またティーンズラブ系少女漫画で良さげな百合物件を見つけてきました。

今月の「絶対恋愛Sweet」

・「ひとりよがりの恋なんて」(空木朔子

以前掲載されてた委員チョものの続編。相変わらずお堅い委員チョ(♀)に友人(♀)が怪しく迫ります。
委員チョは前回のお話にも出てきたとおり、お兄ちゃんが好きなわけですがお兄ちゃんは妹に対して全く脈がなく(当然か)、おまけに友人はそんな委員チョの気持ちもまるっきりお構いなしにHな攻撃をしかけまくります。
ティーンズラブ誌に掲載されているのですが、結局前回から数えても男女の絡みはほとんどなかったです。
絡みは♀×♀がメイン。しかも頻繁(笑)。

ティーンズラブ誌というと、ちょっと前に紹介した「未完の恋」とか「悪魔的少女日記」のように恋愛は♀×♀だけど、絡みは男女というものが圧倒的に多いのですが、この作品の場合は逆に♀×♀で絡みまくっているので良いですね。
精神的な面を見ても、友人の委員チョに対する気持ちが一途で良かった。

この作者さんの作品は絵柄もレベルが高くお話も面白いので個人的には超おすすめ。
これ一本のためだけでも「絶対恋愛Sweet」を買う価値はあると思います。

この作者さんの百合作品はこれで私が知ってるだけでも4本になりましたね(ちなみに全部委員チョもの…笑)。これは次の単行本で百合作品が収録される確立が高くなってきたといえるでしょう。期待大ですね(笑)