百合な日々

百合な作品をまったり紹介している個人サイトです。(管理人:雨傘)

百合姫

ふ〜ふ 2 源 久也


ふ〜ふ 2 源 久也


源久也先生のラブラブ女子カップルのお話の第2巻、完結編は4月18日発売!

以下雑誌掲載分のレビュー。

新キャラはもちろん百合キャラ!新キャラだから名前は新!

いきなりのこのセリフは強烈でやっぱり笑える(笑)。


告白されたと聞いて一時は激しく動揺するものの、きななに抱きしめられて、胸の感触で満足してしまうすぅちゃんがむっつりですね(笑)。
結局きななはやはりすぅちゃんがいるからと新ちゃんの告白を断るものの、新がきななのことを好きになったきっかけというのは昔恋していた相手に似ていたから…と知ったところでその相手が登場。その相手とはもちろんかなな姉ちゃんです(笑)。
新ちゃんは改めてかなな姉ちゃんに恋をしてしまうことに。
かなな姉ちゃんは白雪ちゃんという相手と良い雰囲気になっていたんですが、新たに求愛してくる新を拒否することもせず、白雪もかななを束縛するのが嫌、かなな姉ちゃんは元からの天然な感じで深く考えることもせず両方の求愛を受け入れてしまい…?

13話は冒頭から抱きしめて同衾しているはやせと小麦が良いですね。

いきなりがばちょと抱きついてキスするもののこれも普通だというはやせは、きっと毎晩布団の中でDVちっくなHプレイをするのも普通なのでしょう(笑)。

きななとすぅちゃんのデート、夢の国と言いつつ行く先は業務用スーパーという庶民的な場所なんですが、カップルだとこんなところも楽しく感じられてしまうのでしょうかねえ(笑)。
日常生活の中で一時子供まで作ってしまうとはさすが婦婦(笑)。

クールビューティーだった白雪ですがあらたが出現したことで自分でも驚くほど独占欲が芽生え、感情があふれて涙まで流してしまうのですが、そんな白雪にベテランカップルのすぅちゃんはアドバイスしてあげるのでした。
…なんかいい話になってきちゃったな(笑)。

新キャラの新ちゃんが振られてしまったのを見て、改めて結ばれている自分たちの幸せを実感するきななとすみが厚かましくて良いですね。

それはともっくかななねーちゃんが白雪ちゃんともう何気にベッドインしちゃってる仲になってるのがすげー気になった(笑)。
すみちゃんが作りたい新しい記念日とは初H記念日に違いない…と思ったらペアリングのことだったんですね(笑)。


夜中にこっそりきななの指のサイズをはかるもののバレてしまい、しかしその計測用に巻いたわっかだけでペアリングにしようと言うきななが優しいですね。

最終回。指輪交換ときたら…やっぱり結婚式ですよね〜。最初からふ〜ふだったのに最後結婚式…考えてみれば確かにおかしい(笑)。隣に住んでる小麦やはやせさんが結婚式場を作ってくれて、かな姉ちゃんや白雪、新まで祝福してくれる中で誓いのキスを交わし結婚する二人が幸せそう。


■これ以上ないくらいシンプルなお話でここまで面白く出来たのは、これはもう作者さんの才能としか言いようがないですね(笑)。

ラブラブ百合カップルの様子を、出会ってから惹かれあうまでの過程を辿るのではなく、いきなりもうすでにラブラブカップルになっている様子から描いているのは、画期的でしたね。
森永みるく先生が昔から描いている同人誌も、ほとんど最初からラブラブな様子を描いていて、それで話のネタも尽きず熱い百合カップルの甘々な様子を描いているのはすごいなぁと思っていたんですが、この作品はそれに通ずるものも感じてしまいましたね。ラブラブ百合最高!

1巻の紹介はこちら

少女惑星(柏原麻実)


少女惑星 (百合姫コミックス) 柏原 麻実


柏原麻実先生の初百合姫コミックスは3月18日発売!予想百合度は★5つです。

表紙、ラブラブなカップルも良いですがぽつんと立ってる律花が切ない…。

柏原麻実先生と言えば「宙のまにまに」で(ちなみに「宙のまにまに」にもちょっとだけ百合要素があります…笑)、商業では百合以外の作品の方が成功することが多いのが不思議な方なんですが、ご本人も百合属性は申し分ないですし、今回こそ百合作品で成功するかも…!
良質の百合作品が揃っています♪

以下百合姫掲載分のレビュー。
・「花火が消えないうちに」
幼なじみの夏海のことを高校になってからも大好きなヒロインみどり。夏海がだんだん色っぽくなって、みどりが黒い壁のようだと怖く思ってる男子とも親しげに話してるのを見て、さらに自分が夏海と親しくしているのを馬鹿にしてくる女子高津もいたりして、周りが色めきっているのに対して自分が子供扱いされてしまってぐぬぬと思ってしまっていたところ、夏海が男となにやら示し合わせているのを見て自分が一緒に花火を見に行く予定だった約束を破られたと思い「うそつき!」」と夏海に怒鳴りつけ一人泣いていたのですが、本当は夏海はみどりの好きなおもちゃをあげようとしていただけで本当はみどりのことが好きで、花火の日も一緒に見てこっそりキスも交わしてラブラブなのでした。


・「白線」
運動神経が良くて女子にもモテモテなヒロインりっちゃんはボーイッシュな外見そのままにほんとに女の子が好きな子だったんだけど、真剣に女の子に付き合おうとするといつも相手が引いてしまって悲しい思いをしていた。そんな彼女の前に表れたのは男の子が怖いからと電車にも乗れない千晴。電車で守ってあげたりするうちに特別に親しい仲になっていくりっちゃんだったが、ある日彼女に告白してくる男子が現れ、千晴も彼にだけは悪い気がしなくて…。

最後切ないですが、すごく印象に残った作品です。
やっぱりビターな感じもいれるとかなり良いですねー。古くからある少女漫画的な悲恋を今の作風で描いているのが新鮮。

・「火の女王様と嘆きの下女」
「花火が消えないうちに」にも登場してたいじわるな高津さんのお話。

幼い時病弱なせいで孤独だったところを声をかけてくれたきみちゃんをヒロインちかはずっとお姫様のように思って慕っていた。しかし学校で会ったきみちゃんは仲の良かった女子同士を次々引き裂くいじめっこで、戸惑うちか。きみちゃんは嫉妬しぃの女の子で本当は孤独だったのだけど、ちかが寂しい気持ちをわかってあげて、ちかがずっと側にいてほしいという気持ちも受け入れ抱きしめてあげ、お互い不器用だった2人は凍えることもなく暖かい気持ちになることが出来るのでした。寒い季節のお話にして、冷たさと暖かさの対比を描いてるのが上手い。

・「少女惑星」
前半の、憧れの由美浜先輩にアタックしていくモクちゃんのテンション高けえ(笑)。
続きを読む

ANDOL -えんどる-、きものなでしこ2(八色)


ANDOL -えんどる-(1) (八色)

百合度★★★★★(4.5)

百合姫でもお馴染み八色先生の女子アイドル×女子プロデューサーな4コマ。
百合姫に掲載されている作品に負けず劣らず百合度高いです!

WEBで読んだ際は全然ピンと来なかったんだけど、紙で読んでみたらすごい私好みな感じで、百合くて面白かった♪

人間回で遊ぶのが好きなヒロインのうさはカラオケで歌っていたところ、アイドル事務所のプロデューサーだった女性、幸子に才能を見込まれてアイドルとして活動を始めることに。うさの歌を聴いてうっとりして魂が抜けそうになっちゃう幸子が危ない(笑)。
住む場所がないといううさのために自分の家に泊めてあげる幸子。同じ住所になってることを指摘されて、隠しして照れてる彼女を見て、すぐに理解出来てしまう事務員の由鶴さんも分かってますね(笑)。
甘やかしすぎて前の担当したアイドルの女の子には逃げられてしまったという悲しい(?)過去を持つ幸子ですが、うさは自分はどこにも行かないからと笑顔で言ってあげるのでした♪

可愛いうさにお子さまランチ与えて口元も拭いてあげて幸子はかわいがりまくりな幸子。いくつになってもお風呂にも一人で入れないといううさが可愛くて癒される(笑)。

そんなうさのため、本当に一緒にお風呂に入ってあげる幸子も優しいですね〜。

ちょっと離れていた間も寂しくて、会えた時は抱きついてしまううさ。

まるで母と娘のように依存しすぎな百合が新鮮。しかしこういう百合、ちょうど読みたいなと思っていたところなんですよ。ほんわか癒されますね〜。


百合と言って良いのか分かりませんが、実の母との絡みも良いんですよね〜。(^^;

言葉を交わさなくても、目と目で通じあう二人…とこれは普通にテレパシー能力がうさにあったのでした。ちょっと惜しい(笑)。


一緒にアイドルを目指す唯未はつんつんしてていきなりけりを入れてきたりしますが、それはうさのことが気になってしょうがない裏返しで、うさに会いに行くことになるとにまにましながらいそいそと荷物を用意したり、それを指摘されてかああっと赤くなったり、激しいタイプのツンデレですね(笑)。

呼ばれて迷惑だったのかと泣き出すうさを慰めてあげる唯未ですが、その間もビシビシチョップを食らわせていて、好きな子に思わず手を出してしまう体質が面白い(笑)。

描きおろしの(多分)合間カットでは、うさが幸子を養おうとプロポーズしてしまうような展開に(笑)。

1巻はうさがついにステージに立つところまで。盛り上がってるキリところで終わってて良い感じでしたね。

1巻ではまだ出番がほとんどなかったんで百合的にも絡みの少なかったねねとかも、今後誰かと百合ってくれそうな予感はありましたね。

■びっくりするくらいピュアな作品でした。「きものなでしこ」もピュアじゃないわけじゃないんですけど、例えて言うなら「ゆるゆり」と「ゆりゆり」の違いみたいな。同じようで、違うような印象も持つんですよね。もちろん前から好きではあったんですけど改めて、私は八色先生の作品が好きなんだなぁと気づきました。

「オクターブ」の雪乃としおりちゃんが結ばれちゃうような展開のお話みたいに感じましたね。恋心が実るところまで描かれなかったしおりですが、もし雪乃が節子さんと破局して、しおりちゃんと結ばれることになったら、こんな展開だったかもしれませんね〜。私しおりちゃんも好きだったんで、そういう見方で見るとまた違った楽しみ方が出来ました(笑)。

作者さんの百合属性のせいもあるんでしょうかね。うさが幸子と結ばれる結末以外が想像出来ない(笑)。百合的にはかなり安心して読める作品だと思いますよ。


きものなでしこ 2 八色


さらにきものなでしこの2巻の先行レビューもこの機会に。続きを読む

コミック百合姫 2013年 05月号


コミック百合姫 2013年 05月号


くそう全然本屋にいけないんで新規の百合物件発掘できないし百合分が深刻に不足だぞ…とそれはともかく次号百合姫は3月18日発売!
浜弓場双先生の表紙、どんなのが来るのか楽しみですね。

・「」(タカハシマコ
タカハシマコ先生、前号に引き続き今月号にも参加されるそうです。

・「hime cafe」
今回のコメンテーターはなんとタカハシマコ先生!

・「キミにあいたい」(蕗)
新人賞2等を取った作家さんの受賞後第1作も掲載されるそうです。

以下さらに予想ラインナップ。続きを読む

Cirque Arachne −サーク・アラクニ− 再田ニカ


Cirque Arachne −サーク・アラクニ− 再田ニカ

百合度★★★★★(5.5)

サーカスの、華麗だけど厳しい世界の中で芽生える女性同士の恋愛を描いた作品!




最後セックスまでしてしまうので、二人が愛し合う色っぽいシーンはふんだんにあるのですが、それ以外のサーカスの練習をしている場面などでも、体のラインが綺麗に色っぽく描かれています。
これは作者さんが、女の子の顔だけでなく体のラインもしっかり描くことが出来る技術力があってこそ出来たことなのでしょう。細かいことですがこういうところもとても良いですね。

曲芸集団「サーク・アラクニ」の舞台を観て惹かれたヒロインテティは、その後自分も蜘蛛の糸に導かれるようにサークアラクニに入団することに。

その後、デュオを組んで縁目に望むことになる2人ですが、楽しそうに練習を続けるテティに、ロッテはなにかそわそわした、忘れかけていたものを見つけたような気分になることに。

この辺から徐々にロッテがテティの方に惹かれていくターンになるのが面白いですね〜。

ロッテが入ってるお風呂に、屈託なく一緒に入ってくるテティに、ロッテの方が意識しまくりになってしまうのが可愛いですね。
そしてお互いの白い肌を見惚れてしまうの2人。テティの方はロッテの肩に実際に吸いついてしまって大胆。ますますロッテはテティのことを意識してしまうのでした。
その夜はテティの裸やあそこそのものずばりを思い出してしまうロッテがエロい(笑)。

意識しすぎて普段通りの演技もできなくなってきたロッテは以前のように、誰もいない世界で演技をしているような気分で、一人で落ち着いて演技をしていた時の頃に戻ろうと思うのですが、突然現れたテティのことはすでに意識せずにいられる相手ではなく、パートナーとして一緒に頑張ろうと言ってくれるテティと気持ちをひとつにしながらこれからはやっていこうと思うのでした。

動揺して調子が悪くなってしまったロッテですが、テティはそんな彼女を見ても、以前より表情豊かになった彼女がよくなってる、悩んでる彼女もセクシーだと思うのでした。
そして「ロッテとやりたい!」と(笑)自分の気持ちをぶつけてくれるテティに、ロッテはついに自分の方から告白!
告白はロッテからでしたね〜。これは予想外でした(笑)。
そしてテティもそれを受け入れる気持ちは最初からあると告白。晴れて結ばれた二人は芝生の上で、そして控え室の中でちゅっちゅキスを交わし合う仲になるのでした♪


そして公演は開幕。二人は息の合った演技を見せ、それは色っぽくもあったのですがそれもそのはず、愛し合う役に入りこんだ2人は初演の後、我慢出来ずに楽屋でそのままエッチをしてしまったのでした(笑)。

その後も時間があれば肌を重ね合わせる二人は本当に幸せそうにエッチしてるのが良いですね。
良いパートナーにも恵まれた二人は、新しい演技を観客に見せていき、それを見て自分もあんな風になりたいとステージを目指す少女も現れて、曲芸集団サーク・アラクニに集う女性たちが成長して結ばれていく物語は続いていくのでした…。


■加筆修正はちょいちょいありますね。特に前半、「角度で変わる宝石みたい」と説明されつつもクール一辺倒だったロッテの表情はだいぶ修正されて、表情豊かになっています。

まとめて読んで、改めて作中の女子同士の関係の変化の面白さ、少女漫画要素もあるけど色っぽいしっかりした絵柄など、とても楽しませていただきました♪

お互い惹かれあっていく課程自体は、百合漫画なら普通にあるものなんですが、この作品の場合はその順序が絶妙でしたね。
だから最後、愛し合う二人の姿が感動的に見えるのでしょう。

表紙は色っぽい♪筋肉もついてるけど柔らかそうで、それでいて少女漫画的でもあるからこの作者さんはすごいですよね。
裏表紙も表紙同様色っぽい♪ロッテは素っ裸ですね。帯裏の方に色っぽいシーンがいろいろ載っていることもあって、レジ持ってくのはちょっと恥ずかしいかもしれません(笑)。

この作者さん、わりと天然な感じで漫画を描いているところも見受けられるんで、こういう展開になったのは作者さんが最初から考えて意図的になのか、あるいは流れで自然にそうなったのかは分からないんですが、それにしても蜘蛛の糸に絡められるようにロッテに惹かれていくテティが、結果的には自分がロッテを魅了して蜘蛛の糸で絡めるように、冷たそうに見えた彼女を籠絡、相思相愛になってしまう様子が上手すぎますね。とても面白い作品になったと思います。

この作品は百合姫編集ノラさん担当の百合姫コミックスです。
帯の文句や裏表紙の作品紹介文もノラさんが書いているのでしょう。シンプルだけど素敵な文章ですね。

私の記憶では、雑誌百合姫掲載の連載作の中で、ノラさん担当で始まったのはこの作品が初めてではないかと思うんですがどうでしょうね?(途中から引き継いだのとか描きおろし単行本は除きます)
編集長や副編集長担当ではないということもあって、雑誌ではあまり扱いが大きくなかった印象もあるこの作品ですが、内容はしっかりしていて変な毒があるところもなく、素直でピュアな作品なんですよね。
こういう作品は皆さんにも特におすすめですね。

いやしかし百合漫画の癒し効果は私にとっては絶大ですね。ここ1週間は特にいろいろ酷くて精神的にかなりきてたんですが、これ読んでたらすごい落ち着いてきた(笑)。明日も明後日もその次もこんな調子だったらなー…。

放課後ベリーガール
体が大きいことや、性格がおおらかなことから女子たちから親しまれつつも「おかん」と呼ばれていたちくさ。
しかし恋人のサカエちゃんはちくさは「おかん」なんかじゃない、やわらかくてエロい、ムラムラする存在だと、欲情して身体を求めてくるのでした。
体の大きい女の子の、おおらかで包容力のある良さは誰でもわかるものの、その中にある色っぽさも良いということがうまく描かれていますね。

言葉で説明するだけではなく、体が大きい女の子の絵柄が本当にそれを的確に表現しているところがまたすごいです。
ロリ系はわりと巷に溢れているようですが、大きい女の子の百合ってあまり見ないですよね。性的描写が含まれる作品はなおさら少ないです。
全国の大きい女の子百合好きの方は必見の作品ですよ♪

再田ニカ先生の作品としては「Raubritter* ローブリッター」(百合姫コミックス)もエッチありですが女の子の体が柔らかそうに上手く描かれている素敵な作品なので、是非こちらもチェックしてみてください♪

コミック百合姫 2013年 03月号


コミック百合姫 2013年 03月号

百合度★★★★★(5.5)

まずは告知。大室家がオンラインコミック、ニコニコ静画内の「ニコニコ百合姫」で連載再開されるそうです。

「掲載」ではなく「連載再開」とはっきり書かれているので、続きの新しい展開が読めることになりそうで、これは嬉しいですね。

またそのニコニコ百合姫では大室家だけでなくほかの作品も掲載されるようで、今のところ「きものなでしこ」(八色)、「犬神さんと猫山さん」(くずしろ)、すこやか先生の作品、ねこ太先生の作品も掲載されるようです。すこやか先生の作品とか読めるのは良いですね。
柏原麻実先生の「少女惑星」が3月18日に発売決定!
これは「少女惑星」というそうタイトルが付く前からのカシマミ先生の百合読み切り話の話数を数えてて、ちょうど今月で単行本1冊分になりそうだったんで、そろそろ来るだろうと予想していたんですが予想通りでした(笑)。
ゆるゆり10巻については「COMING SOON」「WinterーSprings2013年」「続報をお待ちください…!!」などと書いてありますが、何月に発売されるか詳しくはまだ告知されてないようですね。多分限定版か何か仕掛けを考えているのでしょう。ゆるゆり単行本はただでは出さない気がする(笑)。気長に待ちましょう。
次号百合姫5月号にはこないだ新人賞で2等を取った蕗先生の作品が掲載されるそうです。また次回のHime cafeにタカハシマコ先生が登場するということが気になる!(笑)タカハシマコ先生は今月号に参加されてますが、次号もまた漫画でも参加されるようですよ〜。

今月号には大室家の小冊子が付録としてついてきます。

大室家はうちのサイトでもこちらでコソコソレビューを書いていたんですが(笑)紙媒体で読めるのは良いですね。

・「雪バラ 紅バラ」(タカハシマコ
今月号はタカハシマコ先生が待望の復帰!
タイトルの「紅」のとこだけ赤くするためにこの作品だけ紙質変えてるのがすごい。
一つ違いの姉妹雪子と紅子。お互い女性のことが好きで、紅子は女性と付き合ったりするものの母親にカミングアウトするのが怖くて、お見合いした男性と危うく結婚までしてしまいそうになりますが、やはり出来なくて、年を取った後も母親には内緒で女性と付き合い続けているのでした。
一方雪子が好きなのは紅子。幼い時だけでなく、ある程度年をとった後も姉妹が女性のことを好きでいる様子が見事に描かれていますね。

美しいものを見ると泣いてしまう癖があるのは双子だから紅子も雪子も同じ……でしょうか?ウエディングドレス姿の紅子を見た雪子の涙の意味はそれが理由ではない気がします。

・「スノーフレイクス」(百乃モト
女の先輩にせっせとマフラーを編んでる友達のハル子がレズだったのかと意外に思うるいですが、健気な彼女の姿を見て応援してあげることにし、ハル子もマフラーを渡すことが出来るのですが、そうこうしているうちに自分はハル子に恋をしていることに気づくるいなのでした。

「気づいたら夢中になってんの」とハル子が言っていたとおりにるいもなってしまいましたね。
百合姫を去っていった作家さんに戻ってきてほしいという方は多いと思うんですが、今回お二人戻ってくることになって良かったですね。ちなみに担当編集さんはタカハシマコ先生がぱいんさん、百乃モト先生がノラさんです(笑)。

・「月と世界とエトワール」(高上優里子
貪欲に女生徒を求めそれを糧に成長しようとする海百合様の姿勢に納得がいかず、対立したよぞらが世界と組んで海百合さま×永遠さまと対決…?という流れになったものの、よぞらと組むのは嫌だと言うものの「キスしてくれたら考える」という世界と、無邪気にキスを待つよぞらの姿が破壊力ある!

これはドキドキするわ〜!
世界はコンクールは嫌だと拒否するものの、結局曲を作ってそっとよぞらに届けてあげて優しいですね。そんな彼女は演奏の日も、きっとピアノを弾くため来てくれるだろうと信じるよぞらですが、彼女は鏡さんに閉じこめられてしまって…?
対決とはいえ、海百合もよぞらもお互い高め合うために勝負を楽しんでいるようなところもあって、ギスギスした関係というより爽やかな感じなのが意外な展開ですね。

・「citrus」(サブロウタ
義姉妹同士のドキドキ同居生活。一緒にお風呂に入ることになって、ドキドキするユズですが芽衣はさらに壁バンして首筋に口づけまでしてくるのでした。

ますます芽衣のことを意識せずにはいられなくなったユズは、彼女が時折寂しそうな顔をするのが気になり、彼女にキスしていた男教師が地位目当てで近づいていることを知り、自分の立場が悪くなることを省みず見たことを全校生徒の前でバラし男を窮地においやってやった…と思ったらなにやら芽衣の立場も悪くなってしまったらしく連れていかれてしまったと知り…。
賛否あるかと思いますが友達のはるみんの言ってる一時的な性欲を充たすために女子校で女子同士いちゃつくのもフツーって言葉にちょっと萌えてしまう(笑)。

・「カノジョの彼女」(森島明子)
自分の家にお泊まりに誘うことに成功。ついに月宮さんとセックスできる…という流れになった根神さん。しかし行為の直前で断られてしまってショック!
そのことを先輩百合カップルに相談するもの先輩は「心がつながっていればいいんじゃない?」と意外な答え。しかしそれでは満足出来ないと自分自身は思った根神さんはセックス出来ないならせめて裸だけでも見たい…などと妄想していたところ、カメラに興味を持った月宮さんから服を脱いで撮りたいと言われ、思わぬところでお互いに裸になる機会が出来ます。実は月宮さんは根神さんの裸に見惚れて、自分の身体を見せることが恥ずかしくなって拒否したこともわかり、晴れて気持ちが通じ合った二人は改めてちゃんとセックスをして、夢みたいに幸せなひとときを過ごすことができたのでした。

今回も森島明子先生の作品は一般雑誌に載せるにはギリギリのエッチ描写を入れてきて相変わらず素晴らしい!続きを読む

犬神さんと猫山さん1(くずしろ)


犬神さんと猫山さん1(くずしろ)

百合度★★★★★(5.5)

「姫のためなら死ねる」で百合好きにもおなじみのくずしろ先生の作品が、百合姫コミックスに登場!

犬っぽい少女の方が猫っぽい少女を好きだったりその逆もあったり、くずしろ先生のややこし面白い百合作風が健在な作品です。ケモ百合…っぽいけどこれはケモ百合に分類していいのかどうか(笑)。

カラーで単行本描きおろしが入ってて豪華ですやね。第1話の前日談が掲載されているんですが、犬神さんは以前から秋とは仲が良かったんですね。その後彼女が猫山さんと運命的な出会いをすることに秋も気がついてしまうのでした。

描きおろしは巻末にも。さくらんぼのへたを結ぶ牛若さんが誰かとキスを何度もしてるのではないかと疑って嫉妬してるねずさんがかわいい♪
猫山さんのお姉さんもやはり犬系が好きなのですが、彼女は調教して愛でるのが好きなようで、同じ好きでも妹とはちょっと違う?

第1話。扉絵で猫山さんに首輪で繋がれてる犬神さんが嬉しそうなのがエロい(笑)。

第1話から結構百合度高いです(笑)。


第2話。発情期の2人の妄想がエロい(笑)。犬神さんは中学の時は、秋ちゃんに一目惚れしていたんですね。彼女が今後2人にどうかかわっていくかも注目です。


第3話。セクハラを注意しようとした秋ですが、ラブラブすぎる2人の前にツッコミの行き場がないのが面白い(笑)。4話、意外と3Pエンドもありな流れに?続きを読む

沼、暗闇、夜の森(さかもと麻乃)


沼、暗闇、夜の森(さかもと麻乃)

百合度★★★★★(5.5)

さかもと麻乃先生の百合姫コミックス第2弾!
…が発売されたんです。百合姫本誌にはこの単行本の告知はないまま、単行本発売日を迎えてしまいましたが(笑)。

前回「パイをあげましょ、あなたにパイをね」には全然なかったんですが、今回の単行本には描きおろしが結構あります!さかもと麻乃先生の漫画がたくさん読めるのは豪華です♪

スワコさんとデート
描きおろしその1はスワコさんの後日談!愛を振りまきながら天真爛漫、傍若無人に周りを振り回し生きているスワコさんとも一緒にやっていくことに慣れてきたミカゲですが、そんなミカゲもどうして良いか分からなくなるのは、意外な時で…。

下着通り
描きおろしその2は完全新作!
服着てるシーンが1ページ目以外ないくらい露出度の高いサービスも多めなお話です。下着どころか上はつけてすらない(笑)。

同棲すべく新しい街に引っ越してきた奈々子とチリ子は、そこで下着姿でないと通れない通りに直面し、あいにくノーブラだったため丸出しのおっぱいをくっついたりお互い手で隠したりあれこれ方法を考えながら歩いていくのですが…。
服着てる方がおかしいとか、女性同士カップルに見える方が恥ずかしくないとか常識がひっくりかえってるような設定が素晴らしい。前出した単行本のあとがきで仰っていた「へんてこファンタジー」の一種なんでしょうね。何が普通で、何がおかしいのか、場所によって違いますが、そういうのを延長すると、こういう世界ももしかしたらあるかも…と思ってしまいました。

ケンカ
描きおろしその3は男を巡って争っていた女の子二人が、その男を2人で倒してしまって仲良くなるお話…を象徴しているようなこれまた不思議なお話です。実際に一度読んで見ると良いでしょう。最初ぽかーんとしてしまいますよ(笑)。

・「沼、暗闇、夜の森」

家では女子同士乱交ちっくにいちゃいちゃ、クラスでも女子同士の恋愛に花を咲かせて青春を満喫している…ように見えたヒロイン黒田さんが実は死人としかしゃべれなくていちゃいちゃしてるのもおしゃべりしてるのも架空の相手で現実では一人でぶつぶつ…好きな子にも相手にされず死ねばいいのにと思ってしまいそれを本当に実行…って怖いなぁ!

ヒロインの妄想はどこからなのか気になる…という人が百合姫掲載時、何人か見られたんだけど、私は最初からだろう…と読みました。皆さんはどう解釈しました?

・「魔少女」

続きを読む

百合姫ノベル ウタカイ 森田 季節:作 えいひ :絵


ウタカイ 森田 季節:作 えいひ :絵

百合度★★★★★(5.5)

百合姫で連載していた、短歌を読みまくりな百合小説が単行本化!
イラストはえいひ先生。これはかなり良い感じの人選ですね〜。
百合姫連載時は正直イラストで損してるかな〜とも思っていたんですが、このイラストで読むと作品の見え方がまた違ってきますよ。

表紙を開くともう一枚美しいカラーイラストがあるのですが、表紙の絵との対比が面白いですね〜。

単行本はぴっかぴか!金箔が張ってあるような雅で豪華な装丁になっています(笑)。

単行本描き下ろしの後日談では伊勢と鏡霞先輩のラブラブ後日談が♪
「ウタカイ」は百合姫掲載分だけだと全5話しかありませんでしたが、加筆修正が大幅に加えられているので、ボリュームは結構ありますね。
加筆修正は文章の方もそうですが、短歌にもかなり修正が入ってますね。より五七五七七にこだわらない形が増えたような印象はありますが、内容は雑誌掲載分よりよくなっているような気がします。

百合姫では連載していた小説が2本ともちょうど最終回になったんですが、今月号にも小説は掲載されてなかったし次号予告にもないですし、百合小説が専門雑誌から出る機会が引き続きあるかどうかは、これが売れるか売れないかに大きく影響されるでしょう。

百合姫の小説本ですから配本も少ないでしょうし、例によって本屋のどこに置いてあるか分からない感じでしょうから、どこかで注文すると良いでしょう。

さて「ウタカイ」本編。作品をざっくり紹介すると、女子同士が「歌会」という舞台で短歌を詠みあって歌垣という特殊なフィールドを発生させ、それを競い合わせて勝負を続けていき、その中で女子同士の恋愛も…というわけで森田季節先生が百合短歌を作りまくる作品です。森田季節先生が自分で短歌作って自分でそれを批評する形になってるのが面白いです。
バトル百合でもあるしややファンタジー百合でもあります。続きを読む

百合魂-ゆりイズム-vol.1


百合魂-ゆりイズム-vol.1


有料チャンネルで放送されていた橘田いずみさんと三上枝織さんが司会をつとめる百合番組(!)、百合魂がDVDで購入できるようになったようです。商品紹介ページによると…
PigooHD(スカパー!プレミアムサービス Ch.663)で放送された、百合好きの、百合好きによる、百合好きのための、百合コミック紹介番組「百合魂-ゆりイズム-」。百合をこよなく愛する橘田いずみと三上枝織が、毎回ある百合作品についてアツく語る! 今回収録されている作品は、「ゆるゆり」、「百合男子」、「ふ~ふ」、「半熟女子」の4作品。相関図から読み解くゆりイズムの深さを2人が熱弁します!さらに人気の朗読コーナー「名作アテレコ劇場」も収録!特典映像では、封入されているオリジナル百合コミック「イズ×シオ リリップフラワー伝説編」のアテレコされた映像が収録!
紹介作品は百合姫の作品ばかりなので、多分このサイトをご覧の方は皆知ってる作品ばかりなんじゃないかとは思うんですが、百合好き声優の橘田いずみさんのトークは聞いてみたいですよね。またお二人が原作をした百合漫画「イズ×シオ リリップフラワー伝説編」も収録されるようです。タイトルからしてお二人が主役?このコミカライズを手がけているのはなんと百乃モト先生ということで、これは気になりますね〜。

不自由セカイ(百合姫コミックス)(コダマナオコ)


不自由セカイ(百合姫コミックス)コダマナオコ

百合度★★★★★(5.5)

超可愛い女の子絵を描けるコダマナオコ先生の、ちょっとエッチな展開も含む全編描き下ろしの百合姫コミックス!!
全編描き下ろしですから、百合姫本誌を毎号読んでるという方も読んだことのないお話が全部楽しめるお得な内容になっていますよー♪

こちらにラフ絵が。amazonの紹介を引用しますと…
自分をいじめから救ってくれた同性の先輩・礼央を慕う可憐な少女・茗子。
いつしかその想いは強い独占欲に変質していく。
自分の感情に戸惑いながらも日々を過ごしていたそんなある日、茗子は暴漢に犯されてしまう。
彼女を守れなかったことに責任を感じる礼央。
その罪悪感を利用して、茗子は礼央を束縛し始める。
周囲からすれば異常な関係。
しかしそんな茗子を見て、礼央は誓う。
“奴隷になる”ことを。
彼女のいつ癒えるともしれない傷を自分の痛みとして。
オール描き下ろしで贈る、少女二人の恋の限界を探る愛憎劇。
この紹介文を書いたのは担当編集のノラさんっぽいですね。いつも思うんだけど、ノラさんの紹介文は上手いなー。私が紹介する必要がないんじゃないかと思ってしまうくらい(笑)。まあでもそうは言っても、自分で書いた文章の方が伝わると思うし、この作品に関しては応援したい気持ちも強いんで拙い言葉ですが私も一応レビュー書いておきますね。
上記を読めばわかるとおり、冒頭から結構重いお話です。賛否ありそうな部分もあるんですが、その辺にありふれてる軽い百合ではない、私が読みたかった重厚な百合漫画ですね。

礼央が自分の奴隷だと見せつけるため、わざと人前でキスを強要する茗子が大胆。
家に帰ってからは「洗うのを手伝って?」とお風呂場で自分の足も洗わせてしまうのでした。

おっぱい大きい…くだらない感想ですが意外とコダマナオコ先生の作品を語る上でこの辺は欠かせない注目ポイントかも(笑)。
茗子の礼央を独占したい、周囲に見せつけたいという気持ちは、礼央に密かに想いを馳せていた同級生の女の子、高瀬さんにも飛び火。

高瀬さんに見せつけるように礼央とキスをする茗子がいじわるです(笑)。
2話の扉絵の黒い茗子と、3話の扉絵の白い高瀬さんが対照的で綺麗だなー。

そしてあまりに礼央を傲慢に振り回している茗子に業を煮やした高瀬さんが電話を勝手に取り上げて礼央は約束の場所になんかいかないと言ってしまったことから、茗子のワガママモードはさらにエスカレート。自分の気持ちが分かっているのか、一度自分もレイプされてみろと、礼央を押し倒し、処女な礼央に指を挿入。

処女を奪ってしまうのでした…。続きを読む

コミック百合姫 2013年 01月号


コミック百合姫 2013年 01月号

百合度★★★★★(5.5)

カズアキ、なもり先生に続いて次の1年間表紙を担当するのは浜弓場双先生!ポップでキュートですね〜。この表紙にもちょっとした仕掛けがあるんですが、それは買ってのお楽しみ♪本誌636ページ、なもり先生の「ゆゆり」小冊子68ページということで今月号もページ数多い!

・「citrus」(サブロウタ
初参加で新連載!女子同士のキスもありなAKBの少女漫画描いてた方ですね。
ステルスギャルのヒロインユズは母の再婚を期に女子校に入学。そこで出会ったお堅い委員長にいきなり抱きつかれドキドキ…したかと思ったらその場は携帯奪われてしまったんだけど、その後彼女が先生とキスしてるのを目撃してしまってなんだかドキドキ。
家に帰ったら彼女が母の再婚相手の連れ子で姉妹だとわかり、ルームメイトにもなってしまうことに。自分の前で冷たい態度を取る彼女を崩そうと先生とキスしてた目撃談を切り出したところ、キスなんてこんなものよ…とキスをされ、妹にドキドキしてしまうユズなのでした。

少女漫画出身の人はやっぱり百合描くとレベル高くなりますね。ちょいHな少女漫画も描いていた方なので今後の展開も期待。

・「チェリーなカノジョ」(森島明子)
晴れて意中の月宮さんとつき合うことが出来るようになった倉子はエッチをしたい…でも自分は上手くやれるのだろうか…と不安に思っていたところ、月宮さんが昔男とつき合っていたこともあると知ってショックを受けることに。菜々からは処女厨だなどと貶されてしまうのですが、倉子はそういうことではなく、ますます経験豊富なことがわかった月宮さんを自分は満足させられるのだろうかと心配していたのでした。しかしそんな心配を余所に再会した月宮さんは笑顔で接してくれて、ドキドキしながら家にきませんかと誘っても「うん!」と頷いてくれるのでした。

一方倉子にアドバイスをしていた慶と菜々も実は女性同士つき合っていて、学校では服を着たまま、家では裸になって菜々の恥ずかしいところを慶もじっくり見つつ、2人は恋人生活を楽しんでいるのでした。
今までになく森島明子先生の作品の掲載順位が下がってるのは過激な性描写が入っているためなのかどうかわかりませんが、我々百合好きは全力で勇気のある森島明子先生を応援します!

・「Cirque Arachne―サーク・アラクニ―」(再田ニカ
最終回。デュオになった二人は舞台で成功をおさめ、その興奮から楽屋でそのまま身体を重ねてしまいます。

最初冷たい態度だったロッテも、我慢が出来なくなってテティを抱いてしまい、その後も「なにスケベな顔してるの?」とテティにからかわれてしまうほど、人間的な感情を表に出すようになりましたね。魅力的な罠をしかけ、近づいてくる相手を籠絡する蜘蛛女役がロッテの方だったのが予想外ですがおもしろかったです(笑)。
亡くなった父の言いつけ通り、身体で生きていることの面白さをうたえと言われてそれを実行してきたテティは、観客もロッテも魅了することが出来たのでした。
さらに最終回ではもう1回ロッテとテティが改めて幸せそうに身体を重ねるシーンがあって、熱い展開でした♪

・「あまいゆびさき」(小説:宮木あや子 挿絵:ロクロイチ)
最終回。逃げるようにアメリカにやってきた2人ですがやはり万事すぐ上手くいくわけではなく、1年勉強した後、照乃がダンサー修行のためニューヨークに行ってしまいカリフォルニアに留まった真淳は離ればなれになってしまうのですが、3年半後再会した2人は熱く抱き合うのでした。そしてその夜、真淳は男性のようにあれを入れることは出来ないけどそれよりもっと女同士は良いものがあるとレズビアンの女に言われたとおり指を入れてほしいとお願いし照乃もそれを了承して、痛みとともに照乃を受け入れる真淳。
ダンサーとしても仕事をすることができそうでアメリカで結婚もできそうで、2人は誰よりも幸せになれそうのでした。

単行本も発売されますけど、ロクロイチ先生のこういう色っぽいイラストが全部見れるのは百合姫だけだと思うんでロクロイチ先生ファンはマストバイ!

・「月と世界とエトワール」(高上優里子
世界がよぞらにエンゲージを申し込むシーンがあまりに祥子さま×祐巳ちっくで楽しい(笑)。

しかしこの女子校ではエンゲージをする相手は同級生のことの方が一般的で、世界とよぞらのように年の差があるのは珍しいという話なのでした。
寝ぼけて海百合と間違えてよぞらに抱きついてしまう永遠さまは、よぞらを歌うよう誘って伴奏してあげることに。
意外に名門のお嬢様だった世界。よぞらがこれ作った人とならエンゲージしたいという曲作ったのも世界?
海百合さまにキスされてどこかに連れられた後の薔子がびくっとしてるのがかわいい(笑)。
下級生食っちゃう海百合につっかかっていく世界をなだめるため、なぜかよぞらは世界と組まされて海百合さま×永遠さまと対決しなきゃいけないことになるのでした。

・「沼、暗闇、夜の森」(さかもと麻乃

家では女子同士乱交ちっくにいちゃいちゃ、クラスでも女子同士の恋愛に花を咲かせて青春を満喫している…ように見えたヒロイン黒田さんが実は死人としかしゃべれなくていちゃいちゃしてるのもおしゃべりしてるのも架空の相手で現実では一人でぶつぶつ…好きな子にも相手にされず死ねばいいのにと思ってしまいそれを本当に実行…って怖いなぁ!
やっぱりさかもと麻乃先生は百合姫では4番打者ですね。毎回すごい。百合の女神を降臨の儀式で呼び寄せて本当に降臨させることが出来る稀有な作家さんです(笑)。
扉で木の枝を黒田さんの吹き出しみたいにして文章入れたのは担当のノラさんかなぁ。楽しい(笑)。続きを読む

レンアイ女子ファイル(森島明子)


レンアイ女子ファイル(森島明子)

百合度★★★★★(5.5)

森島明子先生の百合姫コミックス最新巻!
今回は「レンアイ女子課」で、最後の方で振られた漫画家黄実ちゃんのサイドストーリーをメインに、森島明子先生が百合姫でちょっと前に発表した百合話を中心に収録されています。
また今回は描き下ろしも20ページもあって、豪華ですね。

・「恋ハナ*スキキス」
描き下ろしは恋ハナシリーズの鈴音×茜先輩の続き!つき合うようになって半年になる2人。

キスは当たり前のようにするようになったものの、もっと関係を深めたい…と思った鈴音は先輩のおっぱいを触ってちゅっちゅ…そこが部室だったことから先輩には拒否されて拗ねて逃げ出してずぶ濡れになってしまう鈴音と先輩ですが、駆け込んだ先は翡色と三弥子の熟年百合カップルのマンション。ひとりひとり入ろうとするお風呂に女子同士、恋人同士だから大丈夫だろうと一緒に押し込む美弥子、そんなエロいくっつかせ方があったとは(笑)。しかしまんまと策にハマって一緒にお風呂に入るどころか、お風呂に入る前に脱衣女で欲情してエッチを始めそうになってしまう二人が若い(笑)。

巻末&カバー下の描き下ろしは「ふたりのミルキーウェイ」の後日談4コマが。森島明子先生の4コマって久しぶりに見るような?森島明子先生が4コマ作家だったことを忘れてしまってる人もいるかもしれませんね。
その4コマでは部長が誰が好きなのか、相手は男なのか女なのか…と謎を解き明かそうと美瑠姫が探偵よろしく捜索を開始し、なんか最初の流れからして副部長…のようにも見えたんだけどなぜかどんどん謎が深まっていくのでした。目でみただけじゃダメで心の目で見ないとわからないんですよ(笑)。

あとがきではお風呂でいちゃいちゃ百合がお好きだと熱く語っている森島明子先生ですが、そう言えば10数年前アニースでも百合カップルが一緒にお風呂に入るお話を描いていたのでした(笑)。あれデビュー作じゃありませんでしたっけ?

「レンアイ女子課」で、結ばれたメインヒロインたち以外の、サブキャラの恋の行方が気になるという人にもおすすめ…というかこのサイトに来るような方は皆さん森島明子先生の単行本はやっぱり私が言わなくても皆買ってくれるでしょうか(笑)。

・「恋ハナ☆ダブル」
付き合いの長い大人カップルが、意中の先輩に振られたと思って道ばたで泣いていた高校生の子に、恋のアドバイスをしてあげるお話。
冒頭、付き合い始めて10周年の記念日を忘れてしまって、生理用品や資源ゴミ、ポン酢など、日常生活の雑用ばかり考えてる翡色と三弥子のカップルが面白いですが、これは、2人が付き合っている日常が当たり前すぎる故の幸せなど忘れですねv
「女同士なのに気持ち悪い」が一周して甘酸っぱいひびきに…分かります(笑)。

ラブラブなシーンもまじえながら、わりと緩い感じで楽しくお話は進んでいきますね。続きを読む

犬神さんと猫山さん1(くずしろ)百合男子3(倉田嘘)ウタカイ(森田季節)が1月18日、「あまいゆびさき」(宮木あや子)が来春発売。次号百合姫にはタカハシマコが復帰


コミック百合姫 2013年 01月号


百合姫1月号は11月17日発売!…ですがいつものように、Fujisanからは2日ほど早く届いています。
内容については後ほど紹介するとして、手に入れられなかった皆さんも気になる今後の百合姫関連の書籍情報をお知らせしておきます。


犬神さんと猫山さん(くずしろ)1巻、百合男子(倉田嘘)3巻が1月18日に発売決定!
「犬神さんと猫山さん」は百合姫の最初の方の広告では値段860円、後ろの広告では900円、同時発売の百合姫コミックス「不自由セカイ」の裏帯ではなんと980円と表示されてます。どれが正しいの?
いやー4コマだから860円が正しいと思いますけどねー…。(^^:

「あまいゆびさき」(宮木あや子)、「ウタカイ」(森田季節)「サークアラクニー」(再田ニカ)、は今月で最終回ですがそれぞれ熱いフィナーレでした!


「あまいゆびさき」は単行本が来春発売決定!


「ウタカイ」も単行本が1月18日に発売決定!

これで小説は2作品とも連載終了で、来月号は今のところ特に小説掲載の予定はなしということになりましたが、両作品ともほぼ予定通りに終わった感じですからね。特に「あまいゆびさき」は先月号が盛り上がりすぎてたんで先月号でもう終わったと思ってる人も多いような(笑)。まだ今月号でもうひと盛り上がりありますよ〜!単行本の発売も決まったことですし良かったですね。百合専門レーベルの百合小説が今後も出るかどうかは、両単行本の売れ行き次第ということになるでしょう。百合小説が普及してほしいという人は是非応援してください。微力ながらうちも手伝いますよ〜。


ゆるゆり10(なもり)の情報は気になる人が多いと思いますが、先月号に引き続き、今冬…というか「まだ寒いうちに発売予定」と紹介されるに留まっていました。3月くらいを目処にしているんでしょうか。


また次号予告によるとタカハシマコ先生が久しぶりに読みきりで復帰されるようです。タカハシマコ先生の復帰は嬉しいですね。

また百乃モト先生の名前もあります。これは橘田いずみさんと三上枝織さんが原作の百合漫画かも。百合魂は百合姫お抱えの番組みたいなんで、今月号になるかどうかは分かりませんが掲載されるのは百合姫で間違いないでしょう。

さらにツイートによると藤枝雅先生も復帰されるようです。


他ヒメトピコーナーでは「ほうかご!」の紹介もあって好印象(笑)。続きを読む

コミック百合姫 2012年 11月号


コミック百合姫 2012年 11月号

百合度★★★★★(5.5)

今月の百合姫はページ数が多いですね〜。新連載が3つも始まるから、代わりに抜けるんじゃないかと心配してたんですが、さかもと麻乃先生も柏原麻実先生も参加されてます。これはページ数が多いからでしょう。676ページって百合専門誌史上最高記録かも?

・「天使なカノジョ」(森島明子)

意中の相手、月宮さんを抱く夢を毎晩見ていた倉子ですが名前の通りネクラな彼女は実際には手を出すどころか告白することも出来ない奥手な女子高生。しかしそんな彼女を見かねたボーイッシュガチビアンな友人慶と可愛い自分に酔ってる友人菜々に協力してもらい、ビフォー&アフター作戦でイケメン女子に変身。誘い方もレクチャーしてもらい自分の部屋に招き入れたところ、予想に反して月宮さんの方から告白してもらって、純真そうな月宮さんにエッチも誘われてしまって、どうする…?
百合姫にしてはちょっと…というかかなりHなお話ですね。私が百合姫にしてほしい挑戦は編集長の自分のウザさアピールとかじゃなくてこういう挑戦なんですよ!(笑)
意中の女の子と両思いになる様子が少女漫画みたいに描かれてるのが面白かった第1話でしたが、第2話は女の子同士のエッチはどうやるの…?という展開になるのかならないのか、どっちにしても今後の展開が楽しみです♪

・「私の世界を構成する塵のような何か。」(天野しゅにんた
なんとAVに出演しちゃってその画像が構内に出回って陰口叩かれ友達からは説教されてと散々なことになってやけくそな気分になってしまった芽流を助けたのはまーさ。そんな優しいまーさがいいなぁと芽流は彼女とまたセックスをしようと誘うのですがまーさは堅物で全然乗ってこないのでした。対照的な二人ですがそれ故に相性が良さそう。ふえと明日菜が別れたとも知り、気になる留希はせっかく結ばれた祥と一緒にいても上の空でこちらもちょっと雲行きが怪しくなってきそうな気配が漂ってる?
AVに出たことより、変な病気をもらってきてないか心配する明日菜がまじエロメガネです。明日菜とふみちゃんのせいで、おとなしげなメガネ娘はエロいという定説が百合界隈に広まりつつある(笑)。

・「感情的日常」(井村瑛

1ページ目でいきなり笑わせるのがさすがw
一緒にいたいから相手に強く自分のことを思ってほしくてぎゃあぎゃあ騒ぐスナコと、そんな彼女を見て逆に冷静になってしまうゆんちゃん。しかしゆんちゃんも一緒にいたい気持ちは同じだったのでしたというお話。
これは結構わかりますねー。私も好きな百合作品について向き合う時、スナコみたいにぎゃあぎゃあ騒いでしまったり、逆に好きだから波風立てないようなんでもない風を装うことありますよ(笑)。

・「恋愛遺伝子××」(影木栄貴+蔵王大志)
そして予想通り山小屋で濡れた身体を裸で温め合う2人…(笑)。しかしそのまま本当にセックスまでしてしまう展開になってしまうのは予想外だったぞ!

そして2人は深く深く結ばれるのでした…。う〜む、おっぱい好きなつだみきよ先生のためにおっぱい満載のエッチシーンのお話をえーきえーき先生が考えて実現した、愛の結晶と言っても良いようなクライマックスに感動!
予告見ると次号最終回っぽい?ADAM、EVEの制度やエリカとモミジの結末とかまとまるんでしょうか?

・「月と世界とエトワール」(高上優里子
今回の百合姫で私がイチオシな作品です。

うわ〜、やっぱ女子キャラめっちゃ可愛いわ!好みもあるだろうけど百合姫の中では群を抜いて一番可愛い♪読んでて思わずゴロゴロしてしまいたくなる可愛さ♪「クイッ」にしびれた!(笑)
初回ということもあってキャラクター&設定がちょっと多くて1話だけ読んだだけではピンと来ない部分もあるんですが、この作品は絶対来る!私の百合アンテナがそう反応しております。

新しく入学してきたヒロインよぞらは海百合という歌姫に憧れて月光館学園という女子校に入学してきた。
いきなり胸を触ってこの学園は来た生徒の8割が辞めていく、その元気がいつまでもつのやらと失礼なことを言う女の子岸辺世界に出会ったよぞらはその後、憧れの海百合様に会えて、「歌姫(エトワール)」になるには作曲科の生徒「騎士(シュヴァリエ)」から相方として申し込まれることでもなれる「エンゲージ制」があることを教えられ、海百合には天柳永遠さまという相方がいることを教えられます。
そんな中、同じくAランクだった鏡薔子という女の子には突き飛ばされいじわるをされ、親しくしてくれる実塔ねねちゃんにはかばわれ、夜は窓から永遠さまに部屋に忍び込まれ夜の演奏会に招待され、クリームが付いているわと同席していた海百合さまに唇をさわられかああとなって幸せな気分になったり忙しいよぞらですが、最後海百合さまが薔子にキスをしているのを目撃してしまい…?
唇にキスをした上、鏡さんのタイをほどいて胸元をはだけさせて海百合お姉さま何をなさるおつもりなの?ああ「食う」ってそっちの話…(笑)。続きを読む

茜色コンフィチュール(黒霧操)


茜色コンフィチュール(黒霧操)

百合度★★★★★(5.0)

黒霧操先生2冊目の百合姫コミックスは9月18日発売!ノラさん担当の作家さんの作品集です。
前回の単行本は悲恋モノが多かったんですが、今回は悲劇ばかりではないラインナップになっています。
とはいえ単純なハッピーエンドでちゃんちゃんと終わることもなく、でもちょっと捻りを効かせてきているところが良いですね。

・「茜色プロムナード」
描き下ろしはたばこのお話の続編が。
雑誌掲載分ではビターな感じで終わった茅と真美ですが、後日談では良い雰囲気になっていました!

バイトを始めるという茅が心配で後をついてきちゃう真美が可愛いですね。なぜか連れ戻しにきた真美も一緒にバイトしてお酒飲んでへべれけになってしまいますが、そんな真美を負ぶって家まで連れ帰ってあげる茅が優しいのでした。


・「in the closet…」
親友のリカを着せ替えてごっこして遊んでいたヒロイン奈緒が、実はリカそっくりのお人形を隠し持っていて、そのクローゼットの中身を見た日以来代わってしまったリカは自分に愛想をつかせた…と思いきや、飽きられないよう姿を変えていただけだったというお話。
「私、奈緒ちゃんの人形になりたいの!!」と告白するリカちゃんや、リカに見立てた人形をこっそり舐めて、リカとそういうことをするのを妄想する奈緒がエロティックで良いですね。

この作品は百合姫ではなぜか百合男子の代わりに巻末に悪い紙質で掲載されていたんですが、単行本では綺麗な紙で読めるのが良いですね。

・「零れ桜」
時代物の百合話です。家柄から、昔は女友達だったけど今は女中をしていて、嫁にいかなければいけないさゆりに恋をしているマチ。しかしそんなマチの気持ちを知っているさゆりは嫁にいく前、好きな着物を着せてあげるから夜いらっしゃいと誘い、その晩二人は身も心も結ばれるのでした。

着物の帯がほどけて舞うシーンで2人がHしちゃったことを表してるのが上手い。2人でえっちしてしまったせいで、さゆりがお嫁に行った後もマチは彼女のことをいつまでも忘れられないのでした。続きを読む

今月の百合姫


コミック百合姫 2012年 11月号

百合度★★★★★(5.5)

こちらは百合姫11月号のレビューショートバージョン、あるいは隔離された何かです。

・表紙(なもり)

めくると表紙に続いて16ページのストーリーが続いてます。
残り物には福がある?シュシュ子が役者だった(笑)。

・「ゆるゆり」(なもり)
63話。結衣にお呼ばれして家に行ったらあかりもいてがっかりするちなつですが、あかりをはり倒したり追い出してアッカリーンオチにしたりするSM百合展開がなかったのはちょっと物足りない気がしないでもなかったですが、あかりが存在してても許してあげるのがちょっと優しいかもしれませんw
結衣の苦手な蜘蛛を素手で掴むちなつが勇ましいですが結局最後まで処理できず、京子は出来てしまうあたり、結衣を巡っての優位性が表れている気がしますね。
64話。京子のリボンむしちゃってどうしようとうろたえる綾乃が可愛いでござるの巻。



リボンがなくて妙にパッとしない風貌の京子とか、手が行っただけで今にも取れてしまいそうなあかりのお団子とか、漫画ならではの絵で見せる面白さですね。

・「Yurinote」(峰なゆか)

元AV嬢(レズモノAVにも出ていたようですね)、「アラサーちゃん」著者のエッセイがスタート。百合…というかビアン寄りですが、前の三浦しをんに比べると遙かに百合属性は感じる。

百合男子 倉田嘘

よー言った(笑)。
「罪を憎んで百合を憎まず」これはちょっと前に「ゆりキャン」で出た台詞じゃなかったっけ?
ちなみに最近の百合好きの間では「りっちぃを憎んで百合作家を憎まず」というのが合い言葉になっているような気がします(笑)。
「いつか王子さまが…」が打ち切りになった時は私も「それリン」読者みたいな感じになりましたよ倉田嘘先生…。

・「ロケット☆ガール -Rock it, GiRL!!-」(田仲みのる)
ドラムの子が奏の唇にキスしてるのが良いですね。「どうせすぐに居なくなる。3年以内にね」それは田仲みのる先生を含む百合姫作家全員のことでしょうか?(笑)

・「きものなでしこ」(八色

脇チラに興奮したり、舐めてしょっぱいうなじを味わうエロティックなコネタが美味しい。
誰もいない教室でかごめを押し倒す後輩ちゃんも良いですね。続きを読む

私の世界を構成する塵のような何か。 1 天野 しゅにんた


私の世界を構成する塵のような何か。 1 天野 しゅにんた

百合度★★★★★(5.5)

このサイトでは皆さんお馴染みな百合作家、天野しゅにんた先生による3冊目の百合姫コミックス!このシリーズは良いですよ〜♪しゅにんた先生の作品の中でも最高傑作になるかも…と個人的には思う!

この作品は最初読み切りとして発表された時には笙子がヒロインで明日菜との恋愛を描いた作品だったのが、連載化された際にはヒロインが留希になって、祥との恋愛を描いた作品になって、肉体関係があったりなかったりする女子大の女友達もそこに加わってきているせいもあり、雑誌読者には登場人物が多くてわかりにくい、という指摘もちょくちょく聞かれる作品ではあるんですが、ただ萌え漫画でよく見かけるような、ふわふわぷにぷにしたキャラクターが大勢出てきて区別がつかない、というのとは全然違いますね。
何度も読み返してるせいもあるんですが登場人物が多い作品は苦手な私は逆にこの作品の登場人物は覚えやすいですね。
女の子は大勢登場して確かに分かりづらいと言えば分かりづらいんですが、ツンデレとかめがねとかの属性を持った記号を覚える感覚ではなく、本当に実在する女の子をひとりひとり確認していく感覚に近いです。
連載版は笙子と明日菜も登場しつつ、ヒロインは留希という2人と同じ女子大に通う女子大生が、あまり上手くはいっていなさそうだけど付き合っている男がいる祥という女子に想いを寄せている様子を、女子同士でセックスもしあう仲の子もいるゼミの仲間たちとの付き合いを絡めて描いたお話になっています。

描き下ろし漫画では祥が留希と初めて出会った時のエピソードが。過去のお互いの出会いを回想して、それが恋愛占いでもお告げがあったとおりの運命的な出会いだったことを祥はしみじみと、留希は非科学的で子供っぽいと照れ隠ししながらも内心嬉しさで爆発しそうな感じだったり予想以上にラブラブだ!


さて本編の連載版。冒頭「彼氏いないの?」と箸で笙子を指すシーンは読み切り版と共通していますね。連載版は箸で指した方の女の子留希がヒロインのお話です。留希は好きな女の子祥がいたものの彼女には男がいる模様で声をかけられない。そんな中急に接近してしたきたれみあという女性に「恋とかセックスとかしたことなくてビビってんでしょ?経験として一回くらいしてみようよ」と言われ本当にセックスをしてしまうことに。

行為をした後留希が、「あの子もあの子も、皆誰かとこういうことをしてるんだ。誰かの下でこんな顔を」と思ってしまうシーンが印象的。そして留希はさっちゃんもそういうことをしているのか…と思ってしまうのでした。

一方芽流とれみあはこともなげに女性同士セックスをした後っぽいのですが、この2人が誰が好きなのかは気になりますね。れみあは案外留希に本気かも?芽流は…明日菜を中心に全方向?
笙子と明日菜はなりゆきから留希に自分たちが付き合ってることをカミングアウトすることになるのですが、それに対して偏見を持ったり「セックスどうやんの」などと聞いてきたりはしないのですが、それは好奇心がないからというより前回自分もれみあとやってしまったからなのでした(笑)。
そして祥がれみあさんと接近しているのを見て心がざわつて邪魔をする留希は、自分が祥に恋心を持っていることに徐々に気づき始めます。

女子だけで合宿することになり、妖しげな白い粉を飲んで、女子同士次々とエッチしそうになってしまう展開がドキドキしますねv
続きを読む

ミズイロ、ソライロ 慎結


ミズイロ、ソライロ 慎結

百合度★★★★★(5.0)

可愛くて儚くて危うくて脆くて残酷な少女同士の関係を描いた少女漫画らしい百合漫画。
慎結先生2冊目の百合姫コミックスです。
単行本には、一編丸々描き下ろしの百合短編も収録されてます!

わがままな人形

可愛い顔のヒロインですが告白してきた女の子にへんたいとか言って性格はひどすぎ(笑)。「見事にレズばっか!」も笑った。そんな女子校私も入学したい(笑)。
母親がレズビアンで彼女もいて、お互い仮面夫婦をしている両親が自分を周囲を欺くための飾りとして嫌で同性愛にも否定的だった未来ですが、いつも一緒にいてよくしてくれる葉子は親友だからと心を許していた。しかし葉子も実は未来に恋愛感情を持っていてたことを知ってしまい、一時は「サイテー」とはねつけてしまうものの、その後もせっせと自分のために尽くしてくれる葉子にいっぱい言いつけた約束の中に親友という約束も入れてくれて、今は親友だけどいつかそれ以上の関係になっちゃうかもよと言う葉子のことも満更ではない感じなのでした。

ミズイロ、ソライロ
冬の海でぼんやりしていた杏奈は、嫌いだった女子たちの噂話の標的の張本人だった少女文乃が入水自殺しようとしてるらしきところを見つけ、とどまらせることに。おとぎ話のように泡になって消えたかったと語る彼女に、自分も誰かにわかってほしかったと告白する杏奈は文乃と一緒に涙を流して波打ち際でキスを交わし、感じた暖かさを心の支えに、その後は群れることなく一人で生きていくことが出来るのでした。


SUNNY ROSES
一人で海に行きたくて海辺でいきなり迷子になっちゃうヒロインまちが危ないwしかし海の家で働いているうたちゃんに助けてもらって良かったですね(笑)。
熱中症で倒れたところを可愛いうたちゃんにキスされてしまうことに。
初めてのキスに戸惑うもののヤじゃなかったまち、夏が終わって大学の学校の授業が始まってからもまだうたちゃんの唇の感触が残ってるのが良いですね。
そして彼女が忘れられなかったまちは会いたい一心で海までやってきちゃうのが無謀ですが(笑)、運良く彼女と出会うことができ、今度は自分からキスをしちゃうのですが、うたちゃんは実は高校生で、自分の方が年上だったのでした。

キスをしてくれたまちがめっちゃ可愛いと言ううたちゃんは「おねーさんからもう一回!今日ウチ泊まって」とまたキスやそれ以上のこともおねだりしてしまうのでした♪続きを読む

ロケット☆ガール Rock it, GiRL!! 1(田仲みのる)


ロケット☆ガール Rock it, GiRL!! 1(田仲みのる)


田仲みのる先生2冊目の百合姫コミックスは9月18日発売!
「けいおん!」大ブームの余波でちょっとだけ盛り上がってるガールズバンドものですね。予想百合度は★3〜2くらいです。

ミュージシャン志望のヒロインの鈴原奏は音楽事務所にスカウトされるものの曲を書くのは上手いけど歌は下手なため声楽という生意気な少女とバンドを組まされることになり…というお話。
第2話、作る曲が古臭くて一緒にバンドやってた仲間から疎外されてたとか、私生活では工場で働いてる超地味な生活送ってるという設定とか良かったですね。
写真の中でバンドやってる工場長と鈴原父の姿が昔のバンドマンみたいで格好良い!
「才能は先人から親から視界に入った全ての人間から無断で借り入れた負債」…これって何か元ネタとかあるんでしょうか?個人的には目から鱗というかすごい感動してしまったんですが(笑)。第2話は特に百合展開はなかったんですが面白かった。

酔った拍子に膝枕をせがんで「あんたの歌が世界でいちばんいいの!」と甘えてきた声楽に奏も赤くなってちょっと関係進展。スタジオ代いくらになったのか気になる(笑)。続きを読む

コミック百合姫2012年9月号は定価の半額440円!


コミック百合姫 2012年 09月号

百合度★★★★★(5.5)

百合姫9月号はなんといつもの定額880円の半額の440円!
ページ数はいつもどおり…というかやや多いくらい?
代原っぽい新人さんの作品もなく、レギュラー陣は揃っていて、クオリティの劣化もなく安心して楽しめる内容でしたね。

・「少女惑星」(柏原麻実)
今月はカシマミ先生も久しぶりに参加!
幼なじみの夏海のことを高校になってからも大好きなヒロインみどり。夏海がだんだん色っぽくなって、みどりが黒い壁のようだと怖く思ってる男子とも親しげに話してるのを見て、さらに自分が夏海と親しくしているのを馬鹿にしてくる女子高津もいたりして、周りが色めきっているのに対して自分が子供扱いされてしまってぐぬぬと思ってしまっていたところ、夏海が男となにやら示し合わせているのを見て自分が一緒に花火を見に行く予定だった約束を破られたと思い「うそつき!」」と夏海に怒鳴りつけ一人泣いていたのですが、本当は夏海はみどりの好きなおもちゃをあげようとしていただけで本当はみどりのことが好きで、花火の日も一緒に見てこっそりキスも交わしてラブラブなのでした。

私だったらみどり×夏海を破局させてみどりが高津と結ばれちゃうドロドロの話にしちゃうかも。でもそういうことをしないで素直な作風で締めくくるのがカシマミ先生のいいところ…なのかな?まだこの続きがないとは限らないので分からないですが。

シリーズ連載ということで、今回限りの登場ではなく、またちょくちょく百合姫に寄稿されそうな感じですよね。柏原麻実先生と言えば「宙のまにまに」…なんだけど百合好き的には静なつ同人などそれ以外の作品のイメージが強いと思います(笑)。なぜか商業では百合以外の作品の方が成功することが多いのが不思議な方なんですが、ご本人も百合属性は申し分ないですし、今回こそ百合作品で成功してほしいものですね。

・表紙(なもり)
2人が何をぎょっとしてるのかはめくってみてのお楽しみ♪私的には、前回までの流れからして、これはどう考えてもこういう図が来るだろうと思った通りだったんだけど、意外と反響大きいですね。まだ届いてない人は前号までの表紙を集めて想像をめぐらせみるのも面白いのでは?

・「ゆるゆり」(なもり)
第62話はちなつとあかりが股間をびしょびしょに濡らしてしまうお話。

ちなつがお漏らしをしたと勘違いして羞恥プレイしてあげた後、股間のケアもしてあげる結衣が優しいですね。
あかりも濡れた股間をティッシュで拭こうとするものの、あかりの分がなくなるほどちなつがティッシュを使いきってしまってしまったのでした♪

・「私の世界を構成する塵のような何か。」(天野しゅにんた
留希と祥が上手く行きそうになってきた一方、疎遠になってきた笙子と明日菜は、ついに笙子の方から別れようと話を切り出してきてしまいます。笙子は理由は言わないものの、欲求を抑えることができない明日菜は芽流やれみとセックスをしまくりで思い当たるところはありすぎなので何も言い返せずそれを受け入れざるを得ないことに。
どうしてこうなったと回想する明日菜は女子高生だったころ、親友の女子に抱きつかれ胸があたっただけでぞくっとしてしまい女子に欲情してしまう体質で、親友が彼氏とエッチをしているという話を聞いて我慢できずオナニーをしてしまうような子だったのでした。
「友達としていたいのに…」と涙を流して自己嫌悪しつつ塾の先生だったれみに相談したところ、彼女は芽流を引き合わせ、3人でカラオケ、さらにラブホテルまで連れていって、3人で女子同士セックスをさせてくれます。

子供の頃からずっとしたかった女の子とのエッチを実際にすることになって興奮する明日菜ですが、ずっとしたかった行為は実際にしても気持ちの良いもので、その後も何度も何度も彼女たちと肌を重ねることになってしまうのでした。
笙子に出会ったのはその後で、明日菜は恋に落ちたのはその後のことだったんですね。
自分たちは破局してしまったものの、留希たちの恋は応援しようと思う笙子ですが…。
単行本1巻が8月18日に発売!

・「レンアイ女子探偵ファイル-後編-」(森島明子)
調査対象の咲が見つかったら黄実とは別れなければいけないから寂しいと感じるクリスですが、一方黄実ちゃんもクリスと一緒にいる時間が心地よいと感じるようになり、ます。
咲は見つからないものの姫乃の居所はつきとめることができた2人。変装した時のクリスの変名がますますひどくなってて笑ったw
姫乃を観察して「セックスもエロそうだ!」というクリス探偵の推測は鋭いのか?(笑)
コンビニの前で同性で同棲している、さわらないと死んじゃうと大声で言ってしまうアリスが相変わらず大胆ですね。
ついに咲に会えたものの、その場でした愛の告白の相手は咲ではなくクリス。晴れて結ばれて一緒にお風呂も入ってラブラブ♪プラトニックというのが嘘だというオチはやられた(笑)。
レンアイ女子課本編も大団円で終わりましたね。

漫画家の女の子がヒロインということで、最後のハッピーエンドのコマにつなげる構成が上手い!

・「溺れる金魚」(黒霧操)
冷たくされてもなぜか一緒にいる梨沙とつかの間親しくなれる望子ですが、それが物足りなくて結局見下され冷たくされるのが気持ちよくて…ってそれでいいのか(笑)。ヒロインがどMに目覚めてしまうお話ですね。

ラストの気持ちよさそうな表情に笑った(笑)。

・「Leave hickey?」(竹宮ジン)

先生とつきあうようになった木村さん、エッチももうしちゃう仲になったんですね。先生余裕なのはいいけど淫行条例とかは大丈夫なのか(笑)。そういえば「想いの欠片」とか、竹宮ジン先生の作品は結構女子高生が社会人とエッチしちゃってる作品が多いw
独占欲から先生にキスマークをつけちゃう木村さんですが、そういうことをしない先生はそんな独占欲など持っていなさそうで、子供っぽい自分がつりあってないのではないかと焦ってしまうことに。
思いあまって自分の肌を差し出して、痕をつけてもらおうとする木村さんが色っぽいですね。
しかしそれでもしてくれない先生は大人だからというか、女子高生の綺麗な肌に内出血などさせてはいけないからとしてなかっただけで、本当はキスマークで絵も描こうとしていて子供っぽいところもあったのでした♪
その代わり後日、内ももに潜り込んで絵を描いてる先生が楽しい♪続きを読む

かのじょなメイド(かねだなつみ)


かのじょなメイド(百合姫コミックス)(かねだなつみ)

百合度★★★★★(5.5)

オール描き下ろしの百合姫コミックスです。
作者さんは最近は「恋愛チェリーピンク」の顔になっている方で、今旬なティーンズラブ作家さんですね。

作者さんの作風からして、細かい理屈があって相手を好きになることが重要なお話ではなく、多分女子のありのままの可愛さで相手に惹かれていく百合作品になるんじゃ…と予想していたんですが、やはり期待した通りの内容でしたね♪
公式の紹介によると
両親の願いで超お嬢様学校へ通うことになった結子。
だが!!!!!! 結子のおうちは超貧乏…。
お父さん「学費以外は自分で稼げ、以上」
結子「えええええええええええええ!!!!!」
となりながらもバイトを探す結子。
『あれ、でもこの学校、バイト禁止でバレたら退学…』

途方に暮れる結子の前に現れたのがふわふわ天然美少女・のばらちゃん。
のばらちゃん「私のメイドにならない?」
超貧乏な結子が超金持ちなのばらちゃんの…
なんでも言うことを聞くメイドになって、
それを羨むライバル美少女も現れて、
二人のカンケイはどーなっちゃうの!?

初めての恋を丁寧に描いた、一冊まるごと描き下ろしのラブストーリー。
ノラさん節全開な紹介文が素敵なのでそのまま引用してます。できればこの調子で最後までノラさんにレビュー書いてほしいところなんですが(笑)そういうわけにもいかないので、きゃぴきゃぴ成分がなくなってがっかりする人も多いかと思いますが以下は私の文章です。(^^;

女子校だけどのばらちゃんは女生徒に人気があるため、一緒にいる結子は嫉妬で反感を買ってしまいますが、近寄ってくる女の子はみんなのばらちゃんの身分とお金目当てで取り入ってるだけなんで、陰では貧乏少女と付き合ってるのばらちゃんのことを悪く言っているのですが、そんな子たちにものばらちゃんは普段世話をしてくれている感謝の気持ちだと結子と一緒に作ったお花のストラップをあげて、いじわるな取りまき少女たちものばらちゃんと普通の友達として仲良しになれることになって良かったですね♪
その後家にお招きしたのばらちゃんは感謝の気持ちとして花とネックレスをプレゼントするのですが、それは恋人のしるしという意味もあり、それをもらった結子ものばらちゃんのことを小間使いとしてじゃなく気になることを告白、キスを交わして晴れて二人は結ばれるのでした♪

その後家の改築までプレゼントしようとするのばらちゃんがプレゼントが高価なものにエスカレートしていって不安に思った結子は思わずもらったペンダントも一時返してしまいますが、それがのばらちゃんが不器用な故な愛情の表現だと理解し、家の改築は断るもののネックレスはやっぱりもらい、欲しいのはのばらちゃん自身だとキスをまた交わし、のばらちゃんも跡がつくようなエロいキスを鎖骨にしてあげ2人はますますラブラブに♪

いったんペンダントを返すシーンとかお花のブローチを友達が貧乏くさいから捨てちゃおうとするシーンとか、萌えとかそういう意味じゃなくてきゅーんとしちゃいますね。作者さんが描く世界は優しいんで、その優しい気持ちが詰まってるプレゼントが冷たい扱いされてると印象に残ってしまいます。しかし後でそれらも最終的にはあげたい人の元に収まって、良かったなぁと心から思えますね。

「のばらちゃんが欲しい」と言って晴れて結ばれた2人は「くちづけは心のこたえあわせ」と思いつつ唾液が糸を引くほど濃厚なキスしてラブラブ♪

キスはさらにエスカレート。服を脱がないとわからないところにまでキスをしてしまうのばらちゃんが良いですね♪続きを読む

恋のカオリ(竹宮ジン)


恋のカオリ(竹宮ジン)

百合度★★★★★(5.5)

竹宮ジン先生3冊目の百合姫コミックス!
表紙、携帯に見入ってるマユミに後ろから抱きついてるユウカ先輩が良いですね。今回は携帯のSNSサイトを扱った百合作品も収録してることもパッと見て分かる表紙ですね。

・「love*aroma」
匂いで先生のことを好きになってしまった木村さん。先生はサンダルウッドのアロマオイルをつけていたのですが、後日違うアロマオイルを持ってきても木村さんは先生のことを良い香りだと思い思わずキスしてしまい、やはり先生自身の香りに惹かれていたんですね。

作品も恋愛は理屈ではなく本能だということを示していますが、竹宮ジン先生の描く女の子自体も、女の子同士で恋をするのが普通に見えるし、仮に相手を男に置き換えて考えると違和感を感じます。
竹宮ジン先生の描く漫画も、本能的に女の子が女の子を好きだということが作風に表れているような気がしますね。

・「love*aroma:2」
書き下ろしは「love*aroma」の続編。意中の先生にキスをしてご満悦な木村さんが、嬉しさで顔真っ赤にしてるのをクラスメートに見られてしまって恥ずかしいのが可愛い♪
その後は別の香水を使ってきた先生に、相変わらず欲情している木村さんは、やっぱり香水ではなく先生自身の匂いに欲情していることに気づくのでした。いきなりちゅーしたことを謝ってもうしないからと立ち去ろうとする木村さんに、抱きついて告白する先生がこれまた顔真っ赤なことを恥ずかしがってるのが可愛いですね♪


・「sweet temptation」
最初に告白しておいて意識させるかけひきとか、ご自身の体験談が生かされているような…(笑)。
田中さんが美味しそうに見えるようになってしまったリサが、更衣室で思わず手を伸ばしてしまって、チカから「ソレ欲情してんじゃん」と言われて戸惑うシーンも良いですね。
単行本「ラブフリッカー」の中で一番のお気に入りキャラだったチカちゃんが登場してるのは嬉しい♪

・「sweet desire」
「sweet temptation」の続き。このお話めっちゃ好きです!
告白してきた女の子田中さんに一度は「ごめん無理」と答えたものの、田中さんが美味しそうに見えてしまったリサは、さらに「噛みたい」とまで具体的に思うようになっているのが色っぽい!
しかし相談に乗ってあげてるチカは「好きな相手なら噛んだり触ったり舐めたりいじったり鳴かせたりは普通」と言い切っているのがさらにすごい。チカは先輩に対してもうそんなこともしているんですね(笑)。
葛藤するリサですが「味見してみる?」と誘う田中さんも大胆ですね。
そしてキスしてみるものの歯が当たってうまくいかない2人が初々しい!
しかし田中さんが望む通りに名前で呼んであげて、改めてキスをする2人。

舌も絡めあっていて本当に味わっているのがエロいというか熱い!
個人的には竹宮ジン先生の短編の中では「あたしのかわいいヒト」が一番好きだったけど、同じ「チカ」と言う名前の女の子が登場するこのお話も同じくらい良かったなぁ。続きを読む

6月18日発売の百合姫コミックスは「恋のカオリ」(竹宮ジン)「かのじょなメイド」(かねだなつみ)


かのじょなメイド(かねだなつみ)



恋のカオリ(竹宮ジン)


一迅社のカレンダーに6月18日の新刊情報が追加されましたね。
新たに追加されたのは竹宮ジン先生の「恋のカオリ」とかねだなつみ先生の「かのじょなメイド」。
竹宮ジン先生のは百合姫に載っていた短編集だと思うんですが、竹宮ジン先生の短編の中では最高傑作と言ってもいいんじゃないかと思う程めちゃくちゃ良かった百合短編があるんですよねー。

タイトルも多分この作品から来ているはず…。理屈云々でなく匂いで本能的にどうしようもなく惹かれてしまうというのは、本当に女性が好きだからかもしれませんねー。私が百合作品を好きなのも、頭で考えてどうこうと説明するのも難しいんですが、やはり同じように本能的に惹かれているんでしょうね。単純ですが深いです。
ファンの人もそうでない人もお楽しみに!

竹宮ジン先生は百合好きにはもうお馴染みとして、個人的に超楽しみなのがかねだなつみ先生!
かなだなつみ先生は百合姫には寄稿したことはないので、青井はな先生や田中琳先生と同じく、描き下ろし単行本でノラさん担当でちょっとエッチな百合漫画になるんじゃないかと思います。
■追記:とか書いてたらノラさんのツイート情報が来ましたね。やっぱり担当はノラさんでしたか。かねだなつみ先生という作家さんを選んでくるというだけで分かってしまった。ノラさんと私は趣味がわりと似てるんですよね(笑)。さてその情報によると…
★おしらせ百合姫★まるごと描き下ろし!!かねだなつみ先生の初YHC『かのじょなメイド』6/18(月)発売予定です^^ 初夏にふさわしい女の子同士の初恋を描いた、胸きゅんの1冊です!! 
初夏の初恋百合ですか。いいですねー。かねだなつみ先生は百合漫画にぴったりな作風ですし♪

本誌に載せないで描き下ろし単行本という形で分けて都条例から逃れようとしていることからも分かるとおり、この作品はエッチありの百合単行本になりそうですね。これはすごい楽しみ!

かねだなつみ先生は単行本買ったりして私も追っかけていた作家さんだったのでした。
この作家さんは女の子のやわらかそうな肌の描写とか、昔から光るものをお持ちの方でしたね。

百合姫に作品のキャラがワンカットだけ載っていますね。この方は最近ちょっと絵柄が変わりつつあったんでどうなるかちょっとだけ心配だったんだけど、カットを見た限り、相変わらず可愛くて爽やかな女子キャラで安心しました。
1話くらいは試し読みで百合姫に来るかとも思ったんだけど、結局1話も載りませんでしたね。やっぱり本誌が規制されることを怖れているのか。でもそれだけエッチな内容の百合漫画が読めそうです。

昔少コミでデビューしてその後TLに移ったのはこの方じゃなかったかなー。男女モノだったんでさすがに切り抜きも残ってないしネットで調べてもかねだなつみ先生の情報は全然出てこないので確証できませんが…というかやっぱり記憶違いだった気がしてきた。でも百合描いたら絶対合いそうな気がしたんで、私もず〜っと前から百合作品描いてくれないかな〜と思ってた作家さんなんですよ。
今回それが叶うのは嬉しい!

コミック百合姫 2012年 07月号


コミック百合姫 2012年7月号

百合度★★★★★(5.5)

老舗の百合雑誌の最新号!
今月もFujisanから2日前に届いています。Fujisanは送料がかかるのと、1年分の購読を決めなきゃいけないのでそれなりの覚悟はいりますが、申し込んでしまえば地方でも2日くらい前に雑誌を入手出来るのでありがたいですね。

もうネットでは出回りまくりなので今さらな情報かもしれませんが一応報告しておきますと「ゆるゆり♪♪」2期の情報が載っているのは本当です。
「ゆるゆり♪♪」2期は2012年7月2日(月)深夜2時からテレビ東京より放送開始 。放送局はAT-X・テレビ大阪・テレビ愛知・テレビせとうち・テレビ北海道・TVQ九州だそうです。


またなもり先生の単行本が7月の一週月曜日から金曜日まで、毎日発売されるフェアも開催されるようですね。
7月25日発売なのが「ゆるゆり」でなく「ゆゆり」なのに注目。なんと同人誌で発表していた百合漫画シリーズを全面改稿して単行本化するそうです。これは楽しみですね。
1期の時も連続刊行はやっていたんですが放送開始の7月以外にも、その前の5・6月に連続刊行してて、これは惜しいと思っていたんですよね。放送中に単行本が発売されれば盛り上がるんじゃないでしょうか。

それとびっくりしたのが次号9月号がいつもの定価880円を半額の440円にするという予告!

一時的に大赤字が出るのは避けられないと思うんですが、賭けに出ましたね。この機会にアニメで「ゆるゆり」を観た視聴者を取り込む気満々です。安いのは読者にとっては助かりますが、果たして大丈夫なのか…。上手くいって欲しいものです。

・「名前はまだない」(かずまこを
転校してきた優等生が孤独な女生徒とモーションをかけあって楽しむ夏目漱石的なお話。このお話の後に前回のお話読むとより楽しめますね。

・「魔少女」(さかもと麻乃
喧嘩飲酒喫煙万引きの常習犯で校内で女子同士セックスもして先生たちに怒られてしまう小悪魔的女生徒のことを快く思わず気持ち悪いとすら思って警戒していた先生だったが、意識し続けてより知るうちに次第に彼女に惹かれるようになり、恋をしていることを自覚し告白、付き合って同棲するようになり、セックスも。そしてベッドでついに彼女の口から愛の言葉も聞いて・・・。

しかしその時先生は、かつて小悪魔的だった彼女がすっかり棘も抜け落ち、自分がもう彼女に恋をしていないのだと気づくというエンドを冒頭に持ってきてるのが上手い!
毎回すごい作品を持ってきますねこの方は!
世の中の善悪も関係なしに自由奔放に生活していて小悪魔に見える美少女と、枠にはまった価値観でしか世の中が見えなかったお堅い教師のキャラクターの作り込みがすごい!
善悪の判断も女性同士で性交することにも全く意識をしないという小悪魔少女は、以前インタビューで仰られていた、同性同士に偏見がないから逆に特別に思うこともないというさかもと先生ご自身の性格も少し入っているでしょうか。
きっと今までに接してきた他の女性の姿も反映されているんでしょうね。さかもと麻乃先生は女の子をよく観察しているのが作品の完成度につながっているな、と感じました。続きを読む

ブラックヤギーと劇薬まどれーぬ 大沢やよい


ブラックヤギーと劇薬まどれーぬ 大沢 やよい

百合度★★★★★(5.5)

新人作家さんの百合短編集。こちらに試し読みページが。
作風は非常に少女漫画的で王道。鈴木有布子先生やロクロイチ先生にも通ずるところがある作風ですね。
新人さんですが、瑞々しさが伝わってくるような女子同士の絡み描写が秀逸な作家さんです。

大沢やよい先生は百合姫本誌のインタビューにも登場されてますが、女の子をめちゃくちゃ色っぽく描ける人ですねー。

女の子をよく観察して描いているなぁという印象。
そしてやっぱり担当はノラさん!
対談の時も終始自分よりずっと年下な(はずの)やよい先生を褒め称えていたんですが、読んでいて気分が良いですね。こういう担当さんの元にいるからやよい先生も着実に成長することが出来たのでしょう。
黒ヤギかぶって黒魔術をやるアイデアもノラさんが出したそうですが、作者さんが仰ってる「超カリスマ担当」という表現は誇張じゃなく、本当にそうだと私もつくづく思いますよ(笑)。

大沢やよい先生は中学の頃、百合姫を読んでいてそれが投稿するきっかけになったそうですが、だから紺野キタ先生や森永みるく先生など、可憐で瑞々しくて女の子にスポットが当たっている百合作品の系譜を受け継いでいるんですね。
作品は新しいけど、昔からの良質な百合作品の系譜はしっかり受け継いでいます。女の子の肌がさらさらして瑞々しくて、そこに女の子が惹かれる気持ちはいつの時代も変わりませんね。

コメントによると作者さんは執筆当時(今も?)まだ学生だったみたいですね。雑誌で読んでる間はそんなことは全然想像してなかったからびっくり!一年で……というか半年くらいですごい上達しましたね(笑)。
作品が瑞々しくて、キャラクターが等身大で描かれてるのはそのせいなんでしょうか。
以下各話紹介。

・「劇薬まどれーぬとブラックヤギー」
描き下ろしは表題作の後日談。一緒にデートに行くお話が今度はまどれーぬちゃんの視点から描かれていますね。
疲れた・・・けど新鮮で面白かったという気持ちはお互い同じで、結局それも今度の放送のネタにしてしまえるような、楽しい思い出になったというオチが清々しいです♪

・「ブラックヤギーと劇薬まどれーぬ」
表題作にもなってますが、この短編集の中では目玉の作品ですね。
ネットアイドルをやっていた女の子まどれーぬに惚れたヒロインは自らも被り物をして(八木だから山羊w)イロモノ系でネット放送をはじめ、それはそこそこ人気を博すことに。「こんばんはみなさまようこそ我が祭壇へ」という前口上とか、ヤギーの放送のノリが今時っぽいですね。私もさっきフォロワーさんの百合カップルさんの生放送聞いてたところですよ(笑)。
続きを読む

初恋構造式 天野 しゅにんた


初恋構造式 天野 しゅにんた

百合度★★★★★(5.5)

天野しゅにんた先生の新刊百合単行本!こちらに試し読みページが。
今回は初期の作品群が多く収録されているんですが、これがなかなか良いんですよね。なんで単行本化しないのかと疑問に思っていたくらい(笑)。

ぎゃああああ!扉絵はあの2人じゃないですか!すさまじく良い!是非自分の目で確かめてください。この姿は必見です!

・「さんまんえんではかえません」
しゅにんた先生がデビューするきっかけになった、一迅社コミック大賞百合姫部門入選作の作品です。このブログでも何度か言ってると思いますが、これ個人的にかなり好きなんですよね。天野しゅにんた先生の作品の中でも一番と言って良いくらい。
この作品は受賞された時はこんな風に紹介されていました。
三万円もらえば、誰にでも身体を許す女子高生、紗瑛子。彼女はある日、同じ学校の女子生徒・みちかに「お金を払うからやらせてほしい」と頼まれるのだが…。
この時は「入選」ということで受賞作が掲載、デビューまでは至らなかったんですが、個人的にはこの作品も受賞してもおかしくないんじゃないかと思っていました。
彼女らは三河弁をしゃべってるんですね。いわゆる「じゃんだらりん」。私にとっては地元……というより地元の近くの地域でしたがやっぱりこういうしゃべり方をする子はいましたよ。しゃべり方もかなり私らと似てると思うんだけど、彼女らによるとちょっと違うことに拘りがあるらしい(笑)。まあでも可愛いですよね。

作品もめちゃくちゃ面白い!これは良かったです!
Hするシーンでも三河弁なので、私なんかは妙に生々しく感じてしまいましたが(笑)、晴れて気持ちも結ばれてドキドキしながらキスをして、初めてする好きな人とのHに、きもちよすぎ、しあわせすぎ、と感じぼろぼろ涙を流した後、3万円になるほどラブホの滞在時間も延長してしまくってしまう初々しいカップルぶりの2人が微笑ましいですね。

・「夢見る夜明け」(天野しゅにんた)
攻OLが同僚の受OLとなんだかエロいことに!というお話。

女子会(パジャマパーティー)が終わった後の雑魚寝で親友のおっぱいに手が触れてしまいドキドキ…こういうシチュエーションも良いですよね〜。自分は触られてないのに、触ってるだけでぱんつが濡れてきて、OLをしている時とは違う相手の姿を知ってますますハマってしまうシーンも好きです。続きを読む

裸足のキメラ 大北 紘子


裸足のキメラ 大北 紘子

百合度★★★★★(4.5)

流血やら暴力沙汰やら人の生き死にやら男絡みやらで物騒で痛い感じの百合短編集です。こちらに試し読みページが。編集部の紹介によると……
どの作品も、生きるのが辛そうな世界を舞台にした人の心をえぐる暗くて切ない物語だが、読み続けるのが辛くなることはなく(以下略)
と書いてありますが読み続けるのが辛い作品です(笑)。暗くて切ない物語というのは合ってますね。心をえぐるという言い回しがまた使われてます。ほんと編集部はこの言い回しが好きだな(笑)。

担当はぱいんさん。やっぱりなーという感じです。一見するとりっちぃさんの趣味が出てるように見えるけど、こういう作品は「こう書け!」と言われて描けるようなものじゃないんですね。りっちぃさんの担当は八色、なもり、田仲みのる、倉田嘘先生など、従順で優しい作家さんしか残ってませんからね。編集者は暖かく見守ってさえいれば、作家さんがとんがった良い作品を描いてくれるもんなんですよ。

この作品の百合度をつけるのは結構迷った……。男絡み、悲恋、悲劇など、うちのサイトの基準の百合度マイナスポイントはめちゃくちゃ多いんでもっと下げた方が良いのかとも思いましたが、結局強い恋愛感情というプラス要素も強いということで最終的に★5(4.5)なりましたが、高すぎると感じる人も多い気がする。結局百合度も主観抜きにはつけきれないところがありますね。

・「この花がしおれるころに」
単行本の描き下ろしは「名もなき草の花の野に」の過去エピソード。娼館の話の昔の、雪椿が主人公で銀蘭のことを好きになるに至った過程を描いたお話です。
雪椿がいくらどんどん扉叩いても無視してるのに、銀蘭が一声かけただけで扉を開けるシスターがゲンキンですね(笑)。
雪椿を助けるために銀蘭は、好きではないシスターに身体を許すことになってしまったらしい。その恩で雪椿は以後銀蘭のことを慕うようになったのでした。

百合的には雪椿が妹を大切にしてるシーンが良いですね。ストーリーの流れからして、この時はまだ助かったはずの妹ちゃんですが、果たしてその後も無事に暮らしているのかは気になるところ。あるいは地獄を見ているのかもしれませんけど、まあ確かにどこが天国でどこが地獄なのかは行ってみないとわかりませんしね…。

以下各話紹介。続きを読む

まんがなもり ゆるゆりSPECIAL2


まんがなもり ゆるゆりSPECIAL2


・「ゆるゆり」(なもり)
Special.10
1期の時BD、DVDを5セットずつ買ってくれたファンに京子たちが感謝しつつ、2期決定ということで引き続きファンにBD、DVD5セットずつ、各種グッズも買うよう促しつつ、ハリウッドを目指すと言いつつアメコミ調でババ抜きしたりすることに。
百合度の高いお話は百合姫本誌の方に掲載されてるのでこちらは百合度はほとんどなく、商品販促漫画になってます。まあファン向けの雑誌ですしね(^^;

・「ウインクしてぎゅっ」(ちさこ)
仲の良いことを売りにしていたアイドルユニットの2人だったが実は2人きりの時は口も聞かない疎遠な仲だったけど、実はやっぱりお互い相手と仲良くなりたくて、生写真を持っていたり、撮影の流れから相手にキスをしてしまったり、友達以上の仲になれるお話。
短いですが可愛くて百合度もあって良い話ですね。

・「わたしをたべてね」(すこやか)
どうみてもマンドラゴラな大根を引き抜いたヒロインは大根の妖精と出会い、懇意になった暁に大根少女は自ら包丁を握って自分を食べてもらって成仏しようとするもののヒロインはそれを制止し、土に返してやる!と言って再び植えてあげて大根少女は引き続き一緒に暮らすせるように。最後大根少女がキスしてくるのが唐突ですが良いですね。

・「きものなでしこ」(八色)
夏休み、さーや達に会えないかの子は幼馴染みのかごめに会うことに。3日も会えなかったことを怒ったり、他の3人を差し置いて意地でも2人きりで一緒に花火をしようとしたり、かの子がお泊りしてくれると聞いて真夏の夜の熱い一夜を期待して赤くなってしまうかごめが可愛いですね。
4コマパート以外に非4コマのショート部分もあって華やかです。

・「犬神さんと猫山さん」(くずしろ)
廊下でいきなり猫山さんに抱きつく犬神さんが大胆ですね。持ってきた手錠を足にかけたらなどと妄想するのがエロい。結局その手錠は本当に2人で腕にかけあうことになり、一緒にお風呂に入るドキドキイベントも犬神さんは期待してしまうのでした♪

・「百合男子」(倉田嘘)
ゆるゆり2期ということで原作のシーンをあれこれ解釈しようとする啓介。そんな中、宮×藤がポッキーゲームをしてるのを目撃してフォォォォとなってしまうのですが隣で一緒に同じ顔してる師匠が強烈(笑)。

他「ゆるゆり」アニメ2期の情報も満載、カードなどもついていました。
「ゆるゆり」の描き下ろしは1話だけで後は再録。あんまりなもり先生酷使してもいけないと思うんでそれは別にいいんですけど、8巻9巻が連続発売となるとどっちみち相当な量を描かざるを得ない…というか今描いてるはずなんで、それ載せればいいんじゃ…と思いましたが、8巻9巻がどんな内容になるのか分からないんでなんとも言えないかもしれませんね。

百合男子は百合姫に載ってると違和感があるけどまんがなもりに載ってると妙に違和感がないなあ(笑)。ゆるゆりは4コマではないですがライトなところが4コマっぽいんで、普段百合姫に載ってる4コマ作品も違和感なく溶け込んでいます。いっそ定期刊行しても良いかも?と思ってしまいました。

最低女神 井村瑛


最低女神 井村瑛

百合度★★★★★(5.5)

単行本の3分の1以上が雑誌未掲載の作品だったんですが、どれも良くて個人的におすすめな単行本です。
個人的には「リバーサル」の後日談が収録されてるのが嬉しい!

裏表紙には例によって「心を抉る」などという表現で紹介されていて(最近百合姫編集部はこの「心を抉る」という言い回しと「作家性」という単語を使うのが流行っているらしい…笑)、確かに作風は意見ハードだし切なくて苦しい百合女子の心情は描かれているものの、ひどすぎるバッドエンドや残酷な描写などはなく、意外に心温まるお話ばかりだったように感じます。それはカバー下の描き下ろしなどを読んでも伝わってきますね。

以下各話紹介。
・「リバーサル」

新人賞を取った百合姫での投稿&デビュー作です。こちらに試し読みページが。トーンを多用したりする派手な作風ではないものの、ストーリーやキャラクターは鮮烈で、デビュー作から光っていましたね。
わがまま…というより弱さを隠したお嬢様とか、初めてデリヘルに行った先が気になっていたお嬢様で、ドキドキしながら服を脱いだりするシーンとか、翌日から急に自分の体がどうでも良く思えなくなって俄然生き生きしてくるヒロインとか、魅力的すぎます!

・「リバーシブル」

描き下ろしは「リバーサル」の後日談!相変わらず素直にはなれなくて、やりあったりしつつもなんだかんだ理由をつけて一緒にいる時間を続かせようとしてる2人が可愛い♪

・「プラチナサンディ」
女子同士お泊りをした翌日、たわいもないやり取りをしていたナーコとシィちゃん。

キスもしてくる仲の良いナーコだったけど実は…というお話。
大災害によって部屋に取り残されてしまった2人。両親とも連絡が取れなくなって不安に陥るナーコを慰めようと、ナーコが恋人として好きだという自分の本当の気持ちを伝えたものの、かえってナーコを混乱させることになり、後悔したシィちゃんは頭痛にうなされたナーコが翌日告白されたこと、大災害が起きたことまで忘れているのをそのまま受け入れることにしてしまい、状況は全く好転していないのにナーコが楽しそうなのを見てそれで良いと考えているのが切ない。

・「おかえりなさいのつくりかた」

就職活動に失敗したヒロインのとらちゃんは昔いじめられていたところをかばって以来仲良くなって、その後付き合うようになった恋人の白鳥麗美のヒモになって暮らしていた。しかしニートで引きこもりで家事も全然ダメなのはさすがにまずいと思い一念発起、おそるおそるスーパーまで買い物に行って、料理を作るものの、作ったのがただのラーメンというのが笑える(笑)。しかしこれには秘密があったんですね。
引きこもりの心情が妙にリアルで面白かった(笑)。タイトルも上手いですね。続きを読む

メッてされてキャッ 田仲 みのる


メッてされてキャッ 田仲 みのる

百合度★★★★★(5.5)

田仲みのる先生の初百合姫コミックス!こちらに試し読みページが
最近百合好きになった方には、田仲みのる先生と言えば「ロケット☆ガール」を思い浮かべるかと思いますがこの方は以前から百合姫に短編を寄稿していて、どれも良い作品だったんですよね。
少女漫画的で文学的でもあって、実は個人的にはこちらが好みだったりします(いえ別にロケットガールの方が好きだという人はそれはそれでいいと思いますけど…笑)。単行本化されるのは嬉しいですね。


描き下ろしでは各作品の後日談などが収録されてるんですが、表題作の2人は坂ちゃんの方が今はまだニートのユッカに格好よく迫られてる夢を見てるのが面白い(笑)。
「星とつばくろ」の2人は幼少時のエピソード…成長して再会してラブラブなエピソードではなかったかー。それはちょっと惜しいですがょぅι゛ょ同士百合百合してるのも美味しいですね。
「くまさんについて」の2人はぬいぐるみに嫉妬した真子がおねだりして光子も抱きしめてあげてラブラブ♪続きを読む

きものなでしこ 1 八色


きものなでしこ 1 八色


百合姫でデビューした新人さんの百合姫コミックスは4月18日発売。こちらに試し読みページが
百合姫の紹介が面白いので引用しますと…
日常系百合4コマで人気街道ばく進中!
可愛い絵柄と爽やかな笑いが魅力の八色先生。『きものなでしこ』は第4回百合姫コミックス大賞の瑠璃賞(奨励賞)受賞作の設定を、日本人・かの子、フランス人・サーヤ、アメリカ人・アンジェリカ、中国人・雀の4人が集まる委員会”撫子衆”として仕切り直した日常系4コマ。11年7月号の初掲載以来、毎号2話ずつ連載されている。服飾系の知識が豊富な八色先生の持ち味が、作品の随所に活かされてもいる。
見どころはサーヤの”かの子大和撫子化計画”で、次第にかの子が染まりつつあるところ。本作の百合度は比較的ライトだが、作品には男性読者や百合を知らない人にも伝わる面白さがある。初コミックス化にあたり、描き下ろしプレストーリーがなんとカラー8Pで収録。
正直紹介読んで爆笑した(笑)。八色先生服飾系の知識が豊富だったのか(笑)。


八色先生は以前小説の挿絵でも素晴らしい挿絵を描いていましたね。白黒も上手いけどカラーも上手い。単行本の装丁も綺麗で百合っぽいものが来るんじゃないかと予想しています。
徹底してトーンを使わないで、白黒だけでコントラストのはっきりした絵を描いているのが上手いですね。白黒でもなんだか画面が鮮やかに見えます。

以下各話紹介。続きを読む

百合男子2巻(倉田嘘)限定版


百合男子2ドラマCD付き限定版(倉田嘘)


通常版


ドラマCD付きの限定版がついてくる倉田嘘先生の百合男子2巻の発売日は6月18日!

続きを読む

コミック百合姫 2012年 05月号


コミック百合姫 2012年 05月号

百合度★★★★★

通巻30号目の百合姫です。とりあえず通巻30号はめでたいですね。月刊だった「美粋」は何号まで出たっけなー。そろそろ並んだか追い越したんじゃない?百合雑誌が休刊にならないで続いているというのは良いことです…というのはピンとこない人も結構いると思いますが、休刊が決まってから痛感することです(笑)。

・「卒業禁止」(大沢やよい)
一緒に髪を染めて登校するのもそうなんですが、いつも一緒にいた親友が寝ているところにキスをしたり、キスされたことをどう思ったか聞いてみたり、抱きついたり、一見大胆に見えるんですがそれも卒業を控えているからこそ出来た行動だったという女生徒の気持ちが繊細で、卒業したらそれっきりで離れ離れになる可能性もあったものの最後、相手が合鍵を渡してくれることで2人の関係の卒業エンドだけは完全に否定してくれる結び方も上手いですね。

寝顔に魅入ってついキスをしてしまい、「すごいやわらかい…」と唇の感触を感じるシーンは臨場感があってドキドキする!

・「犬神さんと猫山さん」(くずしろ)

第3話。セクハラを注意しようとした秋ですが、ラブラブすぎる2人の前にツッコミの行き場がないのが面白い(笑)。4話、意外と3Pエンドもありな流れに?

・「愛と仕事と金の話をしよう」(大北紘子

この作者さんの作品は流血やら暴力沙汰やら人の生き死にやら毎回物騒なんですが今回は冒頭からヒロインが血だらけで現れてて笑った(笑)。
恋人がいるかどうか、女とつきあったことがあるかどうかは好きな人にしか教えないという管理人さんに即座に「女の人はいけるクチ?」と聞くことで自分のことを好きかどうか聞いて、対等以上の関係でないと関係でないと無視されるからとスーツ着て見栄を張って、管理人さんを口説き落とそうとしている小松崎さんが可愛いですね。
管理人さんも、わざわざ入院に付き添ってあげてキスもしてあげるのに言葉では「好きだ」と言わないのは、見下されたら相手が靡いてこないことを知っているからなのでしょう。

・「いじめっこ」(すこやか)
バスケのポジションと同時にいじめられっこの立位置(ポジション)も守る事に必死なあすはが可愛い♪SとMの立位置も少しずつ理解してラブラブな関係になれそうですね。

・「ふ~ふ」(源久也
13話は冒頭から抱きしめて同衾しているはやせと小麦が良いですね。

いきなりがばちょと抱きついてキスするもののこれも普通だというはやせは、きっと毎晩布団の中でDVちっくなHプレイをするのも普通なのでしょう(笑)。

・「きものなでしこ」(八色

阿呆なかの子はサーヤのお嫁さんという楽な進路を選んでしまいそう(笑)。意識してるのが可愛い。お泊りもいつもしているかごめは幼馴染みのさーやが加わっても余裕ですね。次回3人でお泊り編?

・「ゆるゆり」(なもり)
今月は表紙と、付録のゆるゆり7・5小冊子、誌上販売[小百合姫Vol.4〜6セット]、なもり先生の描き下ろしイラスト入りショッパーもセットで誌上販売、LIVEレポート[七森中♪りさいたる]、6月開催の「七森中♪うたがっせん」メインビジュアルと、櫻子&向日葵ユニット「さくひま*ひまさく」衣装デザインを初公開。なもり先生による衣装デザインイラストも掲載と今月もゆるゆりが盛りだくさんです。小冊子は以前紹介した作品です。REX掲載された話とか面白かったんですよね。
57話。扉絵で綾乃の腰に身体を寄せてる千歳が良い感じ。

本当に一緒にお風呂にも入るとは(笑)。
58話。肩を揉む京子に戸惑う結衣。きっとそっちじゃなくて胸を揉んでほしかったんですね♪あかりはちなつに誘惑してもらえて良かったですね。

・表紙(なもり)
昔からの百合好きちゃん(仮)をよそめに、新規ゆるゆりファンちゃん(仮)に手を引かれてるなもり先生(仮)が嬉しそうですね♪

・特集「SSを書こう!!〜ゆるゆり編〜」
SSを書こうという企画記事は以前にもありましたが、今回はゆるゆり編です。今回も編集長自らが「ばんぎゃ」の話をしていますね。(^^;

・「hime cafe」
なもり先生が2回目の登場。かなり偏った話をしてます(笑)。

・「百合男子」(倉田嘘
宮鳥と松岡と藤ヶ谷が3人で仲良くなってる姿を見てひょっとして彼女らは女子同士愛し合っていないのではないかと心配する啓介ですが妄想力を発揮して見事に3人を脳内で再び百合っ子にすることに成功。

その姿に魚屋のおっさんも感動してしまうのでした…。なんか途中まで読んでた私までいい話に聞こえてきた。あやうく感動しかけちゃったよ!(笑)
こちらでもお知らせしたとおり、百合男子のキャラクターソング&ドラマCDが今夏発売決定!よもやこれが「まんがなもりゆるゆりSpecial2」の発売決定より話題になるとは思いもよらなんだ(笑)。
ドラマCD付き限定版ありの単行本2巻も6月18日発売!


・「あまいゆびさき」(小説:宮木あや子 挿絵:ロクロイチ)
今月もロクロイチ先生の百合イラストが読めますよ!最近ロクロイチ先生の新作百合イラストが見れるのはここだけになってしまった。(^^;単行本化されてもイラスト全部は収録されないでしょうしねえ。やっぱり確保しておくしか!内容も相変わらず少女が少女を愛しく思う気持ちが切なくしっとりと綴られていて素敵でした。
照乃と同じところまで落ちて対等な立場になろうと決意した真淳は男と付き合うことにし、予定通りクラスの女子達からハブられ、体育の授業中組を作ることになってお互いあぶれてしまっていたところを声をかけ、ようやく2人きりで向かい合うことができましたね。
この回は照乃視点で描かれているのですが、急に孤立してしまった真淳が心配で目が離せない様子や、幼い時の彼女が無邪気に自分に近づいてくる夢が一人称視点で語られているため臨場感を持って迫ってきます。

・「ウタカイ」(森田季節 cut:茂田家)
やはり森田季節先生が百合短歌を作りまくるお話でしたね。森田季節先生が自分で短歌作って自分でそれを批評する形になってるのが面白い。
歌会の決勝戦で「歌なんてもどかしいものはやめにして くちびるどうしくっつけあおうよ」と詠んだヒロイン伊勢が先輩の鏡霞をオとしてしまい、以後恋人でありつつも混ざり合うことはなくお互いライバルな2人のお話です。
言葉にどれだけ、人が人を恋する気持ちを凝縮出来るか、昔の人も今の人も挑戦してることは変わらないということを象徴しているような作品ですね。言葉がどこまで力を持つことが出来るのか、また、必殺の歌を詠んで恋人になれたのは良いですが、切り札にもみえる歌を歌ってしまった後物語をどう盛り上げていけるか、気になりますね。
百合専門レーベル初の森田季節先生の百合短編小説集「ノートより安い恋」が同時発売!この連載が続くかどうかもこの本の売れ行きにかかっています!続きを読む

「百合男子」ドラマCD&キャラクターソング&ドラマCD付き2巻限定版&「まんがなもりゆるゆりSpecial2」が発売決定

百合好き男子を主人公にした百合姫レーベルの漫画、「百合男子」のドラマCD、キャラクターソング、ドラマCD付き2巻限定版がなんと発売されるそうです。(Fujisanから到着した百合姫最新号より)

百合男子関連だけで3点も発売が決定したんですね。ドヤ顔の啓介がなんか憎々しい(笑)。

ドラマCD付き2巻限定版は6月18日発売。価格は税込みで1470円だそうです。
さらにドラマCD単体と、キャラクターソングCDが今夏発売予定。(書いてないから価格はまだ未定かな…?)
公式サイトもできたようですね…。
キャストは花寺啓介が福山潤さん、藤ヶ谷沙織が佐倉綾音さんだそうです。声優には疎いんですが今調べたら福山潤さんは男性声優だそうですね。そりゃそうか。なんか彼も災難な気が(笑)。
2巻付属のドラマCDは倉田嘘先生が原案のオリジナルストーリーで、倉田嘘先生久々の(?)王道百合が見れるとのこと。これは楽しみです。
広告ページで啓介が「コミックス限定版のドラマCDには俺は出てないぞ」って言ってるんですが、ということは逆に言うとキャラクターCDや単品ドラマCDの方には出てくる…?キャラクターソングですよ?ひょっとして啓介が絶叫して歌ったりするんですか?それは聞きたいような聞きたくないような(笑)。
コミックス2巻限定版のドラマCDには出てこないって言っても2巻自体には登場するだろうからどれ買っても結局啓介がついてくるような…。やっぱり「百合男子」は啓介の暑苦しさ抜きでは楽しめないようですね(笑)。皆さんこれ買うんでしょうか…?よくわかりません。(^ω^;)
まあでも私はこれ買っちゃうでしょうね〜。別に「百合男子」自体は嫌いじゃないし。ただ下手なことを言うとどっから弾丸が飛んでくるかわからないから扱いづらいだけです(笑)。


6月18日発売の限定版付き2巻は予約受付が開始しましたね。5月発売分の百合姫コミックスの予約もまだなのにはええなおい!
うわあ私予約入れちゃったよ…。
この選択が正しかったのかどうか、私には分からない…(^^;
予約締め切りは4月21日までとのこと。欲しい人はお早めに〜。


さらに「まんがなもりゆるゆりSpecial2」が5月18日にリリースされるそうですね。以前出た「まんがなもりゆるゆりSpecial」のパート2ということになるようです。
内容は描き下ろし特別編、アニメ2期情報、傑作選、「ゆるゆり♪♪大特集」にゲストも参加予定だそうです。
プレシャスメモリーズプレミアムカード付きとのことだそうですが、やっぱりランダム封入とかなんでしょうかね。
前回はすごいたくさん「ゆるゆり」新規描き下ろし本編が掲載されていましたよね。今回も期待してしまいます。


また3冊の百合姫レーベルの新刊も発売が予定されていることが告知されています。雑誌掲載時に白黒だった扉絵がカラーになって紹介されていますね。新しく発表されたのは以下の3タイトル。

ブラックヤギーと劇薬まどれーぬ(大沢やよい)

裸足のキメラ(大北紘子)

初恋構造式(天野しゅにんた)

いずれも5月18日発売とのこと。天野しゅにんた先生は現在「私の世界を構成する塵のような何か」という作品が連載中ですが、今回の単行本はそれではなく、以前に百合姫などに掲載されていた作品集になるようですね。入選作でデビューするきっかけになった投稿作「さんまんえんではかえません」も収録されるそうです。あの作品私特に好きなんですよねー。あれが単行本に収録されないのは惜しいと思っていたところでした。今回単行本化されるのは嬉しいですね。


百合姫5月号

百合姫発ノベルシリーズ第1弾、森田季節先生の「ノートより安い恋」は3月17日発売。定価は1575円


ノートより安い恋(森田季節 小山鹿梨子)


百合姫発新しいノベルシリーズ第1弾!
単行本は予告によればサイズがB6でソフトカバー…なんだかよく分からない形式です。一迅社文庫アイリスとも、「ゆるゆりノベルアンソロジー」とも違うようですね。本屋行ってもどこにあるのかわからないし、ライトノベルの棚、文芸本の棚、コミックの棚などあちこち探し回らなければならなそうで面倒そうなので私は通販で注文しました。本屋で探そうという人はご注意を。

さてこの単行本の内容ですが百合姫の広告によると……

恋かもしれない、何か。この気持ちの先にあるものの正体なんて知らなくていいはずなのに。どうして。百合姫掲載4編に加え、書き下ろし多数。
ということで百合姫に掲載された作品を中心に、書下ろしも多数収録されそうですね。百合姫に掲載された作品はどれもクオリティ高かったんで、それは安心して良いと思いますよ。

見本の写真が来ましたね。やはり小山鹿梨子先生のイラストは良い雰囲気。
公式サイトによると、書き下ろし作品は、SF百合作品「ふたごごっこ」、女子小学生の冒険と出会い「そこから塔は見えるか」、少女たちの隠されたコミュニュテイ「池姫」の3作品とのこと。
なんと3作品も描き下ろしが入るんですね。1作だけかと思っていたんでこれは豪華。
ぱいんさんが主に宣伝をしているんで、担当編集はぱいんさんっぽい?ぱいんさん百合漫画(って百合姫と百合姉妹だけってことですよね)でしか仕事してなくて、編集人生=百合漫画編集人生なんだ。すごい。
今はゆるゆり以外の百合姫の編集の仕事をほとんど一人で請け負っているように見えるぱいんさんですが、これからも是非頑張って素敵な百合作品を世に送り出してほしいですね。超応援しております。

以下百合姫掲載分の各話紹介。続きを読む

コミック百合姫 2012年3月号


コミック百合姫 2012年3月号

百合度★★★★★(5.5)

新年最初の百合姫!
冬コミのゆるゆりグッズもやはり誌上販売されていますね。コミケではあっという間に売り切れてしまったようで、買えなかった人はこの機会に利用すると良いのではないでしょうか。
赤字覚悟でわざわざ重版をかけた1月号も、もう売り切れてしまったようですね。次号が出る前に在庫がなくなってしまうなんて現象は、百合姫Sの1号と2号を除いて、百合姫ではそんなにある現象ではなかったのですけども。最近の百合姫は品切れになるのが早いです。
2期のニュースも載っていることですし、今回の百合姫も品切れになったりする確率もありそうですね。グッズがほしい人も、グッズはほしくないけど百合姫本誌がほしくて難民になるのが嫌だという人も、とりあえず早めに買っておいたほうが良いでしょう。

・表紙(なもり)

表紙はラメが入っていてなんか眩しい。微妙すぎるサプライズがツボった(笑)。

・「ブラックヤギーと劇薬まどれーぬ」(大沢やよい)
ネットアイドルをやっていた女の子まどれーぬに惚れたヒロインは自らも被り物をして(八木だから山羊w)イロモノ系でネット放送をはじめ、それはそこそこ人気を博すことに。「こんばんはみなさまようこそ我が祭壇へ」という前口上とか、ヤギーの放送のノリが今時っぽいですね〜。
その後本物のまどれーぬに会って、コラボで一緒にネット放送に出演したりする仲になるものの、中傷からまどれーぬを守るために自分は引退することを決める八木さんですが、最終回を放送してる最中に乱入したまどれーぬに「好きです」と言われ、キスも閲覧者たちに見られてしまいそうになる展開が面白いですね。


・「裸足のキメラ」(大北紘子
仕えるメイドが親身に接してくれるうちに心を開いたお嬢様は次第にメイドに心を開くようになり、唯一普通に話をすることが出来るようになったものの、実はお嬢様と異母姉妹だったメイドは、血縁もあってドナーとしても最適だったため、父親に言われお嬢様の命と弟の将来のため、体のほとんどの部分をお嬢様に提供してしまい、手術後話をしたいとお嬢様は思うもののもう彼女はこの世にはもうおらず…というお話。
で、タイトルが2固体以上が合体して出来た生物「キメラ」と。ラスト、来れないメイドを待ち焦がれるお嬢様と、表紙でキメラの姿をして寂しげなお嬢様の様子が印象的です。


・「ミズイロ・ソライロ」(慎結)
ぼっちでクラスで浮いてる女子同士、分かり合って好きになるお話。相手は転向してしまったものの、ヒロインはクラスの中で群れなくても一人で暮らしていける力をもらう…というお話。

波打ち際でキスを交わすシーンが綺麗。

・「レイニーソング」(百乃モト)

お話自体は、わりとシンプルなバンドものの百合漫画なんですが、画力があるんで迫力が他作品とは全然違う!
エレキギターとかの形もちゃんとしてるのが嬉しいですね。ギターは、形なんて物語の中ではそんなたいした問題ではない…とわかっていつつも、実際に欲しくてあれこれカタログを眺めたことがある人なら形がちゃんとしてるかどうか気になってしまうアイテムですよね。一方文化祭で活躍したバンド少女に憧れを抱くヒロインの水玉模様の傘も可愛い♪

・「私の世界を構成する塵のような何か」(天野しゅにんた)
女子だけで合宿することになり、妖しげな白い粉を飲んで、女子同士次々とエッチしそうになってしまう展開がドキドキしますねv

留希はなんと笙ちゃんと…!って小麦粉だからこれにはオチがつくんですが。しかし薬が効いても効かなくても自分の欲望に歯止めが効かなくなってしまう明日菜はまた、芽流ちゃんとエッチしてしまったようですね。びしょ濡れになってしまっているのがエロい。
■追記:メールで紅茶パックを出した際のさちの薬指と人差し指の爪だけ短いのは怪しいのでは…という感想をいただきました。鋭いですね(笑)。果たして今後の展開に関係してくるのか…。

・ゆるゆり大特集

二期のキービジュアルをどこよりも早く掲載、他スタッフ情報やなもり先生の喜びというか困惑の声も掲載されています(笑)。

・「ゆるゆり」(なもり)
京子は誰からのキスも受け入れてしまうんですね。結衣、そこは京子の足を舐めてあげなきゃ♪
ドキドキ王様ゲーム!しかしあかりへの仕打ちはちょっとひどいんじゃないか…とか言ってみる。冗談が笑ってもらえず真剣に嫌な顔されると悲しいですよねぇ、なもり先生…('A`)

全体的に百合度が微妙な中でも、ガチ百合なちなつはひとりで頑張って百合度をあげていて健気だなぁ。しかしその姿は京子以上にあひるっぽい(笑)。結衣がちなつにムダにお茶を入れさせるのはもはやお約束展開?

・「スキキライスキ コンプレックス」(ちさこ
好きな子を独占するため、嘘の悪い噂を流したりする優奈ですが、実はそれを知っていてそれでも「可愛い…ね」と言ってくれる沙希の優しい眼差しが良いですね〜。確かに優奈はウザカワいい!v

・「きものなでしこ」(八色

プール回!4コマにもお色気を求めてしまう私は単純に嬉しいですよ(笑)。作者さんの大好きな「ストライクウィッチーズ」ネタも出ましたね♪

・「犬神さんと猫山さん」(くずしろ)
「姫のためなら死ねる」で百合好きにもおなじみのくずしろ先生の作品が、今月号からいよいよ本格的に連載開始!

発情期の2人の妄想がエロい(笑)。犬神さんは中学の時は、秋ちゃんに一目惚れしていたんですね。彼女が今後2人にどうかかわっていくかも注目です。

続きを読む

パイをあげましょ、あなたにパイをね(さかもと麻乃)


パイをあげましょ、あなたにパイをね(さかもと麻乃)

百合度★★★★★(5.5)

さかもと麻乃先生の初百合姫コミックス!
最近雑誌百合姫を買ってない人はご存知ないかもしれませんが、今百合姫で一番素晴らしい百合作品を寄稿されているのがさかもと麻乃先生なんですよね。今年最初の百合姫コミックスですが、ひょっとしたら早くも今年最強の百合姫コミックスになってしまうかも!
…と心配してしまうくらい、期待値の高い作品集になっています(笑)。
ここ1年くらい百合姫を買っていなくてどんな作家さんがいるのか分からないという人には是非、この単行本から買うことをおすすめします!どのお話も傑作で、きっと気に入ることと思いますよ♪

さかもと麻乃先生の初単行本、「リスランタンプティフルール」が出た時、めちゃくちゃ練りこんだ設定を作っていたんで、それを完全に生かしたら厚みのある百合作品が出来るんじゃないかと思っていたのですが、今回それが実現したと言っても良いんじゃないでしょうか。
「リスランタン」が出た頃、新人さんの中では一番百合作品を描く才能を感じるとこのブログでも書いたんですが、その読みも大当たりだと言って良いでしょう(笑)。見事に才能が開花してくれました♪

・「マイ ユニークデイ」
舞台で輝いて見えた女性、ミキさんを追って自分も劇団に入ったヒロインの空子さんは、ミキさんと次第に親交を深め、ついには一夜を過ごすことになるのだが…というお話。ついに一夜を共にすることになって、「憧れのミキさんと私は、いよいよ普通ではないことをしようとしている」と空子さんが思いながらキス、そして胸も触って……という展開の臨場感がすごい!

そこまで来て急に怖くなってしまって、「そこまでしちゃいます…?」と冗談めかしながらも待ったをかけてしまい、その後ミキさが悲しそうな顔をして「女の子同士でこういうことするのが…めずらしかったりした…?」と聞くシーンがインパクトあります。
このシーンが臨場感持って迫ってくるのは、物語の冒頭から一緒の劇団に入って、メールのやりとり、お店で一緒に食事する過程まで、細部まできちんと描かれているせいでしょうね。この展開はさすが!
その後、空子さんは自分が単に憧れの女性と女性同士愛し合う特別な人間になりたかっただけなのではないかと葛藤した末、そうではなく、外郎売りをするミキさんをエッチなメで見てしまっていたものの、うしろめたい気持ちからそれを自分の中でちゃんと受け止めていなかったために、いざセックスをする時になって怯んでしまったことに気づき、その気持ちを受け止め、改めて「この人とだったらどうなってもかまわない」と思い謝って仲直りします。
話し合っているうちに、憧れの存在だったミキさんが実は弱くて脆い、自分と同じ普通の人だと気付き、でも人と違う特別な自分になることなんてとても些末に思えてしまって、自然と今度は2人で身体を重ねることが出来るハッピーエンドも良いですね。


あとがきによると作者さんは中高と演劇部に在籍していて、実際に外郎売りをやったりしていたそうです。どの作品もリアリティあるんだけど、やっぱり演劇部を扱ったこの作品は特に、凄ささえ感じてしまうほどのリアリティがあるのはそのせいもあったんですね〜。
この作者さんの登場キャラクターが、表情豊かなのもそういう経験が生きていそうですね。

「ユニーク」というと日本語では「面白い」「風変わりな」という意味合いが強いですが、やはりタイトルで使われているのは「唯一の」という意味なんでしょうね。多分作品のタイトルだけ読むとコメディ漫画かと思われてしまいそうだから単行本のタイトルにはならなかったのではないかと想像するのですが、やはり珠玉の作品が揃った今回の単行本の中でもこれが目玉だと思います。

女の子同士のやりとりの機微がリアルに描かれているのが見事!そしてそうした細かくてリアルなやりとりの積み重ねによって、女子同士愛し合う世界が臨場感を持って読者に迫ってくるのが、この作者さんのすごいところですね。

・「パイをあげましょ、あなたにパイをね」(さかもと麻乃)
ウエディングケーキがミルフィーユだったら…と夢見つつも周囲からはその夢をバカにされてしまう少女のお話。
この作品も、女の子の可愛さがめちゃくちゃリアルに描かれていますね〜。ウエディングケーキがミルフィーユ…周囲から指摘されるとおり入刀したら崩れてしまうし、人によっては滑稽に映るかもしれませんが、独特の可愛さは確かにあるんですよね。女の子は可愛いものが好きなことはわりと共通してるけど、その可愛さの基準は女の子それぞれによって違うところが上手く表されていますね。男の子だったらそもそもウエディングケーキもミルフィーユも可愛さがピンと来ないアイテムかもしれません(笑)。

「しゅっしゅっ」は確かにまじ可愛くてエキセントリックで心をぎゅんぎゅん持っていっちゃうような感じですね。「だったら婚カツヤメロ」とかも可愛い(笑)。「もっと叱って!もっと叱って!」と内心思いながら相手の気をひこうとする誘い受け少女の激しい心理的かけひきの描写が美味しい(笑)。
パイだからヒロインが盛り髪なのか。それはあとがき読んで初めて気づきました(笑)。

セフレがたくさんいて性生活は奔放なのに、ゴミの分別はきちんとしていたりするギャップも可愛い♪

いっぱいセフレはいるのに実は相手は皆女性で、男とはしたことすらなくて、「ごめんなさい私男の人駄目なんですっ!女の人としか…セックスできないんです…」と正直に話して男から解放された後、「ちょうドン引きした顔してた…。やだしにたい」などと言ってズーンと落ち込んでる姿も可愛い(笑)。
その後意中の女の子ユキちゃんからも誘い受けをして気を引いていることがバレ、それがちょっとうざいと思っていたユキちゃんも結局みどりのことが好きなことがわかり、最後2人はミルフィーユに入刀して、小さな結婚式を挙げつつハッピーエンドなのでした♪

単行本「リスランタンプティフルール」で、登場人物の女の子の怖ろしく詳細な設定を作っていたことも分かりましたが、さかもと麻乃先生は女の子を普段からすごくよく観察しているか、あるいはちょっと見ただけでパッとわかってしまうのか…どちらかわかりませんが、とにかくリアルで魅力的な女の子キャラを描くのが天才的に上手いですね。

・「スワコさんと宇宙旅行」
既婚女性スワコさんにダメモトで告白したところ、意外なことに「いいよ」と言ってくれた彼女は不思議系の女性で、以後ヒロインのミカゲは17時までを門限に、日々スワコさんと会ってその度にセックスもする関係なのであった…というお話。間男ならぬ間女の話ですねw

エッチした後服着てるシーンが色っぽい♪
少しは自分も主導権を握ろうと試みるものの、ふわふわしてつかみ所の無いスワコさんには結局振り回されてしまうミカゲ。女性同士のかけひきが面白いですね。
しかし最後またダメもとで、「いっしょにかけおちしない?」と誘ってみたところ、スワコさんはあっさり了承。そんなスワコさんが宇宙だと気付いたミカゲは宇宙であるスワコさんにどこまでもついていこうと思うのでした。

・「もう好きなんて言わないから」

昔アイドルをやっていたヒロインエリコは、一緒にデュオを組んでいたナコちゃんに「私、女の子しか好きになれないの…」と打ち明けられてからナコちゃんのことを激しく意識してしまうようになり…というお話。導入部だけでうおおとなってしまう!

以来何気なく抱きしめられても胸の感触にドキドキしてしまったりするシーンも良いですね〜。
アイドルオタクだから新人だったエリコのことに憧れてずっと注目していたという話とか、アイドルだから恋愛感情とは全く異なる「才能」というものへの強い憧憬があって、それが2人の恋愛の障壁になってしまう話とか、リアルに伝わってくる描写ですね。
もちろんさかもと麻乃先生も私もアイドルではないし、こういうことが現実にあることなのか正確に推しはかることは出来ませんが、私が仲の良さそうなアイドルの女の子2人を見た際に一番感じるのはやっぱりこういう葛藤があるんじゃないかということですね。
そして別れてしまった2人ですが、その後はエリコも女性の恋人を作ることが出来て、お話を全部読み終わった後にまた冒頭のエピソードに戻って読むと、また泣けてきますね。

そういえば今回収録されている作品は、OLモノではないですが学生モノでもなくて、ほとんどが社会人モノなんですね。27歳の女性とかいますし(笑)。しかしあまりそういうことを意識しないで読めるのはキャラクターがナチュラルに可愛すぎるから♪
さかもと麻乃先生はストーリー、構成も上手いんですが、なんと言っても女の子のキャラクター付けが一番すごいなぁと思います。どの子も、実際にいそうな女の子ばかりに感じてしまいます。
超現実的なファンタジー要素はないんですが、普通の女の子同士の普通の恋愛を描いて、それがすごいという…森永みるく先生の後を継ぐような偉大な百合作家さんになる可能性を感じる、数少ない作家さんだと個人的には思っております。

担当編集は最初ナガヨさんで、その後ノラさんにバトンタッチしたんですね。なるほど、ノラさんがお好きそうな作風だなぁとは思ったものの、雑誌掲載時の柱のあおりが微妙にノラさんとは違うような気がする部分があったのはそのせいですか。
ノラさんがさかもと麻乃先生の「my unique day」がいかにお好きかは、百合姫2012年3月号で、熱く語られていますので機会があったら是非こちらも読んでみてください。編集さんに必要なのは読者を釣る能力じゃなくて、作家さんへの真摯なリスペクトだと私は思いますね。

百合姫3月号にはさかもと麻乃先生とノラさんとの対談が掲載されているんですが、イラストでもあけっぴろげなスワコさんの姿にノックアウトされてしまいます♪
ご本人のトークもなんとなく大物感が(笑)。去年は「魔法少女まどか☆マギカ」のさや×杏にハマられていたそうですね。それは意外な。逆に「ゆるゆり」はあんまり観てなかったっぽいのに、ゆるゆりの話題ものらりくらりかわしているのがまた大物っぽい(笑)。百合姉妹の創刊号も買っていたというさかもと麻乃先生はやっぱり百合好きだなぁと思いました。同性同士には偏見も全くないどころか特別に思うこともなくて、普通の感情だと仰っているのが印象的です。

リスランタンプティフルール(さかもと麻乃)の紹介はこちら。こちらは全編学生モノということでこれまた違ったさかもと麻乃先生の作品の魅力があって対比が面白いんですが…絶版になってしまっているようですね。しかし私がイチオシな百合作品の入っているさかもと麻乃先生のコミック「おとこのこは魔法」はまだ在庫があるようです!個人的にはこちらがおすすめなんで未読の人は是非今のうちに!
タイトルがタイトルなだけに手に取る人は少ないようだし、知っている人も少ないようですが収録作品はかなりおすすめです。「おとこのこは魔法」に収録されている作品は(作者さんいわく)ヘンテコファンタジーものばかりなんですが、今回収録される作品は全部現実の世界を舞台にしたものなんですね。対比が面白いのでどちらも読んでみると良いと思いますよ。


パイをあげましょ、あなたにパイをね(さかもと麻乃)

百合姫発ノベルシリーズ第1弾、森田季節の「ノートより安い恋」は3月17日発売決定。今月の「百合姫」には「ゆるゆり」二期情報も

Fujisanからなんか眩しい今月の百合姫が届きました(笑)。


やはり「ゆるゆり」2期の特集もありますね。キービジュアルやスタッフ情報、なもり先生喜びの声も掲載されています。ちなみに今月号にはちゃんと「ゆるゆり」本編も掲載されてますよ。
今月号のラインナップはこちら


ついでに3月17日発売の次号予告も。森田季節先生の「ウタカイ」というタイトルの小説連載が始まるらしいです。「三十一文字で伝える、大切なあなたへの、想い」という紹介がありますから、短歌を題材にした百合作品になりそうですね。森田季節先生が百合短歌を作りまくる?(笑)
予告に載っているクレジットは…
・「ゆるゆり」(なもり)
・「」(竹宮ジン)
・「あまいゆびさき」(小説:宮木あや子 挿絵:ロクロイチ)
・「犬神さんと猫山さん」(くずしろ)
・「私の世界を構成する塵のような何か。」(天野しゅにんた)
・「きものなでしこ」(八色
・「」(森島明子)
・「ふ~ふ」(源久也
・「百合男子」(倉田嘘
・「」(黒霧操)
・「hime cafe」
・「ウタカイ」(森田季節)
・「恋愛遺伝子××」(影木栄貴+蔵王大志)
・「ロケット☆ガール -ROCK IT' GIRL-」(田仲みのる)
・「」(かずまこを
「hime cafe」にはなもり先生が2回目の登場をするそうです。特集「SSを書こう!!〜ゆるゆり編〜」も気になりますね。


広告ページには、森田季節先生の小説単行本の告知が出ていますね。それによるとタイトルは「ノートより安い恋」、発売は3月17日に予定されているようです。

ノートより安い恋(森田季節 小山鹿梨子)

恋かもしれない、何か。この気持ちの先にあるものの正体なんて知らなくていいはずなのに。どうして。百合姫掲載4編に加え、書き下ろし多数。
森田季節先生の小説って、コミック百合姫掲載時は黒柾志西先生など挿絵は毎回違っていたんですが、クレジットには「森田季節 絵●小山鹿梨子」とあるので、小山鹿梨子先生が全部挿絵を描きなおすのかもしれません。ちなみに百合とはちょっと…というかだいぶ違うんですが(笑)、小山鹿梨子先生は「校舎のうらには天使が埋められている」という単行本がつい最近発売されまして、こちらは女子が女子に首輪つけられていじめられてしまうお話になっています。掲載されていたのは少女漫画誌で、少女漫画畑の人でもあるんですよね。興味のある人はどうぞ。

広告に「百合姫発・ノベルシリーズ第一弾」とありますから、以前発売された百合姫発の小説単行本、「ワイルドブーケ」(駒尾真子 甘塩コメコ)「. (period)」(瑠璃歩月 玄鉄絢)「私立カトレア学園」(沢城利穂 つたえゆず)などとは違った形態になるのかもしれませんね。B6判ということでサイズは以前のシリーズよりちょっと大きいですね。これまでのシリーズとは装丁も違うようです。一迅社文庫アイリスになるのか、未定の価格はどうなるのか、「あまいゆびさき」も単行本化という続報があるのかなども気になります。

で、ついでに一迅社文庫の公式サイトを見ていたんですが、それによると今月20日発売の誰よりも優しいあなたのために (あきさか あさひ、 だいん)という作品がなにやら百合っぽい感じ?こちらも気になりますね。



コミック百合姫 2012年 03月号


ノートより安い恋(森田季節 小山鹿梨子)

いちばん近くて、とおいふたり 黒柾志西


いちばん近くて、とおいふたり(黒柾志西)

百合度★★★★★(5.5)

黒柾志西先生といえば今までたくさん百合な単行本も描いてきて、百合姫にも何度も寄稿されてきたんですけど、百合姫コミックスは今回が初なんですね。

まさか百合姫Sに掲載されて未完だった「幼馴染みと呼ばないで」が完結編を描き下ろしも付け加えて収録されるとは!
ちょっと無理なんじゃないかと思っていた私の予想は思いっきり外れましたが(笑)嬉しいことですね。


描き下ろしの最終話では、安直に全部全員結ばせて終わりというわけではなく、凛に婚約者がいるという衝撃の事実が飛び出してさらに一波乱の展開も!しかしちゃんと話を締めて終わっているのは上手いなぁ。


また扉、カバー下には[es]に収録されていた漫画の後日談も掲載されています。これが色っぽくて良いんですよね〜。ちなみに[es]収録のベンジャミン名義で寄稿された百合漫画って、当時もすごい好評だったんですがこちらの本編も収録されています。古くからのファンは懐かしく、新しく入った人も新鮮に楽しめますね。

せっせと先行レビューしたものの、短編集の方メインだろうという読みが外れてレビューの大半を削らなければならなくなって正直私涙目なんですが、せっせと書き直しました(笑)。

・「幼馴染みと呼ばないで!」続きを読む

飴色紅茶館歓談 2巻(藤枝雅)


飴色紅茶館歓談 2巻 限定版(藤枝雅)

百合度★★★★★(5.5)

飴色紅茶館歓談2巻限定版の在庫が復活!

店舗特典のもう1枚のCDの方は在庫がなくなりしだい終了ということで、ついてくるかどうかは微妙らしいのですが、買い逃してお店で見つけられない、という人は是非!
内容はクリスマスの模様になっていますので、ちょうどクリスマス頃聞くと幸せな気分になれると思いますよ♪


ドラマCDにはこのような素敵な装丁のジャケットに収められています。
お話は聖地巡礼で飴色紅茶館に訪れた咲雪と珠李が仲が良くなっていく様子が収められていて、やはりほんわかした雰囲気の中で女性同士が結ばれていく様子が描かれています。もちろん脚本は藤枝雅先生ご本人!

キャストはお馴染み、さらさ役の水樹奈々さん、芹穂役のゆかなさん、詩子役の堀江由衣さん、愛華役の田村ゆかりさんに加え、新キャラの咲雪&珠季は、咲雪役を悠木碧さん、珠季役を寿美菜子さんが演じています。この2人は「Aチャンネル」のトオル&ユー子ですね(笑)。

さらに橘田いずみさんや佐々木未来さん、大亀あすかさん、佐倉綾音さんも参加されているのが豪華!それぞれ客ABCD役ということなんですが、脇役の声にも思わず注目せざるを得ないですね(笑)。トラック1の最初の方と、トラック7の最初の方などに登場してますね。多分あのセリフはあの方であのセリフはあの方なんじゃないか…とそれぞれ予想しながら聞いてしまいました(笑)。

キャストトーク、これが今回は11分以上も収録していて充実してますね。今回もカップリング毎に順にコメントを本編に劣らないくらい見所が多い内容でした(笑)。
ハル役の浅川悠さんには「男の人が夢をみてる女の子のお話だなって」などと言われてますが、そういう感想を言う人がいるのはわかります(笑)。
ただ、多分これは浅川さんが実際に藤枝雅先生に会ったからこういうことを言っているわけで、実際に会わなかったらこういう感想を言っていたかどうかはわからないと思いますね〜。例えば「マリア様がみてる」なんかも同じような感想を言う人が多いですが、あちらは作者さん女性ですしね〜。男性だから皆「飴色紅茶館」のような作品を描けるかというと、それは「マリア様がみてる」が誰でも書けるわけではないのと同様、難しい話ですよね。浅川さんは全然タイプが違いますが、例えば今回参加してるゆかなさんなんかは藤枝雅先生と感性が似ているし、もし漫画が描けたらこんな雰囲気の漫画を描くような気がしますね。
とりあえず浅川悠さんと私には描けないことだけは確かだ(笑)。
しかし前回のみこまじょのドラマCDの時も生天目仁美さんに「かゆい」とか言われてましたっけ?実際にお会いして親しくなったせいなんでしょうが、声優さんに好き放題言われてる藤枝雅先生が萌えます(笑)。

で、そんなことを言っている浅川悠さんは、作中で相方のこやまきみこさんとの絡みが少なかったことに拗ねているようでもあるんですが、別の収録(←気になる…笑)ではばっちりいちゃいちゃすることができたようで良かったですね(笑)。出演者皆女の子ばかりの中でお触りもずいぶん堪能したようで、こちらも良かったですね(笑)。

悠木碧さんは、普段から寿美菜子さんのことを「俺の嫁!」と言っていたようで、念願が叶って寿美菜子さんを嫁にすることができて良かったですね。

堀江由衣さんと田村ゆかりさんは相変わらず仲が良いですね〜。コメントを言うのも、なぜか先を争っているのが笑える(笑)。
しかし一番可愛いのはやはりゆかなさん。作品を紹介する際も水樹奈々さんと女の子同士ラブラブしているお話で…と紹介しながら恥かしさで声がどんどん小さくなっていく様子が可愛すぎる!

本編はもちろん、キャストトークも存分に楽しめる内容でした!
以下通常版パートの紹介を。続きを読む

コミック百合姫2012年1月号


コミック百合姫2012年1月号

百合度★★★★★(5.5)

今月号のコミック百合姫1月号にはくずしろ先生の漫画も掲載!なもり先生の表紙&中のカラーイラストも破壊力たっぷりでした!

・COVER STORY(なもり)
表から見ると着替え中の女子の姿が目に入ってしまってドキドキしてる女子の甘酸っぱい様子。しかしカバーをめくると…

なんと女子同士エッチしてしまった後らしき姿になっているという……。
このイラストは良い!なもり先生は今までもたくさんイラスト描かれてきましたけど、その中でも個人的には最高に素晴らしいイラストでした!なもり先生ファンは超必見!
アニメだけで最近百合姫に興味を持った方はどう思うか私には分かりませんが(ゆるゆりキャラじゃないのが不満とか、あるいは露骨にエッチすぎて引くとか?)少なくとも、なもり先生ファンならゆるゆりが掲載されてなくても絶対納得の作品ですね。なもり先生の百合イラストが実質2枚も見れるのもお得です。
表紙の一部に透明なビニールが張ってあるという、こんな特殊な装丁のイラストは今後単行本などどこかに収録される可能性も低いと思うんで今月号の雑誌はおさえておいたほうが良いでしょう。

・「犬神さんと猫山さん」(くずしろ)
「姫のためなら死ねる」で百合好きにもおなじみのくずしろ先生が百合姫初登場!
犬っぽい少女の方が猫っぽい少女を好きだったりその逆もあったり、くずしろ先生のややこし面白い百合作風は健在ですね(笑)。扉絵で猫山さんに首輪で繋がれてる犬神さんが嬉しそうなのがエロい(笑)。

初回から結構エロいぞ!

・「真夜中グラヴィティ」(大沢やよい)
扉には「ラブコールに応えて…読切32P」の文字が。誰がラブコールしたかって……私ですよ(笑)。個人的に好みな作家さんだったんで読者アンケートでプッシュしてたらなんと巻頭掲載になっててびっくり。しかし嬉しい!

この方は女子の肌同士触れ合う皮膚感を上手く描く稀有な才能があると思うんですよね。そんなに奇抜な展開は描いていないので気付いていない人も多いかもしれませんが個人的にはイチオシ。
コメント見て初めて知ったんだけど作者さんまだ学生だったんですね。じゃあ今回の女子大生のお話とか、等身大で描いているのか〜。
高校卒業後、同棲している百合カップル。ラブラブなようで、相手に会えない時間が不安で独占欲から変な言動をしてしまったり、相手の気持ちが重すぎてキツイ言葉を投げかけてしまったり、葛藤しつつも一緒にやっていこうとする2人の姿が良いですね。

・「気になっちゃってゴメンなさい☆」(竹宮ジン)
こちらは前回のお話の続きですね。またSNSを題材にしたお話になっております。
竹宮ジン先生は11月30日に百合な同人誌の再録&描き下ろしも加えた「Seasons」という単行本も出されます。こちらも要注目!

以下レビューはまだまだ続く。続きを読む

レンアイ女子課(2)森島明子


レンアイ女子課(2)森島明子

百合度★★★★★(5.5)

森島明子先生のOL百合漫画の第2巻!ぱいんさん担当の単行本です♪今月は一緒に出る藤枝雅先生の「飴色紅茶館歓談」もぱいんさん担当ですし、ぱいんさん大活躍の月ですね(笑)。

さて、雑誌掲載時気になっていたメインの2人以外の展開ですが、あとがき漫画によると黄実ちゃんなどのキャラクターの番外編を描きたいと仰ってます!

ツイッターなどでも呟かれてたんですが本気なのかなぁと思って最初は半信半疑だったんですが、あとがき漫画にまで書いているところを見るとかなり描く気ありそうな感じ!実現したら嬉しいですね〜。

あとがき漫画では森島明子先生先生が女性が2人ともウエディングドレス姿では現実性がなさすぎて儚く感じてしまうなどと女性同士の結婚観なども語られていて深い…ですが、同時にキャラクターが勝手に動き出してしまって思っていた通りのフラグにならなかったことも仰られています。
なるほど〜それで私の予想外の展開になっていたのか〜。ご本人にも分からないんじゃへっぽこブロガーなどに先の展開がわかろうはずもない(笑)。
しかし森島明子先生、何年も漫画描かれてるのに、自分の描くキャラクターの行動が予想つかないなんてお可愛いですよね(笑)。

さてさて本編、1巻の終わりでアリスの放った可愛い「ばキュン」が見事命中してしまい、恋の矢に射抜かれてしまった白羽さんですが…

2巻ではこんな関係に♪
ラブラブな様子がたまらないですねー。しかしそれだけで済むかと言えば、もちろんそうではなく…。続きを読む

放課後カノン 三国ハヂメ


放課後カノン 三国ハヂメ

百合度★★★★★(5.5)

三国ハヂメ先生の女の子×女の子のえっちありらぶらぶまんが作品集!
今回の単行本には「百合姫Wildrose」「GirlsLove」に掲載された作品以外にも、なんと小百合姫に掲載された「極上ドロップス」「妄想HONEY」の番外編や、描き下ろし、さらにカバー下には4コマもあって、いろいろ収録されています♪

・「ゆめのなかでも」
収録作品中の「ねてもさめても」番外編!
花織ちゃんは収録作品中でも特に可愛かった女子キャラだったんですが、太ったんじゃないかと気にしてるのがまた可愛い♪

そしてななちゃんはそんな花織が太ったんじゃなくて胸が大きくなったの!とフォローしてあげつつ大きくなった胸の感触を確かめるようにおっぱいにキス…というか乳首噛んだりしててえっちい♪

・「日常vドロップス」
極上ドロップス番外編!

なんと小毬ちゃんがエリカ先輩とおっぱいを揉みあう仲に…!?
むっとしてる雪緒ちゃんが可愛い♪しかしつけるブラを交換…女子同士だからこそ出来る行為ですね(笑)。

・「妄想SUMMER」
妄想HONEY番外編!
なんと小学一年生の女児同士時代にもキスをしていたというののかとかなではホントに仲が良いんですね♪

カバー下の4コマでは、各お話のキャラの後日談を描きつつ、エッチしちゃうカップルもいてこちらも美味しいですね♪

以下収録作品の紹介を。可愛くてエッチな女子同士の恋愛漫画がたっぷり詰まっていますよ♪続きを読む

百合姫11月号


百合姫11月号

百合度★★★★★(5.5)

長らく品切れ状態だったamazonの在庫が復活してました!
いつまでもつか分かりませんが、まだ手に入れてないという方は是非この機会に!

今回の百合姫はめちゃくちゃ良かったです!以下各コンテンツの紹介を〜。続きを読む

飴色紅茶館歓談2巻(藤枝雅)にはドラマCD「Blue Christmas」付き限定版あり!


飴色紅茶館歓談 2巻 限定版 藤枝 雅


藤枝雅先生の飴色紅茶館歓談2巻にはドラマCDが付属!発売日は11月18日!
予約締め切りは9月23日。今日までです!まだ入れてないという人はお早めに〜。続きを読む

「ふ〜ふ」(源久也)には[es]の神百合漫画も収録!


ふ〜ふ 1 源 久也

百合度★★★★★(5.5)

源久也先生の百合姫初コミックス…というか源久也先生先生初の単行本!
源久也先生の作品を読んだ事がないという人もひょっとしたらいるかもしれませんが、藤枝雅先生の作品のチビキャラシーンはかなりの割合でこの人が描いているっぽいので、絵柄は皆さんも見覚えがあるんじゃないかと思います。アシスタントをしている関係上絵柄は似てますが、作風は全く違います。このブログでも何度か言ったと思いますが、この人は是非参加してほしいと思っていたんですよね。個人的にも超イチオシな作家さんです。天然で何も考えてないような作風ですが、これが良いんですよね〜。な〜んも理屈なしで楽しめる百合作品……簡単そうで難しいんですよね。こういうのが描けるのは、もう才能があるとしか言いようがないかも(笑)。

今回の単行本にはなんと[es]掲載のみやちゃんとセンパイの漫画も収録!!

[es]掲載のあの神百合漫画が収録!!!!
個人的にはめちゃくちゃ嬉しい!!テンションが急激にあがりました!!!!(笑)

やっぱりみやちゃんと(ひより)先輩の漫画は最高だと思うんですよね。初めてこの作品読んだ時はこの人どんだけ天才なんだ!と驚愕してしまったくらいですし(笑)。

[es]は数年前から絶版になっているので、意外に読んだ事がない人が多いのではないでしょうか?[es]というのは百合姫が創刊される前に刊行されていたアンソロジーで、まだ当時は「一迅社」という会社名すらなくて前身の「スタジオDNA」という出版社名で出たアンソロジーで、その後刊行が始まった百合姫にも大きな影響があったアンソロジーです。
源久也先生は2冊出たうちの両方にみやちゃんと先輩の漫画を寄稿されてましたね。裏表紙もみやちゃんと先輩でした。



今以上にシンプルな描線なんだけど、この2人めちゃくちゃ可愛いんですよ!

ぽてぽて歩くセンパイが可愛い!

にこーーーーぉと笑うセンパイと、「ひより」と名前呼びしようと葛藤するもののなかなか出来ないみやちゃんが可愛い!

みやちゃんがセンパイずるずる引きずって歩いてく姿が可愛い!

この作品の良さをお分かりいただけたでしょうか!?
…って全然語ってませんね。分からない人には分からないか(笑)。でも分かる人には分かってもらえると思う。それこそみやちゃんがほとんどしゃべらないのにセンパイが全部理解してしまえるように!(笑)言葉があんまりなくても面白さが伝わってくるのってすごいと思うんですよ。
[es]には素晴らしい百合漫画が数多く収録されてますが、その中でも一番好きな作品でした!

さらに単行本には描き下ろしでみやちゃんとセンパイの新規エピソードが!これは嬉しいですね〜。是非皆さんも単行本を買って、久しぶりに見れる新しいみやちゃんとセンパイの姿を確かめてください♪

ご存知の通り、百合姫掲載の「ふ〜ふ」もパーフェクツに鉄板で面白い百合漫画なんですが、やっぱり個人的にはみやちゃんと先輩の漫画が神すぎて、これを紹介出来ないのは惜しいなぁと思っていたところでした。
これで心置きなく「ふ〜ふ」も紹介出来ますね♪

さてでは以下表題作「ふ〜ふ」の紹介を。続きを読む

死神アリス 2 いづみやおとは


死神アリス 2 いづみやおとは

百合度★★★★★(5.5)

いづみやおとは先生の百合姫コミックスの第2巻は完結編!
百合姫Sが休刊して以来作品を読めなかったから、続きが読めるのはおよそ1年ぶりなんですね。
ひなげしがカメリアに捕まって…というわくわくする展開の続きがようやく読めますよ!ほんとに待ち遠しかったです♪

雑誌では単行本1巻の後にちょっとだけ掲載されてそれっきりになって単行本1冊分には全然届かない量でしたから、単行本2巻は半分以上が描き下ろしの展開でした♪

さて1巻からの続き、やはりひなげしはカメリアに針でつんつんプレイで責められてしまいましたね。今回はぱいんさんご所望の(?)パンスト破りや、太ももの内側を舐める展開もあってエロいです。

真崎のためのものであるはずの口の中までカメリアの舌で犯されてしまって涙を浮かべてるひなげしがかわいそうですが、足はびくんと反応してしまってるのがエロい!

さらに真崎まで呼んでひなげしのその姿を見せるカメリア。どんだけエロいんですか!w

カバー下では真崎がひなげしに後ろから抱き付いてるいちゃいちゃイラストが♪
「むぎゅっ!」と音を立ててるのは後ろからひなげしの背中に押し付けられた真崎の胸の感触ですね。ひなげしの胸も真崎の腕に抱きしめられているはずですが、こちらは「むぎゅっ!」という音はしません。なぜならひなげしはツルペタだから(笑)。

巻末には小百合姫収録の番外編が2本収録。一緒にデートしてるひなげしと真崎がお互い猫と犬みたいだって…ほんとにそうですね(笑)。2人で銭湯にも行こうとしてラブラブでした♪

もう一本は二人が殺しあっている姿…かと思いきやなにやらびしょ濡れになってしまっていて…やはりラブラブなのでした♪

さて1巻の後の展開をおさらいしておきますと…続きを読む

百合男子 1 倉田 嘘


百合男子 1 倉田 嘘

百合男子度★★★★★(5.5)

こっちより「それでもやっぱり恋をする。」の方がおすすめですよ!
…と内心思ってるのはナイショにしつつ百合男子単行本第1巻が発売!

雑誌掲載分にはご丁寧にもこの作品だけ切り取り線が入っていて、切り抜いて捨てることも出来るようになっていたんですが、いよいよ捨てる時が来ました!

ほんとに切り取ったよ!この後資源回収の日が来たらホントに捨てます。

……もちろん単行本買ったから捨てるんですけどね(笑)。

さてその単行本、表紙はまあいつもどおりアレな感じなんですが(苦笑)、カバーの裏側がちょう綺麗!!

かけ変えカバーの仕様になっているのですが、こっちを表にして飾っておこうかな。もちろんそれで中身が変わるというわけでもないんですが(笑)。

こちらは裏表紙。何冊か本が置いてありますが、このサイトに来る皆さんはどれがどれかすぐ分かりますよね(笑)。

描き下ろしは松岡さん視点!

もはや多くは語るまい(笑)。続きを読む

初恋テクトニクス(かもたま)


初恋テクトニクス(かもたま)

百合度★★★★★(5.5)

告知が少ないので気付いてる人が少ないかもしれないけど今月発売された百合姫コミックスです!今回の単行本は同人誌で発表された百合作品群を単行本にまとめたものということで、商業誌などに掲載されていたお話はなく、全部商業未発表の新作になります。

もちろん全部百合作品、男が絡んでくる話もなくハッピーエンドです。全部のお話が女学生モノで男の子キャラとか見当たりません。安心して読める単行本ですね。
あと眼鏡率が高くて、どのカップルもどちらか眼鏡かけてますね(笑)。そんな女子たちが、眼鏡をかけたままキスすることもあれば、キスの時だけ外してする描写もあったり、眼鏡女子好きにはたまらない内容なのではないでしょうか(笑)。
作者さんサイトのこちらこちらで作風を確かめることが出来ますね。

「Girl's Distortion 少女が胸に秘めたものは」百合度★★★★★
ずっとツルんでいた新入の言美にある日「付き合ってほしい」と言われ、元々好きではあったものの恋愛感情とは意識してなくて戸惑う水香ですが、姉のキスをしてみれば分かるんじゃないかと言うアドバイスを受けてほんとにキスをし、やっぱり自分は恋心があると気付くお話。

お試しキスが初々しくて可愛い♪

・「夏影 Don't Disturb」百合度★★★★★
合コンに誘われたものの行きたくなかったので「女性にしか興味がない」と言い訳をしてしまった詩音が、以来毬亜という女の子に興味を持たれ近づいてこられ、屋上に誘われ一緒にチェスをするうち、最初は振りでビアンを演じていた詩音が本当に毬亜のことが好きになっていってしまうお話。
その後誤解を解くために毬亜の家を訪れた詩音はお互いの本当の気持ちを確認し、キスをして気持ちに応える事に。

単行本のカラーの扉絵では毬亜がひとりでチェスをしている姿が映っているんですが、これは女性にしか興味がないけど共通の話題を話せる友達も恋人もいなかった、詩音に出会う前の毬亜の姿かもしれませんね。

・「琥珀色ステレオグラム」百合度★★★★★

好きな妹にふざけてエッチなことをして口を利いてもらえなくなった「黄昏さん」と親に結婚相手を決められて悩む少女「溜息くん」が一緒に相談に乗ることになりつつ、婚約を親に諦めさせるために恋人役を演じようという話に。
大勢が見ている前でキスをして心中未遂まで演じてしまう2人は次第に本気で相手の事を好きになり、お互いの悩みも解消して晴れて結ばれることに。

シマシマソックスと黒タイツが対照的ですね。良いお話でした。

・「西風に寄せる歌 Choco-A-Bye Baby」百合度★★★★★
バレンタインに恋を成就させようとする紅藍に協力してあげようと一緒にチョコを買う絵愛ですが、紅藍の好きな相手とはやはり絵愛で、最後に「絵愛のこと好きで…ずっとそういう目で見てた…から」とそのチョコを渡され「ごめん」と応える絵愛ですが実は…というお話。

最後チョコを二つに割って加え、片方の端を絵愛に食べさせようとするシーンが色っぽいですね〜。この辺は描き下ろしなのかな?

・「ポンコツ日和」百合度★★★★★
靴を駅のホームに置き忘れてきてしまうようなドジっ子桜花をお姫様抱っこしてあげるアキラは、やっぱり桜子の面倒は自分が見なきゃと思って相思相愛なお話。「女同士でくっついて胸キュンするかしら」と思うツルんでる女子ゆかりに対し「ゆかりも見てみたくない?アキラと桜子の…本気のチュウとか…?」と趣味の悪いようなことを言いつつも、2人が結ばれるよう計らってあげようとするすずめも良い味出してますね(笑)。

白百合の杜さんの記事によればこのシリーズを描くきっかけになったのは森永みるく先生の「くちびる ためいき さくらいろ」だったとのこと。森永みるく先生に感化されて百合作品群を作ることにしたんですね。どちらも学校を舞台に女子達の甘酸っぱい恋模様が描かれている辺り確かに共通しています。その「くちびる ためいき さくらいろ」と同じ百合姫コミックスから単行本が発売されることになったのはなんか感慨深いですね。


電脳コイル Blu-ray Disc Box

ところでかもたま先生も同人誌を出されていたらしい電脳コイルのBDが11月25日に発売されることが決まったようですね。私もちらちら見ていたんですがあれはヤサコ×イサコの百合アニメだと解釈しました。…と言っても男の子が絡んでくるんで完全に妄想レベルですけど(笑)。しかしかもたま先生もこのカップリングで百合同人誌を出されたということは、同じものが見えていたんでしょうね。嬉しいです(笑)。
過去ログ
百合関連カレンダー
11月30日

ピュア百合アンソロジーひらり、Vol.9
(森永みるく先生参加!)

12月10日

このマンガがすごい!2013


1月10日

彩百合2


1月12日

天使のどろっぷ(3)中嶋ちずな


1月14日

紅茶ボタン 中里一、山田あこ


1月15日

ハクメイとミコチ 1 (樫木祐人)


1月18日

コミック百合姫 2013年 03月号




犬神さんと猫山さん1(くずしろ)



沼、暗闇、夜の森(さかもと麻乃)



百合魂-ゆりイズム-vol.1



ウタカイ 森田 季節:作 えいひ :絵



百合男子3(倉田嘘)


1月22日

普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。1小杉 光太郎


1月23日

食前酒・告白 百合小説掌編集 中里一、山田あこ



少女革命ウテナ Blu-ray BOX 上巻(初回限定生産)(Blu-ray Disc)



げんつき 1 アキヨシカズタカ



ラブライブ! OP主題歌(DVD付) μ’s


1月25日

百合アンソロジー dolce due



友達は催眠術師? ヒュプノでエッチな昼下がり 南室夏月



「たまこまーけっと」OP ドラマチックマーケットライド



「たまこまーけっと」ED ねぐせ



廃墟少女 尚月地


1月26日

R18!(5)ぷらぱ



スマイル・スタイル(2)筋肉☆太郎



リリィ(1)小波ちま



屋敷はメイドのために!1ぷらぱ



G'sあんだ〜ぐらうんど ぷらぱ



クイーンズブレイドリベリオン青嵐の姫騎士2南崎 いく



うるわし怪盗アリス 2 鈴見 敦/田中 ロミオ



ネガ→ポジ(1)森名尚



スイーツどんぶり(1)FBC


1月28日

少女革命ウテナ コンプリートCD-BOX


2月1日

鳥籠の少女たち クロマメ



ヤングガン・カルナバル (11) グッドバイ・ヤングガン 深見真


2月4日

PSYCHO-PASS サイコパス(上) 特装版(深見真)



Gえでぃしょん(2)河下水希


2月7日

ともだちマグネット 1 まご


2月9日

はねつくをとめ 2 唐辛子ひでゆ


2月10日

戦姫絶唱シンフォギア 2 吉井ダン



メルルのアトリエ 〜アーランドの錬金術士3〜 2 唐辛子ひでゆ


2月12日

星川銀座四丁目 3(玄鉄絢)



悪戯ちょうちょ(2)綾瀬マナ



しまいずむ 3(吉富昭仁)



東京自転車少女(3)わだぺん。


2月13日

セントールの悩み(4)村山 慶



大正ガールズ エクスプレス 5 日下直子



『ビビッドレッドオペレーション』OP


2月14日

たまゆら 〜hitotose〜 (3) (完) momo、佐藤順一


2月15日

閃乱えんじ☆きょにゅう組 アサヒナヒカゲ



閃乱カグラ 千紫万紅ノ春花 井上 巧



愛しの可愛い子ちゃん(2)サトーユキエ


2月18日

Cirque Arachne −サーク・アラクニ− 再田ニカ


2月19日

ニーナとうさぎと魔法の戦車(2)薮口黒子 兎月竜之介


SSシスターズ 5 佐野 タカシ


ゴクジョッ。〜極楽院女子高寮物語〜(7)宮崎摩耶



白雪姫と7人の囚人(1)藪口黒子


2月20日

咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A 7 スペシャルエピソード #13 [Blu-ray]

[DVD]


「たまこまーけっと」 キャラクターソングアルバム twinkle ride CD


2月21日

フェイト/エクストラ CCC (限定版)


2月22日

星彩のレゾナンス




追い風らんっ♪じゃん♪すろー! びび



ニーナとうさぎと魔法の戦車 7 BUNBUN 兎月竜之介



コミックハイ!3月号



ギャラクシーエンジェルAA+S Blu-ray Box



SAYONARA FAIRES (スミヤ)


2月23日

ささだあすか短篇集 きらきらのなつ



のんのんびより(5)あっと



コンビニロボットぽぷりちゃん(4)(完)林 雄一



ガールズ&パンツァー(2)才谷屋龍一



ガールズ&パンツァー リトルアーミー(2)槌居


2月25日

魔法使いの心友(2)柚木麻子 (著), 香魚子



魔法少女リリカルなのはViVid 8 藤真拓哉



魔法戦記リリカルなのはForce Dimension 河南あすか



放浪息子14(志村貴子)



ストライクウィッチーズ 小ぃサーニャ 2 たちきヤマト


2月27日

桜Trick 2(タチ)



ビビッドレッド・オペレーション(小梅けいと)



Aチャンネル 4(黒田bb)



よくわかる現代魔法 DVD_SET



真・恋姫†無双〜乙女大乱〜(3)天海雪乃、BaseSon



ご注文はうさぎですか? 2(Koi)



プレフレ 1(ちび丸)



青春おうか部 (1) うかみ



Seed 双三ヒロ



Rainbow☆Starbow 2(BeLL)



少女革命ウテナ Blu-ray BOX 下巻(初回限定生産)(Blu-ray Disc)



ドラマCD レーカン!



けいおん! ストーリーアンソロジーコミック 3



まんがタイムきららカリノ 5



かみさまのいうとおり! 9(湖西晶)



みもりろっくおん(2)(完)みずなともみ


2月28日

楽園 Le Paradis 11


2月下旬

commons & sense ISSUE44


3月1日

ドキドキ!プリキュア&スマイルプリキュア! おはなしブック!
(上北ふたご先生のプリキュア漫画掲載!)


ドキドキ!プリキュア&プリキュアオールスターズ まるごとブック!


3月2日

アイカツ! 1 [DVD]


3月4日

コミカル!下村トモヒロ



あいうら 3 茶麻



BLEACH(58)久保帯人


3月6日

さばげぶっ! 4 松本ひで吉



AKB0048 EPISODE0 4 美麻 りん



女ともだち 角田 光代,川上 弘美


3月7日

わかば先輩未満 (2)佐野妙



ANDOL 1八色


3月8日

紅殻のパンドラ (1)六道 神士
百合関連カレンダー2
3月9日

彩百合 3



一騎当千〜逆鱗考察〜 大山玲 塩崎雄二



メイド諸君! 上 【新装版】きづきあきら サトウナンキ



メイド諸君! 下 【新装版】きづきあきら サトウナンキ



南鎌倉高校女子自転車部 3 松本規之



虹野さん家のホワイトスワン 2 介錯



デート・ア・ストライク 2 鬼八頭かかし 橘公司


3月10日

安達としまむら(入間人間 のん)


3月12日

学園ポリーチェ 1 森永みるく



ふたり(大朋めがね)



ヤマノススメ(3) しろ



まんがーる(3)玉岡かがり



私が彼女で彼女が私で 2(橘あゆん)


3月13日

スタッカート・デイズ あおい(CV:井口裕香) ひなた(CV:阿澄佳奈)



のろい屋姉妹ヨヨとネネ 下 ひらりん


3月15日

チョコミミ 7 園田 小波



光の海 小玉ユキ



タンスの奥のぱんつさん 1なつみん


3月18日

少女惑星(柏原麻実)



コミック百合姫 2013年 05月号



3月20日

咲 -Saki- 阿知賀編 episode of seide-A 8 スペシャルエピソード #14



メルルのアトリエ Plus ~アーランドの錬金術士3~ プレミアムボックス



真・恋姫†無双 Blu-ray BOX



真・恋姫†無双~乙女大乱 Blu-ray BOX



たまこまーけっと (1) [Blu-ray]



【Amazon.co.jp限定】映画スマイルプリキュア! 絵本の中はみんなチグハグ! 特装版(Amazon限定絵柄差し替えジャケット)【Blu-ray】


[DVD]限定版


[DVD]通常版



THE UNLIMITED 兵部京介 01(初回限定版) [Blu-ray]


3月22日

ヤミと帽子と本の旅人 Blu-ray BOX (仮)



ひなたCafeへようこそ 2 門井亜矢



ひゃくえん! 6 遠山えま



コミックハイ!4月号
(森永みるく先生の「学園ポリーチェ」単行本1巻の続きの本編から掲載!)


アラクニド 8 いふじシンセン 村田 真哉



魔法少女リリカルなのはThe MOVIE 2nd A's【超特装版】[Blu-ray]

【特装版】[Blu-ray]
【通常版】[Blu-ray]
【超特装版】[DVD]
【通常版】[DVD]

3月23日

とげぬきハトちゃん 久世番子



七瀬葵 20周年記念 アニバーサリーコレクション「festa!」


3月25日

夏色キセキ 3 たつひこ



ココロ図書館(仮)上 高木信孝



ココロ図書館(仮)下 高木信孝



射〜Sya〜 4 大塚志郎



輪廻のラグランジェ 3 IsII



蝶の毒 華の鎖 コミックアンソロジー



閃乱カグラ Burst −紅蓮の少女達− コミックアンソロジー 3



一騎当千【初回限定版】21 塩崎雄二



魔法少女リリカルなのは The MOVIE コミックアラカルト



あくの秘密結社 まったくモー助



星屑とコスモス さよならポニーテール


3月27日

ビビッドレッド・オペレーション 1(完全生産限定版) [Blu-ray]

[DVD](完全生産限定版)
[DVD](通常版)


閃乱カグラ 第壱巻 [Blu-ray]



苺ましまろ(7)ばらスィー



▲コンプレックス 1(鴨鳴アヒル)



キルミーベイベー 5(カヅホ)



もこもこBOX 2(☆画野朗)



ウォーターガールズ 2(なぐも。)



かいちょー☆ 2(武シノブ)



がんばれ! 消えるな! ! 色素薄子さん8 限定版 水月とーこ



放課後プレイ High Heels 黒咲練導



4コマ公式アンソロジー とある科学の超電磁砲×とある魔術の禁書目録 3



TVシリーズ うる星やつら Blu-ray BOX1



みなみけ ただいま 1 [Blu-ray]


3月28日

ダンジョントラベラーズ2〜王立図書館とマモノの封印〜


3月29日

その花びらにくちづけを アトリエの恋人たち




3月30日

ピュア百合アンソロジー ひらり、10



女の子の設計図(紺野キタ)(ひらり、コミックス)



購買のプロキオン(ふかさくえみ)(ひらり、コミックス)



咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A お風呂ポスター 玄&宥



ココロコネクト アスランダム (下) 庵田定夏


4月4日

ひよっこノート 陽菜子


4月5日

クギ子ちゃん(2) PEACH-PIT


4月6日

おーがちゃん(2)コンノトヒロ



ぽちゃぽちゃ水泳部(3)遠山えま


4月8日

思春期生命体ベガ(ドラマCD付き)(林家志弦)予約締め切り


4月9日
新世界より 3 及川徹 貴志祐介

4月10日

バガタウェイ 9 古日向 いろは


4月12日

神さまばかり恋をする(2)一花ハナ



ハナヤマタ(3)浜弓場双



少女政府 ベルガモット・ドミニオンズ 1



世界でいちばん強くなりたい!(3) 夏木きよひと



新Good Job〜グッジョブ 7 かたおか みさお



おんなのいえ 1 鳥飼茜



遺言姉妹 2 井ノ本 リカ子


4月13日

わんおふ−one off− 2 太田 真人 佐藤 順一


4月15日

けんもほろろ 1 ハトポポコ


4月16日

ガズリング(3)才谷ウメタロウ


4月18日

あまいゆびさき宮木 あや子 (著), ロクロイチ (イラスト)



私の世界を構成する塵のような何か。 2 天野 しゅにんた




名前はまだない かずま こを



ふ〜ふ 2 源 久也



きものなでしこ 2 八色


4月19日

ゆりてつ〜私立百合ヶ咲女子高鉄道部〜 3 松山せいじ



℃りけい。 5 わだぺん。 青木潤太朗



スクール人魚 1 吉富 昭仁


4月22日

魔女とほうきと黒縁メガネ 2 へーべー



魔女の心臓 2 matoba


4月23日
ZUCCA×ZUCA(5) はるな檸檬


デイドリームネイション 5(完) kashmir


4月24日

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q EVANGELION:3.33 YOU CAN (NOT) REDO.(初回限定版)(オリジナル・サウンドトラック付き) [Blu-ray]


ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q EVANGELION:3.33 YOU CAN (NOT) REDO.(初回限定版)(オリジナル・サウンドトラック付き) [DVD]



ギャラクシーエンジェルX Blu-ray Box


4月25日

咲−Saki− 阿知賀編episode of side−A 5 五十嵐あぐり 小林立



咲−Saki− 11 小林 立



R.O.D REHABILITATION 藤 ちょこ (著), 原作/倉田 英之 スタジオオルフェ



アイドルマスター シンデレラガールズ ニュージェネレーションズ(1) namo



アイドルマスター シンデレラガールズ Shuffle!!(1)



アイドルマスター シンデレラガールズ ロッキングガール(1) ハマちょん


4月26日

ひとりのクオリア


ふたりのクオリア


ゆりキャン 5 瀬口たかひろ 原田 重光



魔法少女リリカルなのはA’s PORTABLE ─THE GEARS OF DESTINY─ マテリアル娘。ダッシュ 榊 蒼十郎 都築 真紀



魔法少女リリカルなのはViVid LIFE Advance ねことうふ 都築 真紀



魔法少女リリカルなのはViVid 9 藤真 拓哉 都築真紀



LSD〜ろんぐすろーでぃすたんす〜(2)ほた。



ゆゆ式 ストーリーアンソロジー(1)



ゆゆ式(5)三上小又



アキタランド・ゴシック(2)器械



Good night! Angel(2)柊ゆたか



ふわふわ科学(2)田仲康二



Nymphodelic 東山 翔



ガラスの仮面 50 美内すずえ



くれよん・でいず〜大キライなアイツ〜 4 千葉コズエ


4月27日

スズログ −suzuro’s logfile− 3 FLIPFLOPs



Doubt! 2 天乃 咲哉


クイーンズブレイドリベリオン:ZERO 3 さがら 梨々


魔法少女 鬼塚さくら 2 小林 マサト 本川耕平


4月29日

しすばれ -Sister bullet- 2 松崎豊


4月30日

小学生のヒミツ 1 中江みかよ



デスレス 6 六道 神士


今冬
ゆるゆり10(なもり)

5月1日

あまんちゅ!(6) 初回限定版 天野こずえ


5月2日
ちょっとかわいいアイアンメイデン 2(深見真先生 α・アルフライラ)

5月10日
新約 とある魔術の禁書目録(7) 鎌池和馬 はいむらきよたか

GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン VI <上> 川上 稔 さとやす

5月16日

サモンナイト5 (初回封入特典ソーシャルゲーム「サモンナイト コレクション」の特設ページで入力すると「5」の主人公カードが入手できるシリアルコード 同梱) 予約特典『サモンナイト5』特別設定集 付


5月17日

モンスター・ダーリン 山口ねね


5月18日
コミック百合姫 2013年 07月号


5月24日

ヤマノススメ [Blu-ray]


5月27日

がんばれ! 消えるな! ! 色素薄子さん(9) 限定版 水月 とーこ


5月31日

思春期生命体ベガ(ドラマCD付き)(林家志弦)


6月4日
生徒会長が百合好きでも問題ナシ!?(うおなてれぴん)

6月7日

「侵略! イカ娘」14巻オリジナルアニメDVD付限定版 安部真弘


6月12日
15才(あさぎ龍)

6月21日

ガールズ&パンツァー (初回限定生産) 6 [Blu-ray]


6月29日
思春期生命体ベガ(林家志弦)

今春
ひみつのレシピ(森永みるく)

9月27日

ドキドキ! プリキュア 【Blu-ray】vol.1


12月25日

めぞん一刻 Blu-ray BOX1(初回限定版)


未定
緋弾のアリアAA 6 橘 書画子 赤松中学


ストライクウィッチーズ劇場版 秘め歌コレクション3 ミーナ、ハルトマン、バルクホルン



ストライクウィッチーズ劇場版 秘め歌コレクション4 宮藤芳佳、坂本美緒、服部静夏



ストライクウィッチーズ劇場版 秘め歌コレクション5 リーネ&ペリーヌ



南国ちゅーばっか!(2) こむそう



↑amazonのロゴが出てるものは予約が開始してない商品。

過去ログ
記事検索(Google)


WWW を検索
ブログ内を検索
↑↓精度はどっこいどっこいです(汗)
記事検索(Livedoor)
  • ライブドアブログ