桜Trick 2(タチ)

百合度★★★★★(5.5)

百合好きを萌え殺す凶器!最強百合キス4コマ、「桜Trick」の第2巻がいよいよ発売されました!

2巻は春香×優の間にお姉ちゃんとの三角関係も加わって…と言いたいところだけど、春香と優は友達と言いつつ恋人以上に鉄板な百合カップルだから割り込む隙がなくて切ない感じかなー。コトネとしずくの燃える百合エピソードもありますよ♪

巻頭の描き下ろしカラー漫画も破壊力あります!
なかなか下校しない優に春香はキス♪

キスした後優がへにゃっとしてしまうのがエロすごる♪
その後コトネちゃんたちに見られそうになってしまうシチュエーションもドキドキ♪

文化祭で白雪姫の役を決める最中春香と優の様子を見に来る美月ですが、春香と優の両方に抱きつかれて舞い上がってしまい、結局自分が白雪姫をやることに。
劇の最中自分と春香とキスする様子も思い浮かべて、倒れながら春香の唇を待つ様子がドキドキ。しかし本当にしそうになったら優が春香を頭突きで止めるのは嫉妬してるからなんですね。
そんな優と春香はマントを頭から被ってとはいえ教室で皆がいる中ちゅっちゅしてしまってるのが萌えるv


文化祭の準備で学校に泊まることになった女子たち。しずくはお泊まりは初めてで最初は緊張していたんですが、コトネがいるから楽しむことが出来て、夜屋上でキスも交わしてロマンティックな思い出になりました♪

空き教室で目覚めた春香と優はおはようのキスもディープ(笑)。


舞台が終わって、労う春香にお姫様っぽくてたち振る舞いも堂々としていたと言われて頬を染める美月。しかし春香のお目当てはもちろん優。しかしはしゃいでる優は居合わせたお姉ちゃんの美月と一緒に回ることになってしまい春香はしょんぼり。しかし優は後でちゃんとやってきて、演劇部の演技も終わって誰もいない舞台裏でキスを交わす2人が色っぽいですね〜。

楓がなぜ委員長なのか理由を思い出せなくて悔しいというゆずですが、徐々に思い出してきた記憶を辿ると、その前の年に自分が委員長になったのが悔しくて次の年は楓がなった…という経緯もあったのですが、実際は委員長の仕事で怪我をしたゆずにそんなことにならないようにと次の年は自分が立候補したという楓なのでした。楓とゆずも、張り合いながらもラブラブですね〜。

風邪気味なのにマフラーをしない優は、店で見つけて気に入ったマフラーがあったからお姉ちゃんの美月が渡したネックウォーマーはつけられないというのでした。優のネックウォーマーをもらって嬉しいと思った春香ですがそれは優が一度も巻いたことがないお姉ちゃんのだと聞いてがっかり。
後日マフラーを買いに洋服屋にいく2人ですが春香は自分の気に入った服を見つけはしゃいで試着するものの、胸だけ入りきらないといううらやましい状態を見て、優は店員さんに春香が太ったから着れない、もっと大きいサイズのを持ってきてとさりげなく嫌がらせをするのでした。
しずくが先にゲットしてしまってもうないかと思われたマフラーは、店員に聞いたところ奥にしまってあって、見つけることができ、優は急に気が変わって他のマフラーを選んでしまうのですが、結果オーライで2人とも上機嫌で、思わず更衣室の中でちゅっちゅしてしまうのでした。思わず自分からキスしてしまて後から気づいて照れてる優が可愛いv

上機嫌なまま翌日優はそのマフラーを、春香は優に前に渡されたネックウォーマーを巻いて登校するのですが、それは姉の美月のものだったため目撃した美月はドッドッドとときめきが止まらなくなってしまうことに(笑)。

原付の免許を取ったばかりのゆずを待ち伏せていた楓はいたずらをしようとしていたんですが、ニケツしようぜと言い出したりジュースをあげたり良い雰囲気ですね。そんな中道の向こう側でキスをしている春香と優の姿をばっちり見てしまったはずなんですが、なぜか見落としているゆずが不思議なほど鈍感です(笑)。
見られたと思ってキョドってる優が可愛いですが、いたずらしようと用意した楓のグッズは彼女がびっくりしてくれて楓も良かった?(笑)

水中でキスを交わす2人の姿が美しいですが、これは春香の方がおぼれた振りをして誘ったのでした。あからさまに嘘くさいと分かっていてもちゃんとキスしてあげる優が優しい。
柚と楓は2人で美月会長に胸を押し当ててなんか色っぽいと思ったらいたずらで美月会長はプールに落っことされてしまうことに。
美月会長は泳げないことも災難ですが水着の上も外れて女子たちにおっぱいを見せてしまいこちらも災難。
泳げない春香と美月に練習させるものの、いまいちやる気がない2人に、コトリはストロー2本差しのジュースを用意し、泳げたらあげるというのですが春香は優と、美月は春香とそれぞれ飲みあう姿を想像して練習もハッスルしてしまうのでした。
そんなことをしてるうちにコトネの妹シノブが現れたかと思ったら、妹ちゃんはコトネを家に連れ戻す気満々。お姉ちゃんっ子なんですね。連れ返されそうになっても抵抗しないコトネを見て「軽はずみでキスなんかしないでよ」と涙ながらに訴えるしずくが良いですね。

「あなたなんかにコトネお姉さまを渡さない!このドロボウ猫!」と居候先のしずくにもつっかかってきて、結局水泳で勝負することに。お互い泳げなかったのですが、最後は頑張ったしずくの方が勝って、コトリは家に帰らずに済むのでした。

親戚の結婚式に行くことになった春香は優に一緒に行こうと誘うのですが、寝ぼけてた優は自分たちが女の子同士で結婚(!)すると勘違いしてしまうのですが、いいよと了承して、最後は「春香は私と結婚したくないの!?」とまで言ってしまう優がすごい!
しかし勘違いした優にも優しくしてあげ、誓いのキスを延々更衣室の中でしてあげる春香も優しいですね。

クリスマスに春香にイルミネーション観に誘われて有頂天になりつつも2人の仲を心配してあげる美月ですが、実は2人は前回誓いのキスだなどと言って、更衣室でちゅっちゅしていたのが照れくさかっただけだったのでした。

優と春香はあっさり仲も元通りになって、イルミネーションの幻想的な雰囲気に包まれながらちゅっちゅしてしまうのでした。

年末は学校もお休みだしお互い家族で過ごすため会えない2人ですが、電話でお話。ついつい長電話になってしまいます。そして最後は電話越しにキスしあって、テレフォンキスって可愛いですね♪

巻末には描き下ろし漫画がもう一本!心配させた罰だからと、保健室でキスをする二人。

保健室の雰囲気も良いですね〜。
放課後の教室で、体育倉庫で、プールの中で、ベランダで、更衣室で、イルミネーションの中で、部屋で、空き教室で、キスと一緒に様々な場所にも思い出が出来ていく様子も素敵です♪

■毎回ちゅっちゅするお約束を入れながらもちょっと距離が離れたりおねーちゃん絡みの切ない話作ったり、ちゃんと起伏作ってるのがすげー!

表紙、優と春香がいちゃついてるのは1巻と同じなんだけど、ちょっと秘め事をしている感じが漂ってるのが良いですね〜。お姉ちゃんはその横でぽつんとひとりでいて、こちらはちょっと切ない。お姉ちゃんもあと3ヶ月で卒業してしまうんですねー…。

この漫画、百合度は文句なしに★5つなんだけど、最初からガチビアンな作品かというとそうでもなくて、意外に友達同士という名目は続くんですが、そこが逆に良いんですよね〜。キスというのは恋人なら当たり前の行為になってしまうんですが、友達同士という関係だからこそ、「友達なのに…」でも「友達だからこそ…」というドキドキを感じながら読み続けることが出来るのだと思います。

しかし舞台は3年後に廃校になる女子校、お姉ちゃんももうじき卒業してしまうこと、そしてタイトルの「桜」が暗示しているとおり、2人の友達としてキスしあう関係は永久に続くものではありません。
では二人はいずれ離ればなれになってしまうのかというと…そうじゃないんですね。友達から恋人になってしまうんです。ガチビアンな恋人同士になってしまえば、友達同士だと思っていたころのような甘酸っぱい経験はもうなくなって、別の生活になってしまうことでしょう。
でも形は変わっても、それはそれでやっぱりもちろん幸せな生活ですよね。お互いが好きあっている限り、幸せはいつまでも続くものですが、お互いがお互いを思う感情はずっと平坦に同じ状態が続くわけではなく、儚く消えてしまう…けどとても大切なものも含まれている。
2巻はそんな風に感じました。

1巻の紹介はこちら