じょしけん。のん

百合度★★★★☆(3.5)

つぼみ発の、優しくて可愛くてほっこりする百合漫画!
つぼみ本誌で掲載されていたのは2話だけで、後はWebで掲載されていました。つぼみ本誌を毎号追っていた人も大半が読んだことがない内容だと思いますよ。

ヒロインの眼帯少女こがねちゃんが吉住さんと一緒に制服に包まれた発育途中のあんなところやそんなところの生態を研究するお話?ちょっとドキドキしますね(笑)。
女子高生がわからないから生態を調べるとか言い出すし、勉強はかなり励んでるらしいしちびっこだもんだから飛び級でもしてるのかと思ったんだけど「同い年」とか言ってるからそうでもないみたいですね。

ずっと涼しい研究室暮らしだったから教室の暑さが耐えられないというこがねちゃんは本当に学校に通ってなかったんですね。

そんなこがねちゃんのおっぱいをわしゃわしゃと触る笹川さんは何事!…かと思えば、彼女はこがねちゃんがブラジャーをつけてないことが気になったのでした。
下着部門に踏み込むのは恥ずかしいと恥じらいを見せるこがねちゃんですが、女子高生の研究をしているんだろうと言う吉住さんは自分のを見せてあげようとして優しいですね。こがねちゃんは自分がブラジャーをつけてる姿を妄想して、これはサービス?(笑)
そんな中目をそらす吉住さんは実はスポブラだったのですが、女子高生でそれはないだろうと心配してあげる笹川さん良いですね。


女の子にモテるなぎさが、同じバスケ部の女の子田村さんにお菓子貰ってる姿に、嫉妬して「よその女の子にでれでれしちゃって!バーカバーカ」と怒鳴りつけちゃったりする笹川さんがかわいい♪

しかし田村さんがお菓子をあげようとしていた相手は実は笹川さんで、笹川さんも結構モテたんですね。
笹川→なぎさは鉄板。しかし田村→笹川さんも鉄板で、いやがられてもお弁当を作ってきたり体操服を貸してくれ他の子のじゃ嫌だと迫ってきて積極的なのでした♪

しかしやっぱりなぎさと笹川さんが鉄板っぽいですよね〜。
女子同士お弁当交換。なぎさは手作り、笹川さんはカップめんなんですね。
学生生活が充実していないと感じた吉住さんとこがねちゃんは笹川さんのいる料理部へ。…って笹川さん料理部なのにカップめんなのか(笑)。結局何も出来ない2人は自分たちで部活を立ち上げ…というか現実逃避してるだけですね。


女子が自分の部屋に遊びにくると聞いてドキドキするこがねちゃんが良いですが、なぎさ一人が行くのがずるいと自分もついてくる吉住さんがちゃっかりしてる(笑)。

女子が自分の家に来てくれることになってドキドキしながら嬉しさを隠しきれないこがねちゃんが可愛い♪
こがねの部屋に人体模型があるのはわらったけど布かけて隠しても「怖!」とか言われてちょっと残念でした(笑)。
賞状とかもらっておりこうさんなこがねちゃんに比べて、頭悪そうな吉住さんが唯みたいで可愛い(笑)。
後ほど自分も連れてってくれなかったことを怒ってる笹川さんも可愛い♪

こがねちゃんのラブリー眼帯の秘密、確かにしょーもなかった。眼科いきましょうよ(笑)。

女の子の生態をじっくり研究させてあげようと、小金井さんをお泊り会に誘う吉住さん。今度はこがねちゃんの方が吉住さんの家に訪問ですね。お互いの家に行き来するようになる関係になりました♪
吉住さんの妹は良く出来た子で、やっぱり憂なんですね(笑)。女子高生の生態の一面がまた分かった小金井さんなのでした♪

夏休みだわーいこがねちゃん遊ぼう!…とはしゃぐものの、赤点補習があって行けないことを伝えられ吉住さん哀れ(笑)。
こがねちゃんはなぎさとデート♪ぬいぐるみが気になっているなぎさに気付いてお店に入ってあげるこがねちゃんはなぎさがやっぱりぬいぐるみ好きなことを知り、男っぽい容姿なのに可愛いものが好きなことを気にしてるなぎさは可愛いと、髪飾りを買ってあげるのでした。

文化祭でメイド喫茶をすることになった吉住さんたち。こがねちゃんももちろんメイド服を着せられ吉住さんに可愛いと誉められるものの、吉住さん自身は着ぐるみを着せられることになってしょんぼりしているのでした。一方可愛いもの好きだけど容姿は格好良いななぎさはメイド服かはたまた執事姿か…と皆が想像していたところ、結局彼女は裏方で普通のシャツを着ていただけだったのでした。

こがねちゃんがやってくる前のお話。笹川さんの手芸にきゅんきゅん来る吉住さんが可愛いですね。なぎさは吉住さんにお揃いにしようと言われても抵抗するけど、笹川さんには逆らえないんだ(笑)。

笹川さんが新しい転校生のために熊の手芸作って歓迎しよとうとしてたのはちょっと良い感じ♪

なんとなく、「けいおん」ファンにもおすすめな作品です(笑)。キャラクター可愛いですやね♪
これもつぼみならでは、という作品だったなー。やさしくてほっこりして、女子同士の関係にドキドキしてしまうお話でした♪

というわけで「じょしけん。」はとりあえずのところ全1巻でおしまいです。う〜ん寂しい。続きのお話は考えていただろうし、きっとそれは百合度の高いお話だったと思うんですけどねぇ。作者さんが描けなかったその後の展開は、読者が想像で補完するしかないですね。もちろん私も妄想しますよ。私が妄想するとエロくなってしまいますが。こがねちゃんが吉住さんのあんなところやこんなところまで調べてしまい、それに感化されて、元々デキてるっぽいなぎさと笹川さんも…。いや〜でもこんな感じで合ってると思いません?思いませんか。(^^;