つぼみ VOL.20

百合度★★★★★(5.5)

つぼみ最新号は広江礼威、おちゃ、野茂先生が初参加。今回参加されてるのは芥文絵麻友紗央里玄鉄絢鈴菌カリオ森永みるくあらた伊里吉富昭仁袴田めら百合原明須河篤志一花ハナ大朋めがねおちゃはみのん野茂広江礼威の各先生方。
こちらに試し読みページが。

今回はベテラン作家さんの作品も安定していたし、新人作家さんの読み切りもクオリティ高かったし、充実した内容でしたね〜。

・「たゆみなく生きよ」(芥文絵
芥文絵先生は久しぶりの参加ですね。意外にファンが多い方なんです。久しぶりの参加作品はすごい絵が緻密になっていました。前回載ったときは絵柄がちょっと弱いかなぁという印象だったんですが、かなり力を入れてきましたね。
付き合いはじめ、同棲しはじめたばかりの頃はお互いに幸せいっぱいだったうたちゃんとちなつ。
しかし1年が経ってその気持ちが薄れかけてきて、うたちゃんは自分のふわふわな髪の毛がタイプなだけだったんじゃないかと心配して髪の毛を思い切って短くしちゃったり、それに気づいたうたちゃんが、ちなつがちっとも楽しそうでないことにも気づいて自分も暗くなっちゃったり、うたちゃんが他の女の子と一緒にいるのを見てちなつの不安はますます募っていきますが、その不安な気持ちを打ち明けたところ、うたちゃんは涙を流して泣いていて、自分と同じ不安な気持ちを抱えていることに気づくのでした。

涙を流した後は不安についてではなくて、改めて「家族」として一緒に生きていくことの大切さについて語りあって、幸せの涙を流す二人が良いですね。

・「Chou Chou」(麻友紗央里
今月の白眉。これと芥文絵先生の作品のためだけでも今月のつぼみは買う価値あり!
女だけしかいない惑星リリスでは、女子同士で子どもを作るのも余裕。しかし帝相のミケネコが趣味でその星の女性をマッチョだらけにしてしまったことから、王女アメユキは好みの自分みたいに可愛い女の子がいないから子作りの相手がいないとだだをこね、少子化は問題だからと王女は子作りの相手を見つけるために地球に降りてくることに。
流れ星を見て、「万札が降ってきますように」と願う地球の女の子みぃ子はゲンキンな性格…と思いきや、両親を失って幼い妹と二人での生活に困っていたからということで、いじらしい性格…という要素よりも可愛い容姿に惹かれて王女は彼女と子作りをしたいとSEXしてくださいよろしくお願いしまーすとストレートな求愛をして、1億でも2億でもくれるという王女にみぃ子も納得。

初めてする女性とのセックスにドキドキしてる様子がエロ可愛い♪そんな中ドアガチャで入ってくる妹ちゃんの笑顔が無邪気で焦る(笑)。
しかし妹ちゃんも家族がいっぱい出来ることを嬉しがって、そんな妹ちゃんのためにもみぃ子は王女とセックスに励んでいっぱい子供を作ろうと決心するのでした。

描かれているお話はここまでですが、その後妹ちゃんの前で王女と女子同士セックスをするお姉ちゃんの姿とか、子供を産んだ後の王女の姿まで私は想像してしまいました。女子同士でした行為とはいえ、経産婦の女子は萌えるものだろうか?(笑)
相変わらず可愛くて繊細な作風そのままに今回は思いっきり展開がはじけていて、ギャグありHあり、展開もオリジナリティ溢れていて最高でした♪
こういう新人さんがいるなら百合ジャンルの将来も安泰だ!麻友紗央里先生はつぼみだけじゃなくて今後の百合ジャンルを引っ張ってくれる方だと思いますね。

・「ひみつのレシピ」(森永みるく
久々の復帰。待ってました!
合宿でやらかして以来しゅんとしてしまい、部活に出てこなくなってしまった若槻。料理部にはもう他にもたくさん部員は増えたものの、部長は若槻のことが気になってしまい、なんと家庭訪問!
そして相談してあげる部長と、好きな女の子とヤ(告)れる、ヤ(犯)れないの問答の後、ヤれると言い張る部長は自ら若槻にキス!うおおお!

された後の若槻の表情がたまらん!!!
楽しくて可愛くてドタバタしてて切なくて女子同士の関係の熱い、百合表現の中にあれこれ詰まってるみるく先生節が炸裂しております!!!

・「ふたり」(大朋めがね
久々の本誌復帰。「桜色コンプレックス」じゃなくて完全新作なんですね。

皆がいる前で股間に足先を入れてしまう恋人がエロい(笑)。
その後自然に家に遊びにくるものの、着てる服がダサいからダメだしって…しかし確かにダサいな(笑)。ダサい服描くのも上手い(笑)。
そして最後は着替え中の相手の子を押し倒して、ドキドキしながらキスも誘って…。
大朋めがね先生はめちゃくちゃ少女漫画な作風で百合を描けるからすごいですね。ご本人男性って本当でしょうか?男性でこれが描けるって信じられない。シンプルだけどめっちゃ良かったです!
・「花と星」(鈴菌カリオ)
最終回!キスをした翌日、二人が意識しまくりでカチコチなのが初々しい♪
船見先輩、髪の毛切ったくせに全然星野さんのこと諦めてないんだ(笑)。脇チラがまぶしい(笑)。男までまだ諦めてなかったとは(笑)。しかし体育の授業で打ち合う2人は幸せオーラ出しまくり♪(星野さんは両利きなんだ…笑)

授業の後星野さんは花井さんを後ろから抱きしめて髪の匂いも嗅いでラブラブ、扉絵では二人でウエディングドレスまで着ているのでした♪

・「ベツキス」(百合原明
新キャラのヴェロニカは明らかに危なそうな銃を持って襲ってきてるのにそれには動じず米の心配をしているひかりが肝が据わってますね(笑)。対してエイプリルは自分が体液だけではなく、血も吸って人間を吸血鬼にしてしまう性質を持っていることをひかりにばらされてびくびくおどおど。女子同士の三角四角関係に加え、エイプリルが過去に誰かを吸血鬼にし、今後も吸血鬼側の人間を増やす可能性もある、先の読めない展開になってきました。

・「マイ ファースト 星川」(玄鉄絢
観月が湊先生の面影のある姪っ子ちゃんと結ばれそうな雰囲気も漂っているように感じたのは私だけ?続きがあったらそういう展開もありそうに感じてしまいました。

・「総合タワーリシチ」(あらた伊里
謹慎明けのカンナは、一応自分が悪かったことはちゃんと理解できたようで、先生も謹慎処分にした甲斐もあったというものですね。100パーセント悪かったのに9:1だとか8:2言ってるのがまだ少々往生際悪いですが(笑)。悪かったと思ってもじもじしてるカンナを察したガングロもばちんとカンナの顔を殴って「おあいこ!」って2人の気持ち的には良かったかもしれないけど、カンナは鼻血もぼとぼと落ちてるようだし、先生に見つかったらさらに重い停学処分が下ることを考えると、これは結構怖いシーンだ(笑)。
トイレの個室に閉じこめられたカンナは扉と一緒にガングロまで蹴飛ばしているしついには悠までカンナに理不尽な暴力を振るうようになって、この漫画、どうしてこうなった!暴力的すぎますwしかしカンナをごすと叩いた悠は赤くなっていて彼女なりの愛情表現らしい…SM百合か!ガングロを含め3人の生徒会長がいるというこの学校の真実とは!?単行本が12月に発売!

・「エデンの東戸塚」(袴田めら
日吉さんが恋人いる宣言した相手の弓美先輩があっさり登場して、しかもそれがいつも日吉さんの登場の仕方と同じ、壁の穴から菊ちゃんのぱんつ覗きながらというのが笑えるw
二人は会うなり恋の火花をちらして嫉妬でめらめら。どうせ恋人ごっこでしょ!といきなり牽制する菊ちゃんに、ずっと一緒にいたしリボンも結んであげたし今もいちゃついてるから恋人同士だと言い張る弓美先輩ですが、「恋人同士って何するんでしょうね」などと日吉さんが言い出して菊ちゃんは「ぷーっ!傑作!」とご満悦(笑)。振り回されてるのは菊ちゃんだけかと思ったら、弓美先輩も意外と大変そうですね(笑)。
夕飯なんか知らないっとつれない菊ちゃんですが、いきなり先輩が取り出したずわいガニにつられて、つい夕食も一緒に食べることになってしまうのでした。女子同士食材や料理に餌付けされあう展開が多いですね(笑)。
その後恋人同士は何をするのか気になる菊ちゃんは漫研の先輩にアドバイスを受けるのですが「まあとにかくセックスでしょうな」とストレートな答えをするツナ先輩に、日吉さんが弓美先輩におっぱいを揉まれセックスをする姿が脳裏に浮かんでパニックになってしまう菊ちゃんが可愛い♪

日吉さんは自分じゃなくて弓美先輩を選ぶんじゃないかと気にしてたところ、抽選会で一発で温泉1泊2日旅行を当ててしまう日吉さんが、弓美先輩のことなど眼中になくて自分と一緒に行くことを選んでくれて、嬉しくてたまらない菊ちゃんなのでした。
次回は1泊旅行ですから夜のムフフな展開もあり?弓美先輩がこのまま引き下がるわけもなさそうなのでその辺も楽しみです(笑)。

・「じょしけん。」(のん)
文化祭でメイド喫茶をすることになった吉住さんたち。こがねちゃんももちろんメイド服を着せられ吉住さんに可愛いと誉められるものの、吉住さん自身は着ぐるみを着せられることになってしょんぼりしているのでした。一方可愛いもの好きだけど容姿は格好良いななぎさはメイド服かはたまた執事姿か…と皆が想像していたところ、結局彼女は裏方で普通のシャツを着ていただけだったのでした。
Webの方はよく更新されるんですが、本誌に載るのは2話目ぐらいじゃないですか?意外に登場するのが珍しい方です。単行本が12月に発売!

・「神さまばかり恋をする」(一花ハナ)
まじで通りすがりの陸上少女千佳に恋しちゃった(!)コトリはせっせと彼女に会いに行きいろいろ彼女のことを聞き、ますます興味津々な様子なのを見て聡香には「コトリに捨てられちゃう〜」とふざけて悲しがられるのですが…おいおいふざけてる場合じゃないよ(笑)。その夜コトリは、自分と千佳に結びつけた糸が、聡香にも結びつけたところ消えてしまう夢を見て、ひとりで複数の人と縁を繋ぐことはできないことに気づくのでした。

・カラーイラスト(広江礼威
学ラン応援団女子がチアガールをひとりリフト?パンチラしてますがチアガールの女の子のパンツは見せパンだから良いのでしょう(笑)。勢い余ってジャーマンスープレックスしてしまう学ラン子が大胆ですね。

・「手乗り刑事の品格」(おちゃ)

手腕は良いちびっこ女性刑事が、犯人の女性の色仕掛けに悩殺されて女体の神秘に目覚めてしまう様子が楽しい♪

・「しまいずむ」(吉富昭仁
28話。あきらの家で大浴場に入る遙と芳子はお互いすっ裸でももはや全然抵抗ない親しい間柄ですね。こちらはちょっと意識してるあきらとマリ…と思ったらあきらが思わぬ形で告白することになってしまい、急に裸をさらしてるのが恥ずかしくなるマリ。逆に呆然としてしまって、胸も股間も隠すのを忘れてマリの前に立ちつくしてるあきらも可愛い(笑)。
しかしその告白はしっかり受け止めてあげた後はお互い裸で寄り添って幸せげ。この二人の関係も一段落つきましたね。
29話。おままごとごっこしてる舞と桜ですが、疲れて背広姿で帰ってくる桜に、最近夜の方もごぶさただし自分に冷めてしまっているだろうからと離婚を切り出す舞のままごとプレイが濃い(笑)。

その後キスをする桜と舞が自然で、これは素のやりとり…と桜は思っているようですが、舞の方は一応まだままごとプレイ続けてるつもりだったんですね(笑)。

・「前略、百合の園より」(須河篤志
2巻冒頭部分はプロローグ的なお話。誰からも近づいてこられる藤原さんですが、それは自分がお嬢様だからだということに物足りなさを感じていたのでした。しかし自分を飾らない百合を見て、藤原さんは何かに目覚めてしまったようですね。
同時発売の単行本ですごい展開が描かれています。これ読んでるのと読んでないのとでは、作品の読み方が全然違ってくると思いますよ〜。要チェック!

・「少女サテライト」(はみ
レグルスが風邪を引いたのが自分と喧嘩したせいではないかと涙まで流して自分を責めるプレセペ。自分の中ではレグルス×プレセペは鉄板だな〜。じっとしていられないプレセペは地球にしゅっと降りて薬を買ってきて、ネギまでおまけにつけてあげるのでした。

・「ココロツナゲ手」(野茂)
意中の幼なじみ女の子ゆいと手を繋げば気持ちはなんでもわかる、自分もゆいもお互いに好きだよと分かりあえていた気持ちになっていたヒロインさとりだったが、ある日急に気持ちが分からなくなって焦って不安になり、ゆいのおしゃべりも上の空。二人はぎくしゃくしてしまうものの、結局気持ちが分からない不安さが相手をさらに愛しい気持ちを増大させ、超能力ではなくお互いの言葉、態度で両想いな気持ちを察し、キスをしてさらに深く結ばれる二人なのでした。

悪くないお話でしたね。原稿が奇数ページになってるところを見ると、投稿か持ち込み?新人さんっぽいです。

10月12日に同時発売のつぼみコミックスは3冊。
キャンディ 2(鈴木有布子)は少女漫画百合の傑作になりました。本編のページ数加筆に加えて保険医の先生、野々宮さん、可南と千秋のそれぞれの後日談も必見!
前略、百合の園より 1(須河篤志)は逆転SM関係が妙に萌える作品。描きおろしではあの子とあの子、あの子とあの子のちゅー2連発が意外だった!
トラにツバサ 2(モロやん)はつぼみ本誌掲載分は1話だけで後は全部紙媒体初登場な新鮮な内容!描き下ろしでは部長のフォローエピソードが。

「つぼみ」1巻の紹介はこちら
「つぼみ」2巻の紹介はこちら
「つぼみ」3巻の紹介はこちら
「つぼみ」4巻の紹介はこちら
「つぼみ」5巻の紹介はこちら
「つぼみ」6巻の紹介はこちら
「つぼみ」7巻の紹介はこちら
「つぼみ」8巻の紹介はこちら
「つぼみ」9巻の紹介はこちら
「つぼみ」10巻の紹介はこちら
「つぼみ」11巻の紹介はこちら
「つぼみ」12巻の紹介はこちら
「つぼみ」13巻の紹介はこちら
「つぼみ」14巻の紹介はこちら
「つぼみ」15巻の紹介はこちら
「つぼみ」16巻の紹介はこちら
「つぼみ」17巻の紹介はこちら
「つぼみ」18巻の紹介はこちら
「つぼみ」19巻の紹介はこちら

というわけでバックナンバー紹介のリンクを貼ったらずらりと並びましたが、つぼみもいよいよ20号目に突入なんですねー。百合好きにとってもすっかりお馴染みの百合アンソロになりました。これからもますます発展することに期待!