゅっぱちゃっぷすまで自分で舐めてしまって、ルパン少女を確実に自分の元に囲い込む銭型風紀少女が敏腕すぎますね(笑)。

・「LisBLanc」(黒井みめい・稀周悠希
この方も作中に百合っぽい展開をよく入れてくるので注目していた作家さんなんですが、百合アンソロジーに初参加されることになって嬉しいですね。
小物屋をの女性店員にお客の少女が惹かれて…というお話。お互い気があるのにそれを表に出さないように振る舞っているところが可愛いですね。

・「告白」(ささきあきら
「私が告白したらどーすんの?」「そんなのOKするに決まってるじゃんー」などと軽いやりとりをしていためぐとユーキ。しかしめぐが自分とユーキのことを小説にしていたことからその気持ちが冗談ではなく本気だということがわかり…というお話。震える声でいいわけをして逃げるめぐに、自分も好きだという気持ちが本当だということを伝えるために、キスをしてあげるユーキが良いですね。

晴れて気持ちが通じあった暁には再びキスをして気持ちを確認しあうエンドもラブラブです♪

・「The pase of two」(MATSUDA98
仲の良いもかとちの。もかは慕っている先輩がいて彼女のことの方が好きなんじゃないかと嫉妬するちのですが、最後には赤くなりながらもキスをしてあげ、自分が一番好きなのはちのだと教えてあげるのが可愛いですね♪

・「放課後トイレ妖奇譚」(ベンジャミン
これだけ第2話と書いてあるので前回amaroの続きっぽいですが、公式サイトで第1話を無料公開しているので全部読めますね。
あかなめ少女の長い舌にキスをしてあげ、体中舐めさせてくれるパティに、あかなめ少女もメロメロなのでした♪

・カラーイラスト(小梅けいと
触覚同士で絡んでるのがミソとのことですが、裸に近い薄い衣装で体を絡ませあってる様子も良いですね〜♪

・カラーイラスト(加茂
ブルマ娘×2の百合イラスト♪

・カラーイラスト(みずのもと
左の生け贄少女の首筋には右の白いカーミラ娘の噛み後があるから2人とも吸血鬼になっちゃったっぽいイラスト?髪と胸元も堪能してるカーミラちゃんが良いですね(笑)。

・カラーイラスト(ソウマトウ
幼女がアイス舐めあってるイラスト。ひとつづつ買えばいいのにわざわざダブルにして舐めあってるのが良いですね(笑)。

・カラーイラスト(八色
弓道娘が後ろから抱きついてるイラスト…と思ったら後ろの子の左手が前の子の袴の中に入ってる!なんちゅうエロいイラストだ(笑)。

・カラーイラスト(しらび
教師×女生徒が校内で人目を忍んでいちゃついてるのが色っぽい。

参加作家さんで、献本が届いたけど皆クオリティが高くて自分のが載ってるのが恥ずかしいってツイッターで仰ってたのは誰でしたっけ…確か何人かの作家さんがそんなようなことを言っていた記憶があるのですが、クオリティが低い作品なんてひとつもありませんでしたよ!言ってたのが誰だったのか忘れてしまうほど(笑)。強いて言えばどの作品も素晴らしかったんで、今後のライバルは「百合アンソロジーdolce」に載った自分自身の最高傑作との戦い、ということになるんじゃないでしょうか(笑)。

表紙が表してるように、絵柄は萌え系なんですが女子同士の関係は表層的で薄いものではなく、ちょっとしたやりとりやキスの中にも深い関係性が感じられる作品集でしたね。

「ひらり、」とも「百合姫」とも違う感じで、百合アンソロジーの新しい頂点を築いたと言ってもいいんじゃないでしょうか。

公式サイトによるとこの「百合アンソロジー dolce」は、今のところ「amaro」リニューアルの一翼を担うテーマアンソロジーコミックのうちの1冊のようですね。まだ連続刊行の予定はない?
しかしこれだけ豪華なラインナップが集められるのはすごい!是非百合をテーマにしたアンソロジーも続けて出て欲しいですね。そのためにはまず売れて欲しい!
超応援したい百合アンソロジーですね♪