百合な日々

百合な作品をまったり紹介している個人サイトです。(管理人:雨傘)

雑誌掲載の百合情報

ゆりカグら!(まばん)コトミラージュ 美少女超常決戦!(原作/上江洲誠 漫画/みまち)みつあみこ(白井もも吉)「蕾のひらくころ」(ひなた巴)小学生のヒミツ(中江みかよ)@(あっとほーむ)アイドル(池田春香)


恋愛Revolution 2013年4月号

またしてもティーンズラブ誌で百合!一頃は全滅に近いような状態だったTL誌での百合ですが、復活しつつあるような兆しが見られますね♪♪

「蕾のひらくころ」(ひなた巴)
卒業を機に憧れ先輩に告白したヒロイン。女同士だし相手は全校一の美女だし無理だろうと思ったのですがなんと受け入れられてしまいます。
卒業した後も引継ぎのためにちょくちょく学校へやってくる先輩と会い、親しく接することに幸せを感じます。
さらにある日、先輩の方からキスを……!
しかし予想もしていなかった行為に、ヒロインの方から逃げてしまいます。
そんなヒロインを見て先輩は悲しそうに、やはり貴女の感情は恋じゃなかったのよと言って去ってしまいます。
しかし先輩に会えなくなって寂しくてたまらなくなったヒロインは、やはり自分が先輩のことが好き、この感情は恋だと気付きます。
そして再会した際は、「いいのね」と確認する先輩の唇を受け入れ、二人は幸せに結ばれるのでした…!

女子同士で恋をして、しかもハッピーエンドなのが素敵です☆

微熱 SUPER (スーパー) デラックス 2013年 04月号
レディコミにも百合作品が2本♪蓮川由都先生はTL誌で描いていたこともあったし、TL的で可愛い絵柄なのが良いですね〜♪

「トラブル☆トレイン」(蓮川由都)
容姿が男っぽいヒロインは、満員電車で庇ってあげた女の子に頬を染められ、また男と間違えられてるなと感じるのですが、相手の女の子はヒロインが女の子だと知った後もなおも迫ってきて、おっぱいを押し付けたり股間をくちゅくちゅしたりして、ヒロインも思わず感じてしまうのでした。されるがままだったけど気持ちよくなってしまい、後でトイレでひとりエッチしてしまうヒロインですが、今度は自分から責めてやろうと考えてるのが良いですね♪

「銀の雨にうたれて」(大橋卓)
OLのヒロインは転属してきた仕事の出来る彼女に惚れて、エッチもしてしまう仲になってしまうのでした。古風なレディコミの作風ですがこれはこれで良いのです♪

チャンピオンRED
コトミラージュ 美少女超常決戦!(原作/上江洲誠 漫画/みまち)
新連載。エロい絡みもあってめちゃくちゃ百合っぽい作品です!
こちらに試し読みページが。
生徒会長のことみの友達のむつきは、裸でいたところ女の子の姿をした的に襲われ、キスされて舐められて洗脳されてしまいます。
その後、ことみに近づいてきたむつきは彼女に襲いかかり、押し倒して胸や股間に顔を埋めてエロく責めてしまうことに♪
我に返った後むつきが自分のした行為を忘れてみことが自分を襲いかかってるなどと言っているのがちょっと惜しいですが(笑)。
敵の女の子とことみの関係とかも期待してしまいますね。

別冊少年マガジン
カオスウィザードと悪魔のしもべ(山本アリフレッド)
テストで最下位になってしまって落ち込んでいるカンナに、「どんなにゴミクズでも私は見捨てないわよ」と言ってあげるエルが優しい♪
そんな中現れたのは、メイという幼女。彼女は「カオスウィザード」…つまりカンナを狙っているようで…。

みつあみこ(白井もも吉)
現役女子高生が描くガールズショート。
試し読みページがこちらに
三つ編みにしてあげることから親交を深めていく2人の様子が良かったです。

4コマnanoエース
ちょっとかわいいアイアンメイデン(深見真・α・アルフライラ)
脱衣麻雀ならぬ拷問麻雀がエロい(笑)。スーパーリアル麻雀で麻雀を覚えたという結月がガチですね。…私もそれで覚えたんですが(笑)。
振り込んでしまった苺花は拷問されたいという希望通り、悠里に三角木馬に乗らされて責められてエロい♪

ヲタ充(柚木涼太)
友達のゆきに自分のBL好きを知られてしまい、人生終わった…と思う根岸ですが、ゆきは意外に理解のある良い子で、漫画に詳しいなんてすごい、根岸のアドバイスを聞けばはずれを引かずに済むと、慕ってきてますます仲良しになってしまうのでした。
一方根岸の友情が壊れなくて良かったと思うものの結局自分はぼっちなままで落ち込んでる要が哀れ(笑)。

すぱくら!(高野うい)
変質者が現れたということで捕まえたスパクラブ&水泳部の女子たちですが、現場を写真に収めようと言われたのに変質者を撮影するのが嫌で、拒否する唯子先輩。しかし捕まえた水泳部のお尻が目の前にあると言わればっちり写真を撮って無事変質者を捕まえることが出来たのでした。
しかし後日新聞に載った写真を見ると、校庭で水着姿のまま走ってる水泳部の女の子の姿が映っていて水泳部の子の方が変質者みたいに見られてしまって哀れ(笑)。

生徒会長が百合好きでも問題ナシ!?(うおなてれぴん)
一緒に露天風呂に入る女子たち。外で裸なんて恥ずかしい、と恥じらう可音のためにくるみは、彼女の上も下も自分が洗面器で隠してあげるのですが、お嬢様の裸を上も下も押さえてる姿はエロい(笑)。

goodアフタヌーン
マテリアルポルカ(古林奈留)
校則違反者や逃亡者は生徒会により殺されてしまう異常な学校で、新入生・アリスの成長と戦いが描かれている、乙女道を追求する名門女子中学校が舞台のサスペンスファンタジー。
先輩にドキドキしてしまうアリスは、ぎくしゃくしていた猿渡さんとも名前で呼び合うような仲になって良い感じ。

電撃萌王
ビオトープ(ハトポポコ)
アンジーの服が寒そうだからと、服を買いに一緒に行ってあげて、着せ変えしてハァハァしちゃう熊が良いですね。
薄着でいたため風邪を引いてしまったアンジーに、おかゆを作ってあげるアミーは悪魔だったのですが、天使と悪魔も仲が良いのでした(笑)。

FEEL YOUNG
オハナホロホロ(鳥野しの)
どこかに行ってしまって皆が心配していたゆうたは、家を出て行った麻耶を追っていたのでした。ようやくゆうたに会えてほっとする麻耶ですが、改めてみちると一緒に暮らすことを考え、いつか…と思うのですが、「いつか」と言ってるうちはそれは来ない、自分の時もそうだったと諭されます。そんな中、「ただいま」と言って帰ってきたみちるに麻耶は…。


なかよし4月号

さばげぶっ!(松本ひで吉)
モモカには初恋の王子様がいたのでした。幼い時、犬に襲われていたところを助けられて以来、その子に夢中になっていたモモカ。
一方うららにも王子様がいてそれはもちろんモモカの前に熱烈に求愛していた美煌。
出会って以来きゃっきゃうふふして仲良くしていた二人…とこれは実はうららの妄想で、実際のところは美煌に近づく女の子はことごとくブチのめしていたのが実情だったのでした。
思い出の花畑にいたのが気に入らないと、危うくモモカまで襲われそうになりますがそれを助けてあげたのは美煌。思い出を打ち明けあううちにモモカの初恋の相手が実は美煌だと判明。
ヒロインのモモカの初恋の王子様が美煌だったということまで分かって、ますます安心して読める百合コメディになりました(笑)。

プリに行くサバゲ部の面々。モモカに密着するうららが嬉しそう(笑)。さらにちゅーぷりも撮ろうと欲張って、モモカに迫ってしまってそれは対応に慣れてきたモモカに妨害されてしまうのですが、妄想の中ではしっかりお互いキスしあってる姿を思い浮かべてるうららが良いですね♪

小学生のヒミツ 中江みかよ
たまに性的なことも扱っていたりする女の子の思春期の悩みシリーズ。
男子に太ってるとからかわれてショックを受けたあんずはダイエットを敢行。必死で食事を減らすもののなかなか痩せることが出来ず体調を崩しかけているのを見て、友人のゆっきーは心配して、別にあんずは太ってなんかないよ、無理しちゃダメだよと言ってあげることに。
しかしそれでもあんずは食事を拒否することをなかなかやめないため、あんずの母親にも相談しますが、それを知ったあんずは怒ってしまいます。しかしその場に倒れてしまい、自分が本当に弱っていること、無理なダイエットは良くないことを知ったあんずは、その後はゆっきーの言うとおり、無理なダイエットはやめて、ゆっきーと一緒にプリンを半分こして仲良くしてる様子が良い感じ♪
単行本1巻が4月30日に発売!

りぼん
@(あっとほーむ)アイドル(池田春香)
姉妹愛シリーズ!
お姉ちゃんが家でアイドルの振り付けをしてる姿が妹は大好き。でも実は学校では地味で人前に出るのも苦手なお姉ちゃんは、妹が舞台を見に来るのを知って困ってしまうのですが、妹のために頑張ってアイドルっぽいステージをこなしてあげることが出来るのでした。

ビッグガンガン
ゆりカグら!(まばん)
女生徒同士がそれぞれ決まった場所の匂いを嗅ぐのが好きだったり、嗅がれるのも興奮したりするお話。
絵柄も可愛いし色っぽいし、なかなか良いですよこの作品。連載化希望!

アイドルは××××なんてしませんッ!(柚木涼太)
お化け屋敷でおもらしをしてしまった華恋のため、それをごまかしてあげると言い出したすずりはなんと華恋の前で放尿、華恋に頭からおしっこをかけてあげるのでした…!
いつもは見る側だというすずりも恥ずかしいということを知るのですが、恥ずかしい恥ずかしくないはともかくこの行為は浴尿と言うんだったか言わないんだったか…すごすぎる!

射 〜Sya〜 大塚志郎
昔は美射と一緒に弓道をやっていた礼無ですが、美射が部活をしている間にひとりであれこれしなければいけなくなり、責任をなすりつけられることが多くなった彼女は他人を信じることが出来なくなってしまった過去があったのでした。しかしそんな礼無に正弓は、友達になろう、勝負に勝ったら友達!と言って勝負を挑むのでした。

ふたごザウルス(大島永遠)
プール&温泉にやってきたネイビーコーストスクールの皆。しかしせっかくスク水まで着たのに、水が怖いからと温泉にもプールにも入らないちはなを見かねた真凛は、彼女の手を引いて、怖くない景色の温泉に浸からせてあげるのでした。
とりあえず温泉の方に入ることは出来たもののプールの方はやっぱり嫌だと言うちはなですが、真凛が溺れているのを見て奮起。自分からプールに入って彼女を助けてあげるのでした。
そしてその後、真凛は助かって意識もあったのですが、溺れた人にはこうしなきゃいけないんだよと、ちょっとずれた知識を実行したちはなは真凛にマウスツーマウスを!
戸惑ってる真凛が可愛い♪
てっきりまさご×ちはなだと思って今まで読んでいましたが、読み返してみるとちはな×真凛の流れが多いような…こっちの展開かもしれませんね(笑)。

「γ-ガンマ-」(荻野純)「泊まりにおいでよ」(師走冬子 )「あいまいみー」(ちょぼらうにょぽみ )「(仮)メイド喫茶マンドリル」(碓井尻尾 )「コープスパーティーCEMETERY0 〜開闢のアルス・モリエンディ〜」「青天の碧眼」(滝島朝香 )

カメとおしゃべりさんの情報より
「γ-ガンマ-」荻野 純
ジャンプSQ新連載が姉妹百合のようですね。これは楽しみ♪

■追記:というわけで私も読みました!

ジャンプSQ

「γ-ガンマ-」荻野 純
地球防衛軍の相談課でかつてのヒーローが力を失って落ち込んでいるところをカウンセリングしてあげる姉妹ですが、実は妹のほうも昔英雄だったものの力を使い果たし、今ではほとんど残っていない力で市民を守り、姉と一緒に相談課で自分の出来ることをしていた…というお話。
姉の方が着替えの際、いつも着替えが遅いから見れなかったけどこれなら出来ると、妹の下着姿をじっと見つめていたり、抱きしめたりもしてますが、妹がかつて大変なことをしたことを労う気持ちもちゃんとあって、一仕事して力を使い果たした妹を負ぶってあげる様子は良い感じですね。

ほんとに姉妹百合が良い感じですね〜♪これからの展開も期待!


コンプエース

放課後アトリエといろ(華々つぼみ)
猫のようにふみの体を触りまくるりんがセクハラっぽいですが、ふみも全然嫌がらず気持ちよくなってしまうのは、お互い好きあってる間柄だからこそでしょう♪

あか☆ぷろ!!!〜明るい三姉妹プロジェクト〜 美水かがみ/あらきかなお
灯に後ろから「だーれだ」と目隠しをしてきた男は父親だったのですが、凶器で殴って倒そうとしてあげるお姉ちゃんたちが勇ましい♪

あにめたまえ! 天声の巫女 Rebis
声優になろうとしているヒロイン女子コンビがおっぱいをくっつけて安心したり気遣ったりして良い感じ。
妖怪あかなめ姉妹が襲いかかってきてヒロインの脇などを舐めて声を抜いてしまうシーンはエロいw
しかしそんな妖怪も、相方が守ってくれて撃退することが出来るのでした。

まんがタイムきららミラク
桜Trick(タチ)
電話で「卒業すると寂しい」と春香に言われた美月は意識しまくり。
公園の遊具の中でちゅっちゅしてる春香と優が良いですね。
つまづいた拍子に春香のおでこにキスをしてしまって、恥ずかしくて逃げてしまう美月ですが、美月にとって良い思い出になりそう…。


コミックブレイド

あまんちゅ!(天野こずえ)
ダイビングスーツを脱ぐどころか水着まで脱いでお風呂に入ってしまうてこですが、そこはぴかりたち女子たちが必死で助けてあげて、男性の目から守ってあげる連携プレイが素敵です☆

●ミカエル・偉闇・王さんの情報より。
まんがライフWIN
「コープスパーティーCEMETERY0 〜開闢のアルス・モリエンディ〜」(漫画:いちはや/原作:祁答院 慎 )は雨傘さんにしょうかいして頂いた作品よりサービスが多いです。特にFILE#08がナンパ・しっと・恋人せんげん・キスでまんさいですので、むりょうでのっている間にお知らせしたく思います。

「聖ジョルジュ女学園暗黒料理研究会 タベルナ」(空木あんぐ )は主人公がおさななじみを美味しそうに思っていらっしゃるところがよく見えます。部長も毎晩はだかでクール(?)な後輩にそい寝してもらっていらっしゃいますが、リボンを付けた女子(わき役とゲストキャラ)にガチでモテていらっしゃいます。

「ANDOL」(八色 )の主人公はプロデューサーさんが大好きなのですが、親子の様なかんけいで御座います。ツンデレなライバルやかわいいものお好きなじむいんさんの方がきたいに応えるかも知れません。プロデューサーさんをしたっているサブキャラもとうじょう人物しょうかいにくわえました。

「青天の碧眼」(滝島朝香 )では主人公がはだかの美少女に上に乗られたりファーストキスを取られたりお耳をなめられる事はうちゅうじんののうりょくを使う為で御座いました。見ておこったおさななじみはヤキモチなさったのでしょうか?今の所ではまだはっきりしていません。

「ともだちマグネット」(まご )は「GIRL FRIENDS」のせっていをきょくげんまでしたもの(明るい方がモデルで、内気な方がオタク)ですが、今の限りでは、親友以上の所は見せていらっしゃいません。一人は「彼氏ほしい」とおっしゃった事はありましたが、ゆいいつの好意をよせる男子キャラをウザくおもっていらっしゃいます。

「(仮)メイド喫茶マンドリル」(碓井尻尾 )の主人公にけんかの強さや男でライバルな女子はツンデレな所もあります。少なくともメインの三人は男を着せかえにんぎょうとしか思っていらっしゃいません。二人目はかっこう良くて女子にモテて、三人目もその中の一人です。

「あいまいみー」(ちょぼらうにょぽみ )の中の「まい」と「みい」のお二人は親友でセフレですが、はでなネタご多くてそちらはあまり表に出ません。

「泊まりにおいでよ」(師走冬子 )は四姉妹の次女のふじょしが同性のお客様をもとめたりかわいい末っ子にだきついたりなさいます。
まとめてくれてありがとうございました!単行本になった際に買う参考にさせていただきますね〜♪

エトワール(瀧本みお)マリッジ・バトル!(ミズタマ)、「名も無き花を愛でる日に」(天凪青磁) 「でっかいのとちっこいの」(宮社惣恭)お呪いクラブの幸子ちゃん(葵みちる)修羅のドレス(寄田みゆき)ニコニコ百合姫


恋愛白書パステル

今月もTL誌パステルに百合漫画が掲載されています!しかも今までちょくちょく百合漫画描いていた作家さんとは別の方の新作!もちろんエッチありです♪

エトワール(瀧本みお)
バレエをやっていた奈緒は、後から始めた麻美に抜かされて自信を喪失、その後引っ越しを機にバレエはやめて別々に暮らしていた。
そこへバレリーナになった麻美が怪我をして今後再起不能ではないかというニュースを知り、いてもたってもおられず麻美の元へ駆けつけます。バレエを続けることが出来なくなった悲しみより、奈緒と再会出来た喜びの方が大きいと言い涙を流す麻美に、奈緒も自分が彼女を好きだったことを告白するためにキス。お互い友人として以上に好きなことに気づき、そのままエッチまでしてしまうのでした♪
そして実はバレエをやめてから整体を始めたという奈緒は、毎日通って奈緒の足を治してあげると言ってあげてハッピーエンドなのでした♪
瀧本みお先生は「おひさまがいっぱいv」という百合アンソロにも参加されていて素晴らしい百合漫画を寄稿されていたんですが、やはりこの方の描く百合漫画は良い!
自分から描きたいって言って今回の百合漫画掲載も実現したのかもしれませんね。


まんがタイムきららフォワード

マリッジ・バトル!(ミズタマ)
ミズタマ先生の新連載がど直球な百合漫画です!
イナバという女の子と一緒に暮らしていたハツカは、毎日毎晩彼女に「結婚しよう」と迫られ婚姻届けを出され熱烈に求愛される毎日を送っていた。ハツカのぺちゃぱいも好きだと、胸に顔をあてるイナバが色っぽくて良いですね。
ハツキも婚姻届けに判こそ押さないものの、イナバの手料理に胃袋を掴まれていて、離れられない存在なのでした。
そんなある日、コユリというハツカの姪っ子がやってきて、可愛い彼女に抱きつくハツキですが、コユリはなにやらハツキと昔約束したことがあって、それにこだわってる模様。
次第にイナバを牽制するようにもなってきたコユリの覚えていたその約束とは、実はハツカと結婚する約束で、ハツカを巡って一触即発の百合三角に!?
「百合アンソロジーdolce」や、フォワードの前の連載でも脇でちょくちょく良い百合を描いてくれていたミズタマ先生が百合な連載を始められるのは嬉しいですね〜♪

おーらんどーさんの情報より
ペンギンクラブ4月号
「名も無き花を愛でる日に」天凪青磁
タイトル通り、名前もお互い知らない女の子同士のお話でした。
名門女子校と思しき学校で、周りからは優等生に見られている一人の女の子が、それに反発するように授業をサボってオナニー(!)していたところを、見知らぬ女の子に見つかってしまい、半ば強引にキスされ、さらにHまでされてしまいます。
この二人の女の子の名前は、最後まで明らかにされないのですが、意地っ張りで、不器用で、だけどHに興味津々という似たもの同士で、Hしている間に段々相手が好きになってしまう過程がよかったですし、後半に攻守逆転して2回目のHをしたり、迫ってきた女の子の「恋人みたく優しくしてほしかった?」という台詞の繰り返しも上手く使われていましたね。
「でっかいのとちっこいの」宮社惣恭
更に今回は、宮社惣恭先生もガチH百合な「でっかいのとちっこいの」を描かれていましたよ!!!
こちらも(笑)、タイトル通り、背が高くて気が弱いメガネっ娘でボクっ娘の夜宵とちっちゃくて気が強い睦海が、偶然同じ時間に好きな男に告白したものの、二人とも見事に振られてしまい、さらに男の心ない言葉に傷ついてしまっていたところでばったり出会ってしまい、お互いの気持ちを話すうちに惹かれるものを感じて、Hするうちにドンドン相手が好きになって、というお話でした。
後日、夜宵と睦海が今度は告ってきた男に、もう最愛の人がいるからと堂々と言うラストもラブラブで最高でしたよ〜。
いや〜、本当にこの作品はめっけもんでしたので、宮社先生にはこれからもちょくちょくH百合を描いてほしいものです。
単行本も楽しみですね♪

●Mひよこさんの紹介より。
お呪いクラブの幸子ちゃん(葵みちる)
ちゃおDXホラー春号に葵みちる先生の作品で、お呪いクラブの幸子ちゃんが友情百合っぽかったです。なんと、ハッピーENDです♪

微妙な百合かもしれませんが、少しでも雨傘さんに元気になってもらえたなら、嬉しく思います。お大事に。
少女漫画ホラーでハッピーエンド百合って珍しいですね。ありがとうございます。いっぱいいっぱいですいません。なんか言葉が上手く出てこなくなっちゃって…でも本当に嬉しいです。。゚(゚´Д`゚)゚。ちゃおでら、楽しみに読ませていただきます。

cocohana
くうのむところにたべるとこ(ヤマシタトモコ)
焼き肉を一緒に食べながら相手の女性に欲情してしまったヒロインは、酔った彼女に迫るもののやっぱりいけない…と思いつつも彼女も満更ではなさそうな様子に我慢出来ず、結局セックスをしてしまうのでした。
翌朝、裸で抱きしめてる相手も気持ちよかったと言っているのが良いですね。翌朝もディープキス♪やっぱりまだ焼き肉味が残っていたというのが生々しい(笑)。

つぼみWebコミック
神さまばかり恋をする 一花ハナ
しおりと聡香の縁を切ろうとしているヒワに話を聞くコトリ。自分は望みを叶える為にやっているんだというヒワですが、彼女にも大切な人がいることを察したコトリは、相容れない存在同士だけど納得できるまでお話を聞かせてほしい、自分と友達になろうと手を差し伸べるのでした。私はあなたのことが嫌いだからとつっぱねるヒワも抱き寄せて同類だと言ってあげるコトリに、ヒワは自分の存在がしおりの心の中から消えることが怖いのだと気付くのでした。一方やっぱりコトリは千佳と一緒にご飯食べてて、彼女のことが好きな気持ちは相変わらずなようですね。ただ千佳が先輩と同じ高校に行くことは応援していて、コトリはやはり嫉妬から縁を切ろうという考え方はないんですね。
単行本2巻が4月12日に発売!しかし完結編ということで、次回最終回でしょうか。名残惜しいですね…。

銭湯ハワイ かずといずみ
やりがいはあるけど時間が厳しくなってしまう仕事をもらった熊王さん。しばらく来れないでいたのですが久しぶりにキヨちゃんの銭湯に来てみたら、鷲崎さんが力を貸してくれたおかげで銭湯は大繁盛していたのでした。二人が仲良さそうにしてるのを見て疎外感を感じた熊王さんは一人でアパートのお風呂に入ることに。すぐ冷めるアパートのお風呂は、心まで冷えてしまうので辛いですね…。そんな中、鷲崎さんの方から声をかけてくれて「かすみ」「杏」と呼び合い親しい仲になろうと熊王さんはモーションをかけられることに。別の銭湯にも一緒に行くことになるのですが、そこでなぜかキヨちゃんとばったり会ってしまい…。

少女サテライト はみ
だらしがない生活をしているアリスと一緒に留守番をするアンタレスは自分が人間っぽくなったと言われ、意外に思います。
地球に降りての生活を楽しんでるのを見て、本当はアリスに手を焼いているのだけどそれを隠したり、プレセペもそれを察してあげたり、こういう感情が人間っぽいという事なのかなぁと思うアンタレスなのでした。

電撃大王
リコとハルと温泉とイルカ(ヒジキ)
モデルに勧誘されたリコですが浮かない顔。実は親の七光りと言われていることを気にしていたのでした。
「そんなことないよ!」と言ってあげるハルが良いですね。

アクセルワールド/デュラル マギサガーデン』原案:川原 礫 作画:笹倉綾人
初の戦闘を終えたことを労って、優子は水着姿のままリーリャを抱きしめてあげるのでした。
ちあちあとリーリャは自分の子供だからと母子手帳まであげてしまう発想がすごい(笑)。

魔法科高校の優等生(森夕)
小説のスピンオフらしいですがちょっと百合っぽい感じ。

別冊少年マガジン
カオスウィザードと悪魔のしもべ(山本アリフレッド)
それまで話をしたこともなかったクラスメートクロエの、空を見上げる物憂げでクールな様子に惹かれるようになってしまったカンナ。
声をかけることも出来ずにいたクロエですが、向こうから近づいてきて思わせぶりに「私と…」とお願いされて、恋の告白をされるのかとカンナはドキドキ。
しかし実際は彼女はお笑いコンビを組もうと言い出してきて、性格も実はクールとはほど遠い芸人らしいお馬鹿体質。
そんな彼女に愛想がつきかけるカンナですが、彼女がなくなった相方に思いを馳せているらしき姿を見て思い返し、やはりステージに一緒に立って、恥をさらしてあげるのでした。
くっだらなくてお馬鹿すぎる…しかしこういうのがいいんです!久しぶりに大笑いさせていただきました(笑)。

ウルトラジャンプ
はやて×ブレード(林家志弦)
遠慮する気持ちを捨てることが出来た綾那は真剣にゆかりと一騎打ちすることが出来るのでした。
バトルが熱い!
ゆかりに勝つことが出来た綾那、いっぽうオヤビンはあっさり負けてしまって悲しい(笑)。

チャンピオンRED
ゆりめくる日々(海月れおな)
雪山で遭難する二人が肌で暖め合っているのが美味しい♪

ミラクルジャンプ
EX-VITA(古味慎也)
ハッキングする能力があるクロマを、捕まえた後解体しようと冷静に判断するアルマですが、美波は温情でクロマにそんなことは出来ない、助けてあげようと言い出し、彼女の強い気持ちを理解してやれやれと思いながらもアルマも美波の作戦につきあうことにするのでした。


モーニングツー

少年ノート(鎌谷悠希)
今月号の雑誌の表紙にもなっている作品です。
ボーイッシュな女の子が、教室で口笛を吹いてる女の子にドキドキしてしまう展開が♪

彼女とカメラと彼女の事情(月子)
凛太郎とキスしてるあかりの前にユキが…!2人の姿を撮っている…!と思ったらこれは幻だったのでした。こんなことをしているところを見られたらどうしよう、と不安に思うユキ。
その後自分もちゃんとしたカメラを買いたいとユキと一緒にカメラを買うあかりは、ユキとお揃いのカメラを選ぶことにするのでした。
優しいユキの笑顔にほっと癒されるあかりですが、同時に自分が凛太郎とキスしたこともお見通しなのではないかと不安に思うことに。
さっそく買ったカメラで撮ろうとした被写体はもちろんユキ。生足が良いというあかりのリクエストに応えて、その場でストッキングを脱いであげるユキが色っぽい(笑)。
そんなユキにあかりは思わず涙が溢れだして抱きついて腰に抱きついてしまうのでした…。

凛太郎絡みでは百合好きが胃が痛くなる話が絶賛展開中ですが、あかりのユキに対する気持ちも良い…。

ニコニコ百合姫

待望の百合姫Web掲載が掲載開始!

大室家(なもり)
お餅の焼き方が分からない櫻子が可愛い…というかアルミホイル敷くんでしたっけ?私もそのまま焼いてた…(汗)。
撫子は来週デート♪…とメールが来てるのにあまり表情は変わってない…と思ったんだけど、わずかな表情を見逃さない花子様がさすが(笑)。

犬神さんと猫山さん(くずしろ)
猫山さんの手の平に肉球がないか確かめる犬神さん。もちろん猫山さんに肉球などはないのですが、ふにふにするのは結局気持ち良かったようで、ご満悦な犬神さんがなんだかエロい(笑)。
しかし犬のお腹も柔らかくて気持ち良いと話を切り出す猫山さんも、犬神さんの身体をしっかり堪能♪お互いに触りっ子して気持ちよくなってしまう2人ですが、攻めはやっぱり犬神さんなんですね♪

トミコの気持ち(ねこ太)
宿題するはずがだらだらしてるこころを諌めつつも、結局希望通り悩殺水着を着てきてあげるとみこが優しい♪悩殺水着と言われつつもスクール水着なのがまた可愛い♪

きものなでしこ(八色)
こたつの中で、お互いの敏感なところを責め合うかのことサーヤがエロい(笑)。

よめとりラウンド1(すこやか)
護身術の修行のため(?)ハルちゃんいきなり格好が半裸で怪しい。しかしなんか分かってる風な謎子が妙におかしい(笑)。警策でピッシャーンとお仕置きする師匠がエロい(笑)。
…正直よ・く・わ・か・ら・ん(笑)。

月刊ニュータイプ
悪魔のリドル(南方純)
伊介に呼ばれて部屋に招かれた晴は、紅茶の中に睡眠薬をまぜられその後風呂に沈めようと計画する伊介に命を狙われることに。
伊介は女の子なのに男の子みたいな名前ですが、親も二人とも男のような名前…と思ったらこれは本当に二人とも男で、血は一滴も繋がってないというのでした。昔身寄りがなかったところを親に拾われ、殺し屋の道に進むことになった伊介の過去がハードです。

BE LOVE
修羅のドレス(寄田みゆき)
父親を殺したらしき母親に復讐しようとするヒロインのお話。会社の女の子蘭は腰が低くてヒロインに憧れているものの実は先輩。ヒロインに接する際赤くなるのが良いですね。
しかし彼女はヒロインの母親のもうひとりの子供で、憎んでいる母親は彼女だけが自分の子供だと言い聞かせていて、なにやら波乱がありそうな予感…。

ヤングガンガン
緋弾のアリア(橘書画子)
海にきているあかりに迫ろうと、自分も先回りしてやってきて、波打ち際できゃっきゃうふふしたり花火を一緒に見たり、花火を見て体が熱くなってしまったあかりが自分から迫ってくるのではと妄想してる麗が可愛い♪
しかし妖怪と出くわして気絶してしまう麗は目的を果たせなくて無念(笑)。
一方桜は妖怪を捕まえることに成功して、こちらはポイントアップですね。

おーらんどーさんの情報より。
部長に威厳はありません 第5話

絵夢による部員獲得作戦は、途中までいい感じだったのですが、恵澄の独占欲(?)によってグダグダな結果に。
そこで、次に絵夢が思い付いたのが、多分クラスではぼっちであろう恵澄の弱みを握ろうという作戦?!
しかし、案に相違して、クラスではそつなくクラスメートに馴染んでいる恵澄の姿に、なぜかショックを受けモヤモヤしてしまう絵夢。
ところが、そんな二人の前に、かつて恵澄とともに「卓球四天王」(?!)と呼ばれた、根っからの女の子スキーっぽい(!)美少女上牧みろくが登場。
やたらみろくを毛嫌いする恵澄ですが…というところで新展開の予感?

「コミックメテオ」は、この作品以外でも百合っぽい作品を掲載しているので、百合ファンは要注目ですね(個人的には、あのカヅホ先生のマッドサイエンティストとおバカ委員長の二人だけ(!)による百合(?)コント「カガクチョップ」が面白いです)
おーらんどーさん紹介ありがとうございました〜。(´▽`)ノ

コミックハイ!3月号


コミックハイ!3月号


[学園ポリーチェ]森永みるく
番外編。電車で顔を見かける男に恋心を抱くみんみんですが、自分は食べてみたくて仕方がなかったでっかいハンバーガー食べる女は嫌いだと聞いていったんは食べるのをやめようとするものの、結局彼には現場を見られてしまって恋の花も散るのでした。男との恋はそうそうに破局しても、友達の常盤ちゃんはみんみんにハンバーガーを食べることもいーじゃんと言ってあげ優しくしてあげて良い感じ♪

…結局新聞のネタにもしてしまうのですが(笑)。
女子同士の友情が楽しい♪

次々号より隔月連載とのこと。「学園ポリーチェ」を読むことは私の最近の生き甲斐だったのでやっぱりちょっと寂しいですね。でもそれよりみるく先生が体調崩してるんじゃないかとそっちのほうが気になる…。

[15才]あさぎ龍
下着越しにアソコにキスされてしまって怒ってしまう杏奈ですが、意識してる証拠ですね。
恵麻は上司の由乃さんと仕事をした後、疲れた由乃さんからキス、そしてそれ以上のこともされてしまいます。

由乃さんからは別れることを告げられたはずなのに体の相性は良いからとどんどんエスカレートしていく行為に、恵麻は公衆の面前でありながらも拒否することが出来ず、ホテルに行きたいですとお願い。
しかしホテルには待ち合わせしている彼女が別にいるからと拒否する残酷な由乃さんの冷たさに、ショックを通り越して力が抜けた状態で家に帰ってくる恵麻に、杏奈は充電させてあげると馬乗りになり恵麻の股間に顔を埋めさせ、元気を出すようにしてあげて仲直りもすることができるのでした。

[姉妹ってこ!]にょりこ
崖から落ちて危なかったところを謎の天狗に助けてもらった妹ですが、その際お尻を揉み揉みされたのが許せなくて犯人探し。
結局謎の天狗の正体はお姉ちゃんということでめでたしめでたし?なのでした♪

[あいたま]師走冬子
「今夜は帰りたくないの…」と言い出した雪乃にあいちゃんは当然悩殺されてしまうことに(笑)。
実は兄と喧嘩したから家に帰りたくないという雪乃のためにみんなで一緒に学校の合宿施設に泊まることに。一緒にお風呂に入るイベントにあいちゃんはワクワク♪

しかし皆妙に慣れていて恥じらいがないのはちょっと惜しかった?(笑)
パジャマトークで夜ブラをつけて寝るかどうかの話も女子っぽくて楽しい。…樹里やひよこには関係のない話でしたが(笑)。

悪戯ちょうちょ 綾瀬マナ
「さくらちゃんはいてくれるのね」と涙を流しながらさくらの存在を心の支えにしてかろうじてショックからその場を耐えることが出来たなのは。
そんななのはのためにさくらは喉に良いというキャンディを見つけてきてあげようとしてるのが優しい。
一方友達のみはるとまこは喧嘩していて、一緒にオーディションに出ようと言い出したまこがちっとも練習をしてこないことにみはるは怒ってしまったのでした。
なのはとさくらは喧嘩しないのと聞かれてしたことがないと答えるなのは。そういえばこの2人はまだ一度も喧嘩してないですね。単行本2巻ちょっと分まで進んでまだ喧嘩すらしてないのは珍しいかも。
喧嘩してても結局お互いのことを心配して信じていることは変わりなかったまことみはるは、オーディションの席にもやってきて、楽しく演奏もすることも出来るのでした。

そんな二人の演奏を見て、楽しさを思い出したなのはは自然に歌を歌ってしまい、その声は以前のなのはの声…。なのはの声が戻った!?

[機械仕掛けのメルディーナ]宮ちひろ
メルに付きはなされてしまったアリサですが、もっと近くに行きたい、家族だと相変わらず笑顔で言っていて「結婚でもする気ですかぁ?」とルカからかわれてしまうことに(笑)。

助けてくれたルカにはメルのことを教えてとせがむのですが、差し出したブリヌイを食べてしまうルカはいいでしょう一緒にメルを救いにいきましょうと良い返事をもらい、意外にこの2人も良い感じ?(笑)

[こどものじかん]私屋カヲル

卒業式、泣かないと思っていたのに、手を振る袴姿の黒の顔を見た途端涙腺が崩壊してしまう白井先生が泣ける…。

公式サイトによると次号「学園ポリーチェ」お休みというのは間違いで、次号は掲載、その後は隔月連載になる、ということのようですね。3月22日発売の来月号には掲載されます!お忘れなきよう!

ひみつのレシピ(森永みるく)Web掲載分など雑誌レビュー

オトメの帝国(岸虎次郎)
ポッキーゲームしてる美好と綾乃。ルールが違うなどと口実を作って何度もやりなおすのが良いですね。
しかも最後は思いっきり唇くっつけてるし!(笑)
初キッス…そういえばそうでしたっけ。もうこの2人はすでにいろいろしすぎなんで気付かなかったですが。
しかし綾乃の方は意識しまくりでこれも可愛い♪

男の子、女の子どころか家族にもバレンタインのチョコ渡せない小野田さんが泣ける…けど分かる(笑)。

SMコンビ、中学の同窓会に行くという優に拗ねちゃって、「いかないで」と言いたいのに素直に言えなくて変な言い方する茉莉が、どSな普段と違う感じで可愛い♪

つぼみWebコミック
ひみつのレシピ 森永みるく
部長は約束どおり若槻と一緒にケーキを作ることに。若槻の家までやってきてくれる部長に、若槻も嬉しそうですね♪せっせと二人でケーキを作る二人。失敗した時のことも考えているのですが、若槻にとっては恋も同様。入念に告白のレシピを考え、失敗した時のことも成功してもその後のことも考えて不安を感じる若槻の気持ちがひしひしと伝わってきます…。
しかし若槻が料理を上達したことを嬉しく思い、部長だったことを誇りに思い、自分は幸せ者だったとしみじみ振り返る部長を見て、若槻はなんと「好き」という告白ではなく大学合格おめでとうございますと書いたチョコを渡して、自分の恋心を打ち明けるのをやめてしまうのでした!
部長の大切な思い出を壊したくないと気遣う若槻が切ない…。
しかしそんな若槻を見て、部長は逆に納得せず、それでいいのかと詰問。そしてなんと自分の方からバレンタインチョコを差し出してくるのでした。これはサプライズ展開でしたね!
そして若槻が好きな子に振られたら、寂しい若槻のために自分が側にいたいと申し出る部長…!

好きな子にこんなことを言われたらたまらないですね。ドキドキすぎる展開でした!

ひみつのレシピは、恋のレシピだったんですね。
成功するか失敗するかドキドキしながらのレシピ作り、そしてお菓子作りを実行するのはさらにドキドキするでしょう(いや出来る人は簡単なんだろうけど全く出来ない人は結構勇気ドキドキするものですよ…笑)。
恋人への告白、結ばれるための準備はなおさらドキドキするでしょう。
綿密に計画を練って、それを相手の反応を見てちょっと変えたりしつつ、次第に恋が完成していく様子が素晴らしく描かれていました!

エデンの東戸塚 袴田めら
菊ちゃんの部屋に入り浸っていても勉強することもなくご飯を作ってもらって漫画を読んでる日吉さんは、追試必至?しかしそんなぐーたらな日吉さんを咎めるでもなく追試になったら自分が勉強を見てあげようと思う菊ちゃんは甘やかし続けるのですが、そうすることで勉強しか能がない自分の存在価値を見出そうとしていたのでした。
しかし次のテストではなんと日吉さんの方が良い成績を取ってしまってびっくり…というかショックですね。
焦る菊ちゃん。
しかし落ち込んでるのは菊ちゃんだけじゃなく、彼女に立ち去られてしまった日吉さんもなのでした。
頭の悪い自分が相手を傷つけてしまうことを悲しんで泣き出してしまう日吉さん。しかし先輩が彼女の肩を抱いているところを見て、菊ちゃんはさらに誤解して、日吉さんを突っぱねるようになってしまうことに。

番外編は中学の時の日吉さんのお話!友達がクラスの男の子が好きだと聞いたのに、その男から告白を受けてしまって、誤解からいじめられるようになってしまった日吉さんが悲しい…。
しかしそんな状態の日吉さんにつけこんで接近する祐天寺先輩がちゃっかりしてる…というかストーカーしてたのか(笑)。

コミカルな作品ではあるんですが、意中の男の子に言い寄られてる日吉さんを見た時のクラスメートや日吉さんの泣き顔など、キャラクターの表情も実に上手く描かれていて、登場人物たちの心境がダイレクトに伝わってくるところも、袴田めら先生の漫画のすごいところですね。

前略、百合の園より 須河篤志
自分で話を書かないことを不思議に思った藤原さんは、自分が会話の経験を手伝ってあげると、以来百合と密着して過ごすことに♪
自分と一緒に居ることで、周りの女子達も百合のことを怖く思わなくなってくるのですが、逆に藤原さんは調理実習の時に使う包丁捌きが怪しくて周りの生徒は逆に藤原さんの方を怖がってしまってるのが楽しい♪一方百合は料理も意外に上手くて、手伝ってあげることで徐々にクラスメートたちとも仲良くなっていくことが出来るのでした。
一緒にお弁当を食べるのに緊張してる百合が可愛い♪そんな百合のありがとうと言う笑顔に女子達もドキーンとしてしまって、スマスタの百合状態(笑)。
そんな風にして皆と仲良くなることが出来始めた百合ですが、一方藤原さんは百合が漫画を描いていることまでしゃべってしまったことに本気で嫉妬を感じ始めます。
実は取り巻きたちにも恐れ多いと思われていたことを百合も知り、せっかくクラスメート達と仲良くなったのに、また百合と藤原さんはお互いの距離を感じてしまうのでした。

ふたり 大朋めがね
それ以来積極的にエッチを求めてくるようになった恋人の美夕に、戸惑いつつも自分も気持ちよくなってしまう彩ちゃん。
素子と景子はあかりとみさと遭遇し、お互い女子同士で恋人同士なことを打ち明けあってしまいますが、恥ずかしがってるみさが可愛い♪
皆でアドレス交換もして、女子同士恋人も出来、話相手も出来たカップルたちは今後もますます幸せな生活を送れそうですね♪

goodアフターヌーン
マテリアルポルカ(古林奈留)
意中の相手沙羅が自分の名前を呼んでくれないのに、るかの名前はどうして呼んでくれるのと嫉妬して夜襲い掛かってくる少女をチェーンソーでやってうけてあげる沙羅が過激(笑)。

4コマnanoエース
ちょっとかわいいアイアンメイデン(深見真 α・アルフライラ)
うつっても構わないからと風邪を引いた姉の結月の看病をしてあげる妹の卯月が健気ですね。しかしお見舞いにやってきた碧生が胸を肌蹴てサービスをしているのを見て大興奮した卯月は胸に顔を埋め、さらには吸い付いてしまって過激(笑)。しまいには碧生のことをおねーちゃんと言い出してしまって、本物のおねーちゃんである結月も立場がなくなってしまうのでした(笑)。

すぱクラ! (高野うい)
立ち湯をしている女子たちを、湯船の底に潜って下から見上げるように鑑賞してる唯子がエロい(笑)。

ヲタ充(柚木涼太)
陸の性感帯を弄る蓮がエロいですが、陸も嬉しそうなので問題なし(笑)。そんな2人をこっそり写真を撮ってしまう少女が一人。彼女は2人の絡みを見たかったということで、2人は百合ってる姿を存分に見せてあげるのでした♪

まんがタイムきらら
華々つぼみ「コドクの中のワタシ」
にゅるにゅるちゃんは宇宙人に寄生されていたんですね。名前も違うという。寄生されてた子は寄生してきた宇宙人の子に惚れていて、なんであんたが好かれてるのと真由をベッドで手錠で繋いで拘束してくるのですが、なんだか彼女も真由に惚れてしまって、結局二人とも真由に惚れてることに変わりはなくなってしまうのでした(笑)。

スマイルスタイル(筋肉☆太郎)
美術部に入ろうと思った百合ですが、そこの顧問絵美先生はこれがまた百合に悩殺されてしまっていて迫ってきたり、サインを入れようとした入部届けがさりげなく婚姻届になってたりして油断できません(笑)。

ひみつの海の人魚姫(青井はな)、「あまゆる。」(マウンテンプクイチ)マイぼーる!(いのうえ空)花のアンドロイド学園((文:山口ひろ美 漫画:加山紀章)、お友達からはじめましょう。(乙ひより)あんハピ♪(ことじ)


恋愛白書パステル3月号

ひみつの海の人魚姫(青井はな)
一般TL誌で百合!な作品が今回も掲載されてます!
女の子同士で付き合うことになり、ラブラブな生活をしてるまりかと日向はケーキを女体盛りでエッチを楽しんでたり(笑)。
ベランダでDIYを始める日向の意外な一面も知るまりかですが、可愛いものが大好きでDIYもしちゃう日向が、実は単に自分を好みのインテリアか何かの1つだと思っているだけなのではないか…と不安な気持ちに駆られます。
新米ネイリストのまりかにもう顧客が付いた…と思ったらなにやら彼女は日向の元カノらしい…?と思ったら実はただの従妹で、日向に憧れていた彼女は今の恋人であるまりかに嫉妬していたのでした。
しかし彼女から、日向が人魚のモチーフが好きなのは、昔好きだった子=自分が言った、スカートがひらひらして人魚みたいだという言葉が気に入っているせいだと教えられ、DIYで作っていたオブジェもその人魚がモチーフになっていることに気づき、日向が昔から自分のことを好きでいてくれたことを再確認するのでした。
そして我慢が出来ずお風呂に乱入。苗字ではなく名前で呼ばせ、「まりか、まりか」と言ってくれる日向とお風呂でエッチするまりかが幸せそうですね。

Webウイングス
彼女×彼女(カノカノ)(大沢あまね)
不思議の国の美人
江戸時代、美人画の絵師だった春影は女の子の絵を描きながら気ままに生活していた。そんな中、幽霊を描くという絵師玉蘭が画集を出すと聞いて、自分も欲しいとミーハー心から駆けつけたところ、初めて出会った玉蘭は何かどこかで見たことがあるような姿。玉蘭に家に来てもらった春影は、行灯の下で彼女の幽霊画を見るのが好きなんだと告白。一緒に見ることになるのですが、本当に幽霊が出てきて…ってこえええ!!
ですが、春影にとっては昔の恋人に会えるきっかけになりそうで嬉しい?

まんがタウン
「てんしんらん漫!」原作:天津・向清太朗 作画:柚原有里
お笑い好きの女子高生ナオは親友で天然ボケのマリアに漫才コンビを組もうと恥じらいながら申し込むことになって、マリアに「誘い受け?」などと言われて百合百合♪シスコンでナオに執着してる兄がいますがナオは彼の事を嫌いで「青い花」の最初の方みたいですね。
柚原有里さんというのは声優さんなんですが、イラストがめちゃくちゃ上手い!可愛い!

●メールフォームからの情報より
ヤングエース 2013年 03月号

いなり、こんこん、恋いろは

いなりと墨染が仲がいい事に多少面白くない三条
一方、いなりに特別な感情を持つ三条に薄々気づき
世間からも歓迎されない恋愛だという事にも気づいた墨染は
三条への想いを諦めようとする

JA 〜女子によるアグリカルチャー〜

黒姫先輩と社の馴れ初め

週刊アスキー

花のアンドロイド学園(文:山口ひろ美 漫画:加山紀章)
先週号と今週号

ソニア のきあ S部コーチ E同好会コーチ
との間に百合?っぽいシーン
雑誌のレビューはありがたいです!週間アスキーに百合っぽい漫画が掲載されてるんですか!それは知らなかった!
情報ありがとうございました〜♪

●Mひよこさんの情報より
この前は 参考にしてもらい、ありがとうございました。
伝え忘れた物があったので、連絡します。

ずいぶん前なんですが、ホラーMに掲載された
渡千枝先生の「鬼薊の思慕」がストーカー系百合でした。
今は入所困難みたいで、またまた中古ですが、
まんがこのミステリーが面白い ! 2011年 08月号にも
収録されたみたいです。(未確認)

それと、かなり昔の作品ですが・・・
さがみゆき先生の「呪われたふたつの顔」は怪奇な百合でした。

両作品共に良い百合度だと、私は感じました。
参考にしてもらえたなら、幸いです(><)
情報ありがとうございました〜。入手困難とのことですが、単行本になったら読んでみたいですね♪

なかよし3月号
ドキドキプリキュア(上北ふたご)
アニメ放送開始に伴い上北ふたご先生のプリキュアも新シリーズ開始!
最初はヒロインは3人のプリキュアで戦っていたんですね。しかしキュアソードに仲間になってほしい……!と強く思う描写がすごい百合っぽいです♪

さばげぶっ!(松本ひで吉)
心が通じているならいますぐここに来て……といううららの念を感じ取ってすぐさま来てくれるモモカが良いですね。ドアに頭ぶつけさせてしまってますが(笑)。
校内に不審者がいると聞いて、本物のターゲットが出来たと喜ぶ美煌たちが怖い(笑)。
それはあからさまに不審者っぽかったのですが、結局母の愛だったのでした。さすがうららや美煌をすぐ受け入れてくれるお母さんです。母娘百合でしたね(笑)。


コミックバーズ3月号

「汗みずくの誘惑」月子
陸上部の先輩と後輩。2人の女子高生たちの揺れ動く心を描いたショート読みきり2本立て!
月子先生の新刊が百合っぽいようですね。これは気になる。

コミックアライブ
ひまわりさん(菅野マナミ)
ラブレターの持ち主の男の子佐々木くんに問いただしたところ、彼はラブレターなんか知らない、それより図書館に漫画表紙の本を置いていいかひまわりさんに聞きたくて見つめていたと言い出すのでした。ラブレターを書いたのは兄。練習用にと言われ、先代ひまわりさん宛てに昔書いていたものを夕に発見されてしまったんですね。
そんなわけで男の子騒動は一件落着。
まつりは、男の子がひまわりさんに告白してきた時、自分の中にやきもちで黒い感情が芽生える自分に気づき、ひまわりさんへの恋心がより明確になるのでした!
そしてまつりもひまわりさんに想いを込めてラブレターを…♪
しかし結局文面が「ひまわりさん好きだー!」だけになってしまって、ひまわりさんの気持ちにヒットするまでには至らなかったのでした(笑)

まんがタイムきららキャラット
マウンテンプクイチ「あまゆる。」
携帯を買ったアヤはハルと初めてのアドレス交換を。ルームメイトで同衾したり抱きしめあったりしてるのが良いですね♪

ビッグガンガン
「アイドルは××××なんてしませんッ!」(柚木涼太)
Wee†Weeとしてデビューして、ついに観客の前でおもらしをしてしまった華恋はさらに恥ずかしい衣装を着させられてカメラの前でおもらしをしてしまうのですが、その写真をおかずにすると言って持ち帰ってしまうすずりがすごい(笑)。
しかしパソコンに取り込んだところうっかりアップロードしてしまって…?華恋がWee†Weeでおもらししてることが皆にバレちゃう?桂奈が怒ってるの良いですね。

ふたごザウルス(大島永遠)
ペンションの集客をしようと思い立ったまさごとちはなですが、海も手伝ってあげるのが良いですね。
迷子の振りをしてペンションに誘い込むまさごとちはなが極悪ですが、父はそんなことはしなくても、ゆっくりやっていけばいいと二人を諌めます。
そしてゆったり一緒に美味しい料理を食べていたところ、あまりに双子たちがおいしそうに食べているので通りがかりの人も気になって、お客さんも徐々に入ってくるようになったのでした♪

ゼロサムワード
お友達からはじめましょう。(乙ひより)
1話弟君の話を挟んで、次のお話ももう姉の女子同士のお話に戻りました。意外と早かった。アンケートが効いた?(笑)
弟に言われ、友達になった二人を遊びに誘おうかと思った明。しかし彼女は友達を自分から遊びに誘ったことなどなく、どう言い出そうか迷った挙句、教科書を忘れて千鶴に借りたり鼻血を出したりとドジを重ねる明ですが、その際すんなりと千鶴を誘うことが出来た明は一歩前進したのでした。
この作品面白いよ!めちゃくちゃ共感する!そういえば私も学生時代、誘われることも少なかったけど自分から誘うことはさらに少なかったな〜。で、たまに誘うと変なとこ連れてってあまり楽しませられなかったり(笑)。ドジなとこも一緒ですしすごい共感する!

ヤングアニマル
マイぼーる!(いのうえ空)
女子サッカーのお話。コーチの男がメインキャラでいるのはネックだけど女子同士一緒に温泉に入って胸触ったりしてスキンシップ深めてるのは良い感じ。
単行本1巻が1月29日に発売!


まんがタイムきららフォワード3月号

原悠衣「きんいろモザイク」
フォワード出張版、隠れんぼして見つけてもらえなくて寂しい綾が陽子たちに向かって「私はここよ!」と涙ながらに訴えるのが可愛い♪

ハナヤマタ(浜弓場双)
バンドが解散することになってしまったヤヤちゃんに「私は傍にいる!」と言って、よさこいに誘うなるですが、「私にかまわないで!」と突き放すヤヤちゃんに、「バカ!」と言ってしまってぎくしゃくしてしまう二人ですが…。

ことじ「あんハピ♪」
先生にクラス全員幸せになると言われた教室のみんな。意中の人(ただの工事の看板)が写ってる大切な写真を見つけてあげたり、「かーわいい!」と抱きついたり、女子同士で親睦を深めるうちに幸せになりつつあるのでした♪

私が彼女で彼女が私で(橘あゆん)
最終回。親にもバレていよいよ元に戻らなければいけないと感じる二人は、古典的な方法として階段から一緒に落ちようかなどと考えるのですがそんなことしなくても、手をつないで話し合うだけで戻ることができたのでした。自分を受け入れることができたら戻ることも出来たんですね。

電撃大王2月号
リコとハルと温泉とイルカ(ヒジキ)
巫女さん姿になったリコは恥ずかしがりまくってますが茜は写真を撮りまくり。ほふう…とため息を付いて眼福してますね(笑)。

私のカノジョ(栗美あい)南国育ち(こむそう)夢色シンパシー(かるは)オリンライジング!(風華チルヲ)


ザ・マーガレット

私のカノジョ(栗美あい)
貴重な少女漫画百合!
ヒロインのふみは彼氏とケンカしていた時後輩の女の子要と一緒に食事をしているうち、ずっと憧れていた、好きだったと告白を受けます。
今まで考えてもいなかった女同士付き合うということに直面し、不思議な感覚になるふみ。その後彼氏と出会っても、今はもう要と付き合っていると言ってつっぱねます。
後日要と一緒に過ごしていたところキスをされるのですが、戸惑って「妹としてるみたい」と言うふみの心情がリアル。しかし要はそんな感想を言われてお茶を濁されても納得できないと、さらにふみを押し倒しますが、ふみはそれを受け入れることは出来ないのでした。
後日、二人が女性同士で付き合っているという噂が立ってしまい、要が会社をやめると言い出したのはそのせいだと思ったふみは「私たち付き合ってる。私が要を好き」と言って彼女を引き留めようとするのですが、同時に自分が何事にも真剣になれない弱い性格なことも彼女に告白。要は「そんな先輩も好きでし…た」と過去形で語り、最後はふみのほうが要に振られることでこの恋は終わりを迎えるのでした。
ほろ苦い…しかしこういう描写は少女漫画ならではですね〜。

つぼみWebコミック

総合タワーリシチ(あらた伊里)
ドアを壊した責任としてなぜか生徒会に入らされることになってしまった神奈。面食いな大王千津留(ってバベルと親交のあった美術部の部長なんですね)は悠も入れようとしますが、こちらはあっさり了承してしまいます。
大王は避けて服部先輩に泣きつく五十嵐さんは彼女のことが好きなのかな?藤はなんだかんだ言ってツッコミ入れてる大王のことが気になるっぽいし、新たなる百合カップルの予感が漂ってますね。
恥ずかしいことを言ってしまったことを恥ずかしがってなかったことにしたがる暁が可愛いですが、なかったことにしたいんだ、私にとってはそんな簡単に忘れられることじゃないの!と拗ねちゃうリカが可愛い。しかしストレートに自分の気持ちをぶつけてくるリカとは逆に、自分の他人に対する距離を曖昧にしてきた暁は受け止めるのが怖いんですね。しかし決心を固めた暁は、拗ねたリカに話を聞いてもらおうとすることに。

銭湯ハワイ かずといずみ
仕事もちゃっちゃと終わらせて銭湯に向かう熊王さんは、愛しのキヨちゃんのためにせっせとチラシ作りをしていて甲斐甲斐しい♪ご褒美に一緒にお風呂に入ってもらったり、背中流してもらう妄想したりして可愛い♪
キヨ母のマッサージは予想していた以上にハードでしたが、結果的には小顔になれてウエストも締まって良い効果があったようですね。ゆくゆくは自分もマッサージ出来るようになりたいというキヨちゃんも将来はこんな感じになるのかな?(笑)
鷲崎杏さん銭湯に来るようになって、いろいろ上手く行き始めましたね。

少女サテライト はみ
新キャラのアリス(アウストラリス)登場で登場人物が偶数に!カップルが作れる数です(笑)。
会うなりかわいいねえと近寄ってくる彼女はレグルスやエルにご執心♪百合度もアップしましたね(笑)。
アリスの相手は誰か…レグルス以外にもエルも可愛いと寄ってくる彼女ですが、仲の悪いというアンタレスと結ばれる線もなきにしもあらずですね。
一方スピカはアリスのことを不審に思っている…?
降下調査なら日本に行きたいというレグルスはオタクだったんですね。
効果調査には他の女の子を行かせ、二人きりになったアンタレスとアリスですが…?

神さまばかり恋をする 一花ハナ
女の先輩と再会し、高校にあがってからもまた陸上部に入るという千佳は彼女にご執心なようですが、幼馴染みのことが大切に思ってるらしき先輩のことが気になり、そんな中接触してきたのはヒワ。先輩と幼馴染みの縁を切っちゃえばいいじゃない、自分がそれをしてあげるとそそのかすヒワの言葉に、思わずそれを了承してしまう千佳。
そんな物騒なことをしようとしているヒワに偶然コトリは出会ってしまい…。

●おーらんどーさんの感想も参考にしてください。
あらた伊里先生の「総合タワーリシチ」では、本格的(?)に生徒会編始動!!!
といっても、会長が4人いたり、その1人が世良だったりするところから察しが付くように(笑)、生徒会といっても基本はちゃらんぽらんずと変わりないという、てかそれ以下とか…。
さらに、会長の内バカのもう一人(爆)である大王(一応名前です)がバベルをよく知っている美術部長(!)だったりとか、なぜか神奈が生徒会にスカウトされて、悠もなりゆきで一緒に生徒会に入ってしまったりとか、もうカオス一直線な感じになってますが、大丈夫ですか、あらたセンセ???(まあ、アホでタラシな大王とキッツいツッコミの藤という、新たなバカ百合ップルも登場したので、良しとしますか(ええっ))
一方、いつかの告白まがいの発言を巡って、暁とリカの関係に変化のきざしが!!!(こちらの百合度は保障済み(?)ですよ)

かずといずみ先生の「銭湯ハワイ」では、お客が少なくなった銭湯ハワイ(&可愛いキヨちゃん)のため、熊王さんが気合の入ったポスターを作って、というお話。
キヨちゃんにも喜んでもらい、そのお礼にと真澄さんの本格マッサージも受けられて、さらに会社の先輩の鷲崎さんの気遣いで喧嘩をしてしまった同僚とも仲直りができて、熊王さんにとってハッピー満点な一日だったという。よかったですね〜。

はみ先生の「少女サテライト」では、なんと新たな星の精アウストラリスが登場!!!
アウストラリスは、レグルスLOVE(!)なところがいいですね。
あと、次の地球降下を巡って、レグルスの腐女子化(笑)が判明したりしていますが、アンタレスは突然のアウストラリスの来訪になにやら不審を抱いているようで…
ということで、今までの単なるほのぼのさから、物語が動き出す雰囲気がしてきて、楽しみですね。

一花ハナ先生の「神さまばかり恋をする」では、受験勉強まっただ中の千佳は、憧れの先輩(♀)に偶然再会するも、先輩の気持ちは幼馴染みに向いたままのことに不満をおぼえてしまい、そんな千佳の心になんとヒワから「縁切り」の呼び掛けがあり、千佳はそれに応えてしまいます。
そして、先輩の「縁切り」をしようとするヒワとコトリが遭遇して…。
いよいよ、「縁結び」と「縁切り」という対極的な神さま同士の関係(対決?)が描かれるみたいですね。
一体、どんな結末が待っているのか、聡香や千佳、しおりといった人間の女の子たちの想いはどうなるのか、目が離せなくなってきましたね。
おーらんどーさん書き込みありがとうございました〜。


まんがタイムきららフォワード2月号

浜弓場 双「ハナヤマタ」
バンドが解散しそうになってるヤヤちゃんをよさこいに誘うハナたち。鳴子もあげてヤヤちゃんを誘うのですが…。

まんが4コマぱれっと
追い風らん♪じゃん♪すろー! びび
ようやく4人そろって大会に出場出来るようになった女子達は、転んだりしながらも最後まで諦めずに走ることが出来、2位だったけど次回は優勝しようねと誓い合いつつ、良い思い出が出来たのでした。

ひなたCafeへようこそ 門井亜矢
ひなたCafeが閉店…!?という騒動から5年後。皆それぞれの道を歩いていて良かったですね。モデルをやってるかすみは相変わらず杏にご執心で、人気者になった後もノーパンで杏を押し倒してきて相変わらずなのでした。
しかし旅行のガイドになった杏も相変わらず楓に押し倒されることを夢見ていてこちらも相変わらず。
そして楓たち姉妹は……両親の都合で海外に行っていたんですね。その間Cafeはお休みでしたが、5年経って戻ってきた際は、ちゃんとCafeを再開して、杏たちをお出迎えするのでした♪

普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。小杉光太郎
熱出しても仕事をしようとするゆかりさんが偉いですが、それを見た奈々子は休んでなきゃ!と言って、大変だけど自分たちだけでその日の仕事をこなすことになるのでした。体調不良でも仕事しなきゃいけないこともあるし、それを支えなきゃいけないこともありますよね〜。社会人の辛さもしっかり描いているのがこの作品の良いところです。

マジでカガク あらたとしひら
新キャラのまなぶはマッドサイエンティスト…つまりみらいとキャラが被ってしまうとまわりも本人も思ってしまうのですが、まなぶとみらいがマッドサイエンティスト対決してる隙にこもんをモノにしてしまおうとしてるのえるがちゃっかりしてる(笑)。

魔女とほうきと黒縁メガネ(へーべー)
髪の短い可愛い幼女を見て、これは誰かと興奮するシェスカさんですが、これは乃梨子の小さい時の写真だったのでした。写真を見るとだんだん成長していく姿が分かるんですが中学生になる頃には立派な中二病になってるのが笑える(笑)。

屋敷はメイドのために!(ぷらぱ)
海水浴に来たメイドたち。砂浜に寝そべってる姿がエロいと感じるサキに、女子同士ブラを外しあってきゃっきゃする女子達。上も下もとれたままなのに構わない女の子までいるのでした。

コミックアライブ
ひまわりさん(菅野マナミ)
最近ひまわり書房に来る男の子はなんかこっち見てる、これはまつりに気があるのだろうと軽く言っていたひまわりさんですが、彼が落としたラブレターの相手が自分だと知ってびっくり。問いただしてくると飛び出すまつりに、どうしていいか分からないとひまわりさんは戸惑うのですが…。

モーニングツー
彼女とカメラと彼女の季節(月子)
神社に参拝するユキは、二人の自然な姿が撮れないことを悩み、自分が空気になれますようにとお祈りをするのでした。
一方図書館で勉強を終わったユキは卒業した後もまた会いたい、と言う凛太郎にもう会わなくなる可能性もある、と想像した途端寂しくなり、涙が溢れてきて思わず凛太郎にキスをしてしまうのでした…!
百合好き的には辛い…しかし今後がますます気になる…!

●おーらんどーさんの情報より
コミックハイ
15才(あさぎ龍)
ついに恵麻さんの想い人「よしのさん」の正体が明らかになりましたね。
今まで恵麻さんが「よしのさん」、杏奈が「吉野さん」と表記が違っていたのは、「よしの」が名前なのか、姓なのかをわざと曖昧にして、性別をカモフラージュするためだったというのは、本当によく考えられていますよね。
やっぱり、作家さんの発想は凄いと思いました。

あと、無意識に恵麻さんが美紅ちゃんとエロいキス(!)をするところを杏奈が妄想してしまったり、また杏奈のスカートの中(わあ!)に顔を埋めさせてほしいと恵麻さんがおねだりしたり、二人がお互いにいつの間にか惹かれ始めていることが描かれていました。
おーらんどーさん情報ありがとうございました〜。

●明後日のデュエリストたなとしんさんの情報より。
ヤングガンガンで連載中の「緋弾のアリアAA」は名古屋間宮三姉妹来襲編がアリアとキャラが被る色物かませキャラ名古屋武偵の風紀委員鯱 国子の名古屋間宮三姉妹への制裁をアリアが対決の末、圧倒阻止し、彼女を嗜め、三姉妹共々名古屋へ帰すという形で幕を下ろしました。
敗北した鯱がアリアに求婚宣言するという
彼女にとって思わぬ誤算はあったものの(笑)
次回からは新章あかりのCランク昇段試験編突入とのことです。
明後日のデュエリストたなとしんさんありがとうございました〜。(´▽`)ノ

ウルトラジャンプ
はやて×ブレード(林家志弦)
ゆかりに傷を負わせてしまった過去が忘れられない綾那は、「打ってくれ」と試合中に自ら志願。それに対しちょっぷを二回食らわせるゆかりは、綾那が自分に怪我を負わせたことより、自分の目を見てくれないことに怒っていて涙まで浮かべていて…。
綾那もごめんと謝るのですが、なんだか二人のよりが戻ってしまいそうな雰囲気?

チャンピオンRED
ゆりめくる日々(海月れおな)
バレンタインにはチョコをもらいまくるより子。でも一番にさゆりがくれたのを食べてあげると言ってくれるのですが、食べようとしたのは別の女の子からのチョコだったのでした。より子があげるチョコははさゆりにだけ!しかもでっかい!さゆりも全部食べてしまって太ってしまうのですが、幸せ太りは悪くないですね♪

クローゼス・ハンマー(速野悠二)
読み切り。悪魔を退治するヒロインは、モテモテの少女に好かれていて、あれこれして鬼を退治した後、ますます彼女に惚れられてしまうのでした。

まんがタイムきららMAX
鴨鳴アヒル『▲コンプレックス』
正月も鋼音と一緒に過ごす円は、親に紹介もできたとラブラブ♪
見ていたテレビでキスシーンが出て意識してしまうのも良いですね。
一方男はのりちゃんと良い雰囲気になりつつあるのでした。

月刊ヤングマガジン
南国育ち(こむそう)
パチスロかなんかが原作のコミカライズらしいです。登場するのは女子ばっか。ハワイを舞台に、女子同士海に行ったり夏祭りに行ったり百合妄想して興奮したりして楽しんでるお話です。
…こむそう先生と言えば「南国ちゅーばっか」という漫画書いてて2巻が出るはずだったんだけど…一向に出る気配がない上同じ出版社でこんな似たような連載をはじめちゃうということは2巻ぽしゃっちゃったのかな?だとしたら残念。

MCあくしず
黒鉄ぷかぷか隊(栗橋伸祐)
ガス中毒になった櫛木(♀)のため、クッキーはなんとマウスツーマウスをしてあげることに!
そこへ間宮もやってきて…?

cocohana(ココハナ)
花物語(小沢真理 原作/吉屋信子)
「雛芥子」は女子同士抱き合うシーンが多い。最後離ればなれになってしまいますが、こんな美しいシーンだったんですね〜。

電撃萌王
ビオトープ(ハトポポコ)
ツイッターにハマってる熊が気になったアンジーですが、自分も始めてみたら大ハマりしてしまうことに。

電撃G’s magazine
ビビッドレッド・オペレーション The4コマ びびおぺ(娘太郎)
数話読み逃してしまったようですが、このコミカライズは相変わらずヒロインと妹とおじいちゃんメインで、前日談として話は進んでいるようですね。
ところで略称ですがびびおぺですか〜…。私今オペと聞くとこれからしなきゃいけない手術のことが頭に浮かんでしまって怖くてしょうがないのですが。まさにオペにビビってる状態なのです(笑)。

オリンライジング!(風華チルヲ)
アイドライジングのスピンオフ漫画。ステージに立つことになったオリンですが自分は着ぐるみで、引き立て役のような形になってしまうのですが、同伴してくれた二人には懐かれて、足に抱きつかれてる様子がちょっとエロい(笑)。

まんがタイムきららミラク
桜Trick(タチ)
年末もついつい長電話しちゃう春香と優。実際に会うのが一番ですけど、出来ないときは電話も良いですよね。メールより相手の声がちゃんと聞けるとほっとします。そしてテレフォンセックスならぬテレホンキスでちゅっちゅしてるのが可愛い♪春香と電話したくてしょうがなかった美月も、ちょっと春香と話が出来て良かったですね。

夢色シンパシー(かるは)
ゲスト。夢の中で二人の女性にヒロイン媛が迫られるお話。現実では二人の性格は結構違っていたんですが、ヒロインと懇意になることは同じなのでした。

おーらんどーさんもレビューを書いてくれました。参考にしてください。
柊ゆたか先生の「Good night! Angel」では、ユリに初めて佳奈と寧々という、念願の殺し屋仲間以外の普通の友達が出来たのはいいけれど…、というお話。
佳奈と寧々とむすバーガーに寄り道している最中でも、お構いなく殺し屋としての指示が来るため、それをごまかすために、いろいろと無理し過ぎなユリと、そんなユリをヤレヤレという感じで心配する殺し屋娘たちの関係がいいですね〜。

待望の単行本ももうすぐ発売される、川井マコト先生の「幸腹グラフィティ」では、リュウたちもいよいよ受験本番ということなんですが、そんな中、両親と別れて暮らすリュウが寂しくないか心配するキリンがいい子です。
さらに今回は、両親に心配かけまいと所帯(!)を持ちたいなどというリュウに、即「許さん!」と返すキリンとか、なにやらとんでもなく重要人物っぽいリュウの両親が、リュウにボディガード(!)を付けたいというのを、リュウが今と違って近付きがたい女の子になってしまうと心配するキリンなど、キリンのリュウに対する想いにもしっかり焦点が当てられていて、よかったですよ〜。

タチ先生の「桜Trick」は、春香と優の大晦日!!!
ということで、新年初めてのあけおめはケータイで春香としたいからと、家族で年越しそばを食べるためケータイを切りたい春香に、切っちゃダメとワガママをいう優、というもはやバカップルな二人の遣り取りにご馳走様でした〜。
そして、もはや恒例の(笑)キスシーンは、いつもと違ってケータイ越しでのチュッチュでございました。

こちらも待望な単行本がもうすぐ発売される、庄司二号先生の「TEI OHー!」ですが、なんと紗江さんが隠れ特撮ヒーローオタクであることが判明!!!
それを偶然知ってしまった葵と雪乃は、無理やり紗江さんのオタ部屋へ連れてこられて、オタ話に付き合わされる羽目に。
ですが、結局、紗江さんオススメの特撮ヒーローもののDVDを見せられて、帝王部でも紗江さんとオタ話で盛り上がる葵と雪乃というところが楽しいですし、他の帝王部の面々も別に隠す必要などないとフォローしてくれるのも仲良しな感じでよかったですね(若干一名、違うのもいますが(笑))

タダタグ先生の「寄り道ファミリ」は、雨の日の史夏たち、ごっこファミリー(!)のお話。
定番の相合傘(!)でいい感じなお父さんとお母さんに、車に水を跳ね掛けられてびしょ濡れになってしまって、結局宿直室に戻った二人とお風呂(!)に入ってはしゃぐサナとか、相変わらずほのぼのした遣り取りがいいですね。

ぼるぴっか先生の「柳暗花明」では、女の子が大好きでモテモテな花先輩が、実はギャルゲーマニアでもあったという(笑)。
しかし、ゲームの女の子にも嫉妬(!)する柳に、ギャルゲーを禁止されてしまった花先輩ですが、秘かにプレイしていることを柳に知られてしまい修羅場ってしまうことに(トホホ)。
そんなこんなで、箒や操を巻き込みながらも(苦笑)、結局は仲直りしてラブラブな柳と花先輩でした、とさ(柳がエスパー(!)であることの小ネタも効いてました)

CUTEG先生の「スイート マジック シンドローム」では、キャラメルに恋する(といっても、使い魔にするとか…)新キャラ、ロクム登場!
という訳で、ワッフルとショコラも加わって、キャラメルを巡っての無謀な(笑)料理対決の結果、なんとかワッフルの勝ちになりましたが、やっぱり甘子が一番だったという(笑)

かるは先生の「夢色シンパシー」では、晴れて大学生になった媛の夢に、大学で仲良くなった春弥とななおが出てきたと思ったら、なぜか性格が違うようで…。
そして次の日、媛が春弥とななおに夢の話をすると、春弥とななおも同じ夢を見ていたことが判明し、三人で夢の謎を探るサークルを立ち上げるという展開に。
現実と夢、それぞれキャラが違う女子大生三人組のキャンパスライフが、どうなっていくのか、期待したいと思います。

奄美あまゆ先生の「Lisa Step!」では、新キャラのマリー先生(女学生風袴姿がラブリーです!!!)が加わっても、相変わらずマイペースなリサたちの日常にホッコリしてしまいますね。
大人の女性ならではの小ネタとかも、楽しいです。

七葉なば先生の「となりの魔法少女」で、ウサに事故で植物人間状態となった弟の夕がいて、いつも心を痛めていることをけぇに教えられたあきは、咄嗟に自分の魔法なら夕を目覚めさせられるかも、とウサに言ってしまい、却って彼女を怒らせてしまいます。
折角、仲良くなった三人ですが、このまますれ違ってしまうのかとても心配だったのですが、けぇがウサとあきを取り持つことによって、以前よりさらに三人の絆が強くなって、本当によかったと思いました。
そして、その中であきが、魔法で人を傷つける「魔法使い」ではなく、魔法で人を笑顔にできる「魔法少女」になるという、真のテーマもしっかり描かれていたのには感動しましたね(シンプルな絵柄も大好きです)

キタノユースケ先生の「わたしと姉は正反対」では、あやを人間界に引き止めることに成功し、また普通の日々が戻ってきたように思っていたなずなたち。
しかし、せりなを魔女界に連れ戻すため、今度はせりなの姉が直接現れたことで、結局せりなとの関係も断たれてしまうことになってしまいます。
そして、次回はついに最終回とのこと、なずなとせりなに、希望は残されているのか、しっかり見守りたいと思います。
おーらんどーさんレビューありがとうございました〜(´▽`)ノ

ヤングアニマル
ゆりキャン〜ゆりかのキャンパスライフ〜(瀬口たかひろ 原田重光)
どうやらまた重要な回…というか最終回が掲載されているヤングアニマルを入手しそこねてしまったらしい…。ゆりキャンの重要な回が載ってるヤングアニマルは速攻で売り切れてしまうんでしょうか?全然売ってないよ!というわけでまたgarbagememoさんのところのレビューを拝借して…
お見合いパーティの船上で、ゆりかは御曹司と沙織の恋の鞘当て。どちらが沙織のハートを射止めるか、という戦いでゆりかは正攻法で沙織に語りかける・・・。
そしてビックリすることに、ラストの手仕舞い方は、純百合物件と言っても過言ではない手仕舞い方であって、沙織との関係性にも一応の決着がついてます。
ゆりかの純百合的な宣言に(条件反射的に)ちょっと感動してしまったり。いや、やっぱり最後はただのスケコマシなんですけどね。わははは。

でまぁラストはなんというか意外にも結構ロマンチックな描画、ストレートな言葉、ハッピーエンド、という感じで今までが今までなんで素直に受け取って良いのか一瞬ぎょっとしますが、展開としては王道の恋物語のラスト。勿論オチもちゃんとついていて、続編とか十分にありそうな感じで終わる、王道的な手仕舞い。いや続編は無いと思いますが(笑い)。
侠気溢れるゆりかの口説き文句とか条件反射的にとはいえ結構グッと来てしまった自分に呆れかえって感動出来ますよ!
純百合といっても過言ではないですか。感動も出来る…終わってしまったのは寂しいけど、これが読めるのは楽しみ!

彼女×彼女(カノカノ)(大沢あまね)
仮面舞踏会の女 後編
小国の令嬢ユーリアは仮面の彼女にお熱。格好よい彼女ですが実はメイドさんだったのでした。ユーリアがとっかえひっかえ女性と付き合ってることに耐えられないと心境を語る彼女。
メイドのサラが思いがけず強い気持ちを持っていることに気付くユーリアですが、なんと自分もメイドになってサラの元に行くラブラブエンドが意外でした!

月刊ニュータイプ
悪魔のリドル(南方純)
兎角にハンカチを入れてあげる晴はとにかく献身的。過去にどんなことがあったとしても何度でも赦してあげると抱きついてくる晴に兎角も思うところがあったようで…。この辺の描写は泣けるなぁ。何をやっても、何度でも赦してくれる相手がいるというのは、本人にとっては本当に嬉しいことでしょう。いえ私も別に何か犯罪をやらかしたとかではないんですが最近また病気が悪化して周りに迷惑かけまくりで生きてるのが嫌になったりもしてるのですが、こんな時に、何度迷惑をかけても赦してくれる相手が一人でもいるのは、それは本当に生き続ける糧になるなぁと思う今日この頃なのです。

マテリアルポルカ(古林奈留)winter wind(記田あきの)など雑誌レビュー

諸事情ありまして全体的に遅れ気味の雑誌レビューです。

モーニングツー
彼女とカメラと彼女の季節(月子)
ユキに言われるまま恋人役を演じる二人。やれやれと思うあかりですが、凛太郎は自分のことを考えてくれることに安心感も感じてしまうのでした。
しかし一方あかりはユキを独占したいという気持ちもあって、写真を撮らせてくださいとユキにお願いしてる下級生の女の子を邪魔してしまうのでした。
子供のような嫉妬心を見せてしまって恥ずかしがるあかりですが、そんなあかりに優しく耳打ちして許してあげるユキが良いですね。というか意識しすぎなあかりが可愛い(笑)。
凛太郎が他の人に見られてることに我慢が出来なくなるのですが、それはあかりに対しても同じかそれ以上の感情を表すことがあるのかどうか気になります。
ユキが狭量なことを可愛いと思って抱きついたり、慰めようと一緒に写真の展示を見に行こうと誘うあかりがいじらしい…。

つぼみWebコミックス
ベツキス 百合原明
倒れていたところを優しく助けてくれた女性に次第に心を許すようになっていく愛麗ですが、いつまでも若い自分とは違う彼女も次第に老いていき、別れの時が来るのが悲しい…。
愛麗という名前はその女性から受け継いだものだったんですね。

ビッグガンガン2月号
アイドルは××××なんてしませんッ!(柚木涼太)
珍しく尿意が落ち着いてる華恋が物足りないと、尿意を催すマッサージをしてやろうかと言い出すすずりがエロい。
しかし桂奈がステージ上で銃を取り出したことから、尿意は来てしまって、冷やしてあげようと氷を股間に押しつけたり、やはり暖めた方が良いと抱きついて股間に体を密着させてあげる桂奈が優しいですね。
しかし結局はお漏らしは我慢出来ず、ついに公衆の面前でお漏らしをしてしまうことに!
しかしファンは恥じらってる華恋の姿が可愛いという声が多数。華恋の人気が落ちることはないのでした。
しかも華恋自身も、自分がお漏らしを恥ずかしく思えていることに安堵してしまっていてめでたしめでたし…なのか(笑)。

春になるとウズウズしちゃう(藤村歩実)
女子のベッドに夜這いしてくる女子が積極的ですが、それを殺してしまう女子が激しい。しかし殺されてもお風呂に入ってきて迫ってくる女子がさらに激しい(笑)。

射〜sya〜(大塚志郎)
大会の雰囲気に威圧される正弓ですが、ライバルのはずの礼無にまでかけ声を送ってあげて礼無は驚いてしまうのですが、正弓曰く礼無が上手く行けば自分も頑張れるとのことで、やっぱり礼無はわからん…と思ってしまうのでした。
そんな正弓自身は美射にかけ声をかけてもらえて、失敗もあってもめげることなくまずまず上手くいって良かったですね。

別冊少年マガジン
カオスウィザードと悪魔のしもべ(山本アリフレッド)
ひとりでは寂しくて眠れないと、自分の部屋にやってくる神無をしょうがないなぁと思う友達のななですが、実はエルのために必死で修行をしている神無が頑張ってることを知り、神無を高く評価している…と思ったらそれだけではなくて、神無のことを「大好き」とまで思っていて、自分の布団に同衾させてあげて抱きしめて…ななも神無のことを好きっぽい!?

●冷酷紳士さんの情報より
今月のジャンプSQのToLOVEる ダークネスで、春菜と小手川がつまづいた拍子に貝合わせみたいな格好になっていました。(どういうこけかただ)
矢吹先生は初期の頃から好きだったんですが、ここまでお色気に走ってくれて感激です。
ToLOVEる ダークネスはちょいちょい百合な絡みもあるんですよね。雑誌、あるいは最新刊をチェックしてみましょう。冷酷紳士さん情報ありがとうございました〜。

まんが4コマぱれっと2月号
屋敷はメイドのために!(ぷらぱ)
バランスを崩したミサですが、サーシャのおっぱいクッションのおかげで助かることに。
ってついでにナチュラルにふにふに揉んでるし!(笑)
ベッドメイクをしていたはずのミサとユイですが、ユイはベッドダイブしてしまいミサはユイにダイブしてしまうことに♪
屋根の上からまでダイブしてしまうのは怖いですが(笑)。
ユイの見えそうで見えないおっぱいに興奮してしまうミサはやっぱりナチュラルに百合です(笑)。

普通の女子高生が【ろこどる】やってみた。(小杉光太郎)
自分たちのセクシーな写真がブログに掲載され続けてるのを見て恥ずかしがる奈々子とゆかり。ローアングルなど性的な見方をしてる際どい写真が多いことから、撮ってるのは絶対男性だと思う2人ですが、実は撮っていたのはマネージャーの沙織さん。そもそも彼女は2人の可愛い姿を一目見て気に入って、それでマネージャー役を自ら申し出ることになったのでした。

追い風らんっ♪じゃん♪すろー!(びび)
そろそろ大会に出たいと思う3人。それにはリレーが良いと思うものの、部員が3人では出場することすら出来ないと知り、メンバーをもう一人集めに行くのでした。
そんな中野球部で活躍してる霞は打ったボールをゆうなにぶつけてしまい、大好きなゆうなを怪我させてしまったことを激しく悔いるのですが、保健室ではなく自分の家まで連れていこうとしてしまってるのがナチュラル(笑)。
ベッドの上でもリレーのメンバーを気にしているゆうなを見て、霞はついに自分がリレーの選手として出場してあげることになるのでした。

マジでカガク(あらたとしひら)

調理実習では、こもんに美味しい料理を作って惚れさせ、自分を「抱いて!食べて!」とまで言わせようとしてるのえるが可愛いですが、怪しい薬のようなものしか出来ません。

しかし最後は愛情だと、りりおに教えられたポーズをとって、こもんにも「カワイイ!おいしいよのえる!!」と言ってもらえて良かったですね。

ひなたCafeへようこそ(門井亜矢)
クリスマスにはオードブルを皆に作ってくるかすみが偉いですが、当たりが一つ、後は全部外れにして、そのうちの当たりはぴったり杏に当てさせてるのがすごい(笑)。

一方杏は楓さんから「プレゼントはわ・た・しv」と言って抱かれようと邪な妄想をしているのでした。
…と、なんだかんだでほのぼのした日々を送っていた皆ですが、突然楓さんからはひなたCafeを閉店すると告げられ…!?


マンガエロティクスエフ

青い花(志村貴子)
あーちゃんとふみの間柄も一気に恋人になり初エッチもして安定…したかのように思えた7巻までの展開でしたが、8巻ではそれが驚くような展開に…!あーちゃんとふみの関係からまだまだ目が離せません!

修学旅行でロンドンに行くことになったあーちゃんや井汲さんは、そこで杉本先輩に再会します。髪も伸ばした先輩はなにやらエレガントな雰囲気(笑)。
そこであーちゃんは自分がふみと付き合うことになったことを杉本先輩に伝えるのですが、「告白されたことなくて…ふみちゃんを傷つけるのが怖くて…」という言葉と涙…!
その意味とは…!?

あしたのあたし2 吉富昭仁
自分が大好きなヒロインは、タイムスリップ出来る能力を活用し、過去の自分とエロエロにセックスしまくるのですが、それだけでは済まなくなってきてさらに時間の違う別の自分までやってきて、女子同士…というか自分同士大乱交大会になってしまうのでした。

goodアフタヌーン
マテリアルポルカ 古林奈留
乙女道を追求する名門女子中学校が舞台のサスペンスファンタジー。女子寮モノで登場するのは女子ばっか。校則違反者や逃亡者は生徒会により殺されてしまう異常な学校で、新入生・アリスの成長と戦いが描かれるそうです。誰よりも大切な親友…と誓いあって仲の良かった女子2人ですが、相手を殺してしまうことになり、その時の生徒会長の美しい姿を見てアリスは見惚れてしまうのでした。

コミックリュウ2月号
まんがの作り方(平尾アウリ)
大学に進学することにした武田さんは政人に、漫画を描く時間とかあるのかとか予備校行った方が良いのかと必死で聞くのですが、ちゃらんぽらんな生活をしている政人はそれに答えられず、悩んでしまうのでした。
それはそうとさちの話のオチが弱い。実は…と話を切り出し森下がスランプになっていることを伝える武田さん。
森下のツイッターを覗いてみると一見何も問題なく仕事を進めているように見えるのですが、文章のおかしさから川口さんは森下が風邪を引いていることを敏感に察し、森下を自分が救わなければいけない、と感じ、ついに東京へ…。


comicスピカNo.14

「winter wind」記田あきの
演奏会で美しくピアノを弾いて、その後花束を渡した少女を優しく抱きしめてあげる女性に憧れて、生徒として彼女が先生をやってる学校に入学する男主人公。
しかし先生に何かとくっついてきて自分にとって邪魔な存在の女生徒がいて、彼女を排除してやろうと続けて演奏することになった場では必死で自分の演奏をし、一方の女生徒は途中つかえてしまい、自分が勝った…と思う男主人公ですが、先生には勝ち負けばかり気にしてる自分が本当に勝ったと思うのかと言われ、その後、落ち込んでいる女生徒を先生が慰めてあげ、少女の時花束を渡してくれた演奏は、あなたのために弾いたのよと言って、唇同士でキスも交わしている二人を見て、男主人公はそもそも二人の間に割って入る隙間もなかったことを知り、悲しみに暮れたまま思いをピアノにぶつけるのでした。
…百合好きからすると男主人公ざまあなお話ではあるんですが(笑)、最後、悲しい気持ちをピアノにぶつけて、それが本心が表れた演奏だったため、聞く人の心を惹きつける演奏を男主人公がようやく出来るようになった展開とかすごい。

Pinky2(天凪青磁)イキモノシステム(ユイザキカズヤ)スクロオル(三島芳治)


電撃大王2月号

『アクセル・ワールド/デュラル マギサ・ガーデン』原案:川原 礫 作画:笹倉綾人
バトルも終了し、自分も戦うことが出来たことにかつてないほどの満足感を感じるリーリャ。それを出来るようにしてくれたのはちあきなのだと実感します。
そんなちあきは祝勝会を二人だけでしようと誘い、二人でささやかな祝勝会をしながらまたリーリャに話しかけるのでした。
ロシア語でリーリャに長々と話しかけることが出来たのは、やはり2ヶ月もの間ロシア語を必死で勉強したせいだと知り、ますますちあきを信頼するようになったリーリャは、ちあきと一緒にいるために、ちあきのためだけに強くなって戦う、自分の全てを捧げてと決心するのがすごい(笑)。
一方優子は胡桃と、こちらもお互い身体を寄せ合ってささやかな祝勝会を交わすのでした♪

『リコとハルと温泉とイルカ』ヒジキ
風邪を引いたハルは、看病をしてくれている優しいリコに向かって「ちゅーして」とおねだり。
一旦は手ぬぐいを投げつけてふざけんなと拒否するリコですが…ハルが眠ってるのを見計らってやっぱりちゅーしてあげることに!
前回と逆で、今度はリコからハルに!
しっかり起きてて、後で真っ赤になってるハルも可愛い♪

…とこのように物語は百合度がさらにあがってクライマックスなのですが、それとは逆に掲載順位は妙に後ろの方に下がってるのが気になる…。皆ここで応援しないとまじで4巻で終了コースですよ!まだ買ってない人は是非3巻まで買ってね!!!

『スクロオル』三島芳治
水泳部の女子3人が冬場暇を持て余すお話。

『紫色のクオリア』原作:うえお久光 作画:綱島志朗
アリスに感謝しておでこにちゅーをして別れを告げたガクちゃんは、ゆかりのいる世界に辿りつくことが出来、ゆかりを抱きしめて、もう進む道を間違えたりしないと決めるのでした。

なかよし2月号
さばげぶっ!(松本ひで吉)
マヤがモデルの仕事に悩みを抱えていると言っているのでもしや自分がモデルの代役になれるのでは…と期待するモモカたちですが、マヤは単に納豆のCMに出るため納豆嫌いが治るよう特訓をしてほしいということだったのでした。モモカは気が乗らないものの協力してあげようとする美煌が良いですね。
一応特訓してあげるものの返って納豆嫌いをエスカレートさせてしまいトラウマレベルになって、代わりにCMに出れることになって喜んでるモモカがひどいw

ネムキ休刊ですかー。「ななめの音楽」が載っていた雑誌が休刊とは寂しい。ただ今は特に百合作品は連載されてなかったんで、百合的には被害はないですね。百合ジャンルは右肩上がりだけど出版不況はやっぱりあるんで、たま〜に百合作品も巻き込まれることがあるんで不幸中の幸いというべきか。4月に創刊される新雑誌に百合作品が多いことを祈りましょう!

つぼみWebコミック
総合タワーリシチ あらた伊里
バベルの面倒をいつも見てあげてしっかりものの都がなぜちゃらんぽらんずにいるのか…と不思議がるカンナですが、都も結果的に結構バベルのお世話になっていて、やはりいるべくしている人材なのだとカンナは知るのでした。お似合いのカップルですよね♪
口数の少ない悠と暁は会話しても意思が疎通できてなくて、こちらはあまり相性良くない?いやでもカンナと一緒の時でも悠はこんな調子のような気もしますけどね(笑)。

エデンの東戸塚 袴田めら
日吉さんと先輩が中学生時代のお話。付き合っているのに一緒に帰ってくれないと寂しがる弓美先輩が可愛い。日吉さんも一緒の高校目指すとは言ってくれてるんですが…結局受からなくていけなかったんですよね。悲しい;;日吉さんの趣味についてもせっせと勉強してあげる弓美先輩が一途だけどちょっと切ないような…。

銭湯ハワイ かずといずみ
近所に設備の整った銭湯が出来て客足が遠のいても、清のために自分はここに通い続けると宣言するかすみ、勢い余って立ち上がってしまって裸が清に丸見えになっているような(笑)。
会社の同期の杏はお昼を誘ってあげたり他のOLから庇ってあげたり、かすみに優しいですね。そんな杏をかすみも銭湯に誘ってあげて客足を増やしてあげようと努力するのですがほかのOLは銭湯に否定的。
結局役に立てなくてしょぼくれて一人で銭湯に浸かってるかすみですが、清も裸になって入ってきて寄り添ってきて嬉しいですね♪
…と、そこへ新たな女性客が一人。杏で新たな3角関係か…と思ったらこれは、意地悪なことを言っていた蜂谷先輩だったのでした。美肌効果に釣られたんですね(笑)。

ふたり 大朋めがね
ティーバッグのやりとりなど喫茶店で前回までのカップルもちらっと登場してますがまた新しい百合カップルのお話ですね。
彩ちゃんが友達と打ち解けないのを見て、自分は彩ちゃんだけいればいいけどちょっと心配な美夕ですが、意外に言う時ははっきり言う彩が、逆に自分のことの方を心配しているのを知って、ちょっとぎくしゃくしてしまうふたりですが、埋まらない気持ちをぶつけるように情熱的にキスをして仲直り。相手を求めるように激しくキスしてるせいで唾液が糸引いちゃってる表現がエロい♪

十二月のハートビート コバノ
つぼみ本誌の続き。ともはきよちゃんのことを「大事な人」と思っていて、きよもクリスマスにもそれ以外の日もずっと一緒に過ごしたいと思うのが良いですね。

ヤングアニマル
ゆりキャン〜ゆりかのキャンパスライフ〜(瀬口たかひろ 原田重光)
禿げててもゆりかの面影を残している親父に沙織も一瞬ぐらつくのですがやはりしっかり拒否。が、そこへ沙織にキスをする社長が不届き者です。浮気性のこの男は結婚はしてもそれは形だけだと言うのですが、まあでも紗織は靡きそうもありません(笑)。
一方ゆりかは依頼人の女性楓と一緒の部屋に来ることに成功。自らスケコマシだと名乗りつつもしっかり彼女をコマしてしまってるのがすごい(笑)。

…と、ここで巻末の告知によると次回最終回とのこと!えええ!!?
ゆりキャンは全5巻か〜。まあ百合漫画にしては長続きした方ですけど…やっぱり惜しい。名セリフも数多く輩出して百合ジャンルの最先端を突き進んでましたし、つくづくすごい漫画でした…。

●おーらんどーさんの情報より。
ペンギンクラブ2月号
今回のペンクラは、天凪青磁先生の初の中編&複数(!)H百合の後編、「Pinky2」が載っていました〜。

前回、仲良しの佐奈子に押し切られるようにHしてしまった郁は、それ以来、なにかと佐奈子とHするようになってしまったのですが、「女の子同士では変」という思いが捨てきれませんでした。
そんな二人がHしているところに現れたのが、最初に佐奈子がHしていた相手である香月先輩。
このままドロドロの修羅場に突入!!!、と思いきや、香月先輩は郁の「女の子同士では変」という思いなど、気持ちよければなんの問題もない、とあっけらかんと否定した上で、そのままあっさり(笑)3Pに移行してしまうことに。

で、最初は郁を佐奈子と香月先輩が攻める方向だったのですが、そのうち、三人でくんずほぐれず状態(爆)になってしまって、三人でラブラブエンドという結果でございました。

ということで、1対1が両想いの基本と思っている人には、単にHで気持ちよくなりたいだけでは、と納得できないかもしれませんが、私とすれば、ヘテロだと、男が一方的に攻めた結果が「気持ちいい」というのが大半であるのに対して、この作品では、三人の女の子がお互いを気持ちよくさせることが、本当の「気持ちいい」ことだと描かれているのがよかったと、前向きに評価したいと思いました。

香月先輩(ほんわか眼鏡っ娘)というキャラも、今までの天凪先生には無かったキャラで新鮮でしたし、Hシーンもいつも以上にエロさだけでなく丁寧に描かれていたのもよかったですよ〜。
情報あざした〜^^

まんがタイムきららキャラット
ユイザキカズヤ「イキモノシステム」
小動物みたいに可愛い女子同士がお互いを愛であうお話。ヒロインの名前がキリだから、きりたんぽにすると抱きしめてあげる女子に、キリもその後柔らかそうな胸に顔を埋めるものの、ポリエステルは嫌いということで残念でした(笑)。絵柄が可愛くて良いですね。

つっつ「ハレハレハレルヤ!」
前後編2話のゲスト1話目。女子同士押し倒したりする展開が。

真田一輝「インプロ!」
帳の母親に会ったことから、帳とは運命なんだね、と言う優希に帳は真っ赤になってしまうのですが、優希は演劇と帳のことについて言っていたんですね。恥ずかしくてますます赤くなってしまう帳が可愛い♪

学園ポリーチェ、15才、女子高生 Girls-Liveなど雑誌レビュー

時間なくてもちょっとくらいは雑誌チェックもやらないとまずい…ということで一般誌の中では私が最もおすすめの雑誌、コミハイレビューです。ちなみに私のクリスマスは大学病院に診察&手術&入院の説明受けに行く素敵な予定が入ってるんですよ!(涙)


コミックハイ!1月号

15才(あさぎ龍)
恵麻と同居することで、にきびの隠し方も教わって徐々にメイクなど大人のたしなみも知っていく杏奈。
恵麻に裸を見られた時は恥ずかしい気がしたものの、考えてみればいつも同級生の裸は見ているんだと気づき、なんで?と自分の気持ちに戸惑います。

掲載誌は一般誌ですが裸とかはわりと描いちゃってる感じですね。
気合いを入れてバイトに行ってきたものの、帰りに話が出来た吉野さんにはやはり別れるよう言われて泣き出す恵麻は慰めてくれと杏奈に抱きついてじゃれてきます。しかしそんな面倒な恵麻を変だとは思いつつ、「吉野さんじゃなきゃだめなんですか?」と聞いて、意味深に押し倒してくる恵麻も、朝パンツを確認しながら股間に顔を埋めてくる(!)恵朝も受け入れてしまう杏奈は、恵麻に心を許し始め、同時に恋心も芽生え始めてきた…?

第2話にして早くも百合度はかなり高いです(笑)。

女子高生 Girls-Live(大島永遠)
女子会でお泊まりすることになり、カナカナがお風呂に行ってる間にAVを観よう…と誘う西園寺ですが、カナカナと一緒にお風呂に入りたいとリアルエロスの欲望が勝ってしまい、カナカナのお風呂に突撃してしまうお花ちゃんがナイス!

裸もガン見して、カナカナの裸体がエロいことを知って興奮するお花ちゃん。予想以上に百合な展開になってくれました♪
単行本3巻が1月12日に発売!カナカナとお花ちゃんの百合結婚!

あいたま(師走冬子)
反抗期になってしまった蓮につきあって自分も不良になってしまうはみちゃん、あいが良いですね。

あいは脱色までして誰だこれ樹里が二人?状態になるのですが、そんな姿を記念にと写メで撮ってる樹里も♪

乱視の国のアリス(ししくらあさこ)
ヒロインがおとぎの国からやってきたシンデレラたちに命を狙われてしまうお話。守ってあげる騎士役の男の子がいるのがちょっとネックですね。

機械仕掛けのメルディーナ(宮ちひろ)
2年後再会したメルは別人のように冷たくなってしまっているのですが、それでも2年の間手紙もいっぱいだして心配して、再会した際は「会えて良かった…」と涙するアリサが良いですね。

姉妹ってこ!(にょりこ)
学校裏掲示板で男と出会って交際を始めようとするゆかりですが、あかねは当然妨害をしてきて、パンツの柄情報を収集してる男の変態さに失望して、あかねと一緒に男を撃退してめでたしめでたしなのでした。

学園ポリーチェ(森永みるく)
みんみん姉に昔ストーカーしてた男が、かかわり合いたくないなどと冷たく突き放していたのは、良心の呵責から今でも強く後悔している気持ちがあったからなんですね。まあ髪掴んで襲ったりしたらそりゃアウトでしょうけども…。この世から消える以外にあいつの心の傷を消せない、本当に大切に思っていたから…これからは幸せになってほしい、自分以外のやつと…と涙ながらに過去について語る男を見て、みんみんもようやく警察嫌いのの気持ちも少し収まることが出来たのでした。
傷ついた被害者の気持ちはもちろんのこと、ストーカーの加害者もその後強く後悔している気持ちまで描けるみるく先生がすごい。
この辺ねえ…分からない人には全然分からないと思うけど、結構ディープなこと描いてるんですよ!
そうですね、昔某先生についてたストーカーも、行為自体は決して良いことではなかったんですが、多分先生のことを好きな余りにそういう行動に出て、後できっと後悔したと思うんですよね。傷ついた被害者、そんな気持ちはないのに傷つけてしまった加害者の気持ちが上手く描かれすぎていて、胸に染みます…。
警察嫌いな気持ちと警察が好きな気持ち、これも上手く描かれてますね。私も昔、ほんのちょっと細い道からほんのちょっと太い道に左折しようとした際に、ほとんど止まるくらいのスピードにして完全に安全確認したのに一時停止ちゃんとしてなかっただろとかせこいこと言われて切符切られてしかも後で確認したら間違えたのかわざとなのか減点点数を正規の道路交通法より高く引かれていることが分かって激怒したものの直接抗議出来る場がなかったり、あとその後も他のことで相談したのに冷たくあしらわれたとかあった時は、そりゃもうすごい警察嫌いになったものですよ(笑)。警察嫌いな人の気持ちも、警察に憧れる人の気持ちも上手く描かれてますね。

一方同じく過去にパートナーを傷つけてしまった記憶を持っている緑も、過去を思い出して真っ青になってる姿を見て、強く抱きしめてあげたい気持ちがふつふつと沸いてきて赤くなってしまう青葉が百合的にも気持ちが進展してきました♪
室長に呼び出された緑は今回の件で怒られてポリーチェを首になるのではとまた一時暗くなることに。

しかし「ポリーチェじゃなくなっても私たち友達だよね?」とずいと迫る青葉にドキっとしたりして、緑も青葉に出会ったせいで以前よりずっと前向きに考えることができるようになっていたのでした。
そんな中、送られてきたメールは緑のかつてのパートナー。緑は彼女に対して負い目を感じているのですが、彼女のほうは全然過去のことなど気にしている風ではなく、むしろ彼女とまたコンビを組めることを喜んでいて…って、また彼女とコンビ組むってことは青葉とのコンビはどうなるの…!
緑の元パートナーというのが、これがまた可愛いんですよね〜。百合3角関係な修羅場になるのは必至?
そういえばみるく先生の漫画は百合要素がある作品がほとんどなんですけど、意外に三角関係というのは少ないんですよね。いえ、もちろんくちための加賀見とか、いなくはないんですがほとんど脇役で話にも絡んでこなくて出番も少ない。百合漫画をこれだけ描いて、3角関係が全然ないのがかえってすごいですが、2巻以降はみるく先生作品にしては新鮮な展開も読めるかもしれません。

毎月コミハイ買ってるんですが、「学園ポリーチェ」は私にとって心のオアシスでしたね。まだガチ百合展開と言える関係までいってませんが、みるく先生の描く人間味溢れる少女たちのやりとりや葛藤、気持ちが通じ合える喜びの描写は、私にとっては特別に心に響くものでした。

ミラクルジャンプ
EX-VITA(古味慎也)
助けを求めるメイドロボは、美波には見えない存在だったのですが、アルマの言うことを信用して、協力してくれて事件も解決してあげる美波が良いですね。そんな美波にアルマも、クリスマスの夜一緒に過ごしてあげようと思うのでした。

4コマNanoエース
ヲタ充(柚木涼太)
ハイキングに来たももの雨に降られてぐっしょり。ちゃっかりひとりだけ傘を持ってきた蓮は、ずぶ濡れの女子の透ける服をもっと透けさせようかと考えたもののやはり相合い傘の方が美味しいだろうということで女子たちを全員入れてあげ、おっぱいに顔を埋めよう…とするのでした。
露天風呂に入った根岸は、そこでお互い裸で陸が蓮にまたがられて、あられもない声を上げているのを見て、コトの真っ最中だったかと思ってドキドキ♪
これはマッサージをしていたということだったのですが、それでもエロすぎ、スキンシップしすぎです(笑)。
夜は連は要の胸に顔を寄せて眠って、とことん美味しい(笑)。

すぱクラ!(高野うい)
温泉部に入る羽目になった水泳部の女子たち、その中の後輩ちゃんは先輩ちゃんを慕っていてガチ百合キャラ。先輩もあーんして指をちゅぱちゅぱ舐めさせてラブラブなのでした♪
その後輩の指を同じように舐める唯子先輩。間接キスだ(笑)。

ちょっとかわいいアイアンメイデン(深見真 α・アルフライラ)
学園祭では拷問喫茶をやることになった拷問部の面々。シウバちゃんをメイド姿にさせてお尻ぶってるのがエロい♪

光宗さんの情報より。
アクセル・ワールド デュラル/マギサ・ガーデン(笹倉 綾人, 川原 礫)
今月のアクセル・ワールド デュラル/マギサ・ガーデン。口から砂を吐くほどの百合でした。
楽しみです♪

■というわけで病院行ってきたんだけど…検査は進まず、治療方針は目処が立たず、なかなか散々な結果でした。なんにも進展してないのに猛烈に疲れた…。ブログも完全に停滞してるのが辛い。

モンスター・ダーリン(山口ねね)「柳暗花明」(ぽるぴっか)桜Trick(タチ)


Young Love Comic AYA1月号

モンスター・ダーリン(山口ねね)
基本へテロなんですけど、ヒロインが吸血鬼の女の子に襲われちゃって、貝合わせしたりディープキスしたりして「きもちいいー!」とよがってしまう展開が良いです(笑)。

別冊少年マガジン
新世界より(貴志祐介)
第9話は早季と茉莉亜のエッチシーン再び!
夏祭りでムラムラしてしまった二人は、人影のないところに二人で移動して、そこでお互いを求めあうのでした…♪
3巻の冒頭に収録されるでしょう。女子同士のエッチシーン目当てで買ってるという人も3巻は買う価値がありますよ〜(笑)。

カオスウィザードと悪魔のしもべ(山本アリフレッド)
身体測定を控え、胸の大きさに自信のないヒロインやあーちゃんたちは前日に豊胸しようと奮闘し、魔法の力でなんとか大きくすることが出来てしまうのでした。
当日、女子たちの身体測定を担当していたのはなんとエル。あーちゃんを含めじっくりしっかり体のサイズを確かめた後、肩などをぺろぺろ舐めたりして、あーちゃんもうっとりしてしまい、その後もドキドキが止まらないあーちゃんはエルに惚れてしまった!?
一方同じく神無も体を見られるのですが、こちらは魔法の影響でなにやら大きくなった胸は残念な感じになってしまっているのでした(笑)。


ヤングアニマルあいらんど

かみさまはなにもしない(三国ハヂメ)
しゃべれないようでしゃべれる変わった女の子みこは家にやってきた後同じ学校にも通うようになり、心配するヒロイン。意外と仲良くやってる…と思ったらやっぱり倒れてしまったみこをヒロインは介抱します。
その後、ブラジャーをしてないことに気づいた姉妹が誘ったことから、ヒロインを含めた姉妹とみこは女子同士一緒にブラを買いに行くことに♪みこのない胸、ヒロインの大きい胸などを姉妹が揉んで、しっかりじゃれあった後食事でも…ということになるのですが、みこは食事はヒロインの作ったご飯が良いと言うので結局ご飯は家で食べることになるのですが、それもまた悪くないのでした。

ステューディオ5(竹内桜)
授業で使う新しいスク水はスカートのようなものがついていてエロいようなエロくないような微妙な感じで一時はがっかりする女子たちですが、あきらが着てみたところこれが意外に可愛くて、水着の裾をじっくりみたり触ったりして女子たちに可愛がられるあきらなのでした。

ハルとナツ(武田すん)
泳ぎ方を指導する女子は後ろから女子の股間を見つつ、興奮してしまうのでした。季節感ガン無視な展開が良いですね。さすが「あいらんど」(笑)。

まんがタウン1月号
涙の数だけ輝いて!(柳瀬ルカ)
コンサートが始まるというのにリーダーの自分以外誰一人来ていないことに愕然とするヒロインですが、唯という女の子はヒロインに叱られることを期待してわざと遅れていて、どMでヒロインが大好きなのが良いですね。

ニュータイプ1月号
悪魔のリドル(南方純)
お風呂に入った兎角が服を脱ぎ散らかしてるのをみて丁寧に畳んであげる晴が甲斐甲斐しい女房です。そのままお風呂にも一緒に入ればいいものを入らないのは、自分の腕にある大きな傷を見られたくないからなんですね。
一方新たに入学してきた女の子4人とも顔合わせするのですが、4人とも標的はやはり晴だと疑っていて…。

ウルトラジャンプ2月号
はやて×ブレード(林家志弦)
自分を「打て!」という綾那、ついにMに目覚めちゃった!?

ヤングアニマル
ゆりキャン〜ゆりかのキャンパスライフ〜(瀬口たかひろ 原田重光)
父親が沙織をコマすなんて冗談じゃないと思うゆりかですが、せっかくコマして解決することを思いついたのにその相手が沙織じゃなくて父親に依頼した女の子というのはどうなんだ(笑)。
不本意ながらも男の子の格好をして依頼主の女の子をくどくことには早くも成功しつつあるゆりか。
一方父親も沙織をくどきにかかるのですが、ズラが取れて禿頭を晒してしまい、こちらは全く成功しそうな予感がしないのが笑えるw

まんがタイムきららMAX2月号
というわけで祝!きんモザアニメ化!
きんいろモザイク(原悠衣)
生徒と楽しそうに話してる烏丸先生の輪の中に入りたいと、影からもじもじして見てる久世先生が可愛いですね。彼女は烏丸先生の観察日記までつけて、めちゃくちゃ烏丸先生にお熱な百合先生だったのでした♪

かなめも(石見翔子)
クリスマスにやってはきてプレゼントは置いていくけど早妃と顔を合わせようとしない父親は、早妃の母親を探す旅をしているんですね。

落花流水(真田一輝)
他の高校の女子たちは、お互いぱんつ丸見えな体制でお互いの足の爪を切り合ってたり、王様ゲームで胸もんだり、さらには女子同士キスも!
百合百合しいですね(笑)。

つぼみWEBコミック
前略、百合の園より(須河篤志)
描いた漫画を見せるよう藤原さんに言われ、それに従う百合。
作中で同性愛が描かれてることに恥じらってるのが可愛いですね♪
しかし藤原さんは「凄いのね」と優しく言ってあげるのでした。
そんな藤原さんに百合は、自分の家に来ないかとお誘い!なんと大胆な!(笑)
藤原さんももちろん拒否などせず、お呼ばれして嬉しそうなのが良いですね♪

ジャンプSQ19
G丸えでぃしょん(河下水希)
最終回。未来から帰ってきたあるとは自分の名前のエロマンガが雑誌に載っていることにびっくり。
しかしこれは明らかに自分の描いたものではなく、同じペンネームを使っている作家によるものなのでした。
そんな中G丸がいなくなってることに気づき、タイムスリップを繰り返してるうちにG丸が消滅しちゃった?エロマンガ描くから最後の挨拶くらいさせてよ、と言っていたところ、G丸は普通に現れ、将来のことは結局よくわからないけど自分に期待してくれるファンもいることを知って嬉しくなったあるとも漫画を描き続けることを再確認し、めでたしめでたしなのでした。

さすがに百合エンドは無理だったか(笑)。まーでも途中百合っぽいやりとりをあれこれ見れたしエロ面白かったんでいいかなー。河下先生には次回はガチな百合漫画描いてほしいですが(笑)。

●おーらんどーさんの情報より。
きららミラク 2月号
巻頭カラーは、1月に単行本も予定されている川井マコト先生の「幸腹グラフィティ」。
大晦日を一緒に過ごすことになったリョウとキリン。
で、今回のメニュー(笑)は、おでんと締めに年越し蕎麦!という訳で、一年間おいしい食事を一緒にすることで、二人の絆もより深くなって、傍目から見ればすでにお似合い夫婦(!)という感じがすごくいいですね〜。

柊ゆたか先生の「Good night! Angel」では、ハゲワシ襲撃に失敗したため、「アイアン・メイデン」(!)の異名をとる美人先生の元で、夏休み中みっちり修行させられることになった、ユリたち殺し屋5人娘。
そんなユリのもとに、クラスメートの佳奈たちから、夏休み最終日に花火のお誘いメールが。
どうしても佳奈たちと遊びたいというユリに先生は、取り上げたケータイを奪い返せたら卒業させてもいいということになり、ユリたちは手強い先生相手に悪戦苦闘の末、見事合格、佳奈たちとも花火を楽しめましたとさ。
で、先生の唯一の弱点が、先生がずっと憧れている、ユリの母親にそっくりなユリの美貌(?)だった、という大人百合なオチもよかったですね(乙女な先生がサイコーでした(笑))

キタノユースケ先生の「わたしと姉は正反対」では、かつて、なずな同様に強力な魔力の持ち主としてせりなに利用され、その復讐のため魔女となったあや。
しかし、なずなたちと親しくする内に、あやは復讐することに躊躇を覚え、結局、復讐を諦めて魔女の世界に戻ることに。
そんなあやと別れることを悲しむなずなのために、せりなが多少強引ですが一肌脱ぐことで、あやをこちらの世界に引き止めることに見事成功(拍手)。
さらに、せりなの魔法で、あやもなずなの家に同居(!)することなって…、というハートウォーム(?)な引きが、また友情百合っぽくっていい感じでした〜。

タチ先生の「桜Trick」では、春香と優のガチ百合ップルが、美月たちと一緒にイルミネーションを見に出かけることに。
春香を意識し過ぎて、キョドる優を見て、二人が喧嘩をしているのではと勘違いして、なんとか仲直りさせようとする美月さんが健気ですね〜。
結局、春香と優の鉄板っぷりは揺るぎませんでしたが、そうなると美月さんの不憫さが却って気になってしまうので、タチ先生、美月さんも幸せにしてやってください。お願いしますね!!!

ゲスト再登場のぽるぴっか先生の「柳暗花明」では、エスパー少女の柳と彼女の幼馴染みで女の子にモテモテな花、さらに花ラブなツンデレお嬢様の箒と柳のクラス委員長の操が、学校のトイレの幽霊(!)を巡ってドタバタを繰り広げます。
怖いものが苦手な柳のために、一緒にお泊まりしてやったり、超能力が暴走した柳を止めるためにキス(!)してやる花が最高ですね。

初登場ゲストのかるは先生の「夢色シンパシー」。
今日は、高校時代は地味っ子で、秘かに夢日記的なものを書いている媛の待望の大学デビュー(!)の日。
ドジっ子でもある彼女は、偶然ぶつかったことで、一挙にななおにモモという女の子の友達ができ、ラッキーと思っていたところ、その夜見た夢に、なんとななおとモモが出てきて、なぜか二人とも微妙に性格が違っているようで。
という訳で、現実と夢、二つの世界での女の子同士の不思議な関係が描かれるみたいで、楽しみです。

こちらも1月に単行本が予定されている庄司二号先生の「TEI OH−!」。
「帝王部」随一の世間知らずお嬢様紅音が、その世間知らずを治すために、なんとバイトをやることに。
紅音がやらかさないか不安な帝王部の面々が、バイトのシュミレーション(!)をやってやったり、なぜか無事決まったバイト先に押し掛けたりと、なんだかんだ言いながら、賑やかで仲良し(若干一名、下心あり(爆))な帝王部の女の子たちが相変わらず楽しいですね。

奄美あまゆ先生の「Lisa Step!」には、新キャラとして、フランス人のマリー先生が登場!!!
彼女は、リサに続いて二人目の外国人教師でありますが、日本贔屓なしっかり者みたいで、リサは終始押され気味(笑)
ただ、意外(?)な弱点もあったりと、これからも大人の女性同士の和気藹々が楽しめそうですよ。
おーらんどーさんありがとうございました〜。私は私事で全然雑誌のレビューできてないし、いやホントに助かりますよ〜。

ちなみに私もミラクはちょっとだけ読んだけど「桜Trick」だけしか紹介出来そうもない。(^^;
まんがタイムきららミラク1月号
桜Trick(タチ)
クリスマスに春香にイルミネーション観に誘われて有頂天になってる美月ですが、実は関係がギクシャクしてしまった優を誘うためのついでの口実だったのが悲しい;;
優と春香はあっさり仲も元通りになって、イルミネーションの幻想的な雰囲気に包まれながらちゅっちゅしてしまうのでした。
毎回ちゅっちゅするお約束を入れながらもちょっと距離が離れたりおねーちゃん絡みの切ない話作ったり、ちゃんと起伏作ってるのがすげー!
ミラクの他の作品も百合っぽいですね。「柳暗花明」辺りは連載になると良いですね。

あああ私もちゃんと自分で雑誌レビュー書きたい!

ところできんモザアニメ化決定おめでとうございます!

15才(あさぎ龍)


コミックハイ!12月号


あさぎ龍先生の百合漫画新連載開始!&森永みるく先生の「学園ポリーチェ」も掲載!「悪戯ちょうちょ」(綾瀬マナ)、「女子高生Girls-Live」(大島永遠)、「あいたま」(師走冬子)、「姉妹ってこ!」(にょりこ)などいつも百合度が高い連載も掲載!で要注目な今月のコミハイです!

15歳(あさぎ龍)
公式サイトの紹介によると…
15才 あさぎ龍
少女は大人の恋を知り百合の世界へと導かれ…
大学生4年生の恵麻と中学3年生の杏奈が同居することになった。がさつな恵麻に振り回されながらも、大人の世界を知ることで成長していく杏奈。そしてその想いはいつしか……。
両親の都合で従姉妹の大学生のお姉さん恵麻の元に同居することになった15歳中学生の杏奈。
恵麻は杏奈に「制服がダサい」などと言ってぞんざいな感じで接してくるのですが、マニキュアを塗ってあげたりクレンジングの仕方を教えてくれたり、杏奈が大人の女性になれるよう、何気なく教えてあげてます。
そんな中、恵麻がつきあっていたらしき吉野という人(女性?)と別れることになってこっそり泣いていたところ、話しかけてきてお風呂に入ろうと脱衣所で服を脱いでいた杏奈は、恵麻さんが実は親戚と言っても6親等もあって実は従姉妹ではなくほとんど他人だと知り、裸を見られることを急に意識してしまうのでした。

美紅という同級生は不良っぽく振る舞っていつつも、学校では結構優等生な杏奈よりさらに成績もよくて、何か杏奈に絡んできそうな予感ですね。
中学生ヒロインが年の離れたお姉さんと一緒に暮らしながら恋心も芽生えそうなドキドキライフ!…っぽい展開が良い感じです♪

悪戯ちょうちょ(綾瀬マナ)
ストレスからか声が出なくなってしまったなのはは、声が出せなくなったことからますます負い目を感じ、以前さくらにはめてもらった指輪まで返してしまいます。しかし気落ちしているなのはを見たさくらは今度は自分がなのはを助けなければ、と強い気持ちを持つことが出来、なのはを抱き寄せて「好きだよ」と告白。

さらには「『ともだち』じゃない」と自分の気持ちを体で表現するため、なのはにキスまでしてあげるのでした…!

学園ポリーチェ(森永みるく)
せっかく助けてあげたのにみんみんに警察嫌いだからとそれ以来無視されるようになってしまった青葉はしょんぼり。なぜ警察嫌いになったかと仲の良いトキワちゃんに尋問すると、彼女のお姉さんが元カレにストーカー行為に悩まされていたのに警察がきちんと対応してくれなくて以来嫌いになったとのことでした。そういえば某先生もストーカーっぽい被害を会われていたと仰ってましたが、ストーカーダメ!絶対!
動いてくれない警察の代わりになんとかしようと、緑と一緒にその男を探し当て、詰め寄る青葉ですが越権行為どころか逆に犯罪予備軍になってることに緑は心配するのでした。

昔パートナーだった子にたいしては、傷つけてしまった痛い記憶だけが残っているようですね。こういうの悲しい…。

女子高生Girls-Live(大島永遠)

扉絵でお花ちゃんの膝枕に顔を預けてるカナカナがめちゃ萌える♪
女子同士お泊まり会をして、エロDVD鑑賞会をしようと企んで興奮していたお花ちゃん、西音寺、サクラですが、急遽カナカナも参加すると言ってやってきて焦るのでした。親に言われたから仕方なくきたと言ってるカナカナですが、結構自分から積極的にやって来たような?(笑)

こどものじかん(私屋カヲル)
公式サイトにも載ってますが扉絵で裸で女児同士抱き合ってる絵がエロすぎて素晴らしいです(笑)。

元美少女戦士の妹(桜沢鈴)

小学1年生の時に見たお姉ちゃんが魔法で美少女戦士になって家を出ていく姿を見て憧れた妹は、自分もそうなろう…と誓って日々正義のために働いていたものの、本当はお姉ちゃんは家を出ていってなどおらず、魔法の力におぼれたばかりに部屋に引きこもってやる気のない情けないニートになっていた…というお話。
ニートになったお姉ちゃんの姿を見て一時はショックを受けるものの、親も家を出ていかせ、2人きりでお姉ちゃんを更正させてあげようとする妹が良いですね。
読み切りということですが続きがあればもっと百合っぽい展開になる可能性もあるかも〜。

姉妹ってこ! にょりこ

親友菜々が彼氏ができたと言ってきて、それがあからさまに変態なのでうそぉー!?と思うゆかり。しかしゆかりはお姉ちゃんのあかねに愛されているから問題ないのでした。

あいたま(師走冬子)

蓮に悩殺されてしまうあいですが…これが蓮!このギャップは確かに悩殺されてしまう!(笑)
その蓮ははみちゃんのケモミミをさわさわし続けていて、やはり彼女相手だと可愛くなってしまうのでした♪
デレてほしくばこれに契約しろと婚姻届けをあいにつきつけてしまう樹里がすごい(笑)。

コミハイはちょっと前に百合をどう思うかというアンケートがついてましたからね。そろそろ効果が現れてきたようです(笑)。
コミハイ、店頭では見かけないんで現物確認できないという人が多いと思いますが、すごく百合的にも美味しい雑誌になってるんですよ。是非ゲットしてくださいませ♪

林檎の木を植える(志村志保子)鳳姉妹のヒミツ(オダワラハコネ)強迫性百合妄想 〜photo syndrome〜(東雲太郎)食べちゃいたいほど愛してる(アジイチ)ドキドキ姫はじめ!(長倉けいこ)

葛市呂さんの情報より。
強迫性百合妄想 〜photo syndrome〜(東雲太郎)
月刊ドラゴンエイジ 2013年1月号 特別読みきり 「強迫性百合妄想 〜photo syndrome〜」東雲太郎 氏 「アマガミ」「キミキス」で知られる方ですが以前「バタフライ キス」という百合漫画を連載していた方でもあるのでした。 中々エロい描写でした
ドラゴンエイジは「京アミ!」が終わったんでチェックしてなかったんですが、なるほど今月号に百合な読みきりが掲載されているのですね。チェックしてみましょう!

ドラゴンエイジ1月号

というわけで私も読みました。
強迫性百合妄想 〜photo syndrome〜(東雲太郎)
夜の学校にオバケが出ると聞いてやってきた女子2人。そこでフィルムに映った女子たちの姿を見て、自分たちももうじき卒業することを実感し、寂しい気持ちになってしまうのですが、抱き合っておっぱいを触り合い吸いあい、キスもして…と、教室の机の上で朝までセックスをすることで怖さ、寂しさも克服することができたのでした。
女子同士、寂しさ怖さが入り交じる中で体を密着させて安心感を得る展開が良いですね〜。

また今月号のドラゴンエイジには、お風呂イラストの小冊子があって、載っているのは全部女子同士ですね。「京アミ!」の女子たちもいます。中にはエロく絡んでるイラストもあって百合的にも良いですね。

ヤングガンガン
食べちゃいたいほど愛してる(アジイチ)
ツイッターのTLでもよく話題が流れてた作品ですね。
ゾンビで警察官なヒロインは、ある日「大丈夫ですか?」と声をかけてきてくてた女子高生に一目惚れして、寝てもさめても彼女のことが気になってしょうがなくなってしまうことに。その後女子高生に折り重なられるようにして密着した際、おっぱい同士がむぎゅと重なってるのが色っぽい♪
女子高生もヒロインのことが好きだと告白してきて、相思相愛だということが分かるのですが、それは相手が腐ったものの臭いとかが大好きな性質があるからなのでした。
読み切りということですが、好評なら続きもあるかも…と期待してみる。

緋弾のアリアAA(橘書画子)
対戦しつつも、あかりと一緒になりたいと思ってしまうひかりが百合っぽい(笑)。


Sweetプチ

ひみつの花園(花門トキコ)
付き合ってる男の従姉妹がヒロインに求愛してきて、ある日縛ってブラを切って裸を堪能、股間にまで手を入れて襲ってこようとして…というところで付き合ってる男がきてしまう話。こういう話は百合好きにはあまり好まれないでしょうね〜…でもTLで百合展開やってるのは結構貴重ですよ。

コンプエース1月号
クイーンズブレイドリベリオン(南崎いく)
クローデットのお仕置きを受けるエリナはぼろぼろ…だけどなんか嬉しそう(笑)。
そんな彼女に修道女が近づいてきて、お尻をまくって挑発するエリナに、修道女は欲情して…というわけではないですがポーズが違ってると、ますますエリナのお尻を露出させ股間に杖を食い込ませてしまうのでした(笑)。
レイナに会いたい…と思うエリナは、やはりまだお姉ちゃんに会いたいという気持ちは持っているようですね。
そしてそれぞれが今後の身の振り方、戦いについて思いを馳せつつ……馳せつつ……物語は幕を引くのでした!

……さすがにここで終わるとは思わなかった(汗)。
とはいえ、百合好きにとってはアンネロッテとクローデットの対戦などのバトルの結末は、そんなに気になるものではなかったかもしれないし、エロい百合描写がたくさん見れたのでこれは満足でした。
南崎いく先生版クイブレ、装飾描写などすごい丁寧に描かれていたんですが、手間もすごいかかっていそうで、正直百合漫画を描くすさまじい才能を持っている南崎いく先生の労力を無駄遣いさせてるなぁという気もしていました。
しかしこれで南崎いく先生も手が空くだろうし、次回作がめちゃくちゃ楽しみです!

…とりあえず「彩百合」にアンケートを送っておきましょうか(笑)。


恋愛白書パステル1月号

何号連続?かつてなかいペースで恋愛白書のエッチありガチ百合作品掲載が続いてます!これは皆さんが購入を続けたりアンケートを書いたりしたことが反映されてるんでしょうね。すごいことです!是非この波を続けさせましょう!

ドキドキ姫はじめ!(長倉けいこ)百合度★★★★★
今(女同士で)キスしてただろう!…いきなり男にこう言われて焦る彩乃とマミですが、相手は彩乃の弟なのでした。
弟は女性同士でつきあってることへの偏見というよりかは、シスコンなためにお姉ちゃんが他の人のものになるのが嫌なために2人の交際を妨害しようとしてくるのでした。
しかし初詣に2人で行った際、酔っぱらい親父に絡まれていたところ弟が颯爽と助けてくれてなかなかいいところもある奴…と二人が見直すかと思いきや、家に帰ってきて弟もいなくて家族が皆出計らっているのはなかなかないチャンス!…と2人は着物を脱がせて姫初めをしてしまうのでした(笑)。
帰ってきた弟が、お姉ちゃんが明らかに女の子とエッチした後っぽくて嘆いてるのがなんか萌えるシチュエーション(笑)。

チャンピオンREDいちご
鳳姉妹のヒミツ(オダワラハコネ)
姉妹で体育用具室で二人きり、縄跳びで跳び箱に縛ってブルマとぱんつを脱がせて股間をぺろり…ってエロすぎですね(笑)。すごい作品ですがオールカラーで4ページということで、果たして単行本になるか?…難しそうな気がするので雑誌でおさえておきましょう。

アイドルプリテンダー(晴瀬ひろき)
ちなみちゃんのおっぱいを揉んでいろいろ教えてあげる、と押し倒してお姫様だっこまでするユイカ先輩が大胆ですが、これは酔っぱらっていたのでした。
気を失ったちなみちゃんを目の前にして、どうしても気になることがあるというユイカ先輩はさらに大胆にちなみちゃんのパンツを脱がせて中身も確認。「やっぱり女の子!」と確認して喜んでるのが可愛い(笑)。

クッキー
林檎の木を植える(志村志保子)
幼い時大切な親友真由果を事故で失ったヒロインみいの前に現れた少女槇は「会ったことない?」と聞いてきてなにやらヒロインと縁があると思ったら、彼女は亡くなった真由果の角膜移植手術を受けていたのでした。2人の今後の関係やいかに。

Web楽園
コレクターズ(西UKO)
朝からしてしまうのも普通な貴子と忍がエロティック(笑)。

楽園まであと…(かずまこを)
オタク女子同士抱き合って愛を確かめる様子が良い感じ♪

●おーらんどーさんの情報より
Pinky(天凪青磁)
ペンギンクラブ1月号
今回のペンクラには、お馴染み天凪青磁先生のH百合、初の前後編の「Pinky」前編が載っています!!!

仲良しの佐奈子が、教室の見回りで遅いのを心配した郁は、音楽準備室で佐奈子とおぼしき女の子が、他の女の子とHしているところを目撃してしまいます。
あわてて、その場を離れた郁ですが、初めて見た女の子同士のHシーンを思い出して、思わずオナニーしてしまいます。
翌日、普段通りの佐奈子に一安心した郁ですが、佐奈子にトイレに呼び出され、昨日オナニーしたことを指摘され、そのまま佐奈子とHすることに…。

という訳で、今回もカワイイ女の子同士のHシーン(もちろん道具なしです!)が満載でしたよ〜。
あと、佐奈子にHされた後、今度は郁が佐奈子にHしてあげて、最後は二人一緒にフィニッシュとなるのですが、百合の場合はHでもリバが可なのは、一方通行ではなく、お互いが好きという気持ちをHで表すことができるヘテロやBLと違う強みだと、改めて思いましたね。

さて、続く後編では、郁と佐奈子の関係がどうなっていくのか、楽しみです(特に、最初に佐奈子とHしていた女の子の正体とか)



まんがタイムきららキャラット1月号

ラッキーブレイク(平つくね)
ちゃこがパチンコ屋でバイトしていると居場所をつきとめた陸はまるでストーカーのごとくパチンコ屋に入り浸り。必死で姿を隠すちゃこは同僚の女性にかくまってもらって、この女性はめちゃくちゃ優しいわけでもないのだけど全く冷たいわけでもなく、元の職場を飛び出したものの自分のデザインした商品が実際に売られているところをあちこちで見て気持ちが揺らいでいるちゃこを一晩自分のマンションに泊めてあげることに。
ベッドの隣をぽんぽんと叩く彼女に導かれて同衾してしまうちゃこが天然ですね。ただベッドの中で「いろいろ経験してみれば」と言われて貞操の危機を感じるあたりはしっかり意識しているようですが(笑)。
その後新しいバイトの面接に向かったちゃこは、そこで陸の弟に偶然出会って…。


モーニングツー1月号

カノカメ表紙で今月は買い!なモーツーです♪
彼女とカメラと彼女の事情(月子)
凛太郎と一緒に撮影することを了承したあかりは、凛太郎とラブラブな格好を自分もノリノリで…というかほとんどやけくそですね(笑)。しかしユキはそんな様子をノリノリで撮って、さらには2人を自分のマンションに招き入れるのでした。アルバムを見て幼い凛太郎の姿がたくさん撮られていることに気づくあかりですが、同時に幼いユキの写真を見て「ちょうかわいい!」と感激することに。
マンションでも恋人っぽいポーズを作るよう注文するユキにやけくそあかりはそれをすんなり受け入れようとするのですが、これは凛太郎の方が「無理だわ…」と根を上げて退散してしまい一安心。
「楽しい?」と聞くあかりに「うん」と答えるユキはあかりだけの写真を撮りまくり、ユキが半裸の写真を誰かに撮られたことが悔しくて布団に潜って泣き出してしまいます。
一緒に毛布に入って抱きしめてあげるユキ。

嬉しい…というより感動したというあかりですが、私も感動した!
その後一緒に夕食を食べながら、別に東京じゃなくてもいい気がしてきた、卒業したら地元の安アパートに一緒に住む?と言い出すユキがプロポーズしてるみたい!
あかりは相変わらずそんな言葉も空々しく聞こえてしまうんですが、そのやけくそモードは…効果ありっぽいですよ!そのまま頑張るんだあかり!(笑)
…とうちの雑誌レビューにしては珍しく私情がたくさん入って力が入ってしまいましたが、めちゃくちゃ良い展開になってきました!
単行本2巻が12月21日に発売!要チェック!

ビッグガンガン1月号
アイドルは××××なんかしませんッ!(柚木涼太)
華恋は桂奈を自分の家に誘って一緒にお泊まりすることに♪ボロ屋でも馬鹿にしたりせず、おもらしをしても叱ったり馬鹿にしたりしたことが決してない桂奈が優しい♪

最近おもらし癖がますますひどくなって、しかも人前でおもらしをする事に対する羞恥心すら忘れかけている自分に真剣に悩んでいるという華恋に、桂奈はじゃあ恥ずかしさを忘れないようにしてあげると(?)、まずは華恋におもらしをさせるようにするのですが、その場で股間を直に撫でさすって出させようとするのがエロすぎる(笑)。
一緒にお風呂に入った桂奈はラブラブ…かと思いきやいきなり裸の華恋に銃をつきつけおもらしをさせ、さらに股間も大きく開かせ、そこを見た後そこにも銃を突きつけ、恐怖におののく華恋は盛大におもらしをしてしまうのでした(笑)。
これで恥ずかしさを忘れることはないだろうと考えた桂奈ですが、その後華恋はそれがトラウマになって、銃のトリガーを引いた音を聞いただけでおもらししてしまう新たな体質が加わってしまったのでした。

射〜sya〜(大塚志郎)
なぜ弓道部に入ったんですかと正弓に聞かれた先輩2人。チカは幼なじみのマナがいるから、一緒に大会に出たくて弓道部に入っているんですね。美射に勧誘された際、力技では弓は引けないと美射に言われ、力自慢のチカは挑戦したものの本当に引けなくて、それに興味を持ってマナは弓道部に入部したのですが、その後を追うためにチカは土下座までして入部させてもらえるようお願い。マナはそんなチカに、腕力で叶わなくても勝負が出来るスポーツだからと、チカと張り合うために弓道部で腕を磨き続けるようになったのでした。
チカとマナがこんなに鉄板だったとは(笑)。

ヤングガンガン
緋弾のアリアAA(橘書画子)
自分の手足になってもらうと桜を襲ってきて、鷹捲りの構えで向かってくるあかりの親戚のひかりという少女に、あかりも同じく鷹捲りで応戦、鷹捲りで激突しあうことに。

ヤングアニマル
ゆりキャン〜ゆりかのキャンパスライフ〜(瀬口たかひろ 原田重光)
社長に言い寄られる沙織は、当然嫌がるかと思いきや、まんざらでもなさげな表情で社長を受け入れようとするのでした。
…と、そこへ武装したハイジャックならぬシージャックが現れ、豪華客船が乗っ取られそうに。無一文の自分は殺されると危機感を持ったゆりかは、武装集団の犯人たちが皆女性であることに気づき、トイレで一人ずつコマしていくのですが、指鉄砲をつきつけ「当たりどころが悪ければはらむわよ」というおどしが怖い(笑)。
しかし次々コマしていくうちこれは本物のシージャックではなく、ストックホルムシンドロームを狙った主催者によるイベントなのではないかと気づくのでした。
相変わらず沙織の側にいる社長ですが、そんな彼を見てゆりかの親父は、とある筋から社長にくっつきそうな奴は消せと依頼された、沙織は俺が落とす、と何やら意気込んでいて…。

コミックリュウ1月号
まんがの作り方(平尾アウリ)
代原の話はどうなったのと聞く川口さんに、はははと珍しく微笑む武田さんが逆に怖いですが、これは考えなしに聞いてはいけないことを聞いた川口さんが悪いのでした。
森下と卓球をしていて筋肉痛だという武田さんの話を聞いて楽しそうだから自分もしたいという川口さんですが、筋肉痛になりたければこれでどうぞと原稿を差し出されてしまうのでした。

少女A(平尾アウリ)
パンツを見せるアイドルだったヒロインが男の子にパンツを見せようとするものの男の子は女の子にパンツを見せることに恥じらいを持ってほしいのでした。非百合ですが一応紹介。

まんがタイムきららMAX1月号
いちごの入ったソーダ水(荒井チェリー)
入学した女子校で、こひめという女の子に慕われつつ女子たちの視線を一身に受けてしまうるなは、女の子たちがみんな自分のボディ目当てだ、女子校はやはりそういうところなのか…と戦慄してしまうのですが、女子校はそんな場所ではないとクラスメートに諭されます。しかしいきなりボディ目当てはなくても、女子同士であれこれはありそう…ということでやはりるなは気が抜けないのでした。

かなめも(石見翔子)
紅葉「狩り」に栗「拾い」、なぜ呼び方が違うのだろうと疑問に思うひなたですが、幼女を狩ろうと拾おうと同じだから大丈夫だとはるかさんなのでした。
もみじ肉食べたかった、ほう…と物憂げな顔をしているかなを見て、誰か愛しい人のことを思っているのか、それは誰だ!と勝手にあたふたしてみかは相変わらずかわいいv

放課後せんせーしょん!(庄名泉石)
引越して皆とお別れになりそうなあおいですが、家族より友達といたいということで自分だけ引っ越さないことを決め百合エンドなのでした。

三種のジンギ!(羽昨あみ)
友達がいままでいなかった女子がいつもの3人と仲良くなって、単行本2巻以降はこの4人がメインになりそう?女子の数が偶数になったせいで百合的に期待出来そうな感じになってきました。

落花流水(真田一輝)
耳掻きしてるあーちゃんと夕をうらやましく思って、自分もされたいという願望がむくむくとわき起こってきた水夏先輩に、秋穂は優しく耳掻きしてあげるのでした。うっとりした顔を隠そうとする水夏ですが、顔を秋穂の股間の方に向ける格好になってしまってかえってエロい(笑)。

コミックアライブ1月号
ひまわりさん(菅野マナミ)
屋台のような占い屋のような、何やら怪しげな本屋(?)を見つけたひまわりさん。そこの店長はこれがあなたが探している本だ、と1冊の本を差し出すのですが、ひまわりさんは本は自分で探すものだ、と言ってそれを拒否…というか自分の本屋の前でこんなのやられたら営業妨害だというのが本音だったのでした。夢で良かったですね(笑)。

涙の数だけ輝いて!(柳瀬ルカ)おーだーメイド(スタジオニナナ)地味なメガネっ娘の私がいかにして派手なぱんつを穿くようになりしか(嶺本八美)ユエラオ(黒咲練導)地獄恋すてふ(おーみや)チカちゃん家は今日も複雑(やまもとまも)兄妹×私=快楽!?(香川智華)

微熱SUPERデラックス12月号
兄妹×私=快楽!?(香川智華)
結婚して夫の実家で暮らすようになったヒロインですがセックスの最中いつも夫の妹に覗かれているのに気づき、見られているということでさらに興奮してしまう自分に気づいていた。妹と2人で話し合う機会が出来そのことが話題になると、妹はやはり自分が見ていることをヒロインが知ってさらに感じてしまっていることも知っていた。元々は兄のことが好きだったんだけどそれは叶わない、しかし兄と好みも似ている自分はヒロインのこともかわいくて仕方ないという妹はヒロインを押し倒し、兄と結ばれなくて慰めた方がいいのかな…と身体を委ねるヒロインですが結局それは建前に過ぎず、妹の自分を見つめる目を見ると興奮してしまう自分はすっかり妹のことを好きになっていて、間近でガン見されつつ夜毎するセックスにヒロインは快感を得るのでした。


百合作品はこれだけですが他にも石井美凜先生のこれの続きのやつとか、守矢ゆうか先生、美粋作家さんなど私好みの作家さんがいっぱいでした♪

つぼみWebコミックス
ベツキス 百合原明
昨晩アレしててぐったりな愛羅。輪とセックスでもしていたかと思ったら、単にホラー映画観て興奮して気力を失ってしまったんですね。観てる映画が吸血鬼モノって…怖くて興奮したというより血が吸いたくて興奮したっぽい(笑)。
心配して駆け寄ってきてくれた輪の首筋の汗をペロリと舐める愛羅の姿がエロいですが、これは思わず血を吸いたくなったのをすんでのところで我慢したっぽい?

ジャンプ改
かげきしょうじょ!(斉木久美子)
女子寮に入って、同室ももちろん女の子ということではしゃぐさらさですが、朝は全然起きれなくてルームメイトの奈良田さんにも見放されてしまい、代わりに委員長に起こされることに。
この寮ではひとりの女生徒につきひとりの先輩が指導にあたるシステムがあって、それを聞いて「おにいさまへ…」や「マリみて」みたいなソロリティ!と目を輝かせてしまうさらさに、周りの女子が「キモい…」とか言ってるあたり、少女漫画だなぁ。いえ、掲載誌は少年誌だったんですが(笑)。
さらさにについた先輩はリサと言い、スタイルグンバツで美人なことにうっとりするのもつかの間、物言いもきつくビシバシ指導してくる彼女がさらさは憧れているオスカルにはなれないよと忠告するのを聞いて涙を流してしまうさらさですが、これはやっぱり高すぎる身長のことを危惧してあげていて、リサもかつて同じような経験をしたからこそさらさに忠告してあげているのでした。さらさも、物言いはキツいけどリサが優しいことに気づき、リサも前向きなさらさを見て、諦めなければひょっとしたら無理目の夢もいつかは叶うかも…と思うことができるようになったのでした。
一方奈良田さんの指導につくことになった先輩は指導はちゃんとするけどおっとりしていて、奈良田さんが肌が白くて綺麗、まつげも長い…とうっとりしながら告白。でもJPX48の推しメンではないんでしょう?とつきかえす奈良田さんですが…?

ニュータイプエース
紅殻のパンドラ-GHOST URN‐漫画:六道神士 原案:士郎正宗
女子が女子のパンツ見てドキっとしてたりするシーンあり。

ヤングエース12月号
おーだーメイド(スタジオニナナ)
両親がいなくなった織田信長の末裔のヒロインが、親友の前田リカと一緒にメイド喫茶やることになって、一緒に協力してくれるリカちゃんがあまりに甲斐甲斐しいので「結婚して!」と迫っちゃったりする4コマ。

スイ〜ツ部!(藤沢カミヤ)
女子同士あーんしてたりして良い感じな4コマ。

まんがライフ12月号
チカちゃん家は今日も複雑(やまもとまも)
母親にベタ惚れな娘が、寄ってくる男を牽制するお話。百合好き作者さんの作品(先月のガチ百合読みきりはめちゃくちゃ良かった…!)なんで応援したいけど娘×母+男あり百合の応援はうちでやってどれくらい効果があるかな〜…(^ω^;)

別冊マガジン12月号
「新世界より」は瞬が死んだというか消えて感動したんだけど、やっぱり百合エンドは無理くさいかな〜。やっぱり今の時点では新世界は百合的には全1巻の感動百合セックス漫画ありがとうございましたということで。そんなことより別マガといえば「カオスウィザードと悪魔のしもべ」ですよ。

カオスウィザードと悪魔のしもべ(山本アリフレッド)
教室で魔法を使って神無をくすぐり責めにするエルの姿が、まるで教室で二人でセックスをしているかのようにエロすぎて神無も思わず彼女のことをエルではなくエロと呼んでしまいそうになるのですが、女の先生も思わず興奮してしまうことに。
そんなエルが最初出会った時はもっと怖い感じの悪魔だったようなと回想する神無ですが、最初会った時に対戦した神無は、なんと苦戦の末エルを倒しちゃったんですね。
願いは何かと聞かれ、神無が答えたのはエルにお姉ちゃんになってほしいということ。それ以来エルは、エロいスキンシップをしながらも、常にお姉ちゃんのようにくっついて神無のことを気にかけてくれて、彼女のスカートの裾をつかんで、ずっと側にいてともじもじしながら告白する神無にエルも、私はずっと神無のしもべですからと笑顔で答えて、2人はなんだかんだ言ってラブラブなのでした♪
単行本1巻が1月9日に発売決定!

きたのゆりおさんの情報より。
マンガ・エロティクス・エフ vol.78
青い花(志村貴子)
うわああああ!ついにこのときがきちゃった。ふみちゃんと付き合いはじめて、これまで浮かび上がったり底に沈めたりしてきたあの思いを、杉本先輩に激白。どうなるの?二人。いいえ、ここから感動の絆へとたどり着くと信じています。
気になる展開ですねえ〜。

4コマnanoエース
ちょっとかわいいアイアンメイデン(深見真 α・アルフライラ)
悠里に誕生日プレゼントをあげたいという苺花は全裸でリボンを緊縛っぽく体に巻き付けた状態で先輩の前に現れプレゼントは自分ですと告白…と、これはリハーサルでやって却下されたのですが、アドバイスを聞いてもそれ以上に過激なアイデアしか皆出してこないのでした。
結局手編みのブックカバーをプレゼントする苺は地味ですが暖かいですね。
今さらですが深見真先生「PSYCHO-PASS」の脚本抜擢おめでとうございます!作品超面白いです!劇中歌も良いけど子供の時にサイコパスという言葉を知るきっかけになったBOΦWYのアルバムまた聞き返してしまってます(笑)。

ヲタ充(柚木涼太)
合宿先は陸と蓮が幼い頃から一緒にいた家だったのですが、陸が蓮の股間のアイスを舐めているエロい写真を撮っている思い出があったりして、幼い頃から二人がエロすぎる(笑)。
根岸は陸を緊縛して迫ってこちらもエロいのですが、緊縛が弱いと陸はダメ出しをしますが、それでも縄の後がついた肌が綺麗だと写真を撮ってしまう蓮に陸も喜んで、お互いよくわかってますね(笑)。
ちゅーしようとする根岸も大胆♪

地獄恋すてふ(おーみや)
地獄からやってきたというヒロインのパンツを見て、転校先の女の子は一目惚れ、スカートの中のゾウさんをもう一度見せてくださいと告白するのですが、自分は男じゃないからそんなものは持ってないと一時は拒否するヒロイン。しかし相手はパンツに描かれたゾウさんを見たかったということに後から気づき、どうぞ見てくださいとまたそのパンツをはいてスカートをめくって見せてあげるヒロインが良いですね。相手はゾウさんにはもう飽きちゃったようですが、今後中身に興味持つ展開を期待(笑)。

すぱクラ!(高野うい)
水泳部とドロレスを対決になり、樹里は絡み合いながらも相手のおっぱいが大きいことを意識してしまってるのが可愛い(笑)。
そして最後は唯子が、水泳部の女の子の水着の中に手を入れてあれやこれやしてコマしてしまい、勝利を収めるのですが、結局水泳部の女子たちも自分たちが所属するすぱクラブに入部させてしまう唯子がちゃっかりしてる(笑)。

G'あんだ〜ぐらうんど(ぷらぱ)
女の子に本気の告白されるという思わぬ事態に、ゲームの中ではなくリアルに女の子とつきあうということはどういうことなのか真面目に考える撫子。同じくわからないというモエですが、こちらは先輩のことが大好きで、自分でも気がつかないうちに女の子好きになっていたのでした。
いろいろ考えたもののやっぱりまだ実感がわかないことを正直に打ち明けた撫子は、まずは友達から…ということに♪

ぺっぱーきゃっとさんのツイート情報より。
あの『蝶のように花のように』柳瀬ルカさんがまんがタウンに連続ゲストで登場ですよ 『涙の数だけ輝いて!』 題材はご自身が好きなアイドルユニットもの。 気苦労の多いセンターを主人公にクセのあるメンバーをまとめるお話。 蝶花みたいに直球で百合ものではないですが、センターに踏まれたいドMメンバーやイケメンで女子に人気のタイプも(本人も好きっぽい)
柳瀬ルカ先生復帰と聞いて、蝶花連載終了以来多分始めてなんじゃないかと思うんだけど、久しぶりに私もまたまんがタウンをチェックしました。
涙の数だけ輝いて!柳瀬ルカ
アイドルユニットのセンターをやってるヒロインな〜ちゃんは面倒見が良すぎてマネージャーのようになっているのですが、ユニットのメンバーはな〜ちゃんに足で踏んでもらいたいと思ってるどMな女の子がいたり、ファンの女の子ひとりひとりをお相手(?)しちゃうガチっぽい女の子がいたりと、全体的に百合百合しいのでした。
短期集中連載とのことですがここは4コマのお約束。当然人気があれば連載化されることでしょう。柳瀬ルカ先生の作品、絶対面白いと思うんだよなー。連載化されて単行本になりますように!

●おーらんどーさんの情報より。
部長に威厳はありません 高橋真弥
高橋真弥先生のwebコミック「部長に威厳はありません」の第二話「部長に選択権はありません」、大分間隔が開きましたが(苦笑)、更新されています。
そして、好評により連載化だそうですよ(ヒャッホウ)

卓球部長だけど激弱な絵夢は、たった一人の部員で卓球最強、性格ドSな恵澄にいじられる日々。

そんなある休日、絵夢は恵澄に遊園地へ誘われる、というか強引に連れて行かれます。
絶叫マシンやお化け屋敷などで、いつも以上に恵澄にいじられる絵夢。
そんな中、着ぐるみの人と卓球するというイベントがあって、絵夢はそれに参加したものの、なぜか着ぐるみの人がやたら気合が入っていてボロ負けに。
さらに、ふと気付いて、遊園地へ来た訳を恵澄に問い詰めた絵夢ですが、恵澄はどうしても答えてくれず、終いには怒り出す始末。

そんなこんなで、家に帰った恵澄でしたが、そこで絵夢が遊園地へ誘われた理由がやっと明らかに(これは読んでのお楽しみということで(笑))
あと、着ぐるみの人も、なにやら恵澄のことを知っているようで…

ということで、恵澄のツンデレっぷりや定番のライバル出現の予感(?)とか、今後の百合展開もいろいろと期待できそうで、たのしみですね!!!
確かに随分間が空きましたね(笑)。時間があったら私も読んでみましょう。

ヤングアニマル
ゆりキャン〜ゆりかのキャンパスライフ〜(瀬口たかひろ 原田重光)
婚活のため豪華客船に乗船したゆりか。ぱっと見はゴージャスなんだけどなぜか残念な雰囲気が漂っているゆりかを誘う男性はおらず、ようやくブサキモ男が一人だけ声をかけてきた…と思ったらその男にすらやっぱりごめんなさいと言われてダンスを一緒に踊る相手もおらずゆりかはあぶれてしまうのでした。
このままではまずいと思ったゆりかはペアで踊ってる男女の女の方にモーションをかけ、あっさり陥落した彼女とダンスを踊る際ドレスをはだけさせおっぱいを揉んで股間にも手を伸ばし、皆が見てる前でコマしてしまうゆりかを見てなに考えてんだと驚愕する沙織たちですが、ゆりかはこれで一人脱落したなどと思っていたのでした。
そんな中、社長も務めていてゆりかが目を付けていた明らかに上玉の男は、ゆりかではなく前髪パッツンの沙織に声をかけてきて…?

電撃萌王12月号
ビオトープ(ハトポポコ)
一緒に同居することになった人間の女の子熊倉さん(熊)に気に入られた天使のアンジー。
一緒にやってきたアミーが肩を揉んでくれてアヘ顔でよがってた熊が、彼女にお駄賃だと5000円もくれているのを見て急に嫉妬心が沸いてくるのですが、隙をついてアミーのお駄賃を盗っちゃうのがひどいw
結局自分も熊にマッサージをほどこすことになるアンジーですがうまく行かず、熊も痛がるし他の子に試してもやっぱり痛がってマッサージの才能が絶望的にないことを知ることに。
マッサージがダメならと自分の得意なハープを奏でるアンジーですが、皆聞きながら眠ってしまいさすが天使(笑)。

●メールフォームから頂いた情報より。
COMIC LO2012年 12月号
「地味なメガネっ娘の私がいかにして派手なぱんつを穿くようになりしか」嶺本八美
叔母が姪のロリメガネっ娘を性的な意味で可愛がります

楽園 Le Paradis 第10号
思春期生命体ベガ 林家志弦
最終回
大団円

ユエラオ 黒咲練導
縄の縛り痕のあるいわくありげな少女の前に内気で豊満な少女が現れ逢瀬を重ねる

コレクターズ 西UKO
最終回

るみちゃんのメール 武田春人

ひたひた 鶴田謙二

14歳の恋 水谷フーカ

走る食堂 飛ぶお酒 竹田昼
食堂車の女の子二人が手を繋ぎながら眠りにつくという小エピソードが紹介されている
実話を基にしたっぽいお話

想いの欠片 竹宮ジン
ミカにトラウマを作った張本人
年上の恋人だったサヤカが文化祭に訪れマユの前に現れる
うおお雑誌のレビューは超ありがたい!私もブログの記事の下の方でこそこそ書いてはいるんですが、いかんせん一人じゃ全然間に合わないんですよね。しかも雑誌掲載情報はそれだけだとそれほど皆注目してくれないから上の方で書けない(どうでもいい情報ばっかり載せやがってとか言われるのですよ…)し。でもいずれ単行本化された時に発売前から百合作品かどうか分かる判断材料になりますし、百合物件探索、ひいては百合情報サイトとして、一番重要なのは実はこの雑誌チェックなんですよね。良かったらまた是非是非情報お寄せください♪
嶺本八美先生、デッサンもしっかりしているしキャラクターも可愛いし、エロくて良い百合描くんですよね。「コレクターズ」、「ベガ」最終回でしたか。黒咲練導先生もエロい百合を描いているようですね。

電撃G's magazine
びびおぺ(娘太郎)
お姉ちゃんが寝ているところに、夜中勝手に潜り込んできちゃう妹が良いですね♪
せっせと家事をしつつもお姉ちゃんが落ち着きがないのを注意するためお説教する妹ちゃんですがお姉ちゃんには逃げられ、また街の人のお手伝いをしているお姉ちゃんにやれやれと思う妹ちゃんですが、でもそんなお姉ちゃんが好きっぽい?
妹ちゃんが予想以上にお姉ちゃんに百合百合だ!

アイドライジング(藤島真ノ介)
サイと同居することになったモモは一緒にお風呂に入り、身体の隅々までチェックされてしまうのですが自分もサイの身体の隅々までチェックしてお返しをしてあげることに。タキさんは会った途端モモを気に入り、おっぱいを触ってパンツの中にも手を入れてきて…この辺の百合シーンもちゃんと再現されていますね。

ニュータイプ12月号
悪魔のリドル(南方純)
自分に無邪気に近づいてくる晴の髪がいい匂いをしていると思っちゃう兎角が良いですね。
寮長(仮)になった兎角は見回りに行くことになり、か弱そうな晴より見回り先の女の子の方が身体能力が高そう(で人も殺せそう?)なことに気づくのでした。

wicca(紺野キタ)もっと!ぎゅっとして わんこ(天凪青磁)篠原こだまの愛のかたち(藤近小梅)

Wings(ウイングス)12月号
wicca(紺野キタ)
教室で自分をじっと見つめてくる女子みずほにウザいから消えてと言うヒロイン春名ですが、じゃあ消すと言われ逆に自分の取り巻きの女子たちを消され、みずほと2人きりの空間に入れられてしまいます。
みずほのことをウザいからといじめていて、結果的に自殺までさせてしまった春名ですが、そんな行為をするようになったのはみずほが男と付き合うようになって自分より男を取ったことが許せなかったからなのでした。
しかしみずほは春名のことを抱きしめてあげて、幽霊になった後もずっと春名の側にいて見守ってあげ続け、春名もうざいと言いながらも彼女が側にいてくれるのに安心しているようなのでした。
紺野キタ先生怖い百合書くなぁ(笑)。


コンプエース12月号

クイーンズブレイドリベリオン青嵐の姫騎士(南崎いく)
トモエの元で修行するアンネロッテ。修行するうちバーサーカー化した時の自分が現れ後ろから抱きしめておっぱいを触ったり首筋に歯を立ててきたりして挑発してきますが、それに乗らずアンネロッテはもうひとりの自分におでこにキスをして受け入れてあげ、少し成長することが出来たのでした。
一方クローデットに呼び出されたエリナは、また自分がお仕置きされるのではとウキウキしていて、こちらのどM化は症状が進行しているのでした(汗)。

あかぷろ(あらきかなお)
夜停電になってしまい、真っ暗な中一人でお風呂に入るのが怖いというあかりのために、お姉ちゃん2人も一緒に入ってあげ、3人で浴槽に入って身体をぎゅうぎゅう押しつけお妹におっぱいも触られつつも、お姉ちゃんたちは幸せそうなのでした♪

放課後アトリエといろ(華々つぼみ)
寧々とすみれの顔を見ると幸せになるという香に、2人ともますますぞっこんになってしまうのでした。


電撃大王12月号

アクセルワールドデュラルマギサガーデン(笹倉綾人)
敵に倒されて残るはリーリャ一人、敵の攻撃一発食らっただけでHPの8割がなくなる弱いリーリャではもはや勝負はあったも同然、と調子に乗る敵ですが、ちあきはどうやらリーリャのために覚えたらしきロシア語で延々リーリャに語りかけ、力を解き放てと激励したところ、リーリャは思いもかけぬ力を発揮し、敵を倒すことが出来るのでした。

リコとハルと温泉とイルカ(ヒジキ)
プール掃除を言い渡されたイルカ部の面々ですが、終わったら泳いでいいから水着で来るようにと言われ、茜はリコの(実物よりも)大きいおっぱいを妄想してそれが見れると俄然張り切って参加することに。
水をばしゃばしゃきゃっきゃした後、ハルとホッケーのようなことを始める茜ですが、滑って止まらなくなりリコに激突。逆に押し倒されるような格好になった時に下から見えたリコのおっぱいに、思わず鼻血が止まらなくなってしまうのでした。
単行本3巻が12月に発売!

ウルトラジャンプ12月号
はやて×ブレード(林家志弦)
ジョジョアニメ化の影響で雑誌が速攻売り切れ、1号入手しそこねて1話飛ばして次の話のレビューです(汗)。
秀耶たちと対戦する夕歩×じゅんじゅん。じゅんじゅんが病み上がりの夕歩のことを気遣っているのが良いですね。しかし夕歩はこっちは大丈夫だから目の前の敵と戦うことに専念しろと、こちらもじゅんじゅんに気遣ってあげるのでした。
一方黒組と対戦することになった玲は黒目が大きい一にプロポーズのような言葉をかけて、祈が「あたしというものがありながら…!」と嫉妬してしまい…?
単行本17巻が12月19日に発売決定!

ASAHIコミックファンタジー
ミニスカ宇宙海賊 峠比呂
5話、扉絵でこっそりチアキちゃんの着てる服を真似て着てる茉莉香が可愛い♪それを後ろから眺めながらうへへとにやけてるチアキちゃんが楽しい(笑)。
チアキちゃんと自分のピンチを救ってくれた父親に、茉莉香も珍しくありがとうご感謝するのでした。

Fellows
でこぼこガーリッシュ(原鮎美)
遠くからミスコンを見つめる織子に小さい花をあげて、着飾らなくても織子はそのままでいいと言ってあげるナッツンが良いですね。しかしボーイッシュでモテモテな織子が大勢の女子に求愛されてるのを見て、彼女の手を引きながらやっぱりミスコンに出させてイメージを変えて女子にモテなくさせようとするナッツンが良いです。

●おーらんどーさん&佑紀さんの情報より。
ペンギンクラブ12月号
「もっと!ぎゅっとして わんこ」(天凪青磁)
タイトルからも分かる通り、以前紹介したわんこ気質(!)のアイドル女子校生ニチカとめがねっ娘保健委員えりによる「ぎゅっとして わんこ」の続きとなっています。
晴れてニチカと両想いになったえりですが、会えばすぐHしてしまうことに気付いて、一ヶ月間はHしないことをニチカに認めさせます。
しかし、文化祭でエロいメイド服を着たニチカと二人っきりになったえりは、結局自分のほうが我慢できなくてニチカとHしてしまい、ラブラブエンドなのでした(笑)
「ぎゅっとして わんこ」では、足舐めとかSMチックなプレイもありましたが、今回はそういう捻りもなく王道百合Hになっていたのが、とてもよかったですよ!!!
情報あざした〜♪

ぺっぱーきゃっとさんのツイート情報より。
篠原こだまの愛のかたち(藤近小梅)
なんだか定期的に百合ものの読み切りが載るチャンピオン。 藤近小梅さんの『篠原こだまの愛のかたち』、告白→玉砕なんだけどなんとも言えない味が。 最近の空灰とかマーニーみたいなもやっとする感じの。 オムニバスなので今回だけ読んでもわかります。ものすごくざっとだ。 一応ギャグテイストなんだけど、いい話のような痛い話のような
ちょっと調べたら可愛い作風の作家さんのようですね。チェックしてみましょう。

月光恋ごころ(蓮見游)人魚姫と恋の宝石(青井はな)ねこ耳娘は猫かぶり(猫原ねんず)珍萌〜ちんもえ〜(中村珍)純情ハレンチキッズ(牛乳リンダ)アッパーガールズ!(そりむらようじ)

恋愛白書パステル12月号
今月もHありの百合漫画が掲載されています!いいぞパステル!さすが人気No.1ティーンズラブ雑誌!
人魚姫と恋の宝石(青井はな)
元同級生の日向(♀)と同棲生活をすることになったまりか。一緒に服を買いに行った際も日向に似合う可愛い服を試着室で着させて、自分もちゃっかり更衣室に入ってきて豊満な日向の裸を横目で見つつ、お揃いになってキスを交わしたりしてラブラブなのでした。

ネイルのお店で働き始めたのに爪を伸ばさず短い爪のままなのも、もちろん日向とエッチをする時彼女を傷つけたくないから。
そんな気遣いはするものの、全然家事はしてなくてお弁当も彼女に作ってもらっていることを職場の女性に指摘され、日向にあきれられてしまう!と危機感を持ったまりかは、バニーガールもどきな姿で色っぽく日向をお出迎え。ネイルもペディキュアもやってあげて、自分なりに日向をお姫様のようにもてなしてあげるのですが、ペディキュアを塗ってあげてる際欲情してしまう自分の感情を抑えられず、彼女の下着をほどいてしまいついでに目隠しもしてエロいプレイになだれこんでしまうのでした(笑)。

しかし自分のことを想ってそんなこともしてしまい、3月の誕生日には再び祝ってくれると言っているまりかが自分の元を離れていきそうもなく、この恋がずっと続くことを知った日向は感激。家事も無理せず一緒にやろうと申し出て、2人のラブラブな生活は続いていくのでした♪

デラックスベツコミ12月号
月光恋ごころ(蓮見游)
ヒロインの月乃は、幼なじみで可愛い苑香に恋をしていた。自分のことをボーイッシュで美人だと言ってくれる苑香。しかし彼女にも好きな男が出来、自分に相談してくる彼女にもどかしい気持ちになる月乃。しかし男にはもう彼女がいて、告白しにいこうとしている苑香が傷つかないように教えてあげようかと思う月乃。しかし苑香の告白しにいきたいという前向きな気持ちを止める必要はないと感じ、ちゃんと告白して振られて、泣きながらも自分の元に戻ってきてくれて抱きついてくる彼女に「神様返してくれてありがとう」と感謝しつつも、月の光のように隠していた自分の苑香の気持ちも、いつかは話そうと月乃は思うのでした。

つぼみWebコミックス
エデンの東戸塚 袴田めら
部長は進学の際、漫研がないからと一時は東戸塚以外の高校に進学しようとしていたのでした。しかし「あたしがいるし」「同じ高校に行きたいっていってくれたらそれでいいんだけど」とごねて結局同じ東戸塚に入学させてしまったツナ先輩が可愛い。二人も百合カップルですね。あっちもこっちも百合カップルですが、袴田めら先生の突き抜けた作風だとそんなことは気になりません(笑)。

ずっと待ってる 杉浦次郎
なかなかなびいてくれないエリのことが好きななっちゃんですが、彼女が彼氏に振られたと聞いて内心大喜び。一緒にお風呂に入ろうと誘って、ぴったり密着♪さらにはエロいオイルマッサージまでしてしまい、だんだんその気になってきたエリも「エッチする?」と聞いて、なっちゃんも一瞬躊躇したものの結局「ごめんやっぱりしたい」と答えてエッチしてしまうのでした。さらにエッチの後はエリのヌードデッサンまでして、事後もエリの身体を堪能してしまうのですが、そこへ彼氏からの電話が。電話を受け取ってすぐにその彼の元に行ってしまうエリですが、なっちゃんは諦めず、ずっとエリのことを待っていようと思うのでした。

エロいけど切ない。最後単純なハッピーエンドではなくビターなエンドなので、これは賛否ありそうですが、個人的には非常に印象に残りました。

まんがタイムきららキャラット12月号
平成生まれ(ハトポポコ)
ロボになりたい藤井さんに自分はロボだと言ってギギギとそれっぽく振る舞ってくれる吉村さんに藤井さんはときめきまくり♪
中川さんの一番柔らかいところを聞く原田さんは、中川さんの柔らかいそこを触りたいんですね♪
佐藤さんは四村さんが居眠りして起きた後も一緒にお話しようと言って良い感じですが、これは寝ている間に四村さんの顔に落書きすることに成功していたのでした。
しかし四村さんの顔に自分の名前を書いてしまう佐藤さんは、四村さんは自分のものだと主張したいんですね(笑)。
正反対の中川さんと佐藤さんが意外に誕生日が同じだったことを知り、お祝いしつつこの6人の共通点は…と考えた結果、やはり共通点はゆとりだのなんだのボロクソ言われている自分たちの世代だということで納得しつつ、お話は幕を引くのでした。

ひとより××(永深ゆう)
手も触れずにブラのホックを外したりスカートをめくったり、果ては雨を降らせて女子の服を透けさせたり槍を振らせてつばめの服を切り裂いたり、もはやひよりのセクハラ技術が神の領域になってきたことに危機感を抱いたつばめは、ひよりにセクハラを禁止するよう命じることに。
意外にあっさりそれを受け入れてしまったひよりは、目の前でつばめがセクシーなポーズを取っていても反応しません。
しかしセクハラをやめたひよりは女子のために培っていた超人的な能力も全部なくなってしまい、テストの成績も平凡な腑抜けになってしまい、見かねたつばめはやっぱりセクハラする女の子に戻りなさい、と自分の胸にひよりの顔を埋めさせ、ひよりもこれまたあっさり元通りに。自分に抱きついたつばめを受け止めてあげて、2人は晴れてラブラブな関係になることが出来たのでした。

というわけで「ひとより××」はここまでで終了!
最後はひより×つばめで落ち着きましたね。
もう1巻分くらい続けていれば、あまねやみぞれが誰かと結ばれる展開も描けたんじゃないかなーと思うと惜しいですが、作品は最後まで百合エロ面白かったです。

ラッキーブレイク(平つくね)
父親が事業を始めると言いだし金を出してあげた陸は、給料はそれなりにもらっていたはずなのに再び弟と住む場所にも困る貧乏生活に。デザイン会社の仕事に加え、バイトでも始めようかと考えていたのですが、結局向かった先はパチンコ屋。1巻でも言っていたビギナーズラックが本当にやってきて、玉がじゃらじゃら出てくる陸ですが、そんな中接待に来たバイトがなんとちゃこでびっくり。陸は思わぬところでちゃこの居場所を突き止めることが出来たのでした。
ちゃんとした他の職が見つかるまでのバイトと思ってやっていたところを陸に見られ恥ずかしくて引っ込んでしまうちゃこですが、弟と知らず、陸が一緒にいた男が気になってしょうがないちゃこが良いですね(笑)。

コミックアライブ12月号
ささめきこと(いけだたかし)
なんと今月号には「ささめきこと」の番外編が掲載されております!夕たちが純夏の誕生日をお祝いしてあげるお話です!これは必見!

ひまわりさん(菅野マナミ)
まつりと立花が喧嘩してしまったと聞き、まつりが他の子と喧嘩だなんて珍しい、と思うひまわりさんですが、立花に誘われたバスケでドジな自分が立花に怪我をさせてしまったことを後悔していると落ち込みつつ語るまつり。
しかし実は立花が怒っていたのはそういうことではなく、学校では猫を被っていて自分の気持ちも表に出さないまつりが、自分のことはひまわりさんみたいに信頼していないのかと怒っていたのでした。
それを知ったひまわりさんは、なぜ自分の前だと自然に振る舞えるんだと素朴に疑問を投げかけますが、それに対して「それはひまわりさんが好きだから…」と答え、告白しちゃった!と恥ずかしがってるまつりですが、これはいつものことなのでひまわりさんは慣れてしまっているのでした(笑)。
まつりは結局調理実習の際立花と気持ちをぶつけ合い、立花たちの前でも猫を被らず素の自分を出すようになって、仲直りできてこちらも良かったですね。

ビッグガンガン12月号
アイドルは××××なんてしませんッ!(柚木涼太)
一応清純派アイドルユニットだったKEIRENに対抗して、勝手に同一人物の2人による本格派お漏らしアイドルWee-Weeをすずりに作られてしまい、それがヒットしてしまったため、KEIRENなんかやめてこれで行こうとすずりに言われ、さらにコンペに出ることになる華恋と桂奈。おもらし姿をさらしながらアイドル活動をやるなんて嫌だ、絶対KEIRENの方を合格させると意気込む華恋ですが、その意気込みが返って緊張からの尿意を呼び起こしてしまい、KEIRENでの審査の時にもお漏らしをしてしまいそうに。モザイクをかけてほしいとお願いする華恋に、自らが股間んの前に立って隠してあげる桂奈が優しいですね。尿意が催してくると歌にも艶が出てきてKEIRENでの審査も無事終了。しかしその後にやったWee-Weeでの審査は、我慢が出来なくなってお漏らししながら歌う姿が審査員の目には美しく映ってしまい、結局どちらも合格。両方ステージに出なければいけないことになってしまいさぁどうする…?

射〜sya〜(大塚志郎)
合宿したもののなかなか腕があがらない正弓は、正面で射ってるこのままでは勝てないと、ライバルの礼無と同じ日置流という形にしたいと申し出るのですが、急に形を変えても上手く行くわけないとみんなに諭されます。実は美射にも過去に急に形を変えて、正面から射って大会がボロボロだった時があったのですが、その時は病弱だった祈が弓道を誘われ、最初は力がなくて弓を引くことすら出来なかった祈のために、急に今までの日置流をやめて、力がない祈でも引けるような今の正面から射る形に変えたからだったのでした。
病室の窓から眺めていた美射の姿にも憧れていた祈ですが、こんなこともあって、それ以来美射に惚れるようになってしまったんですね。そりゃ惚れるわ〜。
そしてそのエピソードを聞いた正弓も感動して、今の形でもう一度射ってみたところ力強い弓を放つことが出来て、やはりこれで礼無と勝負しようと決めるのでした。

アイドルマスター シンデレラガールズ ロッキングガール(ハマちょん)
新連載。第1話を読んだ限り、このアイマス漫画は男プロデューサーなどは出てこず女子同士の関係メインで話が進むようですね。

ふたごザウルス(大島永遠)
遠足にやってきたものの、ここも昔と変わってしまって思い出の木がないと拗ねる海は皆と遊ぶこともせず孤立してしまいますが、まさごが森の中に入って行方が分からなくなったと聞き、それは心配なので自分も躊躇なく森の中に入っていくのですが、無事まさごは見つけることが出来ます。
再会した際、海に抱きついてくるまさごが良いですね。まさごが森の中で探して見つけていたのは、海が言っていた思い出の木。植樹されてまだ残っていたんですね。その木を見せ、街の風景が変わっても大切なものは引き継がれていると語るまさごに、海もまた少し心を許すようになるのでした。

シスターハニービスケット(おみおみ)
最終回。ヒロインは去っていってしまいそうなキリエお姉さまに「大好き!」と抱きつき引き留めることが出来、皆と一緒に仲良く暮らすことが出来たのでした。
結構良いエンドだったし、途中にちょくちょくあった百合エピソードも良かったな〜。それだけに男の子が修道院に入ってくる2巻冒頭数話入りそうな話が惜しい。作風が私好みの少女漫画的だったら買い決定ですよ。ただこの漫画は見ての通り、絵柄もストーリーもかなり萌え寄りなんですよね〜。萌え系が好きで女装男子が出てもOKな人は迷わず買えば良いでしょう。…私はどうしようかな。単行本2巻は12月末に発売とのこと。

まんがタイムきららフォワード12月号
私が彼女で彼女が私で(橘あゆん)
晴れて仲直りもしたので一緒に遊園地デートするあおいとなつきですが、なつきの母親まで付いてきてしまいます。なつきの姿をしたあおいと意気投合して楽しんでる自分の母親を疎ましく思うなつきですが、ちょっとベンチで二人きりになった際は、自分の娘について思ってることを語ってくれて、なつきは外から見ることで自分の母親についてより知ることが出来るのでした。

がっこうぐらし!(海法紀光/千葉サドル)
世界が破滅した後も女子同士が気ままに仲良く遊んで楽しんでるお話。単行本が12月12日に発売。

表紙にクレジットはあるんですが今回は「ハナヤマタ」は休載ですね。浜弓場双先生、百合姫の表紙の件で時間をかけているのかも?

コミックヘヴンVOL.2
ねこ耳娘は猫かぶり(猫原ねんず)
ヒロインの飼い猫が女の子になっちゃった!?というお話。意外に横柄な性格だった飼い猫少女にヒロインはあれこれ言いつけられてしまってどっちが飼い主だかわからないのでした。
ページ数少ないですが単行本化まで行ってほしいですね。

珍萌〜ちんもえ〜(中村珍)
百合好きにもお馴染み中村珍先生が自身の萌えポイントを語るエッセイ漫画。プロフィールに女の子のつま先から頭の先まで大好きと書く中村先生が良いですね。
第1回はYシャツ萌え。透けたり、大人が着るのと少女が着るのとでは全然良さが変わってくるポイントなどをあげる中村先生が濃い。

チャンピオンREDいちご
アッパーガールズ!(そりむらようじ)
主人公男ですが付き合ってる彼女に姉がいて、SM趣味があって妹のことを好きな姉は、妹を縛り付けて乳首や股間にローターをあてて妹をイかせてしまい、今度は学校で裸にして首輪つけてお馬さんごっこをしようなどと言ってくるのでした。

純情ハレンチキッズ(牛乳リンダ)
クラスで小百合というSっぽい女の子に馬乗りにされ、お尻を叩かれ「ヒヒーン」と鳴かされたり、大きくなってきた胸を触り、お医者さんごっこをしようと他の女子たちも交えて触診され、いじめられてる女の子を男の子と先生は助けようとするのですが、実は女の子は小百合にそういうことをされるのが大好きで、なんで邪魔するの!と先生のほうに怒ってきて、小百合とはキスもしてラブラブなのでした。

アイドルプリテンダー(晴瀬ひろき)
小栗が海外へ行ってしまって自分のマネージャーを外れる…と知って寂しく思ってしまうチナミちゃんはうじうじ悩んでいたものの、そんなチナミにユイカが気になるなら直接言いに行った方がいいと、恋敵に塩を送るようなアドバイスをするのは、チナミちゃんのことを本気で想っているからこそなんですね。ちょっと切ないけど健気だ。そんな中パスポートを見たユイカはチナミがの性別欄に男と書いてあるのを見てしまい…性別がバレちゃった?

ゆりめくる日々(海月れおな)
レストランでデートする女子2人に店員が気を利かせてストロー二本差しのジュースを持ってくるものの二本とも自分で咥えて早く飲めるとか言ってるより子がホント残念。しかし机の上に乗り出して、必死でもう一本のストローを咥える沙柚理が健気ですね(笑)。


ジャンプSQ.19

じーまるエディション(河下水希)
玉沢さんは意外に大学進学希望なんですね。それでいいのか、高校でデビュー出来たらどうするんだと真剣に問いただすあるとは進路がめっちゃ気になり、危ないからよせというG丸の忠告も無視してペンタブにアイテムを借りて未来まで自分たちの進路を見に行ってしまうことに。
同人作家志望の佐治さんの志望は一番叶いそうだろうと最初に見に行って、確かに佐治は壁サークルにまで成長していたものの、それは虫擬人かの例の同人誌がブレイクしているということではなく、コスプレイヤーとして自身のBDが爆売れしているという話だったのでした。
玉沢さんはなんと集英社で漫画を描いて…いると思ったら描いているんじゃなくて、姉のコネで入ったそこで編集者の仕事をしているという話だったのでした。
さてあるとは…G丸の言うとおりエロ漫画家になっているのか、それとも自身の願い通り少女漫画家になれているのか…と気になりつつ部屋に入ってみるとそこにはディスプレイに綺麗な少女漫画絵が映し出されていて、夢が叶った!…と思う玉沢さんたちですが、それは自分の絵ではないことを人目でわかったあるとは、自分が他の少女漫画作家さんのアシスタントを自分がしていて、少女漫画デビュー出来てないことを知るものの、部屋から出てきた下絵から、あるとは未来の自分がまだ少女漫画家を目指して頑張っていることを知るのでした。
…と、現代に帰ってきたあるとたちですが、宅配便が届いたと思ったらそこには鏑木あるとの新連載が載っているエロ漫画雑誌が。未来に行ったら現代の状況が変わっちゃった!?

黒川さんと花沢さん(尾崎あきら)ウリとツメ(佐野妙)つみきのR(hatsuko)柳暗花明(ぼるぴっか)ヴァイアンメイデン(新崎コウ 村田真哉)ダンディ☆マニアック(克亜樹)

コミックリュウ12月号
ダンディ☆マニアック(克亜樹)
男性を研究する部に所属している女子たちが女子同士でレズプレイをすることを想像したりしかけたりする展開が。

まんがの作り方(平尾アウリ)
結局武田さんは進学することになったんですね。才能あるのにもったいないという森下ですが……そうかこの業界ではすぐ就職するより大学に進学する方がもったいないんですね。Jリーグとか確かに当たり前の話ですが一般人には結構新鮮に映る。
しかし大学に行っても漫画は描き続けるし、同居も続けるということで良かったですね。進路に迷っていた武田さんのように、自分もひょっとしたら他のことも出来たんじゃないかとふと考えた森下さんが思いついたのは川口弟がしていた卓球。急に卓球がしたくなった森下は机の上で卓球を始めそれに武田さんもつきあい始めてしまって、仕事も勉強もちっともはかどらないのでした。

月刊モーニングtwo12月号
彼女とカメラと彼女の季節(月子)
新創刊の巻頭カラーはカノカメ!
凛太郎とつき合ってと言われたあかりがユキについて思うことは「この人…おかしい!」そりゃそうだw「私の気持ちはどうなるの!」そりゃそうだw
もうユキには自分のことなど眼中にないのではないかと一時は諦めかけてしまうあかりに、凛太郎が慰めにきますが、この時ばかりは彼の肩を借りて泣くしかないのでした。ちゃらそうに見えて意外にウブだった凛太郎は、あかりとつき合う自分の姿もよく分かっていない様子で恋とは何かもよく分かってない感じ。
絶望に打ちひしがれる中再びユキと再会したあかりですが、自分にカメラを向けてくるユキの射抜くような視線にうっとり。まるでルーペで太陽の光を集められたように自分が体の中心から焦げていくように感じます。
そんなユキの視線を自分から離してほしくないあかりは、ユキの申し出を受け入れて、凛太郎とともに被写体になろうと決意するのでした。

巻頭カラーの今回に続いて、さらに次号は表紙らしいですよ!カノカメ盛り上がってますね〜。

まんが4コマぱれっと12月号
3年2組の呪い屋さん(柚木涼太)
最終回。晴れて呪い屋稼業も繁盛してきて、お互いがラブラブなことも分かったローザと小春。小春は呪いが目的じゃなくてローザが目的だったことがばれてしまいますが、ローザも小春のことは好きだったのでした。
呪いの力で皆を助けていこうと決意する一方、自分たちのも叶えようという小春の願いとは、ローザと結婚すること!
結婚できる国まで行く資金も貯めてるという小春が本格的です(笑)。
しかしローザもそれが嫌なわけはなく、キスをして自分の気持ちを示して、大団円なのでした♪

ひなたcafeへようこそ(門井亜矢)
ユキも菊とデキてるっぽくなってきて良い感じ♪

屋敷はメイドのために!(ぷらぱ)
風邪を引いたミサにおでこをくっつけるサーシャですが、ミサがそのサーシャにそのままキスをしてしまうのがすごい!メインヒロイン2人がついに!
ということもあってそんなミサを裸にしてサーシャも汗を拭いてあげて、女子同士妖しいことをしているのを見て他のメイドさんもいけないものを見てしまった気分になるのでした。

魔女とほうきと黒縁メガネ(へーべー)
シェスカは近づいてきたみかんにキスをすることが出来た…!と思ったら出来てなくて、ちょうど直前に首に入ったみかんの締めでシェスカは幽体離脱してしまって唇が接触しかけていたのは幽体の方で、結局お互いの顔は素通りしてしまって残念。
リアナは乃梨子と同衾することが出来て、寝相の悪い乃梨子にはボコボコ手足で殴られてしまうものの、それがかえって気持ちよくて良い体験をすることが出来たのでした♪

まんがタイムきららMAX12月号
かなめも(石見翔子)
美術の時間、好きなものを描きなさいと言われ、かなのヌードを想像して赤くなってしまうみかがかわいいですが、かなが描きたいものもみかで、お互い相手を目の前にして赤くなってるのが可愛い♪
ぬいぐるみとかそういうのでいいんだと気づいた後も結局お互いを描きあうことになるのでした。
そして直が描きたいものとは…なんと「文」と一言。文は怖がってますがこれは本気かも…!
そんな中なにやら新聞屋にはよくわからない督促状が来てたりして、謎が解けそうな感じですが、最終回はまだですよね!?

R18!(ぷらぱ)
社員旅行でプールで遊ぶことになるいつものメンバーですが、ウォータースライダーから滑り降りて来た際、水着の上が取れてしまった桜は大きいおっぱいが丸だし。それをカバーすべく後ろから胸に手をあててあげる里佳子ですが、そのままで済まず思わず揉み揉みしだしてしまうことに(笑)。
男にナンパされるゆう子を香織が格好良いですが、明らかに恋人同士な雰囲気が漂ってる2人が良いですね。
桜が男にナンパされた際は千裕が守ってあげるのですが「俺の女に手をだすな」となにやら感じが違うのでした。
一緒にお風呂に入った後、夜は千裕は桜に、裕美は里佳子の身体の上に重なって寝ていて、それぞれおっぱいの上に顔を埋めて幸せそうなのでした。

つみきのR(hatsuko)
建築科の女子高生たちを描いたお話。
寝起きに友達のスカートめくってパンツを確認するヒロインですが、相手が意外にエロいぱんつをはいていてドキドキしてしまうことに。

別冊少年マガジン11月号
新世界より(及川徹)
早季は、大好きな人を助けるために頑張ることを決意するのですが、大好きな人とは…?

カオス・ウィザードと悪魔のしもべ 山本アリフレッド
進級して暮らす替えになった神無ですが、仲良し3人組と一人だけ違うクラスに…と思ったらこれは魔法のいたずらで、やっぱり同じクラスだったのでした。入学してないエルも一緒に教室に入ってきて、机の上で股を広げて夜のレッスンを講義しはじめるのですが、女の先生がなぜか鼻血出してるのが気になります(笑)。
「新世界」の百合が百合好きの間でもそれ以外でもすごい話題になってて見過ごされてる感があるんですが、この作品も要注目だと思うんですよ。


サンデーGX12月号

デストロ246(高橋慶太郎)
単行本発売に合わせて今月は表紙にも登場。後ほど紹介する予定です。
学校で友達もいなくて居場所がなさげだった少女伊万里を家に住ませてあげる闇医者の女性は、お風呂も一緒に入ろうと声をかけ、寝る時も半裸で同衾してラブラブ。伊万里はなぜか自分の持ってるコンパスに執着していて、それに触ろうとすると態度が急変して殺してきかねない勢いで牽制してくるのですが…?

チャンピオンRED12月号
ヴァイアンメイデン(作画:新崎コウ 原作:村田真哉)
予告漫画が掲載されています。トイレで裸にして写真撮っていじめていた女子が虫がどうのこうのとか言ってたと思ったら超人的な力を発動し…?ガールズバトルものになりそうです。

ゆりめくる日々(海月れおな)
単行本は巻数表記がないですが、雑誌では連載が続いているゆりめくる日々です。
文化祭、沙柚理は一緒に回ることになったより子先輩のメイド姿が可愛いと思うものの、先輩の頭には斧が刺さっていて、これはゾンビメイドというニッチなコスチュームだったのでした。
お姉さまカフェに入ろうと誘う沙柚理は思わずより子のことを先輩ではなく「より子お姉さま」と呼んでしまうのですが、より子は「どんだけぇ〜?」とオネエになってしまうことに。
お化け屋敷に入った際は、出てきたときより子は沙柚理ではなく代わりに幽霊の女の子を連れてきてしまい同伴してしまうのでした。
文化祭の後の花火は、自分で打ち上げの花火を用意してくるより子が豪快ですが、打ちあがった花火には、沙柚理への愛の言葉が綴られていて、沙柚理も幸せな気分になってしまうのでした。

百合探偵ユリアンズ(キムラノボル)
前衛的な演劇をする第3演劇部の舞台装置が荒らされていると聞き、そこへ入部する杏は、大道具を作るのに夢中になってしまい学校に泊まり込むことになるのですが、そこで赤ずきんに扮した自分が、狼に扮した百合に襲われてエッチなことをされる夢を見るのでした。

別冊マーガレット11月号
黒川さんと花沢さん(尾崎あきら)
武士道シックスティーンでも良い友情百合を描いていた作者さんの読み切り。
男にモテるけど全然続かない少女と、モテない少女が縁を切れず、結局2人でいるのが自然なお話。

まんがライフ12月号
ウリとツメ(佐野妙)
運動神経は良いけど運の悪い女の子と、運は良いけどなんか暗い女の子のコンビの話。佐野妙先生も一応連載3本抱えてて全部百合要素がある百合ート作家さんですね。いやこの方は4本くらいあるかもしれない…。薄いのが難点ですが、4コマ作家の中には探せば百合要素がある連載を3本抱えてる作家さんは結構いそうです。

まんがタイムきららミラク11月号
桜Trick(タチ)
水中でキスを交わす2人の姿が美しいですが、これは春香の方がおぼれた振りをして誘ったのでした。あからさまに嘘くさいと分かっていてもちゃんとキスしてあげる優が優しい。
柚と楓は2人で美月会長に胸を押し当ててなんか色っぽいと思ったらいたずらで美月会長はプールに落っことされてしまうことに。
美月会長は泳げないことも災難ですが水着の上MO外れて女子たちにおっぱいを見せてしまいこちらも災難。
泳げない春香と美月に練習させるものの、いまいちやる気がない2りに、コトリはストロー2本差しのジュースを用意し、泳げたらあげるというのですが春香は優と、美月は春香とそれぞれ飲みあう姿を想像してしまうのでした。
そんなことをしてるうちにコトリの妹が現れたかと思ったら、妹はコトリを家に連れ戻す気満々。居候先のしずくにも「お姉ちゃんは私のものよこの泥棒猫!」とつっかかってきて、結局水泳で勝負することに。お互い泳げなかったのですが、最後は頑張ったしずくの方が勝って、コトリは家に帰らずに済むのでした。

柳暗花明(ぼるぴっか)
エスパーな女子が女子同士押し倒したりエロいことを想像したりしたあげく、女子同士で付き合うことになるお話。百合度高い。

小杉センセイはコドモ好き(やまもとまも)トラップホール(ねむようこ)B.B.GIRLS(くみちょう)げんつき(アキヨシカズタカ)Choki'nします?(八月明久)


4コマnanoA(エース)11月号

ヲタ充(柚木涼太)
体育を堂々とさぼる蓮についていく要はそんなことをする蓮にドキドキ。昨晩エロゲー三昧だったからもはや私の脳はぱんつ一色、私はぱんつだからはきなさいという蓮をはこうとしてしまいますが、どういうプレイなんだかよくわかりません(笑)。
根岸は真面目に種目に打ち込んでいたのですが、真面目にやっていたため汗びっしょりで、ブラも透けてしまって思わずおっぱいに見入ってしまう2人。蓮はもっと過激な姿が見たいと、根岸のブラのホックを外して、本人が気づかないうちに乳首まで透けている姿になってしまっていて、要も他の女子たちも大興奮。
今度は同じく大きなおっぱいをしている陸に同じことをしてやろうと考える蓮ですが陸はさらしを巻いて男子に混じってサッカーをしていたのでそれは出来ないのでした。
美しい陸の汗を自分から積極的にあびに行く要が良いですね。
しかしさらし姿が意外と色っぽいせいで男からこれを着ろと服を借りたところ、根岸たちは腐妄想がはかどってしまい、今度の新刊はこれにしようと考えてしまうのでした。

すぱクラ(高野うい)
温泉を掘り当てた女子たちは温泉部に活動費用を一千万円くれと生徒会にかけあうのですが当然却下されてしまいます。
しかし諦めきれないと、唯子は彩にスクール水着を着させ、色仕掛けで生徒会の女子に再度アピールしにいきます…とそこへスクール水着姿の女子がさらに2人乱入してきたと思ったら、彼女たちは水泳部で、冬の間活動できないから温水プールを作ってくれと、生徒会にかけあいにきたのでした。しかし譲ることは出来ない温泉部の面々と衝突することになり何で勝負するか…と言い合いになった結果、唯子が提案したのは泥レス。冗談かと思いきや、先日掘った温泉に土が入ってしまって、どろどろな現場は確かに泥レスの試合にはもってこいの場所になっていたのでした。

ちょっとかわいいアイアンメイデン(深見真 α・アルフライラ)
洗脳部に一時捕まっていた結月があやしい、寝返ったりあっちの部に入ってしまうんじゃないかと心配した拷問部の面々は、急に結月を手厚くもてなすことに。普段の拷問着姿は露出度高くても別に恥ずかしがらない碧生ですが、ちょっとしたバニー姿だと途端に恥ずかしがってしまうのが可愛い♪碧生はさらに、おっぱいに挟んだバナナを結月に差し出してご奉仕をしようとしてしまうのでした。
そして結月が気になっているというSMもさせてあげようと地下へ連れていき、鞭で碧生を思いっきり叩かせてあげ、結月も一時はそれにハマってしまいそうになるのでした♪

生徒会長が百合好きでも問題ナシ!?(うおなてれぴん)
意識してしまってくるみにいつものように肩を揉んでもらうことが出来なくなった可音ですが、くるみは自分のマッサージテクニックが悪いのかと心配してしまい、他の女の子の肩を揉んでしまうことに。せっせとマッサージして、大きな胸を背中に押し当ててするスキンシップ過多なマッサージまでしてるのを見て、嫉妬ではらはらしてしてしまう可音が良いですね。

でじまんっ!(久遠まこと)
主人公が男だけど脇がちょっと百合っぽいような。

G’sあんだ〜ぐらうんど(ぷらぱ)
靴箱に手紙が入っていて、エロゲーばかりやっている自分にまさかとは思いつつ待ち合わせの場所に行ってみる撫子ですが、冗談でもなんでもなくそこには美夏という女の子が佇んでいて、「好きです!付き合ってください!」とプロポーズされてしまうのでした。相手は女の子…と意外に思う撫子ですが、それよりゲームじゃなくて現実の女の子に告白されることに戸惑ってるらしき撫子ですが…?

週刊漫画TIMES
図書館の主(篠原ウミハル)
主人公男だけど新入生の女の子たちが言うことを聞いてくれなくて困ってるヒロインと彼女を助けてくれる女子がちょっとだけ良い雰囲気。

ヤングアニマル嵐
素人AV女優 (川本貴裕)
学生時代は女の先輩と恋仲になり、女子同士電マを入れたりしてエッチをしていたものの、自分とは遊びだった先輩が男に恋をして振られてしまい、以後色恋沙汰とは無縁で一見清純そうな様子になったヒロインが、AV出演で男とやったことをきっかけにその後吹っ切れるお話。

ミラクルジャンプ
EX-VITA(古味慎也)
新しく赴任してきた加賀美志穂は格好良くて仕事も出来るアルマにお熱。シャワーを浴びてるアルマの姿にもうっとりして、思わず2人とも裸なその場で自分が「パートナーになりたいです!」と告白。
なんであんなダメ警察官な美波がパートナーなんだと直訴しますが認めてもらえず、こうなったら手柄を立てて認めてもらうしかないと考えた志穂はひとりで犯人を捕まえようとしますが、変態な犯人に捕まってしまいピンチ。しかしそこを美波が助けにきてくれて自分を助けに来てくれる優しい美波に、今度は惚れてしまい、美波とパートナーになりたい、と求愛するようになってしまうのでした。
百合度がますます高くなってきました(笑)。

まんがくらぶ11月号
小杉センセイはコドモ好き(やまもとまも)
百合アンソロジーdolceでも素敵なキス百合を描いていたやまもとまも先生が登場!まんがくらぶでもやっぱりすごい百合度高かったです(笑)。
ゆりがおか保育園で保育士をしている小杉先生は女の人だけど女の子、しかも幼女が大好き!…というお話。
悪いことをしたらお尻をぺんぺんするどころかお尻をぺろぺろしてパンツをおろしてしまおうとしたり、怪我をしたら舐めて消毒をしようとする小杉先生に、胡桃たち幼女もどん引き。「ロリコン!」と言って小杉先生の毒牙にかからないよう、自分で自立しようとするのでした。
かなり際どいお話だけど面白かったw連載化希望!…って言おうと思ったんだけど、次号から新作で連載って別の作品でってことなのかな?とりあえず次も載るのは良いことだ。次号も百合なのだと良いなぁ。

コミックゲートアッパー
虹晴の従姉(砂音鈴)
夏祭りに一緒に行くことになった3人。はしゃぐ夕凪と朝霧を目にし虹晴は二人が巫女舞をやったら可愛いだろうなぁと妄想はするものの、なんか危なそうだからと結局やらせないのでした。テキ屋で出会った麗は、買った方が双子を手に入れると言い出すものの将来のオリンピック候補と言われるほど射撃の腕前のある麗相手では危ない…と思ったら勝手にカラオケ大会に出ていて難を逃れてる双子。
双子を手に入れられず寂しい麗ですが、最後金網によじ登って双子に感謝の言葉を言われ、麗も幸せを感じることが出来ることに。
その夜虹晴は双子に肩を露出されて誘惑されたり帯ほどきごっこしたりシャワー浴びたりで、こちらもさらにその後幸せな生活を送りつつ、3人が幸せな感じで本編は幕を閉じるのでした♪

…と思ったら直後の番外編では終わりかけてる世界を夕凪がいきなり救って3人で結婚して…って無茶苦茶な展開(笑)。これは先生に言われた進路希望を考えていた際の妄想だったのですが、ツッコミを入れた虹晴も結局3人で結婚する将来しか思い浮かばず、3人で結婚しましためでたしめでたし以外の結末は3人とも思いつかないのが楽しいですね。

掲載元の電子書籍自体コケている感じなんで厳しい話だとは思いますが……やっぱり単行本化希望!

ヤングアニマル
「ゆりキャン〜ゆりかのキャンパスライフ〜」(瀬口たかひろ 原田重光)
前髪を切りすぎた沙織、ゆりかに見られたらなんて言われるか…と心配していたものの、帰ってきたゆりかは全然気がつかなくて返って腹が立ち、何か気づかない?と聞かれても煎餅より沙織のことが好きだなどとキザったらしく決め台詞を言うゆりかにますます腹が立つ沙織。ついには前髪を見てよと自分からアピールしてしまうものの、ようやく気づいたゆりかが何それぱっつんプププと笑い転げてるのを見てやっぱり腹の虫は収まらず、やけになった沙織は、母親にしつこく迫られていて断り続けていたお見合いパーティに出席するからあんたはこの部屋から出てってと言ってしまうのでした。
一方飛行機の中で気分の悪い女性の介抱をする男性はゆりかの父親。機内で女性をコマして介抱する父親もこのお見合いパーティには出席しそうな予感…?
ゆりかも沙織のお見合いパーティにはついていきそうですね。父親と再会しそうな雰囲気はありますが、舞台は女子大の寮内ではないし、女子大生が寮内で父親に食われる展開ではありません。
では沙織とゆりかが父親にコマされる展開があるかどうかというと……実の娘とガチ百合娘ですよ?皆さんはあると思いますか?(笑)

つぼみWebコミックス
前略、百合の園より(須河篤志)
藤原さんと一緒にいたいのに、抜け駆けはずるいと、遠目から「今日も藤原さんはうつくしい…」とためいきをつきながらローテーション組んで数人ずつ近くにくる藤原さんの取り巻きの女子が可愛い(笑)。隣にいる百合は怖い感じだけど、顔はキレイだと見惚れる女子達は、つい2人で百合妄想をしてしまうのですが、倉×藤ってカップリングが逆なのが楽しい。ありですよあり!百合はリバがデフォですからね(笑)。

ベツキス(百合原明)
ひかりがいないのに我慢が出来なくて、欲望のおもむくままおかえりのちゅーをしてしまうエイプリルが良いですね。優しくしてもらおうとバンソウコウを顔中に貼り付けてしまって、エイプリルはもうすでにかなりひかりにラブラブなのでした。

ドラゴンエンジ11月号
京アミ!(ポルリン)
最終回。クリスマス祭にゲームを出典することが出来たイオリンとライチは、やってきたサラキさんにおっぱいを揉まれたりするハプニングはあるものの、プレイした女性がアソコをもじもじさせてしまうほどゲームは好評なうちにクリスマス祭を終わらせることが出来ます。
その後、イオリンが女子同士で着替えをしていると、後ろから裸のライチに抱きしめられ「大好き!」と告白を受けて、その後ふざけて服を脱がされてじゃれあうことになるのですが、真っ赤になってしまって、今にも告白を受けそうな感じで嬉しそうになってしまうイオリンが良いですね。

うむうむ、百合的にも悪くなかった最終回でしたね。
出来ればもう1巻分くらい続いてくれると、ガチ百合恋愛展開も入れられたかもしれなかったと思うとそれだけはちょっと心残りですが、悪くなかったです!単行本最終巻は12月発売とのこと。クリスマスに読むのにぴったりの内容になりそうですね。

月刊ニュータイプ11月号
悪魔のリドル(南方純 高河ゆん)
寮長にも任命された兎角と同室のルームメイトになれてはしゃぐ晴。そんな晴と一緒に部屋に入った兎角は、さっそくベッドに倒れ込んだ晴のめくれたスカートから、太股にある傷跡に気がつきガン見。「スカートをまくって見せろ」と命令するものの恥ずかしがって拒否する(そりゃそーだ!w)晴ですが、兎角は無理矢理スカートをめくって、ぱんつまで確認してしまうのでした。
一方、生田目さんは、ルームメイトの柩さんが迷ってはいけないと手を繋いで廊下を歩いていて、さっき初めて会った同士とは思えない程仲が良くて、早くもこちらも百合カップル誕生っぽい?
伊介(♀)も相方の女の子と良い雰囲気で、女子6人3組が早くも百合百合しい雰囲気(笑)。

この作品、全体的にダークでクールでいつもの南方純先生の作風とは違うんですが、兎角がターゲットにしている女の子晴だけは天真爛漫でしまくらちよことか言ってて、彼女だけはいつもの南方純先生キャラっぽいのが面白いですね。普通はこっちをヒロインになりそうなキャラクターなんだけど、逆に暗殺者の兎角の方がヒロインなのが面白いです。

コミックアライブ11月号
TABOO-TATTO(真じろう)
従者の女性が姫の部屋に入ってきてエロいことに耽っていたり、姉妹を緊縛して吊し上げておっぱいを揉んで成長を確かめているたりする女性がいたりして、エロい女性同士の絡みがありますね。

コミックガム11月号
別冊の小冊子で、次号以降連載開始をする作品のコンペをやってます。webからも投票が出来るので、皆さんもしてみては?
今月号にも予告の1〜4ページくらいしか載っていないので詳しくはわからないんですが、ざっと紹介しますと

『フェアリーテイルナイツ(仮)』永緒ウカ
女子高生同士、ゲームのバーチャル空間に入ってバトルをすることになるお話?

『化け猫システム』邪武丸
猫娘とヒロインのお話?

『はじまりは嘘つきな君の恋(仮)』太田顕喜+アザミユウコ
Aika ZEROの人ですね。多分ヘテロ。雰囲気は良い。

『放課後リテイク』高木信孝
オタクな女子たちのお話?

『天使仕立ての迷い猫』佐倉汐
ユリム童話などでお馴染みの作者さんの作品。命を助けてもらった女性の元に女性が同居するお話?ヒロインの一人称が「僕」なんで憑依系TSモノかもしれませんが、あるいは…ということもあるし女性キャラの可愛さもあるんで気になる。

コンペの作品は以上。連載出来るのがこの中で一つだけとは書いてなくて、「連載開始時期」が決まると書いてあるので、この中から何本か連載が開始されることもあるでしょう。
百合的には邪武丸、高木信孝、永緒ウカ先生のが手堅い気がしますし、佐倉汐先生のが良い感じなんで楽しみですね。

ほけんのせんせい(谷村まりか)
生理になってPMSで辛い女子に、気持ちいいことしてれば大丈夫だからしてあげると優しく声をかけてくれる女子がいて、結局2人は頭をなでなでしつつ保健室のベッドで2人で気持ちよく眠ってしまうのでした。

まにゅーば!rideAT(作画:山鳥おふう、原作:中山文十郎)
最終話。母娘オチか〜。

めくりめくる(拓)
相変わらず女子同士の良い感じのお話が続いてますね。

コミックブレイド
B.B.GIRLS(くみちょう)
女子バスケのお話。男とのデートも結局断って、試合にやってくる女子とか良い感じですね。

コミックフラッパー
げんつき(アキヨシカズタカ)
女子が原付に乗って一緒にドライブに行ったりするお話。タイトル通り、これは自動二輪など含まず原付だけを題材にしてるみたいですね。

Choki'nします?(八月明久)
読み切り。お姉ちゃんが床屋をやっているため、一緒に洗濯された体操服や制服に毛がちくちくささって困った紗江は、洗濯機を買ってくれとお姉ちゃんに直訴。無理なお願いをちゃんと聞いてあげるお姉ちゃんが良いですね。

FEEL YOUNG
オハナホロホロ(鳥野しの)
海岸の階段から足を踏み外したゆうたですが、事なきを得ます。代わりに助けようとしたゆうたの父の母つまりおばあちゃんが骨折してしまうのですが、そんなことも気にしないおばあちゃんは優しくて、みちるにここに住んでもいいんだよと言ってくれ、「おとなの階段の〜ぼる〜…」とH2Oの「想い出がいっぱい」を口ずさみつつ幸せの形を考えるみちるは、砂浜に箇条書きにして、1番モッチーと一緒になる、2番ここで暮らす、まで書き出すのですが、呼びかけられて書けなかった3番は…多分麻耶と一緒に暮らすことを考えているんでしょうね。

トラップホール(ねむようこ)
婚約してた男に振られ落ち込んだ気分で上京したヒロインは、そこで同級生だった男と再会し良い感じになり一夜をともにするのですが、女が家に入ってきたと思ったら彼女は男の妻。既婚者だということに気づかなかったんですね。ショックに追い打ちをかけるようにその妻に裸のまま外に追い出され、全裸で街に放り出されたヒロインは絶体絶命になるものの、藁をもすがる思いで通りすがりの女の人に声をかけたところ、彼女は優しくて自分の服を半分貸してくれなんとか街を歩けるなりにしてくれ、お金も貸してくれたおかげでネットカフェに泊まることが出来たのでした。
服やお金も貸したため連絡先も渡したこの女性とはまた再会しそう?お話がだいぶ進んでいるんで、最初のほう男絡みの展開なのがネックかもしれませんが、なかなかお話は面白いのでおすすめ。

ビビッドレッド・オペレーション The 4コマ びびおぺ(娘太丸)、アイドライジングコミカライズ、ユルリ・ユルリ(辻杏奈)

電撃G'smagazine11月号
ビビッドレッド・オペレーション The 4コマ びびおぺ(娘太丸)
テレビアニメ、ビビッドレッド・オペレーションのコミカライズを担当するのは「うさかめコンボ!」でもお馴染み娘太郎先生!
予告で4コマって告知が出てたから、箸休め的なちまちました作品になるかと思ってたんですが、4コマは4コマでも、1ページに2本入れて8コマになる普通の4コマじゃなくて、1ページに1本で4コマ丸々使ってる漫画なんですね。「ななめの音楽」みたいな。「ななめの音楽」を4コマ作品として読んだ人って少ないと思うんですがこれも同じで、ダイナミックで迫力のある作風ですね。
娘太郎先生ってこんなに絵が上手かったんだ。大きい画面で見ると改めて可愛いキャラクターが上手く描かれていることが分かりますね。
第1話は、変なバイクで新聞配達に勤しむあかねと、もっと上空を飛べばいいのに、低いところで乗っていて転んでみっともない、と冷ややかな目で彼女を見つつも、屋根の修理は一緒にしてあげて屋根の上からよい景色を2人で眺める妹の姿が描かれていました。
高く飛べるバイクなのに高所恐怖症なために、高く飛ぼうとすると股間がきゅーんとなって飛べないというヒロインあかねが可愛いですね。
そんなあかねですが、高いところから落ちそうな女の子を見た際は意を決して高く飛び、やっぱりお股がきゅーんとなってしまうものの、助けてあげることが出来てよかったですね。
第1話もあかねと妹が良い感じだったけど、アニメの紹介記事の方を見ると、あかねは第1話ではまだ登場してないあおいという女の子と親しくなる様子が描かれそうですね。あかとあおだからビビッドなのか(笑)。アニメの方も楽しみです。
ビビッドレッド・オペレーション

アイドライジング(藤島真ノ介/広沢サカキ)
人気百合小説の待望のコミカライズ!
原作の紹介はこちら。アイドライジングのコミカライズはもう一本予定されていてそちらはオリジナルストーリーらしいんですが、こちらはかなり原作準拠なストーリーですね。
漫画だとアクションシーンが特に、分かりやすく読めますね。あのシーン、こういう風になってたのか〜。
第1話はモモがサイに出会って、かわいい!と腰をがっしり掴んで持ち上げるシーンが良いですね。
藤島真ノ介先生、今はこんな作画なんだ。モモの目の中に星を入れてるせいもあって、今までの作品とはまるで別人のようなキャラクターになっていますが上手くなりましたね。

ラブライブ!(作画:鴇田アルミ/原作:公野櫻子)
東京出身のくせに変な関西弁を話す希という少女は超上パワー研究会という怪しげな研究会を作っていて、生徒会長の絵里も入るよう勧誘してくるのですが、彼女が良いおっぱいをしていることに目を付けた絵里がそれを大胆に揉みまくった後、逆に希の方がこっちに入らないかと勧誘してあげるのでした。なるほど、これを読むと絵里×希のカップリングが人気があることが分かりますね。

コミックアーススター
まんがーる!(玉岡かがり)
あんという漫画家志望の中学生に懐かれてしまったつぐみですが、今度はそのあんのことを好きな中学生が漫画の持ち込みにやってきて、あんをたぶらかした編集者は容赦しないからとくっつかれ、中学生女子二人に迫られる嬉しいような怖いような状況に置かれてしまうのでした。
一方アニメ企画部の女の子は編集長のはなにお熱で、アニメの企画を通すなら百合モノ!と主張する企画部の女の子は明らかにはなと自分の関係を意識したアニメを作ろうとしてしまうのでした。
2巻はさらに百合百合になりそうですよ!

ヤマノススメ(シロ)
女子だけで富士山に登る展開になってます。

コンプエース11月号
あか☆ぷろ!!! 明るい三姉妹プロジェクト 美水かがみ/あらきかなお
夏休みも終わりだというのに自由研究を忘れていたというあかりのために手伝ってあげるお姉ちゃんたち…ですがいきなり自分の書いてた大学のレポートをそのまま差し出す長女がすごい(笑)。次女は自分のつけていたブログ開設日記を渡そうとするのですが、最初は中学生の自分や妹のことを書いて大好評だったブログが、調子に乗って大学生の長女の写真を載せた途端詐欺だと言われ荒らされて閉鎖になってしまうのがひどい。大学生の長女の扱いがひどすぎる(笑)。そしてしょうがないのであかりは差し出された粘土の中に顔をつっこみ、自分の肖像を作り上げて適当に自由研究を終わらせてしまうのでした。

・放課後アトリエといろ 華々つぼみ
成の寝顔を撮ろうとする藤乃が良いですね。

・クイーンズブレイド リベリオン 青嵐の姫騎士(南崎いく)
強くはなるものの暴走する自分を制御できる力を手に入れたいとアンネロッテは旅に出ることになりユイットたちとはつかの間お別れになることに。再会しようと約束して抱きつくユイットが良いですね。
幼く見えるけど頭もボケて足腰にもきてて謁見も辛い老いぼれユーミルが哀れ…って人事じゃありませんが(笑)。
旅先で指名手配されまくりなアンネロッテには新しい女性キャラの敵が迫っていて…。

・男子禁制!! フレーゼ女学院(あずまゆき)
いきなり最終回。この学園が学長のハーレムを作るために作られたものだということを知るもののその学長も倒してとりあえずめでたしなものの結局ヒロインは学園からは出られず、兄には会うことが出来ないのでした。
…う〜んこれ打ち切りじゃね?兄に再会出来なくてヘテロエンドにならなかったのは良かったけど、もう少し続けていれば百合展開もあったような…。


IF~タイムスリップ・ストーリーズ


Otometic Disturbance(リヨ)
憧れのお姉さまに告白しようとしたヒロインですが後ろから殴られ告白できず、諦めきれないため後日タイムスリップでその時に戻って犯人をつきとめたものの、それは未来から来た自分で、どんどんパワーアップしてどんどん新しく現れる未来の自分が次々過去の自分を倒していき、憧れのお姉さまは逆にそんな無敵な未来のヒロインのことを「お姉さま…」と慕って結ばれるものの、現代のヒロインは自分とかけ離れた存在になった未来の自分とお姉さまを影から見守るしかないのでした。

コミックヘヴン1Amazon限定特典有り

「世界の終わりのコンチェルト」嶋崎ちひさ
ヒロインの音々は仕えていた城主で殿(幼女なんですが…)の松平花紗理に慕われて仲良くしていたが争いに巻き込まれて離れ離れになってしまった。花紗理を守るために音々は困難に立ち向かっていくのでした。

ありゃりゃ「Night Walkers」(あかざわRED)は女の子っぽい男の子が主人公なお話だったのか。ちょっと注意。レビューが間に合ってないですが「はねつくをとめ」(唐辛子ひでゆ)「魔法少女鬼塚さくら」(小林マサト)あたりは安定して百合ってると思います。

まんがタイムきらら10月号
華々つぼみ「コドクの中のワタシ」
キスとはどんなものか訊ねてくる猫娘とぐれ子に、キスはそんな気軽に出来るものじゃないと答える真由ですが、結婚するような間柄なら良いと聞いたぐれ子は早速ウエディングドレスを身にまとい、真由と結婚してしまいそうになるのが良いですね。

ms「少女公団アパートメント」
最終回。ちさが団地に越してきて、もう結構経つんですね。心配で後をつけてくるろかたちですがそれは杞憂で、最後は抱きしめてあげるちさにろかも赤くなって照れてしまうのでした。

あんねこ「ごめんね。夏目ちゃん」
女児同士百合っぽい。


bianca2

辻杏奈「ユルリ・ユルリ」
ヒロイン歌乃は親友の女の子加代子に猛烈にラブラブ。転校生の女の子詩織が席が隣になると聞いても自分が隣でいるんだと譲りません。
転校してきた詩織はお嬢さまなのでさぞや頭も良いのでしょう…と思いきやテストで0点取る彼女を見かねて勉強を教えてくれた歌乃たちのおかげで、彼女も0点を取ることだけは避けることが出来たのでした。
親友の女の子には恋心を抱いている男(百合漫画に入ってくる男キャラに森永なんて名前をつけるな馬鹿者!)もいるのですが、メソメソした態度が気に入らないと逆エビで締めあげてしまうのでした。
少女漫画誌でこんな百合度の高い4コマが載ってるのって珍しいですね。百合4コマ隆盛の流れを受けてのことなんでしょうが、時代を感じますね。

電撃大王11月号
『アクセル・ワールド/デュラル マギサ・ガーデン』原案:川原 礫 作画:笹倉綾人
間接攻撃が怖いと泣き出してしまう優子を、くるみが守ってあげるのが良いですね。

『紫色のクオリア』原作:うえお久光 作画:綱島志朗
ゆかりが死ぬことになった原因をつきとめようとするマナブは、まずはアリスという少女をつきとめることに。

『リコとハルと温泉とイルカ』ヒジキ
暑くてバテてるハルは清涼剤がほしいと思っていたところリコの姿を見て、これぞ清涼剤、と元気を取り戻し、普段はライバル関係の茜も同じなために、二人でスマホで撮ったリコの姿を見てふんすふんすしてしまうことに。
田舎なためにカエルの声がうるさすぎて近くにいる相手の声も聞こえず「えー!なんだってー!?」と聞いてるのがドリフっぽくて笑えるw
髪の毛の上で蛍が光っていて綺麗…と思うハルたちですが、リコはやっぱり虫が髪についてるのは怖いから取ってと悲鳴をあげるのでした。

まんがタイムきららキャラット
黒田bb「Aチャンネル」
プールの授業で女子たちはみんな下にスク水を着込んで登校。ユー子のスカートをめくってスク水を確認するトオルが黒田bb先生のようにエロいですが、同じように下にスク水を着込んでいるるんちゃんにはやらないのが純真です。やらないのかと聞いたユー子も、黒田bb先生のようにエロいと勘違いされてしまうのが哀れw
クロールと言われたのに潜水で25メートル泳ぎきってしまうるんちゃんは運動神経がいいのか悪いのか。見ている方ははらはらしますが(笑)。
ぱんつを忘れるのはお約束だろうと思ったるんちゃんですが、意外に持ってきたと思ったらこれはトオルが用意させたためだったのでした。代わりに忘れたのは鬼頭先生。やはり大人の女はノーパンで下校?
大きい鬼頭先生の胸をひがむナギとトオルですが、服は選べるし肩は凝らないしと諭され思わず納得してしまうのでした。

平つくね「ラッキー・ブレイク」
陸も社長もみんな予防接種の注射を怖がって子供ですね。会社で予防接種してくれるとは、なんて福利厚生に恵まれてるんだ。さすが初任給25万からの会社(笑)。
デザインが、ちゃこの真似から脱してオリジナリティが出てきたと誉められる陸ですが、そんな誉められ方をされてもますます落ち込んでしまうばかり。
そんな中紛れ込んでいた犬にも予防接種をしてやっていたら犬が外に向けて吠えだし、猫がにゃーにゃーと答えてきたと思ったら、これはなんとちゃこだったのでした…!

kakao「スマイル★フェイス」
人に笑顔になってもらいたいーーと願うヒロインすみれを中心にした百合要素ありな漫画。

Pikazo「としょコミュ」
図書委員の女子たちが仲良かったりする漫画。

桑島黎音「P.S.リスタート」
元お嬢の千華はブルマで体育の授業を受けようとし、さすがにそれは可愛そうだと思っためぐみは自分の短パンを貸そうと言ってあげるのですが、逆に千華のブルマがほしいんだろうと疑われてしまうことに。そんなつっこみを入れた夏希ですが、千華が来てからというものめぐみが自分を構ってくれなくなったと嘆くのですが、千華はそんな夏希の顔を胸に埋めさせて慰めてあげるのでした。

永深ゆう「ひとより××」
みぞれが風邪を引いたと聞いて、学校を休んでまで看病しようとするつばめ。結局それは断られて学校帰りに行くことになるものの、先にお見舞いにひよりが行ったら裸にして汗を拭いたりお尻にネギ刺したりするのではないかと心配したつばめは学校が終わったら猛ダッシュでみぞれの家に到着。そんなつばめはみぞれ想いだと言われるものの、当のみぞれはつばめが重いと思うのでした。
料理も下手なくせにせっせとりんごをすり下ろすつばめが甲斐甲斐しいですね。
…とここで次回最終回とのこと。おいおい。

ハトポポコ「平成生まれ」
将来の進路を聞かれ、宇宙飛行士になると答える原田さんは進路先もマサチューセッツ工科大学などと書いてあり本当に実現しそうなのが怖い(笑)。
そんな原田さんをみて焦る佐藤さんですが、星に例えて佐藤さんにもなんかあると言ってあげる原田さんはとことん出来る人なのでした。
結局佐藤さんの進路は四村さんのいるところならどこでも、ということに。
こちらも次回最終回とのこと。百合要素があった「かためで」も次回最終回ってキャラット休刊でもすんの?今月号は百合的にも買ってもいいような内容だったんだけど好きな作品が次々終わる告知で冷めちゃったんで立ち読みで済ませてしまった。合併して百合4コマ集めてた雑誌作ってくれたら、ちょっと高くても毎月絶対買うんだけどなぁ。
ハトポポコ先生は他社の連載の「ビオトープ」、「けんもほろろ」も百合要素あるんでこちらで引き続き応援していこうと思います。

MC☆あくしず
黒鉄ぷかぷか隊(栗橋伸祐)
通信長がつれないことを心配したクッキーは通信長の姉に相談することに。ちゅうでもしてあげればいいんじゃないとアドバイスする姉がよくわかっています。そんな中、小浜たちはクッキーにないしょで何やら計画を立てているようで…?

コンプティーク10月号
放課後アトリエといろ(華々つぼみ)
骨折から復帰して登校してきた寧々が香にあーんしてもらってるのを見て、自分も骨折しようかと思ってしまうすみれが怖い(笑)。
メイドコンテストをやることになり、さっそく自分を脱がせてサイズを測ろうとするふみに凛は助けを求めるものの、それはもはや日常茶飯事なので誰も助けてはくれないのでした。

まだ現物を確認してないから不確定情報だけどスピカの公式サイトに紺野キタ先生の「li'l flowers」のタイトルが!「ひみつの階段」の続編が久々に掲載されてる予感!

愛のごほうび(長倉けいこ)

恋愛白書パステル11月号
今月もティーンズラブ誌を代表する老舗雑誌、「恋愛白書パステル」に百合漫画が掲載されていました!

愛のごほうび(長倉けいこ)百合度★★★★★
学校で内緒で女子同士つき合っている彩乃とマミですが、彼女可愛さあまりにレポート提出をさぼっていることを心配した、2人の仲を唯一知っているミカ先輩は、レポートを提出するまで彩ちゃん断ちをするよう命じるのでした。
離れるのを嫌がるマミですが、それは彩乃も同じこと。離れている間寂しくてマミのことを考えながらひとりエッチをしてしまいます。

そんな中、ミカ先輩がなにやら彩乃に話があると言ってやってきたと思ったら、マミにご褒美をあげると言ってあげなさい、ご褒美はあなた、女子同士のエッチなことをする方法を勉強しなさい、と言って、レズAVをたくさん貸してくれたのでした。ミカ先輩優しいですね。そのAVはミカ先輩が所有していたものかもしれません(笑)。
マミが喜んでくれるなら…と、彩乃は、マミが大学の勉強をする一方でエッチの勉強に励むことに。レポートを無事出し終えたマミに、綾乃は言われた通り、勉強したテクニックでマミをイかせてあげるのでした♪

貝合わせとかもしてるのはAVで勉強したせいからかもしれません(笑)。
買ってアンケートを出して欲しい…と思ったけどアンケート欄にアブノーマルなH体験談を書く欄が…このアンケート項目は結構な確率できますよね(笑)。真面目に考えてると出す前に締め切りが過ぎちゃいますが、ない人は別に「処女です」って書いて出せばいいんじゃないでしょうか?百合百合エッチ体験がおありな人は是非是非投稿を!体験談漫画にしてもらえるかもしれませんよ〜♪

ヤングアニマル
「ゆりキャン〜ゆりかのキャンパスライフ〜」(瀬口たかひろ 原田重光)
女子校の教育実習から帰ってきたゆりか。
茜は相変わらず寮内の女の子に手を出して雪村さんに怒られてしまうのですが、そんな中寮内に幽霊が出るという騒動を聞きつけます。
幽霊のことなどさらさら信じていない茜は、「除霊してあげるから」などとかこつけて女の子の部屋にうまく入り込み、女の子を裸にしてさぁいただきます…というところでクローゼットの中から貞子が現れ仰天。しかしこの幽霊、意外と可愛いんじゃ…と思った茜は、幽霊相手でも相手をひん剥いてしまい、心霊写真を撮ってやると裸のエロい姿まで撮影した上、自慢のテクニックで幽霊をイかせて、文字通り昇天…というか成仏までさせてしまうのでした。

まんがくらぶオリジナル
のぶながちゃん公記(くりきまる)
さらしを巻いて胸を隠しているとはいえ、帰蝶さまと同衾して、さらに帰蝶さまを自分の胸に顔を埋めさせるのぶながちゃんが大胆ですね。
そんなのぶながちゃんのことを帰蝶さまの義母も気に入って、抱きしめてちゅっちゅしまくりで、のぶながちゃんも思わず洗脳されてしまうのでした。

のぶながちゃん公記 (1) くりきまる

単行本第1巻が発売!27日発売の四コマはいろいろあるけど、百合的に一番おすすめなのはまずはこれ!後ほどレビューします。

他27日発売の百合要素を含む4コマも簡単に紹介しておきます。

Lisa Step! 1 奄美あまゆ

綺麗な教師同士のちょい百合っぽい絡みがある話が好きな人におすすめ。


スイート マジック シンドローム 1 CUTEG

お菓子擬人化な甘い百合が好きな人におすすめ。


コスプレの神! 1 方密

コスプレで百合要素がある話が好きな人におすすめ。


ぱわーおぶすまいる。ウロ

メインに男キャラがいるので百合度は低いですが百合的な絡みもちょいちょいあります。


けいおん!college かきふらい

説明不要ですね。新キャラ登場以降も百合な絡みのあるけいおんが好きな人におすすめ。

金魚坂上ル(PEACHーPIT)「ねこ耳娘は猫かぶり」(猫原ねんず)「Night Walkers」(あかざわRED)「珍萌〜ちんもえ〜」(中村珍)


コミックハイ!10月号

女子高生Girl's-Live(大島永遠)百合度★★★★★
15話の今回は扉絵もすごいですが中身もすごいっすよ!サブタイトルも「Girls-Marrige」!
課外講習でテーブルマナーを学ぶため、結婚披露宴を想定して新郎新婦役を募ることになったトンチキ軍団のクラスですが速攻で立候補したのは花子。相手にはカナカナを指名!

理由は「好きだから!」ストレートすぎるw「バカ!」と照れつつも世話焼き体質、あるいは前回男と付き合うことに反対していたこともあり真剣な気持ちも混じっていたのか「他にやる人がいないなら仕方ないけど…」と了承してしまうカナカナが可愛いv
「新婦」カナカナと呼ぶ花子はウエディングドレス姿を見て感動の余りよろめき涙を流しつつも、「一生幸せにするぞー」とカナカナを抱きしめてあげるのでしたv
蘭組の西園寺も、雲雀丘と一緒に女子同士新郎新婦役をやろうとしてて良い感じですね。先着順で与えられた和装を嫌がってドレス姿のカナカナの挙式に乱入してきて「卒業」のエレーンみたいですが(笑)。
調子に乗ってお姫様抱っこ、生まれてから一目惚れ、愛を育む姿、果ては女子同士で子供まで作ってしまうスライドショーまで作って、最後はバナナに滑ってすってんころりんのお約束から誓いの口づけまでしてしまう2人を見て、出席した女子たちも感動してしまうのでした。

私も感動したうおおお!!なんか興奮してあらすじ細かく書きすぎてしまったw興奮ついでに大島永遠先生の単行本の紹介リンクも貼っておきます。読むべし!読むべし!
大島永遠先生の女子高生Girls-Live1巻の紹介はこちら。
2巻の紹介はこちら。
女子高生11周年記念本の紹介はこちら。
バステティシャンの紹介はこちら!

学園ポリーチェ(森永みるく)
結局名前呼びにした青葉ですが、ニックネームには妙なこだわりがあるようで、この先さらに仲が深まったらニックネーム呼びが出てくる可能性もあるのか(笑)。まだそれは早いということでちゃんづけやめて「みどり」と照れながら呼ぶ青葉が可愛いですが、それは却下する緑が厳しい(笑)。
緑は警察官じゃなくて漫画家になりたかったんですね。確かにそんな感じはありました。とすると将来の2人は婦警さんとして一緒に働くんじゃなくて進路は別々になる可能性もある…?
第5話は痴漢幽霊現るの巻。
電車は学校内じゃないから管轄外なのに、結局襲われる女生徒が放っておけなくて来てしまう青葉と緑が優しいですね。
電車内には痴漢もいるが四ツ原フリコ先生もいるw

四ツ原フリコ先生的女子キャラの中にみるく先生キャラがいるような錯覚…というかまんまそういう状況ですね(笑)。みるく先生信者の私が言うのもなんですが、こういうコラボレーション(?)は楽しいvそういえばこないだ出たひらり、の四ツ原フリコ先生の作品の中にもみるく先生いたようないないような(笑)。
痴漢は無事取り押さえて逮捕することが出来たものの、被害に遭っていた皆口さんには2人がポリーチェだということがバレてしまい、警察が大っ嫌いだという皆口さんとは友達でいられない…?
犯人を縛り上げることも忘れて電車内で得意げに警察手帳取りだした青葉に緑が蹴りでツッコミを入れたシーンに笑いましたw

姉妹ってこ!(にょりこ)
後ろから抱きついてくる姉の生々しいおっぱいの感触を感じた妹は、姉がブラをしてないことに気づくのですが、小さい自分は絆創膏で隠せるからと、その場でブラを外し自分のを姉につけさせてあげるのが優しい♪

体育の授業で着替えが必要なことに後から気づき青ざめる妹ですが、妹には巨乳な先生が貸してくれ、ひょんな流れから先生も体操服を着ることになりノーブラな色っぽい姿を生徒の前にさらす羽目になり、せっかく自分があげたブラをつけもせず頭にかぶってる姉のブラをもぎ取り先生につけてあげ…とブラの交換は延々と続いていくのでした(笑)。

あいたま(師走冬子)
久米さまのハンカチを拾ったあいちゃんは渡しにいくことを口実に、ストーキングに手を染めてしまうのでした。

そこで久米さまの意外な一面を知るあいちゃん。久米さまのお見舞い先の人は数年後の私の姿みたいだ…。

悪戯ちょうちょ(綾瀬マナ)
リストの曲を課題にされたさくらは、なのはとしばらく会うのも控えるほど真剣に曲と向き合った結果、奏美先生の心を揺り動かしてようやく合格をもらうことが出来るのですが、なのはは逆に離れていた間今までになかった寂しさを感じます。

レッスンが終わった後さくらの演奏を聴かせてもらうなのはですが、聴いているうちになぜか涙が出てしまうのでした。

機械仕掛けのメルディーナ(宮ちひろ)

暴走したメルを止めたアリサは「お友達になろう、いっぱいお話しようよ…ね?」と親しく接するもののメルは自責の念に駆られてそれをつっぱね、自分はきっと人間じゃない、人間なんか嫌いなどと言い出して、逃げ出したカニロボを追っていくのでした。追っていったカニロボはドゴーンと壊されてしまい、2年後、あてがわれた女の子の首も絞めちゃうメルはますます冷たい感じになってて…?

赫焉のヒナギク(砂原真琴)
銀雲の入れ知恵で力をつけて散華しない天狗に苦戦するいつきですが、蘇ってきた記憶と共に思い出した技で応戦。駆けつけてきた初雪の加勢もあって見事天狗を散華させることができるのでした。銀雲にだまされていたことに気づいた真之介とも和解。次回最終回!

放課後おわらいぶ(高嶋ひろみ)
新連載。特に百合じゃないけどやっぱり高嶋ひろみ先生は最近漫画描くのが巧いな。主人公が実は女の子でしたというオチを密かに期待していたもののさすがにそれはなさそうか。名前は「夏美」って言うんですけどね。ヒロインの女子同士組んでる漫才コンビ「ダブルリボン」がいつまでも解散しないよう祈ってます(笑)。

千と万(関谷あさみ)
コミハイには関谷あさみ先生もいるのだ。百合作品じゃないのがもったいねえ〜。しかし…悔しいが作品は確かに面白い。ヒロインの詩万と、隣に住んでる女の子波の、片親同士の女子2人の関係にわずかな望みを抱いております。

こどものじかん 私屋カヲル

あと2週間で卒業するというりんたち。中学になって邪魔な青木先生が消えるから自分がりんといちぃちゃするライフが待っていると黒ちゃんは期待。こじか2期の展開はそれだ!(笑)
それにしても毎回百合ネタを入れてくれる私屋カヲル先生はほんとにありがたいなぁ。

モーニングツー11月号
彼女とカメラと彼女の季節(月子)
久しぶりに写真部の部室に入ったあかりは、ユキが東京の講習で撮ってきたらしき写真を見て、それがユキ自身の裸が写っていることに綺麗だと思いつつも、講習ではこんな写真も誰かに撮られるんだと衝撃を受け、ますますユキとの距離を感じてしまいます。
母親の再婚相手に会ったあかりは、別に悪くはないと思うものの普通すぎる彼を見て、ふと同居する前に家を出ようと考えるのでした。
部活を引退した凛太郎に、卒業するまでの数ヶ月を自分にくれと声をかけるユキが、自分に告白してきたと勘違いする凛太郎は好きな人がいるからとモゴモゴ断ろうとするのですが、ユキは「そういう話ではない」ときっぱり(笑)。
押しても引いてもなびいてくれない(ように見える)ユキとどう接していいか分からなくなってきたあかりは「ただの特別な人」、憧れていた存在として普通に接しようと考えつつ新学期になってから話しかけられずにいたのですが、そんな中声をかけてきてくれたユキの言葉とは「凛太郎とつきあって!」という衝撃的なもので…!

今回が14話目…ということは2巻はここまで収録かー!見かけはかなりレイニー止めになりましたね。
しかしまさか本当に凛太郎と付き合ってくれなんて第3者が口を挟むわけはないですし、これは一緒に恋人役としてモデルをやってくれということなんでしょう。
月子先生のチャレンジ精神が楽しい(笑)。
ともあれ今回が最終回じゃなかったということは3巻以降も続くってことですよ。めでたい!次号からのリニューアルに伴って今月のモーツーでは連載が6本も終了してるんですが、カノカメはよくこれを乗り切った(笑)。

アキバBlogさん情報より。
コミックへヴン掲載のこちらこちら「ねこ耳娘は猫かぶり」(猫原ねんず)
こちらこちらこちらの、「Night Walkers」(あかざわRED)
こちらこちら「珍萌〜ちんもえ〜」(中村珍)が気になりますね。

デザート10月号
金魚坂上ル(PEACHーPIT)
教室で黙々と折り鶴を折っている変わり者のヒロインがある日きつね少女を見つけて…というお話。
幼なじみの男も登場するんですが、教室で鶴を折ってる変なヒロインのことを、鶴を綺麗に折れてると言って、他の女子たちに合わせて味方に見えすぎないように気をつけつつも内心ヒロインのことを悪く思ってなさそうなツンデレ娘とかもいて気になる。

まんがタイムきららMAX11月号
かなめも(石見翔子)
みかから電話がかかってきて嬉しいかなは延々長電話してしまって、将来のことを考えてるんだか考えてないんだかわからない感じですが、肉親がいなくなったことなど忘れてしまうほど楽しい日々を送っているのは確かなんですね。
ゆめはゆーきにマッサージしてもらって「あんっそこ気持ちいいv」と霰もない声を出してますが将来はゆーきを雇うか、ゆーきに雇われるか、どっちでもいいから一緒にいたい気持ちは変わらないのでした♪
ひなたは年商2000万が夢だったのですが、代理の家がその条件に当てはまると聞いて思わず「沙希!結婚しよう!」とプロポーズを!やっぱりこの2人も結ばれそうです!

R18(ぷらぱ)
マスターアップしてスキー旅行にやってきた女子たち。里佳子は相変わらず桜の胸を後ろから揉んで…と思ったら帽子やらゴーグルやらで顔が見えにくいせいで人違いをしていて、これは桜ではなくて見知らぬ女の子だったのでした。知らない人にいきなり胸揉まれたら怖いでしょうね(笑)。
しかしさほど動じる風でもないその女の子にお風呂で再会したところ、彼女は幼く見えるけど教師をしているというのでした。新キャラ登場ですね。

まんが4コマぱれっと11月号
3年2組の呪い屋さん(柚木涼太)
女子同士で結婚できないことを知り恥ずかしがるローザですがそれはともかく、左手が骨折しているために小春が自分の腕になってくれることになります。右腕じゃなくて左腕だから別にそんなことしなくてもよさそうなのにわざわざ一緒にくっついてる2人がラブラブですね♪
トイレに行く際も自分を個室に誘うローザに小春は、ローザのぱんつを自分が下ろして中身を見たり、M字開脚の格好で抱えあげてしーしーさせる展開を妄想してドキドキしてしまってエロい♪
一方呪い屋の仕事は、依頼人の意中の相手を洗脳して妖しげな感じで結びつけて、もっとポジティブな呪いにしようよと思う小春ですが結局繁盛。今度は小春とローザが自分たちを結びつけ合う呪いをかけてしまうことに…?
と、ここで次回最終回とのこと!
小春とローザがガチで結ばれそうなのは安心なのですが、最終回はやはり寂しい…しかしこれもガチすぎる作品ゆえの話を続けさせることの難しさですね。小春とローザはかなり早いうちから両想いになっちゃってて、逆にすれ違わせて話を続ける事の方が難しそうな感じでしたから(苦笑)。
単行本は全1巻になりそうですが、楽しみです!

赤LaLa コスモスと蝶(大宮あやね)友情事変(中村ユキチ)REPLAY(橘裕)


赤LaLa


全部読みきりのLaLa別冊です。タイトル通り流血話がかなり多いですがそれはともかく、赤いことに関係があるのかないのか、今回の別冊は妙に百合作品が多かったです(尼のレビューでも「レズ?」とか書かれてますね…笑)。一般少女漫画誌なんで萌え漫画雑誌と違って男が間に入ることもあるんですが、どれも最終的には女子同士の愛が勝つという内容で、作画もストーリーもクオリティ高くて非常におすすめです。

コスモスと蝶(大宮あやね)百合度★★★★★
女子校に通うヒロインの陵子は、ある日突然クラスメートのすみれという少女にキスされびっくり。

元々女子にモテる体質ではあったものの本人は特にその気はなかったつもりだったのですが、「陵子ちゃんは絶対アタシのこと好きになると思う」などと言って積極的に迫ってきて、自由奔放に振る舞う彼女にはドキドキしてしまいます。
教師の娘に生まれ白線の内側から出られないかのような堅苦しい生活に息苦しさを感じていた陵子は、彼女に惹かれる自分の気持ちに従って、女同士という性別にも逆らって彼女とつき合えば自分の殻を破れるのではないか…とも思い、ある日などは体勢を崩した際自分からキスをしてしまいそうになってしまい、自分でも自分の感情にびっくりしてしまうほどますます彼女に惹かれていきます。
しかし自分の父親である教師に会ったすみれは様子が変な感じ…と思ったらすみれは実は昔父親とつき合っていたというのでした。自分は当てつけでつき合わされていたことを知る陵子。しかし美術の課題で自分を描いたすみれの絵ははっとするほど美しく、自分のことを嫌ってる人間が描いたようには見えません。自分は当てつけだけでつき合わされたわけではない、また自分がすみれのことを好きな気持ちも確かなものであることに気づいた陵子は、二階の窓から飛び降りて(!)すみれを捕まえ押し倒し、自分が好きだという気持ちを告白。

そんな陵子にすみれも陵子に嫌われるのが怖くなった正直な気持ちを告白。二人はいろいろなものを越えて、二人で歩いていこうとするのでした…。
少女漫画でかなりガチな百合!これは貴重です♪

友情事変(中村ユキチ)百合度★★★★☆
名前が自分とよく似ている友人の優香。転校してきた頃は地味だったのに、ある日ぶつかったことがきっかけで声をかけて世話をするようになったところ、見る見るうちに綺麗になって成績も自分を追い抜いて立場が逆転して、嫉妬してしまうようになったヒロイン由香。
思いあまってある日口論から橋の下に突き落として殺してしまった…のになぜか翌日優香は平然と現れ愕然とする由香は、もう一度殴り殺してしまうもののまた翌日平気な顔をして現れ、何度殺しても翌朝になれば元通りになっていて現実がわからなくなっていく由香。
実は殺していたのは自分の中の優香に対する嫉妬心で、それは由香も同じ。2人は口論しているうちに一緒に高架下に転落してしまったのでした。

しかしその嫉妬心は裏返しの愛でもあることに気付いた由香は思わず優香に告白してしまいそうに。
一緒に見ている夢の中で、お互い大好きという気持ちを打ち明けながら心中する二人。大嫌いで大好きな気持ちが同じな2人は、目が冷めたら良い関係に戻れそうですね。

このシーン、キスをしているように見えるんですけどどうでしょうね〜。ホントにキスしてたらもちろん百合度は★5つということで。いろいろ解釈出来るお話です。

REPLAY(橘裕)百合度★★★★☆

自分にちょいちょい絡んでくる藤井さんのことを、写真の腕も良くて一読した本を全て暗記できる天才だと内心嫉妬していたヒロイン菅原さんは、実は過去に猟奇犯に捕まってボコボコにされてピンチだったところを藤井さんに助けてもらって、かばった藤井さんは死んでしまったという過去があった。

ちょくちょく出てくる人をバラバラにして殺す夢は猟奇犯の夢で、藤井さんは犯人に同じ怖い思いをさせてから殺してやろうと犯人を苦しめるために菅原さんを寄り代に使っていただけだったのでした。
藤井さんが言っていた、写真を撮る才能も生まれる「身体を張れる価値があるもの」とは菅原さんのこと。
徐々に戻ってくる過去の記憶とともに、菅原さんは亡くなった藤井さんに思いを馳せるのでした。

片方死んじゃう悲劇ですけど男は恋愛にも全く絡んでこず、印象的な百合でしたね。自分の命を投げ出しても相手を助けようとしちゃうのがすごい。さすが「ガッチャガチャ」の作者橘裕先生。
昔ちらっと言ったことがあると思いますが、橘裕先生は百合属性がある人だってことをデビュー作見たときからピンと分かったんですよね。
ただ、だから私の百合センサーが常に正しいかというとそうでもない。私の百合センサーは今回同じく赤LaLaに参加しているマツモトトモ先生にも反応しちゃうんですよね〜昔っから。

そして今回同じ雑誌に収録されてるマツモトトモ先生のお話は女の子が好きな女の子がヒロイン。
しかし結局女の子っぽい男の子とくっついちゃうんですよね〜。今のところまだ百合漫画をまだ描いたことがなさそうなマツモトトモ先生に関しては私の百合センサーは外れたと言うしかないでしょう。逆に中村珍先生なんかは百合センサーが全然反応しませんが百合属性は大ありっぽいですし、結局絵柄が好みだからビビっときてるだけというだけですね。やっぱり百合センサーなんてのはあてにならない、百合物件探すならしらみつぶしにやるしかないというお話でした(笑)。

つぼみWebコミック
少女サテライト(はみ)
読んだ本の評価をめぐって喧嘩してしまったプレセペとレグルス。しかしレグルスはプレセペに本を気に入って欲しいがあまりにむきになってしまっていたんですね。それを知ったプレセペも後悔してごめんなさいと謝ってレグルスも今度はもっとプレセペの好きな本を探してくると約束して仲直りすることが出来るのでした。アンタレスは観察好きなスピカのことをわかっていそうですね。

ウェブマガジンウイングス
彼女×彼女 アジールの番人(大沢あまね)
いきなりサブタイトルが「アジールの番人」とか出てるからなにやらファンタジーなお話かと思ったら、そうじゃないんですね。教師×教師モノでした。アジールとは逃げ込めばすべての罪が無効にされると言われている場所で、それは学校の保健室のことだったのでした。
暇があるといつも自分のいる保健室に寝袋で寝に来る紺野先生を、変な人だなぁと思いつつも受け入れていた日和先生ですが、彼女以外にもいつもやってくる女生徒も現れて、こちらはなにやらクラスで悩みを抱えているようで深刻そう。聞いても事情を話してくれない彼女相手にどう対応したらいいか困ってしまう日和先生ですが、手をこまねているところ、寝袋で寝ていた紺野先生が起き上がって助け舟を出してくれ、とりあえず寝袋を貸してあげるからゆったりしなさいと自分を寝袋に包んでしまい、そんな変わった紺野先生に生徒も悩みを話してくれ、自分は力になれなかったと考えて涙を流して落ち込んでしまう日和先生にも優しい言葉をかけてくれる紺野先生は避難地(アジール)、そして実は仕事が嫌で保健室に逃げ込んでいる紺野先生にとっても、日和先生のいる保健室は避難地(アジール)なのでした。

彼女×彼女 恋愛標本3(大沢あまね)
大学で遠距離恋愛を始めた2人。キリがいる時間といない時間くらいしか区別がないという七緒にとっては、やはりキリと会えない時間が寂しく、会っているうちはキスをしたりして幸せを感じるものの、別れる際は涙を流して悲しんでしまいます。
夢に向かって歩いているキリに比べて恋人がいないと何もできない自分に焦りを感じる七緒は、一時会わないようキリに言ってしまいます。しかし会えないことで寂しいのはキリも同じこと。連絡をくれない七緒に自分のことを教えてよと涙を流して訴え、七緒はもう一度連れて行ってよと本音を打ち明けます。それに対し、じゃあ連れて行くと言うキリは、七緒に退学届けを出させ留学先のドイツにもう一人ホームステイ出来るよう頼むと突拍子もないことを言い出しますが、なんとそれは実現してしまいます…というか実現させたんですね。意外にドイツ語が出来た七緒はキリの役に立つこともでき、インターネットの通信教育で日本の大学の勉強もできたのですが、一番大きかったのは2人が本気で努力したことなのでしょうね。
努力して、自分たちの力で手に入れた一緒の生活を、2人幸せに送ることが出来たのでした。

ビッグガンガン11月号
ふたごザウルス(大島永遠)
運動会が苦手なちはなは、補欠でエントリーしていたマラソンに繰り上げで出場しなければいけないことになってしまい、皆心配するのですが、彼女は「出る」と自ら申し出て、そんなちはなをまさごも偉いとぎゅっと抱きしめて励まして、競技が重なっているために直接は応援出来ないものの、離れていても通じあえる双子の不思議な感覚で応援して、ちはなも頑張ってひとり抜かして最下位にならずにゴールすることができるのでした。
「女子高生」は高校時代の思い出が蘇ってくる名作ですけど、「ふたごザウルス」は小学校の時の楽しかった思い出が蘇ってきて、どちらもそれぞれ良い作品ですね。

射〜sya〜(大塚志郎)
正弓を特訓するために合宿に来た女子たちは、そこでセクハラじいさんに会ったりして災難を被ることに。一方正弓はお風呂でガングロでおっぱいの大きい少女にばったり会った…と思ったらこれはライバルの少女、礼無だったのでした。
さっそく対戦したところ、礼無は的に見事命中させるもののどれも隣の的ばかり。ふざけていても的に当てられる彼女に対して正弓はねらった的にも全然当たらず、実力の差は明らか…と皆が思う中、美射だけはふざけた振りをして実力を隠している礼無はたいしたことがない、正弓の方が実力があると言って、なにやら因縁がありそうな礼無を腹立たせるのでした。

電撃4コマ大王こもえ
あやかしぃのに(乃花タツ)
なめこに教室で舐められているところをクラスメートの女子にみられてしまった綾香、しかし女子たちは興味津々で、自分の垢も舐めてほしいと身体を差しだし、なめこもちょっとだけ舐めるものの、やっぱり嫌だ、綾香の垢が良いと言い、綾香も自分以外の子をなめこが舐めるのが嫌だと告白。晴れて両想いなことが分かったなめこは、クラスメートの女子たちがいるのにもかかわらず、目の前で綾香の身体を舐め始めて、クラスメートの女子たちも祝福してあげるのでした♪

ULTRAくらっぷ(タチ)
CDデビューすることができたモコですが、本人はどうでもいい感じ。なんでそんな冷静なのと言うやえに、芸能人になったら急に慣れ慣れしくしてくる親戚のようだと冷ややかなモコですが、やえはモコが一生懸命頑張ったことを覚えていたからこそデビューできたことが嬉しかったのでした。
しかし結局アイドルをやっているうちにハッピーパワーがなくなってしまったからもうアイドルはやめるしかないと言い出すモコですが、それなら自分の力をあげる、とやえは自らモコの太股を挟み、力を与えてあげ、モコのハッピーパワーも回復。2人が密着していたところにTakeOutのメンバーがはち合わせて、いいところをお邪魔しちゃったと2人の仲を微笑ましく祝福してあげるのですが、あなたも可愛いから2人で一緒にデビューしたら?と言われやえはええ!?と思ってしまうのでした。

…というところで元々3号だった雑誌終了に伴い連載も一応終了?どっちも続きが読みたいぞ!いやいや人気の声が集まればまた連載再開も夢じゃないはず…!

ひみつの森の人魚姫(青井はな)


恋愛白書パステル10月号

一般ティーンズラブ誌でがち百合な漫画が今月も掲載されていました!!

ひみつの森の人魚姫 青井はな
浮気ばかりしているチャラい性格なため男と別れて家を飛び出したものの行く宛がないヒロインのまりかは、残り少ない残高をおろしに行った先の銀行で、学生時代同じクラスだったという女の子日向と再会し声をかけられ、彼女の顔は実は覚えていなかったんだけどこれに乗らない手はないと話を合わせてその晩お泊まりをして、なぜか可愛く見えた彼女にキスをしちゃう自分に戸惑いつつも、自分を慕ってくれる彼女とそのまま同居することに成功。
彼女の部屋を漁っていたら自分の写真ばかり入っている箱を見つけ、あれ?と思っていたらその後彼女が自分の名前を呼びながらオ○ニーをしているのを見てしまい、彼女が本気で自分のことが好きなことに気づきます。

音を立ててしまい気付かれ、「ご、ごめんなさい…っ。き、気持ち悪いよね、こんなことしてて…」と泣きながら自分の恋心を語る彼女をまりかは不思議と嫌だとも気持ち悪いとも思えず、自分のことを一途に好きでいてくれる彼女がいじらしく思えて、そのままエッチをしてしまうことに。

その後職も見つけ、再会した元彼もまたやり直さないかと言ってくれるものの、日向のことが気になって断ってしまうまりかは自分が日向のことが好きな自分の気持ちに気づき、ベランダに佇む彼女が人魚のようだと思ったところで、学生時代に一緒に話をした記憶が戻ってきたような感じなのでした。

毎回紹介してますけど、恋愛白書パステルって最近また百合漫画が載るようになってきたことありません?百合漫画が載るたびに買ってる自分は3ヶ月に1度くらいのペースでパステル買ってるような印象があるんだけど。百合漫画が載ったらちゃんと買うと、また百合漫画を掲載してくれるのかもしれませんね。皆さんも是非今回も購入してくださいませ!そしてできればアンケートもお願いします…!今回のアンケートはそんなに答えにくい内容(あなたのエッチ体験をお聞かせくださいとか…笑)はないんで出しやすいと思いますよ。(^^
紹介がちょっと遅れちゃったんでコンビニ…はもうなくなっちゃてるかな?本屋は大きい所ならまだあると思う。TL雑誌持ってくのが恥ずかしい人は通販で。どこでもいいから買ってくれるとありがたい。作者さんからのお知らせも読んでください。

青井はな先生の百合姫コミックス「ツインケイク」の紹介はこちら
「少女ホリック」の紹介はこちら

いちごの入ったソーダ水(荒井チェリー)花と落雷(渡辺カナ)スター☆コンプレックス(さくらいす)ちゅーちゅーブレインわーるどS(海月れおな)100万ボルトの彼女(楯山ヒロコ)眠らないでタエちゃん(中村ゆきひろ)

まんがタイムきららMAX11月号
いちごの入ったソーダ水(荒井チェリー)
母親の再婚をきっかけに、迷迭香女学院に入学することになった不良娘なヒロイン月(るな)は、元子分の少女たちに「姐御が女学院!ありえねえっす!女子校で女子寮と言ったら百合ッスよ!」などと揶揄されるものの、入学した先の迷迭香女学院でいきなり可愛い女の子こひめと出会い、あからさまに世間知らずでドジっ子な彼女に戸惑うもののやっぱり可愛いという気持ちは抑えられなくて、子分の少女達に言われた百合な関係を意識しまくって自分で頭をガンガン殴ってしまうのでした。
荒井チェリー先生の作風でかなりガチ寄りな新連載になりそう?超期待!

チャンピオンRED11月号
百合探偵ユリアンズ(キムラノボル/廣瀬周)
こちらに試し読みページが。
新キャラのゴシップ探偵部の女子3人は廃刊寸前の校内誌、「天羽実話」の部数を増やそうと旧校舎に忍びこむものの、そこで女生徒の死体(?)を発見してびっくり。
逃げてしまったものの再び戻った時には女生徒の姿は消えていて、死体が消えた?と不思議に思って帰り道一緒に歩いていたところ、後ろからやってきた百合に「どうした?悩みか」などと聞かれおっぱいを揉まれ股間もまさぐられ…とエロいことをされまくられて災難…かと思いきや彼女たちは元々女子3人で3Pセックスをしまくりな性活をしている百合百合な娘たちだったのでした。他の女の子に手を出している百合を見て嫉妬してる杏が可愛いですね。
結局死体が消えた謎と失踪した女生徒の行方は、男教師と駆け落ちしようとしていた女生徒が旧校舎に逃げ込んでいたということだったのでした。

ナチュラルに3Pセックスしてる新キャラの女子達が面白いですね。レギュラー化希望(笑)。

ゆりめくる日々 海月れおな
秋を満喫しようとした二人。より子先輩の頭の上のトンボに触ろうとした沙柚理ですがより子まで一指し指をつき出してしまってET…ってこのネタ皆わかるのか?(笑)
読書の秋だと言って心霊本読もうとするより子。スポーツの秋だからとイガグリでサッカー…はなんとか出来たけどキャッチボールは痛かった(笑)。食欲の秋だから焼き芋を半分こずつしようとするもののいびつに割れた焼き芋の大きい方を差し出そうとするものの涙目なより子が格好つかない(笑)。
そして秋だからと言って他人の家の庭になっている柿をもいで食おうとするより子は非行の秋。手伝ってしまう沙柚理は共犯の秋。一緒にその場を立ち去る2人は逃避行の秋(?)なのでした。

コミックリュウ11月号
まんがの作り方 平尾アウリ
漫画で描くために水しぶきを撮影しようと武田さんをカメラマンにお風呂でばしゃばしゃ3時間もやってたところ風邪を引いてしまった森下さん。ちょっとこの状態では無理だろうと武田さんも思って安静にさせるのですがそれでも漫画を描こうとする森下さんは結構真剣なのでした。引っ越さなきゃいけないのに出られない…と内心思う武田さん。
今まんがみさまが憑いてないから調子が悪い、連載も3本しか持てないと言い出す森下さんにそんなものがあるのかと驚く武田さんですが、これはただの譫言のようです。
自分じゃなくて川口さんがいた方が良かったんだろうと言う武田さんですが、森下さんは笑顔で武田さんが一緒で良かった、いつまでも仲良くしてと答え、今まであんまり友達がいなかった武田さんは赤くなってしまうのでした。進学しても(というか漫画描くために進学しないつもりだったのか武田さん!)森下とは一緒にいられるし…と思ってしまう武田さんが母に送るメールとは…?

ヤングガンガン
夏色キセキ たつひこ
紗季が透明になっちゃう温泉回。アニメと違ってお風呂から立ち上がって4人とも素っ裸でどーんと映っていてすでにエロいんですが、単行本ではこれにさらに乳首とかも追加されちゃったり…?(笑)。

緋弾のアリアAA 橘書画子
部偵考査であかりが倒した桜は七夕の夏祭りに一緒についてきてるのに浴衣じゃなく部偵の制服姿なのが浮いてます。
しきりにあかりに戦姉妹の申し込みをしてくるものの物事には順序があるとそれをすぐには受け入れないあかりが、戦姉妹チームに入ったら戦姉妹にしてくれるだろうと思って、夏祭りの会場で猫耳水着姿でパフォーマンスまでしているのが健気ですね。飛んできたふ菓子はあかりと桜の口にすっぽりハマって、お互い照れてるのも可愛い♪

まんがライフ10月号
プアプアLIPS 後藤羽矢子
最終回。一緒に家を出たレンとナコが始めたのは、またパワーストーンのお店だったんですね。一度潰れたパワーストーンの店を再開するのは確かにギャンブルなことなんですが、ナコはレンと一緒ならまた貧乏になっても構わない、富める時も貧しい時も、健やかなる時も病める時も、いつまでも一緒にいようとする2人なのでした…。

うおお!ほんとに終わっちゃったんだ!
最終回だって告知が全然なかったからまだ気持ちが落ち着かない!
でもこれ以上ないくらいのハッピーエンド百合でしたね。単行本の告知も出ていて、やはりこお4巻が最終巻だそうです。単行本が出たらもう一回、最初から読み返したいですね。

ちゅーちゅーブレインわーるどS 海月れおな 百合度★★★★☆
ちゅーしちゃうぞとちっちゃいヒロインにキスをしようとする2人を含む、中学生にあがったばかりの女子3人が仲良しなお話。ヒロインの子はクラスが2人と違ってしまってがっかりするものの、そのクラスには将来も一緒に暮らして子作りもしようよと意中の相手に言っている女の子もいて…?
ゲストとはいえVIPとか書いてあるのが海月れおな先生、出世したなぁと思いますね。

100万ボルトの彼女 楯山ヒロコ 百合度★★★★☆
静電気体質のヒロインに、感電しながらも近づいてくる親友が良いですね。

別冊少年チャンピオン
眠らないでタエちゃん 中村ゆきひろ 百合度★★★☆☆
すぐ寝ちゃう体質のタエちゃんは巨乳なのが恥ずかしいのによりによって身体測定の日にブラジャーを着け忘れてきてしまって、急遽新聞紙とガムテープでブラジャーをこしらえるものの、寝ぼけていたせいもあってあっさりブラジャーは破れ、女の子たちの前で豊満なおっぱいを披露してしまうのでした。
友達の女の子と一緒にアイドルのコンサートに行くことになったタエちゃんですが、眠りこんでしまったために待ち合わせの場所に約束の時間につくことができず、女の子の友達が恨みがましいメールを延々送りつけてくるのが怖いw

ゆメユめ うしろだ渚沙 百合度★★★☆☆
自分の書いた小説の中の王子に夢中な危ない女の子を助けようとした親友の女の子が悪い魔法使い扱いされて殺された…と思ったらその子も夢の世界の中にいたというお話。

ゼロサムワード
お友達からはじめましょう。 乙ひより 百合度★★★★☆
自分の生きたいようのびのび生きている少女千鶴になんとか声をかけてお友達から始めることができた明。千鶴と一緒にいたひっつめ三つ編みは彼氏持ちだったんですね。このサイト的には彼女は脱落ですが、明と千鶴で結ばれる展開が楽しめることになったようです。彼氏を作る気がないのと聞かれた明は全然男には興味がない、千鶴がいればいいと言ってますし♪
帰りの夜道、変質者に襲われてはいけないから自分が変質者以上に変に振る舞えという母親の言葉通り、バレエを踊りながら明が本当に変で楽しい(笑)。しかしそんな彼女を千鶴は自転車で追いかけてきて、やっぱり危ないからと一緒に帰ることに。打ち解けた2人は名前呼び♪
自転車二人乗り、「星空サイクリング」を思い出してしまいました♪

まんがタイムきららミラク10月号
リリィ 小波ちま
久美がリリィと一緒にデートしたと聞き、嫉妬の炎を燃え上がらせるおねーちゃんですが、おねーちゃん自身も見知らぬ女の子(林檎)とキスをしているように見えて心がざわつく久美…。おねーちゃんは転んだ彼女を支えてあげただけだったんですが(笑)。

桜Trick タチ
原付の免許を取ったばかりのゆずを待ち伏せていた楓はいたずらをしようとしていたんですが、ニケツしようぜと言い出したりジュースをあげたり良い雰囲気ですね。そんな中道の向こう側でキスをしている春香と優の姿をばっちり見てしまったはずなんですが、なぜか見落としているゆずが不思議なほど鈍感です(笑)。
見られたと思ってキョドってる優が可愛いですが、いたずらしようと用意した楓のグッズは彼女がびっくりしてくれて楓も良かった?(笑)

寄り道ファミリ タダタグ
道ばたで彩音と夕希をお父さん、お母さんと呼ばせようとするさな子が羞恥プレイをさせてますね(笑)。

スター☆コンプレックス さくらいす
ゲスト。天文部に入部しようとひなたに誘われた星(♀…ヒロイン?)はしょうがないなぁと言いつつも、実は天文部に入部したいツンデレな星座大好き娘。それを迎えてあげたのは部長の月と部員の南斗…と思ったら南斗はセーラー服着てるけど実はいい年した顧問の先生だったのでした。星は女子にモテモテなためにファンの彗という女の子も後を追って入部してきて、月が猛烈な雨女なために外では観測できない部員たちですが、室内プラネタリウムを使って天井に映った星を眺めて楽しんだりするのでした。

わたしと姉は正反対 キタノユースケ
あやが語りだした真実。あやもかつてはせりなにキスをされ、魔力を受け取ったと言われ空を飛んだり、調子に乗ったせりながアイドルのようにテレビに出演して皆の前で派手なパフォーマンスをするものの、魔力を吸い取られてだんだん眠りから目覚めなくなってきた自分がこのままでは殺されると危惧したあやはせりなを拒絶。その後せりなは代わりの存在としてなずなに接近するようになったんですね。それを快く思わないあやはせりなに復讐しようと思っていたのでした。
あやに話を聞いているうちに結界を破ってせりなが登場。せりなと対峙するあやですが…。

ヤングアニマル
「ゆりキャン〜ゆりかのキャンパスライフ〜」(瀬口たかひろ 原田重光)
時間がなくてチェックできないでいたらもう本屋から今週号が消えているようで自分のレビューが書けない可能性が出てきたのでgarbagememoさんのところから今週号のレビューだけ拝借させてください(汗)。
「ゆりか様」編エピローグ。「ゆりか様」の暴走を救った「ゆりか」は教育実習先の学校で女学生に熱い支持を受けたものの、教育実習はあえなく不可。ま、片っ端から生徒に手をだしていりゃそりゃダメでしょう。
一方、慕っているげな新人教師(♂)に誘われて「玉の輿を狙うっ!」と意気込んでいくも、実は好きな♀と付き合う為のアドバイスを・・・・と言われて衝撃。ヤケになって「♀なんてキスすりゃ落ちるわよ、ほら」と落としてしまい・・・という所で幕。
女子校編ラストだったんだ。それは読みたかった…!

おーらんどーさんの紹介より。
きららミラク 11月号
柊ゆたか先生の「Good night! Angel」では、幼い頃からの習慣(?)で、自分の持っている服が黒一色であることに気付いたユリは、殺し屋仲間で一番女子力が高いと見込んだリカに服選びに付き合ってもらうことに。
さらに、ユリとリカの仲がいいことに嫉妬したあやめも巻き込んで、ドタバタはあったものの、無事下着(!)も含めて今までと違う服を買うことができてご満悦なユリでしたとさ。
そして、制服の上からもユリが下着を変えたことを一発で見抜く、あやめやカナがいい感じですね〜。

待望の単行本も間近なCUTEG先生の「スイート マジック シンドローム」は、クレーム姉さんたちと一緒に市民プールに来た甘子。
水着姿の女の子たちが仲良くはしゃぐ様は、やっぱりいいですよね。
さらに、旧スク水や水着の日焼け跡に拘ったりと、クレーム姉さんのマニアっぷり(笑)が全開でした〜。

川井マコト先生の「幸腹グラフィティ」では、いつもリュウに食べさせてもらうだけでは悪いということで、今回はキリンと椎名さんがリュウのために七輪で、秋の味覚の秋刀魚を焼くことに。
が、案の定上手くいくのか不安だらけなキリンたちですが、椎名さんちの露子さんにしっかり指導してもらって、なんとか無事完成。
リュウたち三人の絆も深まって、よかった、よかった。

タチ先生の「桜Trick」。
今回は、ゆずと楓が主人公で、バイクの免許をとったばかりというゆずと楓の仲良しっぷりが楽しめました〜。
もちろん、毎回お約束の春香と優のチュッチュもちゃんとありますよ(笑)

小波ちま先生の「リリィ」では、前回突如現れた魔女ベルメールとの戦いで、危機一髪だったリリィと久美を助けたのは、なにやらベルメールと因縁ありげなエクソシストの林檎だったことが判明。
一方、クラスメートの七海たちから姉の幸子が、林檎と親しげにしていたと聞かされた久美は、内心穏やかではないようで…。
ということで、普通の少女に悪魔にエクソシストと、美女たちの関係もますます複雑になってきましたね。
あと、七海と心菜の関係も百合っぽくなってきて、いい感じでしたよ〜。

こちらも単行本が間近な、奄美あまゆ先生の「Lisa Step!」。
今回は、こあ先生が主役(?)で、科学実験室でビーカーやピンセット(!)を使ってまったりお茶する、リサたちの相変わらずいい加減っぷりがいいですね。
あと、仲間になれなかった千鶴先生が、こあ先生仕様(?)のお茶会をわざわざ頼みにくるオチもよかったです。

好評ゲストなタダタグ先生(グダグダではありません(笑))の「寄り道ファミリ」は、家庭の事情で学校の宿直室(!)での一人暮らしを始めた史夏が、クラスメートのさな子(妹役)の提案で、先輩の彩音(お父さん(!)役)と夕希(お母さん役)を巻き込んでの、家族ごっこをすることになったというお話。
で、のっけから、史夏の布団にもぐりこんでいるさな子が、いいですね〜。
そして、4人分のお箸がないことから、4人揃って家族ショッピングに出かけることになって、すっかりお父さん役にはまっている彩音もいいですね〜(笑)

ゲスト初登場なさくらいす先生の「スター☆コンプレックス」は、星座とかが大好きなツンデレ娘の星(名前です)が、仲良しのひなたに誘われて、天文部に入部するお話。
天文部といっても、部員は部長の月(ゆえ)たった一人だけで、なんと彼女はひどい雨女(!)のため、まともに天体観測ができたためしがないという…
あと、フリーダム過ぎる顧問(だけど意外に生徒想い)の南斗先生に、星のファンクラブ(!)会員だという彗も加わって、女の子たち(一部は元(笑))の楽しい部活ライフが描かれるみたいですから、百合的にも期待できそうですよ。

キタノユースケ先生の「わたしと姉は正反対」では、なずなたちの一見平穏な日常に、突如割り込んできた謎の少女あや。
彼女はかつてなずな同様、強力な魔力の持ち主としてせりなに見込まれた存在だったのでした。
しかし、せりなにとって自分は特別な存在ではなく、自分の魔力にしか興味がないと知って復讐(?)のため現れたみたいです。
果たして、せりなとあやの対決の行方はどうなるのか、非常に気になります!!!

庄司二号先生の「TEI OHー!」では、帝王部の面々が紅音先輩のプライベートビーチ(!)で大はしゃぎ。
この作品、頂点を目指す、などと言いながら、出てくる女の子たちは傲慢なところが全くないのがいいですよね(ヘンタイはいますが(爆))
今回はむさくるしいヤローも出てこず、葵たちの水着も堪能できて、満足でしたよ〜(チュルン(笑))

にき先生による貧乏女子美大生3人組の「福33三色パンチ」も、ついに最終回(泣)
今日は、コウの19歳の誕生日ということで、セーラー服も卒業(?)
銀ちゃんもちょっぴり(?)先生らしいところを見せたりしましたが、3人組の賑やかさは当分このままということで、男が絡むこともなく、百合的には満足できましたね。
にき先生には、また登場していただきたいものです。お疲れ様でした。
「リリィ」は好みな作品で単行本も買う予定なんだけど、確かに登場人物がややこしくなってきちゃったんですよね。おまけにこれ隔月連載だから忘れちゃうし。私は脇役が覚えられなくなってしまった(汗)。細かいところは単行本でまとめて読んで紹介したいと思います。

オトメの帝国 岸虎次郎
夏祭りに憧れの浅水さんと一緒に夏祭りにやってきた市ノ瀬さんは手を繋いで歩けて幸せすぎて、この幸せがいっぺんになくなっちゃいそうと泣いちゃうのがいじらしいですが、そんな市ノ瀬さんに「まだこれから。ずっと楽しいのよ」と声をかけてあげる浅水さんが優しいですね。
同じく一緒に夏祭りに来たかおりと繭。周りから注目されてるのがどっちか分からないのですが、お互いはお互いしか注目してなくてラブラブ。ポッキーゲームみたいに両端から食べてるのがわたがしの切れ端というのが新鮮(笑)。
そんな中かおりは以前想いを馳せていた浅水さんの姿を見かけて…?


別冊マーガレット10月号

花と落雷 渡辺カナ
今月の別マの表紙にもなってる新連載の作品です。天野しゅにんた先生も百合的に注目されてますね(笑)。
相手が女と付き合うことになったと聞き、告白する前から失恋したヒロイン海美帆は、有言実行委員会の委員長と称する女の子に励まされ、だめでいいからと男に告白しにいき、自分の気持ちを伝えることで踏ん切りがつくことになるのでした。終始励まし続けてくれていた委員長に、どうしてそこまでしてくれるのと聞いたところ、海美帆のことが好きだから!と堂々と答えてくれる委員長が良いですね。
そしてヒロインはまた他の男にときめいてしまったようですが…?
というわけでヒロインが男に一目惚れするシーンはあるんですが、メインは女子2人っぽくて友情百合が期待できそうです♪

魔法使いの心友 作画:香魚子 原作:柚木麻子
涼平はそよのことは別に好きではなかったのに、リサと接近したいためにそよにキスをしてしまったのでした。それに気づき、そよを弄ばないでと忠告するリサが良いですね。
胸に花の飾りをつけていたことからリサはメイクの仕事をしていた女性に「プリンセス!」と言って仕えようとするのですが、スタイルが良かったことからリズはモデルをやらないかと言われ、他ならぬプリンセスの仕事だから断れないと仕事を引き受けることになるのでした。しかし彼女は結局プリンセスでもなく、モデルをやってる最中に照明まで落下してきて…?

単行本1巻が9月25日に発売!

とのとくのいち(猫田リコ)ディスローン(田代琢也)みつあみこ(白井もも)小学生のヒミツ(中江みかよ)

つぼみWebコミック
総合タワーリシチ あらた伊里
調理実習で対決することになった6人。あかつきとバベルが一緒じゃ爆発オチに決まってるからやらないと言い出すカンナですが、ちょっと挑発されただけですぐ乗ってしまい単細胞。さすが停学処分食らうだけのことはあります(笑)。
料理が下手クソなのは周りと同じだけど、一生懸命さがあるのはリカだけと手伝わせてあげるあかつきや、それを聞いて赤くなるリカが良いですね。

神さまばかり恋をする 一花ハナ
神社の祭儀で忙しい聡香に代わって彩乃がコトリと一緒に遊んでくれることになるのですが、家では聡香といつも一緒に遊べるコトリと、クラスも一緒で学校では一緒に遊べる彩乃は、お互いの環境がうらやましいなぁと思ってしまうのでした。2人から想われている聡香がモテモテですね(笑)。

じょしけん。のん
夏休みだわーいこがねちゃん遊ぼう!…とはしゃぐ吉住さんですが赤点補習があって行けないことを伝えられ哀れw
こがねちゃんはなぎさとデート♪ぬいぐるみが気になっているなぎさに気付いてお店に入ってあげるこがねちゃんはなぎさがやっぱりぬいぐるみ好きなことを知り、男っぽい容姿なのに可愛いものが好きなことを気にしてるなぎさは可愛いと、髪飾りを買ってあげるのでした。

まんがくらぶ10月号
とのとくのいち(猫田リコ)
くのいち少女がイケメンな女子とのに仕えているお話。とののことを好きだと言ってはばからないくのですが、とのの方もへたくそな手裏剣投げてるくのの乳やお尻に触りたいと内心思っていて、とのはやめろと言ったら今度は姫と呼んでくるくのとラブラブなのでした。

金平糖シュガーレス いづみみなみ
メイドをすることを条件に寮生活をすることになったヒロイン真子は寮で様々な女子を見かけるお話。

なかよし10月号
小学生のヒミツ(中江みかよ)
そろそろ来るからと生理の授業を受けたヒロインは、自分はまだ体型も幼いから大丈夫だろうと思っていたらある朝突然来てしまい、ナプキンもないのでトイレでオロオロしていたところ、あゆという通りすがりの少女に「トイレの花子さん」だと思われ怖がられつっかかられてしまうのですが、事情を話したところ意外に優しい彼女にはナプキンを貸してもらい、その後も教室でヒミツのサインをしつつナプキンを借りたりして仲が良くなっていくのでした。
生理用品くらい自分で買わなきゃと一緒にデパートの生理用品コーナーに行くのですが、恥ずかしくて店を出て泣き出してしまうヒロインはあゆに強い口調で当たってしまうことに。
翌日、あゆに避けられてしまっていることを知り2人きりで話しをするヒロインに、あゆは実は自分の方はまだ生理が来ていなくて劣等感も持っていたことを告白。ヒロインも謝り、あゆも許してくれて抱きついて、さらに仲良しになっていくのでした。

さばげぶっ!(松本ひで吉)
モデルガンをメンテナンスに持っていってくれと美煌にパシりに使われたモモカは、お使いの途中綺麗なショーウィンドウに惹かれて携帯をデコるお店に入ってしまい、ガン黒そっち系のお姉さんに自分の(携帯を)デコってくれとお願いしたところ、お姉さんは間違えて本物の銃をデコってくれと言われたと思い込み、「(メールを)打とうかな」などと言っているモモカに撃たれるんじゃないかとビビって本当は4万円のお代も400円にまけて、お姉さんも災難だけどモデルガンをスイーツでデコられまくったモモカも悲しい(笑)。
自分の銃がそんなことになって戻ってきたことにびっくりする美煌ですが、これはこれでいいと気に入って、ついでにモモカもうららも全身デコってもらえて良かったですね。

麻耶の代理でモデルの仕事をやることになったモモカはノリノリ。しかしそこへクソチャーシューことからあげ☆レモン氏がやってきて注意した方がいいなどと言うものだから何事?と思いきや、モデルのパンチラ写真を撮ろうとする不届きな男共がやってくるというのでした。掲載誌なかよしなのにイメージシーンでパンチラ見せまくりなのが楽しいですが(笑)決して男どもにはぱんつを見せず果敢に男共を撃墜するモモカが勇ましいですね。

4コマnanoA(エース)10月号
パンティパンティ(再田ニカ)
下着のモデルになることになったチヨは冥子とその姉のルリ子に、親の許可をもらいに家に来られますがお母さんは美人な2人を差し置いてチヨがモデルなんてと最初は許してくれないのでした。
部屋に入るなりタンスの中の下着をチェックされ、素っ気ない、色っぽくないなどとダメ出しをされるチヨは、さっそく服を脱がされおっぱいやパンツをさわさわ触られ、うっとりしていたところ、ルリ子による母親の説得は完了。綺麗に着飾ってもらったお母さんは、お金で説得されてしまったんですね(笑)。

ヲタ充(柚木涼太)
勉強が出来ない要は2年生の陸に勉強を教えてもらいに行くのですが、教室の陸は友達はいないわテストの答案は名前すらまともに書けないわの可哀想な女の子だったのでした(それでも私は柚木涼太先生の描くキャラクターの中で陸が一番好きだ…笑)。
陸に「同伴してくれ」と言われて、まるでキャバ嬢のようだと思いつつも、同伴出勤なんてまるで夫婦みたいだとドキドキしてしまう根岸が良いですね。
勉強はエロゲーで鍛えた保健体育と生物と国語だけしか出来ないというレンは、世の中が全部美少女になってしまえばなんでも覚えられると自分に言い聞かせたところ幻影が見える危ない状態になっちゃって、陸のおっぱいに後ろからタッチ!びっくりしてよろけた陸は自分の大切な顔を床にぶつけてしまってはまずい、ととっさに根岸のおっぱいに顔を埋めて顔もセーフ。
自分の顔を守ってくれた根岸に感謝のキスをおでこにぶっちゅーとしてあげて、幸せすぎて根岸は陸の子をはらんでしまいそうだと興奮してしまうのでした♪
そして要はヒロインの存在感薄いオチ要員になってしまうのでした。「アイドルは××××なんかしませんッ!」もそうなんですが、柚木涼太先生の作品は百合絡みのキャラクターがどんどん存在感を増していく一方、逆に主人公は存在感どんどん薄くなってくる傾向があるのかもしれません(笑)。

生徒会長が百合好きでも問題ナシ!? うおなてれぴん
くるみの体のどこが一番好きかと聞かれて内心おっぱいだと思いつつも顔と答えた方が無難?などと逡巡してる可音お嬢様が邪で良いですね(笑)。

すぱクラ! 高野うい
夏休みの楽しい思い出を思い返してしみじみしてる女子たちですが、唯子は鼻血を出していて、女子たちの裸を思い出してるっぽい(笑)。
そんな唯子がダウジングした結果、学校の敷地内で温泉を掘り当て……って学校で露天風呂に入っちゃうの?

G’sあんだ〜ぐらうんど(ぷらぱ)
家に帰ってドキドキしてる藍は何事かと思えば、新しいエロゲーを始めることになったのでした。
ゲーム内の妹のあられもない姿にハァハァする藍…とそこへお姉ちゃんが部屋に入ってきてびっくり。しかしお姉ちゃんも妹が大好きで、押し倒してエッチもしたいと思っているような女の子だったのでした。女の子なら二次元でも三次元でも好きだという妹がそのままでいてほしいと願うお姉ちゃんは、毎日のように一緒に妹とお風呂に入っているのに、一日でも一緒に入ってくれないと駄々をこねて可愛いですが邪な気持ちで一杯っぽい(笑)。

4コマnanoAは4コマ誌なのに妙に自分に合うなぁと思ったけどよく見たらなんのことはない、nanoAは非4コマの大ゴマを多用してるし普通のショート漫画パートがどの作品も多いからなのでした。これくらいのバランスだと私でも読みやすいですね。

以下おーらんどーさんの情報で他のなのえーすの作品も補完してください。
陽菜子先生の「ひよっこのーと」では、千鶴とつばさが凛先輩の依頼で、なぜか浴衣姿でAEDの講習会の講師を務めることに。
凛先輩とすれば、千鶴たちにいろいろ経験を積んでほしいということなんでしょうが、嬉々として千鶴を浴衣に着替えさせたり、浴衣姿を激写したりと、それだけでは終わらないところがいい感じですね〜。
が、そんな千鶴たちをライバル視するような新キャラせつかと汀子が登場して、一波乱の予感?!

再田ニカ先生の「パンティパンティ」は二回目。
で、再田先生らしい(?)梶さんのお姉さんで大人フェロモン全開なルリ子さん登場!!!。
そして、モデルをやる事をチヨのお母さんに承諾してもらうため、チヨの家に押しかけて、さらにチヨのタンスからくまさんパンツやら、いちごパンツを漁ってしまう梶さんがいいですね。
あと、チヨの素な方言しゃべりもGJです(笑)

うおなてれぴん先生の「生徒会長が百合好きでも問題なし!?」は、夏祭りネタということで、くるみにドキドキしてしまう可音とか、そんな可音の気持ちをお見通しな葵とか、招待されたのになぜか焼きそばの出店をやっていて、ドタバタしながらも天然な理子に赤面してしまう亜美とか、なかなかよかったですね〜。
今までのうおな先生といえば、(編集側の意向もあったと思いますが)ネタ百合というか、なんちゃって百合というか、百合的に今イチ決定打に欠けるという感じがあったのですが(苦笑)、この作品ではお嬢様+メイドのカプが3組も出て来ていますから、そんなイメージを払拭した、しっかりした百合展開が期待できそうですかね。

鳥取砂丘先生の「G専ラフスケッチ」では、華音の黒歴史(BLイラストブログらしいです(苦笑))を知っていると思しきクラスメイト、シエルと黒絵(ちなみにHNです)が登場。
恥ずかしさのあまり、全否定の上、逃げ出してしまう華音ですが、史子や愛美たちに諭されて、シエルたちと仲直りする流れにほっこりしますね〜(まあ、ネタはBLなんですが(笑))

山東ユカ先生の「学園のムスメ」は、巻中カラーで叶たちがパジャマパーティと思いきや、海で遊んだ代償に夏休みの課題消化でヒイヒイしていただけという…
そして、夏休み明けに課題消化のストレス解消のため、ケーキバイキングに行ったのはいいものの、その代償も高くついたのでした(主に体重計絡みで)、とさ(チャンチャン)
あ、それから、「学園のムスメ」の単行本が11/2発売予定だそうですよ〜。

コンプティーク 10月号
華々つぼみ先生の「放課後アトリエといろ」では、寧々たちもいよいよ二学期が開始なんですが、寧々が今までの癖で教室ではなく、部室へ行ってしまうことを心配して張り紙をしておく香は、さすがに分かっていますね(笑)
さらに、文化祭の企画として「ミスメイドコンテスト」が開催されることになって、裏ビからは、なんとすみれ、凛、藤乃の三人が揃ってクラス代表として出場するということに…(う〜ん、それだけ美少女率が高いということなんでしょうか(笑))
チヨの方言は確かに良いですよね(笑)。

コミックゲートアッパー
虹晴の従姉妹(砂音鈴)
プールの授業ということで虹晴こはるにエロい水着を着させようとする双子ですが却下され、結局3人ともスクール水着を着る事になるのでした。扉絵で色っぽい水着着てたのが完全にフェイントだったのに釣られた(笑)。
そしてプールから海に移動してはしゃぐ双子姉妹が仲良さそうにしてるのに鼻血を出して興奮し、虹晴にくっついてるのを見て歯軋りしている麗は授業中に望遠鏡で覗いていたため先生に取り上げられてしまうのでした。
落ちているエロ本を見つけてしまった虹晴と双子姉妹は興味津々で興奮…しかし実際に見えてしまうと見てはいけないものを見てしまった感じでその晩も気まずい雰囲気になって眠れなくなってしまうのですが、そんな姉妹に虹晴は、同じ女の子の身体なんだから大丈夫だよと保健の本を見せて安心させてあげるのでした。

…しかし次号最終回って!果たして単行本出るか〜〜〜〜出て欲しい!

ニュータイプ10月号
悪魔のリドル 南方純/高河ゆん
ヒロイン東兎角が送り込まれた学園には殺すためのターゲットが一人、それ以外は暗殺者、ターゲットは市ノ瀬晴という少女らしい…?という南方純先生と高河ゆん先生の夢のコラボ漫画。
兎角が入学した先の学校には、教師の男以外は女生徒しかおらず、やはりターゲットとしては市ノ瀬晴が怪しいと目をつけるですが、一緒のクラスになれたお祝いにと晴が皆に配ったストラップも受け取り、他の女の子たちがださいからつけられないと捨てようとした分まで掴んで自分の物にする兎角は、晴の気になる匂いは、ひなたの匂いだということに気づくのでした。
これまでの南方純先生の商業漫画はなんだったんだ別人かよと思う程作画も雰囲気も素晴らしい。

コミックフラッパー
ディスローン 田代琢也
運命に導かれた少女達の妃龍を奪いあう肉弾バトル。
正宗ちゃんという少女が女子同士格闘の訓練に励むお話。相手の体にからみついてぐるぐる回る訓練の間は、正宗ちゃんがいい匂いがすると首筋をくんくん嗅いできたり、胸を揉んだりとガチ百合っぽいキャラもいますね。

拘束乙女の聖歌隊原作:今川泰宏 作画:猫井ヤスユキ
相変わらずちょくちょく百合展開が入ってますね。

コミックスーパーダッシュ&ゴー
ニーナとうさぎと魔法の戦車(藪口黒子 兎月竜之介) 
道ばたで倒れてる(寝ている)クーに、ニーナがマウスツーマウスで起こそうとするシーン、こういうところも可愛い絵がついてると臨場感も増しますね〜。
シンシアが死んだことにショックを受け、蟻を踏みつぶそうとしたり、笑ってるつもりなのに笑顔が出ないシーンとかもキャラクターの表情が分かる漫画ならではの良さが出ていました。

別冊少年マガジン
カオス・ウィザードと悪魔のしもべ 山本アリフレッド
エルは夜も勝手に神無のベッドに潜り込んできて、朝も抱きついて自分の豊満な胸に神無の顔を埋めさせて神無にラブラブなのでした。
そんな中窓を割って飛び込んできたあーちゃんが無粋ですが、春休みの宿題が終わってないと泣きついてくる彼女のために2人はキモいウサギを退治しにいったりしなきゃいかんのでした。

みつあみこ 白井もも吉
女子同士グダグダな感じで仲良しなお話。三つ編みを結ってくれる琉子は、蘭が進路も決められないダメ女なのに付き合ってくれるのでした。そんな風に甘やかされる蘭は琉子に進路表を15万円で売ろうとしてますますダメ女になってしまいますが(笑)。


ドラゴンエイジ

「あいまねっ〜悪魔な彼女をプロデュース〜」櫻井マコト
尻尾の生えてるヒロインは、面接で、女の子をはべらせてお風呂に入る演技をするものの、女の子に尻尾を握られて逆に感じてしまったりする展開に。

京アミ!(ポルリン)
ゲームをなんとか完成させた女子たちはただ売るだけじゃ華がない、ということでコスプレをすることになるのですが、誰でも好きでオタクで…と考えた結果、カレー戦隊のコスプレをすることになってしまい、どこかずれているのでした。
次回最終回…ってちょっと待ってよ!!(汗)

悪魔のリドル(作画:南方純、原作:高河ゆん)わたゆめ(おから)ラブライブ!(鴇田アルミ/公野櫻子)春になるとウズウズしちゃう(藤村歩実)寄り道ファミリ(タダタグ)エスパー女子高生さえか!(ぼるぴっか)ももいろhoney(かるは)

ニュータイプ9月号
悪魔のリドル 作画:南方純、原作:高河ゆん
ヒロインの左兎角がターゲットを殺すよう命じられて送り込まれた学園は、ターゲット以外は全員殺し屋という学園だった…というお話。ターゲットは春という少女らしい。
ぶっちゃけ私、バトル百合で殺し愛で百合とかちゃちくさくて勘弁してほしいと思ってる人間なんですが、この作品は良さそう!南方純先生の絵が格好良いですよね〜。
「南波と海鈴」とかじゃ見れなかった作風ですよ!南方純先生が敬愛する高河ゆん先生の原作も切れ味良さそうですし、これはかなり期待!


まんがタイムきららフォワード

わたゆめ おから
ゲスト。両親が海外に行ってしまい自分一人だけ日本に残って寮生活を始めることになったヒロインは、道ばたで出会った女の子がわあ綺麗な子…とぽーっとしてたらなんとその子は寮長さんだったのでした。
彼女に連れられやってきた女子寮は、風呂上がりの女の子がいきなり全裸で現れたり、なんか知らないけど睨まれたりおっかなくて萎縮していたところ、寮長さんがいきなり後ろからおっぱいを揉み揉みして、痴女がトドメを刺してしまったか…と思いきや緊張をほぐすために揉んであげたんだと言う寮長さんの言葉通り、なんとヒロインはそれで本当に緊張がほぐれて打ち解けることが出来てしまうのでした(笑)。
今回はゲストということだけど人気が出れば連載化もあるようで、連載になると良いな。


ビッグガンガン10月号

アイドルは××××なんてしませんッ! 柚木涼太
華恋がおもらししてるところを女子に見られちゃった!見ちゃったのは桜井すずりという女の子なのですが、撮った華恋の放尿姿の写真をどうするかというと、今晩使う、それも性的に、とドッカーン発言。彼女はなんとおもらしAVを見ているようなエッチな女の子だったのでした。そしてAVじゃなくて実際におもらしをしている女の子の姿を間近で見れたことに感動した、むしろこれは隠さずモレドルとしてアピールしていくべきだと語りだし、以後華恋の後について回ることになるのでした。
華恋の次のお仕事は牧場体験。牛の乳を搾る体験をするはずの華恋ですが、逆にすずりからおっぱいを揉まれ、さらに下からも出るんじゃないのかとパンツの中にまで手を入れられてしまうのでした。すずりの行為はさらにエスカレート。ビデオを撮られている間華恋いの服を脱がせおっぱいを直に吸って摘んで、さらに服を全部ひんむいて、生まれたままの姿にして緊張させ、裸でおしっこをさせることに成功するのでした。
すずりは大興奮。しかしこんなものはテレビで流せねえと周りが心配していたところ、牛を連れた桂奈が偶然を装って通りかかり、なんとか華恋の全裸放尿姿がテレビに流れることは阻止されるのでした。
襲いかかる過激すぎるすずりも良いですが、華恋を守ってあげる桂奈も良いですね♪

射 〜Sya〜 大塚志郎
自分のおっぱいが少し大きくなったと喜んで弓道部の女子たちに報告する正弓ですが周りの女子たちは正弓のおっぱいや身体を触りまくった挙げ句、胸より腹の方が太くなっていると指摘してからかってくるのでした。そんな女子たちに正弓はおっぱいスカウターを発動。祈は少し胸が減っている、は胸が増えていると指摘して反撃するのでした。
そんな中美射がどこかへ行ってしまっていて、もしやおっぱいを大きくするためにどこかに行っているのではと嫉妬する正弓は再会した美射に会うなり彼女のおっぱいに顔を埋め、自分を差し置いてひどいじゃないかと文句を言うのですが、美射は国体に出る手続きをしていたというのでした。正美もそれに出たいと言ったところその大会は9割は的中させないと入れない難関の大会だと告げられるものの、(おっぱいがなくて)才能がある正弓ならもしや出れるかもしれん、同じく一年生で出場する他校の女の子もいるがその子はギャルな上おっぱいが大きいのがネックなのだと美射が言う相手とは、以前当て射を競った女の子たちの後輩の子だったのでした。

ぷらんく 笹桐ゆうや
海にやってきた女子たち。百合キャラの和歌は、ヒロインの九笠と2人だけで海辺を走ろうと妄想してにやけてしまいますが、その後タイミング良く溺れた九笠に誰がマウスツーマウスをするか、という話になり、和歌は運良く九笠のファーストキスをもらうことができたのでした(笑)。

春になるとウズウズしちゃう 藤村歩実
女子同士好きな相手のはく息なら、CO2だろうが煙草の煙が入っていようが喜んで吸ってしまったり、ニーソ好きの女子は風邪を引いた女子の看病をすると称して服を脱がせ、ちゃっかりニーソもはかせてしまうのでした。

電撃大王10月号
『紫色のクオリア』原作:うえお久光 作画:綱島志朗
ゆかりが死んだのがアリスのせいだと感じたヒロインはアリスを許さないと思うのですが、そもそもゆかりが死んだという記憶自体があやふやなことに気づくのでした。

『リコとハルと温泉とイルカ』ヒジキ
リコと一緒にお風呂に入るハル。お風呂も気持ちいいけどやはり隣にリコがいるから嬉しいのだと思ってるのが良いですね。
観光大使として女子たちみんなにモデルをやってもらうと言う話になり、なんで自分まで…と渋るたえ子ですが、意中の蔵本先生にたえ子はスタイルも良い、お前ならやれると言われてずっきゅーんときてしまいモデルをやることに。
誰が写真を撮るのかと思ったらカメラマンは奈津美さんだったんですね。
その後も可愛いと言われうっとりして、メガネも言われた通り外し、倉本先生がしてくれるメイクで本当に可愛い姿になってなってしまうのでした。

『ワルキューレロマンツェ【少女騎士物語】』原作:Ricotta 作画:蜜キング 構成協力:藤代 百
ちょっと百合っぽい。

まんがライフオリジナル
惑い星と花 野広実由
修学旅行に行く結衣子に、下着を買ってあげる、お風呂の時見せてねとさおりは言ってきて結衣子はまた「いやらしい…」と思ってしまいつつ満更でもなさそうなのでした(笑)。
修学旅行に先輩が行くのが寂しいという後輩の女の子雨宮さんはぎゅーっと抱きつき「触り溜め」などとふざけている風なのですが、その先輩と2人きりになった際は真剣な表情で「女の子を好きになってしまったんです。気持ち悪いですか…?」と相談。先輩にはそんなことはないと言ってもらえて、先輩にそう言ってもらいたかったんですと嬉しがる雨宮さんはその先輩のことが好きそう♪

電撃G's magazine
アイドライジングが次号から連載されると聞いて久しぶりに読んでみた。立ち読みだけど。
ラブライブ!(作画:鴇田アルミ/原作:公野櫻子/キャラクターデザイン:室田雄平)
ストパニの公野櫻子先生が原作の漫画が連載されてるんですね。男も出てきてないっぽい。
単行本1巻が9月27日に出るそうです。時間があったらチェックしてみたい。
他、電撃G's magazineでは次号から娘太郎先生による「ビビッドレッド・オペレーション」の4コマも始まるようで楽しみ。

電撃萌王 2012年10月号
ビオトープ ハトポポコ
人間界に降りてきた天使のアンジーのことを人間の少女、熊さんは可愛くてすぐに気に入ってしまい、かき氷を食べさせ、一気に食べてキーンとしてる姿も堪能してしまうのでした。その後蝉を取りに行き取った蝉を目の前で見せつけ、怖がるアンジーの姿をまた堪能するのですが、アンジーの適応力が高かったため、それは長く続かなくてしょんぼりなのでした。

電撃魔王
やまンこ! 井冬 良/雑破 業
最終回。文化祭の劇で、背が高いことから抜擢されて王子役をやることになったマコはおろおろしてしまいますが、相手のお姫様役がネネだから頑張れるんですね。練習の際、キスシーンで顔が近づくのもドキドキ♪
本番になり劇はつつがなく進行するものの、この敵役ではイマイチ迫力が足りない…と思ったりんは自分が乗り移ってタコの化け物を迫力のある感じにさせて、それを無事退治して舞台も盛り上がるのでした。
舞台を暗転させるからキスは本当にしなくて良い…と言われたものの、前にネネからキスしてもらったことが嬉しかったマコは、自分からもと、ネネに本当にキスしてしまい、ネネもそれを喜んで受け入れ、二人は喜びに浸りながらキスを続けるのでした。

その際、自分の中から何かが抜けていったと感じたネネは、憑いていた山猫も消えたっぽい?あんましはっきり描いてないのでよく分からないですが、ネネとマコが幸せな百合エンドを迎えたので、そんなことはどうでもいいのでした。そういえばやっぱり予想通り千実ちゃんの存在感も薄いままでしたが仲を邪魔することなくネネとマコの幸せな百合エンドを迎えさせてくれたのでそんなことは(ry
というわけでラブラブ百合エンドの単行本最終巻は10月27日に発売!

コミックリュウ10月号
まんがの作り方 平尾アウリ
結局またデビュー出来なかった武田さんは親に居場所を知られたからここにはいられない、引っ越すと森下に言いだし、明らかに重い話が出てきそうな剣幕の武田さんに聞きたくないと耳を塞ごうとする森下は、自分が重い話から逃げていた人生だった自覚はあったのでした。
そこへ吉永さんがやってきて、ケーキも差し入れしてもらって気にかけられている森下がやっぱり恵まれていると嫉妬の感情を隠せない武田さんですが、森下はいつもほとんど寝ずに漫画を描いていることを知り、寝なくても大丈夫なんだと森下は自分では言うものの、森下は根っからの漫画家体質なのだと武田さんは知り、また森下も今かつてないスランプに陥っていることを知るのでした。
平尾アウリ先生の作品にしては珍しく、人間の弱い部分をストレートに描いていますね。いくら頑張ってもデビュー出来ない武田さんのお話が意外にシリアスになってきました。

Webつぼみコミックス
ガールズライド 磯本つよし
おまじないが上手く行かなくてがっかりしてしまったセイとナンはその後ギクシャク。街で偶然ばったり会ったのに一番言いたいことを言い出せず、このまま離れ離れになってしまったらもう会わないようになってしまうのでは…と不安に思う二人。

ナンの家まで来たのに彼女が倒れた母親のため病院に行ってしまっていたためすれ違ってしまいますが、渡したいものはバイクにかけておいて、それはナンの合格祈願のお守りだったのでした。
それを見て、いても立ってもいられずセイに会いたくなったナンをきっちゃんもバイクの後ろに乗っけて追いついてあげて優しいですね。
彼女の応援もあって引っ越す前に言葉を交わすことが出来た2人は、住んでる場所が遠くなった後も、バイクで一緒にデートすることが出来て、鳥居を月がくぐってるところを見れたら叶うという場所にまた来ることが出来て、多分2人ともお願いしたことは一緒にいたいということだったんでしょうね。
手を繋いで月を眺める二人が幸せそうなエンドでした♪

ヤングアニマル
・「ゆりキャン〜ゆりかのキャンパスライフ〜」(瀬口たかひろ 原田重光)
生徒たちが「ゆりか様」と一緒に学校に立てこもっていると聞き、百合心中だとなにやら沙織はうっとりしているのですがとにかくゆりかは学校に駆けつけ、ダサジャージ&瓶底眼鏡を外していきなり素の姿で「ゆりか様」が立てこもっている教室に登場。本当のゆりかは清く正しくなんかないただのスケコマシだと打ち明け、さっそく美しいゆりかをみてうっとりしているうちの一人をぱちゅんぱちゅんとバックでついて(←!?)、ついに女生徒に手を出してしまうのでした。
その後「ゆりか様」と対決するゆりかですが、トランプで勝負だと言い出して何かと思いつつ相手になる「ゆりか様」ですが、奇跡のようにクイーンのフォーカードを連発するゆりかの元にはジャックやキングは決して集まらず、ひたすらクイーンばかりが集まってくることに恐れおののいてしまうのですが、実はこれは合コンの時に使おうと思っていた手品だったのでした。

ウルトラジャンプ10月号
はやて×ブレード 林家志弦
襲いかかってくる黒服の手を逃れてターゲットポイントに辿り着こうと走るはやてと綾那ですが、囲まれてしまいピンチに。しかしそこは桃香たちが加勢に来てくれて逃れることが出来ます。しかしようやく辿りついたAエリアには秀耶たちが待ちかまえていて、綾那たちも困ってしまうのですが、名前を覚えてもらっていない秀耶もストレスマックスなのでした。

コンプエース10月号
あか☆ぷろ!!!〜明るい三姉妹プロジェクト〜 あらきかなお
大阪にやってきた3姉妹は写真撮りまくって食いまくって危うくたこ焼きを食べ損ねそうになることに。

放課後アトリエといろ 華々つぼみ
風邪を引いて欠席な寧々を哀れに思った部長たちは寧々の衝立を作ってあげることに。

まんがタイムきららミラク9月号
寄り道ファミリ タダタグ
宗さんの情報より。
両親が海外に行ってしまったヒロインの史夏はなりゆきで学校の宿直室に住むことに。
一人で寂しくて、食事時も4人分の皿を並べてしまうほど(雨の慕情?w)だったのですがそれに見かねた席が隣になったさな子という女の子は抱きついてきて妹になってあげると言い出され、さらに両親役も連れてきてあげるというさな子は、あまりに仲が良すぎるために素で夫婦っぽい同級生の女子2人を連れてきて、4人の同居生活が始まるのでした。
絵柄も可愛くて百合度も高くて良さげな作品ですね〜♪

桜Trick タチ
風邪気味なのにマフラーをしない優は、店で見つけて気に入ったマフラーがあったからお姉ちゃんの美月が渡したマフラーはつけられないというのでした。優のマフラーをもらって嬉しいと思った春香ですがそれは優が一度も巻いたことがないお姉ちゃんのマフラーだと聞いてがっかり。
後日マフラーを買いに洋服屋にいく2人ですが春香は自分の気に入った服を見つけはしゃいで試着するものの、胸だけ入りきらないといううらやましい状態を見て、優は店員さんに春香が太ったから着れない、もっと大きいサイズのを持ってきてとさりげなく嫌がらせをするのでした。
しずくが先にゲットしてしまってもうないかと思われたマフラーは、店員に聞いたところ奥にしまってあって、見つけることができ、優は急に気が変わって他のマフラーを選んでしまうのですが、結果オーライで2人とも上機嫌で、思わず更衣室の中でちゅっちゅしてしまうのでした。上機嫌なまま翌日優はそのマフラーを、春香は優に前に渡されたマフラーを巻いて登校するのですが、それは姉の美月のものだったため目撃した美月はドッドッドとときめきが止まらなくなってしまうことに(笑)。

キタノユースケ『わたしと姉は正反対』
魔女のせりなに無理やり姉になられてしまったなずなは、教室で謎の少女にごく自然に声をかけられ、友人達は普通に振舞っていてまるで旧知の仲のようだけどなずなは全然覚えがない子。おかしいと思っていたら二人きりになった際に時空をゆがめてやっぱり怪しい。あやと名乗る彼女によるとせりなはやはり特別な存在で、記憶はなくても人間なら誰でも知っているというせりなの正体とは…。

ぼるぴっか「エスパー女子高生さえか!」
エスパー少女冴華がヒロインの彩奈にセクハラしたがりまくりなお話。女子からラブレターを貰ったものの名前が書いてないために相手が分からないと困っているのをみた冴華は彩奈の前に手をかざし相手の名前を解明…しようとしたと思ったらそのままかざした手で彩奈の胸を揉み始め胸の大きさを確かめ、ただのセクハラだったのでした。さらに自分の胸も触らせてカップを知らせてあげる冴華が良いですね。
手紙の相手季節子もなんとエスパーが使える…と思ったら彼女は通信学習で覚えたということで、エスパー能力は意外にお手軽に身につけれるのでした。彩奈の奪い合いのエスパー対決になり、周りの女生徒のスカートを翻らせパンツを見えさせちゃって迷惑をかけた挙げ句の勝負は冴華の勝利で、負かした季節子のパンツを頭に被っちゃってるのがすごいですが、負けた季節子も彩奈のことは諦めきれず、電柱に上って彩奈たちの様子をうかがうのですが、下から見た子供にノーパンなスカートの中身が丸見えなのでした。

かるは「ももいろhoney」
本から出てきたリオがあきらにラブラブなお話。メイド喫茶でバイトすることになったあきらは、可愛い制服姿を友達にも興奮されてしまいます。
結局ついてきたリオはあきらと一緒にバイトをすることになるのですが迷惑をかけまくることに。

まんがタイムきららキャラット10月号
桑島黎音「P.S.リスタート」
貧乏になったお嬢様ですがトランクを女の先生の股間に激突させ、気を失った先生にマウスツーマウスしてあげようとしてて怖い。
その後教室で自己紹介をする際はスカートを持ち上げて挨拶したためパンツが丸見えになってしまうのですが、それを教えてあげためぐみのパンツの柄を声に出して推測してあげて妖しい(笑)。

インプロ!真田一輝
腹筋をしているという帳の割れた腹筋を見ようと、押し倒して服をめくりあげてる優希が大胆ですね。その後座っている帳の後ろからお腹を触ってくるのもエロい(笑)。

Aチャンネル 黒田bb
るんちゃんにちょっと会えないだけだったのに見る見る元気がなくなっていくトオルを見て、ユー子たちはお菓子を与えて元気づけつつるんちゃんを探しに行ってあげるのでした。
るんちゃんを見つけたユタカも探すのを手伝ってあげてて優しいですね。一緒にいたミポリンは私るんちゃんと同じようにトオルさんと仲良くなりたいんです…と愁傷に申し出るんですが、話を聞かずトオルの元へ行ってしまうるんちゃんは、愛しのトオルを他の女の子が仲良くなりたいなんて話は文字通り聞く耳持たずという感じでしょうか(笑)。
ようやく(?)再会したトオルがいつものように抱きついて来ないのを見て不思議に思ったるんちゃんは「ぎゅーっとしていいんだよ?」と言うのですが、改めてそういうシチュエーションになって照れて出来ないトオルが可愛いですね。

平つくね「ラッキー・ブレイク」
バイトで入った女の子はなんでも出来るように見える赤井さんにラブラブ。名前は藤沢と言って何やら社長と同じ名字で容姿も仕草も社長っぽくて意味深な感じ。ひょっとして姉妹で赤井さんを巡って百合三角関係?

ひとより×× 永深ゆう
文化祭で執事姿に男装するひよりに思わずときめいてしまうつばめですが、チャイナドレスを着ろと渡され冷めてしまうのが惜しい(笑)。
執事姿だったはずが頑張りすぎて訳が分からなくなり手品師のようになってしまい、しかし頑張っているひよりに文化祭が終わった後「おつかれさま」と書いたオムレツをあげるつばめたちが良いですね。手品師になったままのひよりはまた大量に鳩を出現させてしまいますが(笑)。
意外にひより×つばめの王道展開が期待出来そうな流れになってきて嬉しい♪しかしあまねとみぞれのポジションはそれぞれどうなるんでしょうね?

平成生まれ ハトポポコ
中川さんにいきなり「結婚しよう」とプロポーズする原田さんが大胆ですね。女同士じゃ結婚できない…ともじもじしつつも嬉しそうな中川さんですが、なら性転換すればいい、中川さんの方が、と言われちょっと怖い(笑)。
原田さんの母親の旧姓とかを自分は知っているぞと中川さんに自慢してくる佐藤さんがいじわるですが、他の子が自分の知らない原田さんのことを知っているのに嫉妬しちゃう中川さんが可愛い。
意外に友達がいなくてトイレで便秘の話題を出して(ってそもそも話題が悪いw)声をかけてもタイミングが合わずぼっちな四村さんにはやっぱり佐藤さんがお似合いです(笑)。

学園ポリーチェ(森永みるく)第4話

コミックハイ9月号

学園ポリーチェ 森永みるく
学園内で暴力事件発生…って女子高生同士の喧嘩だからキャットファイトな可愛い感じ。すぐ仲直りして一緒に踏み台昇降運動でダイエットしようとして微笑ましい(笑)。
その後もしつこく事件の報告をしにくる青葉は、単に緑に取り入りたいだけなんですね(笑)。
そのうちのひとつに、アラシの二宮くんにハートに火をつけられたという女生徒の放火(?)事件もあるのですが、私は毎月「学園ポリーチェ」にハートに火をつけられています♪いやほんとにこのところこの作品読まないと1ヶ月乗り切れないんですよ。
「事件に大きいも小さいも無い!」といきなり叫ぶ青葉が楽しい(笑)。
そんな努力をしたりたわいもないこと言って話しかけてくる青葉に、緑も次第に心を許すようになるのでした♪
そして緑が心を開きかけてきたのを見計らった青葉は、ニックネームは何がいい?などと聞いて上手く緑に自分のことを「青葉」と呼ばせ、自分は緑のことを「緑ちゃん」と呼んであげるのでした。名前呼びシチュエーションが初々しい♪

嬉しそうに敬礼してる青葉と、照れて真っ赤になってる緑が可愛い♪

赫焉のヒナギク 砂原真琴
真之介との戦いには勝ったものの新たに現れた体術使いの天狗にいつきは苦戦。
しかし銀雲に騙され利用されていたことにようやく気づいた真之介も加勢に入り、最初は悪かったコンビネーションも薙刀のアドバイスで改善。ようやく止めを刺せた、と思ったもののなぜか散華せず…?

一方昔は仲が良かった妹の銀雲と話し合って和解しようとした初雪ですが、なかなか話を聞いてくれず攻撃までしてくる銀雲に、意外に強いところを見せるのでした。

こどものじかん 私屋カヲル

りんが勉強を頑張ってないのは自分と一緒なら公立でもいいからだと言って黒に見せつける美々が小悪魔ですね(笑)。

あいたま 師走冬子
自分の芸風をめぐって母親と喧嘩したとまちゃんの、今夜泊めてくれというお願いをあっさりスルーするあいちゃんは「全裸になって街を徘徊すればワイセツ罪でブタ箱に泊まれるかもよ!?」と嬉しそうに言い切っててひどい(笑)。
結局蓮の家に泊まることになるとまちゃんですが、なぜか自分も泊まりにくるあいちゃんがちゃっかりしてる。自分が守ってあげないと二人きりになったらとまちゃんがセクハラして下着を探したりお風呂を覗いたりすると言うあいですが、危ないのは明らかに自分の方(笑)。蓮と一緒にお風呂にまで入ろうと強引に申し出てくるあいですが、お母さんの計らいで結局あいはとまちゃんと一緒にお風呂に入る羽目に。

これはこれで美味しい(笑)。
実はとまちゃんの母に連絡していて、和解をし向けたあいちゃんはいい奴…と思いきや、とまちゃんを退場させた後は蓮と同衾することになって「やっと二人きりだね…」と嬉しそうなあい、策士です(笑)。

機械仕掛けのメルディーナ 宮ちひろ

暴走したメルを助けるため、アリサは危険を省みず飛び込んで抱きつき、そんな姿を見てメルもようやく正気を取り戻し、アリサのあたたかい感情を実感し、アリサの声が心に届くのでした。

姉妹ってこ!にょりこ
下着泥棒が落としたため自分のお子さまぱんつが全校の見せ物になってしまってピンチな妹ですが、姉がそれは自分のものだと代わりに名乗り出て格好よい、あるいはそのぱんつ頭にかぶってるのは妹のぱんつだと知っててはぁはぁしてやってるのか…と思ったら姉は素で自分のぱんつだと思っていて、そういえば母親から送られてきたそのぱんつは姉も同じものを送られて持っていたからだったのでした。

この辺、いかにも実の姉妹っぽいエピソードで面白いですね。

悪戯ちょうちょ 綾瀬マナ
いじわるな先生の相手で疲れてるさくらをリフレッシュさせてあげようとなのははさくらをコンサートに招待するのですが、これってデートかも、わっわっわ!と赤くなるさくらが可愛いですね。

待ち合わせ場所にきたなのはのいつもと違う服や髪型がかわいいかわいいと、人目もはばからず連発するさくらになのはも思わず照れてしまいますが、コンサートの後の帰り道、一緒に話をすることができたなのはからは、音楽学校に通うのに家族も含めて大変な努力をしていることをさりげなく語られて初めて知り、勢いで一緒にコンクールに出ようと誘った自分が軽率で、なのはのことを全然知らなかったことに気づきます。
幼馴染みなのにそんなことも知らなかったのか!と驚いてしまう展開でしたが、さくらは無口な女の子ですし、なのはも無理に話をしようとはせず、一緒に伴奏することで心を通わせてきたから、そんな風に相手の身の上すら知らなかったということになってしまったのかもしれませんね。
さくらは激しく後悔しながら、バスで去っていくなのはにごめん、ありがとうという言葉を必死で叫びながら、自分の欠点に気づくのでした。

こーしょー19さい 逸架ぱずる

乃音はうみかさんの大きいおっぱいがたゆんたゆん揺れる様を見て興奮したり、こねたりして楽しむのでした。

今月は出張掲載の「つぐもも」に「赫焉のヒナギク」のキャラも登場したコラボ漫画も載っているので「赫焉のヒナギク」ファンも要チェック!

…というわけでいろいろうちのサイトでも応援してるコミハイなんですけどねえ…正直あまり売れてるという感じがしない。本屋に置いてないということも大きいんですがそれ以前に、やっぱり単行本じゃなくて雑誌を読者に買ってもらうということは、予想をはるかに越えて難しいことなんだなぁと感じています。
自分は「単行本派」と自称する人もいますけど、じゃあ「雑誌派」なんて人はいるんでしょうか?雑誌買うほどのファンはみんな単行本も買ってるんじゃないですか?みるく先生の「学園ポリーチェ」や大島永遠先生の「女子高生」目当てに雑誌買ってるけど単行本は買わないって、そんな人いたら珍しすぎる。いたらわけがわからん。
「単行本派」というより「単行本だけ派」という言い方の方が正しいかもしれませんね。まあでもそういう人はよくいると思います。雑誌は赤字覚悟で、利益は単行本で…って編集者さんがよく言ってるのが分かりますよ。確かに雑誌売るのは想像以上に難しい。

と、話がちょっと脱線しましたが、それはさておき、しかしですよ、周りがみんな脱落していく中で、みるく先生などの連載の最新話がみんなより早く読めるというのは…個人的にはすげー楽しいことだったりします(笑)。
みんな読んでないのに自分だけ読めてるんだと思うと、にやけてきてしまいますね。^^
脱落する人が多ければ多いほど優越感が増すという変な現象が発生しています(笑)。

チャンピオンRED10月号
百合探偵ユリアンズ 原作/キムラノボル 漫画/廣瀬周
シャニアという少女に依頼を頼まれたところ、惚れられて捕らわれてしまった杏は、下着姿で亀甲縛りされ、さらにシャニアに乳首摘まれてエロい拘束を受けることに。
しかししっかり杏を助けにくる百合が良いですね。
関門を潜り抜け杏の元に辿りついた百合は、杏を人質に取ったシャニアに裸になって近づけと言われ、その場で服を全部脱がされることに。
人質取られて裸に…って廣瀬周版「エルカザド」でもそんなシーンありましたけど、やっぱり命令&視姦する相手が女の子だとなお良いですね〜♪
そして百合は「杏、愛してる!」と叫び、裸でも毅然としているのでした。
シャニアは実は百合の不安定な封印をメンテナンスしようとしていただけで、案外良い奴だったのでした。いろいろ試練を与えていたのは百合の気持ちがしっかりしているか試していたんですね。
そんなわけで百合の気持ちを確かめたシャニアは杏もあっさり解放。
一番初めての相手は自分だったけど、今の一番は杏なのねと言い残して去っていくのでした。
初めての相手がシャニアと聞いて問い詰める杏ですが、百合は以前はとっかえひっかえ女の子とエッチしてる子だったとしてさらにびっくり。けしからんと怒りつつも、今の一番の相手は杏ということは変わりないようで良かった良かった?(笑)

ゆりめくる日々 海月れおな
運動会、より子先輩と一緒の白組になれて嬉しい沙柚理ですが、より子先輩ははちまき目にまいちゃって早くも不安な予感。
かけっこをする自分を応援するより子の声が自分には良く聞こえると思う沙柚理ですが、より子は併走していたからよく聞こえて当たり前だったのでした。
二人三脚に一緒に出ることになって嬉しい2人ですがなかなかスピードが出ず、併走じゃなくて向かい合って抱きついて走ることにするのですがその姿はエロい(笑)。
より子の従姉妹はより子のことが好きで、沙柚理に嫌がらせをしてくるのですが雑草をお弁当の中に放り込んできてひどい(笑)。
しかしガクラン姿のより子を見つめる2人は、これはこれで格好良いけどやはりより子は女の子らしい格好に一番惹かれるという点で意見が一致するのでした。
足を怪我した沙柚理を手当てするより子ですが、包帯ぎゅうぎゅう縛ってやや緊縛プレイ気味(笑)。
怪我しているため、外で皆がしているフォークダンスには参加出来ない2人ですが、保健室の中で一緒に指でフォークダンス。これは良いシーン…「マリア様がみてる」のパロディ要素もたっぷりなこの作品ですが、この指フォークダンスシーンは特に良い!

TS魔女(トランス・セクシュアル・ウィッチ)りえ×ノルン 速野悠二
女体同士の絡みはあるんだけどタイトル通りTSモノなんでさすがに今回の作品は紹介できないかなー。

まんが4コマぱれっと10月号
ひなたCafeへようこそ 門井亜矢
旅行先で一緒にお風呂に入る回は乳首券も発行しまくりで大サービス♪楓さんに胸を背中にこすりつけて洗ってもらおうと妄想して脱衣所からのぼせてしまう杏も邪ですが、自分は入らずに茂みの中からそんな杏の裸を視姦するかすみもエロい。…というかこれは犯罪にあたらないのでしょうか?カメラを持ってるわけでもないし、女同士だから一緒に入れば普通なんですけど、楓に誘われたからと杏が自分も誘ったことに、かすみは我慢出来なかったんですね。
一方お風呂に入った女子たちは背中に文字書いて当てっこしたりしてきゃっきゃ楽しそうですが、書かれた文字が「ひんにゅう」だったマッツンは可哀想に(笑)。
楓さんは宿の女将さんにエロいマッサージをされて喘いでしまいますがこの女将さんは実は…。

3年2組の呪い屋さん 柚木涼太
木に縛ったロープを足に巻いて小春の家の窓に飛びついてきたローザは小春のお母さんと対面。足にロープを巻いてるローザの姿に、こんなことしちゃいけませんとたしなめるお母さんですが、ローザは小春も緊縛したことがある、師匠は小春だと言いだし、娘がアブノーマルの道に走ったとお母さんは嘆くのでした。
その後ローザが西洋の呪術をしようとしていたことを誤解していたことにようやく気づいた小春は、ローザのことをもっと知ろうとカメラを片手に四六時中ローザを観察して撮ったきわどい写真を部屋に張り付けて眺めていることから、お母さんはますます娘が心配になってしまうことに。
後日ローザと顔を合わせることになる小春ですが、美咲が声をかけてきて、またややこしいことになるから離れろという小春ですが美咲はつまずいて小春にキスをしたような感じのところをローザに見られ、やはり誤解されややこしいことになってしまうのでした。
しかし誤解を解くために小春はローザに結婚したいと求婚!それに対しローザも顔を赤らめながら、自分も結婚したいと言って気持ちに応え晴れて結ばれるのでした…!
…というところで美咲から女子同士じゃ結婚できないよと言われはたと気づくのですがいまさらなにを(笑)。

ハルノカミカゼ ichinomi
神木さんが自分の家にやってくると聞いて、全裸でお出迎えするハルが良いですね。

マジでカガク あらたとしひら
進級したもののなんとこもんとクラスが分かれてしまったことを嘆くみらいですが、自分は一緒になれたからと言って授業も着替えもお風呂も一緒だと言ってこもんの着替え姿を妄想し、みらいを挑発するのえるに、距離が遠いほど気持ちはつながると一時は慰められたみらいですがやはり我慢出来ず校内で爆弾をしかけて爆発させてしまった…?

魔女とほうきと黒縁メガネ へーべー
完璧なメイドを目指しつつもダメダメなシェスカさんは朝ご飯もテキトーなパンをみかんちゃんに見立ててモチモチしたパンを噛みしめてるのですがそれだけでは飽きたらず、みかんの姿をしたパンを焼こうと行動的になったのはいいけどできあがったパンは膨れ上がってみかんとはほど遠い姿になってしまったのでした。
みかんちゃんの着替え部屋に盗撮カメラをしかけようとして乃梨子にどつかれたりするのですが、眠っていたところをみかんちゃんに膝枕してもらって良かったですね。

追い風らんっ♪じゃん♪すろー!びび
幼なじみの美羽と舞は一緒にリレーに参加したこともあったんですね。
買いに行ったトレーニングウエアの胸とお尻がきつい姿の舞と美羽がエロいですね。一方ゆうなはお目当ての限定版の靴がサイズが大きすぎて合わなくて…よくある話ですね。私もよくやります。だって試着しても、右のサイズは合ってても左が違うとかまさか思わないじゃないですか。中国製は油断できないね(笑)。

まんがタイムきららMAX9月号
Koi『ご注文はうさぎですか?』
前にもやってきたお客のお姉さんはウェイトレスさんに興味津々で、正面から見つめるのは恥ずかしいと机の下からスカートの中を覗くように見上げるのですが追い出されてしまうのでした。
実家から送られてきたジャムにアンニュイな表情を見せるココアはホームシック!?と思ったらこれは単に姉の作るジャムがまずいというだけの話だったのでした。
しかし心配した女子たちは、あれやこれややってあげて慰めてあげて、チノまでお菓子を持ってきたことに感激したココアは今日は妹記念日にしようと言い出すことに。
漫才をやって笑わせようと計画した千夜も、切腹する武士の姿で翌日現れて出落ちですが優しいですね。

原悠衣『きんいろモザイク』
綾が犬のようだからと言って彼女に首輪をつけようと妄想する陽子がエロい(笑)。

石見翔子『かなめも』
寒くなる話をしようと考えた直はかなに熱烈なプロポーズをするのですが血の気がざあっと引いていくみかには効果覿面。あてられたみかは自分が一番かなのことを好きだと告白するのですが、これにはみかもかなもお互い赤くなってしまって余計暑くなってしまうのでした。
直は文にも愛の告白。文は軽く受け流すのですがみかは興奮。しかしこの告白も本物になってしまう日が来たりして…?
プールにやってきた女子たち、直の大きい胸に最初は嫉妬していたみかですが、かなが小さい方が好きと聞いて態度が一変。どうだうらやましいだろうと威張ってきます。
図書館で勉強するかなは宿題がすいすい解けてしまい…とこれは夢だったのですが、上着をかけてかなの寝顔を見守るみかが優しいですね。
最近のかなめもは百合度高いですね〜。最初は新聞配達漫画にわき役で百合カップルもちょっといる程度だったのが、今ではすっかりヒロインがロリ百合カップルなお話がメインになってしまいました(笑)。

ハトポポコ『平成生まれ』
中川さんをカツアゲする佐藤さんが悪人すぎる(笑)。そんな佐藤さんに、アイアンクローでカツアゲしてお仕置きをしてあげる原田さんが良いですね。怖いですが(笑)。

真田一輝『落花流水』
蛍が光ってるのは求愛行動だと知った秋穂は対抗心を燃やして水夏に水夏先輩のことを一番好きなのは自分だと告白。さらにお尻を光らせていることに対抗して、自分も袴を脱いでお尻に電球をつけて見せようとまでしてしまうのでした。


ミラクルジャンプ

EX-VITA 古味慎也
鍵を盗んでいったのはNo.4のアルマが製造される前に製造された通称No.3。危うく町を消されそうになってしまいますがそれを阻止した美波は、No.3のことを髪の黒いアルマだからクロマと呼び、アルマと似た雰囲気を持つ彼女は根っからの悪い子ではないと信じるのでした。

モーニングツー10月号
彼女とカメラと彼女の季節 月子
勢いでぶってしまったことをちょっと悪く思ったあかりは凛太郎を呼びだし謝るのですが、逆に凛太郎はあかりの気持ちに気づけなくてごめんと自分の方から謝ってしまうのでした。あかりがユキのことを好きだったことに今まで全く気づいてなかったという凛太郎の鈍感具合がすごいですが、女同士だから変だと思わないかというあかりの問いには全然そんなことは思いもしなかった、むしろユキなら当然、そこらの男たちよりも納得するという凛太郎。
これまではあかりに意中の相手がいないと思っていたからグイグイ来ていた、あかりに好きな人がいるならこれからはそんなことはしない、それどころか相談にも乗ると言う凛太郎が理解あってびっくり!ほとんど凛太郎は身を引くことになったようなものじゃないですか!
一方東京でカメラの勉強をしているユキは、カメラをメンテナンスしているうちに先生に声をかけられ、君は撮影のタイミングも上手いけど、誰かずっと追いかけている専属のモデルでもいるのかと聞かれるのですが、ユキが思い浮かべるのはあかりの姿。
専属モデル(あかりっぽい?)も、ずっと追いかけている被写体(凛太郎っぽい?)もいるけど、外の世界も見たいと思ってると語るユキですが…。

百合的にも非常に良い展開になってきました。様子見をしていた人もこの機会に単行本1巻を買えばいいと思うよ!

「アイドライジング!」が漫画化。寄り道ファミリ(タダタグ)新世界より(貴志祐介 及川徹)コミカル!(下村トモヒロ)

オトメの帝国(岸虎次郎)

プール回では優の着替えをガン見して、はいていた下着まで確認する茉莉がエロい♪
そんな茉莉に色っぽく迫る優に、自分のスク水を引っ張って股間を見せる茉莉がさらにエロすぎで何事かと思えば、優は茉莉に陰毛を剃って来るよう命令していたんですね。しっかり実行してきて、周りの女子たちに気付かれそうで恥ずかしがりつつ、ちゃんと見せてあげる茉莉が良い子ですね。見てもらうだけじゃなくて触って欲しかったんだ(笑)。

まひまひコンビは制服の上から水着を着てくるものの、下着を忘れてくるというお約束をかましつつ、忘れてくるところまでお揃いなのはさすが(笑)。

つぼみWebコミック
ニリンソウ 宇河弘樹
茎が一本で花が二輪付くというニリンソウに憧れたふら子はルームメイトの茂音と自分の足に手錠をかけてしまいます。鍵が見つからなくて困っているうちに催してきてしまってトイレに駆け込むものの、ふら子までついてきて一緒にしようと言ってくっついてくるため、お漏らしをしてしまう羽目になるのは哀れ(笑)。
その後一緒にお風呂に入って、恥ずかしくて泣いている茂音を慰めてあげるふら子は彼女の涙まで舐めてしまって濃いですが、そんなふら子の頭を叩いたところ裸の彼女の足元にちりんと落ちてきた鍵のしまってあった場所とは…(笑)。
あれこれされて大変な茂音ですが、そんな彼女にキスもしてあげて、職業も彼女のために選んであげたんですね。二人がやってるその職業とは…(笑)。

別冊少年マガジン9月号
新世界より 貴志祐介 及川徹
バケネズミを退治に地下に向かった一行たちですが、地下で寝ることになり、夜中にいらいらしてたかぶっている早季の神経を鎮めてあげると、麻里亜がやってきてキスから本格的なセックスに。
女子同士でするディープキスにメロメロになってしまい、セックスもしてしまう早季に麻里亜は「早咲、私のこと好き?ねえ好き?」と聞くのですが「うん!」と答える早季が良いですね。実は自分に自信がなくて申し訳ないと思っていた弱い気持ちを持っていたと打ち明ける麻里亜がやっぱり好きな早季は、今夜は寝かせないわよと言ってまた延々エッチしてあげて、麻里亜も「大好き!」と言って愛し合うのでした。
延々続くこの百合エッチシーンはなかなか必見です(笑)。

カオス・ウィザードと悪魔のしもべ 山本アリフレッド
掃除を命じられたエルは神無の耳の掃除ならすると言って神無の耳をちゅぱちゅぱ舐めてあげるのでした。

ぷあぷあ? コンノトヒロ
無人島でパユという少女を拾ってきてしまったまゆは、着るものがない彼女に体操服を貸してあげたところ彼女は逆に着てブルマかぶったりしつつ、箸で豆を摘む方法を聞いてまゆの乳首を摘んでしまうのでした。
サツキちゃんはパユにお尻を拭いてもらって気持ちよくなってしまうことに。

コミックアーススター9月号
全力アイドル!ESE/蒼木アキ
水泳大会でライバルチームSSプラネットの女の子のひとり舞華は女の子が大好き。可愛い女の子が多いヒロインチームの女の子美月のこともすりすりしたいと思ってしまうのですが、美月も美しい舞華にうっとりしてしまうのでした。
その後は舞華は高飛び込みをするのに高所恐怖症だからできなくて怖がってる女の子をジャイアントスイングで遠くへ投げ飛ばしてあげるのですが、観客の反応が悪かったことから高得点を得ることはできなくて残念でした。

まんがーる 玉岡かがり
つぐみの元に漫画原稿を持ち込みしたあんは中学生女子。原稿はひどいものだったものの、中学生女子のキラキラしたオーラに圧倒されていたら懐かれてしまい、胸に顔を埋めてぐりぐりされまくりな関係に。
あんは編集者に教えてもらって家までおしかけてきて、布団がひとつしかないからとつぐみが同衾していたところ妹たちに見つかって「お姉ちゃんが女連れ込んでる!」と言われてしまうのでした。

Fellows!
でこぼこガーリッシュ 原鮎美
カラオケで舟唄を歌うナッツンは、迷子になっていたところプリクラコーナーの女子高生に捕まり、ちっちゃくて可愛い女の子がいると一緒にプリクラを撮られたりして愛でられてしまうことに。
一方織子は間違えて女性ばかりのカラオケルームに入ってしまうのですが、こちらは格好良いからとやっぱり捕まってしまうのでした。
ようやく自分たちのカラオケルームに戻ってきて再会したナッツンは織子が食べていたポッキーが食べたいと言ったところ、最後の一本だからしょうがないと織子は自分のくわえていたポッキーの向こうの端をナッツンにくわえさせポッキーゲームのような形に!赤くなってるナッツンが可愛いですね♪

まんがライフ9月号
プアプアLIPS 後藤羽矢子
お互いに気持ちを打ち明けあってベッドインした二人は翌日、お互いのあんな姿が見れるなんて…とうっとり。ほんとにエッチしちゃったんだ!
恥ずかしくてレンに顔を見せられないと紙袋かぶってるナコが可愛いですが、これからもっと恥ずかしい顔をいつも見せることになるんだから、とレンはそんな袋は取ってしまうのでした。そしてこの家を出て2人で暮らそうと提案するのでした。

ドラゴンエイジ9月号
京アミ! ポルリン
ゲーム制作のためにお泊まりをしていたイノリンですが、自分がライチを抱いてしまう夢を見てドキドキ♪
目が覚めるとやっぱり目の前に同衾していたライチがいて、ほんとにしてしまったのではないかと赤くなるのですが、目撃していたロカによるといつも通りだったとのことでほっとします。しかし後になって、いつも通りというのはいつも抱いているという意味ではないか…と気づいてさらに赤くなるイノリン。ライチもイノリンに抱かれて気持ち良かったような寝言を漏らしていて真相やいかに!
現実ではどうだかわかりませんが2人が夢の中でセックスをしてしまっていたのは確実のようですね(笑)。

ジャンプSQ19
コミカル! 下村トモヒロ
漫研部の女子陽葉はプレーンのことをプルーンと間違って呼んでしまいからかわれてそれが直らないため、開き直ってプルーンとしたまひるのお尻を鞭でビシバシ叩いて病みつきになってしまうのでした。

(G)EDISION(じーまるえでぃしょん)(河下水希)
跳び箱が苦手で悩んでいるあるとを見かねたペンタブは魔法のハンマーで殴ってやり、あるとを跳び箱の達人にするのですが、その姿を見た女子野球部の女の子から助っ人を頼まれてしまい、剛速球を受け止める訓練をすることになるのでした。

まんがタイムミラク
宗さんの情報より。
「寄り道ファミリ」(タダタグ)というのが女子高生四人で擬似家族ごっこで姉妹が夫婦な感じ?面白そうですね。私も読んでみます。情報ありがとうございました〜。

「アイドライジング!」が漫画化されるそうです。
公式サイトの情報によると、百合なラノベ、「アイドライジング!」が9月29日発売の「電撃G’sマガジン」からコミカライズされるようですね。
本編&スピンオフで2本連載が開始されるようです。
本編の方を手がけるのは藤島真ノ介先生。AIKa R-16などの方ですね。女子同士の絡みをエロく描ける人です。
スピンオフの方は風華チルヲ先生。女子高生が漫画描く漫画描いてた人ですね。
「アイドライジング!」は元々ビジュアル的な小説なんで、コミカライズは合いそうです。
原作小説1巻の紹介はこちら
2巻の紹介はこちら続きを読む

大室家(なもり)

大室家(なもり)
なもり先生が連載してるゆるゆりのスピンオフWeb漫画です。
1話掲載時から、ブログの記事のどっかで感想を書いていたんだけど気付いてた人はどれくらいいたんだろう?(笑)ちょっとたまってきたんで独立した記事にしておきますね。また今後も更新されたら感想をこっそり加えていこうと思うんで暇な人はこの記事をチェックしてみてください(笑)。

第1話、相変わらず花子と撫子は櫻子に対して辛辣だ。日ごろの行いが悪いとは言え冤罪はいけませんね。しかしヨーグルト食べちゃったのは櫻子が悪いですね(笑)。

第2話。うっかり楓が髭書いちゃっても花子は優しいですね。櫻子笑いすぎ。そんなんだから虐げられちゃうんでしょうよ(笑)。
ゆるゆりアニメの主要スタッフが被ってるしタイトルも姉妹ネタなことも似てることもあって、テレビ放送の後でこれ見るとなんか「みなみけ」を思い出してしまいますね。

第3話。
撫子の学校の友達、藍はお店に誘っていて4人を引っ張るキャラなんでしょうか。美穂は可愛い顔をしてるけど撫子をいじりたいと思っていてどS?いじめられて喜ぶらしいめぐみはどM?
家に帰ってから親密に電話して「ねえ私学校で普通に出来てる?好き」と告白する撫子はこのうちの誰かとつき合ってるっぽい!

第4話。学校ではこころや未来などのクラスメートに「花子様」と呼ばれ女王様のように扱われている花子。未来のピンチになぜか代わりに泣き出してしまうこころは、未来のことをかなり想っているっぽい?
花子に失敗とか言われてる櫻子がひどいですね(笑)。

第5話
ボディーソープがなくなって櫻子に取りにいかせる撫子ですが、飲むヨーグルトに気を取られて役目を忘れ、その程度のお使いも満足にこなせない櫻子が本当に使えませんね(笑)。

第6話。撫子からお菓子をアーンしてもらった藍。自分もちょうだいと言いつつ手を叩かれてしまうものの自分もアーンしてもらえると聞いてドキッとしてしまいつつやっぱりおあずけをくらってしまうめぐみ。撫子の好きなのはチョコ味だと訳知り顔で語りつつ自分で撫子に「食べさせてください」と言わせようとしたあげく結局食べさせてしまう美穂。この中に撫子の付き合ってる相手が一人だけいると考えるとスリリングな会話です(笑)。

第7話
風邪を引いた花子さまをほったらかしにしてしまう櫻子がひどいですね。でも向日葵のところに行く予定だったんじゃしょうがない(笑)。
しかし帰ってきた櫻子は花子さまにお粥を作ってあげて、それに対して花子さまも内心すごい嬉しそう。花子さま、意外にお馬鹿お姉ちゃんのことが好きなんですね。

第8話
櫻子に土下座する撫子が良いですね。

第9話
花子様に歯向かってくるみさきちが生意気だけど気を惹こうとしていてウザ可愛いですね。全然歯が立たない感じですが(笑)。

10話
彼女が嫌がるから着信音を変えたという撫子、そもそも携帯をよく使うのも彼女とおしゃべりをするためなんですね。全然気付いてない櫻子がお馬鹿で可愛いです。ここ数日携帯の姿すら見てなくてもなんの不便もなく暮らしてるよと強がる櫻子ですが私なんか生まれてこの方携帯を持ったことも触ったことすらないけど不便なく暮らしてます(笑)。

「桃色はうすキーパー」mizuki「パンティパンティ」再田ニカ「楽園まで、あと…」かずまこを「スキップAD! いろはちゃん」大乃元初奈「ロコ・モーション」藤井理乃「いちごカルビ」南波あつこ「ごめんね。夏目ちゃん」あんねこ「ゆゆ式」アニメ化

楽園Web増刊
楽園まで、あと…(かずまこを)
恋人ののんちゃん(♀)が同人誌で好きな作家さんに会ったことから好きなカップリングまで変わってしまって嫉妬するヒロインですが、でもヒロインへの気持ちは浮ついたことないからねと唇にキスしてくれるのんちゃんが良いですね。

まんがタイム9月号
宗さんの情報より。紹介するのをいつも忘れてしまっていたんですが、ちょっと良い作品が載ってるんですよね。

「スキップAD! いろはちゃん」大乃元初奈
葛城ディレクターが風邪で倒れたと聞いてお見舞いに行ったヒロインのいろはちゃんは、お姫様抱っこしてという葛城さんに無理だろうと答えるのですが、実際やってみたら簡単に出来てしまって、ADの仕事をしてると自分でも知らないうちに力持ちになってしまうことに気づくのでした。
いろはちゃんはそのまま葛城さんをお姫様抱っこでベッドまで連れていって、おでこをこつんと当てて熱を計ったりして甲斐甲斐しくてラブラブ♪

単行本1巻
が9月に発売!

「ロコ・モーション」藤井理乃
鉄道の車掌さんとして働くロコは失敗して落ち込んでしまってるところを慰めてあげようとするものの失敗してしまい後で後悔してるモモコがツンデレ可愛いですね。

コンプティーク9月号
放課後アトリエといろ(華々つぼみ)
風邪を引いたという寧々から急にごめんねごめんね連打の怖いメールや顔に布かけた写メが届いてなにやらただごとではないと感じた裏ビの面々は寧々の家にお見舞いに来ます。出迎えたのは新キャラの女子…と思ったらこれは寧々の母親で、どうしても学校に行こうとして聞かない寧々から制服を奪って自分でそのまま着てしまったというのでした。
風邪を引いたはずの寧々ですが、右腕にはなぜかギブスが…ってほんとに骨折してしまったんですね。幸い骨折はひびが入っただけでたいしたことはないというのですが右腕ということで、意気込んでいた県展への参加は絶望的。泣き出して謝る寧々ですが、「死ぬわけじゃないし」と慰めるすみれやヘッドフォン部長が良いですね。裏ビの面々はお粥も作って寧々を看病してあげるのでした。遠くで鳴ってる花火を見たいと言う寧々にはその体では無理だと家で一緒に花火をしてあげることに。
線香花火の玉を3つくっつけあう香と寧々とすみれですが……これ暗喩なんでしょうか?エロおおおおお!!!
そうかこの3人の仲はやっぱり……私は悟りましたよ(笑)。

MCあくしず
黒鉄ぷかぷか隊 栗橋伸祐
狙っていた獲物に逃げられ意気消沈していた小浜ですが、戦闘機が近づいていると聞いて、雷砲手としての名誉挽回をしようと本能で撃墜してしまうのですが目標が味方だったことから艦内は大騒ぎに。急いで救助に向かったところ乗組員の射という女性は無事で、砲撃も命中しておらず単に燃料切れで墜落しだけだというのでした。
助けてくれたついでに目的地につれていってくれと飛行機の操縦士のあっちゃんにお願いする射ですが、自分はパートナーのキクとしか乗らないし、操縦席もキクでないとサイズが合わないと断るあっちゃんが良いですね。
しかしそうは言ってもなんとかせねばということで、キク×あっちゃんに加え、射も操縦席の足下の狭いスペースに潜り込んで出発することに。途中墜落しそうになってしまう3人ですが射もペダルを踏んで加勢してなんとか墜落せずに飛行を続けることができる3人なのでした。


まんがタイムきらら9月号


mizuki「桃色はうすキーパー」
一人暮らしをしていたはずのヒロインはるむは、ある朝目が覚めたら裸になっていて横には可愛いメイドさんが…というお話。
昨夜のはるむちゃんは激しかった…と顔を赤らめて恥ずかしがるメイドさんの名前はミルルというのでした。メイドということで掃除をしてくれるミルルですがはるむの脱ぎ捨てたぱんつを入念に調べだす様子が恥ずかしくて結局はるむは掃除を頼むことも出来ないのでした。いってらっしゃいのハグもして登校したものの、雨に降られて水に濡れたはるむの替えのぱんつを持ってきたミルルとはすぐに再会することに。傘も替えの制服も持ってこないくせにぱんつだけは持ってくるミルルがしっかりしてますね(笑)。それだけじゃ暖まれないと気づいたミルルは、新しいぱんつじゃなくて自分が今はいているぱんつを脱いで差しだそうとしてヒデヨシですね(笑)。
明らかに変態なメイドさんにはるむの友達香織とマリもどん引きなんですが、怠けたいはるむは「いっそ結婚でもすれば?」と言われて本気で同性婚を考え込んでしまうのですが、自分はメイドだから好きなときに罵倒して求めてくれればいいと言って、身分をわきまえてる…というか本物のMですね(笑)。

今回はゲスト(読み切り)ということではありますが、最後ミルルが学校に通うことになったところで終わってるんで人気があったら続きもありそう!是非続いてほしいですね〜。
midukiさんはツイッターの百合クラスタにはラグりんぱんつ百合でお馴染みな方ですね。普段は立ち読みで済ますことが多い「まんがタイムきらら」を久しぶりに買ったのはこの作品のためです(笑)。フォロワーさんの作品を紹介できるのは私にとっても嬉しいことです♪

華々つぼみ「コドクの中のワタシ」
しっぽをぴこぴこさせてるミィが可愛いとお弁当をあーんしてあげる真由ですが、自分も可愛いと言ってもらおうとするぐれ子がいじらしいですがニョロニョロはちょっと…と可愛いと言ってくれない真由がひどい(笑)。
吸血鬼少女リズもアーンしてもらうことになって「な、なによ気持ち悪いわね!!」と言いつつ赤くなっていて良い感じですね。
可愛かったミィは急にグレてリズのおっぱいをもみもみしたり真由の服を脱がせて肩にがじがじかみついたりスカートをめくろうとしたり、野生の記憶が戻ってきて暴走するものの、真由が耳元にキスをしてあげたところ正気に戻るのが良いですね。

ちび丸「プレフレ」
水着を持っていない楓のために選んであげる椿は全裸になれと嘘を言うのですが結局選んであげることに。しっかりついてくる猫俣夏希は、全力でセクシーなのを選んであげることにして、楓を猛烈に慕っていますね。

ms「少女公団アパートメント」
海にみんなと遊びに行くちさは、大胆な水着を着たろかちゃんの胸を思いきり抱きしめて抱き上げようとして、一方ろかは海で可愛くなったなつみを抱きしめてあげ、そんな様子を見ていたさくらは暑さからではなく強すぎる刺激から鼻血を出してしまうのでした。
海の家で濡れた水着で座る女子たちが、ご飯を取ってあげたりしている姿を見てもご飯がおいしいようですね。
帰りの電車で自分の肩に頭をもたれかけてくるろかの髪の匂いを感じたちさは、このままず〜っとこうしていたいと感じるのでした。
次回最終回!最終巻2巻は10月27日発売!

武シノブ「かいちょー☆」
せんせいはプールの掃除ではしゃいでずぶ濡れの透け透けになった女生徒の肌に興奮し、調子こいて打ち上げにはメイド喫茶に行こう、次はビキニでやろうと言い出すものの相方のユキ先生に止められてしまうのでした。

BeLL「Rainbow☆Starbow」
いよいよ初ステージの昴と美咲。最初は順調に進めていたものの裏方のつかさがとちったことから一転頭が真っ白に。責任を感じたつかさは自分もステージに出てきてフォローしているうちに流れで自分もStarbowの一員として紹介されてしまうのでした。

さくやついたち「√中学生」
どこかの国のお姫様の月は国語も算数も苦手だけど鞘たち女子が特訓してあげるのでした。
単行本1巻が8月27日に発売!

三上小又「ゆゆ式」
祝!アニメ化!さて今月のゆゆ式。お腹の痛かったゆずこのためにうどんを作ってあげようとしたりゴリラについて調べてあげる唯が優しいですね。お泊まりすることになりゆずこも元気になり、唯のぱんつを借りようとするのでした♪

ざら「しかくいシカク」
女子の寝姿を盗撮する十子ですが撮影した少女のはだけてあらわになった胸を手ぶらして隠してあげていたのは紅衣というやっぱり女の子だったのでした。

オゲ「女子大生生活様式」
女子大生三人が同じアパートに住んでるお話。勝手にねねの部屋にやってきたことねは自分の部屋にも戻らずねねの部屋にいついて粗相しまうのでした。特に男は登場してないようですね。

川井マコト「幸腹グラフィティ」
祖母が他界したためひとりぼっちになってしまったリョウ(♀)の元にきりんという同い年の少女が毎週土曜日に泊まりにくるお話。
一緒に一本のアイスを食べてくれるきりんに幸せを感じ、リョウは寂しくないのでした。

あそか「リリウムあんさんぶる」
咲来の家に勉強会にきた女子たちは勉強もそこそこにお泊まりすることになって、真菜とカリンは女子同士一緒にお風呂に入って楽しくてなかなか出てこず、カリンや潤香のおっぱい結構あるよね、などとおっぱい談義で、盛り上がるのでした♪
家の事情で咲来の家に行けなかったいとなが嫉妬しまくりなのも良いですね。

井上かーく「JOB&JOY」
女子同士一緒にバイトして楽しんでるお話。

八色「まどぎわクーリスト」
クールな一匹狼を目指す島本さんですが、一緒に登校しようとした寿子がちっとも起きてこなくて悠長にシャワーをあびてるのを見て遅刻確定だとビクビク。シャワーあがりの寿子が島本さんの前でおっぱい丸だしでリラックスしてたり、真っ白な島本さんを汚していく感じが堪らないとゾクゾクしてしまう様子がどSですね。終始島本さんを手玉に取ってる寿子なのでした。

あんねこ「ごめんね。夏目ちゃん」
新連載。幼女同士4コマ。ちよりと桜子が一緒にプリクラに行ったのが羨ましくて、自分も一緒に行きたいと思っていた夏目ちゃんも結局一緒にプリクラ撮りにいくことになって良かったですね。

こむそう「天然あるみにゅーむ!」
あるみにちゅっちゅしてもらいそうになって嬉しそうに待ってる妹とか、釣りで大物がかかったあるみの胸を押さえてあげる伊吹が良いですね。
単行本4巻が発売中!レビュー途中まで書いたんだけど今更完成させても遅いっぽい(涙)。4巻は結構百合度高いんですよ〜。

筋肉☆太郎「スマイル・スタイル」
毎朝みんなのお弁当を作ってきてあげる百合が三股をかけている、私というものがいながらとお冠な委員長は自分も寮に入りたいと思うものの満室でそれも叶わず、腹いせとばかりに百合のお弁当をたらふく食べてしまうのでした。
しゃっくりが授業中も止まらない百合はエッチな声を出して周囲の女生徒たちを赤くさせ、先生もひとりエッチは家に帰ってからしなさいねと赤くなりながら言ってあげるのでした。


4コマnanoエース9月号

パンティパンティ 再田ニカ
最近周りの女子たちが女っぽくなっているのに自分は変わらないまま…と嘆いていたヒロインチヨは梶さんという女の子に、あなたを実験台にする!と宣言され、何事かと思ったら下着のデザインの勉強をしたい彼女にセクシーな下着をつけさせられることになるのでした。

生徒会長が百合好きでも問題ナシ!? うおなてれぴん
海に着た女子達。くるみはお嬢様にオイルを塗ってもらうということになり、うつ伏せではなくいきなり仰向けになっておねだりして大胆ですね。

ちょっとかわいいアイアンメイデン 深見真 α・アルフライラ
洗脳部に拉致られてしまった結月は磔にされポールギャグをかまされ目隠しをされ、五感を奪われた状態で、自分では数時間ほども感じた30分放置された後、祢里部長の可愛い姿を見せられ危うくロリ部長に洗脳されそうになってしまいますが、視覚を奪われた暗闇の中でも、碧生のおっぱいのことを考え続けることで洗脳されずに済むのでした。
碧生もしっかり助けにきてあげて、そんな碧生の本物のおっぱいにとびつく結月が良いですね♪

G’sあんだ〜ぐらうんど ぷらぱ
ゲームをやっていて怒り心頭な撫子は何事かと思いきや、プレイしていたエロげーのヒロインが処女じゃないと言い出したことに腹の虫が治まらないのでした。ちょうど同じゲームをやっていた藍も同じ感想で、意気投合してそのゲームを罵りあうことに。地雷だなどとボロクソ言ってるのは百合ジャンルと同じような現象かもしれませんね(笑)。
そんな2人を冷めた目で見る萌は、リアルに置き換えて自分の好きな人がそうだったらどうするとの問いに、自分は先輩が好きだから大丈夫と、思わず百合宣言をしてしまうのでした。

すぱクラ 高野うい
温泉旅行に行けると聞いて喜ぶ温泉部の女子達ですが、海に近いその場所に行ってみればそこには温泉などなく、竹を切り自分達で地面を掘って温泉を掘り当てなければいけないのでした。
しかししっかり温泉を掘り当て、女子達はひとりひとり狭い温泉の穴に入って…とやってるんだけど、唯子だけは樹里と一緒に入ってくるのでした。
ルカ先生のおっぱいに見とれるひなた先生も良いですが一人で入っていたら満潮になって海水に囲まれてしまうことに。

ヲタ充 柚木涼太
ポスターをこすれば本人の匂いがするという本と聞きつけ速攻でこする根岸はまんまとだまされてしまってるんですが、陸の匂いを嗅ぎたい一心で必死な根岸が可愛いですね。
当の陸はいつもよりキラキラ分が足りないと思ったら、ブラをつけていないからだというのでした。
陸のブラは根岸が持っていっちゃいましたからね。自分ならブラだけでなくさらしも奪って、重量のありそうな陸のおっぱいを自分の手で持ってあげるという蓮がエロい(笑)。
陸がブラがなくて困ってるのを知り、自分の持っているブラに、確かに陸のネームが入っているのを確かめてこのブラは陸のものだと認識した根岸が、本当に陸のことが好きなんだなぁと微笑ましく見ている要ですが、根岸は未だに陸が男の子だと思っていて、ブラを着けるのも女装癖があるせいだと思ってそれでも陸のことを好きなのでした。
同人即売会に参加することになったヲな部ですがその名前のままじゃダメだろうということでProject−Oという名前のサークルで申し込むことになるのでした。

ひよっこのーと 陽菜子
看護見習い同士、初めて女の子同士一緒の布団で寝ることに照れてるのが可愛い♪

電撃4コマ大王こもえ
あやかしぃのに 乃花タツ
なめこに舐められていて遅刻してしまったけどそのことは恥ずかしいので言えない綾香。友達の間では門を叩いて舐めさせてくださいというあかなめ妖怪が出没しているという噂が立っていたものの、そんなの入れるわけないよねーと笑い話になっていて、入れてしまった綾香は恥ずかしい思いをすることになるのでした。
しかもそのなめこが学校にやってきて、みんなに可愛がられているのを見てびっくりする綾香ですが、なめこが我慢できないというので、誰もいない教室で自分のお腹を舐めさせていたところ、それは扉から女生徒たちにばっちり見られていて、綾香が幼女に自分の身体を舐めさせていたということを知られてしまうのでした。もう手遅れなのに無理に知らない振りをしてあげる女生徒たちが優しいですね(笑)。

ULTRAくらっぷ タチ
ふとももをしきりに挟んできて、一緒に暮らすからと言いだすモコ。電波ちゃんが自分の家に急に居候するなんて冗談じゃないと最初は拒絶するやえですが、TakeOutのサインに釣られて結局家まで連れてきてしまうことに。
モコはやえの母親にご挨拶。モコモコ星からやってきたなどと自己紹介をする彼女に母親の笑顔が急に消えるのが笑えますが、これはモコが敬語なんか使っちゃって設定もちゃらいモコがアイドルとしてのインパクトが足りないことに厳しい目を向けていたのでした。昔は自分もアイドルを目指していたというお母さんが、ほんわか系のアイドルモモテにだけ厳しいというのが辛辣(笑)。
しかしモコが体を光らせる能力があることを知ると態度が一変。すごい芸があるじゃないかと認めて家にずっと住ませてあげることになるのでした。その時ハッピーパワーがたまったからとまたやえと太股を絡み合わせるモコですが、やえのハッピーパワーがたまったのはモコが一緒に暮らせることになったせい…?

さて3号連続刊行というこもえですが、次号でこの作品も最終回になってしまうのか!?
作品がめちゃくちゃ面白いだけに気になるところです!みなさんも余裕があったら雑誌買って支援してくださいね!

まんがタイムきららキャラット9月号
平成生まれ ハトポポコ
風邪を引いた佐藤さんのために風邪薬を買ってきてあげる四村さんが優しいですね。思わず女子から「付き合ってるの?」と言われてしまうくらい仲のよい2人ですが実際その通りで、抱き合ったりもするのでした。風邪を移すためですが(笑)。

別冊フレンド9月号
いちごカルビ 南波あつこ
アイドルを目指すもオーディションで落選続きの杏奈と、誰もが認めるルックスを持ちながら人と接することが苦手な優希が、漫才に挑戦する学園ドラマ。コンプレックスや変身願望をテーマに、女子高生コンビの成長を描いた61ページの青春劇。
アイドル志望の女の子と、自分を変えたい女の子がコンビを結成してお笑いユニットを作ることに。一時は格が違うと思い知ってコンビを解消しそうになるのですが、相方のピンチにはちゃんとやってきて良い仲なのでした。

別冊マーガレット
魔法使いの心友 作画:香魚子 原作:柚木麻子
そよは、魔界から来たリサのプリンセス探しを手伝うことになった!魔法で憧れの涼平とお近づきになれるかも…という下心も。まわりを気にせず、自分の道を行くリサにかれんは「教育」(=変わっている子を普通にする)を行うと宣言。
意中の男にキスされて嬉しいそよですが、魔界から来たリサは男が誰にでも手を出す奴だということを知って男にそよを振り回さないでと警告することに。しかし男は本気でそよに惚れたと言い出し…?
単行本1巻が9月25日に発売!

ヤングアニマル
「ゆりキャン〜ゆりかのキャンパスライフ〜」(瀬口たかひろ 原田重光)
柔道の授業のせいで女生徒に徐々に人気が出てきてしまったゆりかと対照的に、人気に陰りが見え始めて「木ノ下さん」などと呼ばれ、昔は地味子だったなどと陰口を言われるようになってしまった「ゆりか様」ですが枯れかけていた百合の花を魔法のように咲き返らせ、奇跡を起こせる彼女のことを女生徒たちは再び慕うようになるのでした。
枯れてる花を蘇らせるなんてそんな馬鹿なと、沙織の待つ寮に帰ってから信じられないと語るゆりかですが、沙織は思春期の女の子の百合の力は奇跡も起こせるのよと諭すのでした。
そんな中、ゆりか様が女生徒を連れて学校に立てこもっているという話を聞き、それはいかんとゆりかは彼女をコマしに行くことになるのですが…。

まんがくらぶ
腹黒舞子さんとの京生活(樒屋涼)
舞子の乱れた振り袖姿を想像して興奮するヒロインですが、その後は自分も着付けをされて帯をぎゅうぎゅう締められてる姿がなんかエロい(笑)。

ニュータイプエース
虹野さん家のホワイトスワン(介錯)
基本へテロみたいですがヒロインが女子からラブレターもらってキスされちゃうお話があります。
単行本1巻が9月に発売!

ガールズ&パンツァー リトルアーミー (槌居)TEI OHー!(庄司二号)スキップAD! いろはちゃん(大乃元初奈)「ロコ・モーション」(藤井理乃)ハルノカミカゼ ichinomi

Webつぼみコミックス
じょしけん。のん
女の子にモテる渚が、同じバスケ部の女の子田村さんにお菓子貰ってる姿に、嫉妬して「よその女の子にでれでれしちゃって!バーカバーカ」と怒鳴りつけちゃったりする笹川さんがかわいい♪
しかし田村さんがお菓子をあげようとしていた相手は実は渚で、渚も結構モテたんですね。
渚→笹川は鉄板。しかし田村→渚も鉄板で、いやがられてもお弁当を作ってきたり体操服を貸してくれ他の子のじゃ嫌だと迫ってきて積極的なのでした♪
鈍感な笹川さんはいつ渚の気持ちに気付いて応えてあげるのでしょう?(笑)

前略、百合の園より 須河篤志
意地を張ってるうちにお互い無意識でしてしまう缶コーヒーの間接キスが良いですね。せっかくの女子同士間接キスだったけど缶コーヒーだけにあまり甘くはなかった?しかし後で照れてる2人が可愛い♪

トラにツバサ モロやん
2人でお話しててもご機嫌ななめな虎嶋さんは、山下さんが他の女の子たちと仲良くしてるのに拗ねてるっぽくて、後日虎嶋さんも誘って友達と一緒に遊びに行くことにしてあげた山下さんですが、噴水に落ちて一張羅の服を濡らしてしまった…?
虎嶋さんが一緒に落ちた、あるいは代わりに落ちたかどうかも気になりますね。

オトメの帝国(岸虎次郎)
女子マネージャーに自分のマスコット人形を作ってもらったという亜衣になんとも思ってない風なちえですが、亜衣は無理してるだろうと気遣ってあげるのが鋭いのですが、やっぱり予想通りちえも気にしまくりなのでした(笑)。
自分も願掛けをしたかったのに先を越されたと結局大泣きしてしまうちえですが、そんな彼女をなだめるために、恥ずかしがりながらも学校でほっぺにキスしてあげる亜衣が良いですね♪
そんな2人を影から覗きながらちゅーするところ初めて見たと感想を述べてる美好と綾乃ですが、そういえばまだ2人はキスはまだでしたっけ?おっぱい直に触ったりとかはよくしているのに(笑)。個人的にはこの2人のカップリングが好きなんで、キス展開も待ち遠しいですね〜。案外今回の女子キス目撃に感化されて自分たちも後でやっちゃう展開もあったりして♪

楽園Web増刊
コレクターズ(西UKO)
番外編はなんと大学時代の貴子と忍のお話!貴子が忍のことを「仁藤さん」とか言ってたり、忍の髪がまだ長かったりするのが新鮮(笑)。あれ、この作品の舞台って某所だったのか。なんかいろいろ馴染みのある地名が(笑)。
大学時代、出会ったばかりの頃から忍は貴子のことで頭がいっぱいだったんですね。一方貴子も忍のことが気になって、いるだろうと思って用事がてら行った美術館でやっぱり会えた忍と一緒にお食事♪
体が目で見て感じたあの感覚を超える言葉を自分はまだ紡ぐことが出来ないから、アートは私にとって言葉以上のものが存在する戒め…忍の言葉は私もなんか共感してしまう。
そんなアートをいつか手元に置いておきたいと語る忍ですが、貴子はそんなあなたを手元に置いておきたいと大胆発言(笑)。自信家で、忍が自分のことを好きだろうという確信はありつつも、メールが来ないことにやきもきしてしまう貴子もすっかり忍に夢中なのでした♪

コレクターズ(西UKO)
忍が入院してしまったのは、ATMに行くためだなどと直巳には言ったようですが、実際は貴子が一緒にいるのが楽しくて、自転車で来た忍をあちこち連れまわしてしまったせいだと後悔する貴子ですが、彼女はその時自分が忍のことを好きだという自分の感情に気付いたのでした。
その後お見舞いに行く貴子は、自分の方から忍に「好き、なのかな」と告白。熱中症で倒れた自分が夢でも見てるんじゃないかと思ってしまう忍が可愛いですね。初々しい♪そして両想いだと気付いた2人は徐々に唇を近づけていき…こうして2人はつき合うようになったんですね。


コミックアライブ9月号

ガールズ&パンツァー リトルアーミー  槌居 原作:ガールズ&パンツァー制作委員会
小学生の女の子たちが戦車に乗るお話。
ツンデレツインテの少女は他の女の子たちが戦車に乗るセンスがないなどと言いつつ、でも一緒に乗ってあげても良いわよなどと言っていたところを、ボーイッシュな少女がそんな偉そうな風に言うものじゃないと叱って喧嘩になってしまう2人ですが、お互いに謝って仲直りすることができるのでした。

ひまわりさん 菅野マナミ
ひまわりさんと一緒に温泉に行きたかったけどいけなくてしょぼくれてる風子は、そんなことでめげていてはいけない自分も成長しなければと急に髪の毛を金髪に染めてみるものの失敗してますます落ち込んでしまっていたのですが、ひまわりさんには「おかしいかな?」と優しく頭を撫でてもらい、自分は「赤毛のアン」を読んでもアンが普通に成長しているように感じたとひまわりさんに告白しても、ひまわりさんにはそれは「赤毛のアン」を途中を飛ばして読んだからだと諭され、じっくり本を一冊読むようなペースで成長すればいいと言われ、自分もひまわりさんのように髪を伸ばそうかななどと言って元気になるのでした。
単行本3巻が10月23日に発売決定!


クッキー9月号

あいがある―I girl―  なかはらももた
さえないOLが女子にモテモテになってしまう少女漫画!
雛とすばるの仲を取り持ってあげた真生のことを、最初は警戒していたすばるも心を開くようになるのですが、気持ちがいきすぎてなにやら恋人の雛のことを差し置いて真生のことが好きになってしまった模様?
一方他の先生に、女子トイレに入っていかなかったかと言われてひやりとしてしまう真生は確かに女子トイレにはこっそり入ることはあったのですが、その時自分は職員室にいたはずでそれは確かに自分ではないはず。どういうこと…?と思って屋上にいったら自分そっくりのドッペルゲンガーのような姿をした委員長と鉢合わせ。彼女はストレスから男装するのが趣味になってしまったというのでした。弟の実生には男装する人生を肯定されて励まされていたという彼女ですが、しかし自分も男装をする羽目になってやめられない状態なのがまずいと思っている真生は、男装なんてやめた方がいい、自分もそうだから…とつい本音を言ってしまい…?

漫画アクション
『ぼくは麻理のなか』押見修造
TSというか憑依モノだけど女体同士抱き合ってお尻まで掴んじゃう展開が結構エロい(笑)。

まんがタイムきららミラク
TEI OHー!(庄司二号)
帝王部の2年生の琴音先輩は女の子大好き。涙も拭いてついでにパンツも見せてくれとせがんでるのがちゃっかりしてる(笑)。

宗さんの情報より。

まんがタイム掲載の「スキップAD! いろはちゃん」 (大乃元初奈)、「ロコ・モーション」(藤井理乃)が良いそうです…ってあーあーあー、そういえばブログで取り上げるの忘れてた!

9月4日

スキップAD! いろはちゃん (1) (大乃元 初奈)


「スキップAD! いろはちゃん」はもう単行本が9月に発売されるんですね。新刊リストからもチェック漏れしてました。宗さん思い出させてくれてありがとうございました〜♪

ビッグガンガン9月号
ふたごザウルス 大島永遠
番外編。まさごのアホ毛がちはなのピンチを察して反応するレーダーになってるのが可愛い♪
ちはなは真凛のツインテールを使って掃除を…ってコッペパンってそういう意味か(笑)。

アイドルは××××なんてしませんッ! 柚木涼太
同じ学校の女の子に実はアイドルをやっているのではないか、こないだ公衆の面前でお漏らしをしてしまったのではないかと問いつめられる華恋は、問いつめられた時点で緊張してちょっとお漏らしをしてしまい、スカートが染みていてはバレるとそれを隠すためにパンツを脱いでゴミ箱に捨てるのですが、屋上に出ることになり風も強く、押さえていた手も離れてしまい股間が丸見えになるのですが、それを助けに駆けつける桂奈が良いですね。しかし結果的には間に合わず丸見え状態のままで華恋は放尿してしまい、屋上からグラウンドにいる生徒たちに黄金水をかけてしまうのでした。その姿があまりに美しかったので詮索していた女生徒も見惚れてしまうのですが、結局おもらししているのはバレちゃった?
一応男が主人公だったはずなんですがすっげえ影薄くなってきましたね(笑)。

ヤングガンガン9月号
緋弾のアリアAA 橘書画子
部偵ランクの試験、記述と技能の方は落としてしまったあかりですが、実技で巻き返しをはかろうと桜とレスリングのようなスタイルで対戦することに。
キャットファイトみたいなスタイルで絡みあう二人の姿がエロい♪
教本通りの動きが出来て実力のある桜にボコボコにされ、あげく腕を締め上げられて敗戦濃厚なあかりですが、自分が負ければアリア先輩のランクまで下がってしまうことを思いだしど根性を発揮。桜の体ごと締められている腕を持ち上げ、そのまま場外へ投げ飛ばしつつ、屋上で戦っているという想定を忘れず腕を放しきってしまわなかった配慮に、審査員も評価するのでした。
後ほどやってきた桜はそんなあかりを見直した…と思ったら今度は自分を戦姉妹(アミカ)にしてくださいと言いだし、ランクが自分より上の桜を戦姉妹には出来ないとあかりは抵抗し、志乃も「私の屍を越えてからにしろ」と前に立ちはだかってあかりを守ろうとするのでした。

オシエシラバス 高尾じんぐ
いつも一緒にお風呂に入っていた教恵がいなくて寂しいまといは国ちゃんなど他の女の子をわざわざ呼んで4人で一緒にお風呂に入ってるのが可愛いですね。

まんが4コマぱれっと9月号
やさしい教師の躾け方 宙
暑いのは嫌な歌和多ですが、先生が薄着で登校しているのは目の保養になると顔がにやけてしまいます。
蚊に刺されてもじもじしてる先生がエロいですが、そんな先生がなんとか一通りしゃべり終え何か質問はあるかとの問いに歌和多は大胆にも「先生のスカートの中が気になるので入りたいです!」と申し出。ほんとに先生のスカートの中に入ってしまった歌和多がすごいですが、これは先生の蚊に刺されたところにムヒを塗ってあげたということだったのでした。それでも十分エロいですが(笑)。
夏休み中毎日自分を遊びに招き入れさせるようにと指示する稜子先生は相変わらず大胆ですが、生徒だけでなく先生とも一緒に遊ぼうと誘惑するのでした。

屋敷はメイドのために! ぷらぱ
元の猫に戻ったのユイを見て可愛いとミサはちゅっちゅしまくり。一緒にお風呂も入ったもののバランスを崩し、捕まろうとしたユイは胸をひっかかれて傷が出来てしまいますが、悪かったとユイはミサの胸をペロペロなめてあげることに。ユイとちゅっちゅしてたことはミサとしては彼女が猫の姿の時だから別と考えるのですが、ユイはちゃんと覚えてるっぽい?

魔女とほうきと黒縁メガネ へーべー
眼帯をつけることになったまひるは妹の真夜だなどと嘘をついてくるのですがリアナたちはあっさり見抜き、乃梨子に抱きついてくるのですが、それを許さず代わりに抱きついてくるリアナが良いですね。

ハルノカミカゼ ichinomi
新連載。転校してきたハルは頭に双葉が生えてる神木さんのことが猛烈に気になってしまうお話。あんまししゃべらないし逃げてるけどハルのことを意識して赤くなったりしてる神木さんが可愛いですね。彼女は縁結びの神様…?

普通の女子高生が【ろこどる】やってみた 小杉光太郎
市の広報をしようとした女子たちはなにやらテレビデビューをすることに…?

追い風らんっ♪じゃん♪すろー!びび
美羽にもらった缶ジュースが妙に生温かいと思ったら、これは暑さに耐えかねたゆうなが自分の体操服の下に缶ジュースをしまいこんでぴったり肌にあてて涼んでいたからなのでした。
グラウンドを使おうと思ったものの雨の後のグラウンドはボコボコで、整備するうちにカーリングでもやってるような感じに。

3年2組の呪い屋さん 柚木涼太
美咲との誤解から、ローザに避けられるようになってしまった小春。
技を極め、ローザに認めてもらえば…と呪いの修行をする小春ですが、そんなに自分を呪っているのかとローザには返って警戒されてしまうことに。しかし呪いの修行が効を奏し、ローザには「結婚しよう!」と言われラブラブハッピーエンド…と思ったらこれは呪いのせいで自分が幻覚を見ていただけだったのでした。
部屋でいきなり娘が倒れているので母親もあわてて駆けつけるのですが、家の外から悲鳴を聞いて同じく駆けつけたローザは窓からアクロバティックに侵入しようとしていて怪しいことこの上なく、小春の親に与えた第一印象は最悪になってしまったのでした(笑)。

ひなたcafeにようこそ 門井亜矢
海に来た女子たち。バイトをした杏はコーヒー豆を買って楓の元へ行き、手取り足取り豆の挽き方を教わろうとするのですが、妄想は妖しげな感じに(笑)。それに気づいて嫉妬するかすみは鋭いですね。

まんがタイムきららフォワード9月号
浜弓場 双「ハナヤマタ」
自分たちのチームのマスコットキャラを描こうとした女子達。それぞれ残念な感じなんですがヤヤちゃんの隠し持っていた可愛いキャラ絵を恥ずかしがって見て、ヤヤちゃんもすっかり恥ずかしくなってしまうのが可愛い(笑)。

橘あゆん「私が彼女で彼女が私で」
なつき(あおい)に距離を置こうと言われて落ち込むあおい(なつき)。相変わらず女子たちに人気があって立ち振る舞いもしっかりしているなつき(あおい)をあおい(なつき)は眩しく見るのですが、2人きりでちゃんと話し合ったところ、なつき(あおい)はトラブルが起こらないようみぃちゃんに気を使って距離を置こうとしていただけだということが分かり、なつきはなつきのままで、あおいはあおいのままで生きていく…のかどうかはともかく、お互い喧嘩などはせず仲良くやっていこうと思い「改めてこれからもよろしくお願いします」と言い合って友情を確認するのでした。


コンプエース9月号

あか☆ぷろ!!!〜明るい三姉妹プロジェクト〜 あらきかなお
大阪にいたことがあることからたこ焼きにこだわりのある灯は、本物の蛸を一匹買ってきてしまい、たこが入ってないたこ焼きなんぞ売ると屋台ごと海に投げ落とされるぞと怖い伝説を語るのですが、蛍姉はウインナーなど代わりのものを用意してたのでした。
そうこうしているうちに大阪熱があがった3人は大阪に行くことに…?

・放課後アトリエといろ 華々つぼみ
扉絵のふみ×凛が美味しい♪

・レンズドロップス 貴島煉瓦
撮れない写真機を持ってるけど念じると不思議な力で何かが写ってしまう巨乳ヒロインと女子2人が仲が良い…というキャラ紹介番外編。

クイーンズブレイド リベリオン〜青嵐の姫騎士〜 南崎いく
姿が豹変したアンネロッテは、実は悪魔と人間の間の子だったのでした。
暴走してしまったアンネロッテはミリムの股間と胸の魔動機をさらに振動させ激しくエロくミリムを攻め暴走し続けるのですが、ユイットに抱きつかれ「お兄ちゃん!」と言われて、ようやく「お姉ちゃんだ」と正気に戻ることが出来るのでした。

くうのむところにたべるとこ(ヤマシタトモコ)彼女×彼女(大沢あまね)P.S.リスタート(桑島黎音)


cocohana(ココハナ)9月号


くうのむところにたべるとこ(ヤマシタトモコ)
今少女漫画界で超注目のヤマシタトモコ先生の新連載がのっけから百合!今回の作品の2人が映ってる表紙も百合百合!
焼き肉屋で肉が鉄板に付く瞬間に性欲を覚えるというヒロインが「キスをしたい」と言うのに、相手の女の子も焼き肉を食べてる最中なので「臭いよ」と言いつつ受け入れることには抵抗なさそうで良い雰囲気ですね。
オムニバスじゃなくてこの2人で話を掘り下げてくれるとさらに嬉しいんだけど来月号どうなるか。

まんがくらぶオリジナル
東京浪漫美容室 かずといずみ
紀州さんの紹介より。
イケメンな女の美容師さんに、来る女のお客さんがみんなメロメロになってしまうお話でした♪連載になると良いなぁ。

コミックリュウ
まんがの作り方 平尾アウリ
武田さんがいなくてもなんとか原稿をしあげようとした川口さんは弟を使おうとするものの全く戦力にならず、誰か漫画が描ける友達はいないのかとせっついたところ弟が連れてきたのは野村さん。幸せなこと考えてれば大丈夫ですよ〜と相変わらずひたすら楽しそう野村さんのオーラに、ハッピーにはなれても原稿はこりゃだめだと思う川口さんですが、意外にお手伝いもできた野村さんのおかげで原稿も無事完成。背景までは書けなかったためトーンでごまかしたら不思議な世界になってしまった原稿が怖い(笑)。
川口さんが無事入稿したため、代原待機していた武田さんのデビューはおあずけとなってしまい、でも編集者はまた機会があったら代原に使うよと武田さんの原稿を預かっておこうとするのですが、それを断って原稿を持って帰ろうとする武田さんの胸中やいかに。

ウルトラジャンプ9月号
はやて×ブレード 林家志弦
斗南は急にいきりたってひつぎに喧嘩をふっかけてくるものの、案の定ボコボコにされるのでした。
一時期剣待生をやめてゆかりや綾那をデッサンしながら平和に暮らそうとした槙ですが、ゆかりが目を怪我したこともあってそれは出来ないことに。
ゆかりがいずれ自分の元を離れて、綾那の刃友になるのではないかと心配する槙ははやてにそのことを相談。はやては綾那が自分から離れていくことをどう思うか知りたかった槙ですが、はやては綾那が離れるまで精一杯戦いたいと清々しい顔で答え、意外な答えだと思いつつも槙はちょっと吹っ切れるのでした。

電撃マ王9月号
やまンこ!漫画/井冬良 原作/雑破業
すごろくの中に入ってしまったねねこはおとぎ話の世界を回った後、最後は眠り姫を起こす王子になるのですが、相手は当然のようにマコ(笑)。
結局2人は熱いキスを交わし、めでたしめでたし…ということですごろくの世界から脱出することが出来たのでした。実は意識があって、した記憶が目が覚めても残ってたマコとねねこが赤くなって顔を合わせられなくなってるのがかわいい♪

あんちばっどすてーたす!(梵辛)
新人さんの読み切り。いくら食べても太れない少女の一番の悩みとは、食べても肉がつかない自分にはない、女の子のおっぱいを触りたいということだったのでした。
必死で触ろうとした親友は実は寄せてあげてるため実はたいしてなかったということなのですが、それを聞くことができてヒロインもちょっとだけ満足することが出来るのでした。

電撃大王9月号
リコとハルと温泉とイルカ ヒジキ
テストで赤点を取りそうで焦る茜に自分が教えてあげるよと優しい言葉をかける双子の葵ですが、同じくバカだから役に立たないと嘆いてとりあわない茜がひどい(笑)。
しかしそのせいで意中のリコに教えてもらうことが出来て良かったですね。勉強の出来るリコは茜に教えることにやりがいを感じ、せっせと教えてあげるのですが、その後やったテストでは意外に勉強が出来るハルに負けてしまっているのに気づき、やっぱり茜たちに教えてる暇があったら自分の勉強をしようと思うのでした。
一方普段は頭良さそうな様子も全くないハルは、双子の家に一緒に勉強に行った際おちゃらけてみんなの勉強の邪魔をしているのですが、ふと双子の姉の緑と遊んでもらおうと部屋に入ったところ、緑は優子さんに膝枕され頬に手を当てられ顔も接近していて、明らかにキスしていちゃついてた様子!
それを見て興奮してしまったハルは野山を駆け巡って頭を冷やした後、リコに会うのですが、顔が近い彼女に意識しまくり!
キョドってリコのヨダレも寝汗も吸収できるなどと言って赤くなるハルがかわいい♪

ホットミルク
[イイタさんペイロード]玄鉄絢
こちらに試し読みページが。
故障をした車をどうするか考える杏たちは、修理するより買い換える方が安いのではと整備員に言われて心がぐらつくのですが、カーナビの内藤ちゃんまで新車を買うようアドバイスしてるのがおもしろいですね。もちろん内藤ちゃんは新車に取り付けてもらう気満々だったのですが、結局修理して、クーラーや後部座席はなくなってしまったものの、内藤ちゃんもちゃっかり元の車に取り付けてもらって2人+1機の旅は続いていくのでした。

ヤングアニマル
「ゆりキャン〜ゆりかのキャンパスライフ〜」(瀬口たかひろ 原田重光)
じりじり下がっていた掲載順位も今月ではついに最下位になってしまったゆりキャンですが、元凶だった親父編もあっさり終了。今は全然男など絡むこともなく女子校編は快調に飛ばしています(笑)。

朝、教育実習に出かけるゆりかの髪を三つ編みに結ってあげる沙織が甲斐甲斐しい♪
しかし学校では相変わらずゆりかへの嫌がらせが続いており、授業中の質問で先生は学生時代百合体験をしたことがありますかなどと「ゆりか様」に言われてしまうのですが、男にモテモテでビッチと呼ばれて大変だったわと嘘をついて答えるゆりか。本当はビッチと呼ばれることなど微塵もないほど男と無縁の学生時代だったのが笑えるw
しかしその嘘を真に受けた女子たちは、その昔伝説のゆりかが文化祭で女子にちょっかいをかけた男を投げ飛ばしたことを話し、百合原理主義のこの学園では男は御法度で女子同士つき合うことこそ正しいのだと説き伏せるのですが、実際その伝説はゆりかが男を引き入れようとして一本背追いしたというのが事実だったのでした。
柔道の授業もあるこの学園で、ゆりかも柔道の授業の指導にあたることになりますが、「ゆりか様」に命じられて稽古を申し出たのは柔道部で黒帯の女子たち。
これはヤバいと思ったゆりかは、ダサ眼鏡を外し三つ編みをほどき、組んでる最中に女生徒にキス!さらにおっぱいまで吸ってしまい、次に来たさらに強い少女もライバル百合関係を意識させコマしてしまうのでした。

まんがタイムスペシャル
吉村佳「どろんきゅー」
肝試しをする際は、怖がる女の子が怖い女の子に自ら「手をつないで!腕を組んで!」とお願いしてくるのが良いですね♪

まんがタイムスペシャル
おーがちゃん コンノトヒロ
バニー姿にしたももえを縛り付け、動けない状態にしたところでバニーガールの衣装をペロリとめくっておっぱいを丸だしにし、3人でおっぱいを吸ってしまう展開が。

まんがタイムきららキャラット9月号
連載に昇格した作品はみんな百合っぽくて良いですね。

P.S.リスタート(桑島黎音)
お嬢様の千華が朝いきなり同衾していて驚くめぐみですが、これは千華が毎晩メイドさんとこうしているから、ひとりで寝るのは寂しいということだったのでした。

ひとより×× 永深ゆう
せっかく海に来たのに上着を脱がないつばめに不満なひよりは自分はビキニなので一度でも負ければ後がない状態なのに野球拳の勝負を挑むのが勇ましい(笑)。しっかり勝ってつばめを水着姿にしてあげるのでした。
しかしあまねちゃんには負けてしまったひよりはサンダルを脱げばいいことに気づきそうするのですが砂浜の温度はそう甘くはないのでした。
この先の洞窟にひよりの恥ずかしい写真をうっかり落としてしまったから取りに行けばと伝える西牧先生が鬼畜ですがつばめは嬉々としてそれを回収しに行くことに。ひよりを羽交い締めにして奪ったその写真は幼いひよりがおもらしをしていた時のもので、しかもそれも西牧先生が怖がらせてちびらせたということでほんとに容赦ないですね(笑)。しかしお互い幼い頃を知っているひよりも反撃に出て、先生の恥ずかしい写真を公開することに。

都桜和「さくらティーブレイク!」
女子同士、お茶を一緒に飲もうとお椀の両端から口をつけあったり、ストロー2本差しで飲んだりしてラブラブですね。

彼女×彼女 大沢あまね「恋愛標本2」
標本作りが趣味という変わった桐子に真面目な生徒会長七緒は恋心を馳せていたが彼女が留学に行くことになったと嬉々としてしゃべるのが不満。さらに「好きな人いる?」と聞かれて自分の気持ちも知らずに…と、腹が立ちじゃあ桐子は誰が好きなのと聞いたところ七緒だと答えキスもしてくるのでした。嬉しいけどそんなこと留学する前、しかも入試の前日に言ってこないでよと思う七緒ですが、京都でやってた入試の会場まで新幹線で駆けつけてきた桐子を見て、自分たちが本当に遠距離恋愛することも容易いだと思うことが出来るのでした。
遠距離恋愛が出来ることを実行力で示す桐子が良いですね。最後の方に下着ネタ入れてきた(ニコニコの方だと読めません。Yahooの方で読んでください)のもやっぱり大沢あまね先生らしいなぁと思ってしまった(笑)。

えーちょっとひらりVOL.8の記事が長くなっちゃったんで、今後のひらりの予定などはこちらに移させてもらいますね。好きな作品の記事はつい長くしちゃうのが私の悪い癖ですね。短い方が絶対読みやすいのは分かっているのに。

ひらりVOL.8の帯情報によると大沢あまね先生の「彼女×彼女」の単行本が11月に発売決定!
これは嬉しいニュースですね〜。出来ればコミハイに載っていた「彼女の。」「スマイルのしくみ」とかまんがくらぶに載っていた「いつかはできるもん!」も収録されてると面白いなぁと思うけどページ数的に難しいかもしれませんね。

さらにひらりコミックス第2弾として「ふわふわのきもち(仮)」(ささだあすか)も11月に発売が予定されているそうです。こちらも楽しみですね♪


さらにひらり、VOL.8巻末の予告によると、11月下旬発売の次号VOL.9には森永みるく先生が登場されるそうです!みるく先生はあちこち引っ張りだこだし体調も万全ではないようなので、ひょっとしたらイラストのみの参加になるかもしれないですが、でも私はそれだけでも嬉しいんですよおおおお!!みるく先生のひらり参加は超待望でした♪
他今のところクレジットが載っているのは「高嶋ひろみ、雨隠ギド、藤こよみ、藤たまき、袴田めら、カザマアヤミ」の各先生方。豪華なラインナップです。

他にも「部活女子アンソロジー キラリ、(仮)」というアンソロジーも10月に発売が予定されているようですね。
部活女子アンソロジーというだけではそれほど注目する話ではないんですが参加作家さんの中に三国ハヂメ先生や平尾アウリ先生、袴田めら先生、高嶋ひろみ先生など、百合好きにも気になる作家さんが多いのが気になりますよね。
しかもタイトルが「キラリ、」(笑)。「ひらり、」と語呂が同じなんで、多分姉妹誌になるんでしょうね。
クレジットが出てるのは「私屋カヲル、高嶋ひろみ、袴田めら、佐野妙、平尾アウリ、三国ハヂメ、小橋ちず、風上旬、kashimir」と出てます。袴田めら先生は今回も登場。また、風上旬先生とか佐野妙先生とか、意外に百合属性強いというか漫画描くとナチュラルに百合要素が入っちゃう作家さんが多いぞ!こちらも要注目です!

コミックハイ8月号


コミックハイ8月号


今月も森永みるく先生の「学園ポリーチェ」が掲載されていて要注目なコミハイです。
今回のコミックハイのアンケート欄には百合についてどう思うかというどストレートな質問が載ってます!是非これは出さねば…!

もちろんこれは今後の連載を開始する作品をどんな内容にするか、コミックハイの百合作品の比率をどうするか編集者さんが検討する材料になると思うんですが、森永みるく先生の連載だって百合エンドになるという保証はまだないですからね。森永みるく先生の作品が百合展開になってほしいという百合好きは是非雑誌を買ってアンケートを送ると良いですよ!

千と万 関谷あさみ百合度★☆☆☆☆

表紙にもあるとおり今月からはつぼみの姉妹百合でお馴染みの関谷あさみ先生も初登場!
基本父子家庭のお話ですが、ヒロインの詩万と女友達が遊びに行って女の子らしくしてあげるためシュシュを買ってあげたり友達の母が髪を結ってあげるのがちょっと良い感じ。父といても友達の母といても疲れるという詩万はどうしたいのかまだわかりませんが、まさか近親相姦的な展開になるとは思えないし、第2話で登場した女子友達などと関係が進展する可能性はあるかも。今月のアンケート出せば効果あるかもしれませんよ〜。^^

姉妹ってこ!百合度★★★★★

部活に勧誘されまくり必要とされまくりでいきなり人気が出たのは何事?と思ったらこれは、スポーツ万能な姉が妹と一緒だったら入ると言いだしたため、妹を餌に茜を捕まえるためだったのでした。
しかし自分を餌にしようとした部員たちに腹を立てたゆかりは茜をけしかけ部員たちを成敗するのでした。

こどものじかん 私屋カヲル百合度★☆☆☆☆
エロ上戸な宝院先生が白井先生にちゅっちゅしたり押し倒してあれこれしてしまう展開が♪

私屋カヲル先生は最近のコミハイの百合推しに協力してこういう展開入れてきてるのかもしれませんね。昔少コミ系雑誌で、賞金目当てに他社に漫画原稿応募したとかぶっちゃけ漫画描いてたのを見た時にはなんじゃこの人はと思ったものなんですが、意外にいい人なんですよね。編集長以上にコミハイのボスみたいな感じの人ですが(笑)百合的にも良い方向にいくようコミハイを引っ張ってもらいたいものです。

女子高生 Girls-Live 大島永遠百合度★★★★☆(4.5)
14話。メザシ頭に指してふんチラして登校する花子になんと男からの告白が。「おおおおすげーーwちょwwみんなーー」と学校の女子たちに自慢する花子に、アドバイスしてあげるという西園寺ですが、その曲線作って姿を色っぽく見せる方法は男だけじゃなくて百合好き女子にも有効な手段かもしれません(笑)。
西園寺のレクチャーによって花子も「私を女にしてくれてサンキューなvv」と感謝してしまうのでした♪やはり少女を女にしてくれるのは、同じ女しかいませんね(笑)。
風の噂では香田は二十歳すぎても男っ気ゼロということで嬉しいですね。やっぱり香田がほしい相手は絵里子だけなのでしょう♪
それにしても!
心配してやってくるカナカナがかわいすぎる!

「花子、その男性とお付き合いするの?」と真剣に聞いてるし、西園寺の家での男をつなぎ止めておくための作戦会議には協力したくないって一人だけ不参加だし♪
そして花子は結局再会したメザシ&ふんチラマニアなだけだった男には1秒で振られて男は顔すら描かれにまま退場してめでたしめでたし。
ほっとしてるカナカナが良すぎる!

悪戯ちょうちょ 綾瀬マナ百合度★★★★★(4.5)
ピアノをなかなか弾かせてくれない奏美先生の厳しい指導にめげそうになるさくらですが、一緒に宿題をやってくれて、その際楽しそうに課題曲のG線上のアリアを歌ってくれるなのはに、さくらも元気づけられるのでした。

音符をなぞって歌いながら音符の数を数えれてしまうなのはがすごい(笑)。
そんな中、レッスン中に奏美の言った、局を作った人が作曲した時の気持ちを知ろうとする努力をしろよ、お前はホントに自分のことしか考えてないんだなという奏美の叱責にはさくらも引っかかるところがあったようで…?

あいたま 師走冬子百合度★★★★☆(4.5)
夏祭りがあるということで、友達の浴衣全員分作ってきたというあいはすごいクマができてますが何日徹夜したのやら(笑)。
唯一芸能事務所に所属してなくて出場資格があるということで浴衣美人コンテストに出ることになるものの、浴衣の帯が汚れて困っていた女の子に自分のを貸してしまい、出れなくなったあいはやっぱり芸能人には向いてないと樹里は思うのですが、そんな優しいあいちゃんはみんなの中では優勝なのでした。

賞品にリンゴあめをあげる樹里が優しい…自分がさっき舐めてたやつというのがちょっと怖いですが(笑)。

機会仕掛けのメルディーナ 宮ちひろ百合度★★☆☆☆

剣戟に怯えてお漏らしをしてしまう情けないメルちゃんをルカお姉さまはからかいつつおっぱいも揉んでしまうのでした♪
自分を家族だと言ってくれたレフが特別補佐官に斬られてしまいメルの感情が爆発した…と思ったら爆発したのは感情だけではなく実際に周囲も吹っ飛んでて、昔街を消したのは機械ではなくメルっぽい?
この作品、作風からして作者さん男性だろうと思ったんだけど、よく考えたら名前からしてひょっとしたら女性かもしれませんね。最近は作風だけでは男性か女性か全く区別がつかない作家さんが増えてきました。

赫焉のヒナギク 砂原真琴百合度★★★★☆(4.0)
再びやってきた真之介といつきは対戦。
毎日筋肉痛になるまで修行して自分の流派を修正して人と対戦できるようにしていたいつきは相手の動きが読める特別な目を持っていたこともあったのですが、何より初雪を守りたいという気持ちがあったために真之介に勝つことができたのでした。
しかしその後天狗が襲ってきて…流派を変えるよう修行したいつきは以前のように倒すことができるのでしょうか?
一方銀雲と対峙した初雪は守護者を継承できなかったからお姉ちゃんのことが嫌いだったという銀雲の心の弱さを知るのですが、自分は妹と一緒にいられればそれだけでいい、これからはお姉ちゃんが守ってあげる、と言ってあげるのでした。

…となんだかいい奴っぽく見えるけど、あんた実の妹を火だるまにしようと先制攻撃しただろ!(笑)

さてお待たせしました森永みるく先生の「学園ポリーチェ」第3話です!
学園ポリーチェ 森永みるく続きを読む

微熱SPDX百合特集、シャトルプリンセス(咲香里)

微熱SUPER デラックス8月号
今月は特集「女性同士で初めて知った!新感覚H」と題した特集が組まれていてエッチあり百合漫画が5本も乗っています!
レディコミで単行本を待とうなんて考えちゃいけません。百合に限らず基本レディコミは今回みたいに再録がちょくちょくある代わりに単行本なぞ出ません。エッチありで女性的なエッチを描いた百合漫画を逃さないよう、是非この機会にゲットしてくださいませ!
「微熱」で百合特集をするのは久しぶりですね〜。これは購入はもちろんだけどアンケート支援もしたい。レディコミのアンケートは「あなたのHな体験談を聴かせてください」というもので答えづらいですが、ここに百合な体験談を書いて送るとそれが採用されて次回その体験談を元にした漫画が掲載されるかもしれないんですよね。逆にチャンスでもあります(笑)。
ちなみにアンケートには性別を書く欄なぞありません。読者女性しかいないですからね(笑)。

あたしたちのイケナイ!?関係 石井美凛
石井美凛先生ってこのサイトでもなんどか紹介した辻凛子先生ですよ!ご本人もかなり百合好きなんですよね。辻凛子先生の百合漫画がまた読めるのは嬉しい♪
ヒロインのあざみと親友こすず(♀)がつき合っていた彼氏が同一人物だとわかり、彼氏はフルボッコにして速攻捨てて、その後傷心を癒すため二人で飲んで、親友の胸に顔を埋めてすりすりしたりしてるうちに親友が感じてしまい、元がHが下手だったため、感じるHを全然してなくて欲求不満もあった2人は、そのまま一夜を…。翌日目が覚めて酔いもさめた二人が、お互い裸でいることや、夕べのことを思い出して、「どうしようこすずと…///」と恥ずかしがってるのが可愛い♪
恥ずかしがって夕べのことはしょうがなかったなどと言ってその場はおさめるこすずですが、あざみはその夜のことが忘れられず、なんでもなかったことにされたのが悲しくなって頭の中はこすずのことでいっぱい。
しかしそれはこすずも同じことだったのでした。新しい彼氏を見つけるために誘った合コンでもこすずが見ているのはあざみのことばかり。悪い男に連れ去られていきそうになるあざみを放っておけず、助けて解放した後はあの夜のことも二人でじっくり話し合い、やっぱりお互いのことが一番気になる、好きな相手だと気づき、晴れてエッチもして結ばれるのでした♪


お互いの胸を触りつつエッチな流れになってしまう最初の展開とかその後やっぱりお互いのことで頭が一杯になって結ばれる展開とか秀逸!
辻凛子先生…改め石井美凛先生の作品、めっちゃ私好みです♪今回の作品は雑誌掲載なんでそのうち入手不可になってしまうと思いますが、他にも私と同じで石井美凛先生の作品が気に入った方は是非こちらの作品もどうぞ〜♪

私とさやか先輩の秘密の情事 蓮川由都
蓮川由都先生の百合漫画も久しぶり♪OL百合ですね。仕事の失敗も多いヒロインは友達に頼まれてメイド喫茶でバイトをすることになったものの、上司のさやか先輩に兼業禁止なのにと咎められ、お金のためならなんだってするの?と聞かれ、じゃあお金を払うから私にキスをしなさいと言われたところ、さやか先輩に吸い込まれるようにキスをしてしまったヒロインはぞくっとしてしまい、その後仕事が終わった後のオフィスで、私がお金を払うからあのバイトはやめなさいと言うさやか先輩に導かれるようにキス、さらにはエッチもしてしまって結ばれるのでした♪


ベストポジション 香川智華
こちらもOL百合。彼氏にあれこれ指示されるのがうっとうしくて別れた傷心を癒すため、同僚の麻央と女性同士のエッチをするヒロイン優里。女性同士エッチすることに対して麻央が「女子校育ちならよくあることよ」と軽く言ってるのがなんかいい(笑)。

その後じゃれてほっぺたをひっぱたく振りをしたところ、麻央は妙にうっとり。実は彼女は学生のころはされる方で、エッチの際虐められるのが好きなことを恥ずかしがりながら告白するのでした。それを聞いた優央もドキドキ。震えている麻央を見て嗜虐心が芽生え、その後は望み通り激しく彼女を責め立ててあげお互い気持ち良くなり、優里も虐めてあげる側になることが自分にとっても良いポジションなのだと気づくことになるのでした。最後完全に麻央との百合エンドではなく、今度つき合う相手(男かもしれない)には虐める側に立とうと思いついたり道具とか使ってるけどその辺も含めて妙にリアルなところがおもしろいですね。あるいはこれも読者から寄せられた体験談が元になってるのかも。

ドキドキパラダイス 島崎ちと
島崎ちと先生もお久しぶり。百合レディコミ「美粋」でも良いOL百合を描いていた方ですね。今回の作品もOL百合!
ネイルに凝っているヒロインの美優は彼氏とつき合っていても心はネイルのことばかりで振られてしまいます。その後、趣味のネイルのことをもっと話したいと思った美優はブログで親密だった女性と会い、モデルのように格好良い彼女と思う存分好きなネイルのことを話しながら彼女にネイルもメイクしてあげ楽しく話しているうち、ドキドキエッチな気分になってしまい、自分がネイルした指でアソコや胸を触ってもらって、今までで一番の恋人だと気づくのでした。


明日の秘密 藤森千夜子
この作品は以前にも紹介したことがありますね。
彼氏ともやっても感じず、友達の祐子のことばかりが気になるヒロインは、ついには彼女の彼氏まで寝取ってしまいギクシャクしてしまうものの、後日彼とHをしている祐子が嫌がってるのを見て我慢できず助け出し、祐子もホントはヒロインとキスやセックスをしてみたかったことを告白。晴れて2人は結ばれるのでした。

エッチしてる2人がすごい嬉しそうなのが良いんですよね〜。

モーニング
シャトルプリンセス 咲香里
実業団のバドミントン部に所属しているヒロインは、やってきた練習生の女性と練習で対戦したりダブルスを組んだりするのですが、相手のセンスに脱帽してしまいます。大人しそうな普段の様子からは想像もつかなかったと感心するヒロインですが、しかしその後、一緒にお風呂に入っていたところ、相手からバドをやめようと思っていると泣きながら訴えられ、戸惑います。
コーチからなんとか説得してやめさせないようにしてくれと頼まれたヒロインは、優しい言葉をかけて励ますようなことはせず、厳しい言葉を怒鳴りつけてコーチもびっくりしてしまうのですが、彼女にはこれが効果があって、今まで怒られたことがなかったから新鮮、やっぱりバドを続ける、「一緒にオリンピックに行きましょうね!」とヒロインの腕に抱きついて、ヒロインも顔を赤らめて驚いてしまうのですが2人は良い感じなのでした♪

今後の雑誌掲載情報。
7月14日発売のゼロサムWARDには乙ひより先生の新連載「お友達からはじめましょう。」が掲載!
21日発売のコミックハイには森永みるく先生の「学園ポリーチェ」や藤こよみ先生の百合っぽい新連載、「悪戯ちょうちょ」などが掲載!
コミック百合姫9月号もゆるゆり放送中なことに加えて定価の半額セールということで注文受付締め切られたりすることがないかそろそろ気になるところ。
各雑誌要チェックです!

お友達からはじめましょう。(乙ひより)天色くろすおーばー(藤枝雅)君が歩く物語(菅谷仁美)純愛教祖みかなさま(寿孝太)東京浪漫美容室(かずといずみ)


電撃大王GENESIS9月号

今月は藤枝雅先生の表紙も素敵な電撃大王GENESISです♪

君が歩く物語 菅谷仁美
渚は彼氏と喧嘩するが、その妹長閑(のどか)から「つきあってください」と告白されて…という読みきり。軽い気持ちで受け入れ、デートもする渚ですが携帯が気になったりして気もそぞろ。しかし軽い気持ちではなかった長閑は渚に迫り、キスをしようとしてきて渚はびっくりして拒否してしまい、「つき合う」というのがそういう意味ではなく単に一緒に遊ぶ程度のことだったと言って謝ります。
学校でも以前、親友に告白したところ振られてしまい、しかもそれが噂として悪い風に取られたことがショックだった長閑はまたしても失恋してしまいますが、渚はそんな長閑の姿を見て、人を愛する気持ちの重さを知り、彼氏と元鞘に治まることになってもこれからは自分の気持ちを大切にしていこうと思うのでした…。
痛い、痛すぎる悲恋百合!しかし女の子が女の子を愛する気持ちの真剣さがよく描かれていましたね。

天色くろすおーばー 藤枝雅
スマちゃんと一緒に登校するにーなはスマちゃんがお揃いのヘッドフォンをつけていないことに嫉妬するのですが、これは突然父親に借りられてしょうがなかったということでにーなは納得するのでした。しかしスマちゃんの肩に耳を寄せたところ、外したヘッドフォンから聞こえてきたのはにーなが作った曲。自分の曲を視聴用に何度も使っているというスマちゃんに、にーなの機嫌もすっかり直ってしまうのでした。
一方登校したスマちゃんは縦ロールの女の子遠音に声をかけられ、何かと思えば同じ系統のヘッドフォンを使っているスマちゃんにこの機種のヘッドフォンが壊れているのではないかと聞きに来たのでした。丁寧に教えてくれるスマちゃんのことがすっかり気に入った遠音ですがにーなには冷たく当たる彼女は、そのヘッドフォンが好きではないからというのですが元々スマちゃんがつけていたヘッドフォンもにーなと同じもの…。
女子同士の3角関係?しかし今のところ遠音の分が悪すぎる(笑)。
祝連載化!この作品面白かったですからね〜。さもありなんといった感じです♪

はしっぽ花星 こがわみさき
湿度の高い季節になって、髪が跳ねるのが気になる女子達ですが、若葉はいつものツインテールすらやめてしまい百獣の王のようなワイルドな風貌になってしまいます。昔はまんま男の子の姿してたこともありますしね(笑)。
女子同士怖い話で盛り上がったのはいいものの小梅は怖がりすぎて腰が抜けてしまうことに。そんな小梅をおんぶしてあげようと背中を差し出す若葉が良いですね(笑)。
そんな中小梅は若葉に幼い頃お守り代わりにもらった鈴をなくしてしまっていることに気づき、学校に探しに戻ったものの怪談のせいで夜の教室が怖くて仕方がなくビビっていたところ、指宿さんという体育祭で若葉と同じように着ぐるみを着ていた謎の少女に出会います。彼女が一緒に探してくれたおかげで鈴を見つけることが出来た小梅ですが、なぜか指宿さんも同じ鈴を持っていて…?

つぼみWebコミックス
少女サテライト はみ
怖い夢を見そうで夜中にやってきたプレセペに、レグルスも暖かく迎えてあげて良いですね。一緒にいたスピカは昼も夜も読書ばかりしていますが、これは観測をしているからなのでした。「何考えてるのかわかんない」とプレセペに言われてしまいますがそれは人間じゃないから…ってそりゃそーです(笑)。

総合タワーリシチ あらた伊里
人気投票の結果、1位悠、2位神奈、3位都、4位リカ、5位眼鏡、6位バベルという結果だったのか。てっきりバベルは上位かと思ってたら最下位とは(笑)。しかし別に最下位でもまあいいかと思えてしまうというか。
上位3人の座談会は沈黙。悠はコミュ障だったのか(笑)。しかし百合漫画で悠と神奈のメインキャラ同士で会話も出来ないのは問題だと思うぞ(笑)。
伝言で優しく励ましてくれるバベルが優しいですね。しかしアドバイスのお題がおっぱいって(笑)。
大きいおっぱいの都に嫉妬した神奈は脱がせて丸出しにしようとしてしまいますが、意外に繊細だった都は、胸が大きいことにコンプレックスを持っていたんですね。
そして実は大きいんじゃないのと都が話を振った相手悠は神奈の方が大きいと神奈のおっぱいをふにっと揉んじゃってどっかーん!…って私も興奮した!ご馳走様でした!(笑)

ガールズライド 磯本つよし
セイが転校することはクラスの皆にも知らされ、なんでと言って戸惑ったりしつつもクラスメートも楽しく送り出してあげます。
そして転校が決まってからも、セイは夏休みにはまたナンとツーリングを。
「世界が広がった、それを教えてくれたのはセイよ」と言ってあげるナンに照れてるセイが可愛いですね。
そして月が鳥居を通るというまる秘の願掛けポイントで何かをどうしてもお願いしたかったセイですが雨のためどうしても月は見れません。
その後宿に泊まることになったナンは、仕方ないからセイに温泉に入ろうと声をかけるものの、セイはどうしても諦め切れなかったようで…

セイの願いとはこれからもナンと一緒にいたいという事だったんじゃないかと思うんですが、それは果たして叶うのか…。

●おーらんどーさんの情報より。
ぱれっと 9月号
へーべー先生の「魔女とほうきと黒縁メガネ」は巻頭カラー!
ものもらい(!)になってしまったまひるは、これを機会に髪型まで変えて、まひるの双子の妹の真夜と名乗ってリアナたちのところへ。
一発で嘘だと見抜いて、まひるをいじりまくる乃梨子、冥界がどうのと乃梨子の黒歴史(!)同様なことをしているまひるに困惑するみかん、そして、そもそもまひるの変装だと全く気付いていない(笑)リアナとシェスカ、という四者四様の反応が楽しいです。
あと、乃梨子にハグするまひるに、「引っつくな」と蹴りを入れて、代わりに自分がハグしてもらうリアナとか、カン違いのままシェスカさんを理想化し過ぎのみかんちゃんとか、美味しい百合ネタもしっかり入っているのが嬉しいです。

「ゆるゆりアンソロジーVol.5」にも参加されていたichinomi先生の新連載「ハルノカミカゼ」は巻中カラーで登場。
転校生のハルは、隣の席のなぜか着物姿(!)に大きなリボンが印象的な神木さんが気になって…というお話。
一目神木さんを見て、頬を赤らめているハルが百合的にいい感じですし、事ある毎に神木さんの絡もうとしたり、大量のいちご大福で餌付けしようとしたり、終いには神木さんの家(?)である神社まで押しかけたりと、めげないハルとまんざらでもない神木さんがよかったですよ〜。
出てくる男は、神社の宮司さんぐらいですが色恋で絡んでくる可能性は皆無みたいですから、安心ですし(何が?(笑))、続きが楽しみです。

小杉光太郎先生の「普通の女子高生が【ろこどる】やってみた」では、市民のみなさんには大分認知されてきた「流川ガールズ」と「魚心くん」ですが、本来の意義は市外への広報だと紗織さんに指摘され…
それで、将来的な夢を話し合うことになったななこたちですが、夢は大きく「全国デビュー」という話で落ち着いたと思ったら、なんと「魚心くん」が全国ネットの番組出演に決定。ついでに「流川ガールズ」もおまけで(笑)出演することになって、次回はいよいよ全国デビュー?!
あと、なんだかんだで、ななこと親密になってきたことを喜ぶゆかりさんやゆいとの遣り取りとか、何気にななこたちのプライベート写真撮りまくりな紗織さんとか、小ネタが効いてますね。

びび先生の「追い風らんっ♪じゃん♪すろー!」では、運動部持ち回りのグランド整備をさせられることになった美羽たちですが、いつの間にか陸上部ではなく、カーリング部(!)になっていたり、会話に一々えっちぃ反応をしてしまう美羽とか、相変わらず騒がしく和気藹々な陸上部の面々が微笑ましいですね〜。

柚木涼太先生の「3年2組の呪い屋さん」。
やっとローザと両想いになったと思ったら、美咲との仲を誤解され、即破局(笑)になってしまった小春。
なんとかローザとよりを戻そうと努力するのですが、これまた明後日の方向(あーあ)に努力してしまって、事態はよりこじれたものに…
小春とローザは、元の仲良し(or恋人?)に戻ることができるのでしょうかね。

ひざきりゅうた先生の「みちなる」は、みちるとかなえの花火遊び。
で、予想通り、お巡りさんまで巻き込んでグダグダに…(何気にアイスで間接キスしても抵抗感が全くない二人がいいですね〜(って、結局できないんですがね(笑))
そして、次回はついに最終回!&単行本は9/22発売予定〜。

高原由先生の「オレンジぐんだん」。
蘭の家にホームステイしているベア子ですが、何気に二人仲良く添い寝しているのがGJですし、そんな二人の寝顔を写メして、お邪魔虫な春子は排除する(笑)明良もGJです。
あと、ベア子の結婚式を想像して泣いてしまう明良とか、ハグしていいというベア子にセクハラ仕掛けようとして明良に関節技(!)を決められて嬉しそう(?)な春子とか、百合ネタも豊富ですから、これからも期待したいですね(カップリングとしては、やっぱり蘭×ベア子、明良×春子ですかね)

門井亜矢先生の「ひなたcafeにようこそ」では、「ひなたcafe」が海に出張〜。
そして、水着姿で妄想するのは、やっぱり女の子同士という不動の百合カプっぷりが最高でございました。
私も後ほどチェックします!

モーニングツー9月号
彼女とカメラと彼女の季節 月子
ユキと距離を取っているあかりですが、当のユキはカメラの勉強の夏期講習のために東京に行ってしまったと聞いてしょんぼり。東京の雑踏の中でカメラを構えるユキはあかりがいないことをどう思う…。
一方全然諦めないであかりを花火大会に誘ってくる凛太郎は、断るあかりのバイト先にまでやってきて、手書きで公園でする花火大会に招待する招待状まで書いてあくまで積極的。押してダメなら引いてみろ作戦を取って言う自分とは対照的に、ぐいぐい攻めてくるその情熱がすごいなぁと感心するのですが、教室で自分に言い寄ってくる女子たちに言われて初めて、あかりが男に興味がなくユキのことが好きだとわかって合点がいく凛太郎はほんとに前しか見ず盲目的にあかりに迫っていたんですね(笑)。

彼の情熱に押されたこともあり、断ろうにも携帯がないからしょうがなくすぐ帰ることだけ伝えにあかりは公園に来るのですが、花火をしている最中にも以前ユキに一緒に花火に行こうと約束をしていたことを思いだし涙が出てしまって切ない。
そんなあかりを慰めるために抱きしめる凛太郎も結構切ないのですが、ばちんとほっぺを叩いて逃げるあかりも、ぶれてないところはぶれてないですね(笑)。

まんがタイムきららミラク8月号
タチ「桜Trick」
美月の舞台が終わって労を労う春香ですが、格好良かったと言われて頬を染める美月は春香に惚れそうな感じ?
しかし春香のお目当てはもちろん優。しかしはしゃいでる優は居合わせたお姉ちゃんの美月と一緒に回ることになってしまい春香はしょんぼり。しかし優は後でちゃんとやってきて、演劇部の演技も終わって誰もいない舞台裏でキスを交わす2人が色っぽいですね。
楓がなぜ委員長なのか理由を思い出せなくて悔しいというゆずですが、徐々に思い出してきた記憶を辿ると、その前の年に自分が委員長になったのが悔しくて次の年は楓がなった…という経緯もあったのですが、実際は委員長の仕事で怪我をしたゆずにそんなことにならないようにと次の年は自分が立候補したという楓なのでした。楓とゆずも、張り合いながらもラブラブですね〜。

●おーらんどーさんの情報より
きららミラク 9月号
ミラクからの初単行本が予定されている柊ゆたか先生の「Good night! Angel」では、コンビニで偶然、小学生の時の同級生二人(♀)と出会ってしまったゆりは、一緒に遊ばないかと誘われるものの逃げ出してしまいます。
そして、その時コンビニでキャンペーンをやっていた、メミーちゃんというグッズ(?)に絡んだ、小学生の時の一人ぼっちだった悲しい出来事を思い出してしまいます。
が、うっかりそのままお風呂(!)で寝てしまったゆりを、白霜さん初め4人の仲間がちゃんと助けてくれて、改めて今は一緒の仲間がいることの喜びを感じるゆりでした(但し、白霜さんの過剰な親愛(!)には拒絶反応があるみたいですが(笑))

ミラク一のガチ百合四コマ(笑)、タチ先生の「桜Trick」では、文化祭での春香たちの朗読劇は、美月会長の協力もあって無事成功。
その後、みんなで出店を回ろうとしたところ、春香は勝手に美月会長と一緒に行ってしまい、優はしょんぼり…
しかし、実は生徒会の仕事が忙しく、一緒に回る機会がない美月会長を春香が優先しただけで、春香と優はステージ袖のカーテンの陰で仲直りの熱烈キス(!)をして、ジ・エンド。
さらに、今回は楓がクラス委員を引き受けているのは、ゆずに危ない思いをさせないためだったという、もう一つの百合ップルの想いもしっかり描かれていてGJでした。

川井マコト先生の「幸腹グラフィティ」は、予備校の夏期講習のため、夏らしいことを一つもやっていないというリュウが駄々をこね始めてしまい、椎名さんの提案で町子とリュウは椎名さんの家にお邪魔することに。
椎名さんの家は、かわいいお母さんやクールなお手伝いさんなどがいる立派なお家で、町子とリュウはそこで流しそうめん(!)を始め、少し遅い(笑)七夕や花火と、夏を満喫しましたとさ。
で、町子とリュウの餌付けカプ(笑)に加え、無愛想な椎名さんも二人のことをちゃんと大切に思っていることが分かって、いい感じでしたね〜。

小波チマ先生の「リリィ」では、突如現れた新たな悪魔ベルメールは、久美が気に入ったから自分に渡すようにとリリィに迫ります。
もちろん、リリィは久美を渡す気はなく、リリィとベルメールは戦うことに。
一方、かりんの不手際を詰問しに来た林檎は、リリィの存在を知り、自らリリィを始末するため動き出します。
リリィとベルメールの戦いは、リリィが危機一髪のところを、何者か力によりベルメールを退けることに成功し、一旦は久美も無事戻ることができます。
しかし、今後の展開は、リリィと久美に、かりん、ベルメール、林檎を加え、予断を許さない状況のように思えます。
果たして、リリィと久美の二人はどうなってしまうのでしょうか…

キタノユースケ先生の「私の姉は正反対」では、なずなの出来たお姉さんとして、すっかり人間の生活に溶け込んでいるように見えるせりな。
そんな中、クラスメートのヒロノ(♀)から呼び出されたなずなは、せりなが実は魔女なのでは、と問い詰められ、もし魔女であるのなら、せりなから魔女になる方法(!)を教えてほしい、と懇願されます。
しかし、その遣り取りを聞いていたせりなは、ヒロノに魔女になったとしても、決して今より幸せになることはできない、と断言します。
そんなことがあって、ヒロノもいつの間にかなずなたちと一緒にいることが多くなったようですが、単なる傲慢な魔女だとなずなが思っていたせりなですが、意外と暗い過去があるようで…、ということで、次号から連載開始&新展開だそうです。楽しみですね!!!

奄美あまゆ先生の「Lisa Step!」では、いつも元気で腹ペコな葵に、成り行きで体育の授業に付き合わされる羽目になったリサのお話。
結局、疲れ過ぎで食欲もなくなるは、筋肉痛にはなるは、職員会議で居眠りするは、で散々だったリサでした(笑)
で、相変わらず、大人で美人な先生たちがコイバナもなく、仲良くドタバタする様にはホッコリしてしまいますね〜。

庄司二号先生の「TEI OH−!」では、葵と雪乃の馴れ初めがー!!!
そして、かつてのいじめっ子の大村さんが、再び雪乃にからんでいるところに、葵を始め帝王部の面々が駆けつけて、ボコボコ(笑)にするのがいいですね。
で、相変わらず、女の子相手にセクハラし放題、鼻血出し放題な琴音先輩や意外と涙もろくていい子な紅音先輩がいい味出してますね〜(笑)

七葉なば先生の「となりの魔法少女」では、今まで魔法が原因で一人ぼっちだったあきにも、やっと、けぇやウサという仲良しが出来ましたが、突然、魔法を使っていないにも関わらず、以前魔法で動かしたぬいぐるみのくまがしゃべりだして、という新展開に。
結局、なんでくまがしゃべり出したのかは、曖昧なままなんですが、なにやらあきの魔法に秘密があるようで、
ということで、このまま三人の少女の平穏な日々が、なんとか続いていってほしいと思いますね…

にき先生の「福33三色パンチ」は、時間が一気に年末へ(苦笑)
三人娘の内、ただ一人、課題が出来ていないゆかりは、期限切れ間近でテンパった挙句、甘味好きな講師のヤジマンに手作り菓子を献上(笑)して、勘弁してもらうことに。
で、結局、お菓子作りをやってあげたり、猛吹雪(!)の中、学校までゆかりに付き合ってあげる茜やコウがいいですね〜。
そして、努力(?)の甲斐あって、今回はなんとかOKを貰えたゆかり。よかったですね〜。
と思ったら、次回が最終回?!って、私、この作品、好きだったんですよ〜。うう、にき先生には再登場を期待してますからね〜(泣)

その他、ゲストのやざわん先生の「らくキャス♪」、むうりあん先生の「ナニソレコワイ」、シロウ先生の「プリ魔ドンナ!」も百合っぽくって、いい感じでしたので、ミラクにはますます期待したいところですね。
詳しいレビューありがとうございました〜♪

まんがタイムきららMAX9月号
Koi『ご注文はうさぎですか?』
お嬢様じゃないことがバレちゃって恥ずかしくて落ち込むシャロを、コーヒーめぐりに誘ってあげる千夜が良いですね。シャロもごきげん♪…ってこれはカフェイン飲みすぎてハイになってるのもあったのですが(笑)。

石見翔子『かなめも』
夏休みに予定はあるかと聞いて何気に一緒に遊びに行こうとするみかですがかなは家事があるからと言って断られたと思ってショック受けてるのが可愛い♪でも結局一緒に待ち合わせすることになって、朝6時から待ち合わせしようと言ってる乗り気満々なみかが、待ちながらキョロキョロ周りを気にしてる姿を影から見てうへへと楽しんでるかなが黒い!黒すぎる!wこういうかなの黒いシーンがあると、家事があるとか言って気付いてないのも本当だったのかどうか曖昧になってくるのが面白いですね(笑)。

真田一輝『落花流水』
日工大付属高の女子同士、こよりを相手の鼻の穴にいれちゃうのがなんか色っぽい♪

ホリ『Pretty Prison』
とらわれの身の天才美少女ハッカーリンネが脱獄を画策する前に看守少女の魔の手が襲い掛かりつつ百合っぽいお話。

鴨鳴アヒル『▲コンプレックス』
ルームメイトの円と鋼音(はがね)が夫婦を演じてるお話。新聞部の女の子に合成記事のキス写真を記事にされて詮索され、円に無理やりキスされたと語り、教室でもそれをみんなの目の前でしてしまう鋼音が良いですね。教室でしたのは鼻同士をくっつけただけだったのですが、それでなくても二人のあまりにラブラブ夫婦モードにあてられ、新聞部少女は思わず二人に赤ちゃんが生まれてしまうと本気で思ってしまうのでした(笑)。

WEBコミックハイ!
純愛教祖みかなさま 寿 孝太
ヒロインのみかなは、アパートの隣に住んでる非モテ系女子の灰田笹菜さんといきなり結婚…ではなくエッチを前提にお付き合いしてほしいと迫られてしまうことに。まさか女の子に告白されるとは…と思う笹菜ですが、みかなさんはさらに自分は「純愛性交教」の教祖だと言い出して怪しいことこの上ない。しかし純愛の末の性交は最大級の幸福だと語る彼女はあながち間違っていない(笑)。
家賃の回収に来るのも花寺美咲という大家の娘で女の子で、アパート内で宗教の勧誘はもちろん女子同士でも相手を襲うのはけしからんと笹菜を助けてくれるのですが、純愛だけでいいじゃないかと言う美咲にこういう子が毎日自慰をしてるんですよとからかうみかながひどい(笑)。毎日じゃなくて週一だと真面目に答えてしまう美咲が純真(笑)。
そして挑発されたりモテ女を矯正するためだったりして結局2人とも入信してしまう展開がすごい(笑)。

ニコニコASAHIコミックファンタジー
いつの間にか更新されてた峠比呂先生のミニスカ宇宙海賊第2話(笑)。百合度も少しあがってました♪
ミニスカ宇宙海賊(峠比呂)
久しぶりに会えたから嬉しいと、チアキちゃんに抱きつく茉莉香が良いですね。依頼はなんとプリンセスから黄金の幽霊船を見つけて欲しいというもの。他の乗員は渋るもののチアキは同行してくれると言ってくれて、また抱きつく茉莉香が良いですね。
その後プリンセスを連れ戻そうとするだけでなく命を消そうとする連中まで現れ、ピンチになる弁天丸ですがなんとかその日業務は終了。
匿うために家に連れてきたプリンセスに「茉莉香さんもステキです凛々しいです」と言われて茉莉香も照れてますね。一緒にお泊りすることになったチアキちゃんに中学の時の小さいパジャマを与えて、ムチムチの色っぽい姿にする茉莉香がナイスです♪

ぺっぱーきゃっとさんのツイート情報より。
まんがクラブオリジナル
東京浪漫美容室(かずといずみ)
イケメン、ってほどてはないけどもかっこいい女性美容師がお客さんを手玉にとる話。 天然誑しではなく意識的に王子様キャラを作ってるタイプですね。ありがちな「男?女?」ってネタがないので本当はどっちか解りづらいw でも若干胸の膨らみがあるし、表紙では水着なので!
チェックしてみましょう!

Web楽園
魔女っ子 TONO
魔女っ子とヒロインが女友達な漫画。ペットの可愛いとこ取っちゃう魔女っ子もひどいけど火あぶりにしちゃう町の人もひどいな(笑)。でも最後は生き返ってよかったよかった?ペットは変な姿になっちゃってかわいそうですが(笑)。

ゼロサムWARD8月号
お友達からはじめましょう。乙ひより
中学時代、好きだった友達まきに、意中の男が自分じゃなくて明のことが好きだからという理由で絶交されてしまい、自分は男なんかよりもまきのことが好きだったのに…と思うヒロインの明は高校に進学して入学式の日、髪の毛の中に桜の花びらが埋もれていて気になったから取ってあげた少女千鶴に、いきなり何をするんだと最初怒られるものの、理由を話したところ顔を赤らめて謝る彼女とちょっといい感じに。
その後派手な女子達に誘われて男も参加するカラオケに誘われるものの気分が悪くなったと言って店に入る前に逃げてしまいます。
後日トイレでそのことを含め明のことを女子が悪く言っているのですが、それに対し千鶴が「陰口は良くない」と庇ってくれるのを影から聞いていた明は千鶴に好感を持ち、友達になりたいと思ったものの人付き合いが全くわかっていない明はストーカーのように後を付回すことになり、友達になりたいと言っても不審がられて断られてしまうのですが、千鶴と一緒にいたあみという少女に取り持ってもらい…。

第2話まで読んだところ、メインキャラで出てくる男は全くいなかったですね。扉絵には後ろの方に男キャラが3人見えますが、今回カラオケで合流したチャラい男とも違うようで、彼らは本編には全く出てきていません。
とりあえず第2話までは、人付き合いの下手なヒロインの明と、千鶴が仲良くなりそうなお話…という風に見えました。これからその千鶴と元から仲が良さそうだったあみと合わせて女子3人のお話になるのか、男も混ざってくるのか、女子同士の恋愛にまで話が発展するのかはアンケート次第…?
掲載誌的に難しいと思いますが、乙ひより先生の百合漫画はまた読みたいので頑張って欲しいですね。

ULTRAくらっぷ(タチ)あやかしぃのに(乃花タツ)縞々々(ヤマシタトモコ)お友達からはじめましょう。(乙ひより)さくらあらーと!(linco)ゆめゆめ(かのう綾子)


電撃大王4コマこもえVol.1

新創刊の4コマ誌。これ自体は3号までしか予定されてないとのことですが、「ULTRAくらっぷ」や「あやかしぃのに」がめちゃくちゃ良いんで、オリジナル中心にして今後も続いて欲しいですね。
ULTRAくらっぷ(タチ)
「桜Trick」でお馴染みのタチ先生の新作はまたもや百合百合!「桜Trick」は毎回女子同士のキスシーンがあるのが特徴でしたが、今回は女子同士の抱きつき…というか太股はさみが特徴っぽい!百合くてエロいです!

ヒロイン片桐やえは開演前からコンサート会場の壁に張り付いてリハーサルの音を盗み聞きするほどアイドルグループTakeOutに夢中。
TakeOutのことを考えれば思わず人前で歌いだしてしまうほど幸せがあふれ出す彼女に目を付けたのはモコという不思議少女。「宇宙へ帰るためハッピーパワーをわけてもらう」と言う彼女はいきなりやえに抱きつき太股をむにっとエロく挟み、きゅうううんとなにやらパワーを貰ってしまうのでした。
いきなりのことに危ない人だから離れようとしたやえですが、モコがTakeOutの妹分だと知って急変。一緒にいたいというモコの希望に従って楽屋まで付き添うことになってまた抱きしめられて太股をはさまれることに。

舞台にでたもののMCも歌の振り付けも要領が悪いモコ(@space)に見かねたやえは、振り付けを入れろと舞台袖から指示し、自分の言うとおりに踊らせてなんとかモコは前座をつとめることができたのですが、間近でTakeOut(モモテ&楓&飯野&よっちゃん)のステージを見ることが出来たやえに再び抱きつきふとももっも挟みハッピーパワーを分けて貰ったモコは、やえと一緒ならどんどんハッピーパワーが集まるからと、やえと一緒に暮らすことにしたのだわvと言い出すのでした♪

あやかしぃのに 乃花タツ
女子高生ヒロイン綾香が妖怪あかなめ少女なめこと同居して毎晩身体を舐め回されてしまっているお話。「綾香さんはそれはもうステキな味がします。内ももから××にかけては絶品です」と、うっとり語るなめこちゃんが良いですね♪
そんなことをされていること、自分身体が臭っているのではないかと恥じらう綾香ですが、なめこに朝ご飯を作って口元も拭いてあげる綾香が良いですね。
そんな綾香におかえしとばかりに、登校しようと着たセーラー服のスカートの中に潜ってそこもぺろりと舐めようとするなめこは、綾香が朝とは別のパンツをはいていることに気づくのですが、それはなめこが舐めたせいでベトベトになってしまったからなのでした。
綾香が学校に行くとひとりぼっちになって寂しいと泣き出すなめこのために、綾香は野外でも舐めさせてあげて、綾香は恥じらってしまいつつも、なめこのことを心配してあげるのでした♪
乃花タツ先生って「ホーロロギオン」の人だけど随分女の子がエロ可愛い作風になっていて良い感じ♪

さくらあらーと! linco
天然どじっこ委員長のさくらが、ゲーマーの双葉や株やってるお嬢で雪乃たちとわきゃわきゃやってるお話。
ちょっと男前系な夏己が、美人のおねーさんにほっぺにキスされて登校してるのが気になりますね。

青春おうか部 うかみ
女子高生同士が「青春謳歌部」の創部を目指しつつ目覚ましかけても起きられなかったりしてだらだらしてる4コマ。女装男が一人混じってます。

ゆめゆめ かのう綾子
両親が海外に行ってる間コジマちゃん(♀)の家に居候させてもらうことになったマル(♀)。同じマンションに住むみどりさん(♀)も大人っぽいけど同じ高校生で、「イタズラサセロー!!」と怪しく迫るコジマちゃんにみどりも「いいわよ」と受け入れてしまうのでした。
本当は少し不安だったというマルもここならうまくやっていけそうだと感じ、夜は寂しくて眠れないマルのためにコジマは添い寝して子守歌も歌ってあげるのでした。

つぼみWebコミック
銭湯ハワイ かずといずみ
毎日銭湯に通うヒロインかすみは清ちゃんも可愛くてほくほくしていたのですが、OLだった彼女は職場の上司あやめさんに怒られてしまい仕事が遅くなったもののちゃんと銭湯にはその後駆けつけてますね。
ダサジャージで清掃の仕事をしてる清ちゃんが可愛い♪そして仕事上がりにはまた2人で一緒にお風呂に浸かる事に♪
後ろから抱きついてマッサージしてくる真澄さんが大胆ですが、彼女は清の母親だったんですね。親子丼だ(笑)。

ガールズライド 磯本つよし
第7話。将来の進路について教室で話す女子達ですがセイはなぜか寂しそう。夜、バイクで外に誘って、寄り添って話を聞いてあげるナンにセイはなんと2学期が始まる前に引っ越さなければいけないと告げるのでした。しかしそれをナンは否定することはなく、自分たちにはバイクがあるから離れてもすぐ会えるじゃないか、夏休みの間思い出をいっぱい作ろうと慰めてあげ、ナンも頷くのでした。

女王蜂のジレンマ コバノ
晴子は、地味子の琴子を助けたと思ったらお金はあるかと言い出し事態はさらに悪化…?と思いきやこれは美容院に一緒に行こうということだったのでした。
自分も髪を染めるのは初めてという琴子。二人で一緒に美容院を出た時は全然別人のようになっていて、晴子に「か、かわいい!」と顔を赤らめながら言う琴子が可愛いですが、その時から琴子にとって晴子は憧れの存在になり、そんな晴子と仲が良いくせに対立しているふりをしていたり髪型が被っていたりだったりする蜂谷さんに琴子は敵対心むき出しにするのでした。

トラにツバサ モロやん
屋上に連れ出されクラスのたくさんの女子達と引き合わされた虎嶋さん。何事かと思えば疎遠だった山下さんと虎嶋さんと皆仲良くなりたいと、部長の計らいもあって引き合わせてもらったのでした。恥らう虎嶋さんの可愛い姿を、皆も堪能してその場は和気藹々としていたものの、その後皆と仲良くなってしまった山下さんを見て、虎嶋さんは嫉妬を感じてしまい…?

じょしけん。のん
ずっと涼しい研究室暮らしだったから教室の暑さが耐えられないというこがねちゃんは本当に学校に通ってなかったんですね。
そんなこがねちゃんのおっぱいをわしゃわしゃと触るクラスメートは何事!…かと思えば、彼女はこがねちゃんがブラジャーをつけてないことが気になったのでした。
下着部門に踏み込むのは恥ずかしいと恥じらいを見せるこがねちゃんですが、女子高生の研究をしているんだろうと言う吉住さんは自分のを見せてあげようとして優しいですね。こがねちゃんは自分がブラジャーをつけてる姿を妄想して、これはサービス?(笑)
そんな中目をそらす渚は実はスポブラだったのですが、女子高生でそれはないだろうと心配してあげる笹川さん良いですね。カップリングは吉住×こがね、笹川×渚か!見えてきましたね〜♪

●おーらんどーさんの紹介より。
ゼロサムWARD (ワード)8月号
お友達からはじめましょう。(乙ひより)
乙ひより先生、待望の新連載「お友達からはじめましょう。」が、「ゼロサムWARD Vol.28」において、センターカラー、一挙2話掲載で始まりましたよ〜!!!

藤岡明(♀)は、中学時代にいきなり友達のまきに無視されてしまいます。
その理由は、まきの好きな男が明のことが好きだという身勝手なものだったのですが、それ以来、卒業までまきとは話もせず、まきと違う高校に進学した明は、いつしか人間関係が鬱陶しいと感じるようになってしまっていました。
そして、高校の入学式の時、明は偶然頭に付いていた桜の花びらを明が取ってあげたことから、口が悪く、一見取っつき辛い印象ですが、実は真っ直ぐな性格の少女三津屋千鶴と彼女の友人あみと知り合います。
さらに、その日、明は同じクラスで同じ中学だったという二人の少女にカラオケに誘われ、それから、成り行きで男子3人も一緒に行くことになってしまったのですが、店に入る直前、気分が悪くなった明はそのまま家に逃げ帰ってしまいます。
翌日、トイレでカラオケに行った少女たちが明のことを陰口していると、そこに居合わせた千鶴がかばってくれたのを、明はたまたま聞いてしまいます。
そんなことがあって、千鶴と友達になりたいと思うようになった明ですが、なかなか言い出せず、ストーカーまがい(!)の状況になっているところをあみが機転を利かせてくれて、三人一緒にあみの実家の喫茶店に行くことに…。

さて、これから明は、千鶴たちと新しい友達になることができるのか、ということですが、少女たちの甘いだけではない、辛辣で苦い面も併せてじっくりと描いているところが、実に乙先生らしい作品になっていると思いました。
あと、千鶴から一旦は友達になることを断られた明が、「無視されるよりずっといい…」と思う場面は、明が中学時代に受けた心の傷をさりげなく、それでいて的確に表していて、心に響きましたね。

私とすれば、このまま良質な友情百合展開を大いに期待したいところなんですが、タイトルに明、千鶴、あみの少女三人だけでなく、今回登場していないヤローキャラ三人も併せて描かれているのが、懸案材料として(苦笑)とても引っかかるところなので、アンケートでもその点をしっかり推していこうと思っています。
おーらんどーさんレビューありがとうございました。私も後で読もうと思います♪

まんがライフ8月号
プアプアLIPS 後藤羽矢子
レンさんを幸せにしますとプロポーズをするナコの姿を見たレン母は、かつて自分も売れない役者だった夫と結婚する際親に反対された時、この人は自分の支えだからと親に胸を張って言って結婚することになったことを思い出します。
一方目の前でナコからプロポーズを受けたレンは幸せ絶頂…かと思いきや幸せすぎて今後が怖いと真剣に怖がっていて、ナコも思わず自分が告白したことが嫌だったんじゃないかと疑って不安になってしまうのでした。
しかしそんなナコに、レンは幸せにしてあげると自分からもプロポーズ!そしてキスも!
さらにレンはナコをそのまま押し倒し…!

ヤングアニマル
「ゆりキャン〜ゆりかのキャンパスライフ〜」(瀬口たかひろ 原田重光)
ゆりかがちゃんと生活しているか心配して電話をしてきた沙織ですが、ゆりかの隣に裸の女性が。これは自殺しようとしていた女の先生の愚痴を聞いてお酒を飲んでいるうちについそのまま酒の勢いでエッチをしてしまったということなのですが、とりあえずまだ女子高生には手を出したわけじゃなくて良かったですね(笑)。
そして教育実習をするため教室に行ってみると教室は自称「ゆりか」の女生徒を除いて誰もおらず、ダサい先生相手に授業を受けられないとなんとみんなボイコットしてしまったというのですがこれは学園に2人「ゆりか」はいらないから排除しようとした自称「ゆりか」の策略なのでした。
一方その頃学園ではボイコットの問題とともに通学時に女生徒が電車で痴漢の被害にあいまくっているという問題も起こっており2つも問題が…と嘆く教頭のため、ゆりかが潜入捜査をすることに。
犯人の姿がわからないために誰も捕まえられないという話にピーンきて捜査に乗り出したゆりかですが、自分のお尻を触り、胸を揉んできた相手をゆりかはすぐ捕まえることができます。
犯人はなんと…というかやっぱりというか女性。女性だから誰も見つけることが出来なかったということですが、生まれてこのかた男に一度も痴漢されたことがないから、手を出してくる犯人は100パーセント女性だとわかって捕まえることが出来たゆりかが格好良いですねv
「罪を憎んで百合を憎まず」名言も飛び出しました(笑)。
そして捕まってもなお証拠がないだろうと往生際の悪い痴漢女に、証拠は熱くなってるこの身体だと、キスをして服をはだけ股間もまさぐってしまうゆりかは降りた駅でおまわりさんにつきだすのですが、服を肌蹴られ明らかに誰かに乱暴をされた風な女性は犯人というより被害者。代わりにおまわりさんに捕まえられそうになってしまうゆりかが哀れ(笑)。
ともあれ痴漢を捕まえてお手柄をあげたゆりかはなんとかボイコット騒ぎの汚名を返上して学園にとどまることが出来たのでした。
そんなゆりかを見て悔しく思う自称「ゆりか」ですが、マリア像ならぬゆりか像が血の涙を流してるのが怖い(笑)。

まんがライフオリジナル
けんもほろろ(ハトポポコ)
もし自分が花火だったら?と言い出す女子に、自分も花火になってその炎で一緒に燃え尽きたいと答えてあげたり、線香花火をしている間それが自分だったらどうする、と聞かれて即座に線香花火をもみ消し踏みつけまくるものの相手の女の子は抱きしめてあげて良い感じですね。

なかよし8月号
さばげぶっ! 松本ひで吉
部活内で派閥争いが起きてサバゲーで対決することになってしまったさばげぶの面々。あっさり寝返ってしまう先生がいい根性してますね(笑)。
しかしあいつは使いものにならないからと言う美煌の言葉通り、先生は舌を噛んで退場してしまうのでした。
一見誰もいない理科室。しかしそこには誰か潜んでいるかもしれないと緊張するももかと美煌ですが、やっぱり人は隠れていて、それはうららで人体模型の着ぐるみを着ていたのがすごい(笑)。
最後の相手とはももかが1対1で机越しににらみ合いが続くのですが、長すぎるために思わず少女漫画を読みだしてしまった相手と、彼女と漫画の話で盛り上がってしまうももかは、朝チュンした後友情が芽生えて、なんだかさわやかなその雰囲気に飲まれ部内の対立も解消…したようでやっぱり細かいことで喧嘩しちゃう日々は続くのでした。

AKB0048 EPISODE 0 美麻りん
合宿することになり夜恋バナをするAKBのメンバーに、ヒロインのふれあが「好きな人いる?」と聞かれたところ思わずライバルなんだけど親友の「乃愛」と答えてしまうのがすてきだ(笑)。

Cocohana(ココハナ)8月号
縞々々(しましましま)(ヤマシタトモコ)
カメとおしゃべりさんの情報より。
太った女性の太ったところに性欲を感じてしまうヒロイン。だんだん腹に出社カードを通そうと妄想したり、自分にもしペニスが生えたら股間に挿入…ではなくだんだん腹の皺の間に挟んでしこりたいと思ったり、乳首…ではなく腹に噛みつく妄想でオナニーしてしまうヒロインが良いですね(笑)。

原作吉屋信子漫画小沢真理の「花物語」も悲恋ですがいい感じ。

楽園Vol.8、カオス・ウィザードと悪魔のしもべ(山本アリフレッド)


別冊少年マガジン8月号

「カオス・ウィザードと悪魔のしもべ」(山本アリフレッド)
新連載…ということですがこの作品は前にも読んだ覚えがあるようなないような…。呪文を唱えるとなんか変なものを召還してしまって上手くいかない魔術師の少女神無を、エロくて強力な魔法を使える使い魔の少女が助けてあげるお話。
魔術学校の進級試験を控えて緊張してい神無月に、リラックスさせようと服を脱がせエロいことをしようとする使い魔少女がちゃっかりしていますね(笑)。
そんな使い魔少女の協力もあってか、あやうく留年しそうになったもののなんとか進級することができたのでした。
後日一緒の部屋で緊縛プレイしてる2人がすごいですが、これは使い魔少女がひとり緊縛プレイをしていたところ、抜け出せなくなってしまったということなのですが、いきなり部屋に入ってきた友達のあーちゃんには誤解され…ることもなく、あーちゃんが天然なこことに助けられるのでした。
百合ネタいっぱいの楽しいエロコメですね。


楽園Vol.8

思春期生命体ベガ 林家志弦
ベガ子がスワン・アリーデとキスをしている現場を目撃してしまった先輩はお冠。鈍感なベガ子は理由が全然わかってないようですが、しかし自分の中ではただのチャージと、先輩とのキスは全然違うものというのは当たり前の話だと思い、ベガ子はプールの授業してる先輩のスク水姿を眺めおろしているのでした。アリーデにチャージしてもらってウルトラマンの姿になれたはいいけどそれはそれだけで、ビームを一発放っただけで力つき変身も解除されてしまって役に立たず、結局敵も逃がしてしまうベガ子。
一方先輩はアリーデと二人きりで話をしていたのですが、アリーデがキス魔で、幼い頃ベガ子にキスしまくり、そして「ある日ついにヤってしまった」と語るのを聞いて驚愕するのですが、これはアリーデのキスが長すぎてベガ子が酸欠で意識不明になってしまい、それ以来ベガコがキスを嫌がるようになったという話だったのでした。
その後先輩はベガ子が倒し損ねたイカの怪獣に襲われてしまい…。
林家志弦先生のガチ百合漫画はたまらんですな!ウルトラマンネタも面白い♪

お前は俺を殺す気か シギサワカヤ
溶ける シギサワカヤ
一卵生の双子姉妹がデザイン事務所に入ってきたものの、2人がぎすぎすしまくりで戸惑う男。しかしそのうち姉の方が自分とセックスをするようになり、妹も迫ってきて、男としたことがないという彼女に驚くのですが、実は妹は姉としかセックスをしたことがなく、男に迫ってきたのも姉と一緒になりたいためだけだったのでした。
その後、妹の待つ部屋に帰ってきた姉は、妹があの男としたことを知っていて、男がするように妹にエッチをしてキスマークをつけたりして悔しがる妹ですが、しかし姉がセックスをしてくれるおかげで安心感を得て夜ちゃんと眠ることができるのでした。
男とのセックスシーンが挟まれてるとは言え双子でガチで百合でセックスもしてる少女漫画は貴重だ!
単行本が8月31日に発売!

想いの欠片 竹宮ジン
ついにミカに告白したマユは、ミカの前でどんな顔をすればいいのかと恥ずかしがるのですが、ミカは極めていつも通り挨拶してきて拍子抜け。マユに度々忠告をしてくる親友のサキが、ミカのことが嫌いなのか、なぜ冷たい態度なのかと問いただすマユですが、もちろんサキはマユのことが好きだからそういう態度をとっているのであって、自分はマユのことを傷つけるミカが許せない、マユが好きだと言って抱きついてまでいるのに、マユがあくまで友達としてしか自分をみてくれないことに悲しむマユが切ない。

コレクターズ 西UKO
共学だったもののクラスに男がほとんどいなかった貴子のことを友達はえーと思うのですが忍は天国だと思うのでした。学生時代はペンは剣より強いと思って本を読んでいた忍ですが、華やかな貴子を見てペンより花の方が強いと改めて思ったなどと言い出して、直巳はあてられてしまうのでした。

灯の情算 西UKO
たばこ吸わないのに高価なライターがあることを不思議に思うヒロインは、自分が使ってるのは「使い捨て」のライターだと強調して相手の女性に、お互いがセフレなのかどうかを意識させていますね。

コミックリュウ8月号
まんがの作り方 平尾アウリ
卓球も出来ず、森下をデートに誘っても当然のように断られてしまう政人が哀れw
武田さんは台詞もネームも読まずデタラメなトーンを貼って意地悪してやるなどと言っているのですが、実家にも戻らない彼女は今の生活に満足しているようですね。しかし高校卒業までにデビューをしなければ親に認めてもらえないため、しばらくはアシスタントには来ないことに。イケメン編集が担当についた武田さんは、漫画を完成させて、代原が必要になったらデビュー出来る機会が出来るかもしれないと聞き、武田さんがアシスタントをやめたのは自分が原稿を落とさせるためではないかと勘ぐってしまう川口さんなのでした。

ジャンプSQ19
(G)ジーまるえでぃしょん(河下水希)
あるとのファンになったペンタブ(♀)はなんとデビューしてしまいますがこれはインチキをしたからなのでした。。

一向にはかどらないあるとのエロ漫画描きへの道に業を煮やしたG丸もどきは、いっそ4人で描いてしまえと女子達を合同でエロ漫画描きの作業にあたらせるのでした。
そんな中、操られてですが果凛があるとのおっぱいをはだけて(乳首見えてます!)揉んでしまう展開が!
興奮して鼻血をだばだば出してる果凛が可愛いですね♪

幼い頃初恋の男の子と合作で描いていた漫画があったというあるとですが、出てきた思い出の品とはやっぱりエロ漫画なのでした。

ヤングガンガン
咲-saki-
最近意外と影が薄いな〜と思っていた咲ですが、出てきたと思ったらあっさりツモして2回戦を逆転首位でトップ通過してるのがすごい。しかも相変わらずプラスマイナスゼロで(笑)。2位通過は姫松でしたね。宮守と永水は残念でした。

Webつぼみコミックス
神さまばかり恋をする 一花ハナ
聡香の切りすぎた前髪に気付くコトリが目ざとい。私は全然分からなかったんだけど、ちゃんと気付くのは磨いた観察力のせいというよりは愛ゆえでしょう(笑)。
少女漫画の影響ということですが、自分に惚れさせたい相手には細かいことに気付いてあげるのが良いということをコトリは学んだようですね。
「ご褒美ほしいです」と言ってぎゅっと抱きしめられるコトリが、聡香の体温を感じて気持ちよくなるシーンも良いですね〜♪


4コマnanoエース8月号

ちょっとかわいいアイアンメイデン 深見真 α・アルフライラ
新キャラの女子たちは洗脳部ということでいきなり濃い設定(笑)。しかもマリみての薔薇の館みたいなところで紅茶をすすっていて、お姉さまに口移しで紅茶を飲ませたいなどと言っていてやはり百合百合な少女たちだったのでした(笑)。
一方拷問部の女子たちは海へ泳ぎにきていて、碧生の背中にオイルを塗ってうへへとなったり自分も塗ってもらって嬉しがる結月も相変わらず百合百合。そこへ現れたのは、刺客として送り込まれてきた洗脳部の曹という女の子。
結月に接触してきた彼女は一緒に碧生の見事なおっぱいに、憧れているのではなく揉みたいのだなどという意見が一致して意気投合した後、結月と一緒にジュースを買いに行くことに。二人きりになったとたん妖しげに迫ってくる彼女に、これは百合百合なイベントに巻き込まれるのでは、と期待してしまう結月ですが、曹は拷問部のやつらは暗黒の勢力で自分たちは正義の光、結月と自分は前世で云々と熱く説得をしはじめ、洗脳部と称する曹の方が洗脳されてる感じで結月はどん引きしてしまうのでした。

ヲタ充 柚木涼太
コミケに行きたいと言いだした要に、自分にはまだはやいだろうとはり倒す根岸。親密になったからうっかりひっぱたいてしまったと後ほど謝る根岸ですが、要はそんな風に親密な相手にぶたれることに快感を覚えるようになってしまったのでした(笑)。
コミケはまだ早いからと、代わりに中規模の同人即売会に行くことになった要たちですが、女子ばっかりのそのイベントでもやはり陸は女の子たちにモテモテ。
一方蓮はなにやら女の子に自分の憧れていたBL作家だと声をかけられてしまうのですが「自分は女の子が好き。ホモなんておかしいんじゃないですか。死ねばいいと思うよ」と必死で否定。しかし実は中学生の頃右も左もわからなかった頃、BL同人を描いたことは事実で、でも今は百合で女の子が好きと、自分の手ではだけさせた陸の胸に顔を埋めながら泣いて悔いて、陸たちも許して(?)あげる蓮がいじらしい(笑)。
感動した要は調子に乗ったため蓮にお尻に薔薇の枝を刺されてしまうのですが、これも嬉しいという要がどんどんどM化しています(笑)。

生徒会長が百合好きでも問題ナシ!? うおなてれぴん
後輩の女の子に「お姉さまになってください!」と告白された可音はその子とつきあってあげることに。顔が少しくるみに似ているからと、胸を押しつけられてドキドキしたりした可音は、キスもしそうになってしまうものの、後輩の子は実は外国に留学することが決まっていて、最後の思い出作りにお姉さまといちゃつきたかったということだったのでした。

G'sあんだ〜ぐらうんど(ぷらぱ)
保健室のベッドがひとつ空いたからといってなぜかそれをオトメ部に持っていくよう指示する先生ですが、それはもちろん女子同士ちょめちょめなことを実践するためだったのでした。さすがオトメのことを研究する部(笑)。ツインテちびっこ眼鏡先生は保健の先生にベッドに押し倒されてエロい(笑)。英語教師のリリーも百合エッチにノリノリで良いですね♪

すぱクラ 高野うい
先生が落ち込んでいるのを見て、ストレス解消してあげようとする女子たちはまず男を紹介してみてはどうかと考えるのですが、紹介する相手がいないからどうしようと頓挫していたところ、それなら女同士だが自分が付き合うと唯子が立候補。付き合う気満々ですね(笑)。しかしやっぱり温泉に誘って癒してあげるのが一番だろうという結論になるのですが、濁り湯だけは許さないと言い張る唯子が良いですね。


4コマnanoエース7月号

ちょっとかわいいアイアンメイデン(原作:深見真、漫画:α.アルフライラ)
PSPゲームに熱中する結月ですが、ギャルゲーで魔女裁判ってかなりおかしい(笑)。興味を示す碧生は自分もプレイしてみますが、このシーンには身体を無理矢理上下に引っ張るこの拷問器具が最適だとこだわりはじめてしまい、実際にその器具に引き合わせ結月に使わせることに。自分が攻めることになり、碧生をいたぶる結月ですが、以前杏璃にしたように碧生を失禁させるほどエロく責めることも出きると想像してドキドキしてしまい、快楽に流された拷問の暗黒面に墜ちてしまいそうになるのですが、そんな結月に碧生は、やっぱり素質たっぷりだと期待してあげるのでした。

すぱクラ 高野うい
夏服になったことを喜んで見せびらかす雫ですが唯子が不満げなのは、彼女の制服が脇チラも腹チラもないからだったのでした。
そんな中身体検査が行われることになり、測ってくれる相手が恥ずかしい人でないといいねと言い合う雫たちですが、測定を担当していたのはなんと唯子。女子のスタイルを測定するのが超絶にすばやいことから任命された唯子ですが、前回すぱに行ったときより1ドットだけ胸が成長したことなどを指摘しつつ、唯子は女子全員のスリーサイズをちゃっかり記憶してしまうのでした♪

生徒会長が百合でも問題ナシ!? うおなてれぴん
ななみお嬢様が父親にもらったというカメラを持ってきて、さっそくなにか撮りたいと言い出し、被写体には玲奈とくるみが抜擢されてしまい、顔をくっつけなければ撮れない、もっと百合っぽいポーズにしなければと指導されて、可音も玲奈もなぜ相手が違うんだとやきもき。しかし結局可音とくるみも一緒に撮ってもらえて良かったですね。

ヲタ充 柚木涼太
髪型を変えてみたもののやっぱり盛りすぎな根岸さんは蓮の家に行くことになるのですがなぜか陸の家に辿り着いてしまった…と思ったら、なんと蓮と陸は同棲していたのでした。
陸の男っぽい部屋のベッドの下には大量のエロ本があってますます男っぽい、さらにそのエロ本に映ってる女の子はみんな蓮っぽい容姿で、陸が蓮に気があるのかと心配してしまう根岸さんですが、これは蓮自身が仕込んだものだったのでした。自分そっくりの顔を思い浮かべながら欲情する陸の姿が見たかったという蓮もすごい(笑)。
帰り際部屋で、大きなブラジャーを見つけ、陸が女だと知らない根岸さんは陸の部屋にはブラジャーを脱ぐような女がいるのかけしからんと思い、思わずそのブラジャーを持ってかえってしまい、匂いでそのブラジャーの持ち主を嗅ぎ分けて見つけだして懲らしめてやろうと考えるのですが、持ち主は陸。くんかくんかしても陸の匂いしかしないのでした(笑)。

G'sあんだ〜ぐらうんど ぷらぱ
部活に行きなさいと言われた撫子たちは、入ってはいないけどとりあえずとオトメ部へ行ってみたところ、外国人少女が…と思ったら彼女は英語の先生だったのでした。元からいた顧問の先生も含め3人も顧問がいることになったオトメ部ですが、顧問の先生同士も幼い頃、女子同士でイロイロしていたと話していて、なにやらエッチなことをしていたようなのでした♪

メディアミックス云々はさておき、4コマnanoエースはきらら系に比べて変態系のはじけてる4コマが多いんで結構好きです(笑)。

まんがタイムきらら8月号
コドクの中のワタシ 華々つぼみ
女子高生になりきろうとする授業、ケバいティーンズ誌が参考書となっているのを見てそういうのばかりではないと大人しめの普通のティーンズ誌を出すのですが、ヒロインはそれよりもさらに地味じゃないかとツッコミを入れられてしまいます。吸血鬼少女のお宅へ訪問するヒロイン。吸血鬼ちゃんはやっぱり棺桶で寝ているのか…と思いきや棺桶の中には服が入っていて、棺桶の中ではなくその上で寝ているのでした。そうこうしているうちにヒロインは吸血鬼少女とも仲良くなっていくのが良いですね。

「まどぎわクーリスト」八色
ヒーローアクションを一緒に見に行ったり、手を繋いだり、「愛してる」と言いつつ後ろから抱きついて大きな胸を押しつけてくる寿子さんにクールなキャラを目指している俺っ娘島元さんも赤くなってしまうのでした♪意外と百合で良かった。

スマイル・スタイル 筋肉★太郎
体育の授業で柔軟体操を女子同士する百合ですが、胸を押しつけられてゆめは昇天。それを見て他の女子たちも、自分も自分もとせがんでくるのですが、百合が今度は胸をあまり押しつけてくれないために、もっともっととせがみ続けるうちに女子たちの背中はバキバキに。


コンプエース8月号

いつか天魔を斬る魔女 江戸屋ぽち
最終回。暴走してペルティまで斬ってしまったリーネはようやく正気に戻ってから、病院の待合室で自責の念にかられます。
リーネが自分の心の拠り所を強さに求めてしまったのは、昔親に冷たくされていた時、強さがあれば親も自分に振り向いてくれると感じたからなんですね。
しかし結局はその親にも捨てられてしまったリーネは、病室に入ってそのことを打ち明け謝りますが、命を落とさなかったペルティは「家族だから許してやる」と温かい言葉をかけてくれ、リーネは自分が心の拠り所にすべきものがなんなのかを悟るのでした。
その後また敵と戦っているクララたちに高いところから降ってきて加勢に現れるリーネとペルティが格好良いですが、これはリーネが意図していたものではなかったので足がしびれてペルティに文句を言ったりするのですが、コンビは抜群。6人はいつか天魔を斬る魔女になるべく、修行に励むのでした。

全員生き延びることも出来、男もまったく絡まないままハッピー百合エンドを迎えることができて良かったですね。
江戸屋ぽち先生お疲れさまでした!連載が終わって手が少し空くだろうと思って、いくつかの百合アンソロジーのアンケートに、参加してほしい作家さんとして名前をあげておきました(笑)。また江戸屋ぽち先生の百合漫画が引き続き読めると良いですね〜♪
単行本最終巻は今月26日(前後)に発売!

クイーンズブレイドリベリオン〜青嵐の姫騎士〜 南崎いく
キスしたらつよくなったヴァンテに苦戦するミリムですが、ユーミルがまた操作してエロい衣装の刺激を受け、さらに戦いの最中だというのにユーミル手ずから股間やあちこちに刺激を与えるのがエロい(笑)。そして再び強くなったミリムはヴァンテを倒すことに成功。
一方負傷して倒れていたアンネロッテは、謎の女性に裸で馬乗りになられ、身体の奥まで手を入れられ、さらにキスもされた記憶のような夢のようなものを見ていたのですが、目が覚めた時にはコトをしていたその相手のような顔になっていて…?

あか☆ぷろ!!!明るい三姉妹プロジェクト 美水かがみ/あらきかなお
ぐーたらで出かけようとしない光姉のために灯は代わりに服を買ってきてあげるのですが、買ってきたのがめちゃくちゃ可愛い服で光はびっくり。灯はいつも可愛い服着てますもんね(笑)。最初は戸惑って着ないと言っていた光ですが、実は満更でもないと思って、誰もいないのを見計らってこっそり可愛い服を着てポーズを決めていたのですが、影から見ていた蛍姉にその姿はばっちり写メにおさめられてしまうのでした♪

ストライクウィッチーズ 片翼の魔女たち 島田フミカネ&Projekt Kagonish/しのづかあつと
最終回。魔力が消えつつあったウィルマですがなんとか魔弾を命中させ、敵の撃退に成功。復興のためウィルマがガリアへ向かうことになり、ワイト島分遣隊は惜しくも解散。しかし何気にウィルマについていこうとフランが一緒にガリアに向かうのが良いですね。
全員男と絡むこともなく、女子同士の絆が最後まで描かれていて、サービスシーンもクオリティ高くて良い作品でしたね〜♪

放課後アトリエといろ 華々つぼみ
扉絵でブレザー部長になってるヘッドホン部長がかわいい♪
総合芸術研究同好会の女子たちが教室の片隅に身を寄せて固まっていてなんだろうと思ったら、これは締め切り間際の藤乃がエキセントリックにキャンバスに筆を飛ばしていて近づくと絵の具が飛んでくるからなのでした。
藤乃を正気に戻らせるために抱きしめてあげるヘッドホン部長が良いですね♪
単行本3巻が今月26日(前後)にもう発売!

お友達からはじめましょう。(乙ひより)本屋のほんネ!(なつみん)遅刻するベカラズ!!(志連ユキ枝)愛しの可愛い子ちゃん(サトーユキエ)

お友達からはじめましょう。 乙ひより
ゼロサムの予告や、公式サイトによると乙ひより先生の新連載が7月14日発売のゼロサムWARD 028から始まるようですね。
一緒に笑って一緒に泣けるともだちがほしい――!!
乙ひよりが描くまったり青春グラフティ。
予告絵や紹介文からして女子同士の友情…からの関係を描いた作品になりそう?
そういえば乙ひより先生の担当編集って、単行本の奥付を見ても、りっちいさんでもぱいんさんでもノラさんでもナガヨさんでもない別の名前がクレジットされてて、これは誰だろうなぁと以前から不思議に思っていたんですが、ひょっとしたらWARDの編集さんだったのかもしれませんね。
乙ひより先生の百合漫画は是非また読んでみたいなぁ。


ヤングアニマルあいらんど No.19


今月はなもり先生の大型ポスターがついているんですが、水着少女2人が寄り添っていて百合っぽい。
さらに初登場の三国ハヂメ先生の漫画も百合っぽくて、これは見逃せませんね♪

かみさまはなにもしない 三国ハヂメ
三人で暮らしていた姉妹の元にある日突然父からの伝言らしきものとともにもうひとり妹がやってくることになって…というお話。
押し入れで寝てたり不思議な行動を取る暫定四女が、自分の作った料理を食べてくれないくせに他の姉妹が入れたホットミルクは飲んでることが気になる次女ですが、暫定四女は単に猫舌なだけだったのでした。
見た目より結構年取ってた暫定四女は後日次女と同じ学校に転校してくることになり…。
読み切りとのことですが続きそうな雰囲気があるし、ここはアンケート次第ということでしょうか。続いて欲しいですね。

ビッグガンガン8月号

アイドルは××××なんてしませんッ! 柚木涼太
華恋がおもらしをしてしまうのはお股がゆるいからだと、相方の桂奈は特訓をしてあげるのですが、指を股間のスジにあてがって力を入れさせたり、トイレの個室に一緒に入っておしっこを途中で止める様子を見ていて上げたりしてエロすぎる(笑)。
しかしせっかく特訓したものの、華恋のおもらし癖はますますひどくなったと思ったら、刺激すると余計おもらし癖はひどくなる法則があったからなのでした。

射 〜Sya〜 大塚志郎
勝負を申し込んできた女子たちに、正弓と2人だけで相手をするという不利な条件で競射の相手をする美射ですが、射格というオーラで相手を圧倒。美射に同調した正弓も同じく良い成績を残せ、相手の女子たちは完敗し、弓道は仲間との絆も大事、それがない自分たちは負けて当然なのだと知ることになるのでした。美射と正弓が見事に同調している様子を見て、二人の絆が強いことを知って、裸で抱き合う2人のイメージが沸いて嫉妬するいのりんですが、いのりんも自分は負けてないと宣言するのでした。

ふたごザウルス 大島永遠
転校2日目。カラスよけだと頭にメリーゴーラウンドをつけて回しながら登校する2人がおかしいw
新しいクラスメートとも挨拶を交わす双子ですが、その中に生意気な少女が一人。ペンションを営みにきた双子の親に対抗心をむき出しにする彼女コッペパン…もとい真凛はネイビーコーストの大手ホテルの娘だったのですが、雨が強い日、いきなり屋上に出たかと思ったらヒヨドリの巣を守ろうとしていて結構良い子だったのでした。それに付き合って登れないところに一緒に降りてしまい校舎に戻れなくなってしまうちはなですが、いきなり自分をぶってとお願い。いきなりこんなところでSMプレイをおねだりするちはなにどん引きしつつもばしばしぶってあげるコッペパンですが、痛みを共有しているまさごがちはなの場所を察知して助けにきてあげて一件落着なのでした。

群青 原作:坂本虹 作画:桐原いづみ
駅伝部に入部する新キャラの女の子に何やら並々ならぬ意識をしている女の子がいて、、ナチュラル百合な予感。

ヤングチャンピオン烈 No.7
遅刻するベカラズ!! 志連ユキ枝
遅刻常習のあすかが罰で持たされたバケツと掃除道具で風紀委員長をエロく攻めてしまうお話。絵柄も可愛くて絡みもエロくてなかなかレベルの高い新人さんですね。

まんがホーム7月号
女の子の下着 仙石寛子
下着屋に足を踏み入れたヒロインが見たものは、下着姿で販売している女性店員だった…というお話。見せる相手がいないと嘆くヒロインに、自分が見てあげるから言って上げる店員さんがいいですね。女同士で下着を見るなんて、ちらっとだったらよくあるけどじっくり見るなんて恋人同士でもない限り…と考えて恥ずかしくなってしまうヒロインですが、店員さん同様まんざらでもなさそう。実はFカップの巨乳だったヒロインに店員さんのほうがびびりつつも、ぴったりの下着を見繕ってあげるのでした。

コミックアライブ8月号
ひまわりさん 菅野マナミ
泣き顔を見られまいと逃げ出してしまったひまわりさんを追うまつりは「ひまわりさん好きだああああ!」と叫んで立ち止まらせるのが良いですね。旅館でそんなことをされては恥ずかしいと思わず足を止めたひまわりさんはまつりに話してあげることに。先代ひまわりさんがまつりと、笑い方が向日葵のようなところが少し似ていたことを教えてあげるひまわりさんですが、まつりはそんなひまわりさんに、自分は先代ひまわりさんじゃなくて今のひまわりさんのことが好き、ひまわりさんはひまわりさんだと言ってあげて、ひまわりさんも気持ちが収まるのでした。一方兄の師匠は今度ひまわり書房に行くつもりだと言ってえええ!?と思うひまわりさんですが…?

まんがタイムきららキャラット8月号
黒田bb「Aチャンネル」
お風呂上がりに自分のお尻で踏んで眼鏡を壊しちゃったナギ。視力検査のように自分の顔を近づけて、一緒に手をつないであるいてあげるユー子が優しいですね。

平つくね「ラッキー・ブレイク」
ちゃこが消えて悲観に暮れる毎日を過ごしていた陸ですが、朝目覚めたら隣に見知らぬ男がいてびっくり。夏実が親身になって相談に乗ってあげてるのは夏実自身が男が大の苦手だったからなんですが優しいですね。部屋に戻る際も一緒についていってあげて正体を確認。相手がスカートをはいてるから、な〜んだ女の子じゃん、一安心…と思ったらこれは陸の弟で、陸の貞操は一安心なものの男であることには違いなく、男嫌いな夏実はぞぞ毛が立ってしまうのでした。それにしても自分の弟の顔を忘れてしまってる陸がひどいw

真田一輝「インプロ!」
プロの舞台を観に行く優希たちはますます演劇への思いが強くなるのですが、上演中尿意が催してしまった菜桜。休憩時間にようやく駆け込むものの少し我慢出来なかったようで、帰り道、優希が菜桜のスカートのポケットに手を突っ込んだところ、なにやら濡れた布が出てきて…(笑)。

永深ゆう「ひとより××」
何やら青空や雲などポエムにしているように見えたひよりですが、それは透視して見えていた青や白の女の子の下着の色に浸っていただけだったのでした。
そんなひよりに呆れつつも、しかしみぞれのパンツの色は白、または水玉でなければ…などと真面目に考え込んでしまうつばめもやっぱりかなりみぞれに性欲を感じていそう(笑)。
透視能力を持つひよりがなぜかあまねのパンツだけ色が言えないと思ったら、これはあまねがパンツをはいていなかったからなのでした。予備のパンツを用意して、さらに西牧先生(♀)にも毎日お弁当を作ってきてあげているひよりが甲斐甲斐しい。
ドジなあまねに、バケツの水をかけられてしまうひよりですが、一緒にいたつばめと濡れ透けになれて良かったと思うのでした。つばめの替えの下着は持っていたものの自分のは持ってないというひよりですが、類友のつきみさんがひよりにぴったりの下着を持ってきてあげて良かったですね。ひよりは嫌がってますが(笑)。

都桜和「さくらティーブレイク!」
茶道部の新入部員さくらたちを歓迎する先輩たち。理子先輩は恥ずかしがり屋だったのですが、可愛いさくらにすっかり懐いて良かったですね。そんなさくらは自分が一緒に入った女の子と同棲していると言い出すのですが、これは同じ寮に住んでいるということだったのでした。

相瀬いづみ「このはなさくや」
生徒会の女子たちがお花見大会をすることになるお話。

かきふらい「けいおん!」
最終回。学園祭を迎え、緊張してたりそうでもなかったりするわかばガールズ。直前で歌が下手なことを指摘されるあずにゃん哀れw
ですが無事演奏は終了。乗ってきたお客のために、「放課後ティータイム」をアンコールで演奏しようとしたものの演奏をしたことがなかったスミーレのドラムはグダグダになってしまうもののそこはご愛敬。わかばガールズも成長したと先生は感慨に耽り、来年はどんな子が部に入ってくるのだろうと思いを馳せつつ物語は幕を引くのでした。
単行本は10月に発売とのこと!

ハトポポコ「平成生まれ」
中川さんに後ろから目隠しをする原田さんですが、「だーれだ」のかけ声もなくふさいでる手の力も強いんで「助けて原田さん!助けてー!」と中川さんを泣き叫ばせちゃうことに。
格好いい藤井さんにもときめいちゃう中川さんが浮気症ですね。
蟻を踏みつけてる吉村さんが残虐ですが飲み物を持ってきて一緒にトドメを刺そうとする藤井さんは気が合ってますね(笑)。


クッキー8月号

今月のクッキーは「愛しの可愛い子ちゃん」が表紙を飾っていますね。見ての通り女子ばっかで華やかな作品です。女子校モノでほとんど男が登場しない漫画が2本。百合要素もありあり!少女漫画でこの内容はすばらっ!

『愛しの可愛い子ちゃん』サトーユキエ
女子校の王子様的存在の潮を巡るオムニバスストーリー。臨時職員として、潮の高校で古典を教えることになった前田撫子ですが、冴えない自分に比べて華やかな潮に惹かれまくり。惹かれるのは潮が華やかだったからだけではなく、面影に見覚えがあったからなのでした。撫子がかつて想いを馳せていたのは潮の姉。こちらは妹と違って女性らしい容姿なのですがゴージャスなのは同じ。妹と再会し、さすが自分の妹だから美しいと褒めてあげる姉が良いですね。
そんな姉と、学生時代一度だけ話をしたことがある撫子は彼女のことが忘れられず…。
単行本1巻が7月13日に発売!

『あいがある―I girl―』なかはら・ももた
雛とすばるが女子同士教室でキスをしている2人を目撃してしまった真生。しかしその姿を見て懐かしく思うのは、かつて自分も高校時代女の子にばかりモテモテだった過去があったからなのでした。と同時に自分にキスまでしてきた雛が他の女の子とつき合っていることに急に嫉妬心が湧いてきた真生。しかし弟の実生に取られるくらいならと思い返し、真生は2人の恋を応援することに決め、2人の前に現れて「自分は2人の恋を応援するよ!」と宣言してしまうのでした。翌日2人が出席してなくて落ち込んでるマキが可愛いですが(笑)。実生の姿をした真生は相変わらずモテモテで、今度は親も公認だという女の子とデートして、私服を買ってもらうのですが、翌日同じ服を袋に入れて登校してきた女の子とぶつかって…。
同じ服買ってすり替えて真生の服盗っちゃおうとしたとか?

『こっちにおいでよ。』Maria
真尋の明日美に対する気持ちが恋愛感情なんじゃないかと訊ねる男ですが真尋は「何も知らないくせに詮索するな」と男を睨みつけ、恋愛感情はともかく明日美に強い思い入れがあることは間違いないようですね。過去にトラウマのある明日美を守るためには、男と共同戦線を張ることも厭わないようです。

本屋のほんネ!(なつみん)
百合漫画が大好きな新河岸龍太郎君は、本屋を舞台にした百合漫画に影響され、現実世界にも百合を求めて本屋でバイトを始めることに。ところが、「ブックストアーときわ」の店員は、店長を始めバイトの女の子まで変わり者ばかり…。新河岸君が加わりさらに変態度がアップ!?それでも今日も平常営業なのです!!
ということで本屋を舞台に百合好きの男性を題材にした漫画のようですね。いやいくらなんでもこれは絶対ないだろうという展開が面白いかも(笑)。

おーらんどーさんの情報より。
つぼみweb 6/27更新号
次回のつぼみ本誌にも登場予定な、かずといずみ先生の「銭湯ハワイ」。
自宅のお風呂の修理は終わったものの、すっかり銭湯(とキヨちゃん(笑))にハマってしまっている熊王さん。
今日も仕事が終わったら早速銭湯へ行こうと頑張るも、うっかりミスをしてしまい、主任さんにみっちり叱られてしまいます…
落ち込み状態で、すっかり遅くなって銭湯へ行った熊王さんですが、キヨちゃんが責任感を持って銭湯の管理をしていることを知り、さらにキヨちゃんと一緒に露天風呂から満月を眺めることで、元気になったみたいですね。よかった、よかった。

本誌でも好評だったコバノ先生の「女王蜂のジレンマ」が、web版にも初登場です。
今回は蜂谷さんがパーマをかけてきたことをきっかけとして、晴子と彼女に懐いている(?)琴子のなれそめ(!)が描かれていました。
といっても、それほど特別なことはなくて、以前はなんといじめらっれ子だった琴子が、助けてくれた晴子と成り行き(?!)で髪を染めることになって、というお話でした。
で、やたら蜂谷さんに突っかかる琴子ですが、シレっと話を晴子に振る蜂谷さんと、無関心な素振りを見せながらきっちり蜂谷さんを褒める晴子のツーカーっぷりがいいですよね〜(笑)

そして、磯本つよし先生の「ガールズライド」もお久しぶりに登場です。
ナンたちもそろそろ自分たちの進路を考える時期になって、そんな中セイの様子が変なことに気付いたナンは…というお話。
父親の仕事の都合で急に引っ越すことになったセイと、彼女を心配して真夜中のツーリングに連れ出してあげるナンが相変わらずいい感じです。
間近に迫った別れを前に、二人の関係はどうなるのか、ヒジョーに気になりますねー。


コンプエース 8月号

個人的にコンプエースで百合的に一番注目していた、しのづかあつと先生の「片翼の魔女たち」と江戸屋ぽち先生の「いつか天魔を斬る魔女」の2作が、揃って今回完結してしまいました…(泣)

片翼の魔女たち しのづかあつと
ウォーロック暴走事件の側面支援に、ウィルマを置いて出撃したワイト島分遣隊の面々ですが、高速型ネウロイが隙を突いて基地を攻撃しようとします。
ウィルマの身を案じて、ネウロイを追撃するフランですが、なかなか上手くいきません。
しかし、最後はウィルマ渾身の「魔弾」によってネウロイは撃墜され、ワイト島分遣隊もガリア解放に伴い解散、アメリーはペリーヌとともにガリア復興に従事、角丸隊長は一旦扶桑へ帰国、ラウラはオストマルク奪還のため再び戦地へ、そして、ウィルマとフランもとりあえず一緒にガリア復興に協力するということになって、一巻の終わりでございました。
この作品が始まった時、非公式ではありますが、退役後年上のおっさん(?!)と…という設定があるウィルマが主人公だったので、ヘテロエンド(!)になるのでは、という一抹の不安があったのですが、アンケートでヘテロエンドはNGという意見を送ったことが効いたのか、展開的にもエンディング的にも安心の百合作品としてまとめられたことに、本当に安堵しています。
「片翼」が終わってもスト魔女はまだまだ続きますから、また、どこかで彼女たちに出会えることを期待したいものですね(ラブラブなウィルマとフランとか、再びコンビを組んで大活躍するラウラと角丸隊長とか)

いつか天魔を斬る魔女 江戸屋ぽち
力を求めるあまり暴走してしまったリーネによって深手を負ってしまったペルティは、医師の治療によっても予断を許さない状態に。
ペルティの身を心配するリーネたちですが、そこへギゼラ先生によってリーネ以外の一級魔女たちに出撃の命令が下されます。
一人残されたリーネですが、ペルティを斬ってしまったことで、ようやく自分が何のために力を求めていたのかを思い出し、人間らしさを取り戻したようです。
そして、そんなリーネの想いがペルティへも届き、ペルティも無事回復(万歳!)、二人の絆も「家族」という一層深いものになって、めでたし、めでたし。
そんなこんなで、チームとしての団結も深まった三人娘と悪魔っ娘たちは、更なる新しい過酷な任務へと向かうことに…。

ということで、2作とも百合的には十分満足できるエンディングだったことは、とてもよかったですね〜。
そして、「いつ天」は来月、「片翼」は秋には単行本化されますので、こちらも楽しみに待ちたいと思います。

放課後アトリエといろ 華々つぼみ
こちらも早々と単行本第3巻が出る、「放課後アトリエといろ」ですが、今回は展覧会出展を間近にして魔王化(!)した藤乃先輩を止めるため、部長が決死の突撃を敢行。
って、部長にハグされる(!)と元に戻る藤乃先輩がいい感じですよ〜。
おーらんどーさんありがとうございました〜。「片翼」も「いつ天」も百合エンドで終わって良かったですね〜。アンケートもお疲れ様でした!

コミックハイ!7月号


コミックハイ!7月号


今回も森永みるく先生の漫画が載っているコミックハイ!です。
相変わらずコミハイは発売日当日に手に入れるのが難しい雑誌ですね。今回もちょっと苦労して手に入れたんですが少々疲れ気味…(^^;まあでも頑張ってレビューいってみましょう!

悪戯ちょうちょ 綾瀬マナ

冒頭カラーが素晴らしいですね〜。1巻のパターンからすると単行本にカラーページは収録されないようなので、この辺は今回の雑誌で押さえておく必要があるでしょう!
夏で暑くてさくらは汗びっしょりなのに、後ろから走ってきたなのはは当たり前のように腕組んできて。組んだ腕が胸にあたってることもさくらは意識して嬉しくなってるっぽいv
暑いだろうとなのはが気遣って離れてしまってさくらはすごい残念そう。お互い暑いことなんか全然気にしてなくて、べったりくっついていたいんですね。

教室でクラスメートの前で2人が交換した指輪のことも話してしまって、2人がただならぬいちゃつきぶりをしていることが気になるクラスメートの女子ですが、彼女らも自分たちも混ぜてくれとお互いにさくらとなのはを抱きしめあって、恋人交換プレイ?結構濃いプレイを教室で行っているのでしたv
なのはの名前の入った指輪にこっそり口づけをしてレッスンに臨むさくらですが、担当にあてがわれた先生はなんと若い男性教員。藤奏美という名前の彼の態度が冷たいこともあって怖がるさくらですが、背が高いことを馬鹿にしたと後ほどなのはの方が激怒し、さらに彼が決めたペナルティが練習室の使用制限だと聞き、ショックで倒れるさくらを見てなのはは「人でなし!」と藤に襲いかかってひっぱたくのでした…(笑)。

さくらは兄がいるから男自体に拒否反応はないんですが臆病な性格のため藤のことは怖がっていて、逆に意外に勇猛果敢な性格のなのはは男につかみかかっていくものの、兄弟のいないため男自体に拒否反応があるところが面白いですね。さくらとなのはどう見てももう結ばれているのでヘテロエンドとかは全然心配してないですけど、悪役の男にさくらたちがどう立ち向かうのか、彼が恋の鞘当てになって、2人の仲がどんな風に深まっていくのかは気になりますね。

女子高生 Girls-Live 大島永遠
13話。花子とカナカナが一緒に映ってる後ろにでっかいハートマークが浮かんでるのがいいですね。「Girls-Co Buy Boo」…ってタイトルはまたバイブか!w
そして今回はやはりカナカナの家事指導。家事全般を器用に丁寧にこなすカナカナに、思わず花子も「いつでも嫁に来てくれていーんだぞ」と目を輝かせてプロポーズしてますが、その気持ちはわかりますね。女性なら誰でもカナカナみたいな子は嫁に来てほしいと思うvむしろ行ってほしい。しかしやっぱり花子の嫁に行くのが一番ですね♪

家事の指導をすることになったカナカナは花子に掃除をさせて、飴とムチということで仕事した分は甘やかしてくれるのですが、甘えがどんどんエスカレートしてカナカナにいちゃつきまくる花子が良いですね♪
頑張ったご褒美に女子に甘いことをしてほしいという気持ちも、女性だったら皆持ってる感情ですね♪異論は受け付けてません♪
単行本2巻が7月12日に発売!こちらには「Live」じゃなくて「High」の方の「女子高生」が1話収録されるということで、懐かしい面子にも会うことが出来ますよ〜♪
1巻の全6話+おまけ1話というパターンからすると今回の13話目は3巻以降収録ということになりそうですね。

こどものじかん 私屋カヲル
将来のことを考えてせっせと勉強する黒は待ち受け画像のりんを見つめつつ、今度は自分がりんに「ちゅーして」と言わそう、大きくなってりんちゃんを甘えさせてあげたい、と考えてぐふぐふごろごろするのでした。中学にあがって男教員とも離れるようですし、なんかお話が終わりそうな気配が漂ってますね。大逆転百合エンドを目指してがんばれ黒(笑)。

あいたま 師走冬子
バックダンサーリオ先輩が指導してほしいとあいに頼んできた妹ミオは肝っ玉もちちゃいけど声もちっちゃい。台詞が小さすぎて読むのが本気で難しい。これ単行本サイズになったら読めるんでしょうか?(笑)ミオの台詞が知りたい人は雑誌で読んでおいた方がいいかも(笑)。
声がちっちゃいのは実は姉の前だけで、本当はアイドルじゃなくてお姉ちゃんと同じ、バックダンサーになりたかったものの、昔「なんでもマネするあんたなんかキライ!」とお姉ちゃんに言われたことから、ダンスの道に進みたいけどそれ以上にお姉ちゃんに嫌われたくないと、自分の夢を偽っていたのでした。

しかしそれを聞いたお姉ちゃんは夢にいいも悪いもないと、妹にしっかりダンスの道に進むよう厳しくも優しい言葉をかけてあげめでたしめでたし。あいちゃんはアイドルもいいけど妹もいいね!と新しい百合属性に目覚めてしまうのでした♪

機会仕掛けのメルディーナ 宮ちひろ

人間嫌いのメルディーナとお友達になりたいアリサは怪しいルカというおねーさんにそそのかされ、まずはメルの友達と友達になろうとカニロボに話しかけることから始め、マキーナと友達になることはできたもののメルには拒絶され、これをあげれば友達になれると渡された飴を自分で舐めるもののビリビリしびれてしまうのでした。
うむ、予想通りというか予想以上に百合度の高いお話になってきましたね。

このお姉さんはフィクションです!? むつきつとむ

漫画家の女性にせがまれて女性同士半裸で絡みシーンを演じることになったヒロインは、女子校時代友達や後輩にせがまれてしていた癖から、相手の女性白河さんに本当にキスしてしまい(唇同士で!)、された白河さんもすっかり目覚めて惚れてしまい成海お姉さまに迫ってくるのでした♪

姉妹ってこ! にょりこ
妹を愛するアカネは妹のHRまで乱入。自分のクラスに戻れと指示する美人の先生の言うことも聞かず、先生は意外と気弱で可愛いことを知られ、女子にも男子にも人気がでてしまうのでした。

赫焉のヒナギク 砂原真琴

「あんたには私がいるんですもの」と言われつつ女の子にキスされそうになって戸惑ういつきですがこれは夢。何かの記憶か予知夢なんでしょうか。
なぎなたの形を変えようとせっせと練習するいつき。一方初雪はデパ地下で迷子になりそうな姉妹の姉が妹を心細くさせないために気丈に振る舞っているのを見て、かつて仲が良かった自分と銀雲の姿を思い出します。
練習したいつきに夕ご飯を用意する初雪ですが、デパ地下で買った総菜はやっぱり高かったのでした。

ゆめゆめうつつ みつき和美
最終回。蝶の正体がわかった実花子はゆいこは来ないでと言い残し蝶を手に走り去り、放っておけるわけないと追いかけてきたゆいこが見たものは、蝶を兄の遺言通り燃やそうとしつつも出来ずに、蝶の鱗粉を吸って兄にもう一度だけ会おうとしている実花子の姿だったのでした。
しかしそんなことをしたら危険だと心配したゆいこは蝶を実花子から奪い取り、自らライターで燃やしてしまうのでした。炎上する蝶の鱗分を吸い込んだためか2人は黒い蝶の大群に襲われる幻覚を見るものの、ゆいこが実花子を守ってあげて幻覚も治まり、長門も警察に捕まって一件落着。
平穏な日々が戻ってきたゆいこですが気になるのは自分が蝶を燃やしてしまったことから実花子に嫌われてしまったのではないかということ。
しかし昼寝から目覚めた実花子は意外とさばさばした表情で、兄への未練は蝶とともに消え去ったようですね。
そして実花子のパソコンで描いていた絵はゆいこの見覚えのある美少女絵…と思ったらこれは第1話でゆいこがハマっていた百合漫画を描いていた人の絵。恥ずかしいから打ち明けられなかったけど実花子は百合同人描きだったんですね(笑)。
そして百合同人を描いていることからもなんとなくわかるとおり、実花子も恋の相手は女の子なのが普通の子。もちろん好きなのはいつも一緒にいるゆいこちゃんだったのでした♪

そしてゆいこに自分からキスをする実花子はゆいこにずっとわたしのそばにいてほしいとおねだりして、ゆいこもずっと一緒にいると約束をしてあげて、二人は幸せに結ばれるのでした…♪

キィちゃんって誰かと思ったら第1話で百合同人描いてた人だったんですね。第1話のバックナンバー探して読んでようやく気づいた(笑)。
面白い作品だっただけにここで物語が終わってしまうのが惜しいですが、全6話でお話もまとまってますし、多分最初からこういう予定だったのでしょう。
兄の幻影に捕らわれている実花子をゆいこが引き戻すお話なんじゃないか…という予想は当たりましたが、いろいろあった蝶を巡るホラー展開が、超常現象全くなしの上で成り立っていたのは意外な展開でした。
「悪戯ちょうちょ」には実際のちょうちょは出てこないけど代わりにこの作品はちょうちょが出まくりでした(笑)。
ティーンズラブ的お色気もホラー要素もあって、とっても私好みの作品でしたね。ちょうおすすめの作品です♪

というわけでお待たせしました!森永みるく先生の「学園ポリーチェ」第2話です!
学園ポリーチェ 森永みるく続きを読む

ぼんの〜炸裂 ブッダちゃん( しまだわかば)風評破壊天使ラブキュリ(大和田秀樹)媚薬の花園さん(山口ねね)夜明け前(手代木史織)あの子の唇が可愛すぎて辛い!(奥田薫)

モーニングツー
彼女とカメラと彼女の季節 月子
あかりがしょげているというのに水溜りを撮っているというユキに、凛太郎が心配してあかりが寝言でお前のことを言っていた、少しは気遣ってやってもいいんじゃないかと言ってやって…凛太郎どこまでもいいやつすぎて困ります(笑)。
そんな凛太郎の言葉を受けて、自分もあからさまに自分を避けるようになるし、あかりは凛太郎といる方が自然でいられるようだしどうしたら良いかわからない、と答えるユキは凛太郎とちゃんと話をするのも久しぶりだったようで寂しいのは2人だけじゃない、と自分も寂しさを抱えているんですね。
一方あかりを元気付けるためにプールに誘う凛太郎に、弟は牽制して自分も一緒についていくと言い出しますが、3人で一緒に行ったプールではあかりは水に入らず上着すら脱がないままで、凛太郎は弟と一緒に遊んでやるのですがなにやら良い雰囲気。
あかりが凛太郎のことを見直して、逆に輝いてない自分に落ち込む展開もあるんですが、あかりの百合的にはまだまだ苦しい状態が続いてますね〜。
…それはさておき良い雰囲気の凛太郎と弟くんがくっつくことを全力で応援したくなってきた(笑)。

ヤングアニマル
「ゆりキャン〜ゆりかのキャンパスライフ〜」(瀬口たかひろ 原田重光)
飛び降り自殺しようとした先生に教頭先生はお冠で叱り付けようとするのですが、それは可哀相だと思ったゆりかは教頭先生を懐柔するために教頭室へ彼女を連れ込み、Hしてコマしてしまうのでした。
学園内にはなんと「ゆりか様」の銅像が建てられていて、これは昔たくさんの女の子を可愛がってあげその後学園を百合の園にした伝説の女生徒ゆりかを讃えるために作ったものだというのですが、まるっきり「マリア様がみてる」のマリア様の銅像ですね(笑)。
そんな学園に今も伝説の「ゆりか」がいると聞いておかしいだろそれはと思うゆりかですが、その少女木野下さんは昔は地味な風貌だったものの、嵐の日に女生徒達がこっくりさんをやっていて誰と誰がデキてるのかなど聞こうとゆりか様に降臨を願っていたいたところ、雷が落ちた瞬間に彼女にゆりかが憑いてしまったというのでした。
自分は邪神じゃないぞと思うゆりかですが実際にその少女、木野下さんに会うと彼女は野暮ったい格好をしているゆりかを、はべらせている女生徒たちと一緒にせせら笑って、ますます腹が立つゆりかなのでした。

ミラクルジャンプ
EX-VITA 古味慎也
アンドロイドなアルマ(♀)と人間の美波の2人によるポリスアクション!バディものですが、美波はアルマにビーチでサンオイルを背中に塗ってあげる際もハァハァしていて、今度は仰向けになってとお願いするのですが、おっぱい丸出しなのに言うとおりに仰向けになってあげるアルマが良いですね。その後はアルマも美波にオイルを塗ってあげてラブラブなのでした♪

まんがタイムきららフォワード8月号
私が彼女で彼女が私で 橘あゆん
ぼっちの辛さが身に染みたなつきはあおいにそのことを正直に打ち明け、謝って一緒にいようと申し出るのですがあおいはなぜかそのことを拒否し、自分たちは距離を置いたほうが良いと言い出し…

まんが4コマぱれっと
マジでカガク あらたとしひら
正体がバレバレな正義の味方の生徒会長は、マッドサイエンティストと黒魔術師の2人を従えているこもんを助けたいと言い出すのですが、後ほど自分はみらいを従えてなんかないよね、普通の友達だよね、と心配してきくこもんに、みらいは「こもんは私のヨメ!」と言ってあげてこもんを安心させてあげるのでした♪

おーらんどーさんの情報より。
まんが4コマぱれっと8月号
へーべー先生の「魔女とほうきと黒縁メガネ」では、リアナ×乃梨子だけでなく、今まで散々、変態だ、残念だと言われてきた(笑)シェスカさんにみかんちゃんのフラグが!

高原由先生の「オレンジぐんだん」は、第二回。
で、ベア子の正体は、ベアトリクス・ベルガモットといって、犯罪的な肉体を持つ(笑)、蘭の家にホームステイしている留学生だということが判明。
さらに、お嫁さんになりたいというベア子に、「あたしが婿か!!」と迫る(?)春子とか、そんな春子に嫉妬して(?)アイアンクローを掛ける明良とか、ベア子の胸を揉もうとする春子を見て、羨ましかったから実際に揉んでしまう(!)蘭とか、百合的にもよくなってきましたね(笑)

待望の単行本も間近な、あらたとしひら先生の「マジでカガク」では、謎の正義の味方、実は生徒会長の江州奈れあが、自分の正体をこもんたちに隠そうと次々墓穴を(笑)
そして、こもんに隷属する黒魔術師といわれて(主に「隷属」という点に)赤面するのえるとか、こもんに「普通に友達だよね」と問われて、「こもんは、私のヨメ」と即座に返すみらいとか、今回は(?)なかなか百合百合しくて、よかったですよ〜。

門井亜矢先生の「ひなたcafeにようこそ」では、幼馴染みに姉妹にクラスメートと、相変わらずほのぼので、にぎやかで、男っ気がないのがいいですね〜。
特に、隙あらば杏と二人っきりになることしか頭にない、かすみがいいですよね(笑)

柚木涼太先生の「3年2組の呪い屋さん」は、カン違いもありましたが、ようやく両想いになったと思ったローザと小春ですが、美咲という意外な伏兵(?!)が突然宣戦布告(???)
ということで、多分に誤解含みですが(うわぁ)、小学生百合修羅場(!)の開幕でございます(爆)
それにしても、小春の発想が何気にえっちぃのはいいですね(決して、りっちぃではありませんから(笑))

小杉光太郎先生の「普通の女子高生が【ろこどる】やってみた」には、新キャラとして奈々子たちの付き人兼マネージャーな沙織さんが登場。
これで、奈々子のおじさんも退場(?)できますし、沙織さん自身もなにやら女の子フェチ(?)だったりと、百合度も上がって、ますます期待できそうですね。

びび先生の「追い風 らんっ♪じゃん♪すろー!」では、わざわざゆうなの新聞配達のバイトのことを調べさせて、手伝おうとする霞が健気ですね〜。
が、美羽たちがお邪魔虫なのはお約束ということで(トホホ)

ひざきりゅうた先生の「みちなる」は、相変わらずみちるとカナエのボケとツッコミには癒されますね(んっ?)
この作品、地味に好きなんですよね〜。

さて、次号は魔ほ黒(?!)が巻頭カラーなんですが、ちゃんとあおりの頭に「百合的」と付いているのがナイスですね!!!
あざした〜。4コマレビューはなかなか間に合ってないんで助かります!

ぺっぱーきゃっとさんのツイート情報より。
今月の『彼女とカメラと彼女の季節』を読んだ。 ユキは押して駄目なら引いてみたらまったく向こうから押して来ないタイプですね、なのであかりとは会話もなくなりしょんぼり。 ただお互い気にしてないわけでもなく、特にユキには変化とも言える?
そんなふたりの間を飛び回る凛太郎。 伝書鳩か離婚夫婦の子供のような。 イメージupと思いきやみんな大好きあかりの弟、蛍介が久しぶりに登場w なごみます。 そしてあかりのスク水ー! 形としては凛太郎と子連れデートだけど、今はまだ冷却期間かな
余談。 あかりはスク水っていうか、無地のワンピが似合うと思います!
あかりのスク水姿を凛太郎に見せるのも惜しいですしね(笑)。

チャンピオンRED8月号
ぼんの〜炸裂 ブッダちゃん しまだわかば 百合度★★☆☆☆
ブッダちゃん(♀)が女子校にやってくるというお話。お付きのアナンダちゃん(♀)がブッダちゃんを慕っているのが良い感じですね。ブッダちゃんは髪飾りを取ると美しい美女に変身して、身体測定をしている女子の大きい胸を露にして悩みを解決してあげたりするのでした。

・「風評破壊天使ラブキュリ」(大和田秀樹)
女子二人が運命的っぽい出会いをして、放射能で東京は汚染されとるとかテキトーなことを言うおっさんを退治したりする思いっきりプリキュアな漫画。

あの子の唇が可愛すぎて辛い! 奥田薫 百合度★★★★★
新人さんの読みきり。意中の女の子の唇をエロく感じて頭から離れられなくなったヒロインは、相手の子に指をおしゃぶりさせたりしてエロい感じ。意識するあまり挙動不審になったヒロインは意中の子から嫌われてるんじゃないかと涙を流されてしまうのですが、唇にキスをして自分の気持ちを告白。延々ちゅっちゅしあう2人が良いですね♪実は相手の子は目薬を使って嘘をついてヒロインに告白を促させたS娘だったのですが、好きだという気持ちは変わらないので結局ラブラブでめでたしめでたし♪

百合探偵ユリアンズ 原作/キムラノボル ●漫画/廣瀬周
彼氏にアダルトグッズを間違えて送ってしまったから回収してほしいとの依頼に出向いた杏ですがこれは嘘。本当は彼と交際などしておらずヤンデレな彼女は爆弾をしかけてユリアンズを殺そうと企んでいたのでした。それを知った百合は彼女をロープで縛り上げ見世物にしてお仕置きするのですが縛り方がエロい(笑)。
そして愛する杏を助けにかけつける百合が格好よいですね。仕事が終わった後は、エッチな道具に興味を持ってしまった杏の様子を察してあげた百合が、ディルドーをつけてエッチして満足させてあげるのでした♪

ウルトラジャンプ8月号
はやて×ブレード 林家志弦
16巻から(番外編を挟んでの)続き。黒組を指示していたのはなんとはやて&ナギのとーちゃんだったとは!ひつぎ様のとーちゃんも一緒にいて、なにやら天地学園に波乱を起こそうとしているはやて父とは険悪な仲…かと思いきや意外と普通に接してる。はやてのとーちゃんは「面白い」からやっているのだと、根はひつぎ様と同じ…?
ランクもあがりそうだしそうしたら借金完済…しかしそうなったらはやてと綾那がコンビを組む意味はなくなっちゃうの…?と心配する周りですがどうでしょうね。
黒組はひつぎ様の資質を問うと、はやて組の星を落としにいくと校内放送で宣言し、はやて×綾那はピンチ!

まんがタイムきららMAX8月号
かなめも 石見翔子
早く配達を終わらせるルートを真剣に考えているはるかさんですが、これは雨に濡れたかなの服が透けた姿をみたいからということで邪な気持ちは相変わらずなのでした(笑)。
かなはみかちゃんと会った途端雨に降られてしまい傘もないので公園のドカンの中で密着して、お互い服の透けた姿に興奮してしまったり、身体を暖め合うためには…とエロいことを意識したりして可愛い♪

R18! ぷらぱ
姉妹に挟まれるのも良いよね〜と妄想した麻美子は、胸の大きさが違う2人が胸をくっつけるのも良いと、桜とおっぱいをくっつけあってきゃっきゃウフフするのでした♪

Young Love Comic aya 2012年7月号
媚薬の花園さん(山口ねね)
海外に行った際に自分がレズビアンだと自覚したヒロインの花園さんが帰国後女装男を好きになってしまう話…なんで最後男とのセックスシーンもちょっとあるんだけどその前に、女装男を本物の女にする薬を作ろうとして失敗して、自分が見る女性が全部意中の相手に見えてしまう薬を作っちゃって、ムラムラきたヒロインがその中のひとりの女の子とエッチしてしまう展開が!結構ガッツリ女子同士エッチしてて、最近のティーンズラブでは珍しい展開ですね。一般TLでは気持ちは女性の方向いてるけどエッチシーンは男…という逆のパターンの方が多いような気がする。思いっきり肉欲系な百合ですがそこが良い!(笑)
山口ねね先生というのは…絵柄が結構粗くなったりする事も多かったりする作家さんなんですが(笑)、でも個人的には好きな作風の方なんですよね〜。今回百合エッチシーンが見れたのは眼福♪

プチプリンセス8月号
夜明け前(手代木史織)
高校の時仲良しでトイレに一緒に行ったりしてた友達咲は他の子が陰口を叩いていても同意せずヒロインはいい子だと言っているのを聞いてますます好きになり、高校が別々になった時は泣いて悲しむもののその後不思議なメールが来て気になったヒロインは咲を探し歩き、ようやく見つけたものの彼女は男にそそのかされてクスリをやめられない体質になっていた。しかしヒロインの親身な説得でクスリの誘惑を絶ち男とも関係を切って、ヒロインとまた一緒にいようとするのでした。
クスリの依存からの脱却もテーマのひとつですが、咲大好き、ずっと一緒にいたいなどと言っていて男も捨てているので女子同士の関係は結構ガチでしたね。

ミニスカ宇宙海賊(峠比呂)、デストロ246 高橋慶太郎、AGC38 Love Stories in 吉祥寺 チョコレート革命

光宗剃頭侯さんの情報より。
月刊 サンデー GX (ジェネックス) 7月号
デストロ246 高橋慶太郎
今月のサンデーGXで、高橋慶太郎先生のデストロ246、百合3P発言が出ました。暴力団の跡目をついだ万両苺が佐久良南天の胸を揉みまくったり、それを聞いた市井蓮華がいいな〜といったり、最後に憂さ晴らしに3Pしようよといって苺がそれじゃいつもどおりじゃないか!お前らはヤルことしか考えてないのか」と
情報ありがとうございました〜。サンデーGXで百合3Pとは(笑)。私も時間があったら雑誌をチェックしておきましょう♪

ニコニコASAHIコミックファンタジーVol.1
「ミニスカ宇宙海賊」(峠比呂)

峠比呂先生の新作はアニメ「モーレツ宇宙海賊」でもお馴染みな「ミニスカ宇宙海賊」のコミカライズ!
10歳の時から望遠鏡を眺めていた茉莉香は、昔から宇宙に興味があったんですね。そんな茉莉香を母の梨理香は昔から優しく見守っていたようです。
成長して、私略船免状を持った茉莉香は海賊として豪華客船を襲ってあげていたところ、同じく海賊船に乗っていたチアキちゃんと再会することに。いきなりちゃん付けで呼ぶ茉莉香が親しみを持っていますね♪
チアキちゃんは襲ってきた何かから逃げてきたようですがその正体は……?
ワクワクするイントロでしたね。今後の展開が楽しみです♪
…なんだけど、やはりWebで漫画読むのはキツイなぁ。ブラウザが小さい&解像度も低いんで、ずっと拡大ボタン押しっぱなしにしてなきゃ字がほとんど読めないのが辛い。やっぱりWebで読むのは初回限りにして単行本待ちにしたいですね。

それはともかく、峠比呂先生が「ミニスカ宇宙海賊」をコミカライズすることになったのは感慨深いですねー。ツイッターでやりとりを拝見していたんですが、元々峠比呂先生が原作の「ミニスカ宇宙海賊」がお好きでそのことをツイートしてたらそれを朝日ノベルズの中の人が補足して、それでコミカライズがスタートするきっかけになったんですよね。峠比呂先生、本当に「ミニスカ宇宙海賊」がお好きなんですよね〜。アニメファンも原作ファンも、その辺は安心して読める作品ですよ♪
…かく言う私は、峠比呂先生がコミカライズを担当すると聞いて、連続録画失敗によって中断していたアニメの視聴も再開したのでした(笑)。視聴再開したモーパイは百合的にも作品的にも面白くて、視聴再開して良かったなぁと思える内容でした♪私とモーパイを引き合わせてくれた峠比呂先生に感謝!

つぼみWebコミック
じょしけん。のん
女の子の生態をじっくり研究させてあげようと、小金井さんをお泊り会に誘う吉住さんが良いですね。吉住さんの妹は良く出来た子で、やっぱり憂なんですね(笑)。女子高生の生態の一面がまた分かった小金井さんなのでした♪

ベツキス 百合原明
正体がバレそうになって焦ってるひかりが、ものすごい輪のこと好きそう。エイプリルの立場やいかに?(笑)

トラにツバサ モロやん
屋上で一緒にお弁当を食べる2人。山下さんは虎嶋さんにあーんしてあげて口元も拭いてあげて、すっかり受けな虎嶋さんが可愛いですね。
虎嶋さんはさらに部長にも後ろから抱きつかれて胸や下の方も……総受けになってきました(笑)。

神さまばかり恋をする 一花ハナ
散歩するコトリは町の人や猫たちが仲良くしてたり、喧嘩してても仲直りしたりする様子を見て幸せに感じるのでした。聡香が迎えにきてくれたことも嬉しかったようですね。

つぼみWebコミックも、1回見逃したらもう追いつけなくなるだろうと思って一応ここまで頑張ってきましたがそろそろ限界……というか漫画を読むのを頑張ってるという状況自体疑問。やっぱりこちらもそろそろ諦めて単行本待ちにしましょうか…。

ぺっぱーきゃっとさんのツイート情報より。
ヤングガンガン
緋弾のアリアAA 橘書画子
あかり争奪戦の結末は… まあ志乃と高千穂さんは予想通り、でもこいつらヘンタイだー! チラチラ本編のキャラが映ったのでどの時間軸かはっきりすっきり。 久し振りにキンジが出たけど通りすがるだけw しかしそのおかげで高千穂さんのイメージが保たれる
なわけで私も今月号レビューを♪

ヤングガンガン
・「緋弾のアリアAA」(橘書画子)
校則で禁止されてないからと本当に決闘をすることになる志乃と麗。志乃はお馴染みの日本刀、麗はいつも使ってるというフェンシングの剣で文字通り刃を交えることに。その間にもあかりの使ったつまようじと髪の毛をトレードしようと密談を交わしていて怪しい感じ(笑)。
そんな中そこへなぜかつぐみという少女がいるのに気づき、ドジッ子らしい彼女は高いところから落ちてしまうのですが一緒に飛び込むあかりに、志乃と麗も協力して助け合い、2人を仲直りさせるあかりがマジ天使ですね♪
自分より先にあかりの元に飛び込んだからと麗は自分の負けを認め、以後自分は友達行為は求めるもののあかりをモノにする優先権は志乃の方にあると身を引くことを宣言!志乃×あかりの関係が公式に認められ、2人が結ばれるルートができました!突然迫ってきた麗はなんと2人を結ばせるための当て馬役だったんですねw
しかし自分と同じく志乃があかりといんぐりもんぐり××したいと思っているのには気をつけろと忠告する麗はやっぱり邪な欲望を抱いていたのでした(笑)。
一方そのことを知ってカルテットで勝負した相手と仲良くなれて味方になれたことは良かったと語る理子はアリアと一緒にチェスをしていて、自分たちも仲良くなろうとアリアのほっぺにキスをして、アリアも赤くなってしまうのでした♪

●おーらんどーさんの情報より。
きららミラク 8月号
川井マコト先生の「幸腹グラフィティ」は、予備校が急遽休みになって、リョウときりんの週末お食事会も今回はお休みに。
そこで、暇を持て余したリョウは図書館に行くことにし、そこで知り合いの司書の渡辺さんから、リョウのおばあちゃんが元々料理は苦手で、孫のリョウのために図書館から大量のレシピ本を借りてきて勉強していたことを聞かされます。
で、やっぱり料理には愛情が一番必要だと思い至ったリョウは、愛する(?)きりんのために、さらに料理の腕に磨きをかけるのでした(照)

CUTEG先生の「スイート マジック シンドローム」では、甘子たちも夏服に衣替えしたところで、クレープとショコラ襲来。
さらに、中間テストに備えて勉強会をすることになった甘子たちは、一番勉強が出来るワッフルも誘うことになったのですが、メガネを外し、甘子の服に着替えさせられたワッフルの可愛さに、涙を流して(!)感動しているキャラメルがアレですね〜。
しか〜し、メガネっ娘がメガネを外すと美少女に、というのは一種のお約束なんですが、メガネっ娘が大好きな私とすれば、「メガネを外したメガネっ娘はメガネっ娘にあらず!」とあえて言いたいですね(力説!)

タチ先生の「桜Trick」では、文化祭の準備のため、学校にお泊りすることになった春香たち。
で、今回は春香たちと仲良しな、人見知り娘のしずくと彼女の家に居候しているコトネのラブイチャバナがメインでした〜。
まあ、春香と優のガチップルも負けじと(?)イチャコラしてましたがね(笑)

阿部かなり先生の「なりきりイミテーション」では、疑似姉妹をやっていることを学校では内緒にしたいというむーちゃんに、その訳を聞こうとしたみなりは、つっけんどんな対応をされて気まずくなってしまいます。
しかし、結局二人ともお互いの事を思っていたことが分かって、雨降って地固まるという感じで一件落着、なのでした。

かるは先生の「ももいろhoney」。
本から出てきた謎の少女リオと恋人(!)になって、新たな物語を創らなければならなくなったあきら(♀)。
今回は、突然リオが出てきた本が光ったかと思うと、リオとつないだ手が離れなくなって、一緒にお出かけ、食事、さらにお風呂(!)というある意味お約束な展開になりながら、やっぱりお約束で二人の距離もちょっぴり縮んだ?。

キタノユースケ先生の「わたしと姉は正反対」では、強力な魔力の持ち主として謎の魔女せりなに目をつけられたなずなが、無理やり魔女と姉妹にさせられて、という話の第二回。
もとは高一だったなずながせりなによって、高三(!)でせりなと双子ということにされ、さらに親友のりかにも見知らぬ他人とされたことで、さすがのなずなも怒りが爆発し、結局は、なずなはもとどおりに、せりなは高二の姉ということに落ち着いたようで。
で、せりなに振り回されっぱなしだったなずなですが、大好きなりせに相手にされなかったのは相当なショックだったみたいで、ここらへんは百合的に期待したいところです。
さらに、傍若無人で掴み所のないようなせりなですが、過去に人間の少女となにやらあったみたいで、こちらも百合的に意外な伏線になりそうですかね。

奄美あまゆ先生の「Lisa Step!」では、待望のお給料日!ということで、リサたちもいつにも増して浮かれてますね(笑)
しかし、一番しっかり金銭管理をしているのが、一番お嬢様な千鶴って、どうよ…

ゲストで再登場ななつきゆう先生の「ゆめおいドミトリー」は、ど田舎から都会の学校の女子寮にやってきたゆめ。
獣医を目指している千歳、漫画家志望の遥佳、そして遥佳の双子の妹でアイドル志望な優佳の三人と同室となって、将来の夢を捜すことに。
ということですが、いきなり遥佳をお姫様抱っこしてフラグを立てたりするゆめや、そんなゆめに激しく嫉妬する姉ラブな優佳など、百合的にも見所がありそうで、今後の展開に期待ですね。

モノリノ先生の「8'sエレジー」は、今回で一応完結。
書いた詩を読まれると現実化してしまうという宿毛は、唯一その秘密を知っていて、いつもつきまとってくる後輩やさかのことをうっとおしく思っていたのですが、やさかが百舌という少女と仲良くなったことで、複雑な想いを抱くようになり…。
そして、そんな状態の宿毛の詩が現実化して暴れてしまいますが、いつまでも仲良しでいたいという宿毛の想いがやさかに届いて、ラブラブ百合エンドといっていい結末でした。
モノリノ先生には、またの登場を期待したいですね。

ばんがいち 8月号

ののみるあ先生によるオールカラーラブコメH百合の「ミント博士のモモ色研究室」は、やっぱり予告通り今回で最終回(泣)
ミントの憧れの前部長にして、モモの姉であるツバキが、急遽アメリカから帰国。
ミントとモモの関係という「ナンカイ」(!)を解決するために、ツバキが帰ったことを秘密にした上でミントに目隠しをして、モモとツバキでイケナイこと(!)をするのですが、勢いでツバキがミントにキスしてしまったところ、ミントがそれはモモでないことにすぐに気づいたことで、ツバキもミントとモモの関係を認めたようですね(笑)
さらに、ヤマブキ会長とクロヤギの主従カプも、なにやら一歩前進したようで、こちらもめでたし、めでたし、でしょうかね。
ただ、これで完結というのは、ページ数的にも単行本化はまず無理ですから、返す返すも残念ですね…。
おーらんどーさんあざす!お疲れ様でした〜。ミラクは本屋に置いてなかったし置いてあったとしても時間的に購読&レビューが間に合いそうもないので助かります…。

まんがライフ
・「プアプアLIPS」(後藤羽矢子)
忍が女だと知ったレン母は態度を一変、即座に忍との結婚を取りやめると言い出しますがそんな母を平手打ちして怒るレン。応酬する母。そんな2人を止めない忍は、単に怖がっているだけなのでした。忍ヘタレだ(笑)。
それでもなぜかレンをなぜか結婚をさせようとするのをやめないレン母は、レンがちゃんとした恋愛をできない体質なのを心配してるのだと痛いところをついてくるのですが、それに対して隣にいたナコは「私がレンさんを幸せにしてみせます!」と、なんと親の前でプロポーズ!

「なまいき☆クラスメイト」、「TARI TARI」尚村透 鍵空とみやき「回転る賢者のシュライブヴァーレ」星屑七号「ぷらんく」笹桐ゆうや「アイドルは××××なんてしませんッ!」(柚木涼太)「マテリアル娘。」榊蒼十郎


ガンガンJOKER6月号

「TARI TARI(たりたり) 」(原作, EVERGREEN キャラクター原案 tanu,構成 尚村透,作画鍵空とみやき)
新連載。歌が好きで声楽部に入ったものの下手だからと合唱に参加させてもらえない来夏が紗羽にアドバイスにアドバイスを貰って喜んで胸にぐりぐり顔を埋めてやる気になり、送迎に歌を一緒に歌いたいと数奏という少女に目をつけ最初はつれない態度を取っていた彼女も、来夏が紗羽の胸に頭をぐりぐり埋め相談した結果、歌を歌って説得して一緒に歌うことが出来る…というお話でした。

漫画を描いているのは鍵空とみやきという方で可愛い絵柄なんですが、構成に「失楽園」でお馴染みの尚村透先生が入ってるのに注目。それで般若みたいなコマがあるのか(笑)。

アニメ化に先駆けての先行コミカライズということでこちらに紹介ページが…って第1話が掲載されたばかりなのにもう単行本出るのか!


TARI TARI 1 構成:尚村透 作画:鍵空とみやき


月刊ヤングキング
「なまいき☆クラスメイト」(きづきあきら+サトウナンキ)
アイドルをやってるヒロインが、歌も振り付けもばっちりだけど恋愛の演技がだめすぎることを一緒にアイドルユニットやってる他の2人の女の子に指摘され、初心すぎることが原因だからとロングの女の子はぶっちゅーと唇にキスをしてあげ、ボブの女の子は男装までして後ろからおっぱいを揉み股間もいじって、「女の子なら誰でもやってるのよ」と言いつつヒロインをいかせてしまうというお話でした。
女子同士でHしてイかせちゃう展開は良かったんだけど、その後さらにレッスンをということで男を連れてきてるのが惜しいなぁ。

まんが4コマぱれっと7月号
追い風 らんっ♪じゃん♪すろー!びび
練習場にしようとマウンドを占領しようとする陸上部の面々。しかしそれは野球部のエースで生徒会長の水希霞が許しません。彼女はヒロインのゆうなにベタ惚れなんですね。そしてなぜか美羽に嫉妬した霞は彼女に勝負を挑む事に。
舞×美羽のカップルに加え、ヒロインにも相手が出来て、2組の百合カップルになって良い感じですね。

マジでカガク あらたとしひら
正義の味方を作ろうと考えるみらいはこもんを改造しようとしていて仮面ライダーですねw
そんな中本物の正義の味方が現れて、彼女の正体は生徒会長で仲間の女の子もいるのでした。
…彼女たちが普通に正義の味方なんで、ヒロインのみらいやこもんたちが普通に悪の組織という図になってるのが面白いw

ひなたCafeへようこそ 門井亜矢
テストで良い点を取って楓にエロいご褒美を貰おうと妄想する杏が良いですね。

やさしい教師の躾けかた。宙
「先生…来て!」とエロく誘う歌和多。これは大縄跳びの練習の一幕だったのですが、上手く飛べない先生を体育倉庫に連れていく歌和多は縄と親しませるためと称して先生の服を下着まで脱がし縄跳びの縄で身体を縛りあげ、本当にエロいことを(笑)。上から体操服(+ブルマ)着てるんで分かりませんが下も亀甲縛りにしてると見た(笑)。
一方稜子先生もブルマをはいて縄跳び大会に勇んで出場するものの、ブルマの上ウサギ耳カチューシャまで装着して現れた先生チームには勝てない、と思うのでした(笑)。

屋敷はメイドのために!ぷらぱ
屋敷にやってきた男とメイドがエロいことをするのではないかとしきりに想像するミサがエロいですが実際はそんなことは全く起こらずおっさんは一人で風呂にも入り、一方やってきたメイド2人は朝パジャマがはだけた胸を直に相手が顔を寄せていて、百合的な方向に鉄板だったのでした。おっさんも屋敷から立ち去り物語からもさっさと退場。
お風呂でサーシャの胸に普通に顔を埋めているユイ。脱衣所で裸のミサをくすぐりの刑に処す時も後ろでサーシャが羽交い絞めにしてて良い連携プレイを見せています(笑)。

魔女とほうきと黒縁メガネ へーべー
藁人形に乃梨子の髪の毛を入れたリアナですが何をするかと思えば藁人形にぶってもらっていたのでした。あまり痛くはなくて物足りなかったようですね。こっくりさんで乃梨子に自分の名前を指させようとするリアナですが、乃梨子はそれを阻止せんと思いっきり自力で引っ張り合う2人ですが、結局指したのが「ろ・り」の2文字ということでこっくりさんもよく分かっているのでした(笑)。

3年2組の呪い屋さん 柚木涼太
自分たちが恋人同士だと思っていたのにローザの方はそうではなく、恥ずかしい思いをした小春ですが翌日ローザが学校を休んでいてさらに落ち込んでしまうことに。しかしローザはホントに寝込んでいたんですね。薬を買ってきた小春の手をぺろぺろ舐めてしまうローザがエロい(笑)。
そして気持ちを確認したところローザも師匠(小春)が欲しいならと、赤子は無理だけど、と身体も差し出し、覚悟があることを語ってくれ、目の前の白い肌を見て思わず小春もローザの露になった肩をぱくんちょとかぶりついてしまい、ラブラブな2人なのでした♪
この作品の変態ロリ百合具合はたまらないな(笑)。

新連載の「オレンジぐんだん」(高原由)も百合的にちょっと良い感じ。まんが4コマぱれっとは全体的に百合作品が妙に掲載順位が下のほうばっかなのが気になりますが、連載が続いて単行本が出てくれれば文句ないです(笑)。

まんがタイムきららMAX7月号
石見翔子『かなめも』
くんくんしてるかなが犬の真似をしているのかと思ったはるかさんはバターを差し出して、かなをバター犬にして自分を舐めさせようとしてるのがエロい(笑)。
匂いの原因を知りたかったかなですが、ついでにみかのこともくんくんしてみかは真っ赤になってしまって、こちらも鉄板ですね♪

まんがタイムきららミラク7月号
小波ちま「リリィ」
妹の久美がリリィとラブラブなのを恨めしそうに影からじっと見つめるお姉ちゃんが健気ですが、そんなお姉ちゃんが怖いとリリィとデートに出かけてしまう久美がひどいw
残されたお姉ちゃんは街で棺おけを引きずって歩いてる変な女の子林檎と接触し、この2人もちょっと良い感じな予感もあってお姉ちゃんの恋がこちらで結ばれる可能性も…?しかし彼女はシスターかりんの仲間で悪魔祓いをする一派らしく…対立の予感?
一方デート中の久美たちは他の悪魔と出会ってこちらも対決の予感。

柊ゆたか「Good night! Angel」
新聞部の滝田さんはユリにラブラブになって、同じくあやめとユリの奪い合いになってるのが楽しい。
単行本1巻が7月26日に発売!祝!ミラク初の単行本ですね。…しかしやっぱりきららの4コマは26(or27)日になってしまったかー。個人的に4コマは嫌いじゃないんですが、いっぺんにたくさん読むとキャラクターがこんがらがってくるんであまり一度には読めないんですよね。12日の方に回しくれればもうちょっと紹介できたかもしれないのに。

CUTEG「スイート マジック シンドローム」
新キャラのワッフルは眼鏡を取ると地味な子から可愛い女の子に変身するお約束キャラで、思わずつき合おうと他の女の子から言い出されてしまうのでした♪

タチ「桜Trick」
文化祭で白雪姫の役を決める最中春香と優の様子を見に来る美月ですが、妹の優を心配する一方自分と春香がいちゃつく様子も妄想してしまう美月が良いですね。優と春香は暗幕を頭から被ってとはいえ教室で皆がいる中ちゅっちゅしてしまってるのが萌えるv

キタノユースケ「わたしと姉は正反対」
友達が謎の美少女に押し倒されてるのを見たヒロイン。押し倒してた彼女は魔女ということでヒロインを空に浮かせ本当に魔法を持っていることに気づき、さらに家に帰ると彼女が自分の「姉」として居座っているのに家族はなんの違和感も感じてなくて…

Cookie7月号
『あいがある―I girl―』なかはら・ももた
メリサともキスをしてしまった…というか危うく犯されてしまいそうになった真生(笑)。あまりに性に対して奔放女の子たちに「処女のほうがいい」と言ってしまいますが女子達からは意外〜といわれてしまいます。女生徒たちは皆真生のことを好き。一方真生の方も最初にキスをされた雛の綺麗さについつい見惚れてしまい、その気になってきた…?とそこへ唯一真生に靡かない少女(すばる)がいて、彼女は雛を誰もいない実験室に連れて行き、いきなりスカートをまくってパンツを確かめたかと思ったら、派手なパンツをはいている雛が真生を誘う気満々なのを非難。すばるは雛が好きだったんですね。気持ちを確かめた後は誰もいない実験室で熱くキスを交わす2人(!)。それを影から目撃した真生は、女子校の知られざる一面をまた1つ知ることになるのでした。

まんがタウン7月号
蝶のように花のように 柳瀬ルカ
最終回。アメリカに行くという一希でしたが3ヶ月だけの話だったんですね。先にそう言えという彩香ですがホッとした面もあったようです。空港でほっぺにキスをねだる一希に彩香が、珍しくデレてキスをしてあげて一希もハッピーというところで物語は幕を引くのでした…。
単行本の告知はなし。……今までありがとうまんがタウン!そしてさようなら!

週間漫画times
・「華園行き」(あさぎ龍)
「ラブちゅ」の再録ですね。
彼氏に振られたと言っている後輩のOLが妙に気になって仕方がないヒロインは、一緒に旅行に行こうと誘ってあげること。自分は女のコが好きという意識はなかったものの可愛い後輩に思わずキスをしてしまい自分の行動にも戸惑うヒロインですが、実は後輩は元々女の子が好きで、彼氏がいたという話も実はヒロインを誘ってもらうための嘘だったのでした。そして2人は晴れて体も結ばれることに。後輩ちゃんがリードしてあげるのが良いですね。
やっぱりあさぎ龍先生は叙情的な作風が似合うなぁ。

ビッグガンガン
・「咲-Saki- episode of side-A 出張編」(原作:小林立 作画:五十嵐あぐり)
和のおっぱいに顔を埋めてしまう女子を見て眼福してしまう玄が良いですね。

・「アイドルは××××なんてしませんッ!」(柚木涼太)
男主人公がいるけどアイドルユニットの女の子2人の絆が良い感じ。緊張から、舞台でおもらしをしてしまう相方をひとりで恥ずかしい思いをさせないため、一緒に漏らしてあげ、股間をくっつけておしっこを混ぜてしまう2人のプレイが濃いですね(笑)。

・「回転る賢者のシュライブヴァーレ」星屑七号
精霊と少女が賢者少女に出会って…というお話。「あなた魅力的だわ」と言って頬に手を触れる宇佐美に、赤くなってしまう七梨が良いですね。

・「ぷらんく」笹桐ゆうや
漫研4コマ。女子同士手をマッサージしあって妖しい雰囲気になったりして良い感じ。パッと見た感じ男は見当たらない。

・「射 〜Sya〜」大塚志郎
大会出場を目指して練習していたものの、的に当てるだけの当て射になってると美射先輩に注意される正弓ですが、そんな中現れたのは当て射にひたすら拘る他校の女生徒。当て射で勝負を挑んでくる彼女は何かと思ったら、以前対戦した美射にハートを射抜かれて、以後「美射とヤりたい…」という気持ちが抑えられなくなってしまったどMな百合娘だったのでした。

・「ふたごザウルス」(大島永遠)
登校してきた海は不穏な雰囲気…だったんですが双子はいきなりラブラブに抱きついてきてそんな空気も吹っ飛んでしまいます(笑)。
海は街の名前が変わったことが気に入らなくてつっぱって、皆の中に溶け込めなくなってしまってたんですね。しかしちはなが髪の毛をあげて髪型を変えてあげて、周りがよく見えるようにして、先生も言うように街の名前が変わったからといって街の風景そのものが変わったわけではないと諭してあげて、海も少し打ち解けてくるのでした。双子と一緒に寄り添って寝てる3人が可愛いですね。

・「群青」原作:坂本虹 作画:桐原いづみ
眼鏡っ子は泣きながら「入部…したいんです!」と告白。それに応えて青も抱きついてあげるのでした。

つぼみWebコミック

・「ファミリア・ファミリア キヨコ結婚前」(宮内由香)
「ファミリア・ファミリア」でのむっちゃん想い人・希世ちゃんサイドの小さなお話。
新居を決める際にも希世ちゃんはむっちゃんの近くに住みたいと提案して、やっぱりむっちゃんのことを大切な家族だと思っているんですね。
そんな風に想われてるむっちゃんが女の子で良かったと思う旦那。
それだけむっちゃんの存在感が強いという暖かいお話なんですが…やっぱり痛いお話に見えてしまうのは百合好きの性なんでしょうか…。

「総合タワーリシチ」(あらた伊里)
女子にモテる暁を見て「あんなに女子をはべらせて!!私とのことは遊びだったんだわー!」と茶化してるバベルが楽しそうですが、リカはあげるというお菓子も「いらない!」とつっぱね、真剣に嫉妬してお冠なのが可愛い♪
次に暁が持ってきたのは女の子に貰ったお菓子そのままではなく、レシピを教えてもらって自分で作ったものなんですね。でもそれでも女の子から教えて貰ったのが気に入らないとやっぱりつっぱねるリカが厳しい…というか甘えんぼさんですね(笑)。
暁に次々に物投げつけて、投げる物がなくなったら自分の服まで投げようと脱いじゃうリカが相変わらずおバカっぽいところが出てて良いです(笑)。
しかし「だれにでもやさしい暁なんてだいっきらいだ…」と泣きじゃくるリカに「…じゃあリカちゃんが私の特別になってくれる?」と頬に手を当てて申し出る暁…プロポーズjないですかこれ!(笑)
お互い赤くなる2人が可愛い♪

少女サテライト はみ
レグルスに集めた桜の花びらをプレゼントするプレセペが良いですね♪

エデンの東戸塚 袴田めら
土日に予定がない菊ちゃん。確かにBBQはリア充臭がしますね(笑)。
実家の母親も旅行に出かけると聞いて、ますます帰る場所がなくなって孤独を感じる菊ちゃんですが、そこへ現れたのはやっぱり日吉さん。一緒に大量の鯛焼きを食べる行為自体はどうかわかりませんが、休日に女子同士一緒にいるなんて、これ以上のリア充ライフはありませんね(笑)。

前略、百合の園より 須河篤志
ネタ帳を持ってこいと藤原さんに言われて困った百合ですが、相方の忍に了解を取りに行ったところ「友達?」と相手を聞かれ真っ赤になってしまうのが可愛い♪
忍も実は百合の交際関係が気になってるのでは?と思わせる描写もあって良かったですね。

ビーマイガール・ビーマイボーイ エイタツ
つぼみ初参加の作家さんですね。
彼氏いない歴=自分の年なヒロインは可愛い女の子にしか興味がなくて…というお話。
話を聞いてくれる友達のテツはゲイのようで昭和という男に恋をしているのに、昭和はテツではなくヒロインのことが好きなのがちょっと切ない。
ヒロインは、小学校の時ときめいていた女の子以外では、電車で一目惚れした女の子にしか恋心を抱かなかったものの、後日会いたいとわざわざ人づてに連絡を入れてくれた彼女が、実は同一人物でハッピーエンド。
好きだった相手なのに気がつかないってことあるのかな?と思われる方もいるかもしれませんが、私は同じような体験があるんでわかりますね〜。私の場合は好きだった、というか彼女が女の子好きなんじゃないか、と勝手に想像して萌えていただけの相手なんですが(笑)。ちなみに同窓会とかは行けないし友達に聞くのも怖いんで真相は知らない(笑)。
同一人物と気がつかなくても、昔惹かれてた子が、姿がすっかり変わってしまった後でも同じように惹かれてしまうということはありますね。

部長に威厳はありません 高橋真弥
卓球部の絵夢は後輩の恵澄の言いなり。勝負に負けたからと言って脱がされて下着姿のまま卓球をさせられそうになったり胸をぎゅむーっと握られたり、胸にピンポン球当てられたりブルマーをはかされたり…豚になるからとチョコを没収されるのは厳しいな(笑)。
絵夢の願いは最初はどS行為をやめてほしいというものだったのだけれど、卓球勝負をすることになった後結局することになったお願いは恵澄に部をやめないで一緒にいてほしいというものになり、試合後抱きついてそれを告白して良い雰囲気…と思いきや言うことを聞かないでスクール水着で校庭を走らせる恵澄が本当にどSですが、初めて会った日から絵夢にぞくぞくビクンッビクンして、絵夢にエロいプレイを強いる恵澄が良いですね♪

ぺっぱーきゃっとさんの情報より。
ヤングガンガン
緋弾のアリアAA(橘書画子)は引き続き超絶ギャグ回。 なぜか自分のことになると無警戒なあかりは高千穂さんに呼び出され… 高千穂さんいきなり押し倒すな! あとお金あげるって言うなw あかりを巡って高千穂と志乃の修羅場勃発。 まさしく「わたしのために争わないで!」状態なのにあかりはポカーンw
ヤングガンガン
・「緋弾のアリアAA」(橘書画子)
麗のお誘いを受けて家までやってきたあかり。麗が気合入りまくりなドレスで現れるのが良いですね。ありがとうと言ったあかりにも麗はきゅーんと来てしまい、「私達お友達よね?」と聞いてそれにうなずくあかりに「でももっと深い友達になりたい…お金をあげるから…」とソファの上に押し倒し覆いかぶさりあかり貞操のピンチ!
…とそこへ窓をくりぬいて現れたのはやはり志乃。いよいよ直接対決になってきました(笑)。

●おーらんどーさんの情報より。
コンプエース7月号
「ワールドウィッチーズ ヨーロッパ版」には、カールスラントのヘルマ・レンナルツが登場。
スト魔女TV版第二期にも登場したジェットストライカーですが、これを専門に運用する先行実験隊「ハルプ」に所属する若手有望株なウィッチが彼女であり、彼女とバルクホルンたちとの交流は、京極しん先生の「君とつながる空」でも描かれていましたね。
あと、彼女は1945年時点で14歳ということで、劇場版の静夏と全く同年代なんですよね。
そういった意味では、もし、彼女と静夏が出会ったらすごくいい戦友になれるのでは、なんて期待してみたり。

アニメ化企画も進行中なひろやまひろし先生の「プリズマ☆イリヤ」は新章「3rei!!」(ドライと読むそうです)に突入。
聖杯そのものだった(!)美遊を助けるため、平行世界に飛び込んでしまったイリヤですが、ルビーや凛、ルヴィアたちと切り離された状況に為す術がなくなってしまいます。
そんな彼女の前に、かろうじて「田中」という名前だけが胸のゼッケンで分かる程度で、すべての記憶を失ってしまっている謎のブルマ(!)少女が現れます。
さらに、美遊を連れ去ったこちらも正体不明な少女二人組の一人、ベアトリス・フラワーチャイルドが襲いかかってきますが、彼女との戦いの中で、イリヤの真の敵がエインズワース家であることが徐々に明らかになり、田中も何らかの形でエインズワース家と敵対する存在であることが判明します。
という訳で、今後、イリヤと田中がどんな関係となり、どんな戦いを繰り広げるのか、期待したいと思います。

華々つぼみ先生の「放課後アトリエといろ」では、寧々が髪を切るという話から、いつもどおりの裏ビテイストに。
って、私は何気に凛×部長の喧嘩仲間カプ(?)が好きなんですが、同好の方はいらっしゃいませんか〜(笑)

あらきかなお先生の「あか☆ぷろ!!!」は、あーちゃんのお誕生日会について、コソコソと話し合う蛍姉と光姉ですが、覗こうとするあーちゃんに眼潰し(!)を喰らわせる光姉が容赦ないです(爆)
で、お誕生日会でチョコファンデやろうとして、結局大惨事というのはお約束で、姉妹でイチャイチャエンドもお約束(あーちゃんのおしり(アウッ)を舐めようとする光姉が容赦ないです(爆))

しのづかあつと先生の「片翼の魔女たち」では、フランたちの奮闘により危機一髪で助かったウィルマですが、結局出撃禁止となってしまいます。
そんなところへ、スト魔女第一期のラストでお馴染みのウォーロック暴走の報が届き、ワイト島分遣隊も501の支援にウィルマを置いて出撃することに。
多分に空回り気味ですが、ウィルマの分まで頑張ろうとするフランが健気ですし、そんな彼女に触発されて、ラウラ、アメリー、角丸隊長も果敢に戦います(それにしても、小型ネウロイに銛(?)を打ち込んで、それを中型ネウロイに直接投げつけるという掟破りな角丸隊長の荒技には唖然です…)
しかし、そんな中、高速型ネウロイが包囲網を突破して…、ということで、次回はいよいよ最終回だそうです(泣)
ウィルマ、そしてワイト島分遣隊の最後の戦いの顛末を期待して待ちたいと思います。

江戸屋ぽち先生の「いつか天魔を斬る魔女」では、テンペロンクローリーの命令により、敵対者たちを倒すことが日常となってしまったリーネに悪しき変化が現れてきたことを危惧するペルティ。
しかし、力を絶対のものと信じるリーネはペルティの忠告に耳を貸さず、たった一人で更なる殺戮に赴くことに。
そして、敵にとどめを刺そうとした時、立ちはだかるペルティをも斬ってしまったリーネ。
果たして、ペルティは、リーネは、どうなってしまうのか、こちらも次回クライマックスということで、目が離せません。

榊蒼十郎先生の「マテリアル娘。」では、梅雨の季節到来ということで、ジメジメいやな梅雨も、マテリアルズの女の子たちの掛かればほのぼのゆるゆるなものに見事変貌ということで(笑)
さらに、新キャラのフローリアン姉妹も参戦(?)し、ますます賑やかになりそうです。
おーらんどーさんお疲れ様&ありがとうございました〜♪というわけで私もコンプエースの紹介を。

・「あか☆ぷろ!!!〜明るい三姉妹プロジェクト〜」(美水かがみ/あらきかなお)
灯の誕生日を祝う蛍姉は灯をお姫様抱っこしたり、作ってあげたチョコがほっぺについてるのをペロリと舐めて灯もペロリと舐め返したりしてラブラブなのですが、そんな2人に光姉は嫉妬。何をするのかと思えば、灯の腰をがしっと後ろから掴み、チョコがついてるからペロペロすると、光のお尻を舐めようとして……ってそれホントにチョコなんでしょうか!危険すぎるw

・「探偵オペラ ミルキィホームズ2」(ブシロード/クロノギアクリエイティヴ/刻田門大)
溺れたシャロにヒメちゃんはマウスツーマウスで人工呼吸をしてあげ、目が覚めたシャロが気付いて2人で赤くなってるのが可愛い♪

・「クイーンズブレイド リベリオン〜青嵐の姫騎士〜」(南崎いく)
操られていた街娘ミリムは股間と胸に振動装置を取り付けられ、ユーミルに遠隔操作でエロい目に合わされていたんですね。ユーミルひどいw
けしかけられた街娘に切り付けられ、重症を追ってしまうアンネロッテとヴァンテですが、ユイットがヴァンテにダイヤのようなものを口移し(!)した途端ヴァンテには力が蘇ってきたようで…?

・「いつか天魔を斬る魔女」(鏡貴也/榎宮祐/江戸屋ぽち)
一級魔女を目指して敵を倒していくリーネですが、それに没頭しすぎて体にはなにやら紋章のようなあざが浮かぶように。それに気をつけるよう注意するペルティですが、それも聞かずに戦い続けた結果暴走。前に立ちはだかったペルティまで斬ってしまい…!
次回最終回!単行本最終巻は7月26日発売!

森永みるく先生の「学園ポリーチェ」連載開始!コミックハイ6月号


コミックハイ!6月号


というわけで森永みるく先生の超待望の新連載が載ってるコミハイがいよいよ発売されましたよ!公式サイトで壁紙も配布してるのでゲットしておくと良いでしょう。私も0.3秒で壁紙に設定しましたv
ネタバレが嫌という人のために内容は下の方にたたんでおきますが、今月のコミハイはみるく先生以外の作品も百合的に良い!・・・ということで、今月はいつもより詳しくレビューしておきます。
もちろんみるく先生の新作漫画の表紙はもちろんのこと、冒頭のカラーページなどは単行本では白黒になってしまうので、雑誌もおさえておいた方が良いですよ〜♪

・「しのばず」(岩崎つばさ)
予告クレジットになかったのに掲載されてて嬉しー!・・・と思いきや予告なしに今回が最終回。複雑な気持ちだ・・・。できれば第2章とか言って再開してほしいなー。まあでもラブラブ百合エンドでしたし、単行本も7月12日に発売が決まったのは良かったですね。
さて最終回。目の前に現れてるのに正体を知らないから君主様を犬扱いしてしまう雪姫。一方ヘレンは少しずつ近づいていた成果もあって雪姫と裸同衾もナチュラルにする仲になってラブラブ(笑)。
単位のために襲いかかってくる生徒を相手にしても、君主さまは全然守れないのに対してヘレンは完璧に守りきり、自分のために身を挺して守ってくれるヘレンに雪姫も彼女がどこかに行ってしまうのは心配するようになりヘレンとずっと一緒にいたいという気持ちが高まり良い雰囲気・・・と思ったら敵を蹴散らしたヘレン自身が今度は雪姫を襲いだして自分が一番危ない存在になってるのに笑った(笑)。

そして本当に襲いだしてしまったヘレンはとろけるマッサージをほどこし雪姫もイってしまい、とろんとした眼差しでヘレンを見て「気持ちよかった・・・」と告白。身も心も陥落してしまうのでした(笑)。
結局雪姫が君主さまのことを慕う気持ちは残るものの実物と接する機会は今後もありそうもなく、気持ちいいマッサージを今度は2人きりでしようと言われて顔が赤くなってしまう雪姫は、やっぱり実生活ではヘレンとずっと一緒に、これまで以上に深いスキンシップを楽しみながら暮らしそうですね。

いやーこの作品おもしろかった!百合好き的には君主様が雪姫から完全に嫌われてフェイドアウトする展開がないのが引っかかる人もいるかもしれませんが、ヘレンと雪姫はエッチもしちゃったと言っても良いくらいの関係ですし、雪姫は君主様のことを存在自体は慕ってますけど実物にはまるでときめいてなくて恋とはほど遠い状態ですし、個人的には大満足ですよ。単行本が楽しみです♪

・「女子高生 Girls-Live」(大島永遠)
美波のために豪華なお弁当を取り寄せてあげようとする真紀が良いですね。何気にこの2人、鉄板なんだ(笑)。

花子は家庭科部の三角頭巾姿が可愛いカナに「カナカナカナー!」とひぐらしのように抱きついて猫耳を出ししっぽを振って懐いていて、こちらもこの2人がラブラブカップルですね♪
子持ちししゃもレンジ入れるって私もよくやってるんですが・・・ああそういえば確かにラップの中でボンボン音がしてるのは卵があるからなんだ(笑)。小さいから今のところそんなに大きな被害はないけど、気をつけた方が良いかもしれませんね。(^^;
そんな料理だめだめなとんちき軍団を見かねてカナカナは徹底指導をすると言いだし・・・。カナカナと花子の絡みが増える展開になりそうな予感♪

・「あいたま」(師走冬子)
元アイドルと聞いてユーレイまで見に行くあいのミーハーさが堂に入ってますが、超怖がりなのにあいがユーレイの女といちゃいちゃするのではと心配して「ユーレイ好きだから」と自分も行くことを表明する樹里が健気すぎて泣ける(笑)。


・「赫焉のヒナギク」(砂原真琴)
1巻の続きの展開です。
真之介に負けて落ち込むいつきを「いつまでそうやっていじけてるんですかっ!」と初雪は一喝。さらに「命を助けてくれたいつきさんは恩人で私にとって特別なんです!」と珍しく語気を荒くして思いの丈を伝える初雪。

そんな初雪に、いつきも初雪を抱きしめて応え、「天狗は倒す。本山の追っ手はなるべく穏便に」と今後の対策を決め、そんな風に簡単に解決方法を決めれるいつきに初雪はますます惚れてしまうのでした。
しかし本心はそれだけでは納得がいかないいつきは、自分の神嶺流の欠点を教えてくれと薙刀の霊に頼み、やはり自分の神嶺流を少し変える決意をしたようですね。

・「機会仕掛けのメルディーナ」(宮ちひろ)
新連載。人間嫌いだというヒロインメルに「お話しよー。わたしメルのこと、好きだよ」と言って心を開こうとしてくるアリサにメルも「私の・・・大切な人にならないで」と言いつつも心が惹かれているようです。

未知数ですがあるいは百合も期待できるかも・・・?

・「こーしょー19才」(逸架ぱずる)
大きな胸を体験取材するとかこつけて、年上の声優さんの胸を揉もうとする乃音が良いですね♪

・「姉妹ってこ!」(にょりこ)
お風呂に入ろうとする妹ですが、湯船には当然のように先回りしてた姉がくつろいでおり、さらに「先っちょだけ!!2秒だけ!!」などと言って土下座までして背中を流すと言っては自分の胸をこすりつけ妹もびっくりしてしまうのでした♪


・「ゆめゆめうつつ」(みつき和美)
不審者は実華子兄と一緒に蝶の研究をしていたんですが、幻覚作用がある新種の蝶を軍事利用しようとしている悪人で、兄もこいつが殺したようなもの。結局手に入れようとした蝶で自分が幻覚を見てしまい死んだ兄の姿に苦しめられることになります。
6話あれば単行本は出るだろうけど、次号最終回は惜しいなー。これも第2章スタートとか言って再開してくれないものかしらん。
そういえばホラーティーンズラブも少ないけど、ホラー百合も少ないですね。百合ジャンルはブームになってるのは確かだけど、萌え以外の裾野は弱いので、これから盛り上げていかなければいけませんね。この作品とかみるく先生の「メア」みたいな作品がこれからも増えてくれるといいなー。

・「ニャン時ニャン分編集にゃん!」(アサイ)
最終回。熱いクライマックスを経て、最後ちゃんとハッピーエンドで締めてるのが良かったですね。クゥと千絵の関係も鉄板で、百合的にも良かったです。単行本は7月12日発売!

というわけでお待たせしました!森永みるく先生の新連載ですよ〜♪

・「学園ポリーチェ」(森永みるく)続きを読む

小森さんは断れない!(クール教信者)「もっとひとつになりたくて」長倉けいこ「千代のくちびる」岩見樹代子「あっぷだうんシンドローム」ジフ珈琲「キューティ・ハッピー!!」(柏ぽち)「ベイビードール」あまか「妄想リリィ・ ガーデン」杜草散乃

恋愛白書パステル7月号
ティーンズラブ誌に百合漫画が掲載されています。しかもこれは「かわいいのはどっち?」の続き!あの作品は好きだったんで続編が読めるのは嬉しいですね〜♪
もちろん今回のお話だけでも全然楽しめますよ〜。

・「もっとひとつになりたくて」(長倉けいこ)百合度★★★★★

ラブラブになったその後の2人のお話ですね。大切なマミと結ばれてラブラブエッチをして幸せな毎日を送っていた彩乃、気になるところといえば最近マミが道具を使いたがってる様子をみせていることくらい(笑)。しかしその後マミがバイトをし始め、そういう経験も良いと思いつつも一緒にいる時間が減るのは寂しいと葛藤する姿が可愛いですね。しかしバイトをしにいったはずのマミが女の人と抱き合ってるのを見てショック!
しかしすぐに追いかけてきたマミが説明するには、彼女はスキンシップの日常茶飯事な先輩で、後日彩乃もがばちょと抱きしめられてしまうのでした。
説明を聞いて納得した彩乃は、結ばれたいという気持ちが高まったこともあって、マミの持ってきた道具をついに使うことに。ドキドキする彩乃が可愛いですね♪

また今月号には以前紹介した田中琳先生の「背徳の聖女」も収録されています。別冊の表紙絵も田仲琳先生。田中先生はパステルには14年くらい前から寄稿されてるのでした。

ちょっと百合展開もあるんですよね。闘病中に描いたとは思えない神クオリティに、当時私は私は絶句してしまいましたよ…。こちらも是非読んでみてください♪

それにしても「恋愛白書パステル」は今出てるTL雑誌の中では多分一番の老舗ということもあって分厚くてお得ですね。本誌614ページ+別冊358ページ合わせて972ページでお値段680円って信じられますか?
…ただこれだけ安いと読者にはリーズナブルな分、作者さんにちゃんと原稿料が行ってるのかどうか心配になってしまいますね。いえパステルはTL雑誌の中でもトップクラスの売り上げでしょうし、たくさん売れてるからコストダウンできてるということだったら良いんですけど。百合アンソロジーは例えばGirls Loveなんかだと130ページくらいで890円で、もっとボリュームを増やしてくれという意見はよく聞かれるんですが、ただ今の一般TL雑誌の状況みたいにあまりにも安売りが加速しちゃうと漫画家さんにちゃんと原稿料が行ってるのか、モチベーションを維持できるのか心配になってしまうんで、個人的にはあんましGirls LoveとかのHあり百合アンソロの価格をむやみやたら下げろという意見には慎重なんですよね。


モーニングツー

・「彼女とカメラと彼女の季節」(月子)
凛太郎、付き合おう…と言い出したあかりが言い出した時はハラハラしましたが、凛太郎が恥ずかしいラブレターを自分宛てに書いていたことを知ってぷっと笑ってしまい滑り台もすいーと滑って気分すっきり、「やっぱりさっきのなしで!付き合うとかないわ!」と気持ちを切り替えたあかりの笑顔がまぶしすぎる(笑)。
一見さらっとして格好よい凛太郎が実は頭の中ではぐちゃぐちゃ考えてることに対しても「えっキモい!」とあっさり断定するあかりが清清しいですね(笑)。
しかしユキに対しての気持ちは相変わらず一途で、お風呂に一人で入りながらユキとのキスを思い出しちゃうシーンとか切ない。
学校で会ってもユキの顔見ただけで泣きそうになって逃げてしまいます。
ユキのことを思っただけで足がガクガク震えて、橋の上で「う〜〜〜っ」としゃがみこんでしまうあかりが一途すぎる。
一方好きな人に対してだけよく思われればいいじゃんと割り切る凛太郎の言葉に従って、凛太郎とつき合ってる振りはして教室で声をかけた後はさっさと彼を残して一人で帰ってしまうあかりですが、果たして思わせぶりな行動は吉と出るか凶と出るか…。

まんがタイムスペシャル
・「妄想リリィ・ ガーデン」(杜草散乃)
ゲスト。女の子同士のいちゃいちゃが見たくて女子校に赴任してきた女教師のお話。ツッコミ役の従姉妹はモテモテで、告白とかされちゃってるのが良いですね。

・「どろんきゅー」(吉村佳)
下駄箱にラブレターが入っていたと喜ぶのもつかの間、相手は女の子、しかも幽霊、怖がるヒロインを楽しんでる親友が良いですね。

まんがタイムオリジナル7月号
小森さんは断れない!(クール教信者)
断れない性格なため街頭で配ってるティッシュを山ほどもらってしまう小森森しゅりが女子からは好かれているお話。小森さんの家に遊びに行くと聞いて女子達は皆集まってきますが、「小森さんは私のもの!」と言って抱きついてくる女子が良いですね。

ヤングアニマル
・「ゆりキャン〜ゆりかのキャンパスライフ〜」(瀬口たかひろ 原田重光)
乙女ゲーに耽るゆりかはイケメンを攻略しようとするものの、ゲームの中でも女子から求愛されてしまってるのが楽しい♪そんなゆりかは青春を取り戻そうと教育実習に行く事になるのですが、配属された先は女子校。母校が女子校だったら当たり前ですね(笑)。一応同じ教育実習生に男はいてゆりかは目をつけるもののこの恋は(以下略w)
そこでゆりかは女性教員が飛び降り自殺をしようとしている現場に遭遇。自分の教育に自信がなくなったから死ぬとフェンスを越えてる彼女がいきなり反面教師すぎます(笑)。
説得するのもののグチグチマイナス思考を吐き散らすだけの彼女に業を煮やしたゆりかはええい面倒だコマしてしまえと、女子校で女生徒たちに迫られないようにとしてきた地味な格好を捨て、愛の言葉を囁きキスをして彼女をあっさり陥落。
ところで自殺しようとしていた彼女が落ち込んでいたのは、校内に「ゆりか」と呼ばれる女生徒がいて彼女に手を焼いていたせいだったようで…。

親父編は影も形もないほどあっさり終了して教育実習生編に突入してて、百合好きには安心の展開になりましたね(笑)。ところで単行本はどうなるんだろう?親父編だけでは1冊分に満たないから教育実習生編と半々?あるいは今度出る3巻の方にちょっと収録されるかも?

まんがライフ7月号
・「プアプアLIPS」(後藤羽矢子)
忍との結婚を断ろうとしたレンですが、お金をかけて断りにくくした母親の策略により失敗。忍が実は女だということを言ってしまえば破談になるのでは…とナコがアドバイスするものの、自分も差別に耐えてきたからそんなことはできない、とレンは拒否します。そんなレンさんが素敵…とナコがうっとりしたことから良い雰囲気になり、2人は自然とベッドへ…!
…が、そこで花瓶から盗聴器を発見してコトに至らなかったのは残念。しかしその盗聴器を通して母親には忍が女だということがバレてしまい…

少年エース7月号
・「ちょっとかわいいアイアンメイデン」(α・アルフライラ、深見真)
単行本発売記念ということで少年エースにも出張掲載されています。私たちのお話が漫画化されるとしたらタイトルは「ごうもん!」…というのは嘘なんですが、その他女子中学生がエロい拷問をしあう展開というのが本当だということは、果たして少年エース読者の少年たちは本当のことだと信じることができるんでしょうか?(笑)

・「新世紀エヴァンゲリオン 碇シンジ育成計画」 (高橋 脩, GAINAX)
レイと一緒にお風呂に入ったアスカは、酔っぱらったレイに押し倒され胸に顔を埋められたりする展開に♪

ウルトラジャンプ7月号
・「はやて×ブレード」(林家志弦)
番外編、1本目は黒組たちがファミレスで会合する話。デブな女の子にも好きだと思ってくれているお相手がいたのですね(笑)。
2本目は槙さんが女生徒たちの風景をスケッチするはめになるお話。林家志弦先生ご本人の苦労もそこはかとなく感じられるお話でした(笑)。

チャンピオンRED7月号
・「百合探偵ユリアンズ」(原作/キムラノボル 漫画/廣瀬周)
数時間後に聞いてくる媚薬を盛られてしまった杏は、解毒剤がほしければと脅され逆立ちで校内を歩かされたりして羞恥プレイを強いられるものの、影で犯人をつきとめていた百合の活躍のおかげで解毒剤を手に入れることができたのでした。今回は百合が覚醒するためのエッチシーンは端折ってましたが代わりに事件が解決した後、媚薬の効果が残る杏の身体を鎮めてあげるために百合がエッチしてあげるラブラブなシーンはあったのでした♪

・「ゆりめくる日々」(海月れおな)
雨が降ってきても傘があるからと相合い傘ができるさゆりとよりこですが、持っていたのが蝙蝠傘…ほんとに蝙蝠の形をした傘だったため濡れやすく、身体を寄せ合いましょうと言われくっつくのですが、なぜかそれは組み体操の格好。しかし腰と胸を密着させることに興奮してしまうよりこだったのでした♪

コミックアライブ7月号
・「ひまわりさん」(菅野マナミ)
ひまわりさんと一緒にお風呂に入れてほくほくのまつり。一方ひまわりさんは、先代ひまわりさんが生前自分と一緒にいてくれることに感謝していたといことを先代ひまわりさんの友人から聞かされて、改めて涙が溢れてしまい…。

まんがタイムきららキャラット7月号
黒田bb「Aチャンネル」
佐藤先生はるんちゃんというよりおでこばかりしか見ていないため、髪を下ろしたるんちゃんには気づきません。そうなんですよね〜。私が佐藤先生があんまし気にならないのは、佐藤先生がるんちゃんという女の子ではなくおでこ一点にしか興味がないからなんですよね。佐藤が好きなのはるんちゃんではなくおでこなんです。
一方ユー子は髪型を変えたるんちゃんにもしっかり気づいてあげて出会った際は抱きついてきて、女の子同士のことは女の子同士が一番わかりあっているのでした♪

平つくね「ラッキー・ブレイク」
ちゃこが辞めてしまったショックで髪はぼさぼさ風呂にも入らず服も同じものを着たまんまの陸はたいそうショックを受けている様子。
これではいかんと思った夏実は喧嘩してる出井さんも連れて一緒に銭湯へ。
金さんもついてくるのですが、中国ではギュウギュウ詰めでお風呂に入るから女体風呂だと語る金さん。女体風呂は楽しそうだ(笑)。
一緒に湯船に浸かっていてもなかなか雰囲気が良くならない2人ですが、のぼせたいっくんが湯船から出た直後にすってんころりん。それを後ろから見ていた夏実たちはいっくんのアソコをエグい角度から見てしまってますます気まずい雰囲気(笑)。
その後夏実も滑らせたいと企んだいっくんは床をせっせと磨いていますが、転んだ夏実のアソコをすごい角度で見たい気持ちもあったのか(笑)。
実際にそれで足を滑らせたのは陸でしたが、出井さんがそれを受け止めてあげて、2人の仲は裸のつきあいによって元に戻るのでした。そして2人は仲直り記念に一緒に髪を切りに行き、お揃いのコケシカットに…ってそれでいいのか!そのまま話が進んだら読者アンケートが急降下しそうな気が(笑)。

かきふらい「けいおん!」
噂どおり来月で高校生編も終了と告知が出ています。結果的にはすごい話題つくりになってますけど…?

真田一輝「インプロ!」
ラブレターを大量にもらうのが普通なゆうきですが、七割は女の子から。そんなゆうきをうらやましく思うミャー子ですが、そんな彼女のげた箱にもラブレターが。沙耶と菜桜のような女の子同士の関係にも憧れるというミャー子は勇気を出してその子に会いにいくのですが、その子はげた箱を間違えて沙耶に出そうとしていただけということで残念でした(笑)。

永深ゆう「ひとより××」
鹿に乗せられてどっかいってしまうあまねも困ったちゃんですが、探そうとした鹿に扮したひよりも目的を忘れて女子高生の匂いを追いかけて餌を貰った手をペロペロしたいとか考えててダメダメ(笑)。ようやく見つけたあまねは着物着てたんですが帯ほどいてお約束?

ハトポポコ「平成生まれ」
アクション映画に憧れて窓割って飛び出そうとする原田さんを止めてあげる中川さんが良心的ですね。

蒼樹うめ「ひだまりスケッチ」
夏目がひだまり荘のクリスマスパーティーに参加!沙英に誘われて、帰りも送ってもらって嬉しそうですね♪宮子からのプレゼントはちょっと微妙っぽいですが(笑)。

あまか「ベイビードール」
妹が大好きすぎて、幼稚園でおもらしした妹ちゃんのパンツを貰ってハァハァしちゃったりする濃いお姉ちゃんのお話。

まんがタイムきららフォワード7月号
「私が彼女で彼女が私で」橘あゆん
なつきがあおいとデートもするようになったことに、幼なじみだったみいちゃんは嫉妬してすねてしまっているようで気にして距離を置こうとするなつきですが、みいちゃんは2人きりになった時はがばちょと抱きついてわかっている、でも自分の方がつきあいは長いんだから!と言ってあげるのでした。
一方あおいはなつきに友達少ないとメールを送ってしまったことから溝ができてしまったようで…?

・「彼女×彼女」(大沢あまね)

第9話「恋愛標本」
生徒会長の七緒は理科室で動物の標本を作っている桐子の変さ加減に呆れながらも、標本部に同じ趣味の他の女の子が入ってきてるのを見て嫉妬して、自分も入ってしまうのでした。
自分が標本作りにはまったことが自分でも思いがけないことだったと語る桐子ですが、それは桐子のことを好きになってい七緒にとっても同じことだったのでした。
ひらり、コミックス創刊も決まったことだし、カノカノも単行本化されるのが楽しみですね〜♪

つぼみWebコミック
・「トラにツバサ」(モロやん)
虎嶋さんをさける山下さんですが、傘がなくて困ってるのを見て、すかさず相合い傘をしてあげる虎嶋さんが良いですね。
何やら山下さんを避けていた山下さんですが、実は下着姿を間近で見られていたことやせっかくくれたブラを破ってしまったことから顔を合わせられなくなっていただけだったのでした。
お互いの気持ちを語り合って仲直りしたのは良かったけど、雨に濡れてブラが透けている姿を思わず撮影してしまう虎嶋さんに、山下さんはまた恥ずかしがってすねてしまうのがほほえましい♪


電撃大王ジェネシス


「はしっぽ花星」こがわみさき
着ぐるみレースに出ることになった若葉はなぜか隣の着ぐるみと格闘してるんですが、視界の悪い着ぐるみの若葉のために後ろが危ないなどと小梅が指示してあげたおかげで、若葉は切り抜けることができたのでした。
一方小梅が徒競走に出る際は苦しい小梅の隣で若葉が着ぐるみのまま併走してあげて励ましの言葉…の代わりに小梅のパンツの柄を言って励ましてるのか嫌がらせしてるのかわからないような若葉ですが結局小梅も結果的に励まされ、お互いを名前呼びするようになって2人の関係も一歩前進♪

「あっぷだうんシンドローム」ジフ珈琲
ダンス踊ってる女子2人のうち片方が男に振られてしまうものの、相方が「私は好き」と言って抱きしめて慰めてあげて、片方の子も「レズになる」と言ってこちらの道に入ることを決めるのでした(笑)。

カメとおしゃべりさんのツイート情報より。

アフタヌーン7月号
千代のくちびる(岩見樹代子)
小学生百合ですか。気になりますね。時間があったらチェックしてみましょう。

ちゃおDX
キューティ・ハッピー!!(柏ぽち)
柏ぽち先生の作品がまた百合でしたか(笑)。ハッピー百合エンドということでこちらも時間があったらチェックを…って最近時間がなくて雑誌レビューが全然間に合ってないのが辛い!

「妄想リリィ・ガーデン」杜草散乃「オレンジぐんだん」高橋由「普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。」小杉光太郎「みちなる」(ひざきりゅうた)の「幸腹グラフィティ」川井マコト「となりの魔法少女」七葉なば「リトルバスターズ ばんどみっしょん♪」桜みさき


コミックハイ5月号


今さらながら書こう書こうと思いつつ時間がなくてかけなかった先月発売のコミハイのレビューを。もう次号の発売日になってますので本屋さんでは見つけられないと思いますが、amazonではまだあるようですので、みるく先生の新連載目当てに買ったけど他の作品も気になったという方は是非買ってみてください(笑)。

・「女子高生 Girls Live」(大島永遠)
大島永遠先生の「女子高生」がコミックハイ!に復帰!「High」じゃなくて「Live」ですが、やっぱり「女子高生」はコミックハイ!に掲載されてるのがしっくりきますね。来月からは森永みるく先生の百合漫画も掲載ということでコミックハイ!が豪華になったのはタイミングが良かったです♪
カナカナを抱き寄せてすりすりしての体操服を洗ってあげようとして、真理子の胸はパンパン叩いて乳の張り具合を確かめてあげる花子が良いですね♪
下ネタ元素記号暗記とか懐かしい。幼なじみの男とか相変わらず出てない感じ(笑)。

・「ゆめゆめうつつ」(みつき和美)
従姉妹の実華子とキスをしてしまいなんてことをしたんだと後で後悔して恥ずかしがってる惟子が可愛いですね。
そうこうしているうち、夜実華子が半裸で自分の部屋にやってきて自分からキス!
さらに自分の胸も吸ってきて・・・と思ったらまた実華子が怖い感じに溶けて黒い蝶の大群になって・・・とこれはやはり夢だったのでした。
「あんな幻見るなんてあたしサイテーだっ!」と翌日欲求不満っぽい体を鎮めるために必死に走って汗流してる惟子がまた可愛い♪
疲れて帰ってきたゆいこですが、家は荒らされた後があり怪しい進入者に後ろから口をふさがれ・・・
百合でエッチもありでホラーもありで絵柄も少女漫画的で可愛くって……この漫画は超好みな感じですね〜。皆様にも超おすすめ!

・「悪戯ちょうちょ」(綾瀬マナ)
審査を受けさせてもらうことになったのはいいけどさくらは緊張してガチガチ。
そんな相方のピンチを察してかけつけて、ピアノ演奏の舞台の裾で、歌を歌ってさくらをノせてあげるなのはが優しいですね。
なのはの応援もあって、片思いの歌なのにまるで恋が実って両想いの歌になってしまったかのようなさくらの演奏に、審査員の先生も顔をしかめながらももう少し聞きたいとファイナリストの指輪を与え、それを使って婚約指輪の交換みたいなことをやってるなのはとさくらが微笑ましい(笑)。
世界中を一緒に回ろうと誓い合ってくれたなのはに思わずさくらはかけよって髪に顔を埋め「なのは、大好きよ」と告白!
第1話から言いそうで言わなかった「好きなのは」の続きがついに出ましたね♪
そんなさくらになのはも「おかえしー!」と抱きつき、「私も大好きよ」と応えてあげるのでした♪

・「あいたま」(師走冬子)
雪乃に手をはねのけられるあいちゃんですが、「我々の業界ではご褒美です」と手を合わせて拝んでしまって、よく分かっていますね(笑)。我々=百合好き?(笑)
その後雪乃を体育倉庫に連れていくあいちゃんですがさすがにそこで妖しいことはせず、ちゃんと相談に乗ってあげます。「私だけに特別」と思って内心ほくそ笑むあいですが結局亀の秘密はみんなに知られても祝福されてしまい特別も消滅。樹里以外に特別な子なんか作っちゃだめということでしょう(笑)。

・「姉妹ってこ!」(にょりこ)
新生活をはじめた妹ですがさっそく合い鍵を作って入ってきているお姉ちゃんアカネの愛が深いですね。額に「愛」の文字も見えますし(笑)。
ルームシェアをすることになった妹のゆかりですが、ルームメイトの菜々もいきなり脱いでるかと思うと、部屋の中では脱ぐのが普通だと言いだしどうやら彼女もあまり普通ではない模様。

・「こーしょー19さい」(逸架ぱずる)
修学旅行で女友達と一緒に写真撮ってる時が一番最高の笑顔だったり、お風呂で胸をガン見したり、帰りに肩を寄せあって幸せそうな乃音が良いですね♪

・「ニャン時ニャン分編集にゃん!」(アサイ)
「千絵ちゃーん!!」と抱きつき「病める時も健やかなる時もずっと側にいる」と誓ってあげるクゥが良いですね。
編集の千絵とクゥの二人は担当作家サトウ先生の元へ向かうのですが彼女は熱があり締め切りにも間に合いそうもない状態。しかし諦めない彼女は打ち切りが決まった漫画だけどみんなに送り届ける責任がある、と無理を押して熱い気迫を持って執筆を続けるのですが・・・って次回最終回?「ニャン時ニャン分編集にゃん!」自体も打ち切りっぽいのですが!(汗)
正直最初はピンときてなかった作品なんですが、最後に作中の漫画家と同様、作者さんの底力を見た気がします。

4コマnanoエース6月号
・「蒲田魔女」(かずといずみ)
最終回。最後のお願いを言おうとした羽子。願い事を聞いてたくさんちゅーをもらおうと喜び勇む蒲田魔女ですが羽子さんが言うのをやめたのはなぜか…と思ったら蒲田魔女が酔っ払っていたからだったのでした。前回のお酒がまだ抜けてなかったんですね(笑)。
家に戻っていた父親の口から蒲田魔女は羽子さんが実は引っ越すことになるのを知るのでした。自分とちゅーもして夜家に侵入までしたのになぜ自分の元から離れていくのはなぜなのか迷う蒲田魔女ですが、端から見れば理由は明らかですね(笑)。
品川魔女は意外と冷静に受け止めている…と思ったらこれは九州まででも追いかけていく気満々だったんですね。蒲田魔女と同じく名前が地名なのに育った街を捨てることに全然抵抗ないようです(笑)。
一方蒲田魔女は、蒲田のあんなとこやこんなとこも案内したかった…と悩むものの、現れた羽子さんは案内してよ、と涼しい顔。実は父親にはついていかず、近くに自分だけ引越しするだけに決めていたんですね。
最初は蒲田魔女にも心を開いていなくて日々の生活も退屈だった自分がこんな風に彼女と一緒にいたい気持ちをもてたのは、彼女と一緒に暮らした日々が楽しかったからだと羽子さんは実感しつつ、物語は幕を引くのでした…。

・「ちょっとかわいいアイアンメイデン」(原作:深見真、漫画:α.アルフライラ)
合宿で一緒にお風呂♪碧生のおっぱいを間近で見ることができて興奮してる結月が良いですね。一方苺花は悠里先輩におっぱいや下のほうも洗ってもらうものの、興奮しすぎて途中で倒れてしまうのでした♪

ヤングガンガン
・「緋弾のアリア」(橘書画子)
麗は「いじめたい…」とすっかりあかりにお熱。お風呂でもちっちゃくて可愛いあかりの姿が頭から離れません。自作の人形まで作って、あかりと自分の人形を作ってあかり人形に「いじめられたい」「一緒にお風呂に入りたい」などと言わせて側には死んだ志乃人形まで置いてあるのが手が込んでる(笑)。良いヤンレズです(笑)。
しかし創作能力のない自分では妄想ストーリーも陳腐になってしまうことを嘆く麗。
エレベーターであかりと一緒になり、真っ赤になってキョドってるのがますます可愛い♪
その後思い余った麗は薔薇の花束をあかりに贈ることを思いつき、双子に届ける役を命じるのですが、言いようにこき使われて双子は不満…かと思いきやそんな麗が良いとこちらも重症(笑)。
そして部屋の前に届いていた薔薇の花束を見て妹から「モテるね」などと言われ困惑するあかりですが、その外ではポリバケツの中に潜んで赤外線カメラを装着してあかりにつく悪い虫を駆除せんと目を光らせる志乃の怪しげな姿が…(笑)。

まんがタイムファミリー6月号
・「フーフとよぶにわ」(赤井吟行)
朝から寝込んでるすみれ先生に抱きついてる呼。そんな呼をいさめつつも、お弁当を作ってあげる先生が良いですね。給食あるのに(笑)。
ガクラン姿で現れた呼が可愛いものの、学校でも雑用係のアラサーの自分が最近おっさんくさくなっていて、むしろ自分の方が男っぽいことに危機感を感じる先生ですが、呼はおっさんでも女でも先生のことが好きだよと言ってあげて相変わらずラブラブなのでした♪

・「ギュっとして! よねちゃん」(しめ子)
女子同士デートしてて良い感じ。

こしょねこチャーミングさん改め林家ギグ蔵さん…?のツイート情報よりw
まんがタイムスペシャル
杜草散乃さんの『妄想リリィ・ガーデン』 お話は、百合好きが高じて遂に女子校の教師にまでなった主人公(♀)。生徒でもある従姉妹に突っ込まれつつもときめきと妄想とがっかりのギャグコメディです。 感覚的には女主人公版百合男子に近いかな。主人公は女にもかかわらず自身は百合シチュエーションに絡めず外野から見守るばかり。 対して従姉妹の子の方はかっこよく女の子にモテている(でもフる) 百合名場面に遭遇しても最後にはそんなに甘くないのよというオチ

モーニングツー
・「彼女とカメラと彼女の季節」(月子)
コメディリリーフポジションに収まりそうな凛太郎が株を上つつも、ユキから距離をおこうとするあかり。 切なくもありかえって気持ちがひとつに定まりそうな期待も持てます。 2012年一番応援したい百合キャラはズバリ深山あかり!の意気込みで見守りたいです
あかりは私も2012年一番応援したいキャラだ!wただ私の場合は結構ユキも好きなところが違いますね。ユキが思わせぶりな行動をしてるのは、あえてあかりから距離を置くことであかりを魅了してる節もあると予想してるんですよね。あるいは凛太郎にもそうしているようにも見えますが。定点観測ということで誰にもそういう態度を取る習性があるのかも?しかし今月号からはそういう行動をあかりも同じようにあかりがユキに対してしているのが興味深いです。

●おーらんどーさんの紹介より。
まんがぱれっと7月号
祝!単行本第一巻発売な、あらたとしひら先生の「マジでカガク」では、みらいがまた世界征服には、それを邪魔する正義の味方が必要、などとわけわからんことを言いだした、と思ったら、ホントにいた(?!)というお話。
そして、その正体は、生徒会長さん(♀)で、彼女のバトルスーツを用意したのは、なにやらみらいと同族な匂いのする(笑)、まなぶ(♀)という知り合いらしく、また変な美少女コンビが増えましたとさ(チャンチャン)

初登場な高橋由先生の「オレンジぐんだん」は、蘭、春子、明良、ベア子(?)の女の子四人組が、ワチャワチャする四コマ(だと思います…)
で、いきなりお泊まり会で、ボケたり、ツッコんだり、と百合的にも楽しい作品になりそうで、期待大ですよ〜。

宙先生の「やさしい教師の躾けかた」。
今回は、長縄跳び大会に先生(!)も一緒に出場することになって、というお話なんですが、予想通り(笑)、先生が一番ダメダメで、歌和多は縄に馴れるためと称して「縄は友達作戦」(うわぁ)を決行するも失敗…。
しかし、クラスメイトの佐藤さんの提案で、先生に「ウサ耳」(!)を付けてもらうことで、見事跳べるように(おい)
さらに、先生はウサ耳以外でも、水着がいいとか、エプロン姿がいいとかという話になって団結するとか、実際の大会で先生の前と後ろの位置(!)で誰が跳ぶかを、くじ引きで決めるとか、クラス全体がいろいろ凄いノリになってしまうのが、先生クオリティですね(笑)

小杉光太郎先生の「普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。」では、自分たちのユニット名がいつの間にか「流川ガールズ」(まんま!)に決まったことを聞かされた奈々子が、ゆかりさんに確認しようとして、いつもの如く夫婦漫才状態(笑)になったり、屋上遊園地でミーティングという名のデート(!)になってしまうという流れが美味しいです(爆)
さらにその遊園地で、急遽ライブをやることなって、ノリノリで盛り上げてくれた着ぐるみの人の正体が、実はゆいさんだったというオチもナイスでしたよ〜。

びび先生の「追い風 らんっ♪じゃん♪すろー!」には、新キャラとして、ゆうなのクラスの委員長で野球部のエース、霞が登場。
彼女は、ゆうなのベストパートナー(!)を自称したり、フリーダムな美羽たちを目の敵にしたりと、いろいろ有望な百合キャラみたいで、今後も期待できそうですよ〜。

へーべー先生の「魔女とほうきと黒縁メガネ」では、日本の魔術に興味を持ったリアナが、乃梨子のわら人形を作って、自らビンタされる(!)というプレイが深いです(爆)
さらに、いつもどおりドタバタやっている最中に、乃梨子とみかんが以前埋めたタイムカプセル(別名「黒歴史」)が見つかって、その場はなにごともなく収まったのですが、タイムカプセルを埋めた時と現在の状況に、乃梨子は違和感を感じて…。
という、今回はなにやら伏線めいた、気になる引きになっていましたね。

ひざきりゅうた先生の「みちなる」は、カナエが飼っている猫のために、みちると一緒に首輪や猫缶を買いにいくお話。
自分の首に首輪を着けたみちるを、カナエと特殊なプレイ中(!)と勘違いしてしまう店員さんがナイスでした(笑)

桜みさき先生の「リトルバスターズ ばんどみっしょん♪」は、バンドメンバーも揃って、ようやく練習しようとしたものの、今度は部室が狭すぎるという問題が発生。
ファミレスで対策を考えるものの、いつもの如くいい考えも出なかったところに居合わせて、なんだかんだ言いながらアドバイスしてしまう、自称鈴のライバル佐々美がいい子ですね(笑)
リトバスは、百合的にヤローキャラが目ざわりなんですが、この作品は極たまにサブで登場するくらいで、終始女の子たちメインなのがいい感じなんですよね。

門井亜矢先生の「ひなたCafeへようこそ」では、松ちゃんたちが中間テストに向けて、勉強会を。
点数が良かったらチューしてほしいと杏におねだりするかすみとか、杏は杏で楓との百合妄想で鼻血を出したりとか、勉強を手伝えない菊ちゃんに心配かけまいと無理する松ちゃんとか、いつもどおりの百合百合な面々でございました(笑)

柚木涼太先生の「3年2組の呪い屋さん」では、ローザちゃんと恋人(!)になったと、勘違いしていたことが分かってしまった前田さん。
しかし、当のローザちゃんが学校をお休みしてしまっていて、結局前田さんはプリントを届けるためにローザちゃんの家に行くことに。
で、またまた、ローザちゃんを看病しながら、ローザちゃんの肌に噛みついて(!)しまったり、ローザちゃんとの赤ちゃん(!)を妄想してしまったりと、やっぱりズレた感じでラブラブな二人なのでした〜。

そして、次号には、久々に須田さぎり先生が読み切りで登場されるとのこと。これは嬉しいですね!!!

きららミラク7月号
今回も全体的に百合率が高くて、お買い得でしたよ〜。

小波ちま先生の「リリィ」では、なんだかんだ言いながら、リリィも久美たちとの生活を楽しむようになってきたみたいですが、新たな悪魔(!)の登場とシスターかりんへの審問と、なかなか平穏無事のままにはいかないようで…
あと、ちょっとヤンデレ化していた(苦笑)久美の姉の幸子と、シスターかりんへの審問のため訪れたドジっ娘新キャラ林檎の関係も、なかなかいい感じになっていきそうですか?

柊ゆたか先生の「Goog night! Angel」では、相変わらずゆりっぺたちの正体を突き止めようと、新聞部の滝田先輩がストーカーまがいのことをしているようで(笑)
そこにハゲワシからの新たな刺客も現れて、てんやわんやのどさくさに、なぜか滝田先輩のフラグも立ててしまうゆりっぺって…
あ、それから、この作品は7月にミラクから初めて単行本化されますね。たのしみです!!!

CUTEG先生の「スイート マジック シンドローム」は、またまたお菓子王国から家出少女が(苦笑)
ということなんですが、その正体は、ジンジャーが捜していて、キャラメルが街で出会った地味眼鏡っ娘ワッフルでしたとさ(眼鏡をはずすと美少女なのはお約束。で、早速ナンパするキャラメルも…)

タチ先生の「桜Trick」は、優たちが文化祭でやる白雪姫の配役を決めることに。
結局、美月会長もなし崩し的に参加することになったみたいですが、朗読劇だということを知らないため、キスシーンを思い浮かべてドキドキする会長が乙女ですね〜。
そして、春香と優は今回もラブラブっ。

川井マコト先生の「幸腹グラフィティ」。
今回は、オムライスのオンパレード!!!って、毎回「ダイエット?、それ美味しいの」という感じで作って食べまくる(笑)、リョウたちの腹ペコ仲良しっぷりがいい感じです。
それにしても、きりんは本気で大食いタレント目指せそうですね。

キタノユースケ先生の「わたしと姉は正反対」は、ゲスト初登場。
友達のりかと放課後待ち合わせしていたところ、謎の美少女がりかをを襲って(!)いるところを目撃してしまったなずな。
謎の美少女は、自らを「魔女」と名乗って、なずなからも魔力を吸い取ろうと、無理やりキス(!)した上に、他の子より強い魔力を持ったなずなに興味を持ち、なぜか、なずなのお姉さんになってしまい。
ということで、なずなと魔女と、さらにりかとの関係がどうなってゆくのか、楽しみですね。

モノリノ先生の「8’sエレジー」は、ゲスト2回目。
書いたポエムを他人に読まれるとその内容が実現してしまうという宿毛と、彼女の秘密を唯一知っていて、宿毛ラブな後輩優嫁のドタバタ百合も好調(?)です。
あと、何気に一人になると方言全開な宿毛(「やどげ」やない、「すくも」ゆうちゃるじゃろ(笑))が可愛いですね。

七葉なば先生の「となりの魔法少女」は、天然なあき、偏り過ぎなウサ、一番まともなけぇの三人組もすっかり仲良しな感じになってきていますね。
で、普段はけぇに対してぞんざいな(笑)扱いをしているウサが、けぇの本当の凄さを一番よく知っているというのもグッドでしたし、オチもほのぼので最高によかったですよ〜。

奄美あまゆ先生の「Lisa Step!」では、リサたちが女子会をすることになったのですが、自分たちは「女子」なのか?という話になって…
結局、千鶴を除いてアウトな人たちばかりという、ダメっぷりが却って可愛い(?)ですね(断言)

にき先生の「福33三色パンチ」は、美大一年生の女の子三人組のルームシェア生活を描いていますが、女子大生というと恋バナの一つも出そうなのに、全くそんな気配もないのがGJですね〜。
特に、バイト先でヤローに声を掛けられても、なびくそぶりもなく、コウやゆかりの心配をしている茜さんがナイスです!!!
で、どこへ行っても、女性陣に小動物並みに愛でられてしまうゆかり(笑)

ばんがいち7月号
ののるみあ先生の「ミント博士のモモ色研究室」では、ミントの大判写真やら、ぬいぐるみやらでいっぱいなストーカー部屋(笑)で、ミントの秘蔵ビデオを見ながらモモがひとりH(!)を。
そして、ミントが一番尊敬している前部長の正体がついに明らかになりましたが、なんと、そのツバキ先輩とは、モモのお姉さん(!)で、モモの部屋だと思っていた前述のストーカー部屋の主、その人だったという…。
さらに、ツバキ先輩は卒業したのではなく、海外実習のためアメリカに行っていただけみたいで、さらにシスコンの気もあるみたいで…。
ということで、ミント、モモ、ツバキの三人の関係は、ますますナンカイな(読者的には美味しい?)展開になりそうな雰囲気になってきて、今後に期待大ですよ!!!
と、言っていたら、「ミント博士」は次回が最終回って…。
今までのページ数だと、単行本化されるのは、望み薄ですね(ガッカリ)
ののるみあ先生の百合漫画が単行本にならないのは辛いですね…。
ぱれっともミラクも私は先月号すら読み終わってなかったり(笑)。なので早いレビューはありがたいです。
「マジでカガク」はまんが4コマぱれっとの中でも一番と言って良いくらい好きな作品でしたので、単行本は楽しみですね〜。後最近は柚木涼太先生の作品がぱれっとでも4コマなのエースでもすごい百合くてエロくて面白い展開なんで超期待しております。

「けいおん!」大学生編次回最終回!「かげきしょうじょ!」(斉木久美子)「シークレットガーデン」(さかな45)「いこてんよく!!」(川村拓)「まんがタウン」終了のお知らせなど

こしょねこチャーミングさんのツイート情報より。
ジャンプ改
・「かげきしょうじょ!」(斉木久美子)
新連載。過激な女同士の闘いの漫画ではなく(ある意味あってる?)、歌劇団の養成学校を舞台にした物語。 なんでも宝塚の養成学校は100期生を迎えたとか。 名前は違うけどまんまその感じです
このページにいる「さらさ」 女の子らしいタイプだけど長身なので男役になる? もうひとりのヒロイン「愛」こちらはAKBですねw 1話ではこの子の方が主人公ぽいです。 見た目はボーイッシュに見えるけど姫役?1話ではこのふたりが養成学校に入学する経緯と入学まで。 周りから浮いたりトップに立てなくなるジンクスをいきなり踏んでしまったりなど。 女の園ですが一応教師に男性もいます。 作者の方は少女漫画畑の人なので女の子もかわいいです。 惜しむらくは隔月連載なので次は間が空くこと。ちなみにわたしはヅカはわかりません;;
というわけで私もチェックしたので簡単なレビューを。

ジャンプ改6月号

・「かげきしょうじょ!」(斉木久美子)
かつてアイドルグループ(まんまAKB)に在籍していたもののネットの中傷で卒業せざるを得なかった過去から男が苦手だからと紅華歌劇団(まんま宝塚)の養成学校に入学した愛は、そこで桜の木の下で少女さらさに出会って、写真を撮ってくれないかと言われ…と第1話はガール・ミーツ・ガールな展開でした。
絵柄は時々藤生先生っぽかったりするんですが少女漫画テイストに溢れていてすごい好み♪
確かにどっちが男役になるのかどっちが女役になるのか気になりますね。
愛には幼馴染みで心を許せる男がいるし教師も男がやたら多いんでその辺は心配ですが、百合的にも良い展開になると良いなあ。

ヤングアニマル
・「ゆりキャン〜ゆりかのキャンパスライフ〜」(瀬口たかひろ 原田重光)
…という展開が続いたかと思ったら急に親父は自信を取り戻したからファーストレディーをコマしてくるなどと言って寮から出て行き、ホントにそのまま舞台から退場しちゃったっぽいですよ(笑)。
結局親父はセックスはおろかキスもせず、ただつかの間一緒にお酒を飲む程度しか女の子とお近づきにはなれませんでしたね(笑)
しかしゆりかは親父に負けた(?)ことに結構ショックで、「私からスケコマシを取ったら何が残ると言うの…」と落ち込んでいるんですが「私が残る」と言って励ましてあげる沙織が健気(笑)。
ヒヨコの性別鑑定くらいしか…となおも落ち込んでいるゆりかですが、メスのヒヨコしか寄ってこないから性別鑑定が出来るんですね(笑)。
そんな中、親父も去ってゆりかも落ち込んでいる今が巻き返しのチャンス!…と茜はこの機会に女の子をオトしまくろうと画策するのですが、(茜曰く)正妻の雪村さんに咎められてしまい、そのまま引き下がる…わけもなく雪村さんをまた自分のテクニックでエロエロにコマしてしまうのでした。(^^;
そしてさあコマそう…と女の子たちの元へ行くと、そこには自信喪失したゆりかが茜を始め女の子たちに素っ気無い態度で接するのですが、そんな気だるい雰囲気を携えたゆりかに茜も女の子たちもメロメロで、スケコマシ復活の兆し?(笑)
父親が当て馬になったゆりかが、本気で女の子をコマそうとする展開にいよいよなりそうですね(笑)。

WEBコミックハイ!
・「乙女ひすとりっく」(えむあ)
ヒロインには意中の男がいるようだけど女子同士胸揉んだり痺れた足を踏んであえがせたりする女子同士ネタが多い。

ドラゴンエイジ6月号
・「京アミ!」(ポルリン)
声優志願の女の子が、渡されたシナリオだけではエロシーンがよく分からないと言い出したためにサミは女の子を次々呼んで股間に手を這わせ乳首を直に摘んだりとやりたい放題(笑)。
最初は恥ずかしがっていたイオリンも、ライチがサミに攻められてる姿を見て興奮して鼻血を出してしまい、最後には自分も見てと声優少女におねだりしてしまうのでした♪

ところでドラゴンエイジとPUREが合併した際に消えてしまった椿あす先生の「バンソウコウの誘惑」、今になってみると結局ヒロインは吸血鬼だったのかどうか、すっごい気になってしょうがない…(笑)。

まんがタイムきらら6月号
かきふらい「けいおん!」
髪をじょっきんと切られてベリーショートにされてしまう夢を見て起きた唯の枕元に晶がちゃんといるのが良いですね。同じくベリショな晶がそんな姿にするようになったいきさつが語られ、唯は晶たちのことをより深く知ることが出来るのでした…。
…というところで最終ページの柱に次回最終回の文字が!
単行本がどうなるのかそろそろ情報が出てくる頃だし気になっていたんですよね。連載は1年くらいだったんで大学生編だけで1冊にまとまりそう?
そして高校生編はどうなるのか…なんかかきふらい先生もいろいろ大変そうですね…。

華々つぼみ「コドクの中のワタシ」
真由の身体を教科書にする先生も先生ですが、触手子ちゃんはそれを見てうっとり、超能力子ちゃんは真由のほくろがそんなところにあるのかと、しげしげ眺めてしまってエロい(笑)。

「シークレットガーデン」(さかな45)
ちょっぴり不気味な裏庭で、「出る」という噂の白い人影に出会ってしまった…!というガール・ミーツ・ガールなお話。相手に見惚れたり、ハプニングとはいえ体を重ねたり、一緒に庭でシートを敷いた上で寝たりしてすごい良い雰囲気。
カラーで扱いは良いとは言え、さかな45先生はまた前後編のゲストですか。連載になるかな〜…というか前回の「サマーデイズ」や「ミントシロップ」が単行本に収録されるのかどうかが気になる。

三嶋くろね「ものくろすとーむ!」
人気ネットアイドルのイヴこと乙いぶきが双子姉妹相手にラブラブなお話で、家では寝顔を堪能したりべったりしているもののあまりにシスコンなために学校では他の生徒相手に話をすることすら怖くて、教室が分かれてしまったことを悲しむものの、バレッタ少女が仲良くして抱きついてあげてなんとかやっていけるのでした。

筋肉☆太郎「スマイル・スタイル」
台風が来てあれこれ大変な百合ですが、先生は百合のめくれたスカートの中を撮影しようとしたり、部屋の中では下着をスーハースーハーしていたりして相変わらず変態です(笑)。

ざら「しかくいシカク」
相変わらず十子は女子のエッチな写真を撮りまくり。蔦子さんを過激にして、デジカメ持たせてヒロインにしたような作品ですね。

しかくいシカク 1(ざら)

単行本は5月26日に発売。今月はこれくらいしか目ぼしいきららの単行本もなさそうなんでやっぱり買おうかな。

電撃大王6月号
『リコとハルと温泉とイルカ』ヒジキ
寝起きのリコの背中をつつつとなぞる奈津美さんはいたずら好きだったんですね。海外で働く母親が活躍してるのに自分はモデルも休業中で地味な生活を送っていることにコンプレックスを持っていたリコにハルは「落ち込むことない」と励ましてリコも顔を赤らめて良い感じ♪

『さくらあらーと!』linco
お嬢様学校で繰り広げられる友情ストーリー?女子校で相手の事を「だーりん」と呼んでいちゃついたりするお話。

・「アクセル・ワールド/デュラル マギサ・ガーデン」作画:笹倉綾人 原案:川原 礫
目的の少女を上空から探し出し、トイレの個室にまで入ってきて部活に誘うちあきが大胆ですね(笑)。

・「紫色のクオリア」(うえお久光原作、綱島志朗)
1巻の後ジャングルジムで体を作られた七美とも話すようになった学。その時はまだ毬井ゆかりへの恨みを忘れられない様子の七美ですが、大人になって再会した際は学に気さくに話しかけてきて二次会に行く代わりに一緒に家に行ってお泊りもすることになって、ゆかりのことも悪く思っている様子もないのですが、昔は「まりぃ」だった呼び方すら忘れている彼女は嫌なことは全部忘れてしまっているようですね。


コンプエース6月号


・ウルは空色魔女 あさのますみ/椎名優/綾見ちは・云熊まく
ちさとと離れたくないというウルが良いですね。

・ストライクウィッチーズ 片翼の魔女たち 島田フミカネ&Projekt Kagonish/しのづかあつと
あがりを迎えつつあって魔力が足りず、観念したウィルマの元へ助けに来たフランが、胸に飛び込んでくるのが良いですね。その後は恥ずかしがりながらも自らウィルマと一緒にお風呂に入って語り合うのでした。この辺のお風呂シーンも単行本では規制解除があることは確実かと思われます(笑)。

・いつか天魔を斬る魔女 鏡貴也/榎宮祐/江戸屋ぽち
死闘が終わり、つかの間の休息を取る女子達ですが、それぞれ使い魔少女と同衾して寝てるのが良いですね。千夜は起きようとしてもノギに布団になってとまた寝床に引き込まれぎゅっと抱きしめられてしまいますが、「あと5分だけね…」と優しそうな微笑を浮かべながらノギをぎゅっと抱きしめてあげるのでした…。
この辺はあらすじ説明しただけじゃ伝わらないけど、江戸屋ぽち先生の描く描写がめちゃくちゃ百合っぽいんですよ!

・すぴぱら 乙女の放課後観測 御影獏
影が薄いアリスの設定を考えてあげる女子達が良いですね…厨二病だのなんだの言いたい放題ですが(笑)。

・「レンズドロップス」(貴島煉瓦)
カメラを持つ女の子が不思議な力を持っているお話。注目を浴びていた真琴の大きな胸を二回もツンツンしてる桃が美味しい(笑)。

・「クイーンズブレイド リベリオン〜青嵐の姫騎士〜」ホビージャパン/南崎いく
アンネロッテの鳥はターニャンとサイニャンという少女が捕まえて…と思ったらこれは2人のよもぎもちに鳥がフ○を落としてきたというクレームだったのでした。甘いものを与えて一時懐柔してしまうアンネロッテが女の子の気持ちを良く分かってる(笑)。しかしせっかくターニャンが作ってくれたよもぎもちを…と結局バトル。しかしそれも治まり焼き魚を与えることで溝も埋まり、サイニャンは思わずアンネロッテの胸に顔を埋めてしまうのでした。
一方村人が殺しまくっているのは以前エリナに捕まってその後ユーミルに渡された町娘ミリムっぽくて…?

・教壇のクロア 井上敏樹/かのえゆうし
男装したクロアがお姫様に押し倒されてしまう展開が。

チャンピオンRED6月号
・「百合探偵ユリアンズ」(原作/キムラノボル 漫画/廣瀬周)
下着泥棒が発生したことで騒ぎになる女子寮ですが、ものめずらしさにパンツを持って現れた百合はさっそく犯人扱いされてしまうもののこれは誤解。
真犯人を捕まえるために力の封印を解くため杏子とセックスする百合。今回はベランダに出て、誰か寮の女の子に見られてしまうかもしれないというシチュエーションでエッチしてあげる百合に、杏子も興奮して気持ちよくイってしまうのでした♪

・「まおゆう魔王勇者〜丘の向こうへ〜」(原作/橙乃ままれ 漫画/峠比呂 キャラクター原案/水玉蛍之丞・toi8)
お姫様が女の子の胸が大きい事に気づき、脱がせて揉みまくる展開がねちっこくてさすが峠比呂先生という感じ(笑)。

ジャンプSQ
・「いこてんよく!!」(川村拓)
なんでも透視できる能力を持った眼帯ヒロインが出会って、邪な気持ち満々で覗いた相手の女の子ゆみの服の下はなぜかスク水ニーソで、それはなぜかなのかというと相手はスク水ニーソを着ていれば無敵だからだったのでした。
その後自分の趣味もあってゆみが体操服にブルマだったらどうかと提案したところゆみはあっさり了承。そしてその姿を覗いたヒロインはゆみの裸を見ることが出来、満足してしまうのでした。
新人さんということで連載が続くかどうか分からないですが、百合度もあってお色気ネタも面白いんで続いてほしいですね。

なかよし6月号
・「さばげぶっ!」(松本ひで吉)
美煌から野外活動と聞いて喜ぶのもつかの間、精神修行のためだと寺に行く、しかもそれが明らかに一休さんにハマっただけの理由で行かされるのだと知りがっかりするサバゲ部の面々。座禅を組んでいざ修行となるのですが、隣に座ったモモカにハァハァして早速警策で打たれてしまううららに笑った(笑)。
その後足が痺れたりしてモモカたちも脱落するものの、ひとり警策に打たれることもなく精神統一を続ける美煌が格好良いと、がばちょと抱きつくモモカが良いですね(笑)。

AKB0048はなにやら男キャラが出てきてしまっていてちょっと危ない?まだ恋愛には発展してないというか禁止ということですが…。

ヤングアニマル
・「ゆりキャン〜ゆりかのキャンパスライフ〜」(瀬口たかひろ 原田重光)
借金取りに追われる身なため女子寮に潜り込んできた親父は金持ちのお嬢様だらけのこの学園でかつて鳴らしたスケコマシのテクを駆使して女子大生をオトして食いつなごうとすることになるものの、何をするのかと思えば大の大人が頭をさげてお願いして同情を誘うという情けないもの(笑)。
そんな恥さらしなことはさせないと対抗して女の子をオトそうとしたゆりかも「無様すぎる…」と唖然としてしまいます。
とりあえず一緒にお酒を飲むことには成功したものの今のところ特にそれくらいしか進展してないです。セックスはおろかキスもしてないですね。
しかし身内の恥をこれ以上見せたくないゆりかが、これから女の子を本気でオトしにいく展開が予想されますね(笑)。

まんがくらぶオリジナル6月号
・「のぶながちゃん公記」(くりきまる)
帰ってきた信長の母は息子を溺愛してる人なので影武者の信長ちゃんが女なのにも気付かず求愛してきて、許婚の帰蝶さまと信長ちゃんの取り合いに。

つぼみWebコミック
・「総合タワーリシチ」(あらた伊里)
また都と一緒に寝てるバベルと都。「みゃあ」「ちーちゃん」と呼び合うような仲だったんですね。いつもと様子が違うのも敏感に察して、おろおろして心配してパンツの色まで教えて(笑)ホントにバベルのことを大切に思ってる。

・「トラにツバサ」(モロやん)
山下さんにベストを作ってきてあげて、虎嶋さんはラブラブですね。教室で裸になる山下さんをガン見、そしてブラをつけてあげて、教室にやってきた女子に見つからないよう狭いロッカーの中で2人で密着♪ドキドキイベントですね♪

・「少女サテライト」はみ
いつもの女子たちが、地球に戻って街を歩いてるのが新鮮だ(笑)。レグルスは幼女にナンパされて楽しかったようですね(笑)。

・「銭湯ハワイ」(かずといずみ)
かすみはまた番台の美少女清に会いたくて銭湯にいったところ、今度は清が番台ではなく同じ湯船の中にいてびっくり。かすみがのぼせていることに気がつかなかったこと謝る清は謝るためにわざわざ湯船の中で待っていてくれたんですね。そんな彼女と会話が出来て嬉しいかすみですが、急に立ち上がった清の裸を間近で見てしまってまたのぼせてしまったようですが、お互いの裸を見ることが出来て対等な関係になりましたね(笑)。

こしょねこチャーミングさんのツイート情報より。
ヤングガンガン
・「緋弾のアリアAA」(橘書画子)
今回の『緋弾のアリアAA』は、奥手のくせにあかりとのスキンシップは過多なライカに嫉妬した麒麟が、戦姉妹契約の時みたくバトルではなく麒麟の得意な色仕掛けでハニートラップをかけます!

まんがタウン6月号
・「蝶のように花のように!」(柳瀬ルカ)
急に一希が海外に行く話が出て、ブロンド美人と良い仲になろうとしてるのだろうと早計して怒って問い詰めに行く美喜子と一緒に嘘だろうと思いつつ一希に聞く彩香ですがそれは満更嘘でもないらしい。ホントに行く気らしい一希に「どうして私に言ってくれなかったの!?」と問い詰める綾香はようやく一希への自分の気持ちに気付いてきたようですが…。
って次回最終回!?こんなとこで終わったら2巻出ないじゃん!
ああ岩崎つばさ先生の「みねちゃんぷるー」に続いてこの作品も同じ道を辿るのか。まんがタウンまじ終わった…。

恋文の行方(福島久美子)、蜜味ダーリン(羽田伊吹)、OとKのあいだ(平尾アウリ)

Fellows! 2012-APRIL volume 22
・「恋文の行方」(福島久美子)
女の子からラブレターをもらって、最初は戸惑うものの徐々に嬉しくなってくる咲。しかしそのラブレターの中身には兄に渡してくれと書いてあってがっかり。しかし兄に託された内容とは、咲を呼び出してくれというもので、兄に言われ彼女に会いにいった咲は嬉しいと抱きしめられ、自分も嬉しく思い、恋をしていると気付くのでした。


コミックキューガール No.1

小石川ふに「だってキュンキュンしちゃうんだもん! 」
女子相手に胸を揉んできたりする少女がエッチなこと考えてる?どんな?…と聞いてきて赤くなる相手の子にキスしちゃうお話。

ガビョ布「白くて三角でリボンのついた…☆」
女子のパンツの泥棒は女の子で、その子のパンツを捕まえた子まで奪ってしまうお話。

いちば仔牛「おんえあ! 」
女子友達がいない女の子を放送部に無理やり入れてあげるお話。

上記作品は全部新連載ということで期待したんですが…よもや創刊1号にして即休刊とは(汗)。小石川ふに先生の作品とか良かったんだけどなあ!
もう品切れですがamazon今見たら青年部門で1位だったし、売れてるんじゃないの?2号目も出せばええやん。


Cookie (クッキー) 6月号

・「あいがある―I girl―」(なかはらももた)
彼氏いない歴26年の地味OL真生(まき)が、ちゃらんぽらんな双子の弟実生になりすまし、女子高のイケメン教師を演じる様を描く学園コメディ。
元々弟はモテていたため、登校初日の出席取るところから女生徒30人に「愛しています」と告白されてしまう真生ですが、女子に顔を赤らめつつそんな風に言われすっかり悩殺されてしまってるのが良いですね。

いきなり雛という女生徒にキスされ困惑するヒロインですが、今度はビッチと呼ばれていて自分もそれを演じてる女生徒メリサに接することに。
外ではビッチを演じていた女生徒ですが実は男の匂いが嫌いでセックスもしたことがない純朴な少女だった事を知り、今度自分とエッチをしようと迫ったところ、匂いが臭くないと気付いた女生徒はその気充分になってその場で「抱いて!」と言ってキスをして…。

メインの男キャラが弟くらいしかおらず回りは女子ばっかりで女子同士キスもしまくり!純愛になるかどうかはともかくこの作品はかなり期待出来ますよ♪なかはらももた先生の百合漫画も久しぶりに読めて嬉しい♪

この作品はgarbagememoさんのところで知りました。クッキー自体は立ち読みしてたんですが、片方が完全に男装してると気付かないんですよね。garbagememoさんありがとうございました〜♪

・『こっちにおいでよ。』(Maria)
芳彩という男に心を許そうとした明日美に親友の女の子真尋は激怒。
男と何かあったのかと疑う明日美ですが…いや〜絶対これは明日美に惚れてるからだと思うぞ!(笑)

こっちにおいでよ。1Maria

発売中の1巻には明日美と真尋のキスシーンも収録!百合展開確定じゃないんで紹介出来てませんが興味がある方は是非読んでみてください♪

まんがタイムきららキャラット6月号
パルプピロシ「ぷらいまりィずむ!」
小学5年生のヒロインで班長のニコを含む小学生女児同士が集団登校をするお話。意中の女の子の風にめくれて見えてしまったぱんつを見て鼻血を吹くガチ百合キャラもいますね。集団登校の班は男女別ということでお話は女児ばかり登場してるんですが、下着の話や胸のサイズの話などしてるのが女子同士らしいですね。

都桜和「さくらティーブレイク!」
ゲスト…というか多分新連載。失敗多発のヒロインの高校一年生さくらが部活を次々と追い出された挙句幼馴染みと一緒に辿りついたのは茶道部っぽいところで…というお話。

黒田bb「Aチャンネル」
ユー子の胸が大きいのはトオルにいつも揉まれているからだと推測したトオルとナギは自分の他人に胸も揉まれれば大きくなるから2人で揉み合えば…とお互い思ったことは一緒だったのですがさすがに行動には移せないやりとりが楽しい(笑)。
るんちゃんが大きくなり始めたばかりの自分の胸を面白がって揉んでるのをみて、そんなことしたらダメだと諭すトオルは母親のよう(笑)。

平つくね「ラッキー・ブレイク」
神社のお祭りにちゃこと一緒に行く陸は、一緒にアダルトな経験をしようと誘うのですが、それに対してちゃこが意識しまくりなのがすごい!
しかしプレゼンで陸に負けたことが気にかかっていたちゃこは、自分も高い空を目指さなければと決意し、その日から会社から姿を消してしまうのでした…。

真田一輝「インプロ!」
ついに始まった文化祭公演、舞台は無難にこなすものの客足はまばら。これではいかんと危機感を覚えた演劇部は急遽CDで流すだけだったシーンを自分たちで演奏することに切り替え、軽音部の舞台が始まってもいないのに体育館でなにやらすごい音がしていると気付いた生徒達が集まってきて舞台は盛況に終了するのでした。
初対面で指を咥えたのがフツーだと言い張るヒロイン優希に、帷はフツーならと意地を張りつつ優希の唇にキス!
先生たちも昔いきなり唇同士でキスをしたと思い出を語ってるのも良いですね…というかすごい(笑)。

●おーらんどーさんの紹介より。
コンプエース6月号
しのづかあつと先生の「片翼の魔女たち」では、シールドが張れない状態のウィルマの危機に、憧れのシャーリーのような加速ができないことに不甲斐無さを覚えながらも、魔法力を必死で振り絞りながら、全力で駆けつけようとするフランが熱いです!!!
そして、危機一髪で間に合い想いの丈を吐きだすフランと、そんなフランを受け止めるウィルマがとてもいい感じなんですよ〜(これって、フラグが立ったってことですよね!(笑))
さらに、これまでどこか諦めた雰囲気を漂わせ、独断専行ばかりだったラウラが、仲間のために怒りを露わにしてネウロイと対峙したことも見逃せませんね。
もちろん、アメリーや角丸隊長もウィルマのことを本当に心配していて、こう言ってはなんですが、雨降って地固まるといった感じで、ワイト島分遣隊もようやくチームとしての一体感が生まれて、すごくよかったと思いました。

江戸屋ぽち先生の「いつか天魔を斬る魔女」は、前回までのダーク&ヘヴィ展開とは打って変わって(苦笑)、リーネたち魔女っ娘とペルティたち悪魔っ娘の微笑ましい(?)朝の光景を描いていました。
頑張り屋のリーネとグダグダなペルティ、意外と寝起き最悪な千夜としっかりもののノギ、お互いのんびり屋の似たもの同士なクララとユキといった、個性的な百合カプ揃いで美味しいですね。
あと、何気にリーネが今までぼっちで、食事も一人でしかしてこなかったのが、今回はクララたちと一緒に朝食が食べられて嬉しく思っているのもいいですよね。
彼女たちの笑顔が、これからも続いてゆくことを祈りたいものです…

華々つぼみ先生の「放課後アトリエといろ」。
今回は、四コマではなく、ストーリーものです(といっても、大した展開がある訳ではないのですが(笑))
で、テレビでの心霊特集の話から、裏ビ部員が怪談をする流れになって、最初はナンチャッテだったのが、最後の香の話で…(ゾ〜ッ)

貴島煉瓦先生の「レンズドロップス」では、前回発生した真琴の不思議な力は本当だったのか、今回いろいろと分かってきたみたいですね。
そして、頑張り屋でキョニュー(!)な真琴、セクハラ元気娘な桃、クールな菜月と女の子三人組が、なんだかんだ言いながら仲良しな雰囲気がいい感じになってきましたね。

南崎いく先生の「クイーンズブレイド リベリオン」では、前回ラストに登場したチャイナ美少女コンビのターニャンとサイニャンが、とんだハプニング(笑)によってアンネロッテたちと邂逅。
まあ、紆余曲折はありましたが、お互い誤解も解けて、めでたしめでたし、なんですが、一方ユーミルはまたまた良からぬことを企んでいるようで…。
少年漫画な拳で語り合うという王道な展開を、肉感的な美少女同士でやるのが南崎先生らしくって、なんかいいですね(爆)

ペンギンクラブ6月号
あさぎ龍の「乙女たちは天上の庭に咲く。」は、ついに最終話。
文化祭での劇、「コッペリア」も成功裏に終了したみたいですが、その時、心晴と樹がディープキス(!!!)したというハプニング(確信犯?)があって…、という後日譚になっていました。
もう、なし崩し的に全校生公認の仲(!)になってしまった心晴と樹、特に樹はもう心晴へのわだかまりもなくなって、イチャラブH全開になっているのが微笑ましいですね。
あと、紗羅も何気に紅花先生とよろしくやっているようで、何よりですね。
遠からず、この作品も単行本としてまとめられるはずですから、その時を期待して待ちたいと思います。

娘タイプ6月号
にんげん先生の「ストライクウィッチーズ零 第弐章」で、一足先に欧州に派遣された美緒や徹子に追いつくため、武勇で友に劣るなら、智勇でもって友を乗り越えればいい、との北郷先生のアドバイスに従って、江田島の海軍兵学校に進むことを決意した醇子。
猛勉強の甲斐あって、見事主席で合格し、決意を新たにする醇子ですが、彼女が海軍重鎮の孫娘であり、「軍神」北郷先生と親しいことはすでに同期の間にも知れ渡っていて…。
ということで、今後、思わぬやっかみなどに合う可能性もあり、醇子が順調な兵学校生活が送れるのか、ちょっと心配な反面、美緒や徹子のような新たな友達に出会えることも期待したいものですね。
紹介ありがとうございました〜。雑誌レビューはひとりでやってると大変なんでフォローはほんとに助かります!

comicスピカNo.6
・「OとKのあいだ」(平尾アウリ)
「私ね、アイドルになりたい」従姉の五月に言ったのは、はるか昔。柚葉は今、メイドカフェで働いているが……? ある日、ある場所での出来事を、美麗に描き出す青春リリカル・オムニバス。
アイドルになりたい夢を持っていた柚葉ですが、現実にはメイド喫茶でキモイ男相手に媚びへつらわなければいけないしがない身分。従姉妹の五月に柚葉は可愛いからアイドルになれる、と言ってもらってアイドルになりたかった夢を思い出すのでした。
平尾アウリ先生の作品は話がきちんとしていても面白いし、きちんとしてなくても面白いですね。こういうのはすごい才能だと思う。この作品はきちんとしてるんですが(笑)。

・「蜜味ダーリン」(羽田伊吹)
世那とその義父・樫井の間には、一体何があったのか……? すべてが明らかになる時、唯香の心は――!? 背徳かつ禁断の極上ラブストーリー、甘くてほろ苦い感動のラストソング!!
最終回。ピンチの義父を助けに行った世那は義父と関係を持ってしまった過去があるのではないかという疑惑が持ち上がり、心配する唯香。練炭自殺をしようとしていた義父をなんとか助け出した世那は唯香の元に帰ってきますが、問いただす唯香に「唯香を傷つけるから言えない」と返事が出来ず、そのまま2人は会うことをやめてしまうのでした。
唯香は涙ながらも、世那と義父との件についても教えて親身にしてくれた幼馴染みの男実弦と付き合おうと考えるのですがしばらく経った後、バンドをしていた世那がメジャーデビューをしたと聞き、義父も妻とのヨリが戻ったと知り、ライブで世那と再会。自分に手を伸ばしてくれる世那に、傷ついてもいいから自分は世那と一緒にいようと思うのでした。
途中どう見てもこれへテロエンドじゃね?って展開になったんでめっちゃはらはらした!でも百合エンドだった!うおおおめっちゃ嬉しい!
百合エンドかどうか分からない一般誌で作品をチェックして、百合エンドだった時の感動は格別ですね〜。

・「そらいろのカニ」(ふみふみこ)
性別のない2人が愛し合うお話。百合じゃないんだけどこういうお話は百合好き的にも考えさせられる機会になりますね。


スーパーダッシュ&ゴー! 2012年 06月号


・「ニーナとうさぎと魔法の戦車」(兎月竜之介 薮口黒子)
今月は表紙&巻頭カラー!
作戦会議の最中もピジョンズにからかわれるつつ可愛がってもらうニーナ。
ニーナが後ろからモニカに抱きしめられ合体技について話してもらう際、ピジョンズが合体と言うと妖しいと話したりするのはオリジナル展開ですね。

・「1月のプリュヴィオーズ」(星屑七号)
文はさーちゃんと幼い頃仲良しだったものの、引越しで離れ離れになってしまったのですが冴子と再会することができて大喜び。冴子の胸が昔の大きさと違うと揉んで確かめて、嫉妬してますが良かったですね。


まんがタイムきららフォワード6月号

橘あゆん「私が彼女で彼女が私で」
持ってる服が自分の趣味と違って困ったり、家族から見張られすぎてたり、容姿が可愛すぎてキャッチセールスにあいまくりで戸惑ったり、体が入れ替わった2人はなにかと違和感を感じるものの、デートをして一緒にプリクラを撮ったり、意外にゲームが上手く出来るあおいに抱きついたり良い雰囲気ですね。外から見ることで、自分の家族の優しさも知るようになったようです。

ムラ黒江「Zwart Closet」
しまった前回までの話を忘れてしまって展開がよくわからなくなってしまった。(^^;なんかバトルやっててやっぱり男は出てこないようですが…。

「ハナレビの楽園」(水本正)は友情百合なエンドでした。「私がヒロインじゃない理由」(鴻巣覚)も百合要素多い。5月12日にそれぞれ単行本が出ますので興味のある方は是非〜。

ヤングアニマル
・「ゆりキャン〜ゆりかのキャンパスライフ〜」(瀬口たかひろ 原田重光)
扉のあおりで「2012年、この百合がスゴイ!」なんてアオリがついてるところで吹いてしまう(笑)。
久しぶりに戻ってきた父親と話がしたいゆりかですが、債権者会議で女の子たちに詰め寄られていて逃げることもできないのでした。その後も食いつなぐためコマシ続けるゆりかですが、トリプルブッキングしてしまい3人の女の子の相手を同時にしなきゃいけない状況はさすがに辛い(笑)。そこへ助けてやろうと現れたのはゆりかの父親。
かつてのスケコマシ術を駆使して女子寮で食いつなごうとするものの、時代が違いすぎるせいか思いっきり滑って女の子に全然相手にされてないのが笑える(笑)。しかしあまりにひどい扱いをされてるのに同情してくれたゆりかの取り巻きの1人はお酒だけは一緒に飲んであげると言ってあげて…?
父親のスケコマシ術は果たしてまだ効力があるんでしょうか?いや〜全然なくなってるようにも見えますよ(笑)。


ジャンプSQ.19 (エスキューイチキュー) Vol.01 2012年 05月号

・「Gエディション(ジーまるえでぃしょん)」(河下水希)
G丸に続いて未来から新たにやってきたのは「ペンタブ」と言う名前の女の子。彼女はG丸のことが好きだったから追いかけてきたのですが、そこで未来に行くために身体を売ってしまって情けない姿になってるG丸を見て愕然とします。悪いのはあるとのせいだとあるとと対決するペンタブですが、あるとはG丸に渡されたアイテムを使ってエロい姿のペンタブを映し出し、撃退に成功……したかと思ったら元々はお堅い娘だったペンタブはエロに目覚めて、エロ漫画を描くあるとのファンになってしまうのでした(笑)。

フーフとよぶにわ(赤井吟行)、ひよっこのーと(陽菜子)レンズドロップス(貴島煉瓦)惑い星と花(野広実由)

まんがタイムファミリー6月号
ちゃいさんから頂いた情報より。
・「フーフとよぶにわ」(赤井吟行)
中1の女子呼が美術教師のすみれに猛烈に求愛しているお話。三者面談で結婚もしてないのに先生なんてなどと保護者から批判されてしまっているすーちゃんのため、呼はじゃあ結婚してあげる、と自分が申し出ることに。
熱烈に求婚はしたものの、「結婚」という意味が分からなくてPCで検索しようと思っても、「けっこん」の「っ」をキーボードで打つ方法がわからなくて先生に手伝ってもらったりして、世の中のことが全然分かってない感じなのが可愛い(笑)。
女性同士で結婚出来ない事も初めて知って、じゃあ男になるといきなり髪をその場ではさみでジョキンと切ってしまう思い切りだけはよすぎる呼に、先生も心配してその後髪をちゃんと切ってあげ、デートにも連れて行ってあげることに。
デート先の美術館では入館する時ナチュラルに「大人1枚子供1枚」になってるのがなんか微笑ましい(笑)。
美術館では、実は自分の夢は教師になることではなく絵描きになることだったと、破れた夢についてしんみり語るすーちゃんですが、そんな話は全然理解できず、ただ美術館なのでヒソヒソ話をするために顔を近づけることができることだけ嬉しがってる呼がほんと純真です(笑)。
帰り道、ちょっとだけ先回りして先生の家に入って、ただいまを言ってあげる呼にすみれもきゅんときてしまい、ついにほだされてしまった?良い感じで締めていました♪
とっても可愛くて百合百合してて素敵な漫画でした!今回はゲスト作品ということですが、是非連載化して欲しいですね〜。ゲストとは言え掲載順位は前から3番目で、編集者さんも期待していることがうかがえるから、それはそんなに難しい話ではないかも!
ちゃいさん情報ありがとうございました〜(´▽`)ノ。

●おーらんどーさんの紹介より。
まんがぱれっと6月号
宙先生の「やさしい教師の躾けかた」では、合唱大会の練習で、生徒に見本を見せようとして全然声が出なかった先生…。
で、今回は双子たちを差し置いて(笑)、練習と称してカラオケデート(!)に誘うお嬢が抜け目ないですね(カラオケでの二人の遣り取りが、何気にエロいのもいつもの仕様です(笑))

門井亜矢先生の「ひなたCafeへようこそ」は、クラス替え&お花見!。
で、かすみは、杏と同じクラスになるためにあらゆる手段(一部邪な)を使ったり、お花見で杏のジュースにお酒を混ぜて押し倒そう(!)としたりと、相変わらず杏ラブ一直線でいいですね〜(笑)
松ちゃんと菊ちゃんもそろそろ違うクラスがいいなんて言いながら、やっぱり同じクラスになって、まんざらじゃないところもいいですよね(結局、杏もかすみも胡桃も同じクラスでめでたし、めでたし(ついでに、山吹先生も(笑)))

荒井チェリー先生の「未確認で進行形」では、憧れの紅緒様にいつもちょっかい掛けられている真白に嫉妬した末、喧嘩してしまったこのはが、真白たちと同じ人外(!)だとバレてしまって…。
ということで、真白と喧嘩したことを紅緒様につげ口されるのではと、ワタワタするこのはとか、このはが人外だと真白から聞いた小紅が、そのことを秘密しようとして紅緒が凹んだりと、相変わらず女の子たちが賑やかでいいですね。

初単行本も好評(?!)なへーべー先生の「魔女とほうきと黒縁メガネ」。
あまりに不埒な(笑)シェスカへのツッコミが過激過ぎると、暴力禁止となった乃梨子でしたが、だんだんストレスがたまってきて、ついにはリアナが尊い犠牲(?)になって、めでたし、めでたし(ん?)
いや〜、やっぱりへーべー先生はおもしろいなー(棒)

ひざきりゅうた先生の「みちなる」は、超能力おバカなみちるとツッコミ常識人カナが、マラソン大会に備えて練習を。
なんですが、いつものごとく、グダグダながらみちるに付き合ってあげるカナがいい子ですね。
そして、特訓の甲斐あって、マラソン大会当日は…(笑)
で、この作品、ずっとみちるとカナだけのコントで通しているのが、地味に(?)凄いんですよね。要注目です。

柚木涼太先生の「3年2組の呪い屋さん」では、前田さんとローザちゃんがいろいろ誤解したまま(笑)、山での修行に突入です!!!
さらに、修行中にいろいろエロい(笑)誤解を重ねていったところで、結局お互い勘違いしていたと分かってしまって…。二人の仲は進展(!)するのでしょうか(爆)

小杉光太郎先生の「普通の女子高生が【ろこどる】やってみた。」では、新キャラとして、ご当地ゆるキャラの中の人な(?)ゆいさんが登場。
声優を目指しながら、バイトで着ぐるみやっているというゆいさんですが、何気にナイスバディだったり、実は奈々子の学校の先輩にも関わらず、奈々子に芸能界では後輩だとして懐いたり、それにゆかりさんが嫉妬(?)したりと、なかなか百合的にいい雰囲気でした〜。

びび先生の「追い風 らん♪じゃん♪すろー!」は、相変わらずゆる〜い陸上部の面々がいい感じです。
舞は美羽ラブですし、美羽は天然攻めですし、で疲労回復に女の子同士で膝枕(!)とか、いろいろナイスですよ〜。

ところで、「ぱれっと」って、きらら系と比べると、百合での小○生度が高いように感じるのですが、気のせいでしょうか(爆)
私も後ほどレビューする予定です。マイナー雑誌ではあるんですがぱれっとはきらら系とは毛色が違って、結構面白いんですよね〜。

モーニングツー6月号
・「彼女とカメラと彼女の季節」(月子)
球場から逃げ去ってしまうあかりは、涙まで流してしまいますが、その後現れたのは凛太郎。あかりがすりむいているのを見て心配して公園で手当てをしてあげる彼は本当にあかりのことが好きなんですね。しかしそんなことはあかりにとってはどうでもよく(笑)「この男に負けたのか…」とあかりは悔しい気持ちでいっぱいに。
しかし凛太郎の話を聞くと、握られていたあかりの手をユキが離して写真を撮っていた時、凛太郎は点差をつけられていた試合でタイムリーを打って、チームのピンチを救う大活躍していて、高校生活の中でも最も輝いていた瞬間だったんですね。しかし結局試合には負けてしまってもう試合もないと落胆している凛太郎を見て、ユキとの関係がどうせもうダメならいっそのことユキが撮れない凛太郎の姿をこれから撮ってやろうと、あかりは凛太郎と付き合っても良いと言ってしまうのでした…。
あかりは凛太郎に対して恋心などまるで持っていないので悲しい結末になることしか予想できませんが果たしてその時3人はどうなるのか…。男と付き合うようになったあかりを見てユキがどういう反応をするのか気になりますね。
あかりは気が動転してて気付いてないですが、高校野球で点差をつけられている時にタイムリーヒットを打つというのは選手にとっては本当に輝いている大事な瞬間なので、シャッターを切ったユキの気持ちは分かりますね。ユキがあかりのことを好きだという可能性もやはり全然消えていないです。
これからのあかりとユキの姿からも目が離せませんね。

ウルトラジャンプ6月号
・「はやて×ブレード」(林家志弦)
格下になった桃香の練習にも付き合ってあげる黒鉄サンが慈悲深いっすね(笑)。しかしそんな桃香が意外に鋭い観察眼で練習しているのを知り、焦ったはやては綾那の元に駆け寄り、はやくまぐわららないと!とよく分からないことを言い出しとりあえず綾那とセックス…じゃなかった連携を深めようとします。
一方じゅんじゅんは確かに早くしないと桃香に待てなくなった犬神さんが他の女の子といけないことをしてしまうのではと心配。
しかしそんなじゅんじゅんは夕歩が食堂で昼ごはんのトレイを持っているのを見て、すかさず自分が持ってあげようと申し出たりして相変わらず夕歩のことを気遣っているのでした。
一方その頃、怪しげな男の命令により送り込まれ、星取りに参加しようとしている女の子数人の姿が…。


まんがタイムきららキャラット5月号

平つくね「ラッキー・ブレイク」
実は陸が書いてちゃこ作のものとして出すことになったデザイン画を取引先に見せたところ好印象。コンペにかける他社の絵がちゃこの絵と似ていると取引先の人に言われ気になる2人ですが、それは以前社内不倫したあげくデータを盗んで退社した兵頭さんのものだったのでした。盗まれたデータの絵を描いたのはちゃこ。
しかし結局コンペにはちゃこたちの会社のものが採用され、それは良かったのですが、ちゃこは自分の絵が陸に実力で負けたことにショックを受けてしまうのでした。

ハトポポコ「平成生まれ」
今からコップになると言い出した原田さんは牛乳を口に含み、仰向けになって中川さんにさあ飲んで、と勧め、ドキドキしながら顔を近づけつつも、キスは出来るけどこの角度じゃ飲めないよーと諦めた中川さん。しかしそんな彼女に原田さんはストローを差し出し……ゴクリと唾を飲む中川さんほんとにそれで飲んじゃったらしい。濃い百合プレイ!(笑)
佐藤さんは四村さんの言いなりで服を脱げばと言われて本当に服を脱いでしまって、四村さんはセクハラ犯にされてしまうことに(笑)。

gum「わたしのおねえちゃん」
ゲスト2回目。絵がちょい弱いというか私好みじゃないのが惜しいんですが、小さいお姉ちゃんに妹がラブラブで、ほんわかした良い作品でしたね。

永深ゆう「ひとより××」
ひよりがデートをすると聞いて気が気じゃなくなって後をつけるつばめが良いですね。ひよりのデートの相手はもちろん女の子、名前はつきみちゃんと言ってひよりの幼馴染みなのですが、友達がいなかったところをひよりにスカートをめくられて自分から声をかけることが出来て、以来親しくなれたようでいい話なんだか悪い話なんだかよく分かりません(笑)。
ひよりにお尻を触られても、もっと撫でさするようにとリクエストしたり、下着もぴったり合うものを選んでもらうためにデートしたり、飲み物がこぼれたからとグショグショだから拭いて上げると股間周辺の妖しいところまで拭いてもらっても抵抗しなかったり、つきみちゃんは百合セクハラになんの抵抗もないですね。このままひよりと結ばれる展開がすごい簡単そう(笑)。
しかし一緒に下着屋に行ったひよりはつばめのために下着を買ってきてあげて、やはりひより×つばめの関係は固そう?下着と言ってもそれはほとんど紐だったのですが(笑)。


コミックリュウ6月号

・「まんがの作り方」(平尾アウリ)
なぜか炎上してる森下のツイッター、なぜかと電話で川口さんが聞いたところ、それは森下が恋人がいることがバレてしまい、それが男だと思われて騒動になっていたのでした。
自分が一緒に写ってる顔写真を出せば一件落着するだろうと、森下の元へ駆けつけてあげようとする川口さんに森下も大喜び。しかし川口さんには原稿があって、一緒に手伝ってあげてる武田さんに止められてしまうのでした(笑)。
そして代わりに森下の元に代わりにやってきたのは吉永さん。この際恋人役は吉永さんでもいいやと一緒に写真を撮る森下ですが、恋人役をやれることになって、おまけに写メ一緒に撮るため顔を近づけた際、森下のシャンプーの匂いなどを感じて密かに幸せに浸る川口さんが良いですね(笑)。
しかし森下がなんとなく嘘をつくのはいけないと思いその写真をアップするのを気まぐれにやめ、ツイッターも放っておいたら勝手に沈静化してしまっていて、恋人役になれなかったことをうらむ吉永さんは、今度は川口さんのツイッターを炎上させてやろうかなどと言ってるのが、まるで森下のツイッター騒動も吉永さんが仕組んだ罠っぽくて怖い(笑)。

・「セントールの悩み」(村山慶)
紫乃は幼稚園でも面倒をよく見てあげるので同じょぅι゛ょにもモテモテ。泣いてる男の子をなだめてあげてるうちに嫉妬されて泣き出す幼女をなだめるためほっぺにちゅーしてあげる紫乃に幼女の機嫌もなおって一件落着なのですが、他の女の子にちゅーしたりあれやこれや面倒を見ていることにちょっと疲れてしまった紫乃は、家に帰ってから大好きな姫ねーちゃんにいつも以上に甘えてしまうのでした。
姫乃と一緒に勉強をする希ですが、窓の外を見たらUFOを発見してしまい…?
ますますなんでもありな感じになってきましたね。宇宙人もそのうち登場しそうで怖い(笑)。


コンプエース5月号

・レンズドロップス 貴島煉瓦
新連載。写真部でカメラで女子だけであれこれするお話。「たまゆら」とか「彼女とカメラと彼女の季節」に通ずる雰囲気がありますね。胸を妙に強調してる絵柄が独特で色っぽいし可愛い。

・男子禁制!! フレーゼ女学院 あずまゆき
女子寮モノで女子同士一緒にお風呂に入ったりするんだけどヒロインには意中の兄(作中にはまだ出てきてない)がいるのが惜しい。

・いつか天魔を斬る魔女 鏡貴也/榎宮祐/江戸屋ぽち
圧倒的な強さで他の女の子たちを倒してしまった女王アンナはペルティの首を刎ね、最後にりーねまで串刺しにしてしまいますが結局これは幻覚だったようで全員生き返らせてホッと一安心。アンナはりーねたちを一級魔女になる資格があるかどうか試していたんですね。そんなアンナはギゼラ教官にも昔そんなことをしていたらしくそのことを懐かしんでギゼラにキスをしていて愛着があるみたいですがこの2人が結ばれる展開もありそうです。

・ストライクウィッチーズ 片翼の魔女たち 島田フミカネ&Projekt Kagonish/しのづかあつと
ウィルマの魔力が薄くなっていることを心配するアメリーですが…。


コミックアライブ5月号

・「ひまわりさん」(菅野マナミ)
温泉旅行に行くひまわりさんとまつりですが、これは実は兄が仕事で缶詰されるために行く旅館についてきたという話だったのでした。いざひまわりさんと一緒に裸になることになったのに、まつりのほうが服を脱ぐのが恥ずかしいというのが可愛い(笑)。
怖がりなまつりは奥の部屋にいた女性がお化けみたいだと怖がってしまいますが、2人が出会ったその女性はひまわりさんが誰かと似ていると言い、ひまわりさんはそれが先代ひまわりさんのことなのではないかと考えてしまいつつ長風呂をしているうちに付き合っていたまつりはまっかっかに。
なんとか連載が続いてるし今回の温泉サービス展開も良いんですがちょ〜っと新キャラ出しすぎな気が…名前覚えきれない(^^;

まんがライフオリジナル5月号
・「惑い星と花」(野広実由)
担任の浜田先生(♀)と美術部の江藤先生(♀)は一緒にお酒を飲んでる程仲が良い2人なんですが、同じ学校出身で学生時代から仲が良かったのでした。
そんな2人が学生だった頃、男が下品だと女子同士話し合っている中でも、女子もアソコを見ると結構グロいなどと言う江藤先生に浜田先生は赤くなってしまうのでした。
浜田先生の足が綺麗だと江藤先生はガン見。果てはクロッキーまでして、靴下をはいていたはずの足も素足の色っぽい絵にしてしまって照れてしまう浜田先生が可愛い♪

ハトポポコ先生の「けんもほろろ」も女子同士のやりとりが良い感じ。

まんがライフ5月号
・「プアプアLIPS」(後藤羽矢子)
「レンさんが欲しい!」とナコに情熱的に告白されたレンはあまりの嬉しさに翌朝夢ではなかったかと疑うものの、自分の前に顔を出したナコが真っ赤になってるのを見て夢ではなかったと知るシーンが微笑ましい♪
朝食も一緒に食べる事にして、ナコはジャムのついたレンの指をちゅぱちゅぱしてラブラブ(笑)。
レンは忍と結婚する約束をしたのをすっかり忘れていたので久しぶりに忍に会っても言いづらいのでした(笑)。

まんがライフMOMO5月号
・「姫のためなら死ねる」(くずしろ)
まんがライフMOMOに掲載されていた出張版では、1000年経った現代でも霊になって存在してる少納言がブログ書いてたり、枕草子のネット批判に文句言ってたり、でもちいさいものは可愛いという一節にだけは皆共感してくれてるのにほっこりしたり、紫式部ともやりあってたり印税の7パーセントをよこせとほざいてたりするお話が掲載されていました(笑)。

ニュータイプエース Vol.08
・「戦姫絶唱シンフォギア (1)」(吉井ダン:金子彰史:上松範康:金子彰史)
ああこのコミカライズ、この雑誌で連載してたんですね。雑誌自体チェックしてなかったんで気付かなかった。今月号しか読んでないんですがアニメに準拠してる内容だったんで5月8日発売の単行本1巻も期待できそうです。


4コマなのエースVol.12

・「ひよっこのーと」(陽菜子)
看護学校に通うことになったヒロインつばさが、ルームメイトの黒髪美少女千鶴や、同じ寮の関西弁少女るりと仲良くやるお話。人見知りの千鶴がつばさのことを意識して隠れたり、ハートマーク入りの手紙をくれたり、そんな千鶴のことを「ちーちゃん」と言って抱きついたりて千鶴がさらに赤くなったりする様子が良い感じ。

・「G'sあんだ〜ぐらうんど」(ぷらぱ)
朝ちゅーをしようとしたり、姉とじゃれあっていたという藍が良いですね。撫子はそんな藍のことを羨ましそうですが当然ですね(笑)。

・「蒲田魔女」(かずといずみ)
羽子に慇懃無礼にされるのが落ち着かなくて、「バカ魔女って言ってください!」とおねだりしてその通りに罵られてハァハァしてしまう蒲田魔女はどMに目覚めています(笑)。
若そうに見えてももう121歳なんでぎっくり腰になってしまう蒲田魔女がババ臭くて萌えるvしかし腰をめくってクマさんぱんつを確認しつつ、湿布を貼ってあげる羽子さんが良いですね。
願い事があると言う羽子に嬉しそうな蒲田魔女ですが「最後のお願い」って……最終回とかマジ勘弁してくださいよ!

・「學園のムスメ」(山東ユカ)
ボクっ娘の四十九院蘭(つるしいんらん…♀)は教師の晶姉に結婚を前提に真剣にお付き合いを…と求婚を申し込むのですが、実は23番目の重婚だったということであまり純真じゃなかった(笑)。もちろん妹の朋は大反対ですが、これは姉が幸せが憎かったからなのでした(笑)。

・「スミベタ♪」(美月めいあ)
スランプに悩んで抱きつく文月(あやめ)を受け止めてあげて、一緒に考えてあげる鈴蘭や、画材屋では鈴蘭の肩に顔を乗せてアドバイスしてあげる牡丹が良いですね。

・「すぱクラ!」(高野うい)
ドラム缶風呂をせっせと用意してあげて、一人ずつしか入れないものの「私は見るだけで充分だもの…」とうっとりして、実際に旭先生が入ってるところを至近距離でじっくり見てる唯子先輩が幸せそうです(笑)。

・「ヲタ充」(柚木涼太)
ビラを配りに行くオな部はコスプレして気合入れようと陸部長がせっせと手作り衣装を作ることに。セクシーな衣装を着せられた沙夜は、自分のおっぱいを陸が見たいのかとドキドキしてるのが良いですね。そして蓮はご褒美にと情熱的なキス(唇同士…多分!)を陸にしてあげ、陸も昇天してしまいます。気絶した陸を女子達は写真でパシャパシャ。相変わらず女子に人気がある陸なのでした(笑)。
良いものを持ってるから見せればいいのにと陸のおっぱいを露出させようとしたり、オタショップで会った生徒会の女子を落として「レン…さま」と呼ばせてしまう蓮がすごい(笑)。

・「生徒会長が百合好きでも問題ナシ!?」(うおなてれぴん)
祝連載化♪財閥の令嬢で生徒会長のヒロイン可南は、ある日目を通した百合雑誌で目覚めてしまうことに。自分ではまだ百合だということを否定していて、そんな趣味だったら女子校なんてパラダイスじゃないと更衣室を眺めながら思うのですが、その中にいた自分のメイドのくるみを見てドキンとしてしまって、確かにパラダイスだったのでした(笑)。
一方ななみという書記もお嬢様で、専属メイドの玲奈はななみに近づく人間を手裏剣や忍刀で亡き者にしようとしていて、なんか忍者っぽいのはともかくとしてお嬢様にラブラブなのでした。

・「ちょっとかわいいアイアンメイデン」(原作:深見真、漫画:α.アルフライラ)
捕獲したのはブラジル系ハーフの杏璃という少女。彼女は校内で女子同士不純同性交友をやっている現場を盗撮をしたりその写真をネタに肉体関係を求めたりするいけない子ちゃんだったので、パソコンの暗証番号を聞きだすために拷問にかけることに。なかなか口をわらない上に口汚い言葉で罵ってくる彼女をこらしめてやろうと結月は、漏斗水攻めをした挙句怖い映画を無理やり観させさらにムチでビシバシ、おもらしをしてしまう杏璃の恥ずかしい姿をばっちり撮影して口を割らせ、ゾクゾクしてしまうのですが結月の拷問の才能がしっかり開花してきましたね(笑)。
単行本が6月1日に発売決定!

「虹晴の従姉妹」「RingRingRing」(砂音鈴)「この惑星は支配されている」(いづみみなみ)

砂音鈴先生から頂いた情報より。

コミックゲートアッシュ1月号

・「RingRingRing」(砂音鈴)
紅と風湖はお互い好きあっていて、お互い男の力を借りずに生きていこうと思い進路も難しい大学に進学しようと頑張っていたものの、周囲の女子達はそんな風に頑張る紅のことを笑っていた。風湖と女子同士で結婚したいと、狂おしいほど願いながらできないことを悩む紅ですがある日、女性同士ウエディングドレスを着て結婚式をあげている姿を目撃してしまい、2人や周りがあまりに幸せそうなのを見て、にわかには信じられなくてオルガン奏者の女性につっかかってしまうものの、彼女らはただのアパートの管理人で、籍などは入れなくても挙式だけ行っているのでした。オルガン奏者に掴みかかってしまった紅を風湖が代わりに謝ってるのを見て、挙式をあげていた女性達も昔を見ているようだと「好きな人がステキで良かったわね」と諭してあげ、紅も納得。一緒にいるだけでは不安になった時は自分たちもここへ訪れようと思いつつ、また2人で頑張っていけるのでした♪

女子同士ウェディングドレス姿で結婚式をあげてる姿が美しすぎる!素敵なお話でした♪砂音鈴先生、教えてくれて本当にありがとうございました!おかげで読むことができました♪

コミックゲートアッシュ2月号
・「虹晴の従姉妹」(砂音鈴)百合度★★★★★
ヒロインの虹晴こはるが、双子姉妹の従姉妹、朝霧と夕凪両方から、「大きくなって強くなったら結婚しようね」という幼い時交わした約束どおり求婚されてしまうお話。3重婚のお話?(笑)再会していきなり婚姻届をつきだしてきたり新婚初夜だと並べた布団に引き入れようとしたり、朝も虹晴の布団に潜り込んでキセージジツを作ろうとしたり、2人とも積極的ですね(笑)。朝霧はスーパーマン、夕凪は魔法使いになりたいと思っていてそれぞれ明るかったりダークだったり性質は違うんですが虹晴のことが好きだという気持ちは変わらないのが良いですね。
重婚は戸惑うものの、彼氏もおらず断る理由もなく、双子たちはちゃくちゃくと超人的な力を手に入れつつあって、本当に結婚してしまう日も近い?(笑)。
今後も楽しみな作品ですね。

・「開封後は要冷蔵」(菊屋きく子)百合度★★☆☆☆
ルームシェアしてる女性同士が、女性特有の体調不良を気遣って体に良い料理を作ってあげるのが優しい。レシピとか本格的で実際に役に立ちそうですね。


電撃大王5月号


・「この惑星は支配されている」(いづみみなみ)
読みきり。「だーれだ!」などと言って抱きついてすっかり親友の空(♀)に懐いているヒロインは史織は、この世界は陰謀が張り巡らされていて、それを解き明かしたいという野心を持っていた。そんな彼女に呆れつつもなんだかんだ言ってつき合ってあげる空。その日解読していた謎の絵と文字は、おばあちゃんが戦争の時に離れ離れになってしまった女学生時代の女友達のことで、再会させてあげてめでたしめでたし。
自分たちもあのおばあちゃんたちのように年老いてもずっと一緒にいたいと言う史織。
「もしも宇宙人がいたらどうする?」と聞く空に「友達になりたい」と答える史織ですが、その後ひとりになってなにやら宇宙と交信している空はなんと本物の宇宙人だったようで…!?
地球にやってきたばかりでひとりぼっちだった幼い時、史織に声をかけられて初めて友達が出来て、以来史織のことを特別に思うようになった空が良いですね。
この作品は私の百合アンテナにびびっと来た!連載にならないかなー。

・「リコとハルと温泉とイルカ」(ヒジキ)
祭りが終わってハルの家に帰ってきたリコは、そこで下宿の上の住人、奈津美さんという女性に会うのですが、窓の外から見える夏祭りが綺麗だと見せてくれて優しそうなのは良かったものの、突然背中を押してきたりして、何か彼女には秘密があるようで…?

●おーらんどーさんの情報より
きららミラク6月号 
今回も相変わらず初登場作品も含めて、ほのぼのあり、ぶっ飛びありで百合百合していましたよ〜。

柊ゆたか先生の「Good night! Angel」が、巻頭カラー。
すっかり、五人一組での「仕事」(!)にも慣れてきた様子のユリたちですが、彼女たちの活動を新聞部の希にスクープされて…。
ということで、またもや(笑)新キャラ登場、なんですが、「仕事」の後にユリたちが五人一緒の仲良くお着替えしていたり、佳奈や寧々に学校に行く時待ち合わせしようと言われてワタワタしてしまうユリとか、希からユリへの呼び出しをラブレターだと勘ぐって大騒ぎするあやめとか、相変わらず女の子同士でワイワイやっていて楽しいですね。

百合ファンにはすでにお馴染みなタチ先生の「桜Trick」では、優を驚かそうと、内緒で姉の美月に文化祭を手伝ってもらおうと頼もうとした春香でしたが、優は春香に置いてきぼりをくったと思いこんで…。
結局、今回も優と春香はラブラブでした、とさ。

川井マコト先生の「幸腹グラフィティ」の今回のお料理は「筍ご飯」!!!。
で、デッサンの評価が悪くて凹んでいるリョウを励まそうと、椎名さんまで呼んで、一緒にご飯を食べてやろうとするキリンがやさしいですね(結局、三人でお泊まりになるのもGJです)

安部かなり先生の「なりきりイミテーション」は、新しく妹が生まれることになったみなりが、立派なお姉ちゃんになるために、なぜかクラスメイトの向子と二人暮らし&姉妹ごっこ(?)することに。
二人の女の子が、ちょっとズレた(?)姉妹ごっこに興じているのは、なんか微笑ましいですね〜(笑)

奄美あまゆ先生の「Lisa Step!」は、リサが職員旅行の幹事に選ばれて、どこに行こうかと迷うお話。
相変わらず、個性豊かな5人の女性教師がワイワイガヤガヤ、仲良くやっているのは微笑ましいですし、大人の女性しか出てこないのに、ヤローの話題が全く出てこないのも素晴らしいですよね。

初登場のモノリノ先生の「8’sエレジー」は、書いたポエム(!)を他人に読まれると、それが実現してしまうという力がある宿毛(すくも)と、そんな彼女の秘密を知って、やたら懐いてくる後輩の優嫁という二人の少女のお話。
いつの間にか、宿毛の寮の合鍵まで作っている優嫁がいいですね〜。
あと、優嫁と宿毛の奪い合い(!)をしたりしているクラスメイトのサキチもいい感じですよ〜

謎のスイカ娘が大活躍(?)する西瓜割(すいかわり、ではなく「にしうりわりと」でございます(笑))先生の「メラン・コリー」では、亜民のお母さんが襲来して、またまたせっかく女の子だけの空間なのに、カオスな展開に…。
しかし、妹(?)のメロともども、頭のスイカをかち割られて、ゴーヤ(!)で代用って、どーよ…。

こちらも、初登場なかるは先生の「」ももいろhoney」は、一人暮らしの女子高生あきらのもとに、ある日、一冊の絵本が届きます。
その本は、リオという女の子が運命の人を捜して旅に出る、という内容だったのですが、途中から白紙のままになっていて、なんと、そこからリオが飛び出してきて(!)、あきらに自分の運命の人になってほしいと言いだして…。
という調子でドタバタやっていますが、あきらもスキンシップは苦手とか言いながら、リオとは女の子同士なことは全く気にしてませんし、リオのほうはあきらをさわり放題(爆)などと煩悩全開なところが、設定以上に突き抜けている気が(褒めていますよ(笑))

CUTEG先生の「Sweet Magic Syndrome」では、甘子たちの茶道部に女装して「篠原まき」の偽名で入部することになったキャラメル(♀)。
今回は、女装に疲れたキャラメルが、本来の(?)男装で「キャラメル=篠原まき」であることを知らない甘子たちと買い物に行くお話。
天然ほんわかな甘子がカワイイですね〜。
あと、買い物の途中でキャラメルに一目惚れしたっぽい女の子って、もしや…。

コンプエース5月号。

しのづかあつと先生の「片翼の魔女たち」では、アメリーがウィルマのシールド能力が限界にきているのを偶然知ってしまいます。
一方、前回の模擬戦で負けてしまい自棄気味なフランは、哨戒任務に出たウィルマと言い争ってしまいますが、そんな時に強力なネウロイが攻撃してきます。
フランを助け、救援がくるまでネウロイを引き付けるため単身囮となろうとするウィルマ、そこへ駆けつけたアメリーからウィルマのシールドの話を聞いたフランは…。
ということで、片翼もいよいよクライマックスでしょうか。
これをきっかけにウィルマとフランがくっ付けば万々歳なんですがねぇ(笑)

単行本第2巻もキュートだった、華々つぼみ先生の「放課後アトリエといろ」では、霧島先輩が裏ビ部員(笑)全員のフィギュア(!)を作ってきて、というお話。
天敵な(笑)部長の顔はテキトーで、大好きな犬飼先輩だけ全く頭身が違う美少女仕様になっているのが、お約束ですね。
香のフィギュアを、自分用にもう一つ作ってほしいと言うすみれもいいですね〜(笑)

江戸屋ぽち先生の「いつか天魔を斬る魔女」。
一級魔女となるために化物退治に挑んだリーネたちの前に、突然テンペロンクローリーの女王アンナが登場し、狂気とも思われる気まぐれさと傲慢さ、そして圧倒的な力でリーネたちを翻弄します。
幸い、アンナは突然リーネたちを殺す(!)ことを止め、とりあえず危機は去ったかに見えますが、そんな中で、リーネが両親に捨てられたことにもアンナがなんらかの形で噛んでいることとともに、一級魔女になるとは文字通り人外な怪物(!)に成り果てることだという衝撃的な真相が明らかになってきました。
果たして、リーネたちの進む道には絶望しか残されていないのか、目が離せなくなってきましたね。

娘タイプ5月号。

絶賛公開中の劇場版に併せて、にんげん先生の「ストライクウィッチーズ零 第弐章」が娘タイプで始まりましたね。
扶桑の舞鶴に残った醇子、空母蒼龍と共に地中海へ派遣された徹子、そして、ブリタニアの宮藤博士(!)のストライカーユニット研究所を訪れた美緒。
今後は三人が様々な出会いを経て成長していく姿と、離れていても揺るがない三人の絆が描かれていくのでしょうか。楽しみですね。
あと、ピンナップに芳佳をお姫様抱っこするデレ静夏が(爆)

ペンギンクラブ5月号。

あさぎ龍先生の「天上乙女」は第7話。
女生徒の間で密かに廻し読みされている、誰が創作したのか謎な少女同士のエロティックな関係を描いた小説を題材にして、今まで以上に秘め事めいて耽美的な雰囲気のH百合になっていましたよ〜。
次回が最終話となります!!!

天凪青磁先生が、引き続きH百合の「ヒミツの宿題」で登場されています。
今回は、小悪魔的な双子(!)女子に、校内でオナニーしていることを撮られてしまった風紀委員長が弄ばれてしまうお話でした。
委員長が、ノーパンのまま過ごすよう命じられたり、おしっこを強要されたり、剃毛されたりとSMチックなプレイがメインとなっています。
まあ、個人的には、双子と委員長の関係をもう少しラブラブ寄りにしてもらったほうが、より良かったと思いましたが(笑)、特筆すべきは、百合でSMというと短絡的にバイブ等が出てくることが多いのですが、この作品ではそういう類のものが一切出てこないという点ですね。
天凪先生には、是非ともこの調子で、これからもH百合ファンを楽しませてほしいと思います。
紹介ありがとうございました〜。ちょっと風邪を引いてしまって雑誌チェックは今出来ない状態なんで助かります…!

つぼみWebコミック

・「魚の見る夢」(小川麻衣子)
今回は姉妹の話じゃなくてガチ百合カップル、ナツ×あかりの話!花が気になるあかりはほんとおしとやかな女の子らしい女の子なんですね。ナツとは対照的に(笑)。しかし花にはこだわりのないナツもこっそりあかりの髪に花をつけてあげて、さりげないプレゼントにあかりも許してあげようかと思ってしまうのでした♪

・「桜色コンプレックス」(大朋めがね)
図書室の本もちゃんと返却日に返さない如月さんを怪訝に思いつつ影から覗いてる真理、しかしドジな自分は授業のバスケでボールを頭で受けちゃってるのが可愛い♪
保健室で休む如月のことは変な意味じゃなく好きだという真理ですが本当はそれを聞いた三枝さんのことは変な意味で好きそう(笑)。
お菓子をあげて何かと優しくしてあげてる如月さんに真理も何かと意識してしまっていて如月さんのことの方を真理は本当に好きになってしまいそうな予感は相変わらず漂っていますね。

・「神さまばかり恋をする」(一花ハナ)
可愛いコトリを紹介してもらった委員長は彼女に抱きついてベタ惚れ。本編の2人より百合属性強そうな(笑)。

・「ベツキス」(百合原明)
狭いことに不服そうですが、部屋を与えられてエイプリルは良かったですね。労働は大事です(笑)。

・「じょしけん。」(のん)
女子が自分の部屋に遊びにくると聞いてドキドキするこがねちゃんですが、なぎさ一人が行くのがずるいと自分もついてくる吉住さんがちゃっかりしてる(笑)。
こがねの部屋に人体模型があるのはわらったけど布かけて隠しても「怖!」とか言われて哀れ(笑)。
賞状とかもらっておりこうさんなこがねちゃんに比べて、頭悪そうな吉住さんが唯みたいで可愛い(笑)。


ビッグガンガン5月号

・「群青」原作:坂本虹 作画:桐原いづみ
屋上のフェンスを越えて下に顔を向けてる道を見て、皆は道が自殺しようとしてると心配するのですが道は駅伝部のビラを巻きたかっただけで、相変わらず尚見のことは心配しているのでした。
単行本1巻が4月25日に発売!これが爽やかな百合で結構良いですよね〜。「アキラとひより」など、桐原いづみ先生のナチュラルな百合漫画が好きな人は是非!

・「射 〜Sya〜」(大塚志郎)
男なんぞどっかいって何事もなかったかのように連載は女子だけで続いている「射〜sya〜」です(笑)。
昇級審査を受けることになった正弓ですが、最初は矢があたるかどうかどころか姿勢しか見ないと言われ正しい姿勢をする訓練をするのですが、その間イノリン先輩の胸は小さいけど美乳だということを吹き込まれ、難しい姿勢を10分続けたらおっぱいを見せてくれとイノリンにせがみ、了解はしたものの見せたくないイノリンは正弓の胸を揉んで姿勢を崩させて賭けには勝ったものの、その姿を愛しの美射先輩に見られて誤解されてしまうのでした。

・「ふたごザウルス」(大島永遠)
新しい学校に初登校することになった双子。その後海も登校してくるのですがなにやら様子がおかしいようで…?

コミックハイ!4月号
・「しのばず」(岩崎つばさ)
待望の復帰!ヘレンがいつもじゃれてくるので、もはや胸を揉まれようがキスをされようが雪姫が動じなくなってしまってるのが面白いですね(笑)。
君主にあげると雪姫が編んだマフラーは奪って自分のふんどしにしてしまうヘレンは学校内で指名手配されてしまって襲ってきた生徒を相手にしているうち、引っ掛けてせっかく編んだマフラーがほつれてしまったことを謝るのですが、しかしヘレンの分もちゃんと編んであげてた雪姫が優しいですね。
そんな優しい雪姫にヘレンはキス!
良い雰囲気…と見渡した部屋の片隅にあるダンボールからなんと君主さまが。捨てられててかわいそうだから拾ってきたという雪姫は彼をポチなどと呼んでほとんど犬扱いで、自分が憧れてる君主さまだということにすら気付いていないようですが…。

・「姉妹ってこ!」(にょりこ)
どれだけ拒否られても妹が好きな茜と、どれだけ拒否っても姉に好かれてしまう紫の藤堂姉妹。
そんな2人が高校を舞台に繰り広げる、ノンストップ"一方通行"姉妹ラブコメディー。
車に跳ねられても妹のことが好きで、パンツを下ろしてダイビングする姉の求愛が激しくて良いですね(笑)。

・「赫焉のヒナギク」砂原真琴
真太郎にやぶれたいつきは白雪の手をはねのけてしまい…。単行本1巻が5月12日に発売。こちらに第1話の試し読みページが。薙刀の流派とか、わりとマニアックな題材ですよね。百合的にはちょいフックが弱いのかあまり話題になってませんが、キスシーンもありますしクオリティも百合度もまずまず高い良作ですよ。

・「ゆめゆめうつつ」(みつき和美)
水に濡れて服が透けてしまってる姿や、その後着替える際裸を見せてしまう実花子に惟子はドキドキ♪ついには自分からキスをしてしまいます♪
しかしそんな中現れたのはやはりあの黒い蝶の大群。
可愛くてエロくてホラーテイストもあって、この作品好きだなぁ。

少年シリウス5月号
・「そんな運命リテイクで!」(モトエ恵介)
風梨に遊園地に誘われるまひろは、遊園地に行くと死ぬと運命ちゃんに言われ却下するものの、誘ってくる風梨の「この顔に弱いんだよなー」と赤くなってメロメロで結局行く事に。しかしアトラクションのあれもそれも危ないからダメだと制するまひろに風梨が耐えられなくなり怒鳴られてすれ違ってしまうものの、やはり風梨のことはほっておけない…と再び近づき、ジェットコースターが落ちてきて死ぬという風梨の座っているベンチにやってきて、やはりまひろのことが好きだという風梨に向かって「絶交だ!」と宣言。結果的に風梨は自分からベンチを立ってまひろの元へ駆けつけ、今回も死なずにすむことが出来たのでした。
その2人を見てなにかいいたげな運命ちゃんはまひろに気があって風梨との仲を邪魔しているようにも見えるんですがまひろはそんな彼女に「めーちゃん」と名前をつけてあげて、なんだかんだで相変わらずまひろは風梨ともめーちゃんとも3人で仲良くやっていくのでした。
一応この作品は今回で最終回。人気があれば続編もあるかもよ…って相変わらずシリウスの担当はモトエ恵介先生に対する扱いが悪いな!

まんがタイムきらら5月号
華々つぼみ「コドクの中のワタシ」
テレポテーションして朝着替え中のヒロイン真由の前には突然現れるのに、学校へ行くのはテレポテーションの力を使わずに、わざわざ一緒に歩いていく超能力少女が良いですね♪

筋肉☆太郎「スマイル・スタイル」
百合を付けねらっていた女子2人は百合の妹の桜も取り調べるため胸をモミモミ、腰もモミモミ、匂いもくんかくんか嗅いで妖しい(笑)。

こしょねこチャーミングさんのツイート情報より。
華々つぼみさん『コドクの中のワタシ』。 新キャラはツンデレ?と思ったらえらいあほの子来たw 相方の方も濃ゆそうな人で、このクラス何でもアリですね。 しかしにゅるにゅるちゃん不足…
(ゲスト)三嶋くろねさんの『ものくろすとーむ!』、白髪(しろかみ)と黒髪の双子姉妹のお話。 妹はシスコンで姉もなんだかんだ言ってシスコン。 頭のばってんに既視感、鏡を見ろ的に
スマイル・スタイルは念願の百合ちゃんの妹桜ちゃん再登場。 いつか人殺すぞこのプリティモンスター…

Webつぼみ
・「トラにツバサ」(モロやん)
山下さんが羽を隠すため体育を休んでるのを気遣ってあげてる虎嶋さんが可愛い♪

・「少女サテライト」(はみ)
プレセペは桜のことを思いつつもアンタレスにも想いを馳せてるような?

・「エデンの東戸塚」(袴田めら)
洗濯機に残った菊ちゃんの苺パンツにハァハァする日吉さんをたしなめつつもぼんやりしてる日吉さんに思わず見惚れてしまったり、いちごオレをいちごパンツオレと言ってしまって日吉さんは相変わらずだったり、2人で共同生活を満喫してる感じですね〜。

・「総合タワーリシチ」(あらた伊里)
暁とリカに数学を教えることになった女子達は数学が得意な子、それほどでもない子もいますがそれぞれ一長一短のようで…?相変わらずリカは出番が少なくて影が薄い(笑)。

・「恋初め・その後」(須河篤志)
Vol.14掲載の「恋初め」の続き。
書道部に入部し、なんだかんだありつつも憧れの雪ちゃんと相思相愛になった日野さんは書道をしつつもハートマーク書いてしまって可愛いけど真面目にやってないのをその場ではたしなめてしまう雪ですが、2人で一緒にいることは嬉しいんですね。
その気持ちを確認した日野さんは道端で雪にキスをしようと迫って大胆♪それは恥ずかしくてまた拒否してしまう雪ですが、やっぱり日野さんと一緒にいることは嬉しいことを示すため、手を繋いであげて良い雰囲気♪

コミックREX5月号
・「ぼくラはミンナ生きテイル!」(Tiv)
最終回。レイが裏切って森の異類の情報を人間に流したという話が出て騒然とする異類たち。因幡に小屋に閉じ込められたミウですが、因幡は一緒に逃げようと言っていて、2人きりでずっと一緒に暮らしたいという気持ちを打ち明けます。
そんな中、美心はついに命が尽きて倒れてしまい、それを助けたのは因幡。自分の命をひとつあげると言って、相手が恋敵でも見捨てないのは優しいですね。良い話…と思ったら命をわける云々自体全部嘘だったのか!(笑)
最初の時も気を失っていただけだし今回も風邪を引いただけだと語る学長はレイと一緒に話をしていますが、レイが流したのは人間を攪乱するための偽情報で、裏切ったりはしなかったんですね。
そして美心は相変わらずレイを探しつつも、美心と一緒に仲良く暮らすことができたのでした。
単行本最終巻は6月発売!

・「マレフィキウム」(松沢夏樹)
突如として凄惨な「魔女狩り」が始まる…。『逆襲!パッパラ隊」終了から1年…、松沢夏樹が贈る新たなサスペンスホラーの幕開け…というお話。
女子に秘めた恋を持っていた少女ですが相手が男とくっついてしまい、うらんだ彼女は魔女になる契約するため妖しい女の子とキス!
魔女の能力を持った彼女は本当に男を殺してしまったらしい?

・「ブラックスイープシスターズ」(原作:藤沢とおる 漫画:佐野タカシ)
通常の知識では理解出来ない不可思議な事件の数々。それらを専門に解決する少女達を人は『黒の掃除屋』と呼ぶ…。REXに帰還した強力コンビが最強&最凶姉妹を描く!!…というお話。
バトル要素&お色気多めだけど百合要素もちょっとあるみたい。

「天色くろすおーばー(後編)」(藤枝雅)「芙蓉のひと」(成松幸世)「恋文ふぶき」(月子)「実験彼女」(黒咲練導)など雑誌レビュー

モーニングツー5月号
・「彼女とカメラと彼女の季節」(月子)
ユキが倒れた際凛太郎の名前を呼ぶことが悔しくて悶々とするあかりですが、自分が撮ったユキの写真に「いい写真」というユキからの伝言があるのを見て憂鬱な気分も吹っ飛んでしまいます。
自分が心からの笑顔を写真の中で見せていることに、自分はこんな顔をするんだと思うものの今の自分はどんな顔で笑えばいいのかわからないというユキ。ミステリアスな彼女ですが、自分でも自分の気持ちが全部理解できていないようなところが見え隠れしていますね。
凛太郎から試合に来るよう頼まれ、それは鬱陶しかった(笑)あかりですが、ユキが必ず凛太郎の試合に足を運んでいることを思い出し、きっと彼女も来ているだろうからという理由で球場に行く事に。案の定来ていたユキと話をするのですがその中で「私のことを好きなの?抱きたい?」とどストレートに聞かれてしまい、青ざめながら思考をめぐらせたあかりは正直な気持ちを伝えたら引かれてしまう…と思い直接それには答えず、ギュッとユキの手を握ることで、理解してほしい…と思うのですが、目を開けたあかりが見たものは何食わぬ風に試合の写真を撮っているユキの姿。自分の気持ちが拒否されたとショックを受けたあかりはその場から逃げ出してしまうのですが…。

超待望の単行本1巻が5月23日にいよいよ発売!

ジャンプ改 VOL.9
月子先生の百合作品をもう一本。
「恋文ふぶき」(月子)百合度★★★★★
意中の男子に告白せんと恋文をしたためる澄は彼がビートルズが好きだと聞き、女友達の京ちゃんの家に行ってビートルズを聴いたりそれをギターで弾いてみせる京ちゃんと親交を深めていくのですが、意中の男はある日失恋したと言っていてその相手はなんと京ちゃんだったのですが、失恋をして髪を切ったという彼の行為にも妙に幻滅してしまった澄は、渡そうと思って持ってきた自分のラブレターにも未練がなくなりびりびりに破いて風に飛ばして気分もすっきりするのですが、紙片が飛んだ先にいたのはいつも一緒にいてくれた京ちゃん。元々男がビートルズが好きだと言ったのも彼女が聞いていたからで、自分が気になっているのももはや男ではなく彼女だと自分の気持ちに気付いた澄は、相手の男の好きな人も気付かないなんてトロいよね、と京ちゃんに話すのですが、それに対して京ちゃんは顔を赤らめながら「そんなところが好き」と明らかに友達に対して以上の気持ちがありげな表情で答えていて、澄も彼女の頭についた紙片を取ってあげようと手を伸ばしたところ、赤くなりながら手を伸ばした京ちゃんと手を繋いでしまい、心も結ばれることになるのでした。

講談社でも集英社でも百合作品を掲載できてしまう月子先生がすごい(笑)。

コミックリュウ5月号
祝復刊!
・「芙蓉のひと」成松幸世
なぜか口から花が出てくるようになったヒロインが、自分が出したものを自分で食べてしまう癖がついてしまい、彼女にも口移しで食べさせるのがエロい。女子同士でエッチしてる最中、相手の女の子が生理が近いからアソコもいつもより酸っぱいと感じるのが生々しくてエロティック。

・『まんがの作り方』平尾アウリ
アシスタントになぜか森下ではなく武田さんを呼んでしまう川口さんですが武田さんがお冠なのは、サチの漫画のことを淡白だなどと言われたからなのでした。
サチ…つまり森下はツイッターをやっていると知り、どうしてフォローしないのかなどと携帯に夢中になってしまいそうになって、そんなことしてる場合じゃねえと携帯を窓から投げ捨てる川口さんがすごいですが森下のことで頭がいっぱいなんですね。

ところで新人賞でサチという方が百合漫画描いて受賞してるのに笑った(笑)。

電撃大王GENESIS(ジェネシス)2012年Vol.2
・「天色くろすおーばー」(藤枝雅)
後編。一目惚れしたといきなりスマちゃんの前で告白するニーナですが、この時はスマちゃんの装着してるヘッドホンのことを指して言ったんですね。ニーナの嫁はボカロの女の子。その後ニーナのためににヘッドホンを買いにいってあげるスマちゃんが優しい。
実はボカロの作曲をしていたというニーナは、スマちゃんのために曲を書いたと告白、聞いてあげたスマちゃんは「私はこの曲が好き」と感想を言うのですがそんなスマちゃんにニーナはキス!(唇同士です!)
この曲はスマちゃんにあてたラブソングだからこの曲が好きだと言った彼女とは相思相愛だと解釈してそんな行動に出たニーナですがスマちゃんも嫌ではなくむしろラブラブで、良い雰囲気でお話は幕を引くのでした…。
このお話は良かった!前後編で完結しているし藤枝雅先生はこの雑誌では連載もしていないから単行本になる予定がなく、雑誌でおさえておいた方が良いですよ〜。

・「はしっぽ花星」(こがわみさき)
長距離走を走らなくてはいけなくなり憂鬱な小梅を若葉が着ぐるみで励ましてあげてるのが良い感じ。

・「トカレフの危うい城」(築地俊彦×鶯神楽)
前に立ちふさがり、永遠に消えない傷をつけてやると彩花の胸を肌蹴けさせ針でツンツンするトカレフはついに語りだしたこの城の秘密、実はここは時間が止まっている世界で、その証拠に生理も来ていないだろうと指摘され、図星だった彩花は話が真実であることを認めないわけにはいかないのでした。
そして自分は浩姉の実の妹だということも告白したトカレフ。どうしても姉を手に入れたいが彼女が屈服して心を開いてくれないから、彼女がご執心の彩花を呼び寄せたと語るトカレフですが、自分の足を舐めさせたり目の前で服を脱がせたり、本当にお姉ちゃんを自分のものにしたかったんですね。実姉妹百合だったんだこの作品。
しかしそんなトカレフが彩花を逃がさず傷までつけたことに怒った浩姉はトカレフに向けて銃を撃って、死んだトカレフと一緒に自分はこの城で生きていくと言い残し、彩花をひとりで脱出させます。
脱出した彩花はそのことを忘れないよう、小説としてノートに書き綴りつつその後の人生を歩んでいくのでした。

その世界では時間が止まって…あ〜それでトカレフは口調は大人びてるけど背丈も胸もあんな小っちゃかったんだ。ともあれ男絡みなんか全くなかったですね。悲恋ですが百合エンドでした。単行本で読むとどんな感じになるのか分かりませんが(終盤駆け足気味だったかどうか単行本で読み返して確認したい)雑誌で読んだ限りこの作品悪くなかったです!単行本が楽しみ!

こしょねこチャーミングさんのツイート情報より。
少年シリウス5月号
モトエ恵介さんの『そんな運命リテイクで!』が終わってしまったー! 短期という話だったけどたった3話て。 アンケート送ってくれたら続きが読めるかもとかもう信じないんだからねっっっ。『そんな運命リテイクで!』最終回。 自分か親友の風梨どちらかが死ぬ運命から抜け出したまひろは、自分が変えてしまった運命のせいで誰かが不幸になったのではと一抹の不安を抱えつつ、なぜか嘘の未来ばかり言うようになった運命ちゃんに振り回される。風梨に遊園地に誘われても運命ちゃんの予言のせいで断るハメに。 むくれる風梨に落ち込むまひろ、しかし嘘だと言うことがわかって揚々と遊園地デート…と思いきやついてきた運命ちゃんがまた嘘の予言を言いまくり挙動不審に。ついに運命ちゃんにキレてしまったまひろ。 しかし運命の改変を感じとった運命ちゃんに、わたしの言葉を聞けるのはまひろだけだと言われ信じることに(今までのは風梨に対する嫉妬?) そして今回もふたりとも助かることが出来たのでした。まひろは風梨に、これからもおかしなことをするかもしれないけど自分を信じてほしいと告げ、運命ちゃんには名前をつけてあげるとともに自分の選択によるどんな結果も受け入れると宣言するのでした(微妙に女誑し?)。あらすじで見るより絵が百合っぽくて良いです。 運命ちゃんに餌付けするシーンとか絶交すると言われた風梨の反応など。 明確には描かれてないけど運命ちゃんにとってまひろが自分(運命)より風梨を大事にするのはおもしろくないんだろうなーと思います。 無表情気味なのでいまいち心理面が。今回も風梨のせいでとか風梨を見捨てればみたいなことを言いますがそれはやきもちということでw 百合三角関係になりますな、まあまひろと風梨は相思相愛なので今のところは横恋慕。しかし講談社がモトエ恵介さんをうまく使ってくれないなら百合雑誌出してるところが引き抜いちゃえばいいのに。 まったくもーもー
げええ…まぢで最終回ですか。単行本が出るかどうかも怪しい短さじゃないですか…。シリウスはなんか妙にモトエ先生の扱いが悪いような気がする。本当に百合専門誌は是非モトエ恵介先生を引き抜いてほしいですね。今のところ少年漫画風な作風で書いてるモトエ先生ですが、わりと少女漫画的な百合も描ける才能をお持ちなんじゃないかと個人的には予想しています。どこでもいいから百合が描けるところがあると良いなぁ。こんなに才能ある人なのに。

まんが4コマぱれっと5月号
・「3年2組の呪い屋さん」(柚木涼太)百合度★★★★★
恋愛成就の呪いをかけてくれた少女ローザと、性別反転とはいえエッチする夢を見てしまった前田さんは、起きて現実のローザと顔を合わせてもドキドキがとまらず、「付きあって」「目覚めさせてあげる」「道具を用意する」などというローザの言葉を全部そういう意味だと解釈してしまうのですが、それでもそれらを全て受け止めて身体をローザにゆだねようとしているのが良いですね。誤解ネタとはいえなんかめちゃくちゃエロいです!(笑)

・「世界は妹が支配しました。」(ほっぺげ)百合度★★★★★
眼鏡のお姉ちゃんに悩殺されてしまったガルシア(♀)はそれが忘れられず、一緒に散歩に行こうと言い出されて大喜びし、おまえは犬だと言われるとその通りに首輪をつけて四つん這いになって、エロい犬プレイをすることに意欲満々♪
お姉ちゃんは寝ている妹の真緒のおっぱいに顔を寄せながら抱きついて寝るのがきもちいいと言って結局散歩には行かないのですが、お姉ちゃんが抱きついたまま離れてくれないため妹はトイレに行けずその場で放尿プレイを強いられることに(笑)。
単行本1巻が5月に発売!

・「ひなたCafeへようこそ」(門井亜矢)
すみれが引っ越すと聞いて寂しくなった杏は濡れ濡れになりながらもすみれをぎゅっと抱きしめてすみれも嬉しいですが、すみれの引越し先は近所だったということで一安心。

・「魔女とほうきと黒縁メガネ」(へーべー)百合度★★★★★
物思いに耽るシェスカが美しいと憧れるみかんですが、シェスカの考えていた事とは合法的にみかんのぱんつを見たいということだったのでした。そして上下反転すればぱんつが見れる!と思って自分が逆立ちしてみるのですが、当然ぱんつが見えてしまったのは自分のほう。みかんにぱんつを見てもらえて良かったですね(笑)。
その後さらに乃梨子とリアナがいつもプロレスのようなことをしてスキンシップしてるのを羨ましがったシェスカは、どさくさにまぎれてあちこち触ってやろうと邪な気持ち満々でプロレスをしかけるのですが、一枚上手なみかんに一瞬で投げ飛ばされてしまうことに。

魔女とほうきと黒縁メガネ(へーべー)

単行本1巻が4月21日に発売!

アフタヌーン5月号
・「こたつやみかん」(秋山はる)百合度★★★☆☆
「オクターヴ」の秋山はる先生の超久々の新作!
落語が趣味の地味なヒロインが、転校してきた美しい少女のことを「いいいいいいいいいいい(略)女!」と憧れていたところ、彼女も同じ落語趣味だということがわかり、一緒に落研を作ろうと意気投合するお話でした。部員を集めるために、寄席で見かけた男も引き込むことになりますがさてはて…?
前後編と書いてありますが連載とも書いてあるんで、人気が出ればもっと続くかも?メインは女子2人っぽいんで、ここから関係が深まることも期待してしまいますね〜。
百合度の高い作品を描いていた作者さんが落語話…ってなんかいけだたかし先生の「落語天女おゆい」を思い出してしまった。

こしょねこチャーミングさんのツイートも参考にしてください。
アフタヌーン読み切り、秋山はるさんの『こたつやみかん』前編を読みました。 主人公の坂井さんはメガネで背が低くて冴えない感じの女の子。 ヒロインの有川さんは坂井さんのクラスの転校生。 ショート美人で才色兼備運動もばっちり。 接点がなかったふたりが高座を見た帰りにばったり出会います。ふとりとも実はコアな落語ファン。 ファーストフード店ですっかり意気投合して話し込みます。 坂井さんはそれだけで嬉しかったのですが、有川さんはあとひとりいれば落研が作れると発奮。 しかし転校してきたばかりの有川さんにはアテがなく、坂井さんも友達が少なく。仕方なく坂井さんは何度か寄席で見かけたことがあるだけの梶浦くんを紹介することに。 と言っても主導するのは有川さん。 この梶浦という男、イケメンなれど高慢なタイプで感じが悪く有川さんとは険悪。 坂井さんたちと同じ高校2年生ですが大学の落研に入るため受験に集中したいと断れます。そこで3人が落語を披露して、梶浦が負けたら仲間になると勝負をすることに。 集中力の坂井さんと何やら策がありそうな有川さん、落語勝負の結末やいかにというところで続く。 最後の坂井さんの台詞、「――ゆずれない! 好きなもの―――全部!」が意味深でちょっと深読みしちゃいますね。ガチ百合ものではなさそうだけど予想より男キャラが感じ悪くてよかったw 梶浦はちはやふるの、俺百人一首言えないやつは人間と思わないとかそんなこと言いそうなタイプ。

ウルトラジャンプ5月号
・「はやて×ブレード」(林家志弦)
全力で戦いつつもはやてに負けてしまった桃香は、悔しいけどそれが面白いと気付きます。
自分の立場をしまった桃香は身分をわきまえて礼儀正しく「黒鉄サンありがとうございました」と言うのですがそれを聞いてゾクゾクしてしまうはやては、Sに目覚めてしまったかも(笑)。
林家志弦先生ツイートによると「はやて×ブレード」16巻と「地獄ニート」(過去作品集)が6月発売とのこと!待ってました!特に地獄ニートには「不思議な妖精ピサチ」他昔のえろまんがも収録されるということですが「KISS DOLL」が収録される可能性もあるかも!?


楽園Vol.8

・「想いの欠片」(竹宮ジン)百合度★★★★★
ストーカーしてきた後輩に告白されたものの、年下は好みじゃないから恋愛は無理だとマスターに語るのですがマスターはそれって逃げてるだけじゃない?恋はおちる時はおちるもんよ、と諭され自分の気持ちがわからなくなるミカですが…。

・「実験彼女」(黒咲練導)百合度★★★★★
部活で一緒に実験をしていた先輩(♀)が、卒業を控えてこのまま卒業するのが嫌だったため好きな後輩(♀)に告白してキスをするのですが…というお話。
黒咲練導先生が百合っぽいお話を描くのは珍しいことじゃないけど、今回は切ない!

・「思春期生命体ベガ」(林家志弦)百合度★★★★★
晴れて鷲峰先輩とキスができたことが嬉しいベガ子は熱くて濃厚なキッスをしたと嬉しそうに自慢してますが、隠れてしてたあのキッスは濃厚だったんですね(笑)。
その後もなぜかキスで得た力がすぐなくなってしまうベガ子はこれ幸いにと先輩にキスをおねだり。ある時は教室の窓越しに、ある時は渡り廊下の屋根の上から顔を覗かせたベガ子と上下反転の姿勢で、ちゅっちゅしまくる2人。
自分が就職しても仕事場にやって来てキスをするのかと問い詰める鷲峰先輩ですが、ベガ子はその気満々。そしてそんなベガ子に、必要もないのにほっぺにキスをしてしまう鷲峰は、みんなの前でするのが恥ずかしいだけで、ベガ子のことは嫌いでもなんでもなく、むしろ大好きで離したくない相手だったのでした。
しかしそんなある日アラスカからやってきたというアリーデ・スワンは、ベガ子の力が抜ける状態にすぐ気付いたらしく、自分が治してあげるとやおらベガ子にキス。とその途端ベガ子は力が見る見るみなぎって巨大なウルトラマンに変身!
しかしその姿を見ていた鷲峰先輩は、どうして自分以外の女の子とキスをしているんだと怒って帰ってしまい…?

・「コレクターズ」(西UKO)百合度★★★★★
デジタルのデータとアナログのデータの精度の違いについて語る忍は、ベッドの上で半裸の貴子の身体を触っただけでサイズが変わっているのに気がついてしまって、やはりアナログな観測は正確なのでした。
場所にあわせてわざわざ髪の毛の色を変えた貴子はまるで別人ですがそれにも忍はすぐ気付いて、その理由のひとつというのが彼女が真っ先に自分の元へやってきたからというもので、お互い違っても上手く噛みあっているんですね。

・「二十分の無限」(西UKO)百合度★★★★★
これも女性同士のお話。月に一度か二度しか来ないのに使いかけのタバコの箱を残して様子見をする相手の女性はヒロインが他の人に心変わりしないか心配だったようですが、ヒロインはそのタバコをわざわざ新しいのを買って用意しておいてあげて、2人の関係も繋がり続けることができるのでした。

・「乙女ループ」(鬼龍 駿河)百合度★★★☆☆
今回は女子同士チョコを交換するお話。単行本が4月27日に発売!

・「すきなひと」(日坂水柯)百合度★★★★★
最終回。妹ちゃん亜澄はお姉ちゃんのおっぱいを再び吸おうと寝ぼけててお姉ちゃんの布団に潜り込んでくるもののそれはやめて、気持ちの整理ができたようですね。結局友達の「好き」と恋愛の「好き」の区別は良く分からなかったものの、「好き」であることが重要だと亜澄は親友のマホちゃんと語りながら悟ります。
そして亜澄はジャムがついているとマホにほっぺにキスされ、2人とも真っ赤に!2人が良い感じでエンド!お姉ちゃんは最初からいた男と別れませんが、妹ちゃんパートは百合エンドでした!
単行本最終巻2巻には他にWeb掲載分などのGL作品が5作品も収録されるということでこれは買うしか!
過去ログ
百合関連カレンダー
11月30日

ピュア百合アンソロジーひらり、Vol.9
(森永みるく先生参加!)

12月10日

このマンガがすごい!2013


1月10日

彩百合2


1月12日

天使のどろっぷ(3)中嶋ちずな


1月14日

紅茶ボタン 中里一、山田あこ


1月15日

ハクメイとミコチ 1 (樫木祐人)


1月18日

コミック百合姫 2013年 03月号




犬神さんと猫山さん1(くずしろ)



沼、暗闇、夜の森(さかもと麻乃)



百合魂-ゆりイズム-vol.1



ウタカイ 森田 季節:作 えいひ :絵



百合男子3(倉田嘘)


1月22日

普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。1小杉 光太郎


1月23日

食前酒・告白 百合小説掌編集 中里一、山田あこ



少女革命ウテナ Blu-ray BOX 上巻(初回限定生産)(Blu-ray Disc)



げんつき 1 アキヨシカズタカ



ラブライブ! OP主題歌(DVD付) μ’s


1月25日

百合アンソロジー dolce due



友達は催眠術師? ヒュプノでエッチな昼下がり 南室夏月



「たまこまーけっと」OP ドラマチックマーケットライド



「たまこまーけっと」ED ねぐせ



廃墟少女 尚月地


1月26日

R18!(5)ぷらぱ



スマイル・スタイル(2)筋肉☆太郎



リリィ(1)小波ちま



屋敷はメイドのために!1ぷらぱ



G'sあんだ〜ぐらうんど ぷらぱ



クイーンズブレイドリベリオン青嵐の姫騎士2南崎 いく



うるわし怪盗アリス 2 鈴見 敦/田中 ロミオ



ネガ→ポジ(1)森名尚



スイーツどんぶり(1)FBC


1月28日

少女革命ウテナ コンプリートCD-BOX


2月1日

鳥籠の少女たち クロマメ



ヤングガン・カルナバル (11) グッドバイ・ヤングガン 深見真


2月4日

PSYCHO-PASS サイコパス(上) 特装版(深見真)



Gえでぃしょん(2)河下水希


2月7日

ともだちマグネット 1 まご


2月9日

はねつくをとめ 2 唐辛子ひでゆ


2月10日

戦姫絶唱シンフォギア 2 吉井ダン



メルルのアトリエ 〜アーランドの錬金術士3〜 2 唐辛子ひでゆ


2月12日

星川銀座四丁目 3(玄鉄絢)



悪戯ちょうちょ(2)綾瀬マナ



しまいずむ 3(吉富昭仁)



東京自転車少女(3)わだぺん。


2月13日

セントールの悩み(4)村山 慶



大正ガールズ エクスプレス 5 日下直子



『ビビッドレッドオペレーション』OP


2月14日

たまゆら 〜hitotose〜 (3) (完) momo、佐藤順一


2月15日

閃乱えんじ☆きょにゅう組 アサヒナヒカゲ



閃乱カグラ 千紫万紅ノ春花 井上 巧



愛しの可愛い子ちゃん(2)サトーユキエ


2月18日

Cirque Arachne −サーク・アラクニ− 再田ニカ


2月19日

ニーナとうさぎと魔法の戦車(2)薮口黒子 兎月竜之介


SSシスターズ 5 佐野 タカシ


ゴクジョッ。〜極楽院女子高寮物語〜(7)宮崎摩耶



白雪姫と7人の囚人(1)藪口黒子


2月20日

咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A 7 スペシャルエピソード #13 [Blu-ray]

[DVD]


「たまこまーけっと」 キャラクターソングアルバム twinkle ride CD


2月21日

フェイト/エクストラ CCC (限定版)


2月22日

星彩のレゾナンス




追い風らんっ♪じゃん♪すろー! びび



ニーナとうさぎと魔法の戦車 7 BUNBUN 兎月竜之介



コミックハイ!3月号



ギャラクシーエンジェルAA+S Blu-ray Box



SAYONARA FAIRES (スミヤ)


2月23日

ささだあすか短篇集 きらきらのなつ



のんのんびより(5)あっと



コンビニロボットぽぷりちゃん(4)(完)林 雄一



ガールズ&パンツァー(2)才谷屋龍一



ガールズ&パンツァー リトルアーミー(2)槌居


2月25日

魔法使いの心友(2)柚木麻子 (著), 香魚子



魔法少女リリカルなのはViVid 8 藤真拓哉



魔法戦記リリカルなのはForce Dimension 河南あすか



放浪息子14(志村貴子)



ストライクウィッチーズ 小ぃサーニャ 2 たちきヤマト


2月27日

桜Trick 2(タチ)



ビビッドレッド・オペレーション(小梅けいと)



Aチャンネル 4(黒田bb)



よくわかる現代魔法 DVD_SET



真・恋姫†無双〜乙女大乱〜(3)天海雪乃、BaseSon



ご注文はうさぎですか? 2(Koi)



プレフレ 1(ちび丸)



青春おうか部 (1) うかみ



Seed 双三ヒロ



Rainbow☆Starbow 2(BeLL)



少女革命ウテナ Blu-ray BOX 下巻(初回限定生産)(Blu-ray Disc)



ドラマCD レーカン!



けいおん! ストーリーアンソロジーコミック 3



まんがタイムきららカリノ 5



かみさまのいうとおり! 9(湖西晶)



みもりろっくおん(2)(完)みずなともみ


2月28日

楽園 Le Paradis 11


2月下旬

commons & sense ISSUE44


3月1日

ドキドキ!プリキュア&スマイルプリキュア! おはなしブック!
(上北ふたご先生のプリキュア漫画掲載!)


ドキドキ!プリキュア&プリキュアオールスターズ まるごとブック!


3月2日

アイカツ! 1 [DVD]


3月4日

コミカル!下村トモヒロ



あいうら 3 茶麻



BLEACH(58)久保帯人


3月6日

さばげぶっ! 4 松本ひで吉



AKB0048 EPISODE0 4 美麻 りん



女ともだち 角田 光代,川上 弘美


3月7日

わかば先輩未満 (2)佐野妙



ANDOL 1八色


3月8日

紅殻のパンドラ (1)六道 神士
百合関連カレンダー2
3月9日

彩百合 3



一騎当千〜逆鱗考察〜 大山玲 塩崎雄二



メイド諸君! 上 【新装版】きづきあきら サトウナンキ



メイド諸君! 下 【新装版】きづきあきら サトウナンキ



南鎌倉高校女子自転車部 3 松本規之



虹野さん家のホワイトスワン 2 介錯



デート・ア・ストライク 2 鬼八頭かかし 橘公司


3月10日

安達としまむら(入間人間 のん)


3月12日

学園ポリーチェ 1 森永みるく



ふたり(大朋めがね)



ヤマノススメ(3) しろ



まんがーる(3)玉岡かがり



私が彼女で彼女が私で 2(橘あゆん)


3月13日

スタッカート・デイズ あおい(CV:井口裕香) ひなた(CV:阿澄佳奈)



のろい屋姉妹ヨヨとネネ 下 ひらりん


3月15日

チョコミミ 7 園田 小波



光の海 小玉ユキ



タンスの奥のぱんつさん 1なつみん


3月18日

少女惑星(柏原麻実)



コミック百合姫 2013年 05月号



3月20日

咲 -Saki- 阿知賀編 episode of seide-A 8 スペシャルエピソード #14



メルルのアトリエ Plus ~アーランドの錬金術士3~ プレミアムボックス



真・恋姫†無双 Blu-ray BOX



真・恋姫†無双~乙女大乱 Blu-ray BOX



たまこまーけっと (1) [Blu-ray]



【Amazon.co.jp限定】映画スマイルプリキュア! 絵本の中はみんなチグハグ! 特装版(Amazon限定絵柄差し替えジャケット)【Blu-ray】


[DVD]限定版


[DVD]通常版



THE UNLIMITED 兵部京介 01(初回限定版) [Blu-ray]


3月22日

ヤミと帽子と本の旅人 Blu-ray BOX (仮)



ひなたCafeへようこそ 2 門井亜矢



ひゃくえん! 6 遠山えま



コミックハイ!4月号
(森永みるく先生の「学園ポリーチェ」単行本1巻の続きの本編から掲載!)


アラクニド 8 いふじシンセン 村田 真哉



魔法少女リリカルなのはThe MOVIE 2nd A's【超特装版】[Blu-ray]

【特装版】[Blu-ray]
【通常版】[Blu-ray]
【超特装版】[DVD]
【通常版】[DVD]

3月23日

とげぬきハトちゃん 久世番子



七瀬葵 20周年記念 アニバーサリーコレクション「festa!」


3月25日

夏色キセキ 3 たつひこ



ココロ図書館(仮)上 高木信孝



ココロ図書館(仮)下 高木信孝



射〜Sya〜 4 大塚志郎



輪廻のラグランジェ 3 IsII



蝶の毒 華の鎖 コミックアンソロジー



閃乱カグラ Burst −紅蓮の少女達− コミックアンソロジー 3



一騎当千【初回限定版】21 塩崎雄二



魔法少女リリカルなのは The MOVIE コミックアラカルト



あくの秘密結社 まったくモー助



星屑とコスモス さよならポニーテール


3月27日

ビビッドレッド・オペレーション 1(完全生産限定版) [Blu-ray]

[DVD](完全生産限定版)
[DVD](通常版)


閃乱カグラ 第壱巻 [Blu-ray]



苺ましまろ(7)ばらスィー



▲コンプレックス 1(鴨鳴アヒル)



キルミーベイベー 5(カヅホ)



もこもこBOX 2(☆画野朗)



ウォーターガールズ 2(なぐも。)



かいちょー☆ 2(武シノブ)



がんばれ! 消えるな! ! 色素薄子さん8 限定版 水月とーこ



放課後プレイ High Heels 黒咲練導



4コマ公式アンソロジー とある科学の超電磁砲×とある魔術の禁書目録 3



TVシリーズ うる星やつら Blu-ray BOX1



みなみけ ただいま 1 [Blu-ray]


3月28日

ダンジョントラベラーズ2〜王立図書館とマモノの封印〜


3月29日

その花びらにくちづけを アトリエの恋人たち




3月30日

ピュア百合アンソロジー ひらり、10



女の子の設計図(紺野キタ)(ひらり、コミックス)



購買のプロキオン(ふかさくえみ)(ひらり、コミックス)



咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A お風呂ポスター 玄&宥



ココロコネクト アスランダム (下) 庵田定夏


4月4日

ひよっこノート 陽菜子


4月5日

クギ子ちゃん(2) PEACH-PIT


4月6日

おーがちゃん(2)コンノトヒロ



ぽちゃぽちゃ水泳部(3)遠山えま


4月8日

思春期生命体ベガ(ドラマCD付き)(林家志弦)予約締め切り


4月9日
新世界より 3 及川徹 貴志祐介

4月10日

バガタウェイ 9 古日向 いろは


4月12日

神さまばかり恋をする(2)一花ハナ



ハナヤマタ(3)浜弓場双



少女政府 ベルガモット・ドミニオンズ 1



世界でいちばん強くなりたい!(3) 夏木きよひと



新Good Job〜グッジョブ 7 かたおか みさお



おんなのいえ 1 鳥飼茜



遺言姉妹 2 井ノ本 リカ子


4月13日

わんおふ−one off− 2 太田 真人 佐藤 順一


4月15日

けんもほろろ 1 ハトポポコ


4月16日

ガズリング(3)才谷ウメタロウ


4月18日

あまいゆびさき宮木 あや子 (著), ロクロイチ (イラスト)



私の世界を構成する塵のような何か。 2 天野 しゅにんた




名前はまだない かずま こを



ふ〜ふ 2 源 久也



きものなでしこ 2 八色


4月19日

ゆりてつ〜私立百合ヶ咲女子高鉄道部〜 3 松山せいじ



℃りけい。 5 わだぺん。 青木潤太朗



スクール人魚 1 吉富 昭仁


4月22日

魔女とほうきと黒縁メガネ 2 へーべー



魔女の心臓 2 matoba


4月23日
ZUCCA×ZUCA(5) はるな檸檬


デイドリームネイション 5(完) kashmir


4月24日

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q EVANGELION:3.33 YOU CAN (NOT) REDO.(初回限定版)(オリジナル・サウンドトラック付き) [Blu-ray]


ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q EVANGELION:3.33 YOU CAN (NOT) REDO.(初回限定版)(オリジナル・サウンドトラック付き) [DVD]



ギャラクシーエンジェルX Blu-ray Box


4月25日

咲−Saki− 阿知賀編episode of side−A 5 五十嵐あぐり 小林立



咲−Saki− 11 小林 立



R.O.D REHABILITATION 藤 ちょこ (著), 原作/倉田 英之 スタジオオルフェ



アイドルマスター シンデレラガールズ ニュージェネレーションズ(1) namo



アイドルマスター シンデレラガールズ Shuffle!!(1)



アイドルマスター シンデレラガールズ ロッキングガール(1) ハマちょん


4月26日

ひとりのクオリア


ふたりのクオリア


ゆりキャン 5 瀬口たかひろ 原田 重光



魔法少女リリカルなのはA’s PORTABLE ─THE GEARS OF DESTINY─ マテリアル娘。ダッシュ 榊 蒼十郎 都築 真紀



魔法少女リリカルなのはViVid LIFE Advance ねことうふ 都築 真紀



魔法少女リリカルなのはViVid 9 藤真 拓哉 都築真紀



LSD〜ろんぐすろーでぃすたんす〜(2)ほた。



ゆゆ式 ストーリーアンソロジー(1)



ゆゆ式(5)三上小又



アキタランド・ゴシック(2)器械



Good night! Angel(2)柊ゆたか



ふわふわ科学(2)田仲康二



Nymphodelic 東山 翔



ガラスの仮面 50 美内すずえ



くれよん・でいず〜大キライなアイツ〜 4 千葉コズエ


4月27日

スズログ −suzuro’s logfile− 3 FLIPFLOPs



Doubt! 2 天乃 咲哉


クイーンズブレイドリベリオン:ZERO 3 さがら 梨々


魔法少女 鬼塚さくら 2 小林 マサト 本川耕平


4月29日

しすばれ -Sister bullet- 2 松崎豊


4月30日

小学生のヒミツ 1 中江みかよ



デスレス 6 六道 神士


今冬
ゆるゆり10(なもり)

5月1日

あまんちゅ!(6) 初回限定版 天野こずえ


5月2日
ちょっとかわいいアイアンメイデン 2(深見真先生 α・アルフライラ)

5月10日
新約 とある魔術の禁書目録(7) 鎌池和馬 はいむらきよたか

GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン VI <上> 川上 稔 さとやす

5月16日

サモンナイト5 (初回封入特典ソーシャルゲーム「サモンナイト コレクション」の特設ページで入力すると「5」の主人公カードが入手できるシリアルコード 同梱) 予約特典『サモンナイト5』特別設定集 付


5月17日

モンスター・ダーリン 山口ねね


5月18日
コミック百合姫 2013年 07月号


5月24日

ヤマノススメ [Blu-ray]


5月27日

がんばれ! 消えるな! ! 色素薄子さん(9) 限定版 水月 とーこ


5月31日

思春期生命体ベガ(ドラマCD付き)(林家志弦)


6月4日
生徒会長が百合好きでも問題ナシ!?(うおなてれぴん)

6月7日

「侵略! イカ娘」14巻オリジナルアニメDVD付限定版 安部真弘


6月12日
15才(あさぎ龍)

6月21日

ガールズ&パンツァー (初回限定生産) 6 [Blu-ray]


6月29日
思春期生命体ベガ(林家志弦)

今春
ひみつのレシピ(森永みるく)

9月27日

ドキドキ! プリキュア 【Blu-ray】vol.1


12月25日

めぞん一刻 Blu-ray BOX1(初回限定版)


未定
緋弾のアリアAA 6 橘 書画子 赤松中学


ストライクウィッチーズ劇場版 秘め歌コレクション3 ミーナ、ハルトマン、バルクホルン



ストライクウィッチーズ劇場版 秘め歌コレクション4 宮藤芳佳、坂本美緒、服部静夏



ストライクウィッチーズ劇場版 秘め歌コレクション5 リーネ&ペリーヌ



南国ちゅーばっか!(2) こむそう



↑amazonのロゴが出てるものは予約が開始してない商品。

過去ログ
記事検索(Google)


WWW を検索
ブログ内を検索
↑↓精度はどっこいどっこいです(汗)
記事検索(Livedoor)
  • ライブドアブログ